フェアレディ240z

2018年05月12日

2144)別荘地の状況とオールフェアレディ2018

先日、富士スピードウェイの帰りに、エクシブ山中湖Sanctuaryに行ってきました。

エクシブは、豪華な施設と部屋があり、食事も、まあまあ食べられますし・・・、特別感もあり、とても良い施設です。

今回、富士スピードウェイで開催されたイベントの帰りに、240zで、エクシブに行ったわけですが・・・、豪華な造りと、スタッフ皆さんの、おもてなしが、あたたかく迎えてくれましたし・・・、車のことまで、いろいろと気遣いをしてくださり・・・流石、リゾートトラストだな〜と思ったわけですが・・・。

IMG_2629


今回、山中湖まで来たついでに・・・、弊社のお客様から相談を受けていた、別荘地を見てきました。

地図、公図、Googleearthを使い探しましたが、場所すらわかりませんでした。

なんとか処分したいと言ってましたが、測量するにも、売るにも、貸すにも、場所が分からない状態で車、なんともしようがありません。

太陽光発電ができれば買取を検討するか、お客様が土地活用で発電所をつくってもいいかな〜と・・・そんなことも考えていたのですが・・・・これでは無理です。

まあ、仮に、場所の特定ができたとしても、建物もなく、道すらない感じなので、売れないでしょうね〜。

やはり、このまま持っていただくしかないですね〜・・・。

まあ、それはそれとして・・・・、エクシブ山中湖サンクチュアリの部屋からの写真を一枚・・・載せさせていただきます。

IMG_2638


久しぶりに、富士山を見ながら、ゆっくりしましたが・・・やっぱり、富士山は美しいですね〜・・・癒されました・・・・。

こんな景色が見える別荘があったらいいな〜なんてことも瞬間思いますが、エクシブに来ればいつでも泊まれますし、料理も、洗濯も、掃除もしなくていいので、別荘よりも、会員制リゾートのほうが私はいいです。

正直・・・、他の方も、そんな人が増えまして・・・、投資家、富裕層の方も、別荘は、持っていてもいかずに放置してある人が多いです。

そんな時代ですよね〜w

弊社のお客様や、私がコンサルをしているクライアント様から、別荘や別荘地をどうしたら良いのか?という相談がちょいちょいあります。

実は以外と別荘関係について、処分に困っているという相談が多い・・・。

特に不動産コンサルのほうでは、富裕層のお客さまからのご相談に乗ることが多いので・・・、けっこう皆さん困っておりまして・・・・。。

昭和40年代、50年代年代の高景気で、別荘ブームが起こり、別荘地、別荘が飛ぶように売れまして・・・・、中部圏だと、岐阜の、ひるがの・恵那、関東圏では、軽井沢・清里周辺が有名で、富裕層は勿論のこと、経営者〜サラリーマンまで、別荘や別荘地を買うという時代がありました。

現在、その別荘や別荘地を持っているのは、70代、80代・・・、もしくは、それを相続したという人たち・・・、使いもしないものに、毎年、費用を払っているというケースが多く、ほとんどの人は、それを売却したいと思い、相談をしてくるわけだが・・・。

しかし、今や、別荘は、売ろうとしてもなかなか売れないものにありましたし・・・、別荘地等は、草生え状態で放置、もっとタチが悪いものは、開発途中で道路もなく放置されているものまであります。

別荘は、数百万程度で売りに出されているが、なかなか売れない状況・・・。

別荘地については、売りに出すことすらなかな難しいなんていう状況です。


所有者からの相談もですが、相続人からの相談が年々増えていくという状況です。

このまま、いくと、処分できないような別荘は、今度、2〜3世代・・・、もしかすると、ずっと誰かが相続をして維持していかなくては仕方がないのかもしれません。

ここ近年は、こういった別荘、別荘地などは、場所の特定ができて日当たりさえ良ければ、太陽光発電所にするように勧めています。

IMG_2225


立地、日当たり、規模、天候にもよりますが、晴れれば、1日、6000円〜1万円・・・月額で、15万円〜20万円ぐらいは稼いでくれますからね〜。

今の売電価格だと、もう少し落ちるかもしれませんが・・・、それでも、別荘地として放置しておくよりは、良いとお思います。


ただ・・・太陽光すらできない場所も多く・・・、また、設置できても日当たりが十分取れない土地も多いので、すべての土地でできるわけではないんですけどね〜。

まあ、もしよろしければ・・・、読者の皆様の中で、遊ばせている土地があり、太陽光発電の事をもう少し詳しく知りたいな〜という人がいらしゃれば、お気軽にお問い合わせください。(中部、関東、関西に限ります。)


さて、話は変わりますが・・・・。

今回の、オールフェアレディーについて、少し、書かせていただきます。


私の愛車、240zのレストアも、なんとか間に合いましたので・・・5月5日のオールフェアレディーに行ってきましたw

興味がある方は、以下のサイトを御覧ください。

http://s30zcar.jp/meeting/2018/fuji/index.html


とりあえず、一応、レストア完成したので・・・ご覧ください。

FullSizeRender


まあ、これはこれで、大変でした・・・・。

昭和48年の車を新車並みにするわけですから・・・、部品を揃えて・・・、新品がないものは、磨くか、作るかして・・・・完成させるわけですが・・・。

その前に、車を全部バラして、ボディー関係は、鉄色になるまで塗装を剥がして、補修して磨いて、整えて・・・。

IMG_2601


エンジン、ミッション、デフ等はも、バラして、ブラストして磨き上げて・・・。

将来的に、維持できるように・・・、又は、ハイパワーに耐えられるように、スポット増しできるところをしまくって、鉄板あてたり、パイプフレームを入れたりして、補強、強化したり・・・。

パワーウィンドウ、パワステ、バックモニター、車庫調、大型のラジエター、ソレックス等・・・取り付けて・・・・古き良きものを残しながら、なるべく快適に乗れる車にしたわけです。

なんとか5月3日に完成させて・・・、5月5日の、オールフェアレディーに参加できました・・・。

IMG_2610


私としては、相当、やり込んだつもりですが・・・、全国、世界には、上には上がいるもので・・・、すごいです。

私は、古いS30系しか興味がないので、他の型は全く見ていませんが、30系のZは、全部、穴があくほど見てきました。

まあ、不動産ブログなので、簡単に書かせていただくというか、詳しくは書きませんが・・・、オリジナルの美しいZ、L型をチューニングしてあるZ、エンジンを載せ替えて、とんでもないモンスターマシーンにしてあるZ・・・、技術、工夫、愛情、バシバシに感じまして・・・、俺も、まだまだだな〜と思ったわけです。

でも、日産の80周年記念カラーに塗ったということで珍しいのか、雑誌の取材は、いっぱい受けました。

IMG_2614


カラーのこともですが・・・・、かなり大掛かりで6人体制で一気に仕上げたというのに驚いていて・・・、普通は、一人か二人で、コツコツやるのですが、材料を揃えておいて、数ヶ月で仕上げるというのが、珍しいようです。

特に、フレームの歪みを最小限にするために、左右同時にスポット増しをするとか、比重計算をしながら、強化をしていくとか、力を逃す部分を考えてあるとか、そのあたりは、かなり食いついて取材をしてくれました。

IMG_2615


某車雑誌の記者さんは、色と、バンパーレスを気に入ってくれてましたが・・・・w

また、雑誌に載ったら、ブログに書かせていただきますね。

さて・・・・、まあ・・・、しかし・・・、とても良い刺激になりました。

IMG_2483


レストアに力を貸してくださった皆さん・・・相当頑張ってくれたのですが・・・・、こんな感じでは、話にならないと、マニアの方から、ご指導をいただきました。

もちろん、仕事としては、最高の仕事がしてありますが・・・、エンジン自体が、L型の2400では、話にならないらしく・・・、L型2800を乗せて、3100ccにして、ソレックスは、50π、各部を社外品に交換しないと、個体や足を、ここまで強化した意味がないらしいです(笑)

詳しい方々から、いろいろご指導いただき、ちょっとビビったのですが・・・、調べたら、そこまで、費用がかかるわけではないようなので・・・、エンジンだけでなく、空調関係・・・、内装のメーター周り等・・・、もっとハイテク装備を充実させて、来年のオールフェアレディまでには、俺の240Zを完成させようと思っています。(新しい課題w)

IMG_2612


まあ、キャブにこだわりながら、今時の空調を、どう取り付けるのか・・・、このあたりは、車関係の方々だけではなく、車のメーカーさんの技術部門や、車のエアコン関係のメーカーのエンジニア等ににも、相談しないと難しいと思いますが・・・人脈辿って頑張ってみたいと思います。

さてさて・・・最後の最後に・・・。

富士五湖の周辺、富士の裾野は、自然が多く、とても美しいのですが・・・、自然の中に、不動産業者が立てた、無駄にカラフルな看板があるのは、嫌ですね〜・・・。

まあ、風景を阻害しないものなら良いのですが、違和感満載で、やたら目立つ色とか・・・、とくに嫌なのは、何年前に立てたのか分からないような、傾いて剥げたような看板は、本当に見苦しいです!

物件と看板の管理をしていないんでしょうけど・・・・、このあたりは、自己の商売だけではなく、もう少し気を使っていただきたいな〜と思いながら、看板を横目に車を走らせていました。

まあ、でも・・・、山中湖に泊まり、少しだけの休息・・・良い気晴らしになりました。

今週は、連休明けでバタバタして、更新が遅くなりましたが・・・、今年のゴールデンウィークのメインイベント・・・、オールフェアレディーの話と、別荘地の状況について書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 17:40|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年04月20日

2139)フェアレディ240Zレストア中!完成間近!

シンガポールから帰り、朝から晩まで仕事に追われています。

早朝から連日連夜って感じですが・・・。


IMG_2387


月曜日に帰国して、名古屋支店に直行・・・元気に頑張って仕事をしております。

しかし・・・まあ・・私の頑張りなんてものは、たいしたことはありません・・・もっと頑張っている人がいます。

私の240zのレストアをしてくれている、Z松井と、若い整備士たち・・・、それから、板金塗装工場の工場長とスタッフの皆さんたちです。

2月の中旬頃から・・・整備工場と、板金塗装工場で、本格的なレストアをしておりまして・・・、もう、2ヶ月間、朝から晩まで・・・複数の人たちで、私の240Zのレストアをしてくれています。

IMG_1975


一旦、それなりにレストアした240zを、バラバラにして・・・。

板金塗装工場では、塗装をめくり、打てる場所、全部、合計1000ヶ所以上ののスポット増し(溶接)をして、鉄板やパイプフレームを入れて強化して・・・。

IMG_2108


整備工場では、Z松井を中心に整備たちが、みんなでエンジン類を全部バラして、ブラストして磨いて組み立てています。

通常半年〜1年かかるレストアを、2〜3ヶ月で仕上げるには、大勢の人たちが、昼夜、頑張らないとできないのです。

IMG_2384


本格的なレストアが始まってから、2ヶ月経ちましたが・・・、皆さん、休みもなく、毎日残業をして・・・5月のオールフェアレディーに間に合わせるために頑張ってくれていて、本当に頭が下がります。

私は、皆さんの、顔が日に日にやつれていくのをみて、『もう、間に合わなくてもいいよ〜。 私の道楽で大勢の人たちに迷惑をかけているのは申し訳ないから・・・来年のオールフェアディに焦点を合わせよう。』と言ったのでが・・・・、そこは、職人魂なのか、誰一人、手を緩める様子はない!

この、エンジン、デフ、クラッチを見てください・・・昭和48年のものには見えないと思います。

IMG_2381


Z松井を中心に整備士3人で、何百という部品を全部バラして、ブラストしてから磨いて組んだのです。

昭和48年に生まれた車の中でも、このZちゃんは、本当に幸せ者だと思います(笑)

そんなわけで・・・現在、第2期レストアを、昼夜問わず急ピッチに進めておりますが・・・。


実は・・・。

第1期レストアは・・、昨年10月に240zを購入してから、レストアは、始まりました。

ヤフオクと、パーツ屋さんから、部品を集めて交換して・・・、最終的に、ナビやバックモニターまで・・・、それはそれで、素晴らしい仕上がりでした。

IMG_1206


美しくエレガントな240zになりましたし・・・。

エンジン、ブレーキ、足回りも、まあ、市販の部品でそれなりに仕上がりました。

IMG_1584


このあたりまでは、何度か・・・ブログにも載せましたよね〜w

でも、第1期をやっている途中で、エンジンをかけたり、走ったりしているうちに・・・、このままレストアをしても、全バラの素っ裸にして、やり直さないと、四十数年経っているボディーとエンジンでは、話にならない・・・240zは、本当の意味で、蘇らない!と気付いたのです・・・。

表面は綺麗だし、エンジンも調子良いが・・・、車の下を除けばボロボロ、内装も剥がせばボロボロ・・・、走ればガタガタするし、コーナーリングなんてものは、今時の安物の国産スポーツカーですら比べものにならないくらいヨタヨタ・・・。

旧車マニアの爺さんたちから、オリジナルの価値について、かなり意見されましたが・・・、俺の車なんだし・・・、私は私のやり方で、古き良きものを残しながら、世界で一台の俺のZにすることに決めました。

フルオリジナルを否定はしません・・・、私が尊敬する、ロッキーオートの渡辺社長も、そうおっしゃっていましたが、私も同じく・・・フルオリジナルを否定しません、ただ、私は、我が道を行きます!


ただ、私の場合、エンジンのスワップも考えましたが、とりあえず今はまだ、このL型24のエンジンは捨てられない・・・、キャブも今は捨てられない・・・、形も、240ZGの原型を捨てられない・・・、でも、今時の車のクオリティーに近づけたい・・・。

フルオリジナルではなく、この240zの古き良さを残しながら、この子が現代に生き生きと走ることができるようにしたい!と思ったわけです。

そんなわけで・・・、第1期レストア中に、昨年末かか〜今年の始め頃に、『俺は、このZに、生涯乗るんだ・・・。これでは、あかん。 全バラ剥離からやり直そう・・・。』と・・・。

IMG_2113


そこからは、亀有と、スターロードのパーツを買い、ヤフオクでオリジナルのパーツを集め・・・、2月から、全バラ、剥離、強化の、第2期レストアに着手したわけですw

IMG_1963


↑このボンネット、私のお気に入りの写真です(笑)

写真を載せると、何百枚もありますので、省略しますが・・・・。

そして、この、↓の写真もお気に入りです。


IMG_2144


あえて・・白黒写真w

そんなわけで・・・。

整備工場の方では・・・エンジン、デフ、ミッション、足回り、電気系、各部品、全部揃いました。


IMG_2381


そして・・・板金塗装工場のほうでは、剥離、補修、強化が終わり、内部、ボディーの塗装が上がってきました。

とりあえず、今回は、こんな色にしてみました。

IMG_2432


古くも新しくも見える渋い目のオレンジです。

光の加減で、少し少し赤っぽくも見えます。

IMG_2413

↑因みに、私は、この240zのボディーラインが大好きで惚れてます

白にするかオレンジにするか最後の最後まで迷いましたが・・・我が道を行く以上、色は、昔の日産のグランプリホワイトではなく、今時の日産の渋目のオレンジ・・・。

IMG_2428


あとは、整備士数人で、1週間で組んで電気系、内装を仕上げて、4月内に完成・・・できるかもw

まだ確定ではなく、なんとなくですが、オールフェアレディーに参加できそうな気がしてきました。

IMG_2431



でも、オールフェアレディに参加したら、第3期レストアの目標が見えてきそうな予感がします。

整備工場の皆さん、板金塗装工場の皆さんに、しばらく休憩していただいて・・・、また、第3期が始まりそうな気がしますが・・・とりあえず、今は、早く、この240に乗って走ってみたいです。

次回のブログは、不動産の話を書きます・・・読者の皆さん、すみません・・。

そんなわけで・・・本日は、フェアレディ240Zレストア中!完成間近!ということで書かせていただきました。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 04:17|PermalinkComments(18) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年03月30日

2133)15年 放置車両!(ダッツンズィー)

最近、ブログに、古き良きものに魅力を感じるようになったということを書かせていただいておりますが・・・特、車・・・フェアレディー240zの話題が多い。

先日、読者の方が・・・、某修理工場に、かなり前から、S30zが放置されているという情報をくださりました。


ブログを書いている本人としては、本当に嬉しいです

真面目に、めっちゃ、、本当にありがとうございますm(_ _)m

IMG_2030


S30系のフェアレディーZは、値段さえ合えば何台でも欲しいですし・・・、読者さんから、情報をいただき、写真まで送ってくださって・・・住所地番まで調べてくださったので・・・見に行こうと決めました。

速攻で、車に乗り込み行こうとしたのですが・・・、

ん・・・。 ちょっと待てよ・・・。 俺が、いきなり行って、このZ売ってくれ!って行くよりも、誰か知人関係でつながれば、そのラインで頼んだほうがいいな〜・・・。

現地近くの議員に電話・・・、知り合いではないようでした。

現地近くの土地改良の役員に電話・・・、農家ではないので難しい感じだったのでやめました。

う〜〜〜ん・・・・。

ん・・・、確か、あのあたりは、某事業のために測量をやってるはずだ・・・・。

役所に電話をして聞いたところ・・・知り合いの土地家屋調査士の先生だったので・・・、先生に電話・・・。

事情を話して・・・その修理屋の社長を知らないか聞いてみました。

先生 『知り合いといえば知り合いだな〜・・・。 聞きましょうか?』

 『はいはいはいはい・・・是非、お願いします。 直近で2つぐらいアポ取ってもらえたらありがたいです。』

先生との電話を切ってから、10分後・・・・折り返しの電話がありました。

先生 『15年ぐらい、放置してあるらしい・・・。 ただ、所有者が取りに来ないので、困っているとのことらしいよ。 所有者と連絡が取れないし、その住所に手紙を出しても返ってきてしまったみたいだよ。 要するに、名義変更もできないし、他人のものだから勝手に売れないらしい。』

 『なるほど・・・。 そういう放置車両が、一番やっかいなんだよね〜。 それにしても、15年保管しているってすごいよな〜。 まあ、とりあえず、会って話したいから、アポとってください。』

先生 『社長の性格だと、そういうと思って・・・来週の月曜日の午前中ならいいって言ってたよ。 ダメなら、アポ取りなおすわ。』

 『うむ〜〜〜〜。 午前中10時半からアポがあるから、通常だと1時間ぐらい話すだろうから・・・間に合わんな〜・・・。 よし・・・5分で終わらせるので、11時に行きますわ〜w』

そんなわけで・・・、月曜日・・・S30系zが放置してある修理屋さんの社長と会いました。

IMG_2039


S30系ですが・・・、通常の、S30zではなく・・・、ダットサン240z・・・、オーストラリアモデル・・・通称、ダッツンズィーの260(Datsun 260Z)ってやつなんですけど・・・。

アメリカは、左ハンドルですが・・・、これは、オーストラリアなので右ハンドルなんです。

外回りは、相当、お金がかかりそうだが・・・、内装を見ると・・・、ダッシュボードの割れもなく、めちゃくちゃキレイ・・・。

IMG_2034


欲しい・・・・。 このZを、再び、蘇らせて走らせたい!

早速・・・、修理屋の社長さんに、欲しい旨を話しました。

しかし・・・、所有者の居場所も分からない・・・修理で預かった以上、勝手に売れない・・・、所有者を見つけて交渉してくれ!とのことで、つまり、私が欲しくても、修理屋さんが邪魔で困っていても、どうしようもないということを言われました。

この車の所有者は、15年前に、修理を出したまま・・・車を取りに来ない・・・連絡も取れない・・・、手紙を出しても返ってきてしまうので、15年間、保管をしていたのです。

何があったのか、知りませんが・・・ひどい話ですよね〜・・・。

故意的にやったのであれば、許せんです・・・。

そんな気持ちで車を見ると・・・なんとなく、車が、走りたがっているように思えまして・・・。

私は、どうしても諦めきれなくて・・・・。

私は、その場から、車屋に電話をしましたが・・・車屋の見解も同じでした。

続いて、弊社の顧問弁護士に電話をして事情を全て話しました。

弁護士 『社長の性格だと、諦めきれないんですよね〜w たぶん大丈夫だと思うのでやってみましょう。 そのあたりの月極駐車場の賃料を調べてきてください。 修理屋さんには、債権がありますので・・・。 委任状さえいただければ、戸籍から、国外に出ていないかも全部調査します。その状況次第で・・・(以下省略)』

 『なるほどねw そういうことね・・・w 』

私は、その場で・・・修理屋さんの社長を説得して、弁護士宛の委任状をいただくことを約束して帰りました。

調査も含めて・・・1年ぐらいかかりそうな気もしますが・・・気長にやってみようと思います。

BlogPaint


この子のエンジンに火を入れる!

手に入れたら・・・。

まずは、運んで・・・、エンジンバラして、各部を整備してエンジンに火を入れる。

その後、エンジンを下ろして・・・、外部を、剥離、修復、補修、補強、強化、塗装・・・、やってる間に足りないパーツを揃える・・・。

300万円〜400万円ぐらいで、そこそこイケてる感じまではできそうです。

というか・・・、今の240zちゃんは、エンジン、ボディー以外は、ほとんど交換しているので、その部品も一部は使えそうですから、そこまでかからないかも・・・。

たぶん、今の私の、240zが、1年ぐらいで完成するので・・・。

その後は、この子をレストアしようと思います。

まずは・・・、順を追って・・・、この子を手に入れて、それからレストアしないといけませんので、気の長い話ですが・・・、またひとつ、楽しみが増えました。

このダッツンZ(日本名 フェアレディZ)との出会いのきっかけを作ってくださった、読者さんに、心より感謝いたします。


昭和40年代の車を、再び蘇らせるのは、楽しいです。

日本の車の歴史を学ぶと、日本人は、絶対にフェアレディが好きになると思います。

IMG_1206


初代S30系フェアレディZ(240z)

日本のスポーツカーが、世界で認められ売れた車・・・、ダッツン・ズィー!

現在は、日本の車といえば・・・世界で認められ、ガンガンに車を輸出しているわけだが・・・。

当時、人気のスポーツカーは、アメリカ、ヨーロッパの車ばかりの中で・・・、日産自動車の輸出モデル、DATSUNの名を世界に出して爆発的に売れたたわけで・・・、ある意味では、日本の海外進出の活路を開いた車だといっても過言ではない!

フェアレディZ(ダッツンズィー240z)は、1969年、私と同じ年に生まれた車なので・・・私にとっては、特別な車なのです。

なんだかんだ言って私は・・・、日本人であること・・・、日本の自動車産業を誇りに思っているからこそ・・・240zと、レクサスに乗っているのです。
(レクサスは、良い車ですが、ロマンと楽しさはありませんが・・・。)

若い人は、知らないかもしれませんが・・・、私の若い頃は、日産・・・、めちゃ人気がありましたw

日産のL型エンジンは、歴史に残る良いエンジンです。

ちょっと脱線してきましたね・・・そろそろ失礼します。

そんなわけで・・・本日は、15年 放置車両!(ダッツンズィー)というタイトルで書かせていただきました。

不動産ブログなのに、すみません・・・次回は、不動産ネタで書きます。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 03:35|PermalinkComments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote