工場用地

2018年05月24日

2147)工場誘致(愛知 津島)

名古屋駅から西へ車で約30分のところに津島市があります。

ものづくりの愛知!・・・愛知の企業は、名古屋駅前に・・・。

名古屋市西部の近郊都市である津島市は、企業同士の取引、従業員の通勤に、とても便利な位置にあります。

しかし、都市計画法上の問題点として、工業地域の土地は、ほとんど空きがない状況であり、また、商業地においても、昔からの古い町で大規模な商業施設を誘致してくることは困難な状況にあります。

弊社の本社所在地は、この津島市にあるわけだが、名古屋から車で30分という立地でありながら、徐々に過疎化しつつあるように感じていた。

津島市は、企業誘致の取り組みとして、平成27年に、津島市都市計画の条例を定め、翌年平成28年には、津島市企業誘致基本計画を定め、企業誘致の支援をスタートさせました。

津島市 企業誘致 千代田不動産


※素人さんには難しい言い回しなので、どのようなものなのかを簡単に説明すると・・・、津島市が、市街化調整区域の中に指定した区域内で、条例で定めた業種であれば工場を建てることができて、更に、補助金、緑地の緩和をして、企業誘致を支援、推進するというものです。

詳しくは、津島市ホームページ 企業立地ガイドをご覧ください。

弊社も、地元企業として、平成28年から、津島市に企業誘致に力を入れてきました。


企業立地の区域指定後、土地の取りまとめをスタートしました。

まずは、蟹江インターに近い、白浜地区指定区域の65000平米の取りまとめから始めました。

土地の取りまとめが10000平米を超えた頃から、条例で定めた業種の企業200社、ゼネコン、不動産業社、数十社への営業を開始しました。

平成29年に白浜地区に、10000平米弱の工場を2カ所誘致しました。

平成29年に、宇治地区の取りまとめをスタートして、平成30年に、宇治地区に6000平米、10000平米弱の工場を誘致しました。

先日、白浜の工場の竣工式にお招きいただきました。

弊社は、土地の取引と開発許可のお手伝いをさせていただいただけですが、実際に工場が建ち、その中に入ると、達成感というのか、これから、ここで雇用が生まれ、大勢の人が働くんだな〜と、実感が湧きました。

そして、先日、宇治地区の開発許可がおりて、土地の決済が終わりました。

これから、造成工事、建設工事に入っていくのでしょうけど・・・、この達成感は、住宅街を造るのとは、少し違う、なんとも言えない別の達成感みたいなものがありました。

何が、違うのかというと・・・、住宅街を造ると、そこで幸せに暮らす家族を想像するわけですが、工場を誘致すると、働く人々を想像し、更に、なんとなく、ちょっぴり地域貢献した気がするんですよね〜(笑)

そして・・・この達成感にはもう一つ大きな理由がありまして・・・・。

津島市は、平成27年に都市計画の条例を定めたばかりで、めちゃくちゃ不慣れだったんですよね〜。

でも、担当職員さんをはじめ、関係各課、皆さんが、一丸となって取り組んでいて・・・、私も、正直言うと、少し怒ったりしましたが、今思うと・・・、津島市をよくしよう、工場を誘致しようと、一生懸命頑張ってくださり・・・、私は、未だかつて、これほどまでに頑張る地方公務員を見たことがありません。

基本、自分の市町の事でも、他人事みたいな対応の職員さんが多いじゃないですか。

正直、最初は、不慣れ感に、めっちゃイライラしていましたが・・・、本当に頑張ってくださて、今は、弊社が、この津島市にあることを誇りに思えるぐらいです。

そして、地権者の皆さまも、企業さまも、このプロジェクトに携わった、士業の方々も、弊社・・・要するに民側も、一丸となり、我が街、未来の津島市のために協力をしてくださりました。

私も、民側の陣頭指揮をとりながらも、至らなかった点が多々あったと思いますし、地主さん、企業さん、士業の先生に無理なことも言いましたが、皆さま、個々の事はさておき、プロジェクトを成功させるために頑張ってくださりました。

プロジェクトの途中で、一番頑張っていた、地域の長老が、お亡くなりになられましたが、それを地域の方々が引き継ぎ最後までやりきってくださりました。

とにかく、官も民も、我が街津島のために、一生懸命頑張ってくださり・・・、そのおかげで、今までに味わたことのない最高の達成感を得ることができました。

2012-08-12-14-50-50


今後も、この津島市に、工場、商業移設を誘致していきますし、弊社のメイン事業である愛知県内全域での宅地分譲も頑張っていきたいと思います。

今回、このプロジェクトに関係された、すべての方に、このブログを通してお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

さて・・・・ここまで書いたところで、本日、何故か、ブログランキングが2位になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。


不動産ランキング

投票ありがとうございました

さてさて・・・話は、戻りまして・・・・。

愛知県津島市の企業誘致 工場誘致の話です・・・。


昨年と今年で、4件の工場を誘致したところで、現在、検討中の企業は数社ありますが、開発許可、農地転用等に取り掛かっている案件がなく、一区切りつきました。

土地は、地権者との話ができているので、大方、まとまっている状態です。

このブログの読者には、不動産関係、建設関係の方々がいらっしゃりますので、あらためまして、津島市に工場を建てたい企業様への、用地取得の募集をかけさせていただきます。

募集と言いましても、弊社は、土地の売買をするのが仕事であるわけですが、コンサル業務として、業種認定、開発許可等のアドバイスや、お手伝いもさせていただき、許認可取得まで、しっかりとサポートさせていただきます。

※本件、企業立地の条例での注意点は、工場を建てることができる業種と、建てることができない業種がありますので、業種認定の部分が最も重要になります。
事前に東方にご相談いただき、企業立地の事例等を参考に、事業内容、給排水、造成等、ある程度の打ち合わせをした上で、行政の方に相談されたほうがよろしいかと思います。

41F3E3A2-2C6B-4057-B786-615E731E416C


弊社の本社がある愛知県津島市に、優良な企業に来ていただきたいので、全力で取り組まさせていただきます。

まとまっている場所、現在取りまとめ進行中の場所、水路や道路の関係等、地元皆様の要望等、区域内のことは把握しておりますので、工場建設を検討される企業様、工場用地をお探しの不動産、建設業者の皆様は、気軽にお問い合わせください。



少し話は変わりますが・・・・。

津島市の企業立地の話は、ここまでとして・・・、実は、現在、他県の市町村での、工場誘致についての相談を受けております。

これまでも、愛知県内に市町村、他県の市町村での工場誘致について、ちょくちょく相談がありましたが、行政さんも、意外と簡単に考えておられるようですが、実は、なかなか難しいものなのです。


工場誘致をしたい市町村が多いということなのでしょうが・・・、工場誘致をするには、当然、都市計画の問題もありますし、実際には企業様に来ていただかなくてはいけないわけですが・・・、それ以前に、まずは、行政と土地所有者と周囲の皆様との調和みたいなものが必須になってきます。

実際の話、土地の地権者側との温度差が大きいのに、都市計画の問題や、企業の募集についての問題を重要視されるケースが多く、私から見ると、当然、地元と調和をとりながら同時に進めていかなくてはいけない部分だと思うのですが・・・、それが上手くできている市町村は、正直少ないですね〜。

まあ、こういったことは、官が手動ですので、当然に、そうなるのでしょうけど・・・、何と申しますか・・・、やはり官は官の感覚なので、民との温度差があるわけです・・・、官ですから、当然に公平性をもった中で、少しは民の感覚でいかないと、できるものも、できなくしてしまっているケースが非常に多いのです。

86987D94-DCBB-4600-8E21-F822CCE531EE


まあ、言い難いところもあり、うまく表現できませんが・・・、まあ、ひとつの表現として・・・営業に例えると・・・・・。

行政の場合は、断られたらNOという判断をされるわけです。

本当は、断るるもりはないけど、かけひきや、世間体でNOと言っていることもあるかもしれませんし・・・、そもそも論、営業というものは、お願いに行ったというのは、相手に気持ちを伝えるということであり・・・、本当の意味での営業とは、ことわられてからが、スタートなんですよね〜w

嫌な顔をされた・・・、返事をしてくれない・・・、断られた・・・・、そこで終わり!

また、行って、もっともっと理解をしていただけるように、話し込んで、お願いをすればいいじゃないですか。

それ以前に、行く前から、勝手に予測して、勝手に諦めて・・・行動に移さない!

官なんだから、当たり前だろうと言われるかもしれませんが・・・私から言わせていただくと、そこ、踏ん張りどころ、頑張りどころだろうと思うことが多々あります。

今日のブログ・・・、最後は、愚痴みたいになってしまいましたが、少子高齢化、人口減少の中、財政の厳しい市町村が多いわけですが、市町村長はじめ、職員一同が、一丸となって、頑張らないと・・・この人口減少による過疎化という大きな敵に負けてしまいますよね〜。

大変失礼な言い方になるのかもしれませんが、各市町村の職員さんたちと話していると・・・、何事も気合いを入れて、真剣勝負で取り組んでいただきたいと思ってしまう今日この頃です。

そんなわけで、本日は、ここまでとさせていただきます。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









toshikazy at 15:10|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote