太陽光発電

2017年07月03日

2166)経済産業省→職務横柄&怠慢(みなし認定 移行)

本日は、薄曇りっぽい感じでしたが・・・、太陽光発電は・・・

梅雨中にしては、けっこう頑張ってくれました。


2017-07-03-16-19-52


このままいくと、ギリギリ20万円超えるかな〜w(合計)

弊社で、太陽発電の設備をご購入された方で、遠隔監視を取り付けている人(十数人)は、こうやって、発電状況を、同時に見ることができるのです。

つまり、遠隔監視を取り付けている皆さんの、発電状況や、故障が分かるようになっているだけではなく・・・、本日、一番多く発電をした発電所と、一番発電しなかった発電所が分かってしまうんですw

ちなみに、ここに表示されている、皆さんを、太陽光、陽だまり仲間と呼ばせていただいております。


でも、実は・・・・。

この、素敵な陽だまり仲間は、昨年の末頃までに、購入をしてくださった方までなのです。


本年、平成29年1月20日から・・・・、経済産業省のへの新規の申し込み、名義変更、軽微変更等は、事実上ストップしております。

本年、1月20日以降に、購入申し込みをしたお客様の太陽光発電は、新規も、名義の変更も、軽微変更も、今現在できておらず・・・、当然、2月、3月、4月、5月、6月に、申し込み、契約をされたお客様は、何もできない状況なのです。

つまり、経済産業省は、太陽光の新規事業者、変更等、約半年・・・止めているということです。

1年のうち、半年、何も動けない状態にしたら、どれくらいの損失を与えるのか、おそらく分かっていないと思います。

まあ、所詮、役人ですから・・・、少しでも楽した得くらいにしか思っていないんでしょうけどね。

・1月20日〜3月末まで、事実上、新規、変更等を受け付けない。
・4月1日〜は、みなしの移行が終わるまでは、新規、変更を受け付けない。

そして・・・みなしの移行は、出してから、2ヶ月を経過しても、全く完了する気配すらない!


数件、確認作業に入った程度・・・、遅すぎる。

以前、問い合わせをした際に、約2ヶ月と言いながら・・・・2ヶ月経っても、完了しない!

これ以上、お客さまに、迷惑をかけられないので、抗議の電話をしようとしたのですが・・・・。

つながらない・・・・本日、10回以上かけましたが、繋がらない・・・・・。

この、繋がらない状態について、協力会社の電気工事会社に聞いたところ・・・。

電気工事会社 『社長、10回や20回で、つながったら・・・、それは、めちゃくちゃ運がいいですよ。 うちの事務員に、朝から、ずっと電話をさせ続けて昼までに繋がればラッキーなぐらいです。』

要するに・・・、事実上、新規、変更を半年止めていて、みなしの移行も遅れていて、問い合わせすら、させてもらえないというのが、経産省のやり方なのです。

さすがに、ここまで理不尽な対応をされると、真面目な国民の私としては・・・、政治の先生に、この実態を把握していただき、改善のお願いに伺おうかと思っています。

これは、弊社に対して特別な対応をしろとか、忖度的なものを期待してという話ではなく・・・、経産省の、このやり方で、どれだけの人たちが、迷惑を被っているかを、直訴するということです。


そんな、こんなで・・・、段取りをしようと考えていたところ・・・・こんな文章が・・・。

2017-07-03-16-11-06


半年、止めておいて・・・今更・・・・マジで、腹立たしい・・・。

1月20日移行に契約をしたお客様は、弊社に、手付金だけ入れて・・・・、新規の受付も、名義変更もできないまま、ず〜〜〜〜〜っと・・・・、放置されているわけですし・・・。

1月20日までに、パネルの在庫がなく、パネルの型番の変更ができなかった人は、ずっと、連携できずに、放置されている状態なのです。

つまり・・・経産省の、民官の都合なんて知らね〜よ対応の、お役所仕事のせいで・・・、大勢の方々が、困っているわけです。

うちの会社的にも、大勢のお客様からの手付け等の預かり金が、数億円溜まっている状態で・・・・みなしの移行がは・・・、もう完了するだろう・・・、まだか、まだかと・・・待ちながら、結果として、お客様の大切なご資金を預かってしまっている状況でして・・・。

あまりに、時間がかかるのであれば、一旦、預かった手付金をお返ししたいぐらいです。

お客様には、本当に、申し訳なくて・・・全てが他人事の経産省に腹が立ちます。

どっかの国会議員並みに・・・、このハゲ〜! ち〜が〜う〜だ〜ろ〜〜〜〜!、ちがうだろぉ〜〜!と、キレたいくらい・・・、腹が立ちます。

そういう意味では、本日、経産省の機関に電話しまくりましたが・・・、電話が繋がらなくて良かったのかもしれません


そもそも・・・、経産省は、対応もできないくせに、なぜ、急に、こんなことを、やりだしたのでしょう?

image


私の個人的な意見なんですけど・・・・。

政府は、太陽光発電を減らして・・・原発を再稼働させたくてしかたないのです。

東日本大震災の後、あわてて、太陽光発電を普及させようと、盛り上げるだけ盛り上げて・・・、今度は、いらなくなってきたから、減らしたいというのが、本音なんだと思います。

まあ、都合の良い解釈、まずくなったら切る、いらなくなったら捨てるというのは、いかにも政府のやりそうな事というか・・・、これまで、当たり前にやってきた事です。

少し前のブログにも書きましたが・・・・。

2017年4月1日(平成29年4月1日)から、改正FIT法が施行されました。

今回の、新たなFIT法では、これまでの設備認定という考え方から、新たに事業計画認定という考え方に変わりました。

ここで重要なのは、これから太陽光発電を始める方だけではなく・・・、既に設備認定を取得して太陽光発電の売電している人も、新たに・・・改めて・・・事業計画認定を取得する必要があるということです。

※ただし、平成24年6月30日までに太陽光の余剰電力買取の申込みを行ったものについては、提出は不要なんですけど・・・、要するに、特例太陽光と呼ばれているもので・・・、設備IDが「F」から始まるものは、大丈夫なようです。

現在、すでに取得している「設備認定」は、2017年4月1日からは「みなし認定」という扱いになり、2017年9月30日までに新しく「事業計画認定」を取得(申請かも?)しなければ、以前取得した認定も、取り消されることがあるようです。

つまり、今よりも高い売電契約をしてあっても、事業計画書(みなし認定)を取っておかないと・・・取り消されてしまい・・・、現在の売電収入が・・・無くなる・・・、又は、今の単価で取り直し・・・なんてことになる可能性があるということです。

とにかく、皆さん・・・。

みなし認定からの、事業計画認定への移行をしておいてください。


弊社で、太陽光設備をご購入いただいた方々は、やっておきますのでご安心くださいw

みなし認定からの移行をやってない方や、やろうとしても工事業者が倒産してしまっている等の理由でできない方は・・・、ブログの読者!と言って、電話をしていただけたら・・・、弊社の協力会社が格安で手続きをしてくれますので、下記までご連絡をください。


株式会社 テクナパートナーズ(申請担当 直通) 080−3672−3720


前回も、この手の内容を掲載してわかったのですが、太陽光発電の設備を設置したのはいいけど、太陽光業者と連絡が取れない、設置した工事業者が倒産してしまっている等、今後、みなし認定の移行手続きや、メンテが必要だというのに、どうしたらいいのかすら分からない、太陽光難民の方々が、けっこう多いことです。

みなし認定の移行手続きだけでなく、何でも気軽に相談してみたら、テクナさんのところは、きっちり答えてくれると思いますw

image


しかし、まあ、なんと言いますか・・・・。

経済産業省の、再生可能エネルギーの関係の機関や、電力会社は・・・、なぜ、こんなに、横柄で怠慢なんでしょう???

横柄、怠慢という自覚もなく・・・、こちらが、それを指摘すると、横柄、怠慢を、公平、平等という言葉に置き換える。


某女性議員の口調で・・・、ちがうだろ〜!って、真面目に叫びたい気分です(笑)

ここで、私は・・・、なぜ、経産省の関係や、電力会社は、我々、民間に対して、これほどまでに、横柄で、怠慢なのか、研究してみました。

国民の皆様が、一度認定した売電の権利を。。。、政府は、勝手に、みなし認定という言葉を作ってしまい、事業計画認定に移行しろ・・・、そもないと、売電を契約を取り消すぞ! 売電を今の単価にするぞ!と、脅迫じみた物言いで半ば強制的に、新制度に合わせさせる。

そこまで、やるなら・・・、それなりに対応ができるようにしておかなくてはいけないが・・・電話もなかなか繋がらない状況で、対応が遅れている。

半年間、新規と、変更の、手続きができないことで・・・・、弊社だけでも、お客様からの手付金を数億円預かっている状況なわけで・・・・これを、全国規模で考えると・・・、少なくとも何千億円?の事業が止まり、お金の流れが止まってしまっている。

弊社としては・・・、1月20日以降に契約したお客様の工事の県で・・・・、お客様から、数億円の手付金を預かりながら・・・、みなし認定の移行の進み具合を見ながら、造成工事、架台、パネル、機器の設置の段取りをしていかなくてはいけないわけで・・・・。

弊社は、4月に出した、みなしの移行に合わせて、6月には、造成工事、材料の発注をしています。

今月、来月には、弊社の事業資金に加えて、お客様から預かっている数億円の一部が、材料代として支払われるわけだが・・・、来月には、みなし認定の移行ができると予測して、工事に進んでいきます。

できることなら、見切発車はしたくないが、見切りで発車しておかないと・・・・、今度は、電力会社の方で遅くなったり、メーカーでパネルや、パワコンが不足したりして・・・さらに遅れるので、後手に回ることがないように・・・、これ以上、お客様に不安な気持ちにさせないように・・・。

経産省や電力会社のやり方が、適当でも、我々、民間に適当は許されないし、当然に、金環企業は、横柄も怠慢も許されないわけですので・・・、親方日の丸の連中の遅れは、我々民間企業が、できる範囲でだが、少しでも取り戻さなくてはいけません。

2017-03-12-13-10-10


私の中での予定では、4月申請の、みなしの移行が遅くても6月中旬に終わり、名義変更や、電力会社の手続きなど、それぞれを6月内に済ませて・・・・遅くても7月中には、工事を完成させるつもりでしたが・・・・。

このままだと、早くて8月中・・・もしかすると9月に工事完了&連携引き渡しなんてこともありえますので・・・・。

そうなると、低圧案件のお客様に、契約から〜工事完成まで、最長、9ヶ月待っていただくことになるので・・・・、正直、ありえませんよね〜。

経済産業省・・・、電力会社・・・・、この太陽光案件に関しては、対応が、横柄で怠慢すぎる・・・・・。

本日も、弊社の協力会社の電器工事会社の方々は、繋がらない電話に、一日中、何度も電話をしたり・・・いつ、返信していただけるのか分からないメールを何度も入れて催促しています。

経産省の機関に、連絡を取るのに、なぜ、我々民間企業は、数時間も・・・、半日以上も・・・、何十回も何百回も・・・、電話を回し続けなければいけないのでしょう???(笑)

経産省は、人や企業を何だと思っているのでしょう???

官、または、半官半民会社は、民を何だと思っているのでしょう???

まあ、なんにしても・・・・、そろそろ、私も堪忍袋の尾が切れてきましたので・・・、微力ながら何らか手を打とうと・・・又は、真剣に抗議しようと考えております。

読者の皆さん・・・、だからといって・・・・、経産省の玄関先に、むしろ旗立てて、居座ったりはしませんので・・・ご安心ください(笑)

そんなわけで・・・経済産業省→職務横柄&怠慢(みなし認定 移行)について、書かせていただきました。


本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください














国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】





toshikazy at 23:30|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月16日

2148)太陽光発電 税制優遇措置について

太陽光発電の設備は、100%償却できるのか? 50%なのか? 0%なのか?

平成29年3月31日までは、一定の条件を満たせば50%即時償却ができたわけだが、29年4月1日以降は、どうなんだろう???


昨年から、0%になるとか、100%できるとか、50%を延長するのではないかとか・・・好き勝手に噂が飛び交っていた。

2017-03-19-15-53-54


これが、4月1日以降も、0%だとか、100%だとか・・・太陽光発電事業者は、それぞれの自論を述べていた・・・・。

この自論の発端は、中小企業経営強化税制の、即時償却や、税額控除が使えるのか使えないのかということなんだが・・・・。

まあ、税額控除は、置いといて・・・・100%即時償却は、皆さんが、一番気にしているところで・・・、100%償却が使えるのであれば、太陽光発電の設備を、一発で落とせるという、大きく利益を出している場合、めちゃくちゃ美味しい・・・というか、神様ありがとう〜wって叫びたくなるぐらい嬉しい税制です。

使えなければ・・・基本17年償却(実質約11年?)・・・、ぼちぼち落としていかなくてはいけないわけで、税制としては、美味しくも何ともない。

使えれば・・・利益の大半を、太陽光発電に変えちゃえば・・・、先送りにはなっても、とりあえずのところ、その年に100%償却できちゃえば、基本的に、めちゃ美味しいw

まあ、太陽光発電は、空室リスク等がなく、表面利回り10%超えの物もあるので、単純に収益物件としても十分おいしいわけだが・・・・贅沢を言えば、100%即時償却ができれば、最高ですよね。

中小企業経営強化税制の適用条件から考えてみよう!

詳しく書くと長くなるので、簡単に書きますが・・・・まず、対象は、個人事業者又は中小企業者、青色申告してる個人・・・・。

そして、機械装置 工具 器具備品 建物附属設備(ボイラー、LED照明、空調等)が対象です。

*対象にならない場合もあるので、詳細は、グーグル先生に聞いてください。(調査要す)

太陽光発電の設備は・・・???

太陽光発電設備の種類としては機械装置に該当しますし・・・、太陽光発電設備の価額は、ほとんどが160万円以上なので、基本的に、太陽光発電設備は、設備の種類についての条件は満たしています。

ここらへんまでの情報だけだと・・・、おおおおおぉぉぉぉ〜 100%償却できそうじゃんwwwとなるわけです。

続いて、中小企業経営強化税制の指定業者は・・・・。

下記の中に電気事業があるか探してみてください。↓

・不動産業w・農業、林業、漁業、水産養殖業・鉱業・建設業・製造業・ガス業・情報通信業・一般旅客自動車運送業、道路貨物運送業、港湾運送業・海洋運輸業、沿海運輸業、内航船舶貸渡業・倉庫業、こん包業・卸売業、小売業・郵便業・損害保険代理業、物品賃貸業・学術研究、専門・技術サービス業・飲食サービス業、宿泊業・生活関連サービス業・映画業・教育、学習支援業・医療、福祉業・協同組合・サービス業等・・・・・。

電気事業を探せ! 上記の中に、電気事業を探してみてください。

残念ながらありません。

基本的に、電気、水道、娯楽等もできなかったと思います。

これを見た人は、太陽光発電は、100%即時償却できないんだぁぁぁ〜(:泣:)となるわけです。


そんなわけで・・・解釈上・・・・。

できるんじゃないかという業者と、できないという業者が・・・いたわけで・・・・。


ただ・・・・まあ・・・、こうやって考えると・・・基本的に100%償却はできないということになります。

つまり、売電目的の全量売電の場合の太陽光発電設備は、中小企業経営強化税制の対象にはならないのです。

詳しくは、中小企業庁ホームページをご覧ください。

注目すべき点を挙げましょう。

これが・・・→ 平成29年4月6日に中小企業庁が、中小企業経営強化税制Q&Aの中で公表してしまった。

:売電のみを目的とした太陽光発電設備の導入は対象になるのか。

:全量売電の場合には、電気業の用に供する設備になると考えられます。電気業については中小 企業経営強化税制の指定事業に含まれておらず、対象となりませんのでご注意ください。 一部について自家消費や余剰売電を行う場合につきましては、個別の利用状況に応じた判断に なります。個別ケースにおいて判断に迷われる場合は、所轄の税務署までご確認ください。 (なお固定資産税の特例については、対象になりえます。)

でも、私は、アホなので・・・いろいろ考えましたw

中小企業庁のホームページを、あれこれ分析すると・・・・。

例えば・・・・。

工場やスーパーの屋根で太陽光発電をして、その電気を使うのであれば、電気事業ではなくなるわけですから・・・、中小企業経営強化税制になると思うのですが・・・・。

もしも・・・・、不動産業者の弊社が、野立て看板を設置して、限りなく使用電力の少ない麦球ぐらいのLEDを設置して、昼も照明を照らす、夜も小さな蓄電池を搭載して、看板を照らし・・・、つまり、野立て看板を設置して、弊社の分譲地や、自社の広告看板を照らし・・・残った電力を売電する場合、これは、電気業なのか・・・???

不動産業の一部として太陽光発電設備を設置して、余った電力を売電するという場合はどうなのだろう???

仮に・・・・売電収入が16万円あるとして・・・・。

月額の使用電力1000円分・・・、売電収入15万9000円となるかもしれませんが・・・。

もしくは・・・・。

工場や商業店舗等だと、使用電力15万9000円分・・・買電収入1000円であればいいのか???

中小企業経営強化税制は、100%事業のために使い1円でも売電したらだめなのか・・・???

もしくは当初、自社で電力を99%利用して1%を売電する目的で、税制上可能な業種が税制を利用して100%償却をして、その後、業種を変えるとか、廃業して設備を売却してしまった場合は、どうなるのだろう?

今後、このあたりのところを、突っ込みいれて・・・なんとか、中小企業経営強化税制を使えるように・・・頑張ってみたいと思います。

このブログは、税理士、不動産投資家、企業の社長の読者さんが多くいらっしゃいます。

産業用太陽光発電で、中小企業経営強化税制を使える名案がありましたら・・・こっそり、私宛にメールをください(笑)

4月連携、5月連携の方々に協力していただき、中部経済産業局に相談を持ち込みたいと思います。

100%償却ができるか、できないか・・・大きいですからね〜w

そんなわけで・・・・本日は、中小企業経営強化税制と太陽光発電即時償却について書かせていただいたわけですが・・・。

まあ、弊社のお客様や、私のクライアントさん、ブログの読者さんの半数以上の方は、収益物件として太陽光発電分譲を購入されていますが・・・それでも、やはり、税制を使いたい人もいらっしゃるので・・・・。

特に企業は、大型の太陽光で、一括償却できるかどうかは、決算上、大きく影響を受けるわけでして・・・・今のところは、できません!とした言えませんが、なんとか頑張ってみたいと思います。

原則、太陽光発電設備導入は売電目的であり、中小企業経営強化税制の対象にはならないということです・・・が・・・、あれこれ、試行錯誤して、頑張ってみますということで・・・・本日は、失礼いたします。


まあ、私は、税理士ではないので・・・今日のブログは、適度に参考程度にしてください・・・、参考にならないでしょうけど・・・・。

情報、お待ちしておりますw

そんなわけで、本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 12:51|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月03日

2145) 太陽光発電連携&新制度は???

太陽光発電で50%償却の税制を使われる方々の連携は、基本的に3月31日に連携が完了していなくてはいけません。

それをクリアすることで、50%償却を確定できるわけですが・・・・。

今年に入ってから、販売をしたわけですが・・・・多くの区画は、三月の後半の連携となりました。


電力会社は・・・、こちらのお願いや都合は聞こうともせず関係なく、マイペース・・・、我々が、急いでほしいとお願いしても、お客様がお願いをしても・・・、けんもほろろのおきまりの対応で、なるべく急ごうとか、親切に対応しようとか、3月に連携をさせてあげようなんて気は微塵も感じられない。

我々、中小は・・・、忙しい時期は、早出、残業、早飯、早糞なんですけど・・・、どうせ、定時に帰り、昼休憩は、満時間・・・、昼飯昼寝付き、おやつの時間もあるのかな?(推測)

愛知県は、特別、お願いをしたわけでもないですが、基本的に、大半の区画が3月連携できたのですが・・・・三重県四日*営業所と、岐阜県の*垣営業所だけは・・・1月どころか、12月の末に申請したものですら、未だに工事日が決まっていないものもある!

弊社の物件で、四日*営業所、*垣営業所管轄で連携する太陽光発電所には、生産性向上の50%償却をするお客様は一人もいなかったので、良かったが・・・・、考えただけでも、ゾッとします。

もちろん、弊社は、昨年の12月20日以後、29年3月末の連携を停止条件としての契約は一切受け付けておらず、お客様にも、そのご了解をいただいた上で契約を締結しているので問題はないのだが、それでも、お客様が3月末を希望されている以上、私としては、全身全霊を3月末連携に向けて、あれこれ手を尽くし交渉してきた・・・もちろん、自分のところだけなんてことは言えないのは分かっているので、とにかく順番でいいので急いで処理してくださいと・・・・。

ここ数ヶ月、毎日、毎日、どれだけ電力会社と戦ってきたことか・・・・。

そして、三月末の、連携ラッシュは終わった。


愛知県は、全員ではないが、大半の区画は、間に合ったが・・・、やはり、四日*と、*垣営業所は、愛知県より先に出したものも、粗全滅でした。

愛知、岐阜、三重、どこも忙しいみたいでしたが・・・公平、順番なのは、これは当たり前のことですし、その中でも、自分のところだけ急いでもらおうなんて事は思っていませんが、全体に急いでくださいってことは、各営業所に、少々お願いをしたり、今の状況を聞いたりはしました。

まあ・・・、混んでいるから公平、順番・・・と言われるのは、仕方がないが・・・、腹立たしいのは、対応・・・。(愛知除く)

昨年の12月20日以降は、3月連携が間に合わない可能性があると告知しているということを武器にして、けんもほろろ〜んって感じで、少しは申し訳ないな〜という感じもなく、急いでる様子もなく・・・特に四日*営業所に関しては、2月の末に書類が出ていないと言い放ってきて、すでに前に書類が出ていたのだが、それでも、遡るのではなく、そのまま、しれ〜っと何事もなかったかのように対応!

そして、もっと素晴らしいのは、1月連携のお客様の売電単価を間違えておいて・・・それを指摘したら、謝って訂正して終わりw

たぶん、こっちがミスをしたら、とんでもない事になっても、知らん顔するだろうに・・・自分とこは、ミスは、訂正すればいいんでしょ〜という感じで・・・。

やっぱり、半官半民意識というか、ライフラインを制してる者は、あきれるぐらい強いですw

公平という言葉を巧みに使いながら、実は、相手が電力会社と、こちらが一般市民という時点で、不公平・・・、理不尽な対応をするわけです。
’(愛知除くw)

まあ、でも、愛知県内は、どこの営業所も、そこまで対応が悪くないんですけど・・・というか、言ってることが理にかなっているというか、親切さ、一生懸命さを感じましたが、四日*と*垣は、あ〜いえば、こ〜いう、こ〜いえば、あ〜言う・・・、四日*と*垣営業所は何なのでしょうね〜?

特に、以前、IDを取ってった時に、設計が、ほぼ終わっていた案件までも・・・、経産省のほうが、変更不可のままで、締め切りの1月20日になってしまいそうだったので、理由を伝えて、前日にIDを差し替えたのですが・・・、その後、知らん顔で、頭ごなしに・・・まあ、言った言わないなんてことは水掛け論なので・・・・すみません・・・愚痴です・・w

今後、弊社は、四日*営業所管轄と、*垣営業所管轄の場所で、何か頼まれたら、絶対に協力しない!・・・・と、思ってしまうぐらいの対応!

まあ、腐ってもデベロッパーなので・・・、機会は訪れるでしょう・・・江戸の仇は長崎で・・・。

その前に、順番、公平、順番、公平って言葉の連打で、相当やられましたので・・・同一営業所内で、うちより遅く出して、うちより早く連携した発電所を探していますけど・・・。

12月20日以降は・・・。って、防衛戦張ってますから、それを盾にすれば、何でもありですからね〜www

まあ、恨みつらみの愚痴になってしまいましたが・・・この話題はこれくらいにして・・・。

無事に連携できたお客様からは・・・・。

3月末の連携は約束できないと言いながら、連携できた・・・、連携は難しいと言いながらできた・・・ということで、感謝してくださるお客様もいまして・・・。

BlogPaint


お客様の笑顔は、本当に嬉しいものです。

宅地分譲も、仲介も、太陽光事業も・・・、結局、お客様の笑顔を見て、達成感を感じるというか・・・・、仕事の楽しさ、仕事の喜びですよね〜w

BlogPaint


この、お客様の連携日は、曇りでしたが・・・・。

それでも、とっても、嬉しそうです。


実は、2物件購入されて、1物件間に合って、1物件は間に合わなかったお客様も・・・・1物件だけでも間に合って良かった〜〜〜と喜んでくださり・・・こちらとしては、いっしょに喜んでいいのか悪いのか分かりませんが、とにかく喜んでくださって良かったです。

今期も欲しいと、おっしゃっていたのですが・・・、、なるべく良い場所を・・・なんて思ってしまいますwww

半分償却できるのと、できないのでは、支払う税金の額が、大きく違いますからね〜・・・・!

一件間に合って、一件アウトだったのに、万遍の笑みで、お礼を言うって、なかなかできないと思います。(ありがとうございました。)

さて・・・少し話は、変わりますが・・・・。

お客様と私の太陽光ホットラインというか・・・、一部のお客様と、遠隔監視システム話で楽しんでおります。

遠隔監視システムというのは、どんなものかというと・・・・。

BlogPaint


こうやって、1日の発電量や売電金額を、リアルタイムで見ることができるのです。

弊社で太陽光発電を購入されたお客様の8割ぐらいの方は、遠隔監視を取り付けされるので・・・ちょくちょく電話たLINEで、売電報告をし合うのです。

このグラフを見ていただくと分かるのですが、何時頃、晴れていたとか、雨、曇っていたとか・・・分かるわけです。

そして、各パワコンが、正常に動いているかチェックをすることもできます。

BlogPaint


面白いのは、A発電所と、B発電所が、直線距離で、数十キロしか離れていないのに・・・その日の天気によって、Aのほうが発電したり、Bのほうが発電したりするわけです。

因みに、昨日は、弥富市が勝ち・・・、今日は稲沢市が勝ち・・・、でも、一昨日は、大治町が勝ちという感じで、けっこう、愛知県西部の中でも、雲の流れによって変わってくるのです。

 『あはははw 今日は、1万円超えましたね〜・・・。 某所は、同じ大きさの発電所で、7900円でしたよ〜w』とか・・・・。

 『え〜〜〜w 今日は、某所が1万円超えたのに・・・、何故、7900円なんですか〜w 行いが悪かったんですかね〜w てるてる坊主作りましょうw』

なんて感じで・・・・近々、LINE内で、太陽光コミュニティーでも作ろうかな〜なんて考えています。

ただ、発電所によって、多少、当たり外れがありますので・・・細かい方、フレンドリーじゃいない方や、遊び感覚のない方は、コミュには入らないほうがいいかもしれませんが・・・・冗談を言い合える方は、大歓迎という感じになるんでしょうね〜w

そんなわけで、太陽光の輪&太陽光の和をを広げていきたいと思います。

2017-04-02-11-26-23


あっ・・・フェンスが、まだ完成していませんね・・・明日から、工事に入りますw

さて・・・。

気になるのは、29年度の太陽光発電、新制度・・・・、どうなるのでしょうね〜???

売電単価、申請方法の変更などは、皆さんご存知のことかと思いますが・・・・。

税制優遇については・・・あるのか、ないのか・・・・今のところ、何ら発表されていないようです。

50%償却は終わり・・・・。

100%に戻るとか、なくなるとか・・・ここ数ヶ月、いろんな噂が飛び交っていましたが・・・。

3月末までに発表されなかったということは、予定通りなくなったということなのか、それとも、4月3日が、年度始めなので、発表されるのか・・・???

なんにしても、ここ数日で、はっきりしてくるのではないかと思います。


そんなわけで、本日は、太陽光発電連携&新制度は???というテーマで書かせていただきました。

本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします




ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






私のオススメの・・・運営する太陽光発電の一括見積りサイトです

全国100社以上の中から厳選した複数社の見積もりを取ることが出来ます。






toshikazy at 02:54|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote