近藤利一 不動産コンサルタント

2021年01月13日

吉村知事 ガラスを突き抜けた発言について(No.2478)

吉村知事 『560名の、一挙にガラスの天井が突き抜けた』 蓮舫議員はっ?』

誤字だらけのブログを書いている私としては、人のあげ足をとるのも好きではないのだが・・・・さすがに、この使い方は、まずいんじゃないの?と思うのでブログネタにさせていただきます!

IMG_4251


その前に、私は、どちらかというと右寄りの思想なので、蓮舫氏の味方をする気もさらさらないが・・・。

私が、ガラスの天井という言葉を知ったのは、米国のヒラリー氏が、大統領選に落選した際に・・・。

ヒラリー氏 最も高く硬いガラスの天井は、打ち破れていない。 (もしくは、打ち破れなかったと解釈してもいいかも・・)しかし、いつか誰かが、我々が考えているより早く打ち破るでしょう。

と・・・、自身が女性として、大統領になれなかった事を、ガラスの天井という言葉を使い・・・
、この言葉を聞いた女の子たちに、様々なことに挑戦する権利がある!という事を伝えた名演説です。

私は、ヒラリー氏の、この名言が好きで・・・。

要するに、実力があっても、女性であったり、社会的少数派であったりするために、ある一定のところ以上は、出世できない壁があり、その壁の事を、ガラスの天井と例えたわけで・・・、私は、見えているのに、その先に行けなかったけど、近い将来誰かが行くから、皆、可能性があるんだよ!というように解釈していた。

ウィキペディアにも、資質・実績があっても女性やマイノリティを一定の職位以上には昇進させようとしない組織内の障壁を指すと書いてあります。

IMG_0230






それを大阪府の代表である吉村洋文大阪知事が、560名の一挙にガラスの天井が突き抜けた!と表現しちゃったわけで・・・。

新型コロナウイルスが、ガラスの天井を突き抜けて、最高新記録を超えた事と、ヒラリーの名言を、同じレベルで使ったというのは、とても腹立たしい!

蓮舫氏の、はっ!というのは、私も同じ事を思う。

まあ、蓮舫氏と考え方が同じだったのは、人生初のことだが・・・今回の件だけは、蓮舫が正しい!笑


蓮舫氏は、見ている限り野心家だと思うので、何らかガラスの天井という言葉には、時に敏感だったんだと思うし・・・そういう意味では、私も、生まれも育ちも、一般家庭なので・・・、経営者として、日々、ガラスの天井的なものを感じながら生きているので、私も、はっ? 何言ってんの?って思ってしまいました。

吉村知事は、蓮舫氏、他の指摘に対して・・・「その意味で使っていない・・・いつ割れてもおかしくない状態を『ガラス』に例えただけ」というような事を返したようだが・・・。

言い訳とか、反論はいらない・・・『素直に、使い方を間違えました。』と言った方が、人として信用を得られたと思う。

つまり、何か、間違いをおかした際に、こうやって逃げる人間なんだな〜ということが、よく分かったというか・・・完全にメッキが剥がれたな〜と思った。

言い訳は、いらんから・・・素直に、無知な事を認めて、勉強になりました!と言った方が、カッコいいのにな〜・・・残念!

何にしても、コロナウイルスが記録を更新した事を、女性やマイノリティーが夢や偉大な目標を達成したのと、同じにしてほしくはないな〜と・・・。





読者の皆さんは、吉村知事のガラスの天井の件、どう思われましたか?

普段、こういうので、あまりヒットしないのですが・・・なんか、今回は、イラっとしました。

吉村知事は、実力も、やる気もあり、頑張り屋さんだと思いますので・・・、近い将来、これまで他の知事が成し得なかった事や、知事の先にある大きな壁、諸々を乗り越えて、ガラスの天井を突き抜けて更なる飛躍、大成していただきたいですね。

そんなわけで・・・、今年も、新年から、コロナコロナで、暗い話ばかりですが、1日も早くコロナが収束してほしいですし、読者皆様の、本年のご健勝をお祈りいたします。

今日のブログは、短編ですが・・・ここまでとさせていただきたいと思います。

IMG_0876


追記
愛知も、今週中、遅くても来週には、緊急事態宣言が出そうな感じです・・・。

皆、大変だと思いますが、コロナに負けずに頑張りましょう




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 12:59|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年12月04日

日本列島売却計画進行中! 買主は中国!(No.2468)

突然ですが、日本列島って、少しずつ外資に侵略されているような気がしませんか???

外資と言葉を使いましたが主に中国の侵攻がすごい・・・中国に侵略されていると言っても過言ではない気がします。

尖閣や、東シナ海、各地で小競り合いをしているのが聞こえてきますが、実は、日本列島の土地をどんどん購入しながら、内部からも侵攻してきています。

ある意味、外資が、日本の土地を買っているということも、侵略と言ってもいいんじゃないかな〜と思いますが・・・。

こんな話を書くと、陰謀論とか妄想癖とか言って馬鹿にされそうなので、オブラートに包んで書かせていただきますが・・・日本列島は、少しずつ意図的に売られていて・・・逆に言うと、買収が進んでいるように思うのです。

そもそも、何故、外国人が日本の国土を買うことができるのか疑問です。


IMG_4251


まずは、今に始まったことではなく、もう10年以上前からですが、中国系の企業や投資家が、日本の土地を買いまくっていますよね。

特に、山林なんかが狙われ外資に買われ、日本の水源が目的だ!なんてことが度々報じられてきたわけだが・・・、それだけで吐く、観光地や、街中も、相当外資が入り込んでいる。

北海道、沖縄をはじめとする観光地から、各地の山林、原野・・・都市部のマンション、戸建も・・・。

タワマンとかは、中国政府がお金を外国に持ち出させないように制限を設けてから、多少少なくなりましたが・・・、コロナで、これだけ世の中が混乱している中でも、中国企業や中国人投資家は、日本で不動産を買おうとしています。

まあ、これまでは、中国は、土地が買えないから、日本で土地を所有したいんだろうな〜的な感覚でもあったのですが・・・、最近、なんとなく、これって侵略されているんじゃないかと思うようになってきました。

政府発表のものだけでも、山林だけで約7000ヘクタールが買われているとか・・・、数年前の、太陽光発電流行りの頃なんて、日本の企業や投資家の購入希望金額をオーバドライブして、中国系が、かっさらっていき・・・、日本中に、中国資本の太陽光発電所が増えましたからね。

以前のブログにも書いたことがありますが・・・、太陽光発電については、当時、1kwあたりの売電価格が30円を超えていましたので、一般消費者が電気を購入する価格よりも、売電金額の方が高かったわけですので・・・、これをメガソーラーで売電しているわけですから、メガソーラーを買った企業は、今だに30円以上で売電して、ガンガン儲けているわけです。

それに加えて、北海道、沖縄の観光地なんかは、めちゃくちゃ外資に買われていて・・・、北海道の某観光地は、外国人だらけで・・・、不動産の取引も、日本の不動産取引や所有権移転ではなく、中国人主導のルールで取引されていて、日本の不動産業者は、入れないし、把握できないような状態になっている所もあります。

まあ、昨年、中国に行った際に、中国の富豪の方々と会食して投資について話す機会があったのですが・・・、正直、中国の力ってすごいと言うか、お金の感覚が、日本の投資家とは桁が違いますからね!

IMG_8129

(上海蟹、美味しかったな〜w)

まあ、上海蟹の話は、置いといて・・・・・。

富豪たちは、日本の不動産を欲しがっていましたが・・・、どこからお金を持ってくるの?ってぐらいのデカい話をされていましたからね〜・・・完全に中国の国力は日本を超えていると思いました。

まあ、これは、コロナ前までの・・・話ですが・・・。

コロナウイルスで経済が大打撃を受けてからの世界の動きって、なんか変じゃないですか?

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


世界の動きが、どう変なのかというと・・・。

皆様も、知っての通り・・・コロナウイルスの影響により世界経済は混乱しているわけで・・・、そんな中、中国は、静かに・・・世界各地に侵攻する準備を整えているわけで・・・、その上、アメリカ大統領がトランプから、バイデンに変わると、中国にとっては追い風となり、アメリカと中国で世界を二分する的な動きになってくるのではないかと考えています。

まあ、こんな話は、いろんな陰謀論ブログか、YouTubeで見ていただければいいのですが・・・。

私が、思うのは・・・・。

日本列島は、アメリカから、中国に売却されるんじゃないかということです。

それを手助けしようとしている、日本の政治家や知事、マスコミがいるのではないかということです。

例えば・・・。

政府が、GoToとか、補助金、助成金、支援金を出して・・・経済を復活させようとしている中で・・・マスコミは、都合よく、コロナを危険だ危険だと過剰に報道していますよね。

・インフルエンザは、かかった人を感染者だとカウントして・・・、コロナは、陽性が出た人全てを感染者であると報道して・・・、その感染者数をガンガン表に出して、死者の数は小さく出す。
これ、不思議で仕方ないんですけど・・・何か意図的な感じがします。

・一部の県知事は、夜の街を危険だと、集中攻撃していますが・・・、それを言うなら、公共交通機関にしても、イベントや、劇場、映画館だって危険ですし・・・、夜の飲屋街よりも、もっと危険な場所は、いくらでもあるじゃないですか。

IMG_0876


夜の街の経済効果を止めるということは・・・、何が起きると思いますか???

繁華街というのは街の中心部にあるところが大半なんですが・・・、夜の街の火が消えると、空室が出てきますし・・・そうなるとビルの価値が落ちますよね。

そこを、外資系の企業や投資家が、おさえようと・・・価格が下がるのを待っている状況なのです。

その証拠に・・・、中国系の不動産会社や投資家は、私のところに・・・、都市部や歓楽街の価格の動向を、ちょいちょい探りを入れてきて・・・、『お値打ちなのがあったら書いたい!』と言ってきます。

そして・・・12月に入ってから・・・こういう依頼が増えました。
外資が、日本の不動産が値下がりしないか様子を見ながら、購入の機会を伺っているという状況なのです。

おそらく、日本が、外国人を国内に入国させるようになったので・・・日本に興味を持つ外国人が増えたということなんでしょうけど・・・・。
それに、外資の中でも中国は、とんでもい資金力がありますが・・・、現在の日本は、歓楽街のビルや土地を買おうとしても銀行が融資することを嫌います。

このまま、歓楽街の火が消えていくと・・・不動産価格が下がり・・・、外資の関係が所有するソシアルビルが増えて、当然、歓楽街には外国人が増えて・・・一部の歓楽街や観光地のように、外国人だらけの歓楽街が増えると思います。

最近の政府は、経済を止めないように、経済が回復に向かうように動いているように感じるのですが・・・

マスコミや、一部の都道府県知事は経済を止めるような動きをしているように・・・、つまり、反日的な思想を持って、このような動きをしているように感じます。
もちろん、国民のコロナに対する考え方は賛否両論あるので、国民に対して、どちら側に考えをしようが、反日思想と結びつけようとは思いませんが・・・。

政府の方針に対して、各都道府県知事が経済をとめて日本経済を衰退させるような動きをしたり、コロナウイルスを過剰に煽るようなマスメディアは、単純にコロナがどうという話ではなく、少なからず反日思想があっての動きだと思います。

そもそも、コロナって、辻褄が合和ないこと、矛盾していることが多すぎませんか???





まあ、いろんなことを総合的に考えると・・・。

なんだかんだ少しずつ、日本列島が売却させているような気がしますし・・・、中国から、少しずつ侵略させていっている気がします。

そして、このコロナで日本の経済が弱り切ったときに、日本列島売却、日本侵略の動きは加速して・・・、そのうち、気付いたら中国に侵略されとった〜 えらいこっちゃ〜!という状況になるのではないかと心配しております。

まあ、農地に関しては、日本の農業分野に進出したい中国企業は意外と多いのにも関わらず、これは各市町村に農業委員会があるので・・・山林や市街地のビルやマンションのような買われ方はしていませんが・・・、山林、原野、市街地は、すでにかなり買われています。

政府発表の外資の土地所有率も、はっきり言ってあてにならないというか・・・、あんなもんは、氷山の一角で、あの手この手で買われていて、実際は、もっと大きな数字になっているんじゃないかな〜?

日本政府も、そろそろ、諸外国と同じように自国の土地は外国人には買わせない! 外国人は日本の土地は買えない!というような規制をかけないと・・・本当にまずいと思います。

そんなわけで・・・本日は、日本列島売却計画進行中! 買主は中国!というテーマで書かせていただきました。







本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









toshikazy at 13:36|PermalinkComments(13) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年11月24日

京都出張と京都の不動産(No. 2465)

先日、京都に行って来ましたが・・・、コロナ感染者数が連日更新されていく中で、名古屋京都間の新幹線は、まあまあの乗車率でした。

おまけに・・・夕方、京都駅からタクシーに乗ろうと思ったら、30人待ち・・・。

さすが、京都の紅葉シーズン・・・、今のところ、コロナでも、経済に影響を与えるような動きは少ないようです。

IMG_4295


この日は、夕方4時からの商談があり、17時ごろに名古屋を出て、京都駅に17時40分ぐらいに着いて・・・会食場所の祇園の料理屋に18時5分前に到着するつもりでした。

ところが、京都駅までは順調に来たのですが、タクシーに乗ったのが18時10分・・・祇園には18時半着・・・。

大阪の不動産会社の社長さんと待ち合わせの時間に30分遅れで・・・・、会食のスタートを待ってくださっていたので・・・大変、迷惑をおかけしてしまいました。

久しぶりに会って・・・いろんな話をして・・・美味しいものを食べて・・・、祇園で飲んで遊んで・・・めちゃくちゃ楽しかったです。

IMG_4289


宿泊先も、『関西のことなら私に任せてくださいw』と、京都鷹峯のハーベストの、露天風呂付きの、めちゃくちゃ広い部屋ををとってくださり・・・・、部屋からの景色は、目の前に、鷹峯の、花札の坊主のモデルになったと言われている山があり・・・めちゃ感動しました。

中学生、高校生の頃、テキ屋でバイトしていた頃に、めちゃくちゃ花札をやったので、懐かしいな〜と思い出しながら・・・・山を見ていました。

あの頃、俺たちに花札を教えてくれた、テキ屋に住み込みで働いていた兄さんたち・・・、元気にしてるのかな〜?  今頃、何をされているのかな〜? 冬の、イカ焼き屋は辛かったな〜とか・・・w
あの時の、バイト代の1万円は、大きな金だったな〜等・・・いろんなことを思い出しましたw

IMG_4314


久しぶりに、同業の友達と会って、男同士酒を酌み交わしながら飯を食うというのもいいですね〜w

その後の、祇園での、シャンパン祭りも、大盛り上がりで面白かったですし・・・・w

M社長、本当にありがとうございました。

最近、私自身も、美食会の人たちと、月に2〜3回は、京都に食事をしにくるのですが・・・、京都は、食事も美味しいし・・・本当に、良いところです!

東京、大阪、名古屋、それぞれそれなりに美味しいものは沢山ありますが・・・、京都の有名店は、別格に旨いのは、何故なんでしょうね〜???

いつも深く考えさせられるくらい、繊細で味が深く、美味しいです。

そんな、大好きな京都なんですが・・・、残念ながら不動産取引は良い思い出がありません。

先日、地上げの話を・・・それなりに最近は成功率が高く失敗が少ないと書いたばかりですが、京都では、地上げどころか、不動産取引ですら、京都では、上手くいったことがありません。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


京都の不動産取引が、難しいというよりは、全国と比べると変わっていると言った方がいいかもしれません。

まあ、通常の住宅地や、マンション、そこらへんの田舎の土地であれば、そんなに問題はないのでしょうが・・・、我々が欲しいような、ちょっとばかし人気の高い場所になると・・・、それは、もう複雑で・・・、それは、それで、百歩譲って、片付けるとしても・・・・嫌な思い出が多いというか、人気の場所の不動産取引自体、成功した試しがない・・・!

いつも、最後は、『舐めた取引してるんじゃね〜ぞ!』と、私が、ブチ切れて終わる事が多いのです。

「京都市屋外広告物等に関する条例」「京都市伝統的建造物群保存地区条例」「京都市文化財保護条例」等、歴史ある街並みを保存するための条例みたいなものは、京都が大好きな私ですので、めちゃくちゃ理解できますし・・・それは、京都の良さを残すには当たり前に良い条例等だと思っているのですが・・・。

それとは別の話で、不動産屋の常識では考えられない事を主張してくる、地主や不動産屋、近隣の人たちが多いのです。





例えば・・・。

境界明示も無茶苦茶で、土地の測量と実際に使っている場所が違うとか・・・、水道が、隣の家を通って入っているとか・・・、どう見ても、こちらの敷地なのに、訳のわからん理屈で境界主張をして来たり・・・・。

私に不動産を売ることになっていたのに・・・、買付出して、条件詰めて、売渡承諾をもらって・・・契約直前にきて、急に一方的に断って来て・・・、別に買いたい人が現れた! 買付の価格は同じなのに・・・、新しい買主は、京都の人で@@さんの紹介だから・・・なんてことで・・・ドタキャンされたり・・・。

新しい買い手が、高いなら、こっちも高値をつけて張れますが・・・、『今まで、何度も足を運ばせて散々振り回しておいて、最終的に、名古屋の人より、京都の人に売るというなら、最初から、京都府民限定にしておけよ!』って話ですよね!

それで、京都の不動産屋も、『それは、仕方ないw』と納得しちゃってたので・・・こちらからしてみると、『は〜? お前ら、どこまでも京都最優先! 京都人が一番偉い、名古屋人は下と思ってるんか〜?』って、そういう特殊な思想みたいなものを感じました。

あとは、まあ、頼りにしていた不動産屋が、ボケだっただけの話なんですが・・・、物件概要書に書いてある事以外の事を、こちらが購入するとなってから、後から後から、条件を付加してきたり、訳のわからん理屈をこねて、契約内容と金額を変更してきたりされたこともあります。
もちろん、非常識極まりないし、そもそも金額上げられたら話にならないので断りました。

大きな寺の一部を切って売買しようとした時も、坊さんと不動産屋が勝手に絵を描いて話を進めていただけで・・・、私に、ガンガンに買え買え攻撃してきたので、私が客を付けして買い取ろうと思ったら・・・急に勢いとスピード感が落ちて・・・・、詰めたら檀家がどうこうって言い訳して・・・、結局、こっちが恥をかかされまして・・・『お前ら、ええ加減にせえよ〜!』って感じで・・・終わりましたし・・・。

まあ、寺とかも多いし、歴史的なものも多いので、その部分は致し方ありませんが・・・、不動産取引の慣行みたいなものが・・・・なんか、後付けの理由での条件変更が多いような気がするのは私だけでしょうか?

このあたりの、後から話が変わるとか、街中のライフラインのグチャグチャ具合は、なんとなく、カンボジアの不動産取引にも似ているように思いますが・・・。

カンボジアの場合は、こっちが、強気で、やめた〜!と言えば折れてくれることが多いですし、役人や警察や軍人を入れて話をすることで決着するんですよね〜。

まあ、不動産取引は、世界中、どこでも、いろいろあるんでしょうけど・・・・。

もちろん、愛知県でも、古い街は、土地と家の場所がズレていたり・・・水道がズレて入っていたり、意味のわからない、位置指定っぽい私道とかありますが・・・、まあ、不動産業者が地権者や近隣に説明をすれば、割と整理整頓させてくださるのですけどね。

話を持ってきてくださる人なのか、京都の不動産業者さんなのか、地権者さんや近隣の方々との出会いが悪いのか、相性が悪いのか分かりませんが・・・・まあ、兎に角・・・、京都の人気の場所は、まともに取引できた試しがない!

まあ、京都以外にも、全国それぞれ・・・条例や指導要綱があり・・・地域によっていろいろありますし・・・、人も、いろんな人がいらっしゃるので・・・、愛知だろうが、京都だろうが、全国、いろんなパターンの取引がありますので、京都ばかりがやりにくいということではなく、たまたま相性が悪のかもしれませんが・・・。

考えてみれば・・・、空港や港の近くは、都市計画法上も、その他の規制等も、何かとやりにくい部分はありますし、最近は、都道府県・市町村間の都市計画決定権限の分担も変わりつつあり、県単位ではなく、市町村単位で、個別事情を踏まえた条例や指導要綱で規制してくることもあります。

不動産取引に対する人の考え方も、県単位で大きく変わるのではなく、市町村単位で温度感が変わったりもしますが・・・、もちろん最終的には個別単位での考え方が一番優先するわけなので、一概には、仕分けして考えているわけではないのですが・・・。

私が、長年不動産をやってきた感覚で話をさせていただくと・・・、全国的には、田舎に行くほど取引が難しくなると感じるのですが・・・、京都の場合は、街中ほど難しく感じます。





まあ、同業の私の知人や友人は、でかい案件や、凄い人気の場所ではないにしても、それなりの収益物や、民泊物件、古民家を飲食店にしたり、京都の物件を買っている人もいるのですが・・・、私は、京都の不動産には、全く、縁がないですね〜。

それに、小さな物件だとしても・・・、きっちり取引をしようとすると、街が古く、あれこれ問題が発生することも多いので、もっとアバウトに考えたほうが取引しやすいのかもしれませんけどね。

何にしても・・・、京都は、大好きな場所なんですけど・・・、不動産だけは、縁がないですね〜。

京都の手前の滋賀県までは・・・、もしくは、京都を飛び越えての大阪、兵庫、和歌山とかは、取引したことがありますが・・・、京都だけは、なかなか入れない!


私が京都という街に嫌われているのか・・・私にとっては、ハードルが高い街です!

IMG_4296






まあ、大物狙いで行くより、最初は小物の取引をして積み上げるか・・・、もしくは、宮古島でやっている宿泊事業のように、旅館や民泊系で入っていったほうがいいのかもしれませんね。

でも、私の20年以上の不動産屋人生の中で、京都の不動産取引をしたことがなく、それを、やってみたいと思うのは・・・それだけ、魅力的な街だからなんですけどね・・・・w

先月も、3回京都に食事に行ってますし、今月も2回、来月も2回、1月も2回行きます。

京都は、小学生の頃の修学旅行に始まり・・・、学生時代の若い頃の思い出もありますし・・・大人になってからも、毎年何回も行ってますし・・・、最近は、美食会で、毎月行ってますし・・・縁があるような気もするのですが・・・。

う〜ん・・・・、何故・・・・???

まあ、京都の土地をさわるには、私の不動産業者としての修行が、まだまだ足りん!ということなんでしょうが・・・・。

京都で、買取でもいいし仲介でもいいので、何か・・・大きな不動産取引をしてみたいけど・・・・縁がないし、ハードル高いです・・・というお話でした。

本日のブログは、京都出張と京都の不動産というテーマで書かせていただきましたが・・・このへんで失礼させていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 11:35|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック