不動産 老後

2014年09月29日

1853) 企業と地域の人々の関係

今週も始まりました

朝晩は、寒いぐらいですね。

そろそろ薄い布団から、、冬布団に変えると温かく気持ち良く眠れます。


そんなわけで、本日は、企業と地域の人々の関係というテーマで、取引での実体験を混ぜてブログを書かせていただきたいと思いますが・・・・、その前に、ブログランキングが、またまた2位と近づいてきましたので、下記の人気ブログランキングのバナーを、クリックしていただけるとありがたいです。

開いた人気ブログランキングのページの一位にあります、素人さんの為の不動産学校をクリックして、このブログに戻っていただけます。


人気ブログランキングへ

ありがとうございます・・・感謝申し上げます・・・


さて・・・今日のブログです。


早朝7時・・・・・ 私は、まだ夢の中・・・・・。

一本の電話が・・・・私は、24時間電話を取れる体制になっているので、飛び起きて電話を取った。

近所のお婆ちゃんが、電話をくれました。 

お婆ちゃん 『社長、おはようさんw  イモ掘ったから食べんか???』

早朝7時に、起こされて、芋の話・・・・・。 

 『おはようございます。 芋ですか・・・・。 こんなに早くから電話しないでくださいよ。 まだ寝てるんですから・・・・・・。 昨日寝たの3時ですよ。 お婆ちゃん、80過ぎのご高齢なんだから・・・・死んだかと思ったじゃないですかw』

お婆ちゃん 『何を言っとる戯けが・・・まだ死なんわ。 それより、若い者が、いつまでもだらだら寝とったらあかん。 もう7時すぎとるだろ〜。 私は、畑行って芋掘って帰ってきて、食べる分を洗って、朝ご飯食べてTV見とるわ・・・・。 あんたの分もあるで、取りに来や〜。 何だったら、持ってったろか???』

 『うむ〜〜〜。 持ってきてもらうのも申し訳ないので、8時ぐらいに取りに行きますよ・・・・・。』

そんなわけで・・・・・・、起きてコンビニに行って、スイーツを買って、お婆ちゃんの家に行きました。

うわっ・・・すげ〜・・・、山盛りの薩摩芋・・・・、それとは別に、私に渡す用の芋が2袋ありました。

1袋は、食べると美味しい、普通サイズの薩摩芋で・・・、もうひとつは・・・・・・・・。 

2014-09-28-09-49-02


何じゃこりゃ〜・・・・・・・・ 巨大薩摩芋・・・・w

写真で見ると、そうでもない感じがしますが、実物は、めちゃくちゃでかいです。

 『これ・・・・どうやって掘ったの??? 特大芋4連じゃん・・・・こんな重い・・・腰悪くするぞ・・・・。』

お婆ちゃん 『これぐらいの芋が持てなくなったら・・・、その時は、天国からお迎えが来たときだわ・・・・あはははははははw』

 『お婆ちゃん、若いですよね〜w  俺でも、この4連芋を無傷で掘り出すのは厳しいと思いますよ。 本当に、すごいな〜・・・・。100歳超え確実ですねw』

お婆ちゃん 『あはははw  まだ、子供も2〜3人産めるかもしれんな〜・・・あはははははw』

 『あははははw 産めそうですねw  確か、今年、曾孫が生まれたと言ってましたけど・・・・、曾孫と同級生の子供になっちゃいますよw』

お婆ちゃん 『子供は、欲しくても相手がおらんで、紹介してちょうだいwww』

そういう問題ではないと思うのだが・・・・・・・・・・。

そんなこんなで、冗談話をして・・・・・お婆ちゃんのご家族に挨拶をして、コンビニスイーツを渡して出社しました。


芋の件は、ありがたいのですが・・・・ちょっと有難迷惑なんですけど・・・・・・・。

でも、久しぶりに、お婆ちゃんの元気な姿を見ることができて良かったです。


実は、このお婆ちゃんには、私が駆け出しの頃、大変お世話になった地主さんでして・・・・。 

昔、土地を売ってもらったことがあるのですが・・・・・・。 

土地の売却の際に、お婆ちゃんが死んでも売らないと頑張りまして・・・・、ご家族から攻めたのです。

息子、娘、息子の嫁、孫を説得しておいて・・・・お婆ちゃんを切り崩しにかかったのですが・・・・・。

売っていただきたかった土地は、『自分が嫁いで来たときから姑に任された土地で、ずっと畑をしているから、この土地だけは、死んでも売らない!』と抵抗していたのです。 

私も、ある企業から頼まれて、引くに引けない仕事だったので、あの手この手で頑張りました。

最後は、『近所や家族の嫌われ者になりたくないから売る。』と言って、承諾をしてくださったのですが・・・。

仕事とはいっても・・・・、何となく、可哀想で・・・・申し訳なくて・・・・。

私は、その時に・・・・・、別の土地を用意して、お婆ちゃんの畑の土の表層50センチを移設して、同じ土の畑を用意したのです。 

その気持ちが通じたのか・・・、仲良くなってしまいまして・・・・・。

それから、いろんな野菜を持ってきてくれたり、取りに来いと連絡をくれたりするのです。


でも・・・、畑の移設というのは難しい・・・。

移設当初は、小さな野菜しかできなくなってしまいました。

そして、毎年、少しずつ、良い畑になってきて・・・・・・。

年々、お婆ちゃんから頂く、いろんな野菜が、立派な野菜になってきました。

畑の移設から10年以上経った今・・・・・・、今回頂いた芋は、立派すぎますけどね・・・・(笑)

同じ土を移設しても、元に戻るには10年以上かかるってことです。

お婆ちゃんは、移設後、1度だけ、前の畑の時よりも野菜が取れなくなった事を口にしましたが、それ以来、一度も口にせずに、ずっと畑を耕してきました。

そして、毎年、キュウリやトマト、オクラ、薩摩芋等、いろんな野菜をいただきますが、近年、本当に立派なものになってきました。


今まで、口にしたことはないですが、ブログに私の気持ちを書きたいと思います。


今、お婆ちゃんのおかげで、売っていただいた土地の上に工場ができて、多くの人が働いています。

工場ができて地域の雇用が増えましたし、会社から地元自治会に高額な自治会費が入るようになり、地域の神社も治すことができたし、お祭りも華やかになりましたし・・・近くにコンビニもできて、街の活性化に繋がりました。

10年前、私は、どうしてもこの仕事を成功させなくてはいけなくて・・・・。

本当に嫌な思いをされたと思います。

それを、畑の移設という条件で、土地を売っていただき、心から感謝しています。

お婆ちゃんは、移設を喜び、私と仲良く接してくれていますが、本当は、仕方なく移設で納得してくれた事は知っています。

その節は、いろいろと迷惑をかけてしまいました・・・ごめんなさい。

あの時に移設した畑で出来た野菜は、年々美味しくなっていきます。

もう、昔の畑に戻りましたか?

私は、スーパーの野菜より全然美味しいと思いますが、お婆ちゃん的にはどうなんでしょう?

これからも、美味しい野菜を頂きに上がりますので、ずっと元気でいてください。



そんなわけで・・・・・、この薩摩芋を食べたいと思いますが・・・・・・・。

お婆ちゃんは、食べるように小さめの芋を、美味しいと奨めていましたが・・・・、私は、お婆ちゃんが、大変な思いで引っ張りぬいたであろう、この大きいほうの芋も食べるつもりです。

2014-09-28-11-46-19


しかし・・・、このデカい芋を・・・・・どう料理したらいいのでしょう??? 

子供の頃、米の籾殻で焚火をして、その中に放り込んでおいたら、美味しい焼き芋になるのでしょうけど・・・・、今時は、近所迷惑になるし・・・・やったらいけないのでしょうね〜。

うむ〜・・・、鍋に入らないし・・・・真面目に、どう料理しようか悩んでいます。

ということで・・・ 本日のブログは、企業と地域の人々の関係について書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

人気ブログランキングの投票をお願いします。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  


ゆるキャラグランプリ 投票お願いまします ちよっぺん


ゆるキャラグランプリの投票は、
こちらです。


2014年09月11日

1842)相続人の遺品整理と私の倉庫整理

今年の春に亡くなられた地主さんの奥様から電話をいただきました。

なくなる前に、相続対策をしっかりとしておいたので、相続税は0にすることができました。

そのお礼なのかどうかは別として・・・・。


菓子といっしょに手紙をいただきました。

昔の人は、皆さん、字が上手いな〜と・・・・・思いながら・・・手紙を読むと・・・・・。

半年かけて、やっと遺品整理ができたということでした。

手紙には、詳細が書かれていましたが、便せん5枚もあるので、省略すると・・・・・、

部屋にあるもの、物置にあるものを、ひとつひとつ手に取り、必要な物、捨てるもの、家族にあげるものを分けたそうですが、遺品の一品一品に、思いでがあり、ほとんど捨てられず残したということでした。

そして、丁寧な文章で、お礼が書かれていました。

その手紙を最後まで読み終えた時に・・・・・思った事は・・・・。

結婚して50年以上も経っているのに、旦那さんの事を愛していたんだな〜・・・50年分の整理か〜いろいろな思いが込み上げてくるんだろうな〜ということと・・・。

何故か、うちの会社の物置も10年以上、きちんとした整理はしていないな〜という事を思いました。



よしっ・・・俺も、10年ぶりに倉庫&物置整理をしようと思いまして・・・。

やろうと思って、物置を空けたのですが・・・・旗、看板、ステッカー等、分譲の販促品・・・私の、自転車、ゴーカード、スキー、スノボ、ペットのサークル、水槽、その他、置物や人形、日用品や、工具、草刈り機や、土木関係の道具等、ぐちゃくちゃに入っていて、見ただけで嫌になったのでやめました。

特に、販促品が、古いもの新しいのもグチャグチャになっていたので、それを見た瞬間、ヤル気をなくしました。

うむ〜〜〜、営業も、忙しいしな〜・・・俺も、これをやりだすと3日ぐらいかかりそうだしな〜。

うむ〜・・・よしっ・・・3日分の仕事を1日で終わらせるには、奴しかいない・・・。

アジアで虎の戦い方を研究し・・・、カンボジアのジャングルで、コブラと戦い・・・メコン川の水を飲んでも下痢しない最強の日本人が・・・・、今、日本に帰ってきてるはずだ・・・・・、

ということで・・・。


HEY Mr.梅ちゃん・・・

Please help me

2014-09-08-16-41-49


ガオォォォーーー! 

そして・・・彼は、アジアのジャングルで戦うだけでなく・・・、居酒屋で欧米人と戦った事もある。

アジアが生んだ、最強の戦士・・・・梅ちゃんw

BlogPaint


私も、そこらの奴には負けんが、梅ちゃんには勝てる気がしない・・・・。

彼は、どんな強い相手だろうが・・・勝つ!   戦い方を知っている。

未開のアジアのジャングルでの野獣との戦い方は、彼が一番得意とする分野。

2014-09-08-16-40-59


聞くところによると、この化粧で挑めば、ジャングルの虎も、カンボジアの道路を横断している牛も、小便ちびって土下座するらしい・・・・・。

うむ〜・・・・私の知る限り、最強の戦士! 

梅ちゃんに電話をすると・・・速攻来てくれて・・・・。

会社の物置から、全部の物を放り出しながら尋問されて・・・・必要な物と捨てる物に分けた。

そして、捨てる物を一カ所に山積みにして、私の私物を物置に片付けた・・・・・。

そんなわけで・・・私だったら、3日かかる、倉庫整理を・・・・・・・。

2014-09-07-18-23-08


所要時間1時間弱・・・・。

まずは、私の私物を物置に・・・・・・整理完了。

それが終わると、倉庫に持って行く物を、どんどん軽トラに積み上げて・・・・運び・・・・。

倉庫の方でも、仕分けして・・・・捨てる物を別の場所に運びながら・・・・、本社の物置から倉庫へ走った。

津島、弥富を往復3〜4回走った。

2014-09-07-18-22-42


ここは、倉庫内、販促品エリアとして、片付けた・・・・・・。

段取りとスピードは素晴らしい・・・・・・。

日本の倉庫整理は、安全かつ簡単らしい・・・・、カンボジア国内では、田舎の古い倉庫や物置を整理整頓しようとすると、サソリが出てきたり、ヘビが出てきたり、毒蜘蛛もいたりすることもあるとか・・・・・。

そういう意味では、日本は、カンボジアほどではないらしく、サソリはいないし、ヘビや毒蜘蛛の数も少ないということで、倉庫整理の作業が捗るとのことだ。

それよりも何よりも・・・・、とにかく仕事が早い・・・・。 

そんなわけで・・・・梅ちゃんは、十数年、まともに整理していなかった倉庫を、1日足らずで片付けてしまいました。


うむ〜・・・・、冒頭で、何となく倉庫整理をしたくたったと書きましたが・・・・、何故、整理がしたくなったのか、ブログを書いているうちに分かってきました。 

そういえば、今回手紙をくださった奥様の旦那さん・・・、つまりは、亡くなられた方の相続対策をしている時に・・・・、旦那さんが、『相続の対策はしたけど・・・、細かい物の相続しておかないと、残された者は大変だからな〜。』と言っていたのです。

正直・・・、その時は、そういう事を全く考えずに、財産の相続の事ばかり考えていました。

相続対策は完璧すぎるほど、きちんとしましたけど・・・・・、遺品整理のことまでは考えていませんでした。

そして、頂いた奥様からの手紙に、遺品整理のことが書かれていたので、何となく整理整頓をしたくなったように思います。

それで・・・・・、やはり、普段から、ある程度は、整理整頓をしておこうと思い・・・・、十数年、ほとんど片付けをしていなかった物置と倉庫を片付けようと思ったわけです。

遺品整理というわけではないですけど・・・・私物と、会社の物を分けられたのは本当に良かったです。 


とは言っても・・・・・私は、物を選んだだけで、梅ちゃんが片付けてくれたんですけどね。

梅ちゃん、ありがとう

そして・・・・・。

全くの別件で、そろそろ整理整頓して、決着をつけないといけない仕事もあるので・・・・・今月中には、決着をつけたいですね〜・・・(独り言w)

そんなわけで、本日も読者の皆さまにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

人気ブログランキングの投票をお願いします。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  


ゆるキャラグランプリ 投票お願いまします ちよっぺん


ゆるキャラグランプリの投票は、
こちらです。


2014年03月18日

1759) 老後の選択(不動産)

最近、地主様や、お客様から、老後の事を相談されることが増えました。

特に、お婆ちゃんから・・・、旦那様が亡くなった後・・・、子供たちは遠方だし・・・・、一人で住むには、大きな屋敷だし・・・・どうしたもんかね〜?なんてことを相談されるのです。

とは言っても、この手の相談は昔から多かったのですが・・・・最近は、特に多くなった。


これは、少子高齢化&人口減少・・・、そして田舎町の過疎化が原因なわけだが・・・・。 

まあ、今更、そんなことを言っても始まらないし解決する訳でもないのだがら・・・・何がどうなって、こういう相談をされる方が増えたのかは置いといて・・・・・。


私は、この手の相談を受けると、こういう回答をする。

 『子供たちが跡を継ぐ気がない、戻ってこないのであれば、全部売っ払って、一旦現金化して、まずはお婆ちゃんの住まいと生活費を確保しましょう。 そして、次に、相続税対策も兼ねて、なるべく利便性が良いところに、アパートかマンションの一棟売りを買って、年金と不動産収入で悠々自適な生活をしましょうw』

そして・・・・都会のマンションを勧めます。

失礼な話ですが、お婆ちゃんが亡くなられた後、相続人がすぐに売却か賃貸できるような、マンション一室を買うように勧めます。

私は、老人ほど、便利な場所に住むべきだと思うんですよね〜。 

マンションの玄関を出たら、エレベーターに乗れば一階に行けるわけだし、便利な場所であれば、近所に何でもあるので、快適な生活ができるわけだし・・・・・。

それでも足腰が弱くなって外に出ることが厳しくなってきたら・・・・購入したマンションを、ポ〜ンと売って、そのお金で老人ホームに入るか、息子や娘のところに行けばいいわけで、8LDKぐらいの大屋敷に1人で住むよりも、将来的に絶対に良いと思うんですけどね〜。

ここまでブログを読んで、読者の方の中には、ご先祖様から頂いた家だぞ!そんな簡単に長年住んだところから引っ越せるわけないだろうと思われる方も沢山いらっしゃるんでしょけど、よく考えてみてください。

例えば、敷地面積500坪の大屋敷に住んでいる・・・、その他、土地も持っている・・・・。

でも、子供たちは帰ってこないし・・・・自分が死んだ後は空き家になるだけ・・・・・。


私は、売って、マンションや小さな家を買い、新しい新しいライフスタイルに変えたほうがいいと思うんですよね〜。

まあ、慌てなくてもいいんじゃないかという意見もあるのですが・・・、現在、少子高齢化、人口減少、都市集中化が加速する中で、基本的に都市から離れるほどに、不動産の需要が少なくなり値下がりをしているわけで、私個人の意見ですが、早いに越した事はないと思う訳です。

ドーナツ化現象の逆に、人口が減り、1、3人という少子化により、田舎の家が余り都市に集中してきているわけですから、都市部の価格は上がっても、田舎の不動産の価格は、基本的には下がるわけで・・・・現実、田舎の過疎化、土地の値下がりは、都市部から遠いところから、近いところに、どんどん進行してきているわけです。

たぶん、こんな話は、皆さん知っているとは思いますけどね。

売れなくなったり、二束三文になってから売るよりも、需要があるうちに売ったほうが良いのです。

そして、早期に売る事で、そこが住宅街になれば、新築で家を建てる人たちがいるわけで、そうなれば何十年も住む訳ですから、部分的ではありますが、過疎化して、大屋敷が空き家になって残ってしまうようなことはなくなるわけです。

時は流れ、時代は変わりつつあります。

今のうちに、売れるところは売って、資産を整理整頓することが必要な時代だということです。
 



それが・・・理解できない・・・・、頭では理解をしていても、行動に移せないという人は多い。

まあ、戦前の制度から、農地解放で戦後の制度に変り多くの土地を取得し、それが高度成長で大きな資産になった・・・、もしくは、戦前には、地域の大地主として莫大な資産を持っていて、戦後にタダ同然に小作人に売り何とか残った大切な試算・・・・、どちらにしても、その資産である、大屋敷や土地を手放すには勇気が必要です。

私は、地主さんと呼ばれる方々に、いつもこんな話をするわけですが・・・・、この話が理解できるのは、半分ぐらいです。

そして、実際に行動に移せるのは、理解した方の中で1割程度・・・・、つまり、話をした方の5%・・・、20人に1人ぐらいしか、資産の整理整頓ができないわけですが・・・・、私が提案、もしくはコンサルをした通りに、勇気を出して整理整頓した方は、全員、良かったと言ってくれています。

理解をしていても、現実的に、できないという人がほとんどなんですけどね〜・・・・・。


先日も、大地主さんってわけではないですが、資産家の娘さん夫婦と、こんな話をしました。

そして、昨日も、大地主さんの奥様と、このような話をしました。

たぶん、両者ともに、実際に整理整頓することはなさそうです・・・・・(残念)


さて・・・・・話は変わりますが・・・・。

読者の皆様、私が以前に書いた本、【満足する家を買いたいならこうしなさい】を覚えていらっしゃいますか?


当初から、なかなか好調でしたが、最近は、ベストセラーランキング、住まい部門50位〜100位ぐらいのところをウロウロしています。

ベストセラー82位


以前、本は、もう書きたくないとブログに書き講演でも話しました。

これまで、出版社からのお誘いも、全て断ってきましたが・・・、最近、正直・・・・団塊世代の方に向けて・・・、ちょっと書いてみようかな〜という気持ちになってきました。


次は、 幸せな老後と不動産というようなテーマで書いてみたいです。    

私の予想では・・・・、現在、日本の不動産の7割〜8割は、団塊世代の方々が所有していらっしゃると思うのですが、その方々に向けて、不動産との付き合い方や不動産の整理整頓、上手な相続対策等・・・、特に、不動産を多く所有していることが大切なのではなく、必要以上に不動産は持つべきではないという話や、所有するならお金を生む不動産を持たなくてはいけないということを、団塊世代の方、団塊世代の親を持つ方々に伝えたいのです。

ブログや本は、多くの方に、一度にコンサルできるわけですから・・・・

まだ、決めたわけではないですけどね・・・・。


そんなわけで・・・・本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック









toshikazy at 03:36|PermalinkComments(33)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote