留学 研修

2015年12月08日

2021) お金の価値 会食と寄付

先日、今年最後の上海蟹を味わってきました。

開業して3年・・・急成長中のM社長と仕事の成功を祝しての打ち上げです。

image


会食の場所を、私の大好きな場所、七福酒家(旧福臨門)に選びました。

夜景を見ながら・・・・。

 『社長・・・凄い成長ですね・・・。 私は、この場所が好きでして、大切な人としか来ない場所です。 今日、何故、俺がこの場所を選んだのか分かりますか???』

M社長 『いいえ・・。 何故ですか???』

 『上海蟹が食べたいから・・・wと言いたいところですが、そうじゃないんです。 ほら、あそこに、うちの千代田ビルの屋上看板が見えるでしょ。 で・・・、街を歩いている人が蟻みたいでしょ・・・、車が豆みたいでしょ・・・。 いつも、ここに来ると思うんですよ・・・。 俺が歩いていたら、車に乗っていたら、あんなに小さく見えるんだな〜って・・・。俺が、十数年かけて買ったビルもあんなに小さい。』

M社長 『いえいえ。 近藤社長は凄いですよ。 これからも宜しくお願いします。 でも、本当に、全てが小さく見えますね。 自分は、まだこういうのは慣れてないので、今回は、良い機会をいただきました。』

 『いえいえいえいえ・・。 こちらこそ、この度は、ありがとうございました。 こちらこそ今後とも宜しくお願いします。 支配人も紹介しましたし、良い店なので使ってあげてください。』

M社長 『あれが、テレビ塔、あっちが名古屋城・・・、下を歩く人、車、周りのビル、全てが小さく見えますね。 ここで食事をすると、ちょっとだけ偉くなったような気がしますねw』

 『これだけ急成長されているのですから、ちょっとだけなんて謙遜をされなくても、堂々と夜景を見てください。 先ほど、私は、この場所が好きだと言いましたが・・・。 好きは好きでも、実は、ちょっと変わっていまして・・・、この場所から、うちの名駅千代田ビルを眺めると、小さすぎてムカついてくるんですよ。 なんとも言えない悔しさみたなものが・・・・。』

M社長 『名古屋の夜景の一部になっているから、あれが俺のビルだって感じじゃないんすか? 』

 『逆ですね。 くそ〜 小さいな〜、雑魚だな〜・・・。 TOYOTAの社長様は、いつも見下ろしてるんだな〜・・・。 とりあえず、今日は、うまいもの食べて明日からまた頑張ろうって思うんですよ。 まあ、そんなわけで、明日から、また、お互い頑張りましょうw かんぱーいwww』

2015-10-20-19-13-51


そんなわけで・・・今年最後の上海蟹の牡と牝をいただいたわけですが・・・。

お互いに頑張りましょうということで、5万円ずつの割り勘・・・。

男同士の付き合いは、どちらが払うかなんてことで、払いたい勝負するよりも割り勘が気持ちいい・・・。


M社長は、素晴らしい経営手腕を持ちながら、また、人間性も良く、ビジネスでもプライベートでも、良い付き合いができそうです。

カンボジアもいっしょに行きましたし・・・・


そんな頃・・・海外研修のインストラクターとして、カンボジアに行っている、しまじろ〜は・・・・。

2015-12-06-23-26-38


シアヌークビルで・・・野良牛と、戯れてるようで・・・写真を送ってくれました

うむ〜・・・、海外研修、留学プロジェクトで、研修生や留学生たちと、ボランティアをしているはずなんだけどな〜・・・・。

K'z child 海外体験プロジェクト

サボってるといけないので、明日、電話をしてやろう!

ということで・・・・。

おっと、その前に、ブログランキングの投票数が足りません。

読者の皆さん、下記のバナーをクリックして、もう一度、このブログに戻ってきてください。



人気ブログランキングへ

ありがとうございます・・・以下、続きです。

そういえば、カンボジアSea childの代表の梅原は、何をしてるんだろう???と思い立ち、『梅ちゃん、生きてるか〜???』とラインを入れたところ。。。。

梅ちゃん 『死んじゃってるかもしれましぇ〜ん・・・天国にいま〜す

image


と・・・不埒な写真と返事を返してきたので・・・・。

カンボジアの友人の警察官に、『Mr.梅原を2〜3日、署で預かってくださいw』と写真を添えて、LINEしておきました。

梅ちゃん、冗談通じなかったら、2〜3日入ってくださいねw

今年のカンボジアのシアヌークは、昨年よりも欧米の人たちが多いようです・・・。



翌日・・・・。

カンボジアの、梅ちゃんと、しまじろ〜にスカイプをしまして・・・。


 『おいっ、お前ら・・・、日本は寒いんだぞ・・・。 暖かそうだな〜・・・。 俺は、今年は、バタバタしていて行けそうにないわ。 で・・・、ちゃんと仕事してんのか???』

梅ちゃん 『ええ・・。 まだ、めちゃくちゃって感じではないですが、ビーチに人が増えてきています。 ジェットや、フライボードも、飲食も、それなりに・・・。 あっ・・・昨日、福林門で中華食ってましたよね〜・・・。 3万円〜5万円ってところですか・・・、羨ましいです。 実は、近藤社長、ちょっと相談があるんですけど・・・。』

 『なんだ??? 相談って・・・・。』

梅ちゃん 『Seachildの売り上げの中から、300ドルを寄付したいんですけど・・・。 実は、シアヌークビルの若者2人が、ボランティアで、学校に行けない子供達に英語を教えているんですが、小さな小屋でやっているんですけど、多い時だと、小屋に入れないぐらいの子供たちが来るので、少し増築をしたいようなので、材木とトタンを買うのに300ドルぐらい必要なのです。』

2015-12-03-16-08-06


しまじろ〜 『近藤社長、できれば、文房具も、百均のものでいいので、少し送ってもらえませんか? 近藤社長も、カンボジアの子供たちの現状、わかってますよね〜? お願いします。 近藤社長の一食分のお金で、数十人の子供たちが、一ヶ月勉強できるんです。』

 『知ってるよ・・・。 それと、これとは、話が別だ。 会食で吉牛食べて、その分を寄付すればいいって話ではない。 それに、先月も、孤児院に寄付をしたし・・・、俺が、カンボジアに行った際には、毎回、寄付をしてるし、文房具もスーツケースに詰め込めるだけ詰め込んで持って行って、店で子供達に日本語を教えたりしてるだろう。』

2015-12-03-16-08-52


梅ちゃん 『はい。 Seachildも、毎月、いろいろやってますけど・・・。 正直、全然足りてなくって、自分たちも、もっと店の売り上げをUPできるといいのですが、自分たちの給料からも出しますので、今回、増築の材料代の300ドルを出させてもらえませんかね〜?』

しまじろ〜 『近藤社長の時計一つで学校が作れますし、近藤社長の一食で、二家族が生活できるのです。 毎回、毎度、俺のできる範囲で、精一杯やってくだってるのはわかります。 寄付だって、どれだけしたか分からないぐらいしましたよね〜。』

 『あのな、日本での、仕事や俺の立場も考えて言ってるか? まあ、今回の300ドルは寄付していいぞ。 それから、文房具も送るよ。 でもな、そういうことはできる範囲でいいんだ。 目の前に、可哀想な子供たちがいっぱいいたら、なんとかしてあげたいし、できない自分の力のなさが悔しくなる気持ちもわかる。 でも、まずは、基盤を作れ、基盤を作ったら、もっともっとデカイことができるからな。』

2015-12-03-16-07-50


梅ちゃん 『近藤社長、お願いというのは、300ドルの話だけではないのです。 社長の人脈で、社長さんたちをいっぱい連れてきてもらいたいのです。 実際に、きていただいて、この現状を見ていただき、100ドルでもいいし200ドルでもいいので、なんとか寄付をしていただけないものかと思いまして。』

しまじろ〜 『もしくは、近藤社長のご友人とかで寄付をしてくれる人がいれば、本当に助かるのですが・・・。 』

 『要するに、社長連中や投資家から、寄付を集めろということだろ? 申し訳ないけど、それはできん。 俺が、お願いをしたら、嫌でも、付き合いでやってくれる人はいると思うよ。 恐らく、数百万は簡単に集まると思う。 でも、こういうのって、善意のものじゃん。 実際に、俺だって、ここの来るまでは、途上国の子供たちに何かをしようなんて思ってなかったわけだ。 それが、この国の内情を見て、明日のご飯の心配をしなくてはいけないような人がいっぱいいて、当然、教育なんてことにお金が回らないわけで、自分たちが当たり前にあるものがここにないことを知り、同じ人間として何かできないかと思ったわけだ。 そうだろ?』

2015-12-03-16-08-43


しまじろ〜 『はい。 そうなんですけど・・・・。 カンボジアのビーチで利益を出して、その半分をカンボジアのために使うというルールを決めましたが、それでは、全然足りなくて・・・、自分の無力さが悔しいです。 近藤社長、助けてください。 日本の経営者の皆さんに呼びかけてください。  近藤社長やご友人の方のフェイスブックを見ていると、普通では考えられないような贅沢をしていますし、高価な車、時計、別荘、酒、その中から少し、カンボジアの子供たちの教育に回してもらえませんか?』

 『だから、そこを勘違いしたらダメなんだよ。 今、しまじろ〜は、自分が正しい事をしている。 それが、社会にとって良い事だと思ってるわけだ。 確かに正しいと思うよ。 でも、それは、人に強要してはいけない部分なんだよ。 それを、強く訴えれば訴えるほど、人は冷ややかな目で見るんだ。 わかるかな〜・・・・・? きつい言い方をするけど・・・、変な宗教の勧誘と変わらんってことだ。 自分は正しいと思い込み、人に勧める。 俺は、見てるから分かるけど、カンボジアを知らない人に、寄付してくれってお願いしたら、ある意味キモいぞ。』

しまじろ〜 『キモいまで言いますか・・・・・。 今、私の身近には、自分の名前すら書けない子がいっぱいいるのと、目の前にいつも贅沢がある人がいっぱいなのとの、そこの違いなのではないですか?』

  『うむ〜・・・。 よく考えてみろ。 俺は、自分を美化するつもりはないが、これまでに、どれだけのお金を使っていると思う? そもそも、しまじろ〜や、梅ちゃんが、そこにいるのも、俺やK社長の資金があったからだろ? カンボジアのビーチ、琵琶湖で使っている機材も、全部俺たちじゃん。 いいか、そこで稼いだ金が全部利益じゃないんだぞ。 原価焼却、人件費等・・・、今の自分が、何故そこに立っているのかを考えてみろ。 まあいい、さっきも言った通り、今回の300ドル、それから、一応、ブログに、子供たちのことは書くけど・・・・ボランティアは、無理をしたら続かない、今の、できる範囲でいいんだよ。』

2015-09-10-10-28-11


梅ちゃん 『近藤社長・・・、すみません。 しまじろうには、よく言っておきますので・・・。 先日、しまじろ〜が訪問した先の、子供が死んだんですよ。 路上生活しているようなので、病気とか拾いますので、長く生きられない子もいますからね。 ちょっと感情的になってるだけなので・・・しまじろ〜も分かってるので・・・。すみませんでした。 もっと、ビーチの売り上げを増やせばいいんですけど・・・事は、昨年よりも人が多いので、頑張ります。』

 『そうか・・・。 俺も、状況が分かっているだけに、気持ちは分かるよ。 でも、知らない人に、自分の感情を押し付けて共感して金を出せって、変な宗教じゃね〜からなw  まあ、ブログには書いておくわw』

梅ちゃん 『近藤社長・・・、この現状を見たら、みんな、何かしたくなると思うんです。 でも、援助が何かと考えた時に、お金をいただくのも一つなんですが・・・、それよりも、カンボジアに、日本の企業や、経営者の方々に商売をして稼いでいただき、その一部を寄付していただいたり、ボランティア要員を出していただいたり・・・、そういう考え方はどうでしょう? 例えば、カンボジアのシアヌークビルに、日本の企業や、店舗を誘致するんです。 それなら、近藤社長も、声をかけやすいのではないですか?』

 『まあ、要するに、海外ビジネスで稼いでもらって、そこから、この国の為に少し助けていただく。 その代り、俺たちが、シアヌークで、開業できるように全面的にバックアップするってことだろ・・・。 まあ、行政関係、こちらの有力者と繋がりは太いから、開業の手伝いぐらいはできるけどな。 要するに、先日来ていた、I社長たちみたいな人たちの開業支援をすればいいんだろ?』

梅ちゃん 『まあ、そういう事です。 とりあえず、親日国であり、メイドインジャパンブランドであれば、人だかりができる国ですから、商売はやりやすいので、いろんな経営者に声をかけていただけるとありがたいです。 シアヌークで近藤社長の名前は、知られているのに、何故か、東京、大阪、北海道、九州の経営者は多いですね・・・・、名古屋の人たちが、意外と少ないんですよね〜・・・・、これって、近藤社長が力を入れてないからじゃないですかね〜・・・。 生意気言ってすみません。』

 『相当生意気だなw まあ、金を持っている欧米人の観光客も多いし、現地の富裕層もシアヌークに来るし・・・、ラーメンでも、トンカツでも、やれば売れるからな・・・・、カンボジアに、店舗を誘致するわけか・・・。 俺は、それよりも、まずは、人を連れて行って、現状を見てもらうことだと思うよ。 経営者が、この地に立った時に、何を思うか・・・・商売なのか、ボランティアなのか、はたまた両者なのか・・・。 とりあえず、来年は、第二回、近藤社長と行くカンボジアツアーを企画してみるか・・・w』

2015-05-25-23-36-47


そんなわけで・・・・・。

しまじろ〜は、12月後半のカンボジア体験の留学生、研修生を迎えに、今月半ばに、一旦帰国します。 

その時に・・・・。

たまりにたまったものもあるでしょうから・・・、ゆっくり話を聞いて、今後の方針を決めたいと思います。


image


しかし、まあ・・・。

今回の、しまじろ〜の言葉で、お金の価値というものを改めて考えさせられました。


M社長と会食で使った5万円×2人=10万円

一回、接待で飲みに出ると、20万〜30万円は使うわけで・・・・。

でも、これって、大きな企業の役員や富裕層のお客様を相手に、不動産業をやっていく上で、仕事に確実に直結しているわけですが・・・・。

確かに、この金額って、カンボジアで貧しい生活をしている人の姿を目の当たりにしている人から見たら、何やってんだ?アホかって話だと思うのです。

私は、一万円の価値を忘れることなく使っているつもりです。

昔、朝から晩まで肉体労働をして、汗と泥にまみれて稼いだ1万円の大きさを忘れていません。


一食数万円の食事もしますが、一食数百円の食事も美味しくいただきます。

接待交際費と、カンボジアの子供達に使う金額は大きく違いますが、どちらも無駄に使ってはいません。

ここを、理解してもらうのは、なかなか難しいんだろうな〜と思います。

2015-12-03-16-08-20


でも、カンボジアに行くと、私自身、自分は、普段、贅沢をしすぎだと反省をします。

私は、日本という国に生まれ、物心ついた時には、家にテレビも洗濯機も電子レンジもありました。

食事がなくて困ったことはありませんし、路上生活もしたことはありませんし・・・、義務教育というものを受け育つことができました。

カンボジアの貧しい人たちは、本当に困っていて、生きるために必死です。

義務教育を受けずに育つと、人は、どうなると思いますか???

日本に、自分の名前すら書けない人がいますか???

私は、カンボジアで、学校に行けない子供たちに、せめて、自分の名前と、英語のABCぐらいは書けるようにしてあげたいのです。

2015-12-03-16-08-26


私は、子供の頃、勉強が死ぬほど嫌いでしたが・・・、何という罰当たりなことをしてきたのか・・・正直、恥ずかしいです。

この子達は、勉強がしたくてもできないのです。

日本の経営者の皆様、富裕層と呼ばれる方々に、寄付をしてくれとは言いません。

でも、ご自身の目で、カンボジアという国を見ていただきたいです。


私が行く時にいっしょに来ていただいてもいいですし、単独で行くというのであれば、現地のスタッフに案内をさせます。

たぶん、ブログにどれだけ書いても、伝わらないと思いますが・・・百聞は一見にしかず・・・。

ついでに、アンコールワット観光や、海外ビジネスの視察をしながらでもいいので、一度でいいので、この国に行ってもらいたいです。

本日は、お金の価値 会食と寄付という題材で書かせていただきましたが・・・。

現代社会で、人が生きるということは、当然、お金がかかるわけですし、働いて稼がないことには生きて行けません。

先進国で不動産業をしていて、経営者や富裕層相手に大きなお金を動かし高価な会食や接待を仕事としている私がいて・・・、途上国へ行くと、カンボジアの子供達に勉強を教えたり、大勢で数ドルの食事を食べたり、子供達のために寄付をしたりする私がいて・・・、どちらも、私なのです。

今回、先進国と途上国の、金も人も引っ括めた中で、我々は、価値観の本質みたなものを、今一度考えて、見つめ直してみる必要があるのではないかと思い、今日のブログを書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


toshikazy at 16:22|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月27日

2008) 自分に投資をする、(海外不動産 研修 留学)

先日、海外に旅立った梅原から、超元気な声で連絡がありました。

夏の間、日本の琵琶湖で、マリンスポーツの仕事をしていた梅原は、1ヶ月の休暇の後・・・・・。

11月には、カンボジアの雨期が明けるので、今年も、シアヌークビルのビーチで、飲食業と、マリンスポーツ体験の営業をするので、11月中旬に旅立ったわけですが・・・・。

現在、プノンペンの各企業、知人、友人、各国の大使館等に営業回りをしています。


image


プノンペン市内のHISさんにも行ったんだな〜・・・。

あちゃ〜・・・・、イケメンの河北くんが、とんでもない姿で・・・・(T,T)

河北君・・・、梅ちゃんに近づきすぎると、〇〇が移りますよwww


そんなわけで・・・カンボジアの皆さん、ご迷惑をおかけしております。

こっちにも、元気いっぱいで電話がありました。


梅原 『カンボジア、相変わらず熱いっすよ〜w 気温じゃなくて・・・カンボジアの成長度合いと活気がヤバいくらい熱いんですよ〜w』

 『わかった、わかったw そういう梅ちゃんが、一番暑苦しいわwww 元気そうだな〜w』

梅原 『早速、大当たりして、お腹をこわしてますけど、元気っすよ〜www あっ・・・、近藤社長、〇〇さんが、一昨年、近藤さんの紹介で買ったプノンペン市内の〇〇地区の土地が、3,5倍で売れたので御礼をしたいとのことですよ。 早くカンボジアに来てください。 』

 『あはははw 俺のほうにも電話があったわw  あの土地は、プノンペンの不動産屋と、共同登記名義人を紹介しただけで、俺は何もしとらんよ。 投資をするかどうかも、捨てるつもりでやれと教えたし、損しても責任持てないし、リスクは高いぞって言ってあったのに、結局、買ったみたいで・・・・、無事に売れて良かったな〜w  儲かったのは、奴の判断力なんだから、礼はいらんって言っといてよ。』

梅原 『分かりました。 でも、近藤社長は神だってことになっちゃってるんで、そういうわけにはいかないと思いますよ。 何せ、〇千万円が、3.5倍ですから・・・・w  あとは、ネアリーさんが・・・・(省略)』

 『じゃあ、トパーズで、ワインとシャンパン飲み放題でいいよw  あとは、利益については、きちんと税金を払って、利益の中から、一緒に組んだカンボジアの兄ちゃんと、その家族、あとは、カンボジアの為に使ってあげてと言っといてw   ネアリーさんの件は、そっちの仕事の件はそっちでいいけど、日本からの輸出の件は、俺に連絡をくれるように言っといて。  仕事は、きちんと分けないといかん。 そういえば、梅ちゃん、お前・・・・もしかして・・・、うんこしながら話してないい?』

梅原 『バレましたか・・・・。 すみません・・・。  ケツ拭きたいので、後でかけ直します。 』

そんなわけで・・・・相変わらずの、Mr.梅原ですが・・・・・。


何か・・・・、カンボジアって、不思議な国です。 

当初、人材派遣の会社と、職業訓練校を作りに行ったはずが・・・、アジアの隠れ家的リゾート、シアヌークビルで、ビーチと海の家を借りて、マリンスポーツと飲食のビジネスをすることになったわけだし・・・。

そんなこんなんで、シアヌークで仕事をしていたら、いろんな方と知り合い、いろんな方向に話が広がり・・・、多くの日本人が来てくれまして・・・、ビジネスの立ち上げの手伝いをさせていただいたり・・・、騙された日本人の方が訪ねてきて、その人のお金を取り返したり・・・、日本人の知人と、政府、軍、警察を繋いであげたり・・・。

シアヌークのビーチで、仕事をしながら、いろんな方々の悩み相談窓口みたいになっていますが・・・・w

まで、でも、お世話をすることもありますが・・・、梅原も、カンボジア在住の皆様に、大変お世話になっているみたいですので・・・、持ちつ持たれつ・・・、新しい人たちと、古くからいる人たちや、カンボジアの人たちとの、架け橋的なことができればいいんですけどね〜・・・。

そんなわけで、カンボジア旅行の際は、海の家、SEA CHILDに遊びに来てやってください。


まあ、梅原の話は、つまんないので、これぐらいにしまして・・・。 

カンボジア 留学 海外


今期から、しまじろ〜が、海外研修と、海外留学の仕事をすることになりました。 

弊社の名古屋支店の三階で、Kz CHILDの代表取締役として、頑張っています。

自分が、カンボジアのビーチでした経験を、日本の若者たちにも・・・! 


そんな思いで始めたこのビジネス・・・。

2015-09-10-10-27-59


しまじろ〜は、自らの体験の中で得たものは、大きかった。

人、国に対する考え方・・・、知らない間に成長した、英語力と、コミュ力・・・・


自分が、日本に生まれたことが、どれぐらい幸せなことなのか・・・・・。

自分は、これから、どう生きて行くのか・・・・・。

2015-06-05-09-34-28


しまじろうが、肌で感じた事を、皆さんにも経験してもらいたくて・・・・。

名古屋市内の、大学や、若者が集まる飲食店に、カンボジア留学、研修の説明をしに、毎日、回っています。


しまじろ〜は、社長になり・・・。

ビジネスを始める前は、こんなに素晴らしい体験ができるんですから〜w、人なんて簡単に集まりますよwと、自信満々だったのですが・・・・。

価格も、大勢集めれば、安くできると豪語していたのですが・・・・・。

現実は、そんなに甘くない。  


近藤利一 カンボジア支援


内心、落ち込んでいるのでしょうが・・・・・。

しまじろ〜は、毎日元気に頑張っています。


とりあえず・・・、私は、在カンボジア名古屋領事館の推薦も取り付けてあげて・・・・。

K社長は、自分の娘さんたちの研修旅行を入れてくれて・・・・。

梅ちゃんも、知人友人に聞いてくれたり、いっしょに回ってくれたり・・・・。

キャプチャ


実際に、私やK社長が、もう少し力を入れれば、なんとでもなるのですが、今は、しまじろうの力で何とかさせようと、軽く援護射撃をする程度にしています。

私が、取引先や、協力会の社長たちに、カンボジアで研修、留学をやってるから、人を数人ずつ出してと言えば、何とかなるわけだし・・・・、大手の住宅メーカーや、不動産業者の研修や、旅行で使ってくれと頼めば来てくれるんですけど・・・・、それでは、しまじろ〜を代表にした意味がないわけで・・・・。

私も、K社長も、手を差し伸べたいな〜と言いながらも・・・、しまじろう〜を放置しています(笑)


しまじろ〜が、楽勝で、人を集められると思ったのには、根拠があるはずです。

そこは、口にした以上、頑張らないといけないわけです。

若い女の子なので、世間はチヤホヤしてくれます・・・・・、少しの努力で周りは過剰に助けてくれます・・・、普通の男なら、てめ〜アホかって言われるようなことでも、大目に見てもらえることもあります。

でも、実際に、自分が社長になり、やっていこうと思うと、世間は、若い女の子と言えども、そこまで甘く扱ってはくれません。

ここは、しまじろ〜にとって大事な時期で・・・・。

自分が、一生懸命営業をして、何人の生徒を、留学、研修に引っ張れるか・・・・。

給料をもらいながら、ある程度の運転資金や、初期投資もできる環境の中での甘っちょろい経営ではあるが・・・・、それでも、一つのビジネスを軌道に乗せるのは難しい。

恵まれた環境の中で、自己の能力不足を棚に上げ更に恵まれた環境を欲しがるのか・・・、知恵と人脈を使い今の環境を最大限に活かして拡大していくのか・・・・人が悪い言い方ですが、見てると面白いですwww

チヤホヤされて、自分の能力が高いと勘違いする、アホギャル経営者に成り下がるのか・・・、本当の意味での経営者として才覚が現れるのか・・・・。

正念場なのです。


2015-09-10-10-28-11


しまじろ〜は、今月いっぱい頑張って営業をして・・・・11月の初旬には、カンボジアに行きます。 

まあ、今のところ、泣きたいけど、泣かずに頑張っているようなので・・・・、頑張りぬいて、立派な経営者になると思います。 


可愛い子には旅をさせろと言いますが・・・・、この旅は、武者修行の旅w 

出資側は、しまじろ〜に金を投資をしているわけだし・・・・、しまじろ〜は、自分自身の労力と能力に投資をしているわけです。 

やりたいようにやらせるというのも、けっこう心配だし、俺やK社長も辛いわけですwww

もうじき、カンボジアに行ってしまう、しまじろ〜に・・・・ヒントをあげようと思います。

image


しまじろ〜・・・、何を悩んでいる?

お前には、素晴らしい仲間がいっぱいいるじゃん・・・・w 


不動産とか、マリンとか、留学とか・・・、みんな同じなんだと思います。

全ては、お客様第一主義・・・・相手の立場で考えて、相手の為になるように誠心誠意頑張るのみ。

それは、やがて回りまわって帰ってくる。 


つまり、自分の能力も高める為に、海外で生活して、留学や、研修をすることも、海外でビジネスにトライすることも、海外でボランティアをすることも、全ては、自分の為のようで人の為になるし、人の為のようで、自分の為になるんですよね〜。

人の為に頑張ることも、自分のために頑張ることも、どちらも、最終的に、自分への投資なんですよね〜。 

2015-05-25-23-36-47


私の場合は、日本では、不動産デベロッパーの代表として、お客様が幸せに暮らせる街づくりをしていきますし・・・、カンボジアの方では、カンボジアの人たちと、世界の人たちが、皆で楽しく遊べるビーチ&海の家づくりをしていきます。

人様の為だけに・・・なんて綺麗事は言いませんし、偽善と呼ばれても構いません。

でも、人様の為に頑張れば、必ず自分も良い事があると信じて頑張ります。

もちろん、自分の仕事だけではなく、海外投資や、海外不動産の事で、私を頼ってくる人たちには、できる範囲ですが、精一杯のことをさせていただきます。

不動産業も、海外支援ビジネスも、どちらも人を幸せにできる仕事だと思っています。

基本は、人が楽しければ自分も楽しい! 

知人、友人、家族、お客様・・・・、仕事、投資、遊び・・・・ とにかく、みんなで楽しく幸せに生きていきたいですねw 

私、K社長、梅ちゃん、しまじろ〜、この4人は、常に向上しようと頑張っていて・・・とても仲良しです。

この輪を拡大していくことが、我々の幸せであり、又、参加していただき、更に大きな輪になることが、皆さんの自分への投資であり、その先には、皆の幸せがある。

それが、カンボジアでも、日本人育成プロジェクトであり、私が求めている答えなんですけどね〜w


そんなわけで・・・、本日は、海外投資について書かせていただきました。 

本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner








toshikazy at 10:22|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月10日

1993) 海外人材育成プロジェクト 留学 研修 

読者の皆さん、こんにちは

今、世界の投資家が求めている不動産とはどんな不動産だと思いますか???

途上国の不動産が面白いですが・・・、この話は、今度にしましょう・・・・(笑)



今、世界の企業が求めているのは、どんな人材だと思いますか? 

小さな頃から英才教育を受けて育った高学歴の人が求められているわけではありません。

現代社会、世界の企業が求めているのは、高い特別な能力を持っている人材なのです。

そして、その高い特別な能力とは、世界に通用するコミュニケーション能力なのです。

皆さんが、その能力を身につけて・・・・・、人生は楽しい!と胸を張って言えるように・・・・。

この度、海外人材育成プロジェクト 留学 研修プログラムを作成しました。 

そして、日本でごく普通に育っただけでは得ることができない、特別な能力を身につけることができる、3つのミッションを作りました。


2015-09-09-00-06-45

(スマホ版)

K'z child 海外体験プロジェクト

キャプチャ

(PC版)

K'z child 海外体験プロジェクト


このプロジェクトを始めるきっかけとなったのは・・・・・。 

今年の春の会食の場の話です。

大手住宅メーカー役員M氏と、不動産デベロッパー代表の私・・・、T自動車の関連企業の役員Sさんと・・・・。

3人でイタリアンを食べながら、何故か人材育成の話になり・・・・、彼らが、最近の若者は・・・なんて話になってきたので・・・。

私は、酒が不味くなると思い・・・。


 『Mさんも、Sさんも・・、御二方とも、それなりのお立場にいらっしゃるわけで・・・、ここでグダグダ愚痴を言っていても何も始まらないですし楽しくないじゃないですか。 そんなくだらん話なら、錦のお姉ちゃんの話をしていたほうが、よほど楽しいじゃないですか。  基本今の子は、恵まれ過ぎた環境と、間違った人権を教えられて育ってるんですから・・・。 御二方とも何千人規模の会社の役員なんだから、新入社員を教育されたらどうですか?』

Sさん 『そうですね。 美味しいジャンパンと、美味しい料理の前で愚痴はやめましょう。』

Mさん 『いえいえ愚痴ではないですよ。 近藤社長が、恵まれ過ぎた環境と間違った人権とおっしゃりましたが、その通りだと思います。  私が中国に赴任していた頃の話ですが・・・・・・(以下省略)』

Sさん 『今、我々、日本の企業が求めている人材は、学歴でもなく、世界中どこへ行っても生きて行けるようなコミュニケーション能力と、強い精神力を持っている人なんですよね。 例えば、近藤社長のような・・・・あははははははw 私は、まだ数回しかご一緒させていただいておりませんが、対人能力高いですよねw』

 『いえいえ・・・・。 まあ、でも・・・、言われてみれば・・・・。 御二方のように学歴はないですし英語も苦手ですが、世界中どこへ行っても、対人という部分で困ったことはありませんね。  海外で複数人相手に喧嘩して、汚い病院で入院した経験のある人は少ないと思います。 海外では、日本人は、なめられてますからね〜。高い、安い、要る、要らない・・・、相手が横柄なら怒ればいいし・・・、楽しければ笑えばいいし・・・、喜怒哀楽、日本と変わらない対応をしています。』

Mさん 『それ、大切な事ですよ。 とは言っても、うちの会社には近藤社長のような人材はいません。 商社の連中は、上手に渡り歩いていますが・・・それも、40代以上の連中であって、若い子が活躍をしているわけではありませんからね。  世界に通用するコミュニケーション能力の高い人材が欲しいです。』

Sさん 『まったくです。 近藤社長、世界に通用する日本人を育てるという意味で、塾や学校を作られては如何ですか?』

 『いえいえいえいえ・・・。 机上の空論ですよ。 恵まれた環境の中で、勉強会をしていても、身に付かないでしょうね。  実際に、海外に行って、言葉も通じないところじゃないと、育成できないです。 今、しまじろうってのが、カンボジアのリゾート地の海の家で働いてくれているのですが・・・、行ってから1カ月ですが、世界中の英語の癖をつかんで、コミュニケーション能力も高くなったし、めちゃくちゃ急成長しているんですよ。』

Sさん 『なるほど・・・。 要するに、途上国のリゾートへ放り込んでしまうってことですか? それは、生長するでしょうね〜w しかし、日本人が、途上国で生きて行けるのですか?』

 『大丈夫ですw 一応、住むところは安全な場所、食べ物も安全な物を用意して・・・、あとは、海の家で働いてもらうわけですが・・・、世界中からいろんな人が来ますし・・・、現地の子供たちも、大半が学校に行ってないので海の家に遊びに来るので、英語力を身に付けながら、ボランティアみたいな事もするわけです。』

image


Sさん 『英語力は身に付くの分かりますが・・・、ボランティアと言うと・・・・・。 どのような・・・・。』

 『ほとんどの子は、学校にも行ってないので・・・・、そういう子たちは、うちの海の家に遊びに来たり、物を売りに来たりするんですよね。 そういう子たちに、数字や、簡単な英語や日本語を教えてあげたり、砂浜でサッカーや野球を教えてあげたりするのです。 これも、強制してわけではなく、毎日、フラフラ遊びに来るので、自然に仲が良くなって、意思の疎通を取るために自然に言葉を教えるようになるんですよ。』

Sさん 『なるほど・・・。 それはそういうものかもしれないですね。 言葉の通じない人と人が毎日顔を合わせていたら、自然にそうなりますわな〜・・・・。 養育を受けていない子たちに、英語や日本語を教えるというボランティアか・・・・・、なるほど・・・ 素晴らしいです。』

Mさん 『うちのバカ息子も、イギリスなんぞに行かせないでカンボジアへ行かせればよかったですわ。』

 『それは、そうですよ。 うちの、しまじろうだって、話せるのはイギリス英語・・・、でも、リゾート地では、英語が苦手な私のほうが、意思の疎通が取れます・・・、それは、世界各国の英語は、それぞれ癖があるからで・・・、いろんな国の英語を聞いたほうがいいですよ。 イギリスに就職するなら、イギリスでいいんじゃないですかw』

Mさん 『うちのバカ息子、来年帰ってくるから、近藤さんのところに行かせようかな〜・・・。世界に通用する特別なコミュニケーション能力が身に付きそうですね。』

Sさん 『うちは、娘だから、少し心配だな〜・・・。』

 『何を言ってるんですか・・・、しまじろうってのは、女の子ですよ。 』

2015-06-05-09-34-28


Sさん 『えっ・・・・。 そうんなんですか???』

 『写真左が、ゴリラで・・・・右の女の子が、しまじろうです・・・・。』

ということで・・・・今年の春ごろ、名古屋の某イタリアンレストランで、こんな話をしていました・・・・。


この話は、ここで、立ち消えたかに思われたのですが・・・・・・・・。

しまじろうが・・・・6月にカンボジアから帰ってきまして・・・・・・。  

 『おかえり・・・w  これから、どうするつもりだ??? 前の仕事やめちゃったんだろう? またカンボジアに行くか、別の職を探すか・・・・・。

しまじろう 『近藤社長・・・・、カンボジアでお世話になった人たちに、また帰ってきますと約束をしました。 それに、カンボジアに、まだやり残したことがいっぱいあるので、雨期が終わったらカンボジアに戻ります。』

 『あはははw やり残した事か・・・・、言わなくても分かるよ。 あの国は、そういう国なんだよw 自分がやりたい事がいっぱいあるだろうw』

しまじろう 『はいw でも、私一人では、たいして何もできないし変わらないので・・・、日本人の人たちに、カンボジアの魅力を知ってもらいたいですし・・・・、自分自身も向上できると思います。』

2015-09-10-10-28-11


 『しまじろう・・・・、これからの社会、世界の企業が求めている人材は、どんな人材なのか分かるか・・・・・・。  しまじろうみたいな、コミュ能力が高く、世界中の人たちと打ち解け仲間になれる、特殊なコミュニケーション能力なんだ・・・、カンボジア、シアヌークの海の家で、しまじろうがやってきたように、働いたり・・・、ボランティアをしたり・・・みんなで遊んだり・・・、自己啓発してみたり・・・、そんな日本人を募集しよう。 』

しまじろう 『どういう意味ですか???』

 『よしっ・・・。 留学っていうのか、研修って言うのか・・・、ケース チャイルド海外人材育成プロジェクトだ・・・・。  海外で働く、ボランティア等をして、世界に通用する日本人の育成をするんだ。 じまじろうが、自分でしてきた体験を、みんなにもさせてあげようよ。 カンボジアのビーチは、めちゃ楽しいし、来た人は絶対に向上できるw  あとは、任せた・・・・。 頑張れw』

しまじろう 『はい。 やってみます。 近藤社長が、私にしてくれたように、安全なマンションの用意と、注意事項を規則として厳守し、ビーチで働いたり、ボランティアみたいな事をしたり・・・・。 そういう経験、体験ができるような企画をやればいいんですよね〜? でも、事業とかやったことないし・・・。』

 『まあ、そういう事なんだけど・・・。 俺のようなジジイが口を出すより、若い感覚がいいと思う。 しまじろうの好きなようにやってみろ。  人間、目と耳と口と、やる気があれば、何でもできるから、自分でプロジェクトを立ち上げてやってみなよ。  日本とカンボジアの交流の意味も含めての留学、研修・・・ K’s child海外人材育成プロジェクトだw』

しまじろう 『それから・・・、カンボジアでビジネスをやりたいって人とかも、けっこういるのですが・・・そういう方々のサポートもいっしょにしてもいいですか?』

 『だから・・・任せたって言ってるだろ〜・・・。 俺は、やりたくても忙しくてできないんだよ。 しまじろうは、人柄、責任感、行動力、コミュ力、すべてにおいて合格だから、俺がケツを拭くから好きにやってこいって意味だ。 世界に通用する日本人育成・・・頑張れw』

2015-09-10-10-27-59


そんなわけで・・・このプロジェクトが始まりました。 

カンボジアのビーチで働いたり・・・、現地の子供たちとふれあいながら英語や日本語を教えたり・・・、それにより、身に付く、コミュニケーション能力、英語力、ボランティア精神、根性・・・他、1ヶ月でも、2ヶ月でもいいので、自分を変える旅にでてみませんか??? 

しまじろうの企画なので、詳しくは、わかりませんが・・・。

このホームページを見る限り、私の意志は伝わっていると思います。

各プログラムを、ミッションとして、クリアできるようになっていますね。


2015-09-09-00-08-29


ホームページを見たかぎり・・・・。

ケツを拭くとは言ったもの・・・・。

ただ、心配なのは・・・・、しまじろうに、赤字にならないようにって言い忘れました(笑)


まあ、そこは、たぶん何とかなるのでしょうね。

2015-01-16-17-11-50


カンボジアのビーチは、世界中から人が集まるアジアの隠れ家的リゾートですから・・・・、人がいっぱいいるので、現地のマリンスポーツと飲食の売り上げでなんとかなるのかな〜???

SEA CHILD カンボジア代表の梅ちゃん・・・、頼りにしています(笑)

まあ、運営できればいいので・・・、とにかく今は、日本人の海外育成プロジェクト優先で・・・引き続き海の家の経営を頑張ってもらいましょう。

任せた以上、口を出したらあかんので・・・・・。

ということで・・・・本日は、海外人材育成プロジェクトの話でした。


本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票と・・・、海外人材育成プロジェクトを見ていただきたくお願いを申し上げ、失礼させていただきます。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、必見・・・詳しくは、お気軽にお問合せください。 


2015-09-09-00-06-45

(スマホ版)

K'z child 海外体験プロジェクト

キャプチャ

(PC版)

K'z child 海外体験プロジェクト



toshikazy at 11:02|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック