農業

2021年02月21日

これからの時代は、農業投資(No. 2488)

本日は、不動産投資と農業投資の話を書かせていたきます。

IMG_4110


農業投資の話の前に、不動産投資の話から・・・。

20年前は、不動産投資家との繋がりができて・・・、不動産投資ブームも来て、猫も杓子も不動産投資をするようになり・・・今、その勝ち負けが、はっきり見えてきた。

少し前までは、不動産投資も相当勉強しないと失敗する時代と言われていましたが・・、今は、金融機関も以前のように何でもかんでも融資してくれる時代でなくなったので、失敗する以前の問題で不動産投資がしにくい時代になりました。

今後、不動産投資は、更に厳しい時代になっていくわけで、中途半端な場所の物件を買った人は空室で悩むだろうし・・・、人気のエリアで購入すれば利回りの低さで次の物件が買いにくいし・・・新築も利回りが低いし・・・古い物件を買えば経年劣化により修繕等で悩むことになる。

すでに一時代を築いた不動産投資家は、現状の不動産収入で食っていけるでしょうし、良い物件が出たら買えばいいという感じで、それなりにやっていけると思いますし・・・不動産価格が暴落なんてことになれば、逆にチャンス到来という人もいるでしょうが・・・





自己資金が乏しい中で、新規事業として収益物件を購入して、どんどん増やしてキャッシュフローを増やしていける時代ではなくなりました。

目指せサラリーマン大家!みたいな時代は完全に終わったと思います。

不動産投資家にとっては厳しい時代、益々、厳しい時代になるでしょう。

私としては、すでに、10年ほど前から、あまり収益物件を触らなくなったというか・・・よほど美味しい物件じゃないと、仲介も、買取再販も、新築建てて売ることもしないという感じで・・・、10年ぐらい前からは、途上国でのビジネスや海外の不動産投資をしていました。

7〜8年前からは、事業用の太陽光発電を・・・今は、低圧、高圧ともに、安定収入を得ていますが、あと十数年で終わります。

そして、4〜5年前からは、海外の不動産投資も手整理整頓して手を引きまして・・。

IMG_5794


3年ほど前から農業に目を向けるようになりました。

農業に興味を持ち始めてから、自分なりに勉強して、農家の方々から農業の研修を受けまして・・・自分でも、色々と作ってみたりして・・・・。

昨年、大量に農地を買い農業資格を取得して農家になり、その後に農事組合法人 愛知津島ファームを立ち上げて、今年から、就労支援A型事業所を開設して、現在、農福連携を頑張っています。

基本的に、農業というのは、儲からないと言われていますが・・・実は、本当に儲かりません!笑

普通に農業をやっていては、昔からの利権的なものも大きく参入しにくいし、野菜は買い叩かれるし、JAのピンハネはきついし・・・基本的には、利益なんて出ません。

特に新規参入は、難しく厳しい!

国や自治体は、応援してくれているようなふりをしているが、実際に、補助金や助成金などを使うには、それにぴったり合致させないといけないし、現実問題として、その決められた枠に収めるのが大変で、結局、タイミング的にできませんとか・・・後々、提出する書類が多すぎて・・・こんなめんどくさい話なら、もういらないです!という感じで・・・。

私からすると・・・、農業を支援する形を作っているだけで、やる気ないでしょう?と言いたくなるようなものばかりだし、農業専門の行政書士が少ない中で難しい申請になっているので自分たちではできないし・・・。
行政側のやり方は、必死で調べろ! 条件も期間も狭き門にしておくから、やれるものならやってみろ!という感じです。

私は、そんな複雑で面倒臭いことをしなければいけないものいらんわ〜!という感じだし・・・、昔から農業をやっている人たちは、そんなものがあることすら知らないか、知っていてもやり方が分からないし、教えてもらおうにも、教えてくれる人を探すのは難しい!

いいか〜、農林水産省・・・耳の穴かっぽじってよく聞け!
農家は、高齢者が多いし・・・、農家の大半は、未だにFAX使って、手書き伝票で・・・パソコン使える人も、スマホを使いこなせる人も少ないんだ!

高齢者が、どうやって補助金や助成金の情報を知り、誰が申請するんだ?

農業ってのはな〜・・・行政合わせじゃなくて、自然に合わせて仕事をするんだよ! 

よ〜〜〜く見てみろ!  行政合わせで、農業収入よりも、補助金、助成金の方が多くもらってる立ち回りの上手な奴、まあまあいるぞ! 本当に、必要としている人たちで、情報を知らない、申請できない人が、どれだけ大勢いると思ってるんだ・・・・!

要するに、ろくに、まともな野菜も作れない人けどパソコン使える人が、新規就農で金もらって失敗して終わり・・・朝早くから起きて頑張っている高齢者の人たちは、担い手がいない、食べていけないと言って、どんどんやめていく!

たまに、JAが、申請を教えてくれたと思ったら、設備も、肥料も、ピンハネしまくられて、野菜を作っても、そこからまたピンハネされて、労働搾取されるパターンとか・・・高齢者は、ネットで検索して相見積もりとか取らないんだよ!(普通に見積り出したら1400万円の設備がJAを通すと2200万円)

行政は、このような現状を見て見ぬふり・・・いや、見て見ぬふりというよリは、見て真剣に取り組んでる形だけ作っている!という感じですね・・・。

ただ・・・唯一 ありがたいのは・・・融資は受けやすく資金調達がしやすい!

農業起業者にとって融資が簡単というのは、かなり追い風!

政策金融公庫の通常ではあり得ない融資条件、低利の銀行融資、農業ファンド、企業からの出資など、資金調達が楽であることは確かです。
この部分だけは、優遇されていると思います。

高齢者の農家を救い、農業の技術を若者に引き継がせないと、日本の農業は崩壊する!

これが、農業を始めてから、私が分かった事です!





さて、そろそろ本題の農業投資の話をさせていただきますが・・・。

こんな現状で、農業投資?・・・何言ってるんだ?と思いませんか?

それがそうでもないのです

現在、日本の不動産投資家って、サラリーマン投資家から、脱サラ投資家になった人って多いじゃないですかw

まあ、私のクライアントや知人友人を見ている限り、サラリーマンから不動産投資家になり、キャッシュフローが1000万円を超えると、俺は勝ち組だぁ〜wって、会社を辞めて、不動産投資物件を探し歩いたりして、半分遊んでいるような人が多いわけで・・・まあ、そうじゃない人もいますが・・・w

要するに、今後、不動産投資が悪くなっていく中で・・・金と暇と投資の知識がある人が多いわけです・・・!

そして、投資家の大半は、ネットやSNSが使えるじゃないですか!

それに、脱サラ大家は、あっちこっちに行って勉強している人がが多く人脈がある!

これって、農業投資に、ピッタリなんですよね〜!

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


農業投資スキームについて・・・。

’清箸鯤拔して、マーケティングもしてターゲットを決める!(ここ重要!)
農業用の土地を探して事業計画を立てて資金調達をする!
G醒呂鮃愼して農業資格を取得して、人を雇って、自分も実際に農業をやってみる!
ず遒辰震邵擇箍綿を売り込みに行って販路を開拓する!
シ戚麈晴箸箸靴凸邵擇鯆蟯的に出荷、安定収入!
耕作面積を増やして、どんどん拡大して行く!

簡単に書くとこんな感じなのですが・・・。

,稜清箸鯤拔するというのが最も重要である部分です。
幅広く農業を学び、マーケティングをして、どの分野に進むのか・・・重要です。

これは、地域によっても、人脈によっても、考え方によっても、人それぞれなので、なんとも言えないのですが・・・。

農業と言ってもいろいろあります。

露地栽培なのか、ハウス栽培をするのか、ハウスなら水耕栽培などをするのか・・・もっと変わり種になると、コンテナを使って椎茸を育てるなんてこともできますし・・・いろいろあります。

作物も、手をかけて高価なものを作るか、大量生産の方に行くか・・・

売り先は、今時のECサイトを作って通販をするのか、市場に出すか、契約農家をやるか・・・

資金調達は、自己資金か、政策金融公庫か、民間の金融機関なのか・・・最近は、大手企業に出資してもらって農業をやっている人たちも増えてきました。

まあ、今日のテーマは、農業投資なので、大手企業に出資してもらうってのはないと思いますが・・・w

例えば、私の場合は・・・。

私は、葉物の水耕栽培ですが、水耕栽培の分野だけでも、いろんなものが作れますが・・・今は、サラダ菜をメインで作っていまして・・・一日800〜1000個のサラダ菜を出荷しています。

なぜ、サラダ菜なのかは、私の師匠が、サラダ菜を作っていて・・・それはそれは見事な薔薇の花のような美しさで、味も美味しいサラダ菜を作っていたからです。

IMG_5159


普通、サラダ菜は、敷物野菜として使うのですが、うちのサラダ菜は、エグ味が少ないのにサラダ菜の青々しい旨さが出ていて、サラダで食べても、牛肉や豚肉やハムを巻いても、しゃぶしゃぶに使っても、軽く炒めても美味しいです。

詳しくは書けませんが、スーパー、飲食店など、いろんなところへ行ってます。

残念ながら、今は、まだ、ECサイトでは売っていませんが、そのうち他の野菜と一緒にネット販売したいな〜と考えています。

そんなわけで・・・サラダ菜は、安定したので・・・新しい野菜を作って、販売をしていこうと考えています。

最近、ちょくちょく、いろんな野菜を育てていますが・・・9割の葉物野菜は、商品化できるぐらいのレベルです。

FullSizeRender


今、600坪のハウスの中で水耕栽培をやっていますが・・・、もう一個、ハウスを作ろうと考えていまして・・・、そこでは、2〜3種類ぐらいの野菜を作ろうと考えています。

とりあえずは、メジャーのフリルレタス系・・・あとは、色物のレッドリーフ系・・・、あとは、サラダケールとか、その時々の流行りのものを作るつもりです。

安定供給する野菜を3種類・・・サラダ菜と、フリル系と、レッドリーフ系を、大量に出荷しながら・・・その一部に、流行り物の野菜を添えて、ECサイトで販売したいのです。

新しい野菜の研究をするために、この度、水耕栽培研究施設を作りました。

先週、完成したばかりのホヤホヤです。

IMG_5804


上の段が、日光での栽培・・・下の段がLEDでの栽培です。

下の段のLEDのところを見ていると、なぜか、スターウォーズを連想しますwww

IMG_5800


まあ、スターウォーズの話は置いといて・・・。

これは、自社の野菜の研究だけではなく、飲食企業、農業投資家に場所貸しをして、研究できるようにしてあります。

最近、自家栽培をしたい飲食企業や、農業投資を考えている人からの相談が増えてきましたので、農業研究仲間と水耕野菜の研究と農業指導ができるようにしました。

ある飲食チェーンは、自家栽培野菜を作りたくて水耕栽培の施設を作りたいとのことですし・・・ある投資家さんは、田舎で大規模な水耕農業をやりながら、古いオフィスビルでLED水耕栽培をやりたいと考えているそうです。

水耕農業は、投資になるのか???

投資になります・・・売り先があればですが・・・。

つまり、研究所で野菜を作って、その野菜を持って売り先を探すのです。

これは、一回持って行けば、ハイOKというわけではなく、しばらく通わなくてはいけません。

理由は、暑い時も寒い時も、安定して野菜を供給できるかどうか分からないうちは、契約農家として認めてもらえないからです。

当社の場合は、30年間、水耕をやってきた師匠がいるので、できた野菜を持っていけば、比較的早く契約農家として契約してもらえますが・・・新規の場合、信用をつけるために、しばらく時間を要します。

最低でも、極寒の2月と灼熱の8月を越えないと、安定供給できるとは認めてもらえないでしょうね〜。

そうなるまでは、市場に出さなくてはいけないので、安定した価格ではなく、高くなったり安くなったりしますので、当然、安定収入というわけにはいかないわけで、投資として成功とは言えないわけです。
IMG_5173



例えば・・・・
一日1000個とか、2000個とか、契約農家として安定して出荷ができると、月の売り上げと経費が計算できるので、安定した投資というか、不動産投資のような感じになってくるわけです。

ここまで、作り込むのは大変ですが、私は、おおよそ10ヶ月かかりました。

不動産投資の場合は、物件を購入してから、早ければ1〜2ヶ月で決済ですが、農業投資の場合は、早くても1年ぐらいはかかると思っておいた方がいいですけどね。

ここまで読んだところで・・・そんな悠長なことは言ってられるか!って思った方もいらっしゃるのでしょうけど・・・・、意外と、これが、悠長なことを言ってられるのです!笑

それは、融資に秘密が隠されています。

不動産投資の場合・・・買った翌月から返済が始まるじゃないですか・・・、農業で政策金融公庫のスーパーL資金を使った場合、返済を5年とか10年とか据え置きにしてくれるんです。

それに、事業計画を立てて、返済計画がしっかりしていると認めてもらえれば、かなりの金額を融資してくれます。





例えば・・・、5年で、水耕ハウスを5つ作ります、一つの施設が、土地代を合わせて8000万円・・・1年目、2年目〜5年目というように、計画を立てます。

そして・・・4億円分の土地と設備、その他の設備や1億円、合計5億円貸してください!という感じで・・・、もちろん、絶対に全員が融資を受けられるわけではありません。
審査はありますし、事業計画と与信次第で変わりますが・・・、逆に、ケースバイケースですが、中には連帯保証を取られないケースもあります。

設備投資と、必要な経費を出して借り入れを申し込みますが基本的にゆるいですが・・・、人件費などの運転資金に対しては、厳しいです。
でも、そんなに大きな経費はかかりませんし、人件費ぐらいは、野菜さえできれば、なんとかなると思います。

政策金融公庫には・・・、「5年後ぐらいに、利益が出てくるので、そのあたりから返済をします・・・」ということが、可能なのです。(融資承認必要!)

因みに私も、5年間返済据え置き・・・10年だったかな〜?5年目ぐらいから利益が出る計算をしていたと思うので、5年据え置きなのか・・・、でも、10年据え置きで申し込んだので、10年だったかな〜?・・忘れましたけど・・・とにかく据え置きです。

でも、実際に、利益が出るまでに5年なんてかからなかったし・・・。

そうは言っても、融資してもらったお金が残っているので、これから、まだまだ土地を買ってハウスを建てて水耕栽培の設備を作って、その上で、利益を出さなくてはいけないので・・・まだまだ気は抜けないですけどね。

まあ、でも、1つ目のハウスで利益を出すのが一番難しいので・・・2個目、3個目と作るごとに、人件費等の経費の割合は、少なくて済むので・・・あとは、この水耕研究所で、いろんな野菜を作って、売り込みをしながら水耕ハウスを増やしつつ、人材育成をしていく感じになると思います。

ただ・・・私の場合は、農業だけで成功とは言えないわけで・・・

IMG_4596


ここからは、投資の部分とは切り離して考えていますが・・・、最終的には、農福連携を目指しているので・・・、昨年立ち上げた就労支援A型の利用者さんたちを、今よりも増やしていかなくてはいけないので・・・そこらへんも、頑張らなくてはいけません。

私としては、障がい者さんたちが、活躍できる場を作りたいので、どの部分で何をしてもらうのか、それぞれの個性と向き不向きを考えて配置しなくてはいけないので、安定した農業経営という農業投資とは別の部分で、障がい者さんが安定して働ける環境を作っていかなくてはいけません。

A型就労の話は、今回の農業投資とは、直接関係ないので、別の機会に詳しく書くとして・・・・。

ここまで読んでみて・・・農業も安定させれば、投資対象としていいと思いませんか?

まあ、不動産投資よりも、ちょっと手間暇がかかりますが・・・、不動産投資家として、成功している人で、時間が作れる人なら・・・成功する確率は高いと思います。

もちろん、農業が嫌いな人は、論外ですが・・・・

IMG_4109


これから、農業分野って、めちゃ伸びていくことでしょう。

土地も、めちゃ余ってるし・・・、高齢化で、やめていく農家さんは多いし・・・融資は、ゆるいし・・・農業投資って、めちゃいいと思いますけど・・・。

私も、最初は不安でしたが、だんだん農業が分かるにつれて、農業分野は、今後、伸びると確信していますし、不動産投資よりは手間暇がかかりますが、安定した農業経営、農業投資は、皆さんが思っているほど、難しくはないと思います。

これから、不動産投資は、激戦ですよ〜!

ということで・・・本日は、これからの時代は、農業投資!というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





FullSizeRender

QRリング QR指輪">QRリング QR指輪 (コネクトQRリング)

toshikazy at 22:28|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年10月30日

不動産購入の農家の特権(No. 2459)

家や倉庫を建てる土地が、通常の60%OFF〜80%OFFで買えるって言ったら信じますか?

そんなうまい話があるのか・・・?

あるんです・・・農家には・・・・


農家って、農地を転用して住宅や倉庫を建てることができちゃうんです

image


但し、市街化調整区域といって、都市部ではなく、どちらかというと都市の近郊にあるのですが・・・、住宅と農地が混在しているような感じのところなのですが・・・。

名古屋市でいうなら、端っこの方とかは市街化調整区域もありますし、名古屋市と隣接している市町村のほとんどは、市街化調整区域があります。

普通は、市街化調整区域内では、農地に家や倉庫を建てたりできないどころか・・・農地を買うこともできません。

それが、農家だけは、できちゃうんです。

もちろん許可が必要ですが、農家に限っては意外と簡単に取れてしまいます。

私が、不動産会社の方で、住宅団地の開発許可を取るより、めちゃくちゃ簡単です。

但し、農家住宅を建てるには、農家じゃないといけません。

要するに・・・、どういうことかというと・・・。

例えば、農業をやっているとしましょう。

image


農業をやっていると、頻繁に農作物を見に行ったり、ハウス栽培だと雨が降ってきたら窓を閉めに行ったり、いろんな作業があるわけです。

家の近くに農地がないと、かなり不便なんです・・・、そんなわけで・・・家を建てるのに、宅地じゃなくて農地でもいいよ〜wという考え方なんでしょうね〜。

但し、無駄に大きな土地を宅地に転用するのは許されないので、1000平米(約300坪)の敷地に家を建てなくてはいけません。

それから・・・、実は、家だけではなく、農業用倉庫も農地に建てることができます。

これは、収穫した作物を入れておいたり、トラクター、軽トラ、収穫用トラック、農業法人の場合は、社用車の車庫として大きな倉庫や車庫が必要です。

そんなわけで・・・、農家は、調整区域内の農地に、住宅や倉庫を建てることができるのです。

例えば、通常の宅地が坪単価30万円するとして・・・300坪だと、土地代が9000万円じゃないですか・・・。

農地が、坪5万円〜8万円ぐらいだとして・・・、1500万円〜2400万円ぐらいで買えてしまうわけです。

これって、ものすごい特権だと思いませんか???

但し・・・農地について、よ〜く調べなくてはいけません。

簡単に説明しますが・・・、基本的に、農地には、白地と青地がありまして・・・、白地はOKですが・・・青地の場合は、農地転用前に、除外申請というものが必要なので、許可が、なかなか難しいです。

農業振興地域の一面農地の中に、、一軒だけ家や倉庫が建つと近隣の農地の人に迷惑がかかってしまうので、宅地と混在しているような場所の白地であれば簡単なんですけど、青地だと難しいのです。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


そんなわけで・・・。

現在、大型の農業用倉庫と、自宅の建設を検討しています。

良い土地が出ればの話ですが・・・。

倉庫は、農機具や、作物など、入れたいものが沢山ありますし・・・、住宅は、農地と隣り合わせになっているものが欲しいので・・・。

現在所有している農地とは別に、300坪の敷地に家と倉庫を建て、その周りに、無農薬野菜畑と、果樹園があるような感じのものが欲しいのです。

倉庫の中には、冷蔵室と、農機具を整備できるように、車を上げるリフトも欲しいかもです。

そんなことが、安価でできてしまうのです。

しかも、農家は、いろんな補助金や助成金が使えます。

ただ・・・・正直、農家というのは、他の業種と比べて大きな利益を上げることは難しいので・・・、こういった特権はあるものの、しっかりと計画を立てないと、得なのか損なのか分からないみたいな感じになってしまうので・・・、家を建てる予算や、倉庫を作った場合の使い方をよく考えてから実行しないと・・・、趣味の延長で終わってしまいます。

まあ、趣味の領域で、大きな家や倉庫が欲しい人は、それはそれでいいかもしれませんけどね・・・w

image


でも、農業は、甘くないです。

今回、この制度を、特権と表しましたが・・・、新規就農者が、この特権を得るためには、相当大変です。

私の農事組合法人は、スタッフがやってくれていますので、私は、週に2〜3回程度ですが・・・、個人の農家としては、自分の農地で耕作をしているので、これが、めちゃくちゃ大変です。

今回、国産大和ニンニクを10kgほど買いまして植えましたが・・・まあまあ大変でした。

image


特に今年は、畑作りからやったので、トラクターで畑の土を何度も起しながら、ちょいちょい出てくる小石を拾い、石灰、堆肥、牛糞、有機肥料、油粕、もみ、砂を混ぜながら、トラクターで何十回も、土を掻き回して・・・・うねを作り、マルチを張って・・・徹夜して剥いたニンニクを、酵素に漬け込んで畑に植えました。

そして・・・芽が出てきて・・・今は、こんな感じに・・・・。

IMG_3992


新規就農者にしては、まあまあ上手でしょ・・・(自画自賛w)

畑作って、徹夜でニンニクを剥いて、植えて・・・こうやって土から芽がでてくると・・・、これが、めちゃ嬉しいんですよwww

最近、このニンニクちゃんが可愛くて可愛くて・・・植えてから、毎日ぐらい見に行ってます!笑

まあ、楽しんでやってるので、精神的には心地よいのですが、肉体的には・・・、全身筋肉痛でバキバキになりました!笑

来年の春の収穫は、社員や友人を集めて、イベント的にやりたいと思っています。

収穫の後は、肉や魚を用意して、バーベキューでもやろうかな〜って感じです。

ニンニクの収穫の後は、再び耕して、サツマイモの美味しいやつを植えようと思っています。

まあ、それなりに楽しいですけど・・・、農家は大変ですw

そんなこんなで、新規就農者は、しっかり農家をやって・・・、その上での特権として、農地を買ったり、自己の農地に、農家住宅や農業用倉庫を建てることができるわけです。

愛知県西部で、農業をやってみたいな〜という人は、お気軽にお問い合わせください。

農業指導をしてくださる人たちもいますし、許認可関係の事もお教え致します。

IMG_7796


最後に大事な事・・・!

農家になるには、どうしたらいいのか・・・・!


大まかには・・・、やる気! 農業経験!、農業をするための機材の確保!、各市町村が定めた面積以上の農地を賃貸するか購入する事!

私も、50歳を過ぎたので、最近、老後の事とか考えるようになりましたw

まあ、不動産という仕事から離れる気はないので、不動産業をやりながら、農業もやって、適度に旅行に行ったり、美味しいものを食べに行ったり、趣味の車やマリンスポーツができたらいいな〜と思います。

IMG_8884


将来的には、宮古島の家の近くにも農地が欲しいです。

この計画については、現地スタッフも必要ですし、こちらから大量に土や肥料を運び込まなくてはいけないので、まあまあ大変だと思いますので・・・何年後に実行できるのかは分かりません。
ビニールハウスで水耕栽培とかも考えましたが、宮古島の台風は半端じゃないので、なかなか難しい気がします。
あとは、水質の問題もありそうなので、土耕かな〜なんて考えております。

こうやって将来を考えてると楽しいですし・・・まだまだやりたい事だらけです。

そんなわけで・・・本日は、不動産購入の農家の特権というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 03:16|PermalinkComments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年10月10日

無敵の農家おじさん・・泥棒?(No. 2456)

私の住んでいる愛知県西部には、とんでもなく自己中で、常識を知らない無敵のおじさんが存在しています。

今年の秋から、私の所有している農地5カ所で、国産大和ニンニクを作ることになりまして・・・8月〜9月にかけて、農業のための土作りをしてきたのですが・・・・。

この件で、とんでもない抗争が起きたのです!


image


まあ、先日ブログに載せた剛毛竹やぶは、きれいさっぱりなくなり、ツンツルテン状態で、その場所は、農家の特権・・・農業用倉庫を建てますw

そこを中心に、5カ所、約3000平米でニンニクを作るわけですが・・・・、私が、弊社の土木事業部に頼んで数年かけて溜め込んだ、畑土を表面に入れまして・・・トラクターで掻き回して、無農薬系の肥料や堆肥や油粕などを混ぜて土を作ったわけですが・・・。

でも、休耕地を急に畑にしたので・・・、当然、いろんな問題が起きたわけです・・・・。

ほとんどの土地の隣地の人たちは、なんら問題なく、お互い様の関係ができました。

例えば、うちも、少し土が欲しいと言われれば、プレゼントしましたし・・・、うちの土地の方に越境して野菜を作っている人にも、すぐに作物を引っこ抜かなくても、収穫が終わるまでは、そのままでいいと言ってあげたり・・・、奥の土地で農業をやっている人たちに、柵板を置いて道を作ってあげたり・・・・。

私は、新参者なので、当たり前に自分の権利を主張せずに、隣接地の人と穏やかに馴染めるように気を使っているわけですが・・・、

ところがどっこい・・・・。

一人だけ、とんでもない糞ジジイがいまして・・・・。


どれくらいとんでもないかというと・・・・。

あっ・・・、最近、私が、趣味で作った無農薬野菜をアップしながら、今日の話を書いて行きますねw

image


私が、自分の農地と道路境界沿いに入れたU字溝の蓋を盗んで、自分の敷地の前に置いたのです。

U字溝を壊さずにトラックや農機具が土地に入れるように、60センチのコンクリート蓋を6枚設置したのですが・・・、次に行ったら、そのうちの3枚がないんです・・・・!

さすがに、私も、文句を言いに行きました。

『すみません。 私が、車の出入りのためにU字溝の蓋を6枚設置したんですけど、それが、3枚、おたくの土地の前にあるんですけど・・・何故ですか?』

爺さん 『蓋がないと軽トラ入れれんから3枚もらった。』

『あれ、コンクリートで、車が乗っても大丈夫なやつで、めちゃ重いんだけど、どうやって動かしたの?』

爺さん 『あんなもんぐらいは、動かせるわ・・・。』

『あれって、うちが建材屋から買ったものなので、勝手に持って言ったら、泥棒ですよ!返してください。』

爺さん 『誰が泥棒だって? 人を泥棒扱いしやがって・・・ 俺は、生まれて此の方、人様の物に手をかけたことはないんじゃ〜

『あははははw どの口が言ってるんですか?笑  U字溝の蓋盗んだじゃないですか・・・。 それを泥棒と言わずして何と言うんですか? 』

爺さん 『あんなもん盗むって言わんわ 借りただけだ

『じゃあ、今度は、ホームセンターか建材屋から、借りてきてください! 確実に捕まりますけど・・・w 盗人たけだけしいわ おい こらっ 盗人ジジイ、今回は許してやるけど、ちゃんと元の位置に戻しておけよ! わかったか?』

と・・・私が、でかい声を出したら・・・。

奥から、奥様?らしき、おばあちゃんが、出てきて・・・・。

婆さん 『帰ってください! け、け、警察呼びますよ〜!』

『呼べ呼べw お前のところは、夫婦揃って泥棒家族かw 警察来たら、こっちが被害届出してやるから、すぐに呼べ 俺は、盗まれたものを返してもらいに来ただけだ

婆さん 『うちの人は、人様のものを盗るようなことはしません

と言うことで・・・・

image


私の畑にダンプで持ってきた土田堆肥も、盗んで自分のところの畑に持って行っている!

うちの畑に積んでおいた、畑土と、堆肥を、自分のところの畑に少し持っていたみたいで、犯行を隠す様子もなく、犯行に使ったバケツとスコップが、隣地の畑に置いてあるのです。

そんなわけで・・・。

『あのね〜・・・おばあちゃんw 知らないのは、おばあちゃんだけw 世の中の犯罪者は・・・、基本的に、泥棒も、浮気も、痴漢も、嫁にわざわざ言ってからやらないものなんだよw U字溝の蓋だけじゃなくて・・・、山積みにしてあった、畑土や、堆肥も、盗んだんだよ! ご丁寧に、バケツとスコップまで置いてあるから、すぐに分かったけど・・・w 』

爺さん 『たくさんあったら少し分けて貰っただけだ 何が、泥棒だ

『別に、少しぐらいいいですよ!  他の場所でも、近所の人にあげたから・・・。 でもね、みんな、くださいって言ってから持って行くんだよ! 黙って持って行ったら泥棒だからねw』

婆さん 『溝の蓋や、畑土を、黙って持って行ったの???』

爺さん 『断って持って行こうにも誰もおらんかったからな。』

婆さん 『それは、あなたが悪いわ。 泥棒って言われても仕方ないんじゃない

爺さん 『いくら、払えばいいんだ 金払えば文句ないだろう

『そういう問題じゃなくて・・・・。  泥棒やって、あとで返しますわ! 強姦しといて後で、いくら払えばいいんだ!  強盗してから、返します!  それって、犯罪を犯した時点で、罪なので・・・後で返せばいいってもんじゃないんですよ! まずは、自分の罪を認めて謝ってください。  そしたら、畑土、堆肥は、あげますし・・・、U字溝の蓋は高かったので、元の位置に返して置いてください。 それでいいですよ!』

婆さん 『本当に、すみません。 申し訳ございません。 すぐに、戻しますし・・・、畑土や、堆肥も返して、改めて、お詫びに伺わせていただきます。』

『いえいえ! そんな大袈裟な話をしているんじゃなくて・・・。 お爺さんが、すみませんでした!と謝っていただき、U字溝の蓋を返してくだされば、それでいいんです。 これから、お隣さんで、畑をやるので、私としては、こういうことがないようにしてくださった上で・・・、仲良くしたいんですよw 隣同士、啀み合ってたら嫌じゃないですかw 今後とも宜しくお願い致しますw』

婆さん 『いえいえ・・。 こちらこそ、宜しくお願いします。』

お爺さん 『勝手に、持って行ったことは、わしが悪かった。 だけどな・・・、泥棒という言葉は使うな! 俺は、泥棒じゃない! それから、隣で畑を始めるなら、先に挨拶ぐらい来い!』

『えっ・・・! 私が、農業資格を取った時に、秋から畑をするって・・・、うちの行政書士が、私の不動産の名刺と菓子折りを持って挨拶に行ってるはずですが・・・。来てないですか?』

お爺さん 『あっ! そういやあ〜、そんなことあったな〜。 あんたと、あの人が、結びつかんかったわ。  そうかそうか・・・。 あんたか〜・・・。 何、作るんだ?』

『無農薬の国産にんにくです。』

お爺さん 『ニンニクか〜w ニンニクだと、ウネを高くして水はけを良くしないとあかんだけで、あとは、簡単だでな〜w 虫の心配も、そんなにしなくてもいいでな〜。』

『そうなんですよ〜w 素人が、手始めにやるには、ニンニク、ジャガイモ、さつまいも、玉ねぎぐらいがいいかな〜と思いまして・・・。 その中では高く売れる、国産ニンニクをやることにしました。 奈良県の農家から、大量に買い込みましたので・・・w』

お爺さん 『そうか〜・・・。 ニンニクかぁ〜・・・。 まあ、どうせ、最初は、うまくできんと思うけど、わしが作り方見とって教えてやるわw』

と・・・こんな流れになりまして・・・かなり話し込んだわけですが・・・。

私の父の実家の近所に、妹が嫁に行ったとかなんとかで・・・、津島の農業委員に共通の知人もいたりとか・・・、話が広がりまして・・・・。

image


でも・・・・。

畑の作物の越境を隠すために、杭を埋めて、こちらがの土地に棒を立てて、敷地を拡張しようとしてる・・・。

『はい! いろいろご指導ください。 宜しくお願いします。 それはそうと・・・、土地改良の図面で敷地を測量したんですが、元々、杭があったところが埋まっていて、1mぐらい、こちらの敷地に棒が立っていて、そこまで作物が出て来ているのですが・・・。』

お爺さん 『そ、そうか〜。 あの棒は、わしが立てたんだけど、杭がなかったから、あの辺りだと思って立てたんだが? 違っていたのか〜・・・・。・・・・。』

『はい! 1mほど・・・。 あっ、でも、今植えてあるものを収穫してください。 それからでいいですよ!  杭は、出しておきますので・・・。』

お爺さん 『おっ・・w わかった わかったw それまで迷惑かけるけど頼むわ。 採れたら分けたるからな〜w 土もらったし、食べきれんぐらい分けたるわ〜w』

『あれって、落花生ですよね!  自分の家の近くの畑で、俺も作ってるので・・・、もらっても困るので・・・・。』

お爺さん 『いやいやいや〜・・。 あんたには悪いけど、昨日今日農家になったもんが作ったものより、わしが作った落花生の方が上手いに決まっとる!  俺の作った落花生と、あんたが作った落花生と食べ比べてみろ! それから、ものを言わないとあかんわw』

『あはははw わかりました。 ちょこっとだけ、いただいて勉強させていただきます。』

そんなわけで・・・、私の土地、5カ所の中の1カ所の隣地は・・・、U字溝は盗む、畑土と堆肥は盗む、境界杭は隠して敷地を広げる、とんでもない爺さんですが・・・、それなりに、うまく行きそうな気がしています。

image


まあ、でも・・・。

私も、野菜づくり・・・かなり上手くなったと思うんだけどな〜w


俺には、農業暦、水耕栽培暦30年、土耕暦60年の、師匠たちがいますし・・・、それに加えて、Google先生、YouTube先生もいますし・・・。

まあ、農業暦が浅い割りには・・・かなり、上手に作っていると自負しているんですが・・・。

image


特に土耕は、60年選手の仙人のような知識に加えて、Google、YouTubeなどから最新の情報を入手してミックスしていますので・・・、一部の野菜については・・・、あと2〜3年もあれば、60年選手の師匠を超えるのではないかと・・・自分では思っているのですが・・・。

とは言っても・・・、野菜といっても、いろんな種類があるし、天候に左右されますし・・・、相当、奥が深いので・・・、上手に作れる野菜を、毎年、少しずつ増やしていくって感じですけどね〜。

露地物は、まあ、そんな感じでやって行くとして・・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


まあ、でも、水耕栽培は、まだまだ、全然、師匠には勝てないかな〜。

最近、私が、考えているのは・・・・。

魚を飼っている水槽の水に、少しだけ酵素を混ぜて野菜を作ったらどうなるのか???

種を発芽させる時の水分にも酵素を混ぜたらどうなるのか???

水耕栽培の野菜に、クラッシック等の音楽を聞かせながら育てたら、成長速度や味が変わるのか・・・???

image


アロマ系に使えるものを作ってみたいとか・・・。

めちゃくちゃ美味しいサラダ10種ぐらいのミックスリーフを作ってみたいとか・・・。

いろんな構想と妄想をしているわけですが・・・・。

まあ、何にしても・・・野菜を育てるというのは、めちゃくちゃ面白い!

そんなわけで・・・、主たる農業の水耕栽培に加えて・・・、今年の秋から、無農薬で、国産大和ニンニクにトライします。

そうは言っても、3〜4年作らないと、本物の無農薬とは認めてもらえないですが・・・。

ちょっと変わった隣地の爺さんとの人間関係もうまく行きそうですし、とりあえず、国産ニンニク作りを頑張ってみます。

実は・・・

日本の農薬事情って、意外とヤバいんですよね〜。

ブログも長くなってきたので・・・詳しくは、各自で調べていただきたいのですが・・・。

そして、日本の自給率って少ないんです。

ニンニクも、国産は、意外と少なくて・・・、中国産が多いのです・・・。

多分、皆さんが食べているニンニクの大半は、中国産だと思います。

無農薬ニンニクは、初心者でも簡単なので、まず最初の土耕は、そこからトライします!

そんなわけで・・・本日は、無敵の農家おじさん!というテーマで書かせていただきました。







本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 10:22|PermalinkComments(15) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック