農業福祉

2021年03月29日

不動産と農家ミーティング(No.2498)

千代田不動産の代表である私が、農業を始めてから、一年が経ちました。

その前の見習い期間から考えると、農業歴2〜3年ってところなんですけど・・・。

農業関係の方々って、農業技術に関しては、めちゃくちゃオープンでして・・・こんな重要な事を教えてくれていいのか?と思うような事を、教えてくれたり・・・、私の師匠たちは、自分も忙しいのに、私の畑を耕しておいてくれたり、取引先を紹介してくれたり、多少、口は悪いですがw・・・皆んな親切な人ばかりです。

まあ、農協以外は、まとも・・・そんなに儲かる仕事じゃないけど、皆んな一生懸命だし・・・。

たまに、私の畑の近所は、泥棒農家がいて、土屋堆肥を盗まれますが・・・・それは、後にして・・・基本、いい人ばかり・・・。

農業と比べてしまうと・・・、全部が全部ではないですが、不動産業界は、欲!欲!欲!で腐ってますね〜。

もちろん、不動産業界も仲間内では良い関係でお付き合いできますが・・・、農業なんかは、今まで関係がなくても、耕作者のところに連絡をして。見学させてください!教えてください!と頭を下げると、めちゃくちゃ親切に教えてくれる人が多いです。

IMG_6358


将来的には・・・・。

個人で不動産取引やコンサルを適度にボチボチやりながら・・・10億程度でいいので無借金で収益物件を所有して、障がい者の人たちと、美味しい野菜や米を作ったりしながら、適度に旅行に行ったり、美味しいものを食べに行ったりして・・・大好きな車いじりもして・・・そんな老後に憧れます。

まあ、仕事の量や夜のお付き合いを減らせば、現実的に可能なんですけど・・・、なんか仕事をしちゃうんですよね〜。
流れといいますか、人の繋がりから、不動産の仕事も、ビジネス投資も、話が来るので・・・仕事は仕事で大好きなのでやっちゃいますけど・・・本当は、ここを減らしていくと、理想の老後に近づいていけるような気がするのですが・・・。

一線から退くには、不動産、農業、就労支援は、任せる人が必要なんですよね〜。

不動産投資と、その他の投資、旅行、車いじり、マリンスポーツ、食べ歩き等は、自分でできますが・・・。

今年、52歳になるので、60歳ぐらいまでには、後継者を育てて・・・、不動産、農業、福祉、投資、趣味の分野の車や船、食べ歩きも、今よりもできたらいいな〜って思っています。

同時に、農業、福祉は、まだまだ素人レベルなので、きっちり勉強していかなくてはいけませんし、一緒にやっていける仲間も増やしていかなくていけません。





そんなわけで・・・今回、農機具屋さんが、少数精鋭の農家ミーティングをセッティングしてくれましたので・・・みんなで食事して、錦のクラブに行って・・・農業について語り合ったのですが・・・。

めちゃくちゃ楽しかったですし、勉強になりました。

愛知県の土耕、愛知県の水耕の、若手の社長さんたちと、いろんな話をさせていただき・・・、未来の農業について・・・、私も含めて、皆さん、目標があって・・・、めちゃくちゃ頑張っていて・・・、愛知県の未来の農業は明るいな〜と、そんなふうに思いました。

もちろん、私も、今年、LED水耕栽培の施設を作ったので、そこに参戦していきますが・・・。

皆さんに協力をしていただきながら、障がい者雇用の農福連携を目指したいと思います。

とりあえず第二回、農家ミーティングは・・・早めに開催したいですwww

話は、変わりますが・・・・

現在、主力の水耕栽培は、毎日、800株〜1000株の出荷をしています・・・・。

IMG_5794


そちらは、スタッフさんたちが、毎日、頑張ってくれていますので・・・。

私は、ここ数日の間に、4000株の大和ニンニクの芽描きをしなくてはいけません。

同時に、ジャガイモ、5000個を植えなくてはいけません!


ニンニク4000個の収穫と、ジャガイモ5000個を植えるのは、まあまあ大変です。

とりあえず・・・ニンニク畑は・・・。

これ、昨年の10月に植えたのですが・・・・・。

image


秋に、ニンニクの球を剥いてバラして、酵素につけて

畑を耕し、畝を作って、バラしたニンニクを植えて・・・

数日で芽を出して・・・すくすくと育ち・・・・。

IMG_3992


寒い冬の間も、どんどん育ちまして・・・・。

こんなに大きくなりました。

IMG_6449


ここからは、芽かきの作業がありますが・・・。

それが終わり・・・、1ヶ月もすると国産ニンニク4000個の収穫です!

この間、大和ニンニクを一本抜いて見てみましたが、ものすごく良いニンニクができそうな感じです。

牛糞と、酵素、有機配合肥料しか使っていないので、無農薬と言っても過言ではない国産ニンニクです。

自分でい言うのもなんですが、始めて作ったとは思えない出来です・・・w

でも、まあ、私の農業の腕というか・・・元々の親ニンニクと酵素が良いのだと思いますが・・・何にしても・・・。

めちゃくちゃ楽しみです。


IMG_6450


さて、問題・・・この国産ニンニクを、どこに売るかです。

ボチボチ買い手を探さないといけません。

日本のニンニク市場は、中国産ニンニクが大半なので、国産ニンニクは人気が高く売るのには困らないのですが・・・、問題は、価格です。

牛糞で掻き回した畑、芽出しに酵素を使い、あとは有機配合肥料です。

まあ、4000株とは言っても、来年の種ニンニクも残さなくてはいけないので、正味、3300〜3500個ぐらいなんですけど・・・市場に持って行ったら買い叩かれて安くなるので、どこに売るかですね〜。

しかも、100個や200個の小口の話はありますが、手間がかかりますし・・・農業系のECサイトは持っていないので、なかなか厳しいし・・・できれば、1000株単位で買ってくれるところがあるといいのですが・・・。

先日の農業ミーティングの仲間たちも探してくれていますが・・・読者の皆さんも、国産ニンニクが欲しい人がいたら紹介してください。

そして、今、ジャガイモも植えています。

ジャガイモは、北あかりという品種を5,000個ぐらい植えてますので、収穫時期には、どれくらいできるのだろう?笑

IMG_6300


フライドポテトにしたら・・・一体何十万本になるのだろう???

ポテトチップにしたら・・・何百万枚???

想像がつかないので、わかりませんが・・・ジャガイモ5000を植えたとして、8個できたら40000個収穫だとして・・・恐ろしい数字になりますねwww

まあ、頑張りますけど・・・・・w

実は、今度、400坪の敷地で、さつま芋も作ろうと思っていまして・・・。

農事組合法人 愛知津島ファームも、徐々に農業らしくなってきました。


IMG_6304


まあ、とりあえず、毎日1000株のサラダ菜と、ニンニク、ジャガイモ、さつま芋で・・・しばらくは頑張ろうと思っています。

ニンニク、ジャガイモ、さつま芋は、障がい者さんたちと一緒に作ろうと思っていますが・・・。

う〜ん・・・出荷分以外を、ロードサイドに、八百屋小屋を立てて、旬の農作物を売ってもいいですね。

今後も、ボチボチですが、農業と福祉の連携を頑張っていこうと思っています。

さて、話は、変わりますが・・・今回の農業も、少しだけ問題が発生しまして・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


まあ、農業は、農業で、小さな問題が発生しています。

前にもありましたが・・・、うちが埋め立てをして畑にしたことで、隣の水はけが悪くなったと苦情がきたり・・・、相変わらず、土や堆肥を盗んでいくやつがいます。

別に一声かけてくれれば、あげるというか、持ってっていいよ〜って言うんですけど・・・、コソ泥みたいな持って行き方をされると、やられた方は、まあまあイラっとします。

以前のように、いきなり、『おい、泥棒ジジイ!』とか、そういう話の仕方をすると喧嘩になっても嫌なので・・・、もう少し、丁寧な言い方をしていますが・・・、自己中心的な感覚での苦情や、窃盗に対しては、かなり悩んでいます。

まあ、普通は、皆さん、軽トラで、ちょろちょろいろんなものを運んでやっていますが・・・、うちの場合は、土木事業部があるので・・・、土を入れるとなれば、重機を入れて、大型ダンプで、どんどん持ってくるし・・・、堆肥も2トンダンプで、持ってきて、重機と土木作業の外国人で1日〜2日で広げて、私がトラクターを持ってきてかき回しながら外国人数人が石拾いをしているとか・・・。

IMG_6141


近隣の農家から見ると、とんでもなく派手な農業に感じるのだと思います。

ただ、社交的な人は、『うちも、ちょっとやってくれんかな〜?』とか言って頼みにきたりするので・・・こっちは新参者だし、ちょっとしたことぐらいは、無料でやってあげたりするんですけど・・・。

閉鎖的な奴は、じっと見ていて、その後、無断で土や堆肥を盗んだりして、盗人化するのです・・・。

しかも、その土や堆肥を自分の畑に使うので、盗んだ感満載なんです。

で・・・聞くと惚ける奴はいるし・・・別のところから持ってきたとか、盗人猛々しい嘘をいう奴もいるし・・・困ったものです。

一声かけてくれれば、作業のついでだし、土や堆肥なんて高いものではないので、あげるんですけどね〜・・・本当に残念です。

IMG_6183


因みに、今回、とっ捕まえた盗人ジジイ(78歳)は、最初、否定したくせに、詰めたら・・・最後は、ゲロって言い訳をした・・・

盗人農家 『うちの隣の畑の隣の人が、もらったと言ってたから、私も少し分けてもらったんだわ・・。』

『はっ? あの人は、私の了解をとったので、あげたんです。 あなたは、こそっと持って言って惚けて嘘をついた! それを、世間一般では泥棒っていうんですよ! いい歳こいて人の物に手をかけて恥ずかしいとは思わんのですか?  』

盗人農家 『ダンプカーで、何台も持ってきているんだから、そんな細いことを言わんでもいいだろ〜。』

『違う違うw 先に言ってくれればあげるよ! でも黙って持って行ったら、それは、泥棒だよって言ってるんですよ! 爺さん、近所の畑だし、人生の先輩なんですから、そういう恥ずかしいことやめてくださいよ!』

盗人農家 『盗人扱いされたくないから、金払うわ。 いくら払えばいいんだ?』

『盗みは盗んだ時点で、盗人になるんだから・・・あとで金払っても泥棒をした事実は消えません! もう、今回はいいから、次回からは、こういうことはやめてくださいね。』

この人なんかは、泥棒しといて・・・、それをいくら説明しても、自分が泥棒したという自覚がないのです。





まあ、こんなことで事件にするつもりはないのでいいんですけど・・・。

私に申告して、私も承諾して持って行ったAさんという人と・・・、Aさんが貰ったんだから俺も貰ったというBさんとでは、全然、違いますよね!笑笑

田舎で農業をやっていると、ちょいちょいこういうことがありますし、悪口を言われることもあります。

田舎といっても、名古屋近郊の、あま市なので、私の土地の周囲で畑をやっている人も、数十坪程度の畑なので、自分で鍬で耕したり、小さな家庭用耕運機を持ってきてやっている人が多いので・・・、こちらがトラクターを使っているときであれば、全然追加でやってあげるんですけど・・・。

『あんな機械を持ち込んで農業やっても採算取れない、儲からない。』とか、陰口を叩かれることもあります。

私が、ついでに耕してあげた人とかは、感謝してくれているので、色々教えてくれますが・・・、いちち反応しても仕方がないので、悪口ごときで、言い返しに行ったりはしませんが・・・、普通に、フレンドリーに、『ついでに、やってくれん?』っていってくれれば、全然、やらせてもらうんですけど・・・・。

何日もかかって、鍬を振って土を起こさなくても・・・、気さくにものを言ってお願いしてくれれば、数十坪の畑の、1列や2列は、10分もあったら全部起こせてしまうわけなので、上手に私を使ってくださればいいのに、なんか残念です。

そうは言っても、年寄りの性格は変わらんので、次回は、こちらから、『堆肥、少し持って行きますか?』とか、『どこか起すこしたいところあったらついでにやりますよ〜w』という感じで、声をかけてみようと思います。

そんなことをキッカケに良いお付き合いができるようになれば、お互いにとって良いですからね〜。





そういう意味では、先日の農業ミーティングの飲み会の人たちは、30代〜40代だし、社交性もあるし・・・、素晴らしいメンバーでの飲み会で、話せば話すほどに農業に未来を感じ楽しくてワクワクします。

実は、他にも考えていることがありまして・・・

弊社は、不動産業が母体なので、今後も、住宅地、工場、商業地などの開発もやって行きますが・・・市街化調整区域内で、農地なのに勝手に埋めて資材置き場になってしまっているような土地とかも、どんどん購入して、農地に現状復帰をしていくこともやって行きたいと思います。

土木事業もやっているので、農地の復元は簡単なので・・・そういう意味では、不動産屋として農業に貢献できる部分もあると思います。

街を作るということは、住宅地、商業地、工業地、農地と、バランスよくある必要があります。

そんなことを考えつつ、不動産業と農業の両立をしたいと思います。


本日は、ここまでとさせていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 11:54|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月14日

2361) 今後、農業の時代が来る理由!

農業は儲かる!

私が農業分野に進出するのだから、儲かるんだろうな〜と思って、いろんな経営者から、一口乗せてください!という話をもらうが・・・、そんなに甘いものではありません。

というか・・・まずは、俺がやって見て、利益が出せて・・・資金が足りない!となったら・・・その時に、一口でも二口でも乗ってください・・・。

皆さんが、声をかけてくれるのは嬉しいのですが・・・。

儲かるのか儲からないのか分からないことで、他人様のお金は使えません!

まずは、ブログに、そのことを書きたかったので、書かせていただきましたw


IMG_8409


最近、このブログに、農業と福祉の話を書くことが増えたが・・・同時に、農業と福祉をやっても、成功するのは難しい!

まずは、農業をスタートさせて、ある程度、基盤を固めてから、そこに障害者と健常者の配置をしないと、新しいことを2つ同時にやったら、二兎を追う者は一兎をも得ずになる。

それに、そもそも、今の日本の農業で、不動産、建設、土木のような儲け方はできない!

業界自体、真面目で真剣というか・・・、少なくとも、高級な料理店でシャンパンやワインを飲みながら商談をしたり、飲み屋で何十万もの接待をするような派手な業界ではありません。

一個、数十円のものを作りながら・・・、味や色や栄養素、効率など・・・、需要と供給を真剣に考えていかなくてはいけない真面目な業界です。

IMG_8245


最近、農業の勉強をするために、YouTubeやネットで勉強したり、いろんな農家や農業コンサルから農業を教えてもらっています。

全国を飛び回り、農業法人や、農業関係の企業、食品を取り扱っている企業に訪問している。

こういう時に、今まで培ってきた人のつながりは大きい!

企業の社長たち、政治の先生、大学教授などが、知人、友人を紹介してくれて・・・おかげで、短期間に、新しい農業、昔からの農業がわかってきた。

農林水産系の有識者たちとも、かなり深い話をしていますし・・・未来の日本の農業というものが少しだけ見えてきた気がする!

IMG_8246


そうは言っても、利益を出さなくては、話にならない!

政府の補助金頼りならやらないほうがいい。

もちろん、最初は、使わせていただくが・・・、なるべく早い段階で、補助金や助成金なんかいらないという状態に持って行きたい・・・(理想かもしれんけど・・・。)

そんなわけで・・・今は、農業の学問と実務と両方の勉強をしています。

しかし、ちょっと勉強しすぎたかもしれない!

何から始めるか・・・、知れば知るほどに迷いに迷ってしまうというか・・・、農業と言っても、いろんな分野があり、更に枝分かれしていくし・・・、新しいもの特殊なものもあり、何から手をつけて行こうか、茶の木幡に入ってしまった感じです。

基本的に、人材がいて、専門家から指導を受ければ、ほとんどのものはできるのだが・・・、

売り先の確保、設備投資と固定経費・・・そして、リスクと将来性を考えると難しい!

いろんな選択肢がありすぎるのです。

IMG_8407


まあ、でも、先々の人材確保、今の現状を考えると、水耕栽培をベースにしようと思います。

600坪のハウスと、水耕栽培の機材が揃っているので、そこから始めることにします。


あとは、何を作るか・・・まだ、決まりません。

最近の水耕栽培は、いろんなものが作れますし、ある程度、栄養価の調整もできますので、種類が多すぎるので、迷ってしまっています。

読者の方で、オススメのものがあれば・・・アドバイスいただけるとありがたいです。

もちろん、水耕栽培だけではなく、ハウス内、ハウス外での土耕も視野に入れてますが、まずは、水耕栽培から始めようと思っていて・・・、私が個人で所有している畑で圡耕は趣味程度にやって行きます。

そうは言っても、先日、やっと農業権利を取得して農家になったばかりですが・・・、今までは、固定資産税の高い宅地で野菜を作ってました!笑

私が作った野菜は、無農薬なので体にはいいですが、固定資産税を考えると、多分、買ったほうが安いwww

まあ、でも、日本の野菜の農薬の量って、相当ヤバいので、健康を買っていると思えば安いのかな〜?

よくわかりませんが・・・・w


愛知県西部で、無農薬野菜を作りたいとか、農家になりたい方がいたら、相談に乗りますのでご連絡ください!

IMG_8232


さて・・・ここからが、今後、農業の時代が来る理由!の本題なんですけど・・・。

うーんここまで書いたところで・・・ブログランキングが2位⤵︎になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。

不動産だけではなく、農業に興味がある人も、一票投じてください!笑


建設・不動産ランキング

投票ありがとうございました

ブログの続きです。


今後、農業の時代が来る理由!

答えは、簡単・・・、人々が健康、そして時代が農業を求めているからです。

IMG_7271


これは、私の自論の持論の時論ですが・・・・w

この話は、長くなるので・・・かなり省略しながら書きますので付いてきてくださいね!

日本が戦争に負けて、農地解放があり・・・小作農家が、普通に各々が独自で農業ができるようになりました。

時代は、高度成長・・・土地が値上がりして、発展した地域で、土地を売ったり貸したりした農家は金持ちになりましたが、逆に、農業だけで生活をしていく専業農家では食えない時代になりました。

そして、国民の多くは、経済の発展を願い頑張り、衣食住に困る人はほとんどいなくなり・・・、日本は経済大国となり・・・・、人々の欲求は、持ち家、宝飾品、車や、家電製品、高価な服等、物の購買に向かっていき、日本国民の多くが家やマンション等の不動産を持ち、車を持ち、ブランド物、ペット、便利な家電・・・、国民全体の生活水準が上がり国として成熟したわけです。

不動産投資ブームが来たり・・・、ニートが社会問題になり・・・、これって、贅沢な悩みだと思いませんか?

そして・・・、人は、物を得た後、何を欲しがるのでしょう???

最近、若い人たちで、豪邸を建てる人、高級車に乗りただる人、高価な酒を飲む人が減りましたよね〜?

我々の時代、昭和、平成初期は、みんな、物欲に溢れていましいました。

しかし、バブリー最強だった時代は終わり・・・、現在、その意識、趣味思考は、変わりました。

人の望むものは、物欲から・・・、食欲と健康欲と文化的な欲へと移り、充実した生活を好むようになりました。

時代が、変わったのです。

BlogPaint


現代人が、当たり前に安定した生活があり、今、一番求めているものは、健康だと思うのです。


今時の人は、仕事が終わった後・・・酒飲んで、タバコ吸ってというより・・・、ジョギング、ジム通い、習い事、趣味に時間を使いますし、食は、安全かつ、味と見た目を大事に考えていますし・・・、つまり、健康を求めているわけです。

そして、健康を求めている人が増えたその受け皿として、農業の役割は大きく、絶対的に拡大していく市場なのです。

一般の農家の担い手が不足している中・・・、新たに農業の経営に乗り出そうとしている個人や企業が増えて、農業が注目される新時代が訪れるのです。

すでに、私が、農業に目をつけたわけですから・・・すでに、多くの人は、私より先に目をつけて、農業分野に進出しているでしょうし、もう新時代が到来したと言っても過言ではないと思います。

農業は、今後、花形産業になることは間違いなし!だと考えているわけです。

今後、健康の他には、文化系もいいですし・・・楽しむという意味で、アミューズメントもいいでしょうね〜。

時代は変わった!

飲みに行ってストレス発散するよりも、ジムに通ったり、習い事したり、家に帰ってゲームをするとか・・・。

高級外車に乗ることがカッコいいと思う人は減り、ちょっとだけ贅沢な自転車で健康的に走ることが素晴らしい!

休日は、豪華クルーザーに乗り夕日を眺めるよりも、無農薬野菜の収穫をしながら夕日を眺める方が素晴らしい!

私は、昭和生まれの昭和育ちなので、これまで、ステータスを追い求めて来たが・・・、実は、ちょっと前から、時代の変化には気付いていた。

でも、今時の人たちは、欲がない・・・! と否定して受け入れようとしてきませんでした。

実は、欲がなくなったのではなく、欲が、もっと高度で文化的なものに変わったのです。

話は少し逸れますが、最近、太陽光発電の時代も変わりつつあり、売電の時代から、各家庭が太陽光パネルだけではなく蓄電池を使うようになり、電気の自給自足をするようになりました。

勿論、売電価格の低下の影響もありますが、環境問題を考えるようにもなってきました。

裕福になった日本人が、一番、求めているのは、金ではなくなったのです。

FullSizeRender


若い時、多少苦労したので、お金の大切さを感じ大事に思って我武者羅に働いて来たのですが、生命の価値と金の価値を知り、本当に大事な価値に気付かされたという感じですね〜。

この話をすると長くなりますが・・・、古いものに価値を見出して、高級車に乗るのをやめて昭和の古い車を買っって大事に乗ったり、宝飾時計をやめて、生まれ年の時計を付けるようになったり・・・。

仕事という観点でみると・・・、弊社自体、中小企業ではありますが、働き方改革で労働時間を減らし休日を増やしたり・・・。

自分がやっている事が、新しい時代の感覚に、どんどん近づいて行っていると気付かされ・・・、そんな中の一つに、これからの時代は、農業だと思ったわけです。

勿論、以前のブログにも書いたように、私は私で、不動産業が主軸なので・・・、不動産業者だからこそできる農業分野への進出をしていこうと思っていますが・・・。

事業家、経営者として・・・、不動産業以外の、農業という分野でも、社会が求めている欲求を満たし社会に貢献できると思いますし、農業の時代が来ると確信したわけです。

そんなわけで、本日は、今後、農業の時代が来る理由!というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 00:54|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年07月12日

2339)農業と福祉、農福連携事業!

最近、農業福祉というものに興味を持つようになりました。

事の始まりは、ある方から、愛知県は農福連携が遅れているという話を聞きまして・・・。


『農業も福祉も、事業として成功させなければ、農福連携事業は成り立たない。 補助金や助成金の制度もあるが、これが、なかなか事業を成功させるのは難しい。 農業は農業の考え方、福祉は福祉の考え方・・・農業と福祉を連携させるには、経営の力が必要なんだ・・・・近藤くん、やってみないか?  』

この言葉を聞いた時は、正直、興味もなかったので、世間話的に聞き適当に会話をしていたのだが・・・、その後、話の流れから、他県に視察にいく話になり・・・断りきれなくて、他県の農業福祉事業を見に行ったわけですが・・・。

そこでは、障害者が、農業をやっていて・・・一生懸命、真剣に、頑張っていました。

私たちが、現地に到着しても、こちらに全く気付く事なく黙々と作業をしていました。

BlogPaint


農福連携というのは、読んで字のごとくなんですが・・・。

簡単に説明すると、障害者や高齢者を農業分野で雇用するといい事なのです。


労働力不足や過疎化といった問題を抱える農業の働き手を雇用して、地域農業の維持、地域活性化を目指すという事なのですが・・・、障害者の訓練や収入の手段としてだけでなく、農作業を通じて心身の状況が改善し、一般就労に向かうことができるようにしていくことも期待できます。

因みに、視察の際に、無農薬野菜の虫取りを、私もトライしたのですが・・・、障害者3人と私の作業と比べて・・・、私は、一番、出来が悪かったですw

慣れていないのもあるのかもしれませんが、私は見落としが多かったのに対し、障害者の3人は、全員、ほとんど見落としなく、完璧に虫を取るので・・・完全に、この仕事に関しては、私の負けです。

私よりも、集中力や根気があり・・・・真剣度が違うというか・・・ちょいちょい携帯で電話したり、他の人と話をしながら作業している私との差は、雲泥の差で・・・、彼らの作業の正確さに驚かされました。

あくまでも私の感覚ですが・・・、管理や指示をする人がいれば、健常者に勝るとも劣らない仕事ができるんだな〜と思いました。

この子たちの能力は、農業分野で十分に通用するという確信を得たのです。

ただ・・・農業といっても、農作物が売れてこそ、働く人に給料が払えるわけですし、利益も出して、新たな就労支援の取り組みもできるわけです。

もちろん、補助金、助成金もあるようですが、なかなか成功させるのは難しいようです。

お金の問題だけではなく、協力してくださる支援者も必要です。

農福連携の事業をする上で、助成金や補助金は、確かに助かりますが・・・結局のところ、農業のブランディングから販売までプロの力が必要ですし、福祉は福祉のプロの力が必要なのですが・・・どちらかに長けている事業者は多いのですが、両方、プロフェッショナルじゃないといけませんし、地域の方々の協力は必要不可欠ですが、地域との連携が難しく、結局、うまくいかないことが多いのです。

そんなわけで・・・ある人から、私に声がかかり・・・、農業のプロと、福祉のプロを紹介するから、総合的なプロデュースをやってみないか?ということで・・・視察をしてきたわけですが・・・。


問題は、多々ありますが・・・私が、思う最大の問題は・・・、国は、省庁の壁を超えて、農水省も、厚生労働省も、農業福祉に力を入れていますし、都道府県も、それなりに動き出していますが・・・、肝心要の市町村や、地域のJAが・・・、まあ、力を入れているところもありますが・・・、大半のところでは、取り組むどころか興味もない感じです。

農水省、厚労省が重い腰をあげて、農福連携を頑張ろうとしているのに、それが、行き渡っていないというのが現状で、私の調査で十数件調べただけですが・・・愛知県の市町村やJAは、ほとんど他人事の感じでした。

まあ、農業の担い手を育てるとか、福祉についても既存の範囲で、それなりに事務作業的にやっているようですが・・・、農福連携という新しい取り組みには、あまり興味がないという印象を受けました。

私に、農福連携の話を持ってきた人の言う通りだな〜と・・・・愕然としたわけです。

BlogPaint


しかし、私は、風向きが悪いほど、燃えるというか・・・怒りを、やる気パワーに変えるのは得意なので・・・(笑)

そんなわけで・・・、農業と福祉のプロフェッショナルと、農地を提供してくださる人もいて、環境が整っているので・・・、農福連携をやってみようと思っているわけですが・・・。

なぜ、やってみようと思ったかというと・・・下地が用意されていて、私がすべきことは、連携させて軌道に乗せて、事業を拡大していくだけですので・・・0からのスタートではないということと・・・。

今回の視察とは別で、障害者の子を持つ親御さんたちの集まりに行った際に・・・。

『子供の将来が心配で死んでも死に切れない!』という話を聞いた事です。


『子供の将来が心配で死んでも死に切れない!』と一言で片付けてしまってはいけないので、もう少し詳しく書きますが・・・1時間ほど、皆さんの話を聞いたのちに、帰り際に・・・グループの代表の方が、私の手を握りながら、農福の連携を愛知県でも是非やってほしいと・・・、その人たちは他県の人なのに、愛知県でも、全国どこにでも、自分たちのような親はいるし子もいるからと、真剣に私に頼み込むのです。

私の手を握る、その手の力強さと言葉から、切実な願いが伝わってきました。

私自身、忙しくて・・・正直、断りたいのですが・・・断れない状況というか・・・、私も子を持つ親として・・・、『どこまでやれるかわかりませんが、精一杯頑張ってみます。』という答えしかありませんでした。

結局、今、私は、農福連携事業を始めようと、いろんな調査をしています。

農業、福祉、各分野の方々と何度も打ち合わせをして・・・一番、良い方法が見つかりました。

農業系の組合法人を設立して、別に福祉専門の法人を設立する事になりました。

農業系の組合法人を立ち上げるには・・・、まずは、私が農家になるべく、市役所の農業委員会に行き、事情を話して、農家になりたいとお願いをしました。

当然、条件をクリアしないと農家にはなれません。

それ以前に、農業委員会に話したら、門前払い的に、NO!

それでも何とか食らいついて、ちょっとだけ前進・・・。

条件・・・。

。苅娃娃以進動幣紊稜醒呂鮖つか借りるかして耕作する事はできますか!
『4000平米ですね・・・はい、わかりました。 買います。』
という事で、農地を4300平米ほど購入すべく売買契約を締結!

農機具はありますか?
『俺、地元の不動産屋ですから、農機具は、どこからでも借りてきます。 草刈機、軽トラ、会社にあるし、ユンボもある、それでもダメなら俺も買います。田んぼは、耕作してもらいながら私も手伝います。 地元の、耕作している組合や法人の代表、ほとんど知り合いですから、何とでもなるので、放棄地にはしません。』

G清鳩亳海呂△蠅泙垢?
『それは、あるような、ないような・・・。 でも、子供の頃、若い頃、親父の実家の畑、田んぼ、親戚の果樹園、柿、ミカンなど、ずっと手伝わされていました。 ついでに、家族が農協の、農業塾も行ってました。 それでもダメなら、どっかの農業法人に従業員で入れてもらいますが、どれだけ経験したらOKですか?』

で清箸侶弉莉颪蓮
『私が買った各土地の謄本、公図に写真をつけて、計画書を、農業系に強い行政書士に出させます。』

でも・・・、何となく、役所は、私が、農家になるは嫌っぽいですよね〜。

多分、私は・・、ここ近年に、太陽光発電や、企業誘致などで、10ヘクタール以上の農地を宅地化した不動産会社の代表取締役だから、農地を守るべく立場の人たちから見ると・・・、そんな奴を農家にしたくないのではないのかもしれませんね。

そんなわけで・・・。

今のところ、農福連携をやろうにも、それ以前の問題で、ゴタゴタしていますが・・・。

ここをクリアしないと、何も始まらないので、意地でも農家になろうと思っています。


FullSizeRender


お国をあげて取り組んでいることだし、各分野のエキスパートも協力してくださるし・・・、こんなところでつまづいているわけにはいきません。

それに・・・、障害者の子供持つ親御さんたちと、約束したし・・・、その人たちも、他の団体や、サークルを紹介してくださるようでアポも入ってますし・・・、農地も買っちゃったし・・・、お手伝いしてくださる人たちも盛り上がってるし・・・もう後には引けない状況です。

しかし・・・、今、宅地分譲事業と不動産仲介業、土木、建設・・・、企業誘致、宮古島のプロジェクト、投資家さんたちのコンサル、このあたりの仕事は、私以外ではできない部分もあるし・・・、まあ、でも、その他、環境浄化触媒と、レンタルオフィス事業や、ホワイトニングは軌道に乗った感じなので、社員に任せるとして・・・。

それでも、体は一つしかないので、なかなか辛いものがあるな〜と思いながらも、農福連携事業も頑張ります。

農福連携事業には、身を削ってでもやる価値があると思っています。

今年・・・50歳になります。

人生100年時代と言われていますが・・・、まあまあ酷使してきたので・・・、この体も、このペースだと、持って、あと10年ぐらいかな〜。

仕事も遊びも、世の中、やりたい事だらけですね〜。


最近、欲しいものは・・・、若さと、時間・・・(笑)

とりあえず・・・農福連携も他の事業と同様に、やりきります。


そんなわけで、本日は、農福連携事業について書かせていただきました。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 17:25|PermalinkComments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック