不動産

2021年04月08日

隣地トラブル クレーマー対応・・・意地悪爺さん? (No. 2501)

20年以上不動産業をやってきた中で、これまで、どれぐらいの数の隣地トラブルを解決してきたのだろう?

境界越境、建設、土木、解体などのクレーム処理、給排水問題、日照、風通り、臭い、振動、騒音などなど・・・・様々だが・・・。

売主から買主への売却の仲介をする際の隣地トラブルから、自社が購入した土地の隣地トラブルまで・・・数百件???  小さなトラブルも入れると、もしかすると、数千件なのかもしれない!

まあ、不動産業には、こういったトラブルや、クレーム処理は付き物で、それが嫌なら、不動産屋なんて職業はやらないほうがいい!

まあ、これを言うと、不動産業者の社長連中にお叱りを受けるかもしれないが・・・、皆さん、クレームや問題が起きないように最善を尽くして仕事はするが・・・、基本的に、トラブル処理が好きなんじゃないのか・・・?もしくは、揉め事とか嫌いじゃないのかな〜?と思う!笑笑

IMG_0236


今時は、怒鳴りあったり、掴み合いになったり殴り合ったりすることは、なくなったが・・・、昔は、たまにが、荒い感じにもなったりして・・・
そうなった場合、皆さん、カッとなっているのだろうが・・・、なんとなく、みんな喧嘩好きなんだな〜と思いながら喧嘩してた気がします。

昭和のキッツい不動産屋のジジイとか、見ていてヒヤヒヤするぐらい、めっちゃ喧嘩っ早い人とかいましたからね〜www

逆に令和の不動産屋は、見ていてイラっとするぐらいスマートで事務的な感じの人が多いですw


我々世代は、そこまでではなかったし・・・今の若い人たちは、スマートで、全然、そんな感じじゃないですが・・・、まあ、でも、昔の不動産屋は、ある意味では、隣地トラブルの解決は、今の人たちよりは上手だった気がします。

喧嘩っ早いと、スマートで事務的で、隣地トラブル対処を比較するのも変ですが・・・。

例えば・・・昔の不動産屋は、隣地が非常識な事を言ってきた際に、最初、数回は、普通に説明しておさめようとするのですが、隣地の主張が無茶苦茶で、もう何ともならないという時は、『いい加減にしておけよ!・・・・』と、ブチ切れる感じで、喧嘩してでも取引をまとめようとする姿勢だったわけです。

今の不動産屋は、隣地が非常識な事を言ってきた際に、昔の不動産屋と同じく、数回は、普通に説明しておさめようとするのですが、隣地の主張が無茶苦茶で、もう何ともならないという時は、そこで引いて諦めてしまうか、調停や栽培で・・・という感じで、あっさり系なんです。

要するに、怒ったり怒鳴ったりしてまで解決して取引をしようという根気と根性はない人が多いのです。

どっちが良いのか・・・私の感覚だと、昔の不動産屋と今の不動産屋のミックスが良いと思うので・・・

私自身は・・・。

,瓩舛稍禹兩で、話を聞いて、お気持ちは分かりますが!と言いながら、ご理解いただけるように説明をする。
何度か,鯊海韻晋紂⊂しだけ妥協した感を出して話を纏めようとする。
それでも、無茶苦茶な事を言ってくる場合は、法的な解決をしましょうと言い内容証明を送り、更に交渉を続ける。
た楊、交換条件などを考えて、本件とは別の角度からも説得するように頑張る!
ザい口調でガンガンに理詰めで、非常識、無茶苦茶な主張だという事を相手方に伝えて説得する。
Εレる・・・口論になってでも、何とか決着をつけようと粘りまくるが、それでもダメなら諦める!
弁護士に委任状を書いて丸投げして、相手方とは、一切、話をしない!

こんな感じですので・・・・ちょうど、昔の不動産屋と今時の不動産屋の中間ぐらいですかね〜。

私は、自分のやり方が合っているので、これからも、この感じでいこうと思いますが・・・。

IMG_1576


実は、今回も・・・頭の変な隣地の爺さんがいまして・・・私が、買った土地にブロックを積むのに、境界から1m後退しろと、無茶苦茶な事を言ってくるのです・・・。

詳しく説明をすると、行政が、当社がブロック積みをして土を入れるには、隣地の承諾印をもらってこいと言うので、境界ラインの杭より1センチ(境界点から5センチ)下がってブロックを積む図面と、工程表と、菓子折りを持って行って説明をして、印鑑をいただこうとしたのですが・・・。

隣地 『1m下がってブロックを積むなら、印鑑押してやるわ!』

弊社社員 『1mですか・・・! 1mも下がったら、面積が50平米も使えなくなってしまいます。 なんとか、この図面通りでお願いできませんか?』

隣地 『あかんあかん! 1mだ・・・! うちは農地で機械を入れるから、機械をブロックにぶつけないように、余裕を持って旋回できるように1m必要だ!』

弊社社員 『それは、機械が、うちの敷地に越境するということになりませんか? それは、困りますので、何とか、この施工方法でご承諾ください。 お願いします。』

隣地 『それは無理! 承諾できん! 1m下がらないから印鑑は押さない! それが嫌なら、お前のところ、別に埋めなくても、ブロックも積まなくてもいいだろ〜。 俺には関係ない!』

弊社社員 『そう言われてしまうと、元も子もないので・・・・。』

隣地 『話にならん・・・1m下がるって書いた誓約書もってこい! 』

ということで・・・社員は、私に相談・・・。

私は、最初、こちらが1m下がる誓約書を書きましょうか?どうしましょう?という相談かと思ってイラっとしたが・・・そうではないようで、こういう主張をしているという相談であり、話にならないので、また話に行ってくるという報告だったので、少し安心したのだが・・・

『まあ、今回、どのみち大した金額の土地でもないし、隣は田んぼだから、確かに、ギリギリだと困るだろう。 お客さんに売る土地なら、何が何んでも押し込んでこなきゃいけないが・・・、うちが所有していく土地なので、30センチぐらい下げてブロックを作ってあげたらいいんじゃないの・・・。』

社員 『えっ・・・本当にですか? 30センチでいいんですか?』

『まあ、いいわ・・・。 そもそも・・・その前に・・・そもそも役所が、何を根拠に、隣地の承諾を貰ってこいと言ってるんだ?  ちょっと役所に電話するわ!  1mって言ってる奴が、30センチで納得するとは思えんし・・・こっちの最大の譲歩も、無駄に終わっては悲しいから・・・役所に根回しする。』

社員 『わかりました。 お願いします。』

そんなわけで・・・その場から役所に電話をした・・・。

IMG_6581


市役所に電話をして、隣地印鑑をもらってくるように言った担当と話をしていたが、杓子定規の話ばかりをするので・・・。

『う〜ん・・・。 困ったな〜w まあ、雑魚のチンピラと話をしていても話が前に進まないので・・・今日は、課長か部長いるの?  ちょっと電話変わって・・。何だったら、今から行こうか?』

役所担当者 『いえ・・・。来ていただかなくても、今、課長いますので、お電話変わりますね。』

ということで・・・課長に電話を変わってもらって話をしたわけですが・・・。

『もしもし〜、課長w ご無沙汰してます。 千代田不動産の近藤です。  あのな〜課長・・・、なんかおたく課の若い子が、うちが埋め立てをするのに、隣地の承諾をもらってこいっていうので・・、菓子折り持って頭下げてお願いに行ってきたんですわ〜w』

課長 『ご苦労様です。 一応、隣接地が農地なので、一応、承諾をいただくことになっているんです。 申し訳ございません。』

『いえいえいえ・・・。 後々、隣地とゴタゴタしないようにしようと、先に承諾印をいただいておくのは良いことだと思うよ! そんな手間暇はいいんだけど・・・。』

課長 『そう言っていただけるとありがたいです。それで、どのような・・・。』

『いや〜・・・それがさ〜課長! 隣地の地主が頭狂った奴で、境界から1m下がったところでブロックを積まないと、印鑑押さない! 1m下がるっていう誓約書持ってこいって言ってるんですけどね〜www 』

課長 『1mですか・・・・! 1mの理由は、何なのでしょう?』

『さぁ〜・・・? 頭が狂ってるだけじゃないですかね〜? 他に、どんな理由がありますか?』

課長 『1m下がる理由ですか・・・。 普通は、そんなことは言わないので、何か理由があるんですかね〜?』

『はっ??? 役所は、やっっぱり人事だな〜w じゃあ、聞きたいんだけど・・、そういう頭の狂ったやつのいう通りに1m下がってブロック積んで印鑑もらってくる方を勧めるの? もしくは、やむおえない事由として、こちらが、経緯と説明に行った回数、時間を作文にして、承諾をもらえなかったと提出したら、隣地承諾なしで、OKしてくれるの?』

課長 『どうしてもの時は、検討させていただきますので、印鑑をいただけなかった理由を書いて提出してください。』

『提出してくださいって事は、OKという解釈でいいですか?』

課長 『一応、課の方で協議いたしますので・・・、1m下がらないと承諾印を押さないというところを強調して作文を作って提出してください。』

『課長・・・w やっぱり仕事ができる人は違うな〜w 下の子たちにも、そういう教育をしておかないと、良い街づくりはできないですよ。 俺たちの子供世代、孫の世代のことまで考えるような公務員に育てないとね。 人材育成は、課長の仕事なんだから・・・w ではでは・・・忙しいところをすみませんでした。』

ということで・・・最悪の場合、隣地の印鑑を貰わなくても埋め立てOKの状態を作っておいて・・・・。

でも、ここで、境界から5センチのところにブロックをつくると隣地も気分が悪い!

隣地とは、仲良くしておきたいのもあるので・・・・。

そこで・・・。

今度は、隣地の地主に再度話を・・・!

IMG_6580


『先日、いろいろお話をしましたが、もう、おたくの印鑑いらないので、境界ギリギリで、ブロックを積ませてもらいますね。 うちは、5センチ下がる図面を持っていきましたが・・。 もう5センチも下がらなくてもいいので、助かりましたw また、工事の際には、ご挨拶に伺うので宜しくお願いします。』

隣地 『おいおい。 本当に印鑑いらないのか? 市役所に確認するぞ!』

『はい! どうぞどうぞ!  お宅様が、1m下がれとおっしゃってくださったので・・・、それって、一般的に考えて異常じゃないですか・・・あはははははw 頭狂ってる人以外の解釈できないじゃないですか〜w だから、市役所に連絡された際には、1m下がらないと、印鑑を押さないと、強硬な姿勢でおっしゃってくださいね。 頭狂ってると、逆に楽ですわw』

隣地 『誰が頭狂っとるんだ! 俺は、トラクターの旋回を考えると、1mぐらい余裕が欲しいと言っただけだ。今まで何もなかったところにブロックができたら、耕作面積が減るだろう! だから1m下がれって言ってるんだ!』

『だから、それを、そのまま役所に言ってくださればいいんですよ! 必ず、1mって言ってくださいね。 変に30センチとか言われると、印鑑が必要だと言われるといけないので・・・。1mなら、頭が狂ってると思ってもらえるので・・・。』

隣地 『誰も、絶対に1m下がれと言っとらん!』

『急に、そう言われても・・・1mって社員から聞いてますので・・・、今後、何らか、裁判になろうが、役所に聞かれようが、その1mの主張は崩さないでくださいね。  私としては、農業もやっていますので、お気持ちは理解していまして、30センチぐらいならブロックを控えてもいいかな〜と思っていたのですが、1mと言われると、農家として考えても異常だと思いましたので・・・。』

隣地 『なんだ〜・・・おたく農家さんか〜。』

IMG_6579


『はい! 農家も農家、田んぼも畑も持ってますし、津島で600坪の水耕栽培もやってます。』

隣地 『水耕は、何を作っとりゃ〜すの?』

『サラダ菜ですわ〜w 毎日1000株出荷してますよ!』

隣地 『ホォ〜・・・。 それはすごいな〜。 突然スーツ姿で訪ねてきて、不動産屋の名刺を出されて図面見せられたから、構えてしまっただけだ〜。 書類持ってきてくれたら、5センチでも10センチでも、印鑑押すわ。』

『いえいえ・・。 こうやってお話をしたら、すごく良い方なのが分かりましたし・・・、今後も仲良くしていただきたいので、30センチ下がってブロック積みますねw 感情的に話してしまってすみませんでした。』

隣地 『何言っとるw そんなに下がらんでもええって〜w 米なんか、どんだけも取れんのだで〜www ギリギリまででええよ〜w』

『じゃあ、まあ、30センチぐらいってことで、適当に下げて積みますので・・・。 一応、ブロックの基礎もあるので・・・、トラクターぶつけたり、刃が欠けたら申し訳ないので・・・その辺を考慮してやらせてもらいますね〜。』

隣地 『おうおう・・。好きになってくれてええからw あんたも人が悪いわ〜。 農家だって最初からいえばいいのに、まあ、ほんと、わしも大人気なく構えてしまったから・・・w』

『いえいえ。 こちらこそ、すみません。 なかなか農業だけでは食べていけないので、不動産もやってまして・・・。』

隣地 『何言っとりゃ〜すか・・・w 千代田不動産ぐらい知っとるわw 社長さん、農家だったんだな〜w それは、知らなんだわw』

『地元の農家不動産屋なんですけどね〜・・・。 あっ、印鑑をいただく時に、うちのサラダ菜を持っていきますので、召し上がってください。 それと、役所にも、変な人じゃなく、話をしたら、こころよく印鑑をいただけたと訂正しておきます。 すみませんでした。』

そんなわけで・・・話は、無事に終わり・・・まあ、こっちも、自社で使う土地なので、約30センチぐらい下がってブロック工事をする予定です。

この間は、こんな感じで片付いたのですが・・・・もうひとつおまけに・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


解体現場で、足場をかけるのに、隣地に足場が、はみ出るので、2週間の足場の越境のお願いとご挨拶に行ったところ・・・解体すること自体を反対で・・・足場をかけるどころの話ではなく・・・。
しかも、めちゃくちゃオラオラ系の爺さんで・・・・埃ひとつでも飛んできたら、工事を止めさせるぞ!的な感じでした。


こういう人、たまにいるんですよ!

近所で、何か工事があると、ゴネて、ゆすりたかりをしたいようなタイプの人・・・・、まあ、大体、近所の嫌われ者なんですけどね。

情けないことに・・・、うちの社員も解体屋さんも、ゆすりたかりちゃんの言葉を、まともに受け止めるので・・・悩んでしまって・・・。

解体屋は、道路面側から壊すと、2倍以上の費用がかかるし、養生もできないので、埃が飛ばないどころか、物が落下する可能性もあるなんていうし・・・、社員は、それで何度も頼みに行って、オラオラで脅されてきて、死にそうな顔して悩んじゃってるし・・・・。

最初は、最悪でも迷惑料を10万円で話をつけてこい! あ〜言え、こ〜言えと指示してたんですが・・・完全にやり込められて帰ってくるので、最終、私が行きました。

隣地のオヤジの主張としては・・・。
・足場が、はみ出ると花壇がダメになる。
・埃が飛んできたり振動騒音があったら工事を止める。
・自分も嫁も、埃、音、振動には敏感で体調が悪くなる可能性がある。
・解体するな!、どうしても解体するなら、その間、別のところに住むので、同じ大きさの家を用意して引っ越しだと手間賃を払え!

私としては、すでに、このへんのことは、社員から報告を受けていたので長く話すのも嫌だったのだが・・・一応、一通り聞いてから・・・丁寧に・・・。





『まあ、言いたいことは分かりましたけど・・・足場をかけることは許さないって事と、今、おっしゃった事を文章にしてくるので、記名押印ください。』

隣の爺さん 『書いたら、引っ越し代と迷惑料払うのか?』

『いいえ!  払うわけね〜だろ〜w うちが強行突破して、何か事故があった際に、こっちが無茶な壊し方しか出来なかったという証拠になるだろ?』

隣の爺さん 『社長さん、俺と喧嘩しに来たのか、話し合いにきたのかどっちだぁぁぁ〜!』

『どっちでもいいけど・・・とりあえず、でかい声出すな! でかい声張り上げて、脅して、うちの可愛い社員や解体屋を苛めやがってぇ〜・・・。 とりあえず解体始めるから、止めれるなら止めてみて・・・w まあ、養生もできないけど、極力迷惑かけないように最善の注意を払ってやるけど・・・何かあった時は、謝りにきますわ。』

隣の爺さん 『なんだその態度わぁ〜 (怒鳴られまくり以下省略)』

『あんまり怒らせんなよ! 隣の物件、1000万円もあれば買えるんだから、俺が買って、ずっと所有して、お前のところが何かするたびに、お前がやったのと同じように嫌がらせしたろか〜 この家も、いずれ解体するだろ? その時どうすんの?』

隣の爺さん 『そん時は、俺は天国行っちまってるから知らんわ〜

『天国行ける顔してないけどなw まあ、あんたが死んだとして、この家は、嫁、子供、誰が相続するのか知らんけど・・・、俺が買って所有していたら、嫁、子供、孫の代まで、解体するときに、あんたがした事を、同じようにする! 1000万円、寝かしておいてでも、徹底的にやったろか〜ってくらいムカついてるんですわ〜!』

隣の爺さん 『やりたきゃ、やりゃ〜え〜がや〜 お前は、ヤクザか? 脅しやがって〜 警察行くか? 警察、警察、警察だぁ〜

『いいですよ! あなたと同じ事をすると言っているだけですし・・・怒鳴り散らして脅しているのはあなたですから・・・。 電話しますね・・・・(うちの会社に電話をした。)はい、どうぞ・・・。』

隣の爺さん 『・・・・。 ・・・・。 警察なんかいらんわ〜 これ、どうやって切るんだ?  これどうやって切るんだ、切ってくれ、切ってくれ、これか・・・ブチっ!』

『切ったらあかんですよ! 来ちゃいますよ!・・・というのは冗談で、実は、110番ではなく、うちの会社に電話しただけですよw 110番した方がいいなら、今度は、本当にかけますけど・・・どうしますか?』

隣の爺さん 『もうええわ〜・・・。警察呼ぶ話じゃない!』

『警察、警察って騒いだり、警察呼ぶ話じゃないって言ったり・・。 痴呆なのか阿呆なのかどっちなの?  まあ、とにかく、来週から壊すので・・・。 』

隣の爺さん 『少しでも埃が飛んで来たら、どうなるか覚悟しとけよぉ〜!』

『できるだけ飛ばないようにしますが、あなたが協力してくれないから、めちゃくちゃ埃も物も飛ぶでしょうね〜。 おたく家に極力迷惑をかけたくないから、少しだけ協力してって言ってるんですわ。 そろそろ、そういうのやめて、前向きに話をしませんか? 迷惑料は、最大マックス値で払うつもりできたんですが・・・怒鳴るばっかで聞く耳持ってないので、最大限、気をつけながら壊しますわw』

隣の爺さん 『・・・・。 仮に、仮にだぞ! 足場かけさせてやったら、迷惑料は、いくらなんだ?』

『通常、解体屋のタオルと、うちから菓子折り1個なんだけど・・・』

隣の爺さん 『たわけかぁ〜。 そんなもんで・・・』

『ちょちょちょ・・・、まず、話を聞いてぇ〜  通常は、って言ったでしょう。 今日は最大限の話として・・・。 足場の越境代として10万円持ってきました。 これで、ちょっと足場を越境させてくれるか、ダメなら来週から足場なしで解体を始めます。  どうしましょうか???』

隣の爺さん 『・・・・。 まあ、社長が、こうやって来ているんだし・・・、あんたが、今日の非礼を詫びて、頭を下げるなら10万円で、飲んだるわ!』

『いや、こっちも可愛い社員を怒鳴り散らされて脅されているので、それは謝りませんけど・・・。  ご協力していただけるのであれば、ご迷惑をおかけする事への申し訳ございませんと、ご承諾に対して感謝の気持ちでありがとうございますは、頭は下げます。』





隣の爺さん 『まあ、ええわ・・。  これ、本当にもらっていいのか???』

『はい! 当社の最大限の協力金というか迷惑料です。 しばらく、ご迷惑をおかけしますが、本当に申し訳ございません。  それから・・・この度、こころよくご協力していただきありがとうございます。 それでは来週から解体に入るので宜しくお願いします。 』

隣の爺さん 『足場は、はみ出してもいいけど・・・。 あまりにも音や埃が酷かったら、警察と役所に電話するからな!』

『わかってます。 最大限気をつけるとしか言えませんが、実際、音も埃も出ますよ! ・・・。まあ、こうやって話もしたんだし、もう、そんなにイジメんといてくださいw ちゃんと迷惑かけないようにやりますんで・・・w うちの社員なんか、ビビっちゃったじゃないですか〜w』

隣の爺さん 『誰もイジメとらんわ〜! 難しい顔で突然来て、隣を壊すから足場をかけさせろって言われてもな〜! そのあとは、ガラの悪い顔した解体屋がきやがって・・・そりゃ〜、わしも怒るぞ!』

『あははははははw ガラの悪い顔した解体屋ですかwww 本人聞いたら、泣きますよ!  めちゃくちゃビビって泣きそうな顔して困ってたんですから・・・w 俺も、社長だから頑張ったけど、正直、怖かったですもんw』

隣の爺さん 『何が怖いんだ〜w 社長さんの方が怖い顔しとるわ〜w (雑談 以下書略)』

そんなわけで、翌週から解体に入ったわけですが・・・・。

この爺さん、ある意味、豹変しまして・・・w

暇なのか、10時と3時に、解体現場の人に差し入れを持ってきてくれるんですよ!

それだけではなく・・・、あまり感心できることではないですが・・・、工事関係者が車を停めやすいように、他の車が停まっていると、追い払ってくれてくれたり・・・。

そして、解体屋の社長は、今日は来ないのか?とか言っちゃって・・・、解体の職人さんたちを捕まえて、どうでもいい話をするので、ちょっとめんどくさかったようですが・・・。

解体の最終日には・・・、な な なんと・・・、解体屋の社長に、『ご苦労さん! みんなで、飯でも食えw』って、三万円くれたらしいのです!!!

で・・・解体屋の社長も、工事が終わってから、側溝の補修をする際に、隣の爺さんに声をかけて、挨拶をして・・・、補習の職人さんは、元々欠けていた隣のブロックや玄関前のコンクリートを、ついでに補修して帰ったらしいです。

今日のブログは、長くなってしまいましたが・・・。

これは、私の経験則なんですけど・・・、ガンガンにクレーム言ってくる人、特にオラオラ系の人って・・・逃げずに向き合って徹底的に話し込むと、こちらにとっては良い人になることが多いんです。

全国の不動産業者、建設、土木、解体業者の皆さん・・・、日々、いろんなクレームで大変だと思いますが・・・お疲れ様です。   超クレーマーを毛嫌いするのも、ちょっと話して諦めるのは簡単・・・、もう一踏ん張りしたらクレーマーさんが協力者になるかもしれませんよ!

クレーマー対策
―藉対応は迅速に行う
△泙困蓮△困りなのはお客さまという基本姿勢で話を聞いて相手を冷静に観察し分析して、話の落としどころを決める!
2魴茲任るものは、誠意を持って解決するが、相手が理不尽、無茶苦茶な場合は、毅然とした対応で怒らせて、すっきりするまでしゃべるだけしゃべらせる。
づ椶蠅収まりつつあるのを見計らって解決策を提示しながら、それ以上はできないと断言する。
シ萠したら後は弁護士対応でOK、条件を下げてきたら勝ちなので更に思いっきり、こちらからの条件を下げさせる!
α蠎蠅両魴錣函△海舛蕕、思いっきり下げた条件提示から譲歩した感じで、予定の落とし所以内でクレームを解決する。
Р魴茲靴燭蘊譴鯱造泙察解決から和解した風に持っていく。

こんな感じですが・・・難しそうですが、数をこなしていくうちに慣れていきます・・・w

最後の最後に、もうひとつ・・・クレーマー対処の心得

解決できないクレームはない!と思い続け折れないこと!


そんなわけで・・・今日のブログは、ここまでとさせていただきます。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 07:30|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年03月07日

ビジネスマナーは変化するのか? (No. 2492)

社会人として、営業などで相手の会社に電話や訪問する時にビジネスマナーが、できていないと、非常識な人と思われてしまう可能性があります。

令和になり、急激にビジネスマナーが、変化してきているような気がします。

ちよっぺん!


特に、若い人たち、不動産業者もですが・・・、マナーやモラルも含めて、ビジネスマナーの変化は、良い方ではなく、悪い方に・・・、つまり、低下してきています。


不動産業界なんて、,△らさまに抜く奴、⊇点癲契約書もキッチリ作れず客を紹介するだけで手数料もらえるぐらいの感覚の偉そうな奴は増えたし・・・、うちが所有している不動産の隣を取り扱うのに挨拶も来ない奴とかいるし・・・どうなってんの?って感じですが・・・。

“瓦い燭藐討咾弔韻董△匹Δ覆辰討鵑犬磴ぁって話だし・・・、△泙箸發房莪きも出来んのに客だけ連れてきて偉そうにしている奴の買い付けは破って捨てて契約しなきゃいいし・・・・、N戮鯒笋襪海箸砲覆辰動Щ△睛茲覆づ曚蓮△困辰搬量立会いしないで印鑑押さないし・・・。

そこに気付いて、なんらかの言葉があれば、逆に応援に回って協力しますし、なんだったら手助けもするんですが・・・。

まあ、時代が変われば、常識も変わるので、古い常識を持ち出して話をする私の方が非常識なのかもしれませんが・・・。

我々の若い頃は、厳しいオラオラの不動産屋の爺さんたちが多く、かなり躾けられたので・・・覚えたわけですが・・・、今、我々は、若い世代に教えないので、そうなるのは、仕方がないのかもしれません。

意外と、教えると、そういうものなんですか〜的な感じで、素直に謝る子もいますからね〜。

そういう私も、今考えると・・・先輩たちから、色々と教わったな〜w

日常の礼節から、不動産取引の常識、夜遊びの作法まで・・・・!笑

良きも悪きも教わりましたが、今の人たちと違って、親切丁寧に教えてくれる感じではなく・・・、それくらい自分で気づけよっ!っていう教え方か・・・、ボロクソに言われるか・・・、すぐに手や足がでる人もいまして・・・昔の人たちは、スパルタでしたw

昔、私も、YSさんの会社に初めて訪問した際に、駐車場が広かったので、建物に近いところに車を停めたのですが・・・、YSさんの逆鱗に触れて、『お前、客でもね〜んだから、一番端に停めて来い! 常識も知らんのか、クソ坊主が・・・!』って叱られまして・・・、私も、YSさんの態度が気に入らなかったという若気のいたりで、『はっ? おたくの会社に客の車が停まってるところなんか見た事ないですわ〜。』って言ったら、湯のみぶつけられて、胸ぐら掴まれて無茶苦茶叱られたことがありますし・・・。

お客様のところに持って行った菓子折りを床に置いてしまい、それを渡そうとした際に、『玄関の土間に置いたものを人に渡すんですか?』と受けっとっていただけなかったり・・・。

手土産を持って行った際に、復路から出して渡すものだとか・・・袋のまま渡すなら、『袋のままで申し訳ないですが・・。』と言葉を添えるとか・・・。

その他、諸々・・・・




GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】



まあ、私も、二十代の頃は、そうやって、いろんなことを教わってきたわけなんですけど・・・、最近は、先輩が後輩に教えるってことが少なくなったのか・・・教える立場の人も知らないのか、非常識な人が増えました。

それ以前の、習う習わないのレベルではない、頭が悪すぎる人も増えましたね。

最近、どんなふうにビジネスマナーが低下しているか具体的にいうと・・・。

まあ、アポの取り方、アポの前日確認など、会社が教えているであろう事は、できている人が多いです。

他人様の家に行って上がる際に靴を揃えるぐらいはします。
揃えた後に、履きやすいように、方向を変える人もいます。

でも、不動産業者の場合、長時間、家に上がるわけなので・・・靴を横に移動しておくとか・・・そういうところができないとか・・・

訪ねてっ行った家のお客様が、我々を上座に座らせようとした時に、自分は客人ではないのでと、下座に座るとか・・・・・コートは外で脱がずに室内で脱ぐとか・・・

初めてのお客様の会社への訪問の際に、事務員さんから、どうぞと通されたら・・・起立して待たずにすぐに座ってしまうとか・・・

中には、雨の日に、傘についた水も払わずに、傘もたたまずに傘立てにブッ挿して、入ってくる人とか・・・・。

なんていうんですかね〜・・・、ビジネスマナー以前の問題も含む、ビジネスマナーができていない人が増えたように思うのですが・・・。

私は、気付くと、若い子たちに、注意するようにしていますが・・・!

もちろん、昔のように、オラオラで教えるとか、厳しい言い方をするわけではないですが・・・。

ちよっぺん


先日も、私が、本社にいた際に・・・、雨の日に、出入りの業者さんが・・・、入口の扉を開けて、そのまま、ヅカヅカと入ってきたので・・・・。

『おいおい、兄ちゃん! ちょっと待った!  その入口のマットってなんのためにあるか知ってる???』

出入り業者 『あっ、社長・・・どうも、お世話になります。 』

『あのな・・・。 うちのフロアカーペットに、お前の足跡ついてるだろ? 今日は、雨が降ってるだろ? あそこにマットがあるだろ?  そしたら、晴れの日と同じように入ってくるんじゃなくて、そこで一旦立ち止まって、自分の靴の水分を、マットに染み込ませて、それから入ってきたほうがいいと思わない???  下手したら、マットを跨いでくるぐらいの勢いで入ってきて・・・急いでいるのは分かるけど、もう少し頭と気を使ったらどうだ?』

出入り業者 『すみません。 そこまで気が回りませんでした。 雨の日は、ここで靴を脱いだほうがいいですか?』

『アホかw そういう話をしてるんじゃなくて・・・、そのマットは何の為に置いてあるの?ってことよ! 雨の日とか、靴が汚れている時は、マットの上で一旦立ち止まって、トントンって感じで・・・。 一応、気を使ってますよ的なポーズでもいいからやれよ! そうじゃないと、こいつ、ただ飯食って、空気吸って、何も考えずに適当に仕事してる糞野郎だと思われるぞw お前の行動で、親や会社まで、糞扱いされるぞ!』

出入り業者 『あっ、はい・・・すみません。 雨で配達が遅れていましたので、早く配達をしなくてはいけないと思って気が回りませんでした。  車に雑巾があるので、掃除します。』

『誰も、そこまで言ってない!  まあ、次から気をつけてくれたらいいから・・・。 急いでるんだろ? いつも配達ご苦労さんw 足元悪いし、事故しないように気をつけて・・・。』

ということがあったり・・・。




初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール


この間の若い社長さんが弊社に来た際に・・・若い頃、私もやらかした失態だったので、笑ってしまったのですが・・・。

めちゃくちゃバリッとした感じで、スーツを着て姿勢も良く、私が社長室に入った瞬間に起立して、丁重にご挨拶をしてくださり・・・名刺交換も完璧にこなしたのですが・・・、私に持って来てくれた手土産と自分のカバンを床に置いていまして・・・。

名刺交換を終えた後に、床に置いた手土産のケーキを・・・拾って・・・。

若手社長 『うちの会社の近所で評判のケーキ屋でございまして、私が一番好きなスイーツなんです。近藤社長のお口に合うか分かりませんが、ご笑納ください!』

『ありがとうございます。  ご笑納くださいですか・・・w マジで笑ってしまいましたw 多分美味しいんでしょうね〜!  でも、床に置いたものを食えというのは、ちょっと違うんじゃないかな〜!』

若手社長 『はいっ・・・?  床ですか・・・? 』

『いいよいいよ・・・。 別に、中身が床に落ちてるわけじゃないから食べるからいいけど・・。 他所に持って行く時は気をつけるというか覚えておいた方がいいですよ!』

若手社長 『あっ! はい! すみません。 大変失礼を致しました。 まだまだ駆け出しでございまして、礼儀作法も知らずで、本当にお恥ずかしいです。 ご指導いただきありがとうございました。』

 『まあいいわ・・・。 座ってください。 どうぞどうぞ・・・w ごめんごめん、俺も、余分な事かな〜と思ったんだけど・・。 自分のカバンを床に置くのは正解!  でも、食べ物は、床に置くものではないから・・・、それを人に食べてくださいと勧めるのは失礼な事なんだよ! まあ、今の子若い子たちの感覚だと、そういうことは思わないんだろうけど・・・。』

若手社長 『確かに、言われてみれば、そうですよね〜。 大変失礼いたしました。 確かに、今日は、ケーキの箱でしたが・・・、もしもこれが、ケンタッキーフライドチキンだったら、自分も床に置かれたら嫌ですね。』

『あはははw ケーキは床置きOK ケンタッキーはNGとか、そこは意味が分からないですけど・・・w 食べ物は床に置かれたら嫌ですよね〜w 今日は、いいですよ! 俺も、そのケーキ食べて見たいし・・・w』

若手社長 『後学のために教えていただきたいのですが、包装してあるような手土産も、同じように床に置いたらいけないのでしょうか?』





『うん! 置かない方がいいと思うよ! 口にするものは、置かない方がいいです。 ちなみに、ケーキの場合は、生物だということを相手に伝えた方がいいのと・・・、梱包してあるようなものだった場合、一度、袋から出した方がいいよ! 』

若手社長 『そういうものなんですか〜。 知りませんでした。袋から出して・・・紙袋は、どうしたらいいのですか? 持って帰るのですか?』

『基本は、持って帰る! でも、親しい間柄だと・・・、袋のままですみません!と言葉を添えて渡したり・・・、袋から出した場合は、差し出した際に、さりげなく、紙袋は持って帰りますね!と言えば、ほとんどの人は、紙袋も一緒にもらってくれると思うよ!』

若手社長 『そういうものなんですね〜。  めちゃくちゃ勉強になります。 近藤社長は、そう言ったマナーをどちらで覚えられたのですか?』

『親、先輩、お客さんから教わった。 昔だから、もっとキツい言い方でね。 昔の人は、親切で、叱りながらも、教えてくれたんですよ!  昔の人なら、多分・・・、床に置いたようなもん食えるか、持って帰れ!ですよwww 』

若手社長 『そういうの、教えて欲しいです。』

『いやいやいや〜。 俺は、親切のつもりで言うけど・・・多分、若い奴らは、あのジジイうるせ〜な〜! 床に置いても、机においても、味変わらんだろう!って陰では言われていると思うw でも、言うんだよ! 俺は、親も含めて・・・昔、叱ってでも、礼節を教えてくれた人たちに感謝しているから・・・。』

若手社長 『・・・・。 自分は、叱っていただいてもいいので、教えていただきたいです。 叱咤激励という言葉が、近藤社長には、今後とも可愛がっていただきたいです。 宜しくお願いします。』

というようなこともありましたが・・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


まあ、言い出したらキリがないというか・・・私も、知らないことも沢山あると思いますので・・・私よりも年上の経営者たちから言わせると、失礼無礼が多々あると思います・・・。

私も、先日、YSさんから、新しいことを教わりまして・・・。

YSさん 『何かを持参する際の、手土産と、お礼の品、お詫びの品の区別がついてないだろう?笑』

そう言われまして・・・、

『えっ? 何ですかそれは、何か、欲しいものがあるので、俺を誘導してませんか?』

YSさん 『アホかw いいか、俺と近ちゃんが、こうやってお付き合いしとるだろ?  手土産は2〜3千円でいいんだわw でもな、近ちゃんが、下手打って俺に謝りに来るときは、2〜3千円じゃなくて、5千円以上の物を持ってこないといけないしな・・・、お礼に来るときは、何のお礼かによって、持ってくるものを変えないといかんのだわw』

『なるほど・・・。 まあ、手土産と、お詫びは分かりました。  でも、お礼が難しいですね。  例えば、今回、YSさんのご紹介で、100万円儲かりました。 そのお礼の場合は、どれくらいのものを持ってきたらいいんですか?』

YSさん 『まあ、感謝が伝わるぐらいのものでいいんだけどな。』

『今回、ダイヤニウムのお客様を紹介していただいて、大型ビルの施工をさせていただき、利益は、たぶん100万ぐらいなんですが・・・、今日の感じでは、感謝は伝わってないのかな〜・・・。 何が、よかったんですか?』

YSさん 『小判に決まっとるがやぁ〜w 俺は、金以外はいらんw あははははは〜w 冗談だわ〜。 何にもいらん! こうやって遊びにきて、ありがとうと言ってくれるだけで充分だw 』

『分かりました・・・w 次回から、饅頭の下に小判の玩具を敷き詰めて、お代官様、お納めください!と言って持って参ります。』

YSさん 『あははw それ欲しいわw そんでもって、わしは・・・、お主も悪よの〜wって言えばいいのかw』

『それを聞いた私は・・・、お代官様ほどでは・・・!と言えばいいんですねw 』

YSさん 『あははははははw また、紹介してやるから、小判の玩具を持ってきてくれ! 中身が、チョコレートか何かになってるやつあるだろ〜?』




身の回りをワンプッシュで除菌+抗菌・抗ウイルス!


『市場調査しておきます。  御意!   まあ、何でもいいですけど、YSさん、時代劇好きですよね〜。  あのワンパターンなものの、どこに魅力があるんですか?』

YSさん 『毎回、ハッピーエンドで終わるから寝つきがいいんだわ!』

『なるほど・・・。 でも、悪代官の部下で、命令されて、主人公に斬りかかって、無駄に斬られてる奴とか、その家族とかも可哀想じゃないですか???』

YSさん 『そこまで、深読みして見てる奴はおらんわ〜w それにな、ひとつ教えておいてやる・・・。  正義の味方は・・・、峰打ちじゃ!  斬り殺しているわけじゃなくて、あれは、峰打ちなんだ。  刀を抜いた瞬間、カチって刀を裏返すだろ?』

『それこそ、そこまで深く見ている奴いませんよ〜www 今日も、峰打ちだって、確認してるんですか???』

YSさん 『確認しとる・・・。』

『あはははははw 必殺仕事人とかは、殺しちゃうじゃないですか。』

YSさん 『あれは、やられるのは悪い奴だからいいんだ!』

『なるほど・・・。勉強になりました。あっ、時間が・・・じゃあ、帰りますねw』

YSさん 『おいっ、近ちゃん・・。 お前、自分が座ったところのクッションぐらい直して帰れよ!  糞して尻拭かんのと一緒だぞ!』

『ハイハイ・・・わかってますよw 今、直そうと思ってたところです! ついでに いただいたコーヒーも、テーブルの横のように寄せておきますね。』

YSさん 『そんなもんは、ええわ。 うちのババアがやるから・・・。』

YSさんの奥様 『聞こえましたよ〜。 ババアより、年上のジジイに言われたくないです!』

と・・・奥の方から声がしました・・・!

私は、大きな声で・・・奥に向かって・・・

『  奥さまぁ〜 ごちそうさまでしたぁ〜w 見送りはいらんですよぉ〜!』

と、言ったのですが・・・・、奥様が、奥から出てきて・・・奥様が漬けた、白菜の漬物をいただいてしまいました。

ちよっぺん ちーちゃん よっちゃん だーくん。





そんなわけで・・・私は、いろんな先輩たちから、今も、礼節、常識を学んでいるわけですが・・・・。

今回、冒頭で、令和になってからビジネスマナーが変わりつつあると書きましたが・・・。

日本人の私としては、昭和の時代からのビジネスマナーというものは、大切にしていかなくてはいけないと思うわけですが・・・それだけでもいけない気がしてまして・・・このコロナ渦で、働き方も色々変わったわけじゃないですか・・・。

働き方が変われば、新しいビジネスマナー、礼節、常識が生まれるわけですから、古き良きビジネスマナーと、コロナ後のビジネスマナーを融合させて、令和の新しいビジネスマナーを確立していかなくてはいけないと思うわけです。

時代は遡り・・・幕末から明治にかけて・・・武士の時代の良い部分を残し明治のビジネスマナーが絵きたのではないでしょうか?

この時代から、大正、昭和に入り、日本は、世界大戦により前後、やはり、戦前、戦中のビジネスマナーの良い部分新しいビジネスマナーができたと思うのです。

おそらく、私が、諸先輩方に教えていただいたのは、この戦後のビジネスマナーだと思います。

急激に近代化が進み、この戦後のビジネスマナーが変化して現代のビジネスマナーになったということなのでしょうが・・・。

コロナウイルスにより働き方が代わり、また、新しい時代のビジネスマナーや常識が変わる!

こうやって、新しいものを取り入れながら、時代とともに、ビジネスマナーは変わってきたわけです。

現代のビジネスマナーの中にも、江戸時代から受け継がれているものが多々あります。

おそらく、お辞儀をするとか、和室に通された時の正座、箸の使い方なんかも、江戸時代からのものだと思います。
ただ、明治以降の時代が急激に進化したので、江戸から明治以降は、ビジネスマナーや常識もだいぶ変わったんでしょうね〜。




塗るだけ簡単!ウイルス対策は「感染バリアコート」!


これからも、古来からの良いマナーや習慣は、時代が変わっても、コロナの後でも残していかなくてはいけないと思います。

そういう意味で、私は、若い経営者たちや、社員たちに、ウザがられても・・・私も知ってる限りの、ビジネスマナーや常識を伝えて行こうと思っています。

私が、若い頃、私にビジネスマナーや礼節を教えてくださった人たちの半分ぐらいは、もう死んじゃっていないですけど・・・・まあ、今思うと、感謝しかないです。
※YSさんは、一応まだ生きてます。

多くの若者に、私が先輩たちから教わったビジネスマナーや常識を教えておけば、多分、私が、死んでからも、数人ぐらいは・・・・その時代の若者に、伝えてくれるんじゃないかな〜と・・・・、そんな思いで、ビジネスマナーは変化するのか?というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 12:22|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年12月24日

エンジェル投資家と不動産投資家の大事な事は?(No. 2473)

今年は、大勢が集まる忘年会は、少なかったですが・・・、逆に、少人数の忘年会らしきものが多く、結局忙しい年末になりました。

今日は、クリスマスイブですが、流石に今年は、クリスマスパーティー等のイベントは中止になったわけですが・・・、ということは・・・、先日、経営者や投資家など、15人ほど集まっての飲み会が、今年最後の大きな忘年会になったという事であり・・・、そこに初参加した、不動産投資家が、これがまあ、空気が読めないというか不愉快な人で・・・そんな話を交えながら今日のブログを書いていこうと思います。

さて・・・・本題に・・・。


私は、不動産会社の代表をしていることもあって、多くの不動産投資家との繋がりがあり頻繁に交流をしています。

同様に、名古屋の丸の内で、コワーキング&レンタルオフィスをして若い経営者たちとの繋がりも多いので、の大中小にかかわらず、多くの経営者と繋がりがあり交流をしています。


IMG_4634


おかげで、毎年、接待交際費は数千万円使うわけだが、不動産と言えば近藤社長と思ってくれている人も多く、それ以上に仕事をいただいているので・・・この訳が分からない高額の接待交際費を賄えているんだと思います!笑

逆に私が、人と飲んだり食ったり旅行したりをやめたら、最初の1〜2年は仕事が降ってくるのだろうが・・・流れを止めて数年経ったら、仕事はどんどん減って行くように思います。

でも、私は、接待交際を、ビジネスに繋げなくてはいけないと思っていなくて・・・実は、遊び仲間、飲み仲間、趣味仲間など、通常の人間関係から・・・不動産と言えば近藤社長という感じに思ってもらえたら嬉しいな〜というぐらいの感じで、老若男女問わずお付き合いをしているが、なんだかんだ、仕事に繋がっていく!

日常の中で・・・不動産投資家、エンジェル投資家と話をすることが多いわけで・・・。

不動産投資家と話していると、小金持ちで節約好きな人だな〜と思うことがが多いような気がします。

例えば、飲んでいて・・・、その場の雰囲気で高額なシャンパンやワインをおろすのを嫌う人が多いし、車や時計の売り買いの話も過剰にコスパや下取りを気にしたり・・・、消費と浪費の違いの境目が低く、サラリーマンの、ちょっと上ぐらいの感覚であり・・・・話をしていても事業の構造を常にローリスクローリターンで考える傾向にある。
これは、賃料の上限(収入)が決まっているので、稼働率を気にしながら・・・、あとは、いかにケチるか・・・という感覚なのだろうが・・・。
もちろん、全員が、そういう感覚というわけではなく、いろんな人がいらっしゃいますが・・・。

エンジェル投資家さんと話をしていると、お金持ちで気前の良い人が多いように思います。

例えば、飲んでいて・・・、その場の雰囲気で高価なシャンパンやワインをおろすと、一緒に楽しんで飲んでくれる人が多いし、多趣味で、いろんな楽しいことを共有できる人が多いく、価値観がお金だけではなく、消費と浪費の違いの境目に対する考え方が柔軟である。
これは、人に投資をするので、人との繋がりや楽しい事を共有することにも投資をするので、サラリーマンのはるか上を行く、付き合い上手な経営者という感じで・・・ローリスクからハイリスクまで、基本的にはミドルリターン以上、ハイリターンを求める傾向にある。
これは、儲けの上限を決めていないので、資金の出資先の期待感によって、いくら儲かるか?という考え方なのだろうが・・・。
もちろん、全員が、そういう感覚というわけではなく、いろんな人がいらっしゃいます。

これは、投資に対する感覚の違いなので、どちらが正しいということでもないが・・・

私は、不動産デベロッパーであり・・・、もちろん収益物件も保有しているが、基本は、土地を買い開発して販売する、もしくは、不動産を買ってリノベして売ったり、古い建物の立退きをして解体して土地を売ったりしているからなのか・・・・、どちらかというとエンジェル投資家の方が、知識の幅も広く話していても楽しいし・・・、エンジェル投資家は出資先の会社の成長を期待して投資をするので、夢と希望があってワクワクする。

私も、多くの不動産投資家に物件を売ったり、コンサルしたりしているので、経験上の統計というか・・・偏った考え方ではないと思うし・・・そもそも不動産投資家を悪く言う気はないが・・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


ただ・・・、先日、異業種の経営者、投資家の飲み会で・・・、あまりにも井の中の蛙のAという不動産投資家がいたので、ちょっとブログに書きたくなりました。

不動産投資家Aは、エンジェル投資家のB社長が、同じ年の飲み仲間として連れてきたので、名刺交換をさせていただいたのだが・・・。

不動産投資家Aさんは、遅れてきた上に・・・、超アニメっぽい、ふざけた名刺を出して・・・、名刺交換した際に・・・


大家業だからいいのだろうが・・・、ビジネスの世界で、あんな名刺を出したら、なめてんのか?って思われるだろう・・・、それが、お茶目だとでも思っているのだろうか?笑

似顔絵とか、そんな可愛い感じじゃなくて・・・、こいつアニオタか?と思うぐらいのデザインw

まあ、それは置いといて・・・話の本線に戻るが・・・。

FullSizeRender


不動産投資家A 『不動産屋さんですか〜・・・美味しい物件があったら、どんどん買いますので、宜しくお願いします。』

『はい、なかなか美味しいのは出ませんけどね〜。 その際には、B社長経由でご連絡させていただきますので・・・また、ご縁がありましたら宜しくお願いします。』

不動産投資家A 『はい! もう、買って買って買いまくっています。 手数料も満額払いますので宜しくお願いします。』

『買って買って買いまくってって凄い人ですね〜。 まあ、B社長のご友人ですから、流石というか、このご時世に景気いいですね〜w ところで、不動産投資家とのことですが、当然インカムがメインでキャピタルとかは考えていないんですよね?』

不動産投資家A 『そうですね〜。そこはリスクが高いじゃないですか。』

『そうかな〜? 職業柄かもしれませんが、私は、物件次第だと思いますよ。 例えば、利回り10%超える物件を作り込んで、8%前後の物件として売ったら・・・、実利で、インカムの何倍も利益が出ますよね。 それを業としてやっていけば、金融機関もプロジェクトの枠を増やしてくれますし・・・私の考え方は、キャピタルで儲けたものでインカムを買うという感覚ですが・・・。』

不動産投資家A 『そうなんですか〜? 私には、リスクが高すぎて怖いです。 今でも、年間1000万円以上のキャッシュフローが出ていますからね・・・。』

『年間1000万円のキャッシュフローですか・・・。 なるほど・・・w つい今し方、どんどん買いますっておっしゃってましたけど・・・どうやって、どんどん買うのか知りませんけど・・・、めっちゃキャッシュ持っている資産家なんですね〜w』

エンジェル投資家のB社長 『いや、あの。。。  近藤社長のドンドン買うと、Aさんのドンドン買うでは、感覚が違うと思うので・・・。 それより、近藤社長、乾杯まだなので・・・。 近藤社長・・・本日は、遅れてすみまません。 いつもありがとうございます・・・乾杯w』

ということで・・・この場は、それで終わったのだが・・・・。

IMG_2012


その後・・・Aさんが隣に座ったのもあって・・・AさんのKY猛攻撃がすごかったのです!

不動産投資家仲間の話なんだと思いますが・・・、あの人知ってる、この人知ってる、あの人知ってますか? この人知りませんか?と、猛攻撃・・・・。

そもそも・・・、数人程度の共通の知人探し程度は楽しい話なんだが・・・、度を超えて、あの人知ってる!この人知り合い!あの人仲が良い的な攻撃を連射してくる奴にロクな奴はいない!

あなたは、どういう人なの?って話で・・・、ずっと、自分の知り合いの人を順番に並べられても、つまんないだけ・・・。

適当に、この人は知ってるとか、知らないとか、適当に付き合って話していたのですが・・・、まあ、これが、つまらないのなんのって・・・、真面目に時間の無駄!

めんどくさいので、エンジェル投資家のB社長と話していても・・・不動産投資家Aが割り込んで・・・知ってる人話と、しょぼい自慢をしてくる始末・・・。

例えば、私とエンジェル投資家のB社長で、LINEの公式アカウントの登録者を集めてAIでセグメント分けしてプレゼント企画や広告配信をしていく話で、とりあえず100万人集めるには、どうしたらいいかという話を真剣にしていたわけです。

そうすると横から全く関係ない話で入ってきて、『このシャンパン、初めて飲みました。 因みにお値段はどれくらいするんですか?』とか・・・、『B社長の時計は、なんて時計ですか? おいくらぐらいするんですか?』とか・・・要するに、飲んでいてもビジネス系の話をしているのに、割って入ってきて中断するわけです。

そして、いろんな社長達が、私の席の近くに来て・・・いろんな話をして来た際には、必ず!

不動産投資家A 『あの〜・・・。お話中すみません・・・私、こういうものです。不動産賃貸業をやっておりまして・・・(以下省略)』

そうなったら、みんな優しいので、話を中断して、名刺交換して適当に話をするじゃないですか・・・w

そして、話を再開すると、関係ない話をしてくるわけで・・・隣にいた私は、我慢に我慢を重ねたのですが・・・途中で、限界が来まして・・・・。

その時に話していた、エンジェルB社長、その他の社長C社長、D社長に・・・、『ちょっとごめん!Aさんが口挟んでくると話が中断するので・・・後日、うちの社長室で話しましょうか?』と、ビジネス系の話をするのをやめまして・・・・。

『はい! Aさん・・・、もう話やめたから何が聞きたいの? とりあえず聞きたい事を3つ・・・10分で終わらせたいので、平均3分ぐらいの感覚で行きましょうか・・・まず、シャンパンの価格は先ほど説明した通り・・・、Bさんの時計は、リシャールミルの型番:RM11-03の黒・・・多分、市場で3000万円ぐらいすると思う。B社長は定価で買ってるだろうから、多分、1千万代で手に入れてるはずだけど・・・。それから、LINEのセグメントわけの話は・・・・』

不動産投資家A 『ちょっと待ってください。すみません・・。B社長の時計は、定価よりも高く売れる時計なんですか? Gショックかと思ってました。』

『おいおいw B社長、それGショックだと思われてたみたいだぞw 俺たちは、冗談でGショックと言ってるけど、本当にGショックだと思われていたみたいだな〜w はい。B社長、Gショックに勘違いされたから、これ飲んでぇ〜・・・。一気だよ〜w』

B社長 『え〜〜〜〜! それ、一気飲みと関係なくないですか???』

『え〜〜〜! 逃げるの??? 分かった! 俺も飲む、はい、乾杯とは・・・一気なり〜w ・・・w おおお〜・・・効くね〜炭酸つらいわw 』

B社長 『勘弁してくださいよ〜!  Gショックでいいので・・・w』

『えっ??? 今、認めたな・・・! はい、もう一杯・・・w』

B社長 『1分待ってください。心の準備しますので・・・・。』

『冗談、冗談w 今は、こういう酒の飲み方をすると問題になる傾向にあるので・・・。別に、飲みたくないなら飲まなくてもいいんだよ! ゆっくり飲もうね〜・・・Bくんw』

不動産投資家Aさん 『今、ググったんですけど・・・。 本当に高い時計なんですね〜。 近藤さんも持っていらっしゃるんですか?』

『一瞬持ってたことはあるけど、どうしても欲しいという奴がいたから、付けずに、そのまま売ってあげた。 定価と現在の価格の真ん中ぐらいでね。』

C社長 『それ、めっちゃいいじゃないですか〜。 俺も欲しかったです。』

『アホか! 時計屋持って行ったら、もっと高く売れたけど・・・友達相手に、そんなことしたくないし、かと言って・・・定価では、相手が気を使うし・・・。時計屋の買取価格ベー図で利幅が600万円ぐらいだったから300のっけて、定価と相場の、ちょうど真ん中あたりで売ってあげたw まあ、仕事も紹介してくれたことがあるし、世話になってる友達だからな。』

不動産投資家A 『その時計を新品で買って売ると600万円の利益ですか・・・。それって、近藤社長が、時計買取屋に持っていけば、もう300万円高く売れるものを、あえて300万円儲けずに売ったということで、300万円損していますよね〜・・・。

Aさん、違う違う、そういう考え方してると、友達いなくなるよw 俺も友達も300万円ずつ得をしたんだ! 』

不動産投資家A 『自分も、その時計を欲しいのですが、新品で買うにはどうしたらいいですか?』

『適当に、そこらのデパートの外商に頼むか、友達とかでリシャールに顔が効く人に頼んで見ればいいんですよ! なんか、立派な不動産投資家を大勢知っているみたいだから聞いてみたらいいじゃないですか???』

不動産投資家A 『数百万の時計を買ったという人たちは、何人かいますが、時計で儲かったという話は聞いたことがありません。 それに、もしも、市場価格よりも定価が安いという時計を買うことができたら、権利を譲ってくれたり、安く買わせてくれるような人はいないと思います。 』

『いや・・・、いると思うよ! Aさんの付き合いが、薄っぺらいからじゃないですか? 投資という部分では、それぞれ考え方が違うかもしれないけど・・・、@@さんのお陰で今の自分があるとか、儲けさせてもらったとか、深く良い付き合いをしているとかで会ったら・・・、そこで、損得勘定をあまり出さないと思うんです。 不動産投資家だろうが、エンジェル投資家だろうが、経営者であろうが、そういう付き合いってできると思うんですよ!』

不動産投資家A 『そういう付き合い方をしてくれる人はいませんね〜。 会って、不動産投資の話をして、食事したり、お茶を飲んだり、セミナーに一緒に参加したり・・・。 基本は、割り勘ですので、こういう感じとは、また少し違います。 それぞれ個人で不動産投資をしてるので、一緒に儲けようという考え方をする人は少ないのではないでしょうか?』

『エンジェルを含む経営者系と、不動産投資家の考え方の違いはわかるよ! キャピタル的な感覚と、インカム的な感覚とは違うから、不動産投資家はインカム的な考え方になるかもしれないけど、私は、Aさんと不動産投資家仲間の付き合い方が表面的で薄いので、そうなるだけで・・・、私は、お客さんと、そんなに高額なものではないけど、まあまあ取得が難しいロレックスのデイトナを、取引記念に2個頼んで一緒に買ったりしてるし・・・、私が参加している名古屋の美食会も、不動産投資家さんたち同士、皆さん、深い付き合いをしていますよ。』

FullSizeRender


不動産投資家A 『仮に、私の人付き合いが浅いとして・・・。 どうしたら深くなれますか?』

『ビジネスの考え方の基本は、まずは相手に喜んでもらってからのWin-Win! そういう中で、ビジネス上の信頼関係ができたり・・・、仕事はしなくても、人と人として何かを共有する中での信用と信頼・・・、それができると、相手の喜びが嬉しいという関係になっていくわけで・・・、そこから、時計の話であったり、車の話であったり・・・、不動産の話であったり・・・深い関係で付き合えるようになるんだと思うけど・・・。』

不動産投資家A 『なるほど・・・。勉強になりました。 でも、私は、勉強になるので、大谷仲間と付き合っているだけなので、深い関係になろうとは思っていないんです。』

『それならそれで、いいんじゃないの〜w その代わり、自分だけが美味しい話が欲しいって考え方をしているだけってことだから・・・、本当の意味での仲間はできないよね。 』

不動産投資家A 『そういうものですか・・・。』

『じゃあ、仮に、私の口利きで・・・・、ロレックスのデイトナ130万円が定価! 300万円で市場価格! 買取屋で売ったら270万円万円・・・・、それを、私が自分の権利を使って、Aさんに200万円で売りました。  じゃあ、Aさんは、私に何らか返そうと思いますか?  まあ、別に恩を着せるつもりはないですから、返してもらおうとも思っていませんので、仮にの話ですけどね・・・。』

不動産投資家A 『でも、近藤さんも利益が出ているので、それでよくないですか?』

『まあ、いいけど・・・。 俺が、自分で買って自分で売ったら、まるまる儲かるんだよ! でも、Aさんが、どうしても欲しいということで、安く買えるようにするんだから・・・、それって、ありがたい話ですよね?』

不動産投資家A 『はい! でも、自分には、お返しをできることはないので・・・。 それが、私が得をした部分であって、何らかお返しをしなくてはいけないのであれば、最終的に私の得にならないじゃないですか???』

『あははははw 何の得にもならないか〜w 今、いくら説明しても理解できないだろうけど・・・それが得しちゃうこともあるんだよw まあ、Aさん、あなたは、要するに自分が得したいだけじゃんw そういう人は、深い付き合いはできないよ! だから、大家仲間たちとも薄っぺらくて、浅いんだよ!   まあ、自分で、時計でも、車でも、不動産でも、何でもいいけど・・・自分で顔を作って、全部、自分一人で楽しめばいいんじゃない! お互い様ができないと、ビジネスも不動産投資でも大成できないんじゃないかな〜w 』

不動産投資家A 『そうは思いませんけど・・・。 実際に、目標の不労所得1000万円を達成しました。 サラリーマンの時は、節約をして給料の30%を絶対に貯金すると決めて、自己資金を作り、1棟目のアパートを購入しました。それからも、ずっと節約をしてきました。 浪費は敵だと思ってやりくりしてきましたが、最近は、少し余裕が出てきたので、自分の欲しいものも買えるようになりましたし、大家さんたちの集まりに参加したりして楽しくやってます。』

『まあ、投資は、種銭が必要だからね。 不動産投資の場合は、サラリーマン時代の信用と自己資金をコツコツ貯めたことも信用になるし・・・そうやって大家になった後は、今度は、次の物件を買うために信用つけないといけないから、当然、利益を出していかないといけないから、節約人生だよね。 でもさ〜、ケチケチしていたら楽しくないし・・・まあ、ケチでもいいけど、自分さえ良ければ的なケチは、伸び代が小さいし、人生、損をしている気がするな〜。 』

不動産投資家A 『損をしていますか?  不動産投資は、浪費をしない人の方が伸び代が大きいんですよ!』

『それはめちゃくちゃ分かりますよ! でも、今の状態で、あなたが60歳になるまで買い続けて、どこまで伸びますか? 計算してみてください。  寿命が1000年ぐらいあれば、それは、とんでもないことになりますが、そうじゃないでしょう。 まあ、話が噛み合わないのは、経験値の違いと価値観の違いだから・・・もう、やめましょう。 俺、Aさんの飲んだところ一回も見てないので・・・はい、乾杯w 乾杯とはイッキなり〜w』

ということで・・・分かり合えることがないと思いましたので・・・話をやめようとしたのですが・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


またまた、Aさんが、ぶっ込んできまして・・・。

不動産投資家A 『不躾な質問かもしれませんが・・・、ここにいらっしゃる社長さんたちは、年収、どれくらいなんでしょうか???』

『それを、今、ここで聞きますか???  もう、その質問攻撃やめた方がいいですよ。 まあ、いいか・・・。 あそこで、女の子とガチで話し込んでる社長、アホっぽいけど、年商30億ぐらいやってるし・・・。 あっちの社長は、@@@って会社の社長で、全国区で200店舗以上持ってるし・・・、今日、あなたを連れてきたBくんも、本業は@@で、相当手広くやってるでしょ。 年収は、知らんけど・・・、少なくても、会社の経費で数百万は使える人ばかりじゃないかな〜。』

不動産投資家A 『経費で数百万ですか・・・・。 年収は、どれくらいなんでしょう?』

『そんな話は、誰もしないから分からんけど、3000万円〜1億ぐらいって感じじゃないかな〜?  というか、知らんけどね・・・w 面白いから、聞いてみる???』

不動産投資家A 『はいw』

『お〜いBさん・・・。 Aさんが、みんなの年収知りたいらしいんだけど・・・。 とりあえず、Bさん、いくら???  1億ぐらい???』

B社長 『そんなにあるわけないじゃないですか〜w 年収200万円ぐらいですよ〜w』

『嘘つけバカヤロー・・・月の小遣いだけでも200万円超えてるだろ〜! とりあえず、嘘ついたから飲め!  Bちゃんの飲んだところ見てないぞ!』

B社長 『さっき飲んだじゃないですか〜w そういう近藤社長の飲んだところ見てないですよ。』

『じゃあ、乾杯するか・・・w うぇ〜いw 乾杯!・・・・。  まあ、いいんだけど・・・Bちゃん、お前、Aさん連れていたなら、面倒見てくれよ! 俺は、さっきから質問攻めにあって大変なんだ!  よしっ! 罰ゲームとして、今からAさん連れて、全員のところを周り、Aさんを紹介しながら年収を聞いてこいw 』

B社長 『いやですよ〜w そういうのやってないんで・・・!  Aさん、なんで、そんなこと聞くの? お姉ちゃんとLINE交換した方が楽しくない?』

『あかん、Bちゃん、もう酔っ払ってるわw Aさんも楽しめば・・・・?』

不動産投資家A 『いえいえ。 今日は、勉強にきたので・・・。』

『勉強ですか・・・。 なるほど・・・。 それなら、名古屋のエンジェル投資家、Bさんに勉強させてもらうのが一番だよ。  そこら中の商売に金突っ込んでるみたいだし・・・。 Bちゃん・・・Aさんの面倒見てよ!  Bちゃんのエンジェル投資の極意を教えてあげたら?』

不動産投資家A 『極意っすか・・・。 極意は・・・人っすよ・・、人・・・最終的には人ですよ。 人を見て人に投資するんですよ! 全ては、人・・・人ですわ。』

『俺も同感だけど・・・5回も6回も、人って言わんでもいいわw それからな・・・体、揺れてるぞ! ジッとして喋れ!』

B社長 『Aさん、分かってなんですよ! 大切なのは、人ですよ・・・人!』

『もう、人人言わなくていいから・・・w でもな、その分かってない奴を俺に押し付けるなよ!  とりあえず、これ飲め・・w』

B社長 『・・・はい・・・飲みましたw すみません・・・近藤社長も飲んでもらってもいいっすか?』

『飲むよ! 飲むけど、Bちゃんも、もう一回飲もうな! それから、Aさんも、もう一杯・・・、3人揃って・・・ウェ〜いw ・・・・・・。あっ・・・Aさん、乾杯したのに、飲み干さずにグラス置いた・・・。これ、ダメなやつ・・・。もうあっちに行って・・・w』

不動産投資家A 『お酒強くないので、もう、飲めません。  それに、年収の話をしていたんですけど・・・。』

『よしっ!分かったw みんなに年収聞いて来いwww Aさん、勉強にきたんだろ? いいじゃんいいじゃんw 勉強して来い! 年収アンケート頑張れ〜w』

と・・・・、最後は、こんな感じで、酔っ払いの会話になってしまいましたが・・・。

IMG_7397


少し真面目な話をしますが・・・。

エンジェル投資家や経営者と、不動産投資家というのは、事業の構造が違いますし、根本的な考え方が違います。

確かに、不動産投資家は、節約してなんぼのところがあります。
でも、自己中のケチでは、成功しません!


これは、エンジェル投資だろうが、経営者だろうが、不動産投資家だろうが同じです。

そして、不思議なことにケチはケチで集まり群れる傾向にあり・・・つまり、自分さえ良ければという人が集まるわけです。

う〜ん・・・今日は、たまたま先日の飲み会の話を書きましたが・・・、別に飲んだり食ったり浪費をすることが正しいと言っているわけではありません。

経営者も、不動産投資家も・・・、何かをしようとした時に、関わる全ての人が良いということを考えなくてはいけないと思います。

これまで、数多くの経営者、不動産投資家を見てきて・・・自己中のケチは世間を狭くして失敗している人が多く・・・関わった全ての人が上手くいくように全体のバランスを考える人は成功をおさめている人が多いです。

酔っ払ったエンジェル投資家のBさんは、ベロベロの状態でも、人が大切と言っていました!笑
確かにBさんは、いつも相手の立場で考えてビジネスをしていますしエンジェル投資もしています。

不動産投資家のAさんの話は、言葉の端々に自己中感が滲み出ていました。

一度きりの大切な人生の中で・・・、一人ぼっちで必死でケチって節約してきて、やっと年収1000万円を超えたAさんと・・・、仕事も遊びも皆パッピーに!と考え行動をしてきて莫大な財を成したBさんとの違いだと思います。

そんなわけで・・・本日は、エンジェル投資家と不動産投資家の大事な事は?というテーマで書かせていただきました。


読者の皆さま・・・メリークリマス




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 11:18|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック