造成

2020年01月27日

2386)えっ! 山砂処分に5000万円!!!

先日、タワマンのことを書いたら・・・簡易で作ったであろうYahoo!メールで・・・、長文で、ボロクソに貶されました!笑笑

タワマンのことだけならともかく、人格否定と不動産業者否定・・・返事を返しても、それっきり・・・返信を読んでくれたのか気になります。

まあ、本題に入る前に・・・、一応・・・、私の返信を読んでくださっていないといけないので・・・・内容を簡単にまとめてブログに書かせていただきますが・・・。


@@様は、夫婦共働きで、タワマンの毎月の支払いが苦しい中、頑張って必死に払って生活をしているのに将来が不安になった払い続ける気力が失せるとのことで・・・なのに・・・タワマンの将来のことで、不安になるような事を書いてしまい申し訳ございませんでした。
でも、私の考え方としては、すべてのタワマンが、そうなるとは思いませんが、多くのタワマンに対して、修繕積立で大規模修繕ができるのか疑問ですし、建て替えとか難しいと思うんです・・・。
まあ、なにはともあれ、不快に感じられたのであれば、すみません。


という感じなんですけど・・・、まあ、私のブログがムカついたというか、繊細すぎる繊細さを持っている人なんでしょうね〜。

どうせなら、読者のコメンテーターの皆さんに見ていただけるように堂々と書いて欲しかったです。

IMG_9352


さて・・今日のブログです。

本日は、山砂処分5000万円!ということで、分譲地の話を書かせていただこうと思いますが・・・。


実は、今年、愛知県の東海市で、大型の宅地分譲を計画しておりまして・・・、今年の夏頃には、とっても住環境良い分譲団地ができるわけですが・・・。

実は、大変困っていることがございまして・・・。

まあ、宅地分譲をする上で、開発事業部が試算表を作って提出してきたものを私が見て決裁してGOしているので、最初から分かっていたことではあるんですけど・・・、造成工事費用が、約2億5千万円、まあ、山だし・・・・、利益薄いけど、売れる場所だし、これは仕方ないな〜wと思っていたわけですが・・・。

ただ、来月から造成工事に入るので、先日、なんとなく造成工事の見積もりを見たわけです。

えっと・・・ふむふむ・・・うんうん・・・ん・・・えっ・・・『うおぉ〜〜〜 2億5千万円のうち、5000万円が、土の処分費やないかぁぁぁ〜〜〜〜〜〜!!!  開発事業部呼べ〜・・・建設土木事業部呼べぇ〜〜〜〜。』ということになりまして・・・。

IMG_9458


社員 『はい! どういたしましたか???』

『あのさ〜・・・。 この見積もりなんだけど、造成工事の擁壁や側溝、貯留槽なんかは、妥当というか安いぐらいだと思うんだけど・・・。 この、土の処分代の5000万って、これ、マジか???  そこらへんの残土じゃないんだぞ! 東海市のあの辺りは、サラサラの黄色い山砂が出るだろう! それを、金払って処分するのか???』

社員 『はい・・・。 それなんですけど・・・。 少しぐらいならともかく、今回16000m3ありますので、それを一気に搬出するので捨てることになっており、金額も、それくらいが妥当だと思いますが・・・、今、近くで引き取ってくれるところを探していますので、見つかれば、相当安くなります。 あくまでも今は概算なので・・・・。』

『概算すぎるだろ〜w ちょっと造成図面と、写真見せてみろ・・・。 現場の写真・・・。 試掘調査の写真・・・。 ・・・・。 う〜ん・・・・。これ、めっちゃ良い土というか・・・山砂じゃん! 色も黄色くて綺麗な山砂だよな〜??? これ、金払って捨てるのか?』

IMG_9455


社員 『山砂といっても、そもまますぐに売れるほど良いものではないですよ! 処分代がかかるとして、試算表に載せているのです。 多分、そこは、それなりに安く済むと思いますよ!』

『そういうことか・・・。 でも、俺は、それなりに安くなるという計算の仕方は嫌だ! どこか近くに埋め立てやってる現場はないのか???』

社員 『ですから・・・。 それを今探している最中です。』

『よしっ、分かった・・。 慌てるな・・・。 よしっ、俺も一緒に探そう。 ご、ご、ごせん・・万・円・は、ありえん・・・。 こんないい砂を処分代払って捨てるとか意味わからん。 緊急事態だ! 開発事業部、建設土木事業部、そして俺の、今年始まって以来の大仕事だと思って、気合いを入れて、山砂の処分に力を入れよう! ッシャァ〜w』

そんなわけで・・・その場で、社員たちと私は、知り合いのゼネコン、土建屋、ダンプ屋に、電話をかけまくりました・・・翌日には、見にいってもらうことになったのですが・・・

社員 『う〜ん! 近くに捨て場が見つかれば、2000万円以下にはなりそうというのが、今のところの最高の策ということですね。 なんとか見つかるといいですkどね〜・・・。動き早かったですね〜w 』

IMG_9454


と・・・・、ここで・・・、段取りだけして、安心している感がにじみ出ていたので・・・・。

『待て・・・、待て待て待てぇ〜〜〜〜!  下請けさんや、取引先に頼んで人任せではあかん! じゃじゃ〜んw もっと良い知恵を授けよう!  東海市から車で30分圏内で、宅地分譲用の土地か、埋め立てをして当社が資材置き場にできる、調整区域の白地の田んぼ、池、沼、山林なら谷を探してくるように・・・。 良い土地が見つかれば、 許認可関係で1〜2ヶ月工事着工が遅れてでも、買った土地に山砂を持っていって埋める!』

社員 『ま・・・まじっすか・・・。 確かに、それは、ベスト・オブ・ザ・スーパーベストの方法ですが・・・、時間的にどうなんでしょう。』

『だから、俺も、必死で全力で動くから、みんなで頑張ろう! 5000万円の砂の処分費が、近くへの搬出のみなら約2000万円になるんだぞ! 更に、当社が土地を買って、そこを埋めれば、ダンプと重機の費用だけで済むじゃん! 大型ダンプ1台貸切で40000円だろ! 20台で1日80万円・・・、10日で800万円! あとは、土地をいくらで買って、その土地に、いくらの価値があるか・・・・。 やり方次第では、5000万円が、2000万円どころか、もっと安くなるぞ!』

社員 『工期を遅らせるマイナスと、土地を買って埋めててるプラスを差し引きしてみろってことですね。 まずは、土地を探さないといけませんね。』

『まあ、でも、土地を買って、そこを埋めるというのは、今の段階では妄想にすぎない! まずは、5000万円を2000万円にするところは、確実にしよう! 同時に、土地探しもする。 そして、土地が見つかれば、5000万円を2000万円になるようにしてくれた業者さんに、その埋め立てをやってもらえば、義理をかかないというか無駄足を踏ませないだろ?』

社員 『そうですね。 早速、動きます。』


建設・不動産ランキング

そんなわけで・・・、この日から、弊社の取引先と、下請けさん、弊社の開発事業部、建築土木事業部が、動き始めました。

その後、2日ほどで・・・、ダンプ屋さんが、山砂の引き取り先を見つけてきてくれて・・・、税込2000万円で16000m3の山砂を処分できることになりました。


今の段階では、土地は、見つかっておらず・・・、とりあえず5000万円かかる予定の山砂の処分代が、2000万円になったという感じです。

IMG_9574


これ、試掘した際の、断面が写っている画像なんですけど・・・山砂の地層です!

ここで・・・読者の皆さんにお願いがあります。

現在の砂の処分は、東海市の現場から車で20分ほどの場所の埋め立ての現場にダンプ屋さんが運んでくれる方法で2000万円です。

もっと近くに埋立地があれば、さらに安くなると思いますし・・・、弊社が土地を購入して、宅地分譲か、資材置き場にできるようなものがあれば、本当にありがたいというわけです。

今回の宅地分譲の造成費用が、2億5000万のうちの5000万円分の山砂の処分代が、安くなれば、当然、弊社の利益も多くなりますが・・・、それを、懐に入れるつもりはありません。

もう、すでに、今の試算で事業計画はできてますからね〜w

でも、予備費が増えると、宅地分譲の中のモニュメントや、ゴミステーション、共同利用部分を、今よりも良いものにできますし・・・、それでも余れば、今の販売予定価格を下げることもできます。

弊社のメリットは、利益を大きくすることではなく、良い土地を安く供給することにより、購入者に喜んでいただけますし・・・競合他社のデベロッパーさんたちに差をつけることができます。

弊社の宅地分譲セントフィールドは、元々のコンセプトが、ワンランク上の暮らしを提供することにあるので・・・、更にグレードアップ、もしくは、価格設定を下げることで、コスパの良い分譲地にすることができるのです。

そんなわけで・・・、全国的に考えると、愛知県東海市というマイナーな場所ですが・・・、読者の皆様の中で、東海市付近で山砂を引き取ってくれるところがある!とか、安い土地がある!とか・・・、そんな情報があれば、ぜひ、いただきたいです。

現在、多くの人が動いてくださっているので、せっかくの良いお話をお断りする場合もございますのでご了承ください。

本日は、えっ! 山砂処分費5000万円!!!ということで、マジですか〜!!!と・・・、あまりに驚いてしまったので・・・、ブログに書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 12:36|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック