不動産コンサル

2019年05月19日

2226)古いマンション買う? 分譲マンションの建替えについて!

前回のブログにタワマンのことを書かせていただき、ブログの終わり頃に、古いマンションをリフォームして売る業者とゴタゴタしたということを書かせていただきましたが・・・。

読者さんから、その部分へのツッコミや、詳細を書いて欲しいという要望が多かったので書かせていただきます。

なんか・・・こういう事を書いていると・・・だんだん敵が増える気がしますが・・・・。

まあ、そんなわけで・・・やさしく書きますね・・・


FullSizeRender


ゴタゴタの始まりは・・・、知人から、中古マンションを購入するという事を聞きまして・・・。

知人が、どう思うって聞かれたので・・・、『俺なら死んでも買わない!』って言ったわけです。

そこが、スタートだったわけですが・・・・。

実は、話の途中・・・後から分かったことなんですけど・・・・・中古マンションの話を聞いたのが・・・タイミングの悪いことに、契約の前日だったのです。

そのマンションというのは、まあまあいい場所にあるのですが、築年数が40年以上経っていて・・・けっこう高い金額だったわけです。

う〜ん・・・そのあたりの新築相場の70%ぐらいの価格でした。


玄関、床、壁、水周り、デザインも今時の感じ・・・・かなりリフォームをしてあるので、金額的に理解はできるのですが・・・、そもそも、近い将来建て替えをしなくてはいけないような古いマンションに、ここまで金をかける意味が分からないし、いくら人気のエリアと言っても、新築の70%は、ないな〜と思うので・・・『俺なら死んでも買わない!』と言ったわけですが・・・・。

知人 『そ、そうですか〜・・・。 死んでも買わないですか〜・・・。 なぜですか?  かなり豪華ですよ! 中は、新築マンションと大差ないですし、エレベーターも一回交換してあるようですし、エントランスも、それなりに・・・。 でも、古い感はありますけどね。』

『わかりますよ。 一応、プロですから、想像つきます。 逆に内装は、安物にしておけばいいものを、しっかりリフォームしちゃってるんですよね。  そこがタチ悪い! うちも、古いマンションを再販するときがありますが、そんなに費用を書けずに、なるべく安く販売できるように、必要最小限のリフォームをして売るようにしています。まあ、場所がいいから、売主さんの意図も分かりますが・・・リフォームに金かけても、築年数が減るわけではないので、勿体無いというのが、私の正直な感想です。 で・・・建て替えの事や、修繕積立金の継承については聞いたの?』

知人 『もちろん! 聞きましたよ! 建て替えの時期が来たら皆さんと話し合って、修繕積立金で建て替えをするんですよね? 多少の清算金はあるかもしれないんですよね? 』

  『ホォ〜〜〜w そうやって説明されたんですか〜w まあ、あながち間違ってはいないですが、そもそも建て替えをするってのは、マンションの住人の5分の4以上が賛成しないといけないんですよ! いろんな人が住んでいて、それが、話し合って、簡単に建て替えようってなりますかね〜? まあ、修繕積立がどれくらい貯まっているとか、敷地がどれぐらいあるとか知りませんから、断言はできませんが、そんな簡単なもんじゃないし・・・おそらく高額な清算金と労力が必要です。』

知人 『建て替えですか〜。 5分の4以上の同意か〜・・・・。清算金って出ことになるってことですか? いくらぐらいなんですか???』

『それは、詳細が分からないので算出はできませんが、平均的には、1000万〜1500万円ぐらいは追い金出さないとあかんでしょうね〜。 建て替え決議、計画でゴタゴタして・・・まあ、建て替えることになったとして・・・、その後、引越し、解体、建設・・・そしてまた引越し・・・。 建て替えできたとして・・・の話ですよ!』

知人 『なるほど・・・。 簡単ではなさそうですね〜。  仮に、5分の4の同意が取れなかったら、どうなるんですか? 皆さん、最終的に困りますから、同意するでしょう?  反対する人いるんですか? 反対する人は、どのような理由で反対するのでしょう???』

『そんなもん、俺に聞かれても知らんですわ〜w 住んでいる人もいろいろですから・・・。 まあ、清算金はらうだけの資力がないとか、空き家にしているから興味ないとか・・・、年齢的に引越しが面倒臭いとか、いろいろあるんじゃないですかね〜? 人それぞれ、生きている以上、それぞれに状況と事情がありますし・・・。』

知人 『それは、そうですね〜・・・。 物件的には、気に入ってるんですが・・・やめたほうがいいですかね〜??? 』

『それは、価値観も人それぞれなので、私は、なんとも言えないですが・・・、一つ言えることは、私だったら死んでも買わない! そういう面倒な事に、自分が関わるのも嫌だし、私の相続人も関わらせたくないです。 新しいのを買って必要なくなったら売る!のであればいいですけど・・・。今から古いのを買って住もうとは思いません。 戸建なら古くても、自分たちの判断でき値して建てるなり売るなり簡単にできるのでいいですけど・・・。』

知人 『そうですか〜・・・。 質問なんですが・・・、不動産の契約はしていないのですが、不動産の購入申し込みはしているのですが、買うのを辞めることはできるんですか?  実は、明日の午後、契約をする事になっているんです。』

『マジっすか〜!!! 明日、ですか〜?  ・・・。 やめれないことはないですけど・・・不動産業者として、その会社の営業さんの気持ちを考えると、可哀想というか・・・、う〜ん・・・。 検討段階ではないんですか???  ・・・・う〜ん・・・まあ、買いましょうw』

知人 『いや・・・。 そこまで聞いちゃったら買えませんよ! ペナルティーとかあるんですか?』

『契約前なんで、ないと思いますが・・・・。 いあぁ〜・・・明日の契約時間まで決まっていて・・・、同業的に・・・、それは、ないですわ〜。 いらん事を言ったな〜。 検討してるかと思ったんで・・・。 でも、俺なら死んでも買わないですけどね。 まあ、買ってあげてください! お金持ちなんだし・・・w』

知人 『お金なんかありませんわ〜。 あかんあかん・・。 ちょっと不動産屋に電話して断ります。 近藤社長! ありがとうございました。 』

そんなわけで・・・。

知人は、明日、契約という中古マンションの契約をやめたわけですが・・・。

向こうの業者さんも、素直に引き下がらなかったようで・・・・。


しばらくして、知人から電話があり・・・、営業マンが今夜、家までくると言っていて、契約は断ったけど、訪問を断りきれなかったから、どうしたらいいかと相談を受けまして・・・・・、おまけに、立ち会って欲しいとお願いされまして・・・私が立ち会う事になってしまったのです。

同業者の営業マンが訪問してきたところに、同業者がいたら嫌だろうな〜と・・・気乗りしなかったのですが・・・、この知人はクルマ仲間ということもあり断れなくて・・・家に行くことになったわけですが・・・・、営業マンのお兄ちゃんも、キャンセルをひっくり返すのにヤル気満々で・・・私は・・・



うーんここまで書いたところで・・・ブログランキングが2位⤵︎になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。


建設・不動産ランキング

投票ありがとうございました


ブログの続きです。

知人の家のソファーに座り・・・面が割れると何と無く嫌なので・・・帽子をかぶってサングラスをして対応したのですが・・・、その時の画像はないのですが・・・どんな雰囲気かいうと・・・わりと、これが近いかな〜?

IMG_6175


予定の時間よりも少し早めに、古いマンションを知人に売ろうとしている同業者の知人宅に行きスタンパイをしながら、車の話をしていました。

しばらくすると、古いマンションを知人に売ろうとしている同業者が来ました。

手土産を持って上司を連れて来ていました。

私は、『友人の・・・車仲間の近藤です・・・。』と自己紹介をして、不動産業者さんの方も、きちんとご挨拶をしてくれました。

その後は、おきまりのパターンで、知人がキャンセルをしようとするのを契約をさせようと、一生懸命、頑張っていました。

キャンセルの理由を聞いて、お客様の意見を尊重しながら契約してもらえるよに持ってこうとする。

その姿は、うちの社員に見習わせたいぐらいの熱意で・・・。

とは言っても・・・、うちの社員には、キャンセルのお客様を、ひっくり返してこい!なんていう教育はしていませんが・・・、まあ、弊社の話は置いといて・・・・、まあ、とにかく一生懸命・・・。

でも、大変申し訳なかったのですが・・・今回、私は、知人のキャンセルのサポートをしなくていけません。

『すみません。 ちょっと口を出しますが・・・、マンションの建て替えについて、皆さんで話し合ってとか、修繕積立金がどうこうとか、建て替えの成功例とかを提示していますが・・・。 このマンションの詳細を教えてください! 安心できる材料を提示してくれないと・・・古いマンションを買わないのは、建て替えの時期が近いというところがキャンセルの理由なんだから、一般的な話では納得できないと思いますよ。』

不動産業者 『マンションは、5分の4以上の住民が建て替えに賛成すれば、修繕積立金を使って建て替えをする事になります。 このマンションは、平成13年に内外装、昨年、外装とエレベーターなどを改装して・・・何よりも管理体制もしっかりしており、きちんと管理されております。 建て替えについても、絶対とは申し上げられませんが、問題ないと考えておりますが・・・、具体的にとは、どういう事でしょうか? 何をお知りになりたいですか?』

『う〜ん。 まあ、あのマンションを査定すると、@@@@万円±300万円・・・業者買取だと逆算して$$$$万円ぐらいじゃないですか。 で・・・あのリフォームは、玄関周りに金をかけて、間接照明を上手に使って古さを消して、クロスを部分的に高いのにして、居室はSPだけど・・・。 あとは、扉、水回りも全部交換して、キッチンも鏡面パネルの美しさを生かしてカッコよく仕上げてあるよね。  だいたい、600万円〜700万円ぐらいかかってるよねw 御社の利益は、200万円〜300万円ぐらいかな? 理屈は分かる・・・、根拠の前に・・・建て替えを考えてリフォームしたとは思えないだよな〜w 将来のことを考えていない物件は買えないからキャンセルなんだよ!』

不動産業者 『いえいえ、ご購入いただくお客様のことを考えて、しっかりとリフォームして販売をしております。 近藤さん、詳しいですね〜。 不動産・・・、建設関係の方ですか?』

『まあ、多少かじってる程度ですが・・・。 きちんとリフォームしてあることも理解できますし、管理組合の運営がしっかりしていることもわかります。 そこじゃなくって、この古いマンションの建て替えの時期を考えて、今、この金額で買って、採算合いますかね〜? 新築や築浅の方が良くないですか? 築40年を超えているマンションが新築の価格の7割の値段ですよ! 建て替えを考えたときに、どう考えたら良い買い物なのか、具体的に教えてくださいって言ってるんですよ!』

不動産業者 『何を具体的にご説明させていただけば、ご納得いただけるのでしょうか?』

『う〜ん。 例えば、5分の4以上の賛成が取れるであろうというところの根拠・・・、それに納得できたら、修繕積立金と清算金の想定金額・・・、あのマンションの土地の建ぺい率と容積率から、どれくらいの建物が建てられるとか・・・、想定でもいいからさ〜・・・、プロなら、もう少し、具体的な話をしないと納得行かないと思うよ!  マンションの建て替えの大変さと、手間暇・・・分かって喋ってないでしょう。というか、そこ考えずに買取して再販してるよね???』

不動産業者 『いえいえ。 弊社は、建て替えのことも考慮していますので、こうやってご説明させていただいているんですよ!  ご存知だと思いますが、あの場所は、人気のエリアで・・・・(中略)・・・ですから、建て替えをした際には、価値が上がるので・・・決して買っておいて損をするということはございません。』

『そうかな〜? 容積だろ・・建設費が安めで坪100万円として計算しても・・・11億じゃん・・・今の部屋数からして・・・、共用部だろ・・・、あっ、でも、斜線考えると、容積全部は食えないから・・・う〜ん・・・。 計算し直しだ・・・。えっと・・・(中略)・・・、あはははhw あかん、あかん、話にならん。 解体費、引っ越し代、その間の居住費、安く見積もっても3500万円以上・・・修繕積立がいくら貯まるのか知らんけど、計算上、オタクの言う、多少の清算金でできるわけないだろうw あんたも、計算してみなよ! ほら・・・w』

不動産業者 『・・・。 ・・・・。 そのために修繕積立金が、平成15年から少し上がってるんです。おそらく建て替えも視野に入れてのことだと思います。 マンションというのは、新築時は積立金が安く設定されているのですが・・・・(以下省略)』

『分かった分かったw じゃあ、今の修繕積立金で、あと20年貯めたとしようかw で・・・、あと1回補修工事したとして・・・、ん〜〜〜、キャンセルするマンションの建て替えだし・・・、だんだん計算するのが面倒臭くなってきた・・・。 ちょっと予想でいいから算出して、提示してみてください。 計算するまでもなく、良い買い物とは言えないでしょう???  はい! 計算してみて・・・予想ぐらいの感じしか出ないと思うけど・・・・。』

私は、自分のiPhoneの電卓を渡そうとした。

不動産業者 『・・・・。 ・・・・。 マンションの建て替えは経験がないので、計算自体ができません。 』

『あははははははははwww 言ってることが変でしょうw 建て替えの費用の予想すらできないのに、何を根拠に、今までのことを喋ってたんですか??? 』

不動産業者 『近藤さん、本当に、お詳しいですね〜w 建設関係・・・設計士さんですか? 不動産の知識もあるようですし・・・。もしかして、マンションの修繕関係のお仕事をされているとか・・・w』

『いえいえ。 ちょっと、かじっている程度なんですけど・・・。 私は、こういう者です・・・。』

IMG_6976


ということで・・・、不動産の名刺は出しにくかったので・・・ダイヤニウムの名刺を出して・・・自己紹介と、環境浄化触媒の消臭、抗菌、抗ウィルスの宣伝をさせていただきました。

不動産業者 『そうなんですね〜。 お詳しいので、』

『まあ、そんな話はどうでもいいけど・・・。 営業として、キャンセルを、ひっくり返したいのは分かりますが・・・。 ちょっと厳しくないですか?  御社の商品を貶すつもりはないですけど、こんだけ古いマンションを、いくら内装を綺麗にしているからって、こんな価格で買ったら、先々不安なので、キャンセルをしたいってことなんですよ! ご理解いただけましたか?』

ここで、不動産業者の上司が・・・・。

不動産業者上司 『もういい! おい、帰るぞ!  話にならん!  明日の契約、中止! 部外者が出てきて、あーだ、こーだ言われて・・・話すだけ無駄だ。』

突然豹変して、ものすごい嫌な態度で・・・部下に言い放って、私を睨んで、席を立って帰ろうとした。

『すみませんね〜・・気分を害しましたか? まあ、でも、気持ちは理解できます。 だた・・・、上司がキレて、悪態ついて席を立つって・・・、御社の方針と、おたくの人間性がお粗末すぎる。 ここは、プロなら、悔しくても、承知しました、良い物件をお探しください!ぐらいのことを言って、帰ったほうがいいんじゃないの?  ムカつく、気持ちは分かるけど・・・w』

不動産業者上司 『・・・・。 はい! そうですね・・・。』

そして、私は、紹介者にも言った・・・。

『キャンセルするのを、止めるためにアポイント入れていること分かっているのに、なんでOKしたの?  俺も、ここまで話さなくてはいけなくなったし、この人たちも嫌な思いをしたじゃん。 契約の段取りまでしていたのに申し訳ないって、きちんと断って、買う意思はないと伝えればよかったんじゃないの? まあ、友達として、この物件は買わなくてよかったと思うから結果は良かったと思うけど・・・。』

知人 『ごめん・・・。 それはそうなんだけど・・・。 買うと言った手前、断りづらかったから・・・。 嫌な役をさせてしまって申し訳ない。』

『まあ、これで、区切りがついたから良かったけど・・・w』

続いて・・・不動産業者さんに言いました。

『そういうことなので・・・、あれこれ言ってすみませんでした。 もし、御社の物件で、もう少し新しくて良い物件があれば、また声をかけてあげてください。 次回は、資料を見た時点で、良し悪しを彼にアドバイスしますので・・・。 良いと思えば、今日とは逆に、買うように勧めますw もちろん、あかんと思えば、車仲間なので、あかんと言いますが・・・w』

不動産業者上司 『分かりました。 でも、ご存知だと思いますが、あの地域はなかなか物件が出ない場所なので、正直、ご納得いただける物件を出す自信がありません・・・。』

『ですよね〜。  買って、リフォームして再販するのは、どうしても、こういう感じの物件になりますよね〜。 築浅であれば、数年住んで逃げることもできますので、賃料と比較しての居住費計算が成り立ちますが・・、古いとババ引く可能性が高いので・・・契約日まで決めといて・・・今回は、すみません。 まあ、彼も素人なんで・・・。 良い物件があれば・・・ということで・・・・。』

不動産業者上司 『ご同業の方ですか・・・w なるほど・・・納得できました。 建て替えの算出までされるとは思っていませんでしたw どちらの方ですか???』

『まあ、今回は、車友達に頼まれて!ということなので、まあ、いいじゃないですかw 調べたら分かりますよw そのうち、仕事することもあるかもしれませんし・・・。』

不動産業者上司 『分かりましたw  失礼いたします。  お邪魔しました。』

不動産業者たちは、帰って行きました。

この後は、知人が、申し訳ないと・・・美味しいお鮨屋さんに連れて行ってくれましたが・・・・。

不動産の相談からの・・・嫌な展開になってしまい・・・車仲間の頼みとはいっても、なんとも後味が良くない感じでした。

IMG_3930


まあ、でも・・・・。

古いマンションを購入する際は、建て替えの事とかを考えて購入してください。

だからといって、古いマンションをリフォームして売っているものが悪いというわけではありません。

割高なものは買わないほうがいいという話で・・・、残存期間を考えて割りが合うなら古い物件を買ってもいいと思います。

なんにしても・・・建て替えのことや、居住費の計算をするということが大事だと思います。

そんなわけで・・・本日は、読者さんからのリクエストで・・・、古いマンション買う? 分譲マンションの建替えについて!というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




2018年04月15日

2138)久しぶりのシンガポール出張!

皆さん、すみません。

一週間前の、ブログからの近藤社長へのメッセージの返信も、まだ全員の人にできていないのに・・・シンガポールに来ております。

今回は、6割ぐらいが仕事、2割ぐらいが知人との会食、2割が完全なプライベートという感じですが・・・、まあ、格好つけて、6、2、2の割合で分けていますが、簡単に言うと、6割仕事、4割プライベートという感じです(笑)

IMG_2259


今回は、シンガポールのクライアント様のご好意で、セントーサ島の、カペラ シンガポールに泊まっております。

200平米ほどの大きなヴィラで、部屋の外に、専用の庭とジャグジーと、プールが付いていますが・・・、部屋は何となく寂しいし・・・庭は、蚊が多いので、ホテルのプールに行ってますwww

シンガポールからも空いている時間に、順次返信しております。


IMG_2278


朝食を食べながら・・・・メールの返信と、メッセージの返信・・・・こちらの仕事の資料作り等・・・・。

午前中は、プールサイドのレストランで食事をして、パソコンをカチカチしたり、日本の仕事の打ち合わせを電話でしたり・・・。

シンガポールに来ても、結局、電話とパソコンを持ち歩き、カチカチやってます。

IMG_2282


しかし、ここは、快適すぎるな〜・・・・。

朝食食べて、仕事して、プールで泳いで、シャンパン飲んで、また仕事して・・・、またプールで泳ぐ・・・、ホテル中、どこへ行っても、Wi-Fiがあるのが、本当に助かります。

滞在中・・・毎日、午前中は、ホテルにいます・・・。

知人も、訪ねてきてくれますし・・・・w

IMG_2262


カペラさんも、こんなことをしてくれるので、嬉しい限りです。

これ、言っていいのか分からないですけど・・・、このセントーサ島には、日本の有名な方々も、何人か住んでいるんですよ〜w

そして・・・午後は、基本的には、オーチャードに行って仕事をしています。

オーチャードでは、ガチでビジネスをしている感じで、シャンパンも飲まずに・・・コーヒーを飲みながら、不動産、投資、永住等の、相談に乗ったり、打ち合わせという感じです。

IMG_2263


こんな感じです。

内容は、個人情報というか、シークレットなことが多いので横に置いといて・・・。

テーブルには、シャンパンではなく、コーヒーが置いてあります
(証拠w)

IMG_2265


しかし、まあ、何と申しますか・・・シンガポールの不動産は相変わらず高いですね〜。

土地が少ないから仕方がないのかもしれませんが、正直、建物のクオリティーを見ると・・・、これで2億? これで5億?? これで10億???って思ってしまいます。

まあ、これは、日本人が神経質すぎるのかもしれませんが、建物の細かい部分の収まり具合が・・・ありえないぐらい酷い・・・、もう一点、これは、私の個人的な意見ですが、億の建物に、なぜ、ウォシュレットがないんだぁぁぁ〜〜〜って思います。

最近は、ちょいちょい付いていることもありますし・・・、私は、自分で携帯型ウォシュレットを持参していきますので問題ないのですが・・・。

コンサルの仕事と不動産とウォシュレットの話は、これくらいにしまして・・・。

次の話題に移る前に・・・読者の皆さん・・・シンガポール出張中の本日も、ブログランキングの投票をお願いします。

下部のバナーをクリックして、人気ブログランキングを開き・・・各ブログの中から(素人さんの為の不動産学校)をクリックして、このページに戻ってきてください。


不動産ランキング

投票ありがとうございました


さて・・・続きです。

シンガポールは、富裕層の方が、本当に多い・・・。

IMG_2288


ちょっとした集まりがあると、駐車場は、こんな感じです。

日本では、社長の集まりは、レクサスか、クラウンぐらいじゃないですか・・・、シンガポールでは、フェラーリ、ランボ、ロールス、ベントレー、その他、スーパーカーのオンパレードw

不動産も、すごいですが・・・車もすごい・・・、私のフェアレディ240zを持ってきたかったです。

とりあえず、シンガポールでは、飯屋食いながら、旧車の魅力を熱く語ってきました。


飯といえば・・・・シンガポールは、相変わらず、飯が旨いですね〜。

IMG_2340


基本的に、肉は、和牛・・・、魚介類も野菜も、日本の名産地のものばかり・・・、そこに、ヨーロッパからのフォアグラやトリュフ、チーズ等・・・、それを、星のあるレストランのシェフが料理をするわけで・・・旨いに決まってるでしょう・・・という、最高のクオリティーなのです。

そして、現在、日本では数が少なくなってきた、国産ウイスキーの年代物や、高価なフランスワインが、めちゃくちゃ揃っているのです。

山崎、響等の国産ウイスキーの年代物・・・、有名な日本酒、焼酎・・・、五大シャトーのビンテージ・・・。

つまり、食材も、酒も、日本でなかなか手に入らないようなものが、何故か、シンガポールの高級店には、いくらでもあるのです。


ある意味・・・恐ろしい国です。

そして、シンガポールの、とある御仁が・・・こんなスペシャリティーなものを出してくださったのです。

IMG_2310


これ、蕎麦です・・・。

キャビア、ウニ、イクラ、カラスミ、金箔・・・入り・・・蕎麦!

蕎麦も、白蕎麦です。

日本でも、こんな蕎麦を食べたことはありません・・・・。

本音を言うと、それぞれを食べて、最後に蕎麦だけ食べたいですが・・・、たぶん、これは、歓迎の意として、日本では食べられない和食ということで、作ってくださったのだと思います。

この作品を見たら、シンガポールの一流店に、けっこう良い素材が入っていることがわかると思います。

それに、シンガポールには・・・、日本では、ほとんど手に入らない山崎の最古のものや、響の30年なんて、ゴロゴロあります。

ついつい、食べ過ぎ、飲み過ぎ・・・、リバウンド中ですw

食の話は、ここまでにしますが・・・・。



シンガポール出張・・・・。

残念ながら、私は、この国で、不動産デベロップメントはできません。

この国では、不動産業者でもなく、デベロッパーではなく、富裕層のコンサルタントでしかありません。

日本では、住宅地開発、商工業用地の開発等はできても、シンガポールでは、お手伝い程度(笑)

この国で、デベロッパーになるには、法的なこともありますが、それ以前に、資金力が足りなさすぎる・・・。

毎度、書くことですが・・・、この国に来ると、自分の小ささみたいなものを感じます。

同時に、他国の人たちに負けてたらあかんな〜、日本に帰ったら、もっともっと頑張ろうと思います。

2015-08-12-23-52-44


シンガポールでの仕事は、本日で終わりました。

明日、1日、カペラで、のんびり過ごして・・・帰国して・・・また、日常に戻り、頑張ります。


オッシャァ〜・・・(気合w)

そんなわけで・・・本日は、久しぶりのシンガポール出張!というタイトルで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









2017年03月31日

2144) この世に生きた証を残す不動産業

先日、住宅メーカーさんの懇親会で、顔見知りの同業者の社長と、森友学園ネタで盛り上がりながら、政治ラインに強い社長を、証人喚問風に、イジっていたところ・・・・、突然、見知らぬ若者に声をかけられまして・・・。

若者 『す・・・すみません。 お話し中にすみません。 千代田不動産の近藤社長ですよね〜・・・はじめまして、*****の**と申します。 近藤社長は、初めてなのかもしれませんけど、私は、ブログを読んでおりますので、近藤社長のことは、よく存じております。』

某大手不動産仲介業者の営業マンさんで・・・ブログの読者さんだったのですが・・・。

自己紹介・・・ブログの話・・・、私の著書(満足する家を買いたいならこうしなさい!)の話・・・、けっこう、空気が読めない感じで、一生懸命、話をしてきたので・・・、最初は、普通に話をしていたのですが、先ほどまで証人喚問風にイジっていた同業者も、まだ、証人喚問ごっこをしてほしそうに、その場に立っていたので・・・・。

 『今、この人相の悪い不動産屋を証人喚問していたんだけど、刑事訴追の恐れがありますので!ばっかり逃げるから、つまんないんだよな〜・・・。 よかったら、議長役やる???』

若者 『いえいえ・・・。 議長なんて、とんでもないです。』

 『う〜ん・・・。 この懇親会も、あと30分ぐらいで終わるから、それまで退屈じゃん・・・。 じゃあ、国会風に、俺に、聞いてみてよ・・・。  じゃあ、@@さん、議長ねw』

同業者社長 『わかりました・・・。』

若者 『は・・・はじめまして・・・私・・・(以下省略) 』

ここで、同業者社長と、若者が、お互い丁寧に名刺交換をしていました(笑)

同業者社長 『それでは・・・。 **くん・・・・。』

若者 『・・・・・・・・。 何を質問すればいいんですか???』

 『あはははw なんでもいいよw でも、俺、証人喚問されるような事はないから、普通に、聞いて・・・答弁するから・・・。』

若者 『えええ〜・・・。 森友学園の国有地売却問題について、近藤社長は、どうお考えですか?』

 『はい!』(挙手)

同業者(議長) 『近藤不動産大臣・・・。』

 『え〜、どうお考えって聞かれましても、何が問題なのか、わかりません。』

若者 『8億値引きとか、ありえないと思いませんか?』

 『ちゃんと、やろうよ・・・。 議長、注意してください。』

同業者社長 『社長・・・、国会ごっこで、ふざけてないで、マジで聞きたいです。』

 『いや・・・。 そもそも、森友問題以上にやらなきゃいけないことだらけじゃない? 北朝鮮、韓国、中国、アメリカ、ロシア・・・。 今の状況を考えると、森友で時間を使いすぎでしょう。』

ここで、、国会ごっこは終わってしまい・・・まじめに話をしました。

外交問題を、軽く話した後・・・・。

 『そもそも、俺は、あの土地に、あの深さで、あの量で、ガラ、ゴミが、本当に埋まっているとしたら、決して安く買ったとは思えない! 逆に、国は、瑕疵担保責任を逃れたわけで、その対価が8億ならいいんじゃないの? あのまま9億以上の価格で売って、後からゴミがでてきて、瑕疵担保責任を追うことになり、建設が始まってからだったら、8億では済まないでしょう。 』

若者 『それは、そうかもしれませんね・・・。 確かに・・・。 』

同業者社長 『まあ、産廃の種類や量によりますけどね〜。 産廃だけではなく、土壌汚染にもよるし・・・。でも、近藤社長の言う通り、建築が始まってからだったり、それを隠したとして、学校が開講してからだったら最悪ですよね。8億ぐらいでは済まないでしょうね。』

 『だから、森友学園の事は、国は、最善の方法で売却をしたと思うけどな〜。 こんだけ産廃があるから、こんだけ値引きます。 あとは、民間でやってください!という売り方だからね。 現実問題、実務的にも、産廃が埋まっているところだからと、めちゃ安くなる事もあるじゃん。 5年くらい前に、仲介してもらった土地も、めちゃ激安で売買したというか・・、重説に、産廃が埋まっている事を書いて取引したじゃん。覚えてるでしょう???』

同業者社長 『確かに・・・。 そうでしたね〜。 あの土地は、あのまま使うからって、お客さん喜んでましたね。 でも、それって、ゴミ付きで買っているわけですから、通常問題のない土地にしようとした場合、相場以上の土地になる可能性もありますからね〜。』

若者 『そう言われてみれば、そうですね〜。 ゴミ付き土地なわけですからね。』

 『それに、あんなもんは、事前調査だけで、実際に、どれだけの量の産廃が埋まっているかなんて、全箇所、掘って撤去してみなければ分からないわけで、それを覚悟で買っているわけだから、俺は、国も、うまいこと、売り抜けたな〜って感じだけどな。 やばい土地は、国の費用で撤去するか、公的な施設の用地にするしかないもんな〜。』

同業者社長 『民間が、買ったわけですから、ゴミを処分するか、ゴミ付きの土地のまま利用するかは勝手ですからね〜。 もちろん、産廃等も含めて、土壌汚染等、人体に悪影響を及ぼすことがなければですがね。』

若者 『その後も、問題が、あっちへ、こっちへ・・・。 最近は、寄付の事や、装置夫人が公人か私人かなんてことまで広がってしまいましたからね。』

 『だから、最初に言ったように、私の意見は、もっと他にあるでしょう!って答えななんだよ・・・、何かの時間稼ぎなのかな〜?って思ってしまうくらい、いつまでもやってるからな〜。 以上! 』

同業者社長 『結局、政権と選挙ってことですよね。 こんなことをやっていると、政治に対して不信感が大きくなるだけですよね。 世界からも、笑われているんじゃないですかね〜?』

若者 『生意気かもしれませんが、なんか、世界に対して恥ずかしいですね・・・・。 ・・・・。』

同業者社長 『・・・。 森友ネタ、もうやめましょう。 我々も、時間の無駄遣いをしているゆな気になってきました。・・・・・。 はい、次に行きましょう。 **くん・・・。』

そんなわけで・・・・ここで、森友ネタは、完全に途絶えたわけですが・・・・。

若者 『では、続きまして・・・、近藤社長は、以前、ブログに、私にとって不動産は、職業ではない! 不動産屋という生き物だと書かれていましたが・・・間違いございませんかw』

同業者社長 『近藤大臣・・・w』

 『書いた時期については、手元に資料がございませんので明確にはお答えできませんが、書いたように記憶しております・・・、いや、書きました。間違いございません。』

同業者社長 『**くん』

若者 『私は、不動産を仕事と考えていましたので、その言葉に感銘を受け、不動産に対しての考え方が少し変わりました。 それまでは、近藤社長のブログを少し批判的に読んでいたのですが、今は、素直な心で楽しく読ませていただいております。 そこで、質問です。 社長は、なぜ、不動産屋という生き物だと考えていらっしゃるのでしょうか?』

同業者社長 『おっ、なんか、国会っぽい話し方になってきましたね。 **さんは、国会中継見てるんですか? 』

 『議長・・・。 私的な質問は控えて、進行してください。』

同業者社長 『すみません・・・。 近藤大臣・・・・。』

 『はい! **委員の質問についてですが、私が、自分自身を不動産屋という生き物だというのは、楽しい事だからです。 何が楽しいのかというと、私が造った住宅街には、人が住み、そこで人が育つ・・・私が誘致した工場では人が働く・・・、私が誘致した商業施設に大勢の人が集まる。 そして、それらは、住宅地図に載り・・・おそらく私が死んだ後も残ります。 つまり、この世に生きた証を残しているわけです。 そのために生きていると言っても過言ではない! ですから、不動産屋という生き物なのです。』

同業者社長 『相変わらず、うまく纏めますね〜。 ゾクッとしました。』

若者 『す・・・すみません、議長・・・進行をお願いします。』

同業者社長 『おっ・・・そうですね。 すみません・・・。 **くん・・・・。』

若者 『はい! 近藤大臣、改めまして、今の御答弁に深く感銘をいたしました。 さて、続きまして、近藤大臣は、毎年、琵琶湖でマリンスポーツをなさっておられますね? ブログで拝見しておりますので、お答えにならなくてけっこうですが・・・。 さて、その、毎年恒例のマリンスポーツに、私も参加させていただきたいと思いを馳せてブログを見ておる次第でございますが、誠に図々しいお話ではございますが、今年の夏は参加させていただいてもよろしいでしょうか?』

同業者社長 『近藤大臣・・・・。』

 『はい! え〜・・・その件につきましては、今現在、予定がたっておりませんので、明確にお答えできかねる次第でございますが・・・・。 おそらく、今年も、イベントを企画する事になろうかと思われます。 その際には、党派を超えた形で、一致団結し、楽しく遊びたいと存じますので、お誘いをさせていただきます。』

同業者社長 『**くん・・・・。』

若者 『党派を超えて・・・。更に感銘いたしました。 ありがとうございました。 さて、時間も少なくなってきておりますので、最後の質問にさせていただきます。 近藤社長は・・・。』

と・・・・ここまで来たところで、懇親会の中締めの挨拶になってしまい・・・・中断してしまいました。

国会ごっこ・・・終わりwww

しかし、まあ、この大手不動産会社の社員さん・・・上手いというか・・・、絶対に仕事をサボって国会中継を見ていますよね〜w

多分、30代半ばぐらいの年齢だと思うのですが、多分、趣味は、国会中継を見る事!だと思います。

そんなわけで、住宅メーカーの懇親会の中締めが終わり・・・私は、仕事が大量に残っていたので、議長と、**くんに挨拶をして・・・主催者の関係者数人に挨拶をして名古屋支店に戻りました。

帰りのタクシーの中で・・・・。

**くんが、気持ちよい人だった事を思い出し・・・また、現在進行中の仕事の事を思い浮かべ・・・、そして、三月末の、決済の事も・・・。

2015-08-12-23-52-44


今期は、宅地分譲の数は少なかったものの・・・大型の工場誘致を2件・・・太陽光発電所を、大小合わせて30区画ほど・・・、その他、いろんな仕事ができたな〜と・・・。

3月末は、最終最後に、11件の太陽光発電の連携と、地権者10人以上を同日決済する工場用地の受け渡しがあるな〜と、気合を入れまくりながら、名古屋支店に帰ってきました。

そして、また、現在継続中の物件も含めて、地図に載る仕事ができます。


人間には寿命があります。

あと何百件・・・? 何千件・・・? 住宅地図に証を残せるのか・・・???

不動産は、本当に楽しいです。


そんなわけで・・・本日は、この世に生きた証を残す不動産業というテーマで書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください