近藤利一 不動産コンサルタント

2017年09月25日

起業と企業資金調達セミナー(ありがとうございました。)

事業(ビジネス)をする上で、必要なものは、3つ・・・人、物、金と言われています。

実は、もう2つほどあると思うのですが、それは、またお機会に書かせていただくとして・・・。

人、物、金というものを、私なりに考えてみると。。。。

・人 というのは、私が最も大切にしている部分であり、これは、人脈です・・・。

ビジネスをする上で、スタッフも、取引先も、協力者も、まずは人であり・・・、人の中には、自分という人も入るので、自分の心や身体を大切にする健康ということも含まれていると思います。

それから、間接的ですが、人には、営業力、技術力も含まれます。

物 というのは、読んで字のごとく、ビジネスをする上で必要なすべての物です。

設備、材料、機材、部品等は、もちろんのこと・・・・、アイデア、知識、ノウハウ、資格も、物にあたると考えています。

 というのは、そのまんまなんですけど・・・金・・・、つまり、資金ですw
人を雇うにも、物を買うにも、基本的には、金が必要です。
人脈作りも、優秀な社員を雇うにも、金がすべてというわけではないですが、基本的にお金が必要ですよね〜。

つまり、3つがなければ、事業(ビジネス)は、スタートできませんし・・・、特に、資金というのは、なくてはならないものなのです。

そんなわけで・・・今回、資金到達セミナーを開催したわけですが・・・。

具体的な、内容を全て具体的に書くことはできませんが・・・、資金調達セミナーでどんな内容だったのかを、ブログに書かせていただきます。

その前に・・・・。

下記のバナーをクリックしていただき、ブログランキング一覧から、《素人さんの為の不動産学校》と、クリックして、ブログランキングの投票クリックをお願いします


建設・不動産ランキング

投票数が、ブログの評価になります。

いつも応援していただき、ありがとうございます


さて・・、本題に戻ります。。。

起業、独立、開業だけではなく・・・、会社を運営していくには、資金が必要です。

企業、独立、開業するには、設備投資が必要でしょうし・・・、最初から売上、利益は、少ないでしょうから運転資金も必要です。

企業、独立、開業したばかりでなく、我々、中小企業も、設備投資、運転資金は、潤沢になったほうがありがたいわけで・・・、会社を運営していくには、資金が必要であり・・・、私は、企業にとっての資金とは、人間の体でいうと、血液のようなものである・・・と考えています。

資金を血液だとすると・・・、起業する人は、血液がなくては、機能せず、そもそもが、体自体ができませんし・・・、わけで・・・・、企業も、血液なくては生きられませんし、血液が止まった瞬間から、心臓も止まり、脳も死んでしまいますので、会社は、倒産するということです。

利益が、ガンガンに出ている会社でも、資金繰りを、ちょっと間違えると・・・簡単に黒字倒産しまちゃいますからね〜・・・。

私も、今でこそ、総務が、きちんと確立して楽になりましたが・・・昔は、何度も、ヒヤヒヤしたこともありました。

特に、これから、起業する人は、まだ、資金繰りの難しさを知らないと思いますので・・・・例えば・・・、あなたが生活をする上で、何も買わないのに、毎月出て行くお金は、いくらか考えてみてください。

現在、企業の社長をされている方は、説明するまでもなく、資金繰りの話は理解できると思います。

弊社も、物件の仕入れや、宣伝広告費、接待交際費等を除き・・・・、なんだかんだ、飲まず食わずで・・・必ず出て行くお金・・・、月額、2500万円〜3000万円の資金が必要です。

何もしなくても、売上、利益が1円もなくても、必ず出て行くお金です・・・・

基本的に、金融機関というのは、物件の仕入れや、工事代、等は、融資をしてくれますが・・・、運転資金というのは、なかなか貸してくれません。

何にしても、起業と企業には、設備資金も、運転資金も必要ですから、自己、自社の資金力で賄うのか・・・信用で貸りるか、どちからです。

経営をする上で、資金は、必要不可欠であり、調達の仕方次第で、未来は大きく変わります。

2017-09-21-19-32-24

カラーブロックオフィス&カフェ

そんなわけで・・・。

資金調達セミナーは、予定どおりに開催されました。


大隅先生のセミナーの前に・・・・私が、ご挨拶をさせていただきました。

内容を、まとめると。。。

自己紹介をして、参加者の皆様にお礼を申し上げて・・・・。

お金と借金についての話をさせていただきました。

以前、ブログにも書きましたが、日本の教育というのは、素晴らしいのですが・・・唯一、少し足りないというか、お金というものの教育をしていないわけで・・・、お金を儲けることは、悪いこと・・・、貯金をすることが正しくて、借金をすることは悪いこと・・・みたいな、風潮があります。

お金の使い方は、学校ではなく親が子に、小遣いを与えて、そこで、子供は、お金について学ぶわけです。

月に1000円の小遣いを月初にもらいました。

少年ジャンプが200円だとすると、4週あるので、月に800円かかり、残りの200円で菓子を買ったりするのが、模範的な使い方だとしましょう。

最初は、お金をもらったら、月初に、1000円使ってしまったりして・・・子供ながらに苦しい生活をして、お金の使い方を覚える。

親の肩を叩いたり、お手伝いをしたりして、100円もらったり・・・、前借りしたりしながら・・・お金の使い方と、お金の稼ぎ方を勉強していくわけです。

そんな中で、親からは、『貯金をしなさい!』、『借金はするな!』等、教えてもらうわけですが・・・・、基本的に、正しいとは、思いますが・・・、もう少し深く教えないといけないと思います。

借金は全部いけないことと教えてしまい、良い借金と悪い借金があるということを教えないのです。

博打や浪費の金を借りることは、悪い借金ですし・・・人の連帯保証人になるのも、悪い借金です。

でも、良い借金もあります。

借金というのは、時間を短縮することができるのです。

毎月10万円を10年かけて貯めて、自己資金だけで1200万円の商売をする・・・、ビジネスを思いついてから10年経ってたら、どうなんでしょうね〜???

毎月10万円を30年かけて貯めて、自己資金で家を買う・・・、ほとんどの人は、家を買うことはできないのでは???

金利を払わなくてはいけませんが、その金利で、時間を買うことができるわけです。

人の一生が、1000年ぐらいあれば、お金を貯めて・・・ってのも、ありかもしれませんが・・・、人の一生は、数十年しかないのですから、借金を上手に利用して効率良く時間を使うほうが賢いと思うわけです。

今回の起業と企業の資金調達セミナーは、ビジネスの借金についての勉強をするわけですが・・・、実際の話・・・、素人さんが、事業計画を作成し金融機関に持ち込むのと、プロが事業計画書を作る手伝いをするのでは、大きな違いがあります。

現在、政策金融公庫に、*****というものがあり、これは、審査がありますが・・・、無担保無保証認で、最高2000万円まで借りることができます。
もちろん、審査がありますので、誰でも借りることができるわけではありませんし・・・、1円も借りれない場合もありますし、申込金額から減額をされるかもしれません。

事業計画、自己資金、経験、金融事故を起こしていないか等、審査はされますが・・・少なくとも、素人が、いきなり政策金融公庫の門を叩くより、セミナーで勉強したり、セミナー講師に、お手伝いいただくほうが、かなり有利になると思います。

本日は、私が尊敬している・・・、資金調達の魔術師、大隅先生が起業と企業の資金調達について、講演をしてくれますので・・・・(以下省略)

というような、話をさせていただきました。

そして・・・、大隅先生の、講演・・・、資金調達の勉強をした後・・・・。

BlogPaint

カラーブロックオフィス&カフェ

最後に、またまた、私が・・・登場・・・・。

お金の使い方というテーマで、話をさせていただきました。

どんどん大きく成長していく経営者と、いつまで経っても成長しない経営者の違いは何か・・・、お金の使い方が違うのです。

お金は、一時的に稼ぐとこは、難しくないですが・・・、稼ぎ続け成長し続けることは難しい・・・、


利益が出た時に、当然に、事業として、人や物・・・税金に、お金を使うわけで・・・、その残りを、どうするのか?

残りが、100万円あったとして、それを、自分や家族の懐に入れてしまう経営者は伸びない・・・、それを人・・・、人脈作りに使う経営者は伸びる。

現に、私が、駆け出しの頃・・・、同じように駆け出しの経営者A氏がいて・・・、私は、100万円のうち50万円を懐に入れて生活をして、50万円は、人脈作りに使い・・・、A氏は、自分の懐に100万円入れて自分と家族の生活費にしました。

A氏は、20年前も今も、田舎の不動産屋で1人で、鳴かず飛ばずの不動産屋をしています。

私は、どうかというと・・・、大したことはないですが・・・、会社も成長し、社員も支店も増え・・・、A氏の100倍ぐらいの年商があり、その会社の代表をしております。

人は、100万円を手にしたときに、自分の懐に入れたいし・・・、自分のために100万円使うことはできますが・・・、半分を自分、半分を人との交際費に使うことは難しい。

100万円のうちの50万円を・・・・、一回5万円で、仕事関係の誰かを誘って10回食事をして飲みに行ったとしましょう。

そのうちの、誰かが、100万円を儲けさせてくれたら、また100万円GET・・・、2人だったら、200万円・・・、もしかしたら、一人が、200万円を儲けさせてくれるかもしれません。

儲ける話ばかりではなく、優秀な人材の紹介や、為になる事を教えてくれるかもしれません。

私の事を、浪費癖のある馬鹿社長と思っている人もいるかもしれませんが・・・・、浪費ではなく、お金を無くした分以上に・・・、人脈を得ています。

そして、得た人脈・・・、自分なりに、精一杯・・・大切にしてきました。

もちろん、人脈に使うというのは、例え話の、飲み食いのコミュニケーションだけではなく・・・、その人の為になることに使うという意味ですが・・・相手が、喜んでくださる事なら何でもいいです。

もちろん、これは、お金の話だけではなく、労力も、自分の人脈も使うのです。

実は、この会場・・・、カラーブロックオフィス&カフェも、ビジネスを通して、起業と企業、投資家が、気軽に集まることができるスペースとして・・・、赤字覚悟で・・・弊社が運営しておりますw

少し話が、逸れましたが・・・・。

まあ、今回は、お金の話ですので・・・お金の使い方ということで、考えていただくと分かり易いと思いますが・・・・今日ここに、来ている皆さまは、資金調達セミナーを、最初から最後まで真剣に聞いてくださりました・・・、私も、当たり前に、当然に・・・真剣に・・・話しています。

これは、どこぞの頭でっかちや、昨日今日経営者になったばかりの青二才が話をしているのではなく・・・、私、近藤が、20年間、現実にやってきた・・・、リアルな話です。

今回、資金調達をして・・・、事業が軌道に乗った際には・・・、お金の使い方について・・・、近藤が、残ったお金の半分は、人脈に使えと言ってたな〜と思い出していただいて・・・、経営者として成功した、皆さんは・・・、その後、どんどん外に出て、どんどん人脈を増やし・・・、ビジネスの土俵を、どんどん大きくしてください。

というような・・・・、お金の使い方の話をさせていただきました。

そんなわけで・・・、今回の、起業と企業資金調達セミナーが終わったわけですが・・・。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。


今回のセミナー、何らかプラスになったのであれば、嬉しいですし・・・、成功した暁には・・・、いっしょに祝杯をあげたいな〜・・・w なんてことを思っております。

それでは、失礼いたします



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 01:48|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年09月12日

2182)土地をタダ同然で貰った話(農地改革、農地解放)

この世には・・・不思議なことがあります・・・、不思議な地域、不可解なこともあります。

本日は、その不思議な地域の話をしましょう。


名古屋市に隣接している街の市街化区域なのに、一面、田んぼが広がっている地域があります。

何故か・・・不動産屋も手を出さない・・・というか、手を出そうとしたのでしょうが、何らかの理由で失敗したんでしょうね〜・・・。

名古屋市から、もっと離れているところも、街になっているのに・・・、そこだけは・・・、手つかずの田園風景が残っていて・・・まあ、素人目に見ると、自然が残ってるな〜ぐらいの感じなのかもしれませんが・・・、我々、プロから見ると不思議というか、名古屋市隣接の街で市街化区域なのに、田園風景なので・・・ある意味気持ち悪いです。

名古屋隣接の市街化区域なのに、手つかずの田園風景って・・・、何か、とんでもない理由が潜んでいるのでしょうか???

これまで、区画整理もしていない・・・というか、できないのでしょうけど・・・・何故、できないかって・・・。

続きは・・・ブログランキングが2位になってしまったので・・・、できましたら・・・、下記の、人気ブログランキングのバナーをクリックしていただき、その中から、(素人さんの為の不動産学校)をセレクトしていただき、このブログに戻ってきてから、読んでいただけるとありがたいです。


建設・不動産ランキング

投票、ありがとうございます。

続きです

名古屋隣接の市街化区域なのに、手つかずの田園風景って・・・、何か、とんでもない理由が潜んでいるのでしょうか???

これまで、区画整理もしていない・・・というか、できないのでしょうけど・・・・何故、できないかって・・・この不可思議な現象の原因は・・・・。

地主の中に、変わり者が多いからです。

2017-09-12-12-46-56


実は、昨年と今年にかけて・・・、約1000坪、11筆ほど、バラバラの飛び地なんですが、購入させていただきました。

この11筆の、地権者は、1名・・・です。

この地域の地主さんたちの、中に・・・・、当社が11筆の土地(約1000坪)を所有したわけです。


当社としては、この市街化区域を、このまま田園風景にしておくよりも、住宅地開発をしたいと考えておりまして・・・、弊社の調査によると、この地域に土地を持っている人の約30%は、住宅地開発に賛成、もしくは、売りたいという人で・・・、約40%は、町内の人たちに合わせる・・・、、30%の人は、売りたくない人です。(40%は、売りたいけど・・・面倒なことに巻混まれたくない。)

こういう書き方をすると、ただの地上げ屋みたいな感じがするので・・・、ここからは、何故、このような事になったかを説明させていただきます。

事の始まり・・・。

ある仲介業者さんが、弊社に、土地を買いませんか?と情報をくださったところから始まりました。


売却理由は、当初、知りませんでしたが・・・、売主さんが土地を売る為に測量をする段になって・・・、なるほど、こういうしがらみが嫌なんだろうな〜と、なんとなく売却理由が分かりました。

不動産を売却する際には、売主の責任にて、境界を明示して買主に渡すというのが一般的なんですけど・・・、後々、新所有者と隣地が、ごたごたしないように、現所有者が、土地の境界を明確にしておく必要があるわけですが・・・。


今回、売却をしようとした際に・・・、11筆の隣地地権者、合計17人のうち、2人が、測量立会いを拒絶したのです。


測量立会いというのは、お互いの土地の面積と境界を確認するもので、まあ、お互い様なんですけど・・・、2名が、立会い拒否!

理由は・・・。

隣地A 『立会いをしてほしければ、測量士ではなく、現所有者が頼みにきて、先祖の非礼無礼を謝れ・・・。 そしたら、考えてやる! 元所有者の祖父さんは、農地解放で、うまいこと土地を持っていったくせに、区画整理の話があった時に反対をしたから、その詫びを息子にしてもらわんと、話は始まらん・・・・。』

隣地B 『立会いはしない・・・ 元所有者の祖父は、元々は、うちの方が土地が多かったのに、農地解放の時に、うまいことやりやがって・・・・・(以下省略)・・・。』

要するに・・・元所有者の父の30年前の話と・・・、爺さんの70年前の話・・・w

しかも、爺さんの70年前の話は、農地解放の話なので、文句があるなら、マッカーサーに言えって話ですw

それを、今の所有者に、詫びを入れろとか・・・、じゃないと立会いをしないとか・・・、面積が正しいかを立ち会うわけで、農地解放の恨みで立会いをしないというのは、常識を完全に逸脱しちゃってる話なのです。

現所有者は・・・、『私のお爺さんが、約70年前の農地解放の際に、元々、おたくの土地だったのに、本当に申し訳ございません。 今回、タダ同然で貰った土地を売却するので、立会いをしてください・・・・。』と、頭を下げなくてはいけないのか???

そんな不条理ことは・・・させられませんよね・・・。

そして、これまでも、この地域での、このような話は、今回だけではないようで・・・、別の地主さんが土地を売ろうとした際にも、隣地B同じことをしていて・・・、その取引は、解約になってしまったようです。

都市開発のプロが、こんな輩に負けていてはいけません・・・、気合を入れて、行く時は行く・・・。

エイッ! ヤァ〜・・・・w

2017-06-24-13-36-42

何故かトランスフォーマーw

私の場合・・・、こういう理不尽な輩は許せないので・・・・。

 『う〜ん・・。 まあ、いいですよ〜w 確定測量できなくても、買いますよ・・・。 当社が所有者になってから、白黒決着つけますので・・・。 残代金は、全額払わせていただくので・・・、測量費用分、こっちにください。 この地域で、売買話が出るたびに、理不尽な理由で邪魔をする・・・こういう輩は、いつまでも野放しにしておいてはいけません。 』

そんなわけで・・・、測量したけど杭が打てない状況で所有権移転をして、この11筆は、当社の土地になったのです。

杭が入れられない土地を買って・・・・、ここから、どうするのか???

一応、所有者が変わったので、ご挨拶に伺い、境界の立会いをお願いするが・・・おそらく、勝手に土地を売買したと激怒すると思います。
その後、地元の有力者等に間に入ってもらい、仲裁をしていただくが・・・それでも無理なら・・・。

ここからは、多分、素人さんには、想像がつかないと思いますが・・・、ひたすら頭をさげるとか・・・筆界特定とかではありません。

 ,海海蓮∋坡慌酋莪茲覆里如農地転用は届け出なのです。(農地転用)
◆。科向から測量をして、ここで間違いないという境界のポイントを出す。
 そして、仮杭を、弊社の土地側に入れる。(ダブルチェックで完璧な測量、位置の割り出し)
ぁ‖量して割り出した境界のポイントから、少し控えた位置にブロックを積むか柵板を立てて埋めて雑種地にする。(念のため少し後退して杭を入れる)
ァ”ず向こうから怒って話をしてくるので、基本的にしばらく話し合いには応じないが、弁護士を立ててきたら、話し合いに応じる代わりに立会いをお願いする。
Α,弔い任法土地を売却していただきたいとお願いをする。(同時に近隣の他の土地も・・・声をかける。)

たぶん、この地域の農業委員会、土地改良、行政を巻き込むかたちになると思いますが、何らか決着がつくと思います。

名古屋市の、すぐとなり街の市街化区域が、一面田園地域って・・・、数名の偏屈地主のために、多くの地権者が、なにもできずにいるわけです。

弊社は、この某地域で、1000坪の大型地権者になりました・・・・、これを、きっかけに・・・取り残された場所の宅地開発をすすめていこうと思います。

2017-09-12-12-47-51


さて・・・ここで・・・土地をタダ同然で貰った農地解放(農地改革)の話です。

不動産業者や、昭和20年代生まれ以前の人は、大半が知っていることですが・・・・。

この際なので、簡単に説明しておきましょう。

時代はさかのぼること、敗戦後の昭和20年末月のことです。

GHQは、幣原内閣に農地改革の指令を発し、翌年昭和21年に、政府に農地改革を徹底して行なうよう指示しました。

農地改革(農地解放)が始まり、地主が所有する農地を、日本政府が安い値で強制的に買い上げ、小作人に売り渡したのです。

元々、日本の農家というのは、地主  自作、小作人 の三種に分かれていました。

まあ、大地主、地主、小作というような言い方をする場合もありますが・・・、これを詳しく書くと長くなるので、今回は|麓隋´⊂作人の、大きく二つに分けます。

要するに、農民が多い日本では、資本主義上・・・・ー分の土地をもつ地主と、他人の土地を耕作する小作人がいたわけです。

それが、敗戦後、GHQの最高司令官であったマッカーサーさんは、このシステムは軍国主義を助長しているようなものだと考えて農地改革の指令を発しました。

地主が所有する農地を、日本政府がタダ同然の安い値で強制的に買い、小作人にタダ同然で売り渡したので・・・、小作人だった者が、土地を所有するようになり、地主になったというわけです。

まあ、厳密にいうと・・・無茶苦茶な金額で土地を安く買い上げたというものありますが、政府は、地主に対する買取り代金支払いを10年間換金できない国債で払ったので、その間の物価の上昇・・・・インフレによって、タダ同然の買い上げになったというのもあるんですけどね〜。

そして、日本の財閥解体と同様に、当時の地主は、土地を取り上げられたということであり・・・・。

逆に、タダ同然の安値で農地を手に入れた小作人は・・・、物価の上昇、日本の経済成長による地価の高騰で、都市近郊の者は、土地成金になったということで・・・・、高度成長、ドーナツ化現象で、田舎の地主も、プチ成金になったということです。

今、地主と呼ばれている人は、元々、小作人だったけど・・・・、マッカーサー様から、土地を貰って・・・、それを売っぱらって金持ちになったという人が多いのです。


戦前、小作人だった人の、大半は、宝くじに当たったみたいな感じだったんだと思います(笑)

というふうに・・・・私は、農地解放、農地改革を、理解しております・・・・。

そして・・・今回、名古屋の近郊都市で起きている話は・・・・、遡ること70年余・・・、この農地解放の時の、恨みつらみの話でございます。

2代後の所有者に、当時の事を言っても・・・『知らんし〜w』ってことですよね。

私は・・・、そんなことを主張する輩がいる地域に1000坪(11筆)の土地を買い、メスを入れることにしました。

私が、メスを入れる以上、手術は、成功させます。


そんなわけで・・・本日は、土地をタダ同然で貰った話(農地改革、農地解放)というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 14:46|PermalinkComments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年09月04日

2180) 失敗しない土地選び、家づくり(インターネット)

読者の皆様、申し訳ございません・・・。

ある読者様から、最近、不動産ブロガーとして、不動産の話を書かなさすぎだという意見をいただきました。


何事もなければ・・・本日は、不動産の話だけを書こうと思っていたのですが・・・。

北朝鮮が、核実験しちゃいましたね・・・。

前回に続き、書きたいことはあるのですが、今回は、やめておきます。

もうひとつ・・・書きたいことが・・・。

これは、本日の話ではないのですが、平素、何かとお世話になっているk社長から、けっこうなものを頂戴いたしました。

2017-08-31-19-20-36


先日、k社長が、金沢に行ってきた土産らしいのですが・・・金のカステラです。

開けた瞬間、キラキラ〜〜〜・・・と、金色に光る物体が・・・。

 『おっ・・・、k社長、お土産といいながら・・・、金魂を持ってくるとは・・・、お主も、悪じゃのう〜・・・w ぐへへへへへ〜www 』

k社長 『いえいえ、お代官様・・・、ただの、金箔を貼った、カステ〜リャでございます。 ブログのネタにでもしていただけましたら、幸いでございます・・・w』

2017-08-24-19-23-59


そんなわけで・・・ブログに掲載させていただきました。

木村、社長・・・ご馳走様でした・・・。 

味は、めちゃくちゃ美味しいわけではないですけど・・・、それなりに旨かったですし・・、金色に光るものは、なんとなく嬉しいというか、大変、珍しいものを頂戴して、感謝しております。


さて・・・本題に入らせていただきます。

本日は、真面目に、不動産業者として、不動産の話を書かせていただきますが・・・。

土地探し、家探しをしている皆様に・・・、また、今後、不動産を購入するかもしれないという方々に・・・、プロとして、土地選び、家づくりについて、書かせていただこうと思います。



5年前に執筆した、私の著書、(満足する家を買いたいならこうしなさい)の影響なのか・・・、未だに、私のブログの最後にある、近藤社長へのメッセージのバナーから、家づくりの質問や、ご意見、本の感想等をいただきます。

また、著書を購入された方から、直接お電話をいただいたり・・・、お客様が、私の著書を購入してくださり、サインを求められることもあります。


ひとつ・・・皆様に、言いたいことがあります。

インターネットに、頼りすぎない!ということです。


もちろん、私も、ネット大好き人間なので、ネットで調べたりしますし・・・、常に、MacAirを持ち歩き、1日のうちPCを触っている時間は多い方だと思います。

当然、不動産を見るときは、写真や動画を見ますし・・・グーグルアースも使いまくります。

でも・・・、物件を買うとき、仲介するときは、必ず物件を見に行き、周りを歩きます。

特に、買取の場合は、朝、昼、夜、平日、休日・・・何度も見に行く事もあります。

ネットでみれば、ほとんどの物件は画像も載ってますし、周辺環境も分かりますが・・・、一次審査をネットだけで判断してしまう人が多すぎます。

もちろん、条件的にありえないとか、そもそも論外というものは別にして、基本は、必ず物件を目で見て、周辺を歩いてみることが大切です。

失礼な言い方ですけど・・・、皆さん、ネットに頼りすぎ・・・、ネットだけで判断しすぎ・・・、これでは、良い物件に出会える確率を自ら潰していることになります。

不動産業者も、建設業者も、物件資料や、ネット掲載の、上手い、下手があります。

写真映りがめちゃ悪かったり・・・、物件資料の作り方が、めちゃくちゃ下手くそだったり・・・でも、実際、見てみると、けっこう良い物件だな〜なんてことがあります。

しかし、今時の、お客様の傾向は、ネットで見て、良い悪いを判断してしまう・・・。

まあ、ヤフオクや、メルカリで、雑貨や衣類を買うならともかく、家や土地を買うのですから、もう少し真剣に取り組んでほしいと思います。

適当にネットを見て、良い物件ないわ〜・・・って人が多いのです。

物件探しにインターネットは、最強の武器ですが、検索には最強ですが、それだけで判断をしてしまってはいけません・・・、まずは、現地に行ってみること・・・、何度も足を運んでください。

良い物件に出会える確率も増えますし・・・・、行けば行くほど、物件を知ることができます。

一生に一度の大きな買い物ですので、読者の皆様に、良い物件と出会ってほしいですし・・、購入した後に後悔をして欲しくないのです。



家づくりには、情報も大事ですが・・・それ以前に、正しい知識というものが必要です。

素人さんが、家を建てると決めて・・、インターネットで検索して・・・住宅メーカーのホームページを見て・・・、家づくりの知識等、親切に、御尤もらしいことが書いてあるので、なるほど〜・・・・って思うのかもしれませんが・・・・。

住宅メーカーのホームページに載っている事が、全部嘘だとは言いませんが・・・所詮、住宅メーカーは、自分の会社の商品を売りたいわけですから・・・我々が、読むと・・・。

なるほど〜・・・良いこと書いてあるけど・・・結局、そこに持っていきたいわけですねwみたいなホームページが多いわけです。

残念ながら、家づくりの知識を得ようとインターネットで検索すると、上の方に表示されるのは、基本、大手住宅メーカー・・・もしくは、たまたま上位に表示された中堅の建設会社のホームページであり、本当に、無償で良い情報を提供しているホームページは、検索上位には、ほとんどありません。

インターネットで家づくりの知識を得ようとする、ほとんどの人は、建設会社のホームページに載っている家づくりを正しい家づくりだと思い込み・・・、中には、完全に洗脳されてしまう人もいます。

住宅建設をやっている会社を敵に回すような事を書きますが・・・正しい事も書いてありますが、そのうち、自社に有利な方向に・・・、所詮商売・・・結局は、自社への問い合わせ、見積もり等へ引張ろうとしています。

まあ、商売なんだから、いいんですけど・・・。

インターネット時代にインターネットを上手に使って、家づくりの正しい知識を得るには、営利目的ではないホームページで勉強してください。

もちろん、営利目的ではないホームページが全て正しいとは限りませんが・・・少なくとも、営利目的のホームページよりは正しい知識が詰まっているものが多いです。


はい・・・一度、整理しましょうね

失敗しない土地選び、家づくりをするには・・・、情報収集は、インターネットに頼りすぎないですください!ってことと、インターネットで検索して正しい知識をつけるには営利じゃないものを選びましょう!ということを書かせていただきました。

最後に・・・以上の事を踏まえた上で・・・。

家づくりに失敗や後悔をしないために、情報や知識が大切だといっても・・・、誰にでも同じものが正しい訳ではありません。

あなたの家づくりにとってどんな情報が必要なのか、どんな知識が大切かを考えながら、インタネットを上手に使って失敗しない、土地選び、家づくりをしてください。


もしも、気が向けば・・・、私の著書、(満足する家を買いたいならこうしなさい!)を読んでいただくと、住宅用地、住宅メーカーの選び方、家づくりの注意点がぎっしり詰まっています。

近藤利一  満足する家を買いたいならこうしなさい!


残念ながら、Amazon、その他、書店でも、すでに新品は売り切れているようですので・・・中古しか流通していないかもしれません。

今秋に・・・改訂版が出る予定ですので、発売まで待っていただける方は、新版 満足する家を買いたいならこうしなさい!を、ご購入ください。

そんなわけで・・・失敗しない土地選び、家づくりの話でした。


本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします




もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。


インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 03:34|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote