ダイヤニウム

2021年04月04日

障がい者と不動産の話(No. 2500)

障がい者の親は、皆、言葉は違えど気持ちは同じで、『子供のことが心配で死んでも死にきれない!』

これまで、多くの障がい者の親の話を聞いてきたか、もう、数えられないが・・・、その思いは、私の心の中に、どんどん蓄積されていくわけで・・・。


私は、障がいを持つ子供はいないが、子を持つ親として、子供が心配でたまらないという気持ちは少なからず理解できるし、自分の子供が、もしも障がい者だったら、私も、死んでも死にきれないという気持ちになるであろうと想像できる。

障がい者の子供を持つ親御さんたちの思いは、私の考え方と行動を変えていくわけで・・・。

気が付けば、今・・・、不動産事業とは別に、農業と、A型就労継続支援事業所(ちよだふぁーむ)をやっていて、これらを安定させるために必死なわけで・・・、将来的には、グループホーム事業も加えて、障がい者が、住むところがあり安心して働けて、収入があり・・・普通に生活ができるようにしてあげたい。

何をしても、親は、子供のことは心配だが、今よりは心配度が下がるのではないかと思う。
そう考えると、私は、障がい者のためにやっているのではなく、障がい者の親のために頑張っているのではないかと、時折思うわけだが・・・。

IMG_6214


ここで、少し話は変わるが・・・。

少し前のブログに、そんな状況と、私の思いを書いたからなのか・・・
2名の不動産投資家から、グループホームを検討したいので、詳しい事を教えてほしいという話がありました。


基本的に、他の投資に比べて超低リスクで安定収入を求めているので、自己の生活の安定以外に興味はなく、リスクを嫌い、社会貢献とかを考える人が少ないのだが・・・、私のブログを読んで2名が興味を持ってくれたのは、とても嬉しい!
もちろん、障がい者のグループホームも不動産投資の一つなのだが・・・利回りは低めだし、運営会社次第のところもあるので、普通の収益物件とは、少しリスクは高めだし、利回り重視とは、少し違う考え方をしなくてはいけない!

ただ、今回の2名は、不動産賃貸業をやりながら社会貢献もできるというところに興味を持ってくれているので、話していても・・・、不動産投資家特有の、自己中な感じや、ケチケチ感みたいなものは感じない!

ほとんどの場合・・・、投資家はアパートを建てる、それを障がい者のグループホームを運営する会社が一括で借り流という感じが多いので、不動産投資家と障がい者の関わりは薄いのだが・・・。

わがままを言うわけではないが・・・、私としては、障がい者に対して、理解がある方、差別的な気持ちがない人に建ててもらいたいと言う気持ちがありまして・・・。

少なくとも、障がい者を見て、嫌悪感を抱くとか、気持ち悪いとか、鬱陶しいとか思う人は、遠慮してもらいたい!

なんと言うか・・・A型就労継続支援事業所をやりだしてから、健常者が障がい者を見下しているとか差別をしているとか、そういうことを、すごく感じるようになったんです。
障がいがあるので、区別されるのは仕方がないと思いますが・・・、自覚はないのかもしれませんが・・・差別している人が多いですからね〜。


就労支援の関係で、いろんな企業さんを訪問しますが・・・。

訪問時、商談中に、相手に対して、いちいち言わないですけど・・・・、障がい者の仕事に対して、簡単な作業のという認識ではなく・・・、汚い仕事、人が嫌がる仕事というものを障がい者にさせるという考え方をしている経営者や人事部長がめちゃくちゃ多いですからね〜。
企業としてのコンプライアンスという言葉を使うわりには、人間としてのコンプライアンスが欠落してるんじゃないの?って思うことが多々あります。





まあ、この話をすると、長くなるので・・・戻りますが・・・。

障がい者のグループホーム投資をする人には、不動産投資の利回りだけではなく・・・、この世の中には、いろんな人がいて社会が成り立っていて、自分もそのうちの一人であり、何らか少しぐらいは社会の役に立ちたいという思いがあって、やって欲しいんですよね〜。

私は、不動産賃貸業というものを、社会の中で必要なものであり、社会の中の歯車の一つだと考えています。
自分の利益だけを優先して、自分だけ儲かれば的な不動産賃貸業をしている奴が大嫌いなんです。


儲からない不動産賃貸業をやれと言っているのではなく、不動産賃貸業で儲ければいいんですけど・・・、社会や地域で自分が置かれている立ち位置・・・、もっと言うと、社会や地域での役割的なものも考えないといけないと思います。

もちろん、賃貸業をやっていれば、それを借りる人がいて、そこには生活があり、それを貸しているわけですから、社会の役には立っていますし、役割は果たしているのでしょうが・・・、ここ近年の不動産賃貸業のオーナーは、社会がどうこうなんてことは関係ない! 利回り、キャッシュフローを気にしすぎて、兎にも角にも、1円でも安く買い、1円でも多く賃料を取ってやろうという自己中心的な不動産賃貸業になってしまっている人が増えたように思います。

私も、企業の社長ですから、利益は追求しますが・・・、不動産業デベロッパー、不動産仲介業、不動産賃貸業、土木建設、その他、グループ会社全て・・・、微力ながらも、社会の中で、地域の中でということを考えていますし・・・当然、農業、就労支援のほうでは、更に社会性、地域性を考えながら少しでも貢献しようと努力しております。

IMG_6358


今回、グループホームの事を知りたいという不動産投資家さんは、2人の不動産投資家さんは、私のブログを読んで理解していると言ってくださってるので・・・安心しています。


話した感じだと、障がい者に対する偏見も差別もなさそうですし・・・逆に、すごく興味を持ってくださっていて・・・世の中、まだまだ良い投資家さんもいるんだな〜って、めちゃくちゃ嬉しい気持ちになりました。

この話が、もう少し、固まってきたら・・・、不動産投資家さんたちにグループホームを建ててもらって、私は、通常の不動産投資と太陽光発電所だけってのも、なんとなく格好がつかないので・・・。

と言いながら・・・ブログに書いてしまいますが・・・。

不動産投資家さんたち2名と私で、土地を購入して3つに分筆して、3棟のグループホームを建てるのもいいかな〜と思います。
今回、手をあげてくれた読者さんたちとの絆みたいなものもできるような気がしますし・・・。

そもそも、自分がやってない事を人に勧めるのは申し訳ないので・・・・、資金的に余裕があれば、もっとでかい事をやるんですが・・・せめて私も1棟ぐらいは造ろうかな〜と思っています。

お金を出し合ってという方法もありますが、後々、分割するのが難しくなるので、土地も建物も、それぞれ単体にする方がいいでしょうね〜。

障がい者のグループホームができると、A型就労継続支援事業、農事組合法人はあるので・・・、ここに、障がい者のグループホームができると、そこに住んで働く場所もあり収入もあり、障がい者が自立できます。

成功事例を作った後は、これをスキーム化して広げる・・・そうする事で、少しは社会、地域に貢献できるのかな〜なんて事を考えているわけですが・・・。

そうは言っても、私も、まだまだ勉強不足なので・・・もっと障がい者についての知識を吸収しなくてはいけません。

私が今、自分で、プロフェッショナルと言えるのは、不動産業、建設土木業ぐらいで、農業も福祉も、必死に取り組んで、やっと形になってきたばかりの状態なので、今後は、知識をつけて経験も積んで、本当の意味でプロフェッショナルになっていかなくてはいけません。

最終的には、きれいにリンクさせて、ホールディングス化させたいわけですが・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


不動産、建設土木と、農業、福祉って・・・相性がいいと思うのです。

現在は・・・。

A型事業所の利用者さんに、農事組合法人の方の作業をしていただき、農福連携がスタートしました。

不動産業で土地の情報収拾をして、農地の買取案件は、農事組合法人で土地を購入している。

通常の農地も購入しますが、基本的には、耕作放棄地を購入するようにしていて、耕作放棄地の場合、農地に戻すための工事費など補助金も出ますので・・・弊社の土木事業部の方で工事ができます。

この土木工事に、A型就労支援の利用者さんも加わって作業してもらえますし・・・その作業フィーは、弊社から、A型事業所に支払います。

こうやって出来た農事組合法人所有の農地で、A型事業所の利用者さんたちに野菜を作ってもらいます。

その他にも、不動産事業、建設土木、環境浄化触媒のメーカーダイヤニウムでも、A型事業所の仕事をしてもらっています。

今のところは・・・こんな感じですが・・・。





今後は・・・。

・現在の農福連携を充実
・農業で作ったものを、製品化することで更に障がい者雇用を増やすことができるので、6次化を目指します。
・A型事業所が安定したら、B型事業所も立ち上げて、BからA型へ、A型から、企業への就職という流れを作る。
・不動産事業の方で土地建物を造って障がい者のグループホーム建設をして、とりあえず運営会社に借りていただきますが・・・いずれは、自社でグループホーム経営もしたいと思います。
・利用者さんの個性、得意分野を活かし、健常者と障がい者と協力しあって、不動産、建設土木、農業、その他の事業を成長拡大していく。

こんな事を考えておりますが・・・。

BlogPaint


実は、すでに、利用者さんの個性、得意分野を活かし・・・という部分は、出来つつあります。

うちのA型就労の利用者さんって、すごい人たちがいるんです。

複数の建設土木系の資格を持っている人、車両系の資格を持っている人、理系バリバリの大学を出ている人・・・今度、入ってきてくれる人なんかは、ITバリバリでプログラミングからソフト開発までできるぐらいの人も・・・、そして、農業分野では、作業が正確で早い人、丁寧で繊細な感覚を持ってる人・・・。
もちろん、まだ、これから!という人もいますが・・・、それは、私の方が、まだ、彼らの個性、特性を把握できていなかったり、把握はできていても、得意分野の仕事をさせてあげることができていないということだと思います。

それに・・・事業という部分ではなく・・・、利用者さんが今まで出来なかったことができた時や、利用者さんに、超秀でた部分を発見した時とか・・・個人的に、なんとも言えない喜びというのか、めちゃくちゃ嬉しくて・・・。
これが、事業として、きれいに回るようになり、利用者さんが、企業にとってなくてはならない存在になった時は、更に超めちゃくちゃ嬉しいと思います。

冒頭に書いた、障がい者の子を持つ親御さんも、我が子の将来、自立できるかを心配されているわけなので、自立させるには、住むところと安定した仕事があれば、少しは安心していただけるんじゃないかな〜と思います。

住居の確保は、これから取り組んでいきますし・・・、自立についても、最初の一歩は、個性特性を把握することだと思いますので・・・・。

まあ、能書きは、これくらいにして・・・、有言実行します!

本日は、障がい者の親と不動産の話というテーマで書かせていただきましたが・・・。

不動産とA型就労、不動産とグループホーム、不動産と農業、不動産と建設土木・・・全部繋がるというか、リンクできるということを書きたかったわけですが・・・。

千代田不動産グループは・・・不動産、建設、土木、農業、福祉を連携させて、社会貢献、地域貢献する企業を目指したいと思っています。

そんなわけで、本日は、ここまでとさせていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください















toshikazy at 12:28|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年04月01日

営業・販売の極意(No.2499)

この歳になると、いろんな経営者からビジネスの相談を受けます。

当社が経営している、コワーキングスペース、レンタルオフィス(カラーブロックオフィス&カフェ)の人たちだけではなく、食事会、飲み会でご紹介いただいた経営者さんたちとも仲良くなり、経営相談に至るなんてこともありまして・・・・。

私の経験から出来る限りのアドバイスはさせていただいていますし、人脈も、相手に迷惑をかけない範囲で繋いだりしています・・・・!

そうは言っても、若い子たちの斬新さは、逆に勉強をさせていただいてるわけで・・・。

若い子たちの斬新さと、私の経験値が、バランスよくマリアージュした時に、相談者のビジネスは爆発的に拡大します。


2015-07-14-19-31-32


こういう話をしても、皆さん、ピンとこないかもしれませんが・・・。

例えば、Aくんが相談に来て、商品やシステムを販売しているがいまいち売れないと悩んでいたとしましょう。

事業計画書にあるようなことを、一通り話してもらい、私が、そのビジネス自体を把握します。
中には、3C分析とSWOT分析をして見せてくれる人たちもいます。
※3C分析とSWOT分析を知らない人は、ネットで検索してみてください。

まあ、私に分かりやすく説明するための資料として使っているのであればいいですが・・・、正直言うと・・・作るのはいいと思うのですが、それをどう使うか、使えている人は少ないような気がしますし・・・、それが頭の中にあり自然に出来る人は作成していませんし、私に説明する話の中に、きっちり盛り込まれているので、紙やパソコンを見なくても把握できます。

基本的に、自分がやっている、もしくはやろうとしているビジネスを説明するのに、自然に3C分析とSWOT分析っぽい内容を入れてこなければ、こちらは、アドバイスしようがないじゃないですか。

相談者にとって、3C分析とSWOT分析なんてものは、あって当たり前というか、話の中にそれくらいのことは入れ込んで相談に来ているわけだし、そもそも相談に来るということは、それだけは話にならないから来ているのであって・・・彼らが欲しい答えは、その先が欲しいのだと思うわけです。

今時の若い経営者は、ネットを上手に使うなんて当たり前だし、SNSなんかの知識は、私よりも遥かに詳しいです。

ただ、ネットもSNSも、思っていたよりも流入ができていないとか、商品購入に繋がっていないということが多いですし、広告打ち込めば、費用対効果が悪いですしね!

そもそも、そんなものは、みんなやってる事ですから当たり前ですし・・・ネットやSNSは、その道のプロに頼んだ方が確実だと思います。

2015-07-14-19-31-46


それでは、何をアドバイスするのだ?という話になると思うのですけど・・・。

う〜ん・・・具体的に社名や商品を出すと迷惑かけるといけませんので・・・・。

う〜ん・・・例えば・・・抗ウイルス 抗菌のダイヤニウムの話をすると・・・・。

ダイヤニウムという商品は、塗布、塗装した部分を、長期間、抗菌、抗ウイルス、防カビ、消臭するという商品なんですけど・・・
私が言うのも変ですが・・・、ナノダイヤモンド触媒というのは、光触媒と比較した時に、光の強さに左右されることなく安定しているという良さがあるわけです。
つまり、暗いところでも効果を発揮するわけで・・・但し、光触媒よりも少し高い!

当初、営業たちは、ダイヤニウムの良さを説明して成約しようとしていました。

自社の商品の強みを、一生懸命説明しながら、御社であれば、ああ使える、こう使える! 
コロナ渦の中で、抗ウイルスは、必須的な説明なんです。
正直、私よりも説明は上手い!

でも、私の方が売っちゃうんです!


もちろん私の方が人脈がありますので、そこは仕方がないかもしれませんが・・・・・。

私は、自分の営業方法と、社員たちの営業方法の根本的な違いを感じました。

社員の商談
仮に商談の時間が1時間あるとすると・・・彼らの時間配分は、挨拶世間話5分、商品の説明10分、他社製品との比較等10分、実際にどう使うか10分、金額の話10分、質問受付5分〜10分、次回アポ取り5分

私の商談
世間話5分、商品説明10分、世間話をしながら使い方を説明10分、商談先の会社が使った場合のメリットを3つ10分、世間話をしながらダイヤニウムを使うことで新たな展開の可能性、弊社と相手の会社で何が出来るのか10分、質問を受け付けて答える10分、金額の話の際には、おおよその金額を出すと同時に、相手の会社が得られるメリットを話しながら、第二回ミーティングということで次回アポを取る! もしくは、この場で即決! あとは、世間話・・・w
もっと簡単にいうと、商品の説明以外は、柔らかい世間話から、私が御社だったらどう使うかというような話を、盛り上げながらする感じです。

何が違うのか・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


通常の営業は、ダイヤニウムの良さを必死に説明してしまうのです。

もちろん、商品説明は、きっちりして欲しいですが・・・w

昭和の時代、自分の会社の商品に惚れていないと売れない!なんてことを言ったアホな社長がいましたが・・・、平成からは、時代的に、自社の商品に惚れ込んでグイグイ押して説明しても、そんなもんは、キモいだけで・・・たいして売れません!

例えば、異性を口説く時に、『自分は、こうでああで、私はそれを愛していて、俺ってすごいだろう? 自分は素晴らしい・・・お付き合いしませんか?』って・・・いくら優れていたとしても、誰が、そんな自分大好きな変態野郎と付き合うんですか?

それよりは、ナチュラルに自己紹介ながら相手の話も聞き、雑談の中で仕事の話をして、趣味の話をしながら、共有共感できるところを探し、自分と相手と共に楽しくなれることを創造し伝え、また会いましょうと伝える。

どっちが成功率が高いと思いますか?笑





営業にしても恋愛にしても、もちろん、強弱つけたり、駆け引きも必要ですが・・・、それ以前の問題として、人を惹きつけるには、相手にメリットとワクワク感を感じさせないといけないわけです。

お見合いの経歴書を読み上げているような奴や、営業スクリプトをそのまま読み上げているような奴では、絶対に相手の心は掴めません!

私にものを売りにくる人の大半は、ウィンウィンの関係に持っていこうとしますが・・・、ウィンウィンに感じて、宜しくお願いします!になることは少ないです。
それは、俺の会社、俺の商品は、こんなにすごいんだ!これを買ったらお互いにいいんじゃないか!ってことであって・・・、何かそこに、ワクワクするような魅力的なものがないのです。

優秀な営業マンは、私の興味、想像力、妄想力を掻き立ててくれて、面白そうだな〜・・・よし買ったぁ〜wとなるわけで・・・商談の時間中に相手に与えるのは、知ってもらうこと!メリットプラス未来を創造させること!この2点だけでいいのです。

これは、ネットや、SNSでも同じだと思います。

ネットを見た瞬間、知りたくなる・・・知ったら見て見たくなる・・・買いたくなる・・・
SNSの場合は、画像で、商品と、その商品をどう使って先に何があるかを創造させなくてはいけません。





ダイヤニウムが何故売れたのか・・・。

今回、営業の頑張りと、商品の良さは置いといて・・・、大きな理由は、メディアが300社以上が取り上げてくれたからです。

メディアにプレスリリースする際に、メディアが興味を持つことよりも、メディアのお客様が興味を持つことを考えて文章を作成してきました。

抗ウイルスの関係は、表示が難しいんです。

ダイヤニウムは、県立奈良医大のコロナウイルスに効いたというエビデンスがあっても広告に載せられませんので、ダイヤニウムも、むちゃくちゃ安いエビデンスもないような商品も、同じような表記になってしまうのです。

抗ウイルスというものは、目に見えないというのも売りにくい理由の一つでが、それなのにエビデンス表記ができないのはかなり辛いです。

そんな中、メディアが、しっかりと取り上げてもらえるようにプレスリリースをしています。

商品を売るための広告ではなく、メディアが、ニュースとして取り上げてくれるぶんには問題ないですからね。

Yahoo!ニュースやLINEニュースも何度も載りましたが、別にスポンサーや広告を入れているからではなく・・・結局、他のメディアの取り上げたものを視聴者目線で見て、これは、ニュースで流したいからという理由で、自社で取り上げているような気がします。
各業界の業界紙も同じで、読んでいる層が求めているものだと思うから掲載してくれるわけです。

ネットニュースや新聞を見た人たちが興味を持ち、それが、大手の会社であったり、行政であったりして、問い合わせがあり成約に至るのがBtoB・・・BtoCは、ダイヤニウムECサイトで購入に至る!

そして、営業たちは、問い合わせがあった企業に営業に行く際には・・・、先ほども書いたようなことを心がけて営業トークをすることで、打率が、めちゃくちゃ上がるわけです。





もう少し具体的に・・・・。

もうひとつ・・・コネクトという、コミュニケーションツールを販売している会社の手タレになったこともあり・・・、最近は、QRリングの販売のコンサルもしていますが・・・。

コネクトQRリング

難しい話は置いといて・・・、LINEやインスタを気軽に交換できたり、自社のサイトや、自分の名刺をQRコードにして使ったりでき、話題性もあり便利だし、商品力があります。

商品力があるコミュニケーションツールを売るには、仕組み作りが重要だとアドバイスをしています。

むやみやたらにサイトやSNSで宣伝しても、見てもらえるとは思いますが、購入には繋がりません。

この指輪は、連絡先を交換した時の、意外性・・・つまり、QRリングでQRコード内の情報を発信して受け取った瞬間のインパクト!  そこから、興味につながり、自分が使うのであれば何のQRコードを指輪にしたいか!というのを連想させる。
ここがポイントだと思うわけです。

そのインパクトを、サイトやSNSで見た人に与えるようなものを作らないといけません。

ただ・・・まだ、コネクトという会社は、今年の2月からスタートしているのと、QRリング以外の、ブレス、ネックレス、カフス、ピンバッチなどの、新商品作成と、それに伴い、商標登録などに費用がかかるので、宣伝広告費に費用が使えないということのようです。

そうな言っても、コネクトさんは、一歩ずつ着実に進んでいるようですが・・・。

FullSizeRender


私だったら・・・・、先に、カフス、ピンバッチ、ネックレス、ブレスの企画だけ考えて、若手経営者の営業会社や飲食、美容系の会社に企画書を持ち込み・・・。

・とりあえず、自分が指輪をつけて行って、目の前で使ってみせる!
・営業においてのインパクトの話をする。
・指輪だけではなく、いろんなものが作れることを説明しながら、営業に使用するイメージを想像させる。
・世間話的に、そもそも、名刺を交換して、名刺フォルダーに入れながらスマホに登録することの手間暇時間というものが、今の時代にあっていない!という話をする。
・他社は、まだやっていないので、先駆けとしてどうですか? そうすることで、時短による生産性向上と、話題性、営業時の印象付けができる!
・社員の人数を聞いて、口頭で概算費用を伝えながら、再度、雑談を交えて、例え話的に、時短による生産性向上と、話題性、営業時の印象付けの話をする。
・名古屋方式だが、最後に、飲み食いの誘いをしてみる!笑

自分なら、こんな感じで、まとめてBtoBで、いっちゃいますけどと、自分ならどうするかという作戦を伝えながら・・・
でも、BtoCからスタートして、一歩ずつ進み、一人ずつ増やしていくのも悪くないと伝えました。

ただ、このQRジュエリーに関しては、自分が相手に買ってもらった時よりも、その相手が使用した際に、相手の、その先の人が、興味を持ち、コネクトさんのサイトに来るように!最初に、売るときに、簡単で分かりやすく、コネクトの会社の情報も含めて、しっかりと相手の脳裏に打ち込まないといけない!

相手が、指輪を使う際に、相手がナチュラルにコネクトQRリングの言葉が出てきて説明できるような、ワードを選りすぐって話さなくてはいけない。
それによって、人から人への繋がり度合いが変わり売れ行きも変わる!

それをするには、商品のインパクトと言葉だけではなく、人としてのインパクトと好感度も大事だと・・・こんな感じのアドバイスをさせていただきました。

私も、ブログの読者さんや、知人友人が30個ぐらいは買ってくレましたが・・・w
ありがとうございます。

FullSizeRender


まとめると・・・。

カラーブロックオフィス&カフェの会員の皆さまや、知り合いの経営者さんたちから、相談があると、私なりにアドバイスをさせていただいておりますが・・・。

物を売るより人を売れという言葉がありますが・・・人を売るというのは、もちろん、人の人柄や高感度もありますが、それって、この人から買いたい思うには必ず理由があります。

この商品をこの会社、もしくは、この人から買いたい!

まあ、商品によって、いろいろな特性があるので一概には言えませんが、でも、これが基本かな〜って思います。

これって、その物、もしくは、その人、その会社と、明るい未来が見えるかどうかってことなんじゃないかな〜と思うわけで・・・。

買いたいと思わせるための、ツールが、営業が訪ねて行くことなのか、ホームページなのか、SNSなのかの違いだけだと思うのです。

ただ・・・私の場合・・・・。

膝を突き合わせた商談の中では、それなりにできていると思うのですが・・・、今は令和・・・それを、サイトやSNSで表現できない!

そういう意味では、私の、アナログ対人スキルと、若い子たちのデジタルスキルを融合していかないといけないわけで・・・、若い経営書の相談に乗っているようで・・・私も相談に乗ってもらっているという感じです。

これからも、昭和のアナログスキルと、平成デジタル、令和のデジタルトランスフォーメイションで・・・若い経営者の子たちを成長させるとともに、自分も時代においていかれないように必死でついていこうと思っています。

お互いの得てを出し合い、不得てを補える関係は気持ちいいですよね。

営業・販売の極意・・・

自社の商品の良さを伝えることよりも、自社の商品を相手が使うこと、又は、自分とあ付き合いが始めることで、どんなメリットがあるかを伝え、相手に明るい未来を想像させること!

その先は、自分と相手の得意な分野を出し合い、苦手な分野を補い合える関係を構築し、双方が更なる飛躍を目指す関係になれる事を目指して、誠心誠意対応していくこと!


この2点ができれば、ただの一発屋の物売りは、もちろんのこと・・・、それぞれの商品の性質もあるが、基本的には継続的な関係になれると、営業、販売の効率はよくなります。

それだけではなく、営業、販売が楽しくなるw

営業、販売の極意を掴んでいる人は、仕事を楽しんでいる人が多いです!

持論ですが、このブログを読んだ皆さんが、効率良く楽しく仕事ができるといいな〜と思い書かせていただきました。

FullSizeRender


最後は、余談で締めますが・・・。

若い経営者の子たちが、相談に来て・・・、私が、自分の人脈を使って、商品を売ってあげた理、取引できるようにしてあげたとしましょう。
若い子たちは、スゲ〜って言ってくれますが・・・。

俺から言わせると・・・インスタやTik Tokが使えることや、便利なアプリを教えてもらうことの方が、スゲぇぇぇ〜〜〜〜〜wって思っていますけど・・・。

今後も、若い経営者たちの相談に乗りますので・・・いろいろ教えてもらいたいです。

感性を磨くために、今時の遊びもお付き合いしますし・・・・w

FullSizeRender


実は、最近、インスタのリールってやつや、動画編集アプリを教えてもらって、けっこうハマっていまして、リールにあげるために、15秒〜30秒で動画を作っていますw

今は、まだ、全然、上手に編集できませんが・・・。

もちろん、これは絶対にビジネスに有効なので・・・慣れたらビジネスに使っていこうと思っています。

読者の皆さんも、私のインスタを見ていただけると嬉しいです。

ブログの最後の、ブログランキングの投票バナーのあたりに、インスタのURLが貼ってあります。

まあ、インスタは、個人的なものなので、基本、グルメ系ですけど・・・w

そんなわけで、本日は、営業職・販売の極意を、ゆる〜い感じで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 13:00|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年12月26日

新型コロナ 抗ウイルスエビデンスの話(No. 2474)

年末なのに、感染者数最多、入国停止等、新型コロナウイルスのニュースばかりですね。

2020年を振り返ると・・・新型コロナウイルスの年でした!としか頭に浮かばないです。

振り返ると、パンデミックで・・・暗い一年でした。


今年は、コロナコロナで終わってしまうのか〜と思っていたのですが・・・そんな中、コロナ関連には変わりないのですが・・・・。

2020年で最も嬉しい朗報が入ってきました。

某医大から、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)に対しての、ダイヤニウムの抗ウイルス(新型コロナウイルスの減少率)のデーターが出てきました。

FullSizeRender


簡単に説明すると・・・。

・ダイヤニウムアルコールタイプ 30秒でSARS-CoV2が99.9%
・ダイヤニウムを塗布したフィルム 2時間で96%減少 4時間で98%減少 8時間で99%減少

某医大が試験をして検証データーをもとにエビデンスを出してくださりました。

正直、この結果が、欲しくて欲しくて欲しくて・・・

今年の3月から、ダイヤニウムから、複数の研究施設や大学に、新型コロナウイルス のエビデンスが欲しいとお願いをしてきましたが、ことごとく断られてきました。

初期段階では検体がないと断られ・・・その後も、なんだかんだ理由をつけられて断られて・・・まるで新型コロナの検証データーを出すことが悪い事なのかと思うほどに、けんもほろろに断られ門前払い!
こちらは、頭を下げて研究費も出すとお願いをしてきたのですが、費用の問題ではなく、研究期間は断ってきたのです。

検体がないとか、新型コロナは無理だとか・・・100件以上の施設や大学にお願いしたわけですが・・・ダイヤニウムの社内では、もう日本での新型コロナのエビデンス取得を諦めかけていて、アメリカの施設に依頼をしようとしていた9月頃に、某医大が引き受けてくださったのです。

FullSizeRender

(イメージとしてyahoo!画像使用)

これまで、ダイヤニウムは、インフルエンザウイルスや、大腸菌O-157、白癬菌等、多くのエビデンスがあり、ISO基準であるSIAAの抗菌と抗ウイルスはクリアしていたものの、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)の抗ウイルスエビデンスは、ありませんでした。

実際には、インフルエンザのエンベロープに効いているので、良い結果が出ることは分かっていたのですが・・・新型コロナウイルス(SARS-CoV2)に効くということを証明しないことには、新型コロナウイルスの抗ウイルス剤としては不完全だったわけです。

どの研究機関も引き受けてくれない中、某医大には本当に感謝しています。
断られていた数が100回を超えているだけに、100回以上、頭を下げて、ありがとうございましたを言っても足りないくらい感謝しています。

アルコールについても厚生労働省が、70%以上という目安を示しているだけで・・・ちゃんとしたエビデンスを見たことがありません。
ダイヤニウムアルコールタイプは、30秒で99・9%減少させたという結果が出ています。

多種多様な抗菌抗ウイルス系の商品が売られていますが、新型コロナウイルスの抗ウイルスエビデンスは、ほとんど見たことがありません。
ダイヤニウムは、2時間、4時間、8時間の減少率が出ており、8時間で99%に達しました。
因みに、ナノダイヤモンド触媒では、世界初のエビデンスです。

FullSizeRender

(イメージとしてyahoo!画像使用)

この結果を、どのタイミングで、どのメディアからリリースするのかは決まっていませんが・・・。
ダイヤニウムの社員たちが、必死で研究施設や大学等にお願いをして、ことごとく断られ、それでも諦めずに頑張り・・・今回、新型コロナウイルスの抗ウイルスの証明ができることになり・・・社員たちの頑張りと悔しさ歯痒さが報われたことが何よりも嬉しいです。

そして、現在、ダイヤニウムには約50社のパートナー(特販店)がいますが、弊社を信じてついてきてくださっているわけで、今回、新型コロナウイルスの抗ウイルスエビデンス取得のご報告できたことも心底嬉しく思います。
ダイヤニウムの特販店の大半は、好調に業績を伸ばしてはいるものの、ナノダイヤモンド触媒自体が安いものではないので、相見積もりやプレゼンで競合他社に負けたというケースも報告を受けております。
今後は、ISO基準SIAA抗菌抗ウイルスに加えて、コロナの実証データーを全面に営業活動ができますので、今までよりも成約率が上がることは間違いないでしょう。

今だから言えますが、私も、人脈をフルに使い、国立、県立、民間の研究施設のあるところに相当数にあたってもらいましたが全滅でしたが・・・、そんな中、ダイヤニウムの沼倉社長が、やってくれました。

詳しい結果、データー等は、近々、ダイヤニウムの方から発表される予定です。

FullSizeRender


各メディアに情報解禁日を通達して・・・という通常のパターンかと思います。


新型コロナウイルスのエビデンス取得により、共同研究開発を進めてきた、某大手乗り物メーカーが公共交通機関向けにダイヤニウムを選定しました。

これらの詳細が、情報解禁日に公開されるわけですが・・・・。

ついつい嬉しくて・・・ブログに書いてしまいましたが・・・情報解禁日の前に、これを書いてしまってよかったのだろうか?

まあ、映画で言うなら、予告編見たいなものだし・・・すでに検証データーもあるし・・・、一応、ダイヤニウムの会長職なのでいいかな〜と・・・最悪、まずいときは、速攻でブログを消します!笑

できれば・・・日本経済新聞、産経新聞、中日新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞様、一面でお願いします・・・フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京、他民放各社様の夕方のニュースで宜しくお願いします!笑笑

ダイヤニウムは、新型コロナウイルスが流行する前から、抗ウイルス、抗菌、消臭、防カビ、鳥害対策に取り組んできました。

現在は、新型コロナ第三波の接触感染リスクの低減のため、ダイヤニウムの社員たちは昼夜問わず頑張っております。



新型コロナの不活性化のエビデンスを取得した以上、日本中、世界中にダイヤニウム施工をしたい気持ちでいっぱいです!

そんなわけで、本日は、新型コロナ 抗ウイルスエビデンス取得の話を書かせていただきました。



(日本語版)


(English version)




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 22:49|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック