不動産投資

2016年11月03日

2108)外国人の不動産購入問題

読者の皆様・・・私事でございますが・・・最近、担々麺にハマっておりまして・・・・。

週のうち、3日は、ランチが担々麺という日々を過ごしております。


先日、錦三丁目でビルを買わないか〜という話がありましたので・・・・真昼間っから錦三丁目に行きまして・・・ビルを見てきました。

ソシアルビルを見るときは、夜よりも昼見た方が、いろんな事が分かります・・・もちろん、両方見ないといけませんが・・・。

まあ、その話は、マル秘物件なので詳しく書けませんので、これくらいにしまして・・・・。

本日、物件を見た帰りに・・・担々麺屋に行ってきました・・・・。

2016-10-27-12-53-04


ど〜れ〜に〜、しよう〜かな〜、かみさまの言うと〜お〜り!

『ん・・・・、あれ・・・、金ごま担々麺か〜・・・・、うむ〜・・・本当は、ジンジャーが食べたかったんだけどな〜・・・・、あかん・・・男が、一度決めた事を覆してはいけない・・・。 すみません・・・金ごま担々麺、いっちょぉ〜w 』

いやぁ〜・・・独特の香辛料の中にゴマの風味が効いて、美味しいな〜w

2016-10-27-12-55-53


レンゲに少し汁を入れて、麺を乗せて、さらにその上に野菜をのせて・・・ズルズルって啜るように食べると、口に入った瞬間、ゴマの風味と、香辛料の香りでいっぱいになり、麺を飲み込む・・・、その後に来る、辛さがたまらなく美味というか・・・正直、旨いというよりは、脳に快感を与えるという感じです。

今回は、食べませんでしたが・・・実は、汁なし担々麺にもハマっていまして・・・、ネギとミンチ肉と、辛くて甘酸っぱいタレのコンビネーションが、たまらなく旨いです。

すみません・・・違う種類のブログになっていますね・・・・w

本題に入る前に・・・、本日も、順位が相当まずい状況ですので・・・、ブログランキングの投票をお願いします。


人気ブログランキングへ

ありがとうございます。


さて・・・本題に入りますが・・・、この担々麺屋で、知り合いの中国人の社長とバッタリ会ってしまいまして・・・。

まさか、こんなところで知り合いに会うとは思っていないところに・・・・、向こうから声をかけられて、びっくりしてしまいました。

社長 『近藤社長・・・・。』

 『おおおおおおぉぉぉ〜・・・。 しゃ・・・社長・・・びっくりしたぁ〜・・・。中国人も、ここの担々麺食べるんですね〜・・・、ん? 担々麺って、中華といえば中華ですけど・・・、現地の担々麺とは、かなり違う感じですよね〜・・・・。 』

社長 『ここの担々麺は、中国の味に近いですよ。 美味しいです。』

 『そうかな〜・・・。 俺、中国は、いろんなところに行ってるけど、こんなに美味しい担々麺は、中国で食べた事がないけどな〜・・・。 ゴマとミンチ肉と香料と麺のバランスが絶妙だよな〜w』

社長 『私は、好きではないですが、日本人には、汁なし担々麺のほうが人気があるようです。』

 『うん・・・。 確かに旨いよな〜・・・。 汁のある担々麺を食べると、汁なし担々麺が食べたくなるし、汁なしを食べると、普通のがたべたくなるw』

この店の担々麺は、中国人が食べても、相当旨いらしいです。

社長 『ところで、社長のところの国際事業部は、調子いいですか???』

 『いろんな国の方がいるけど、中国人には、苦労してるみたいだよ。 だって、中国人のスタッフが、中国人に売りたくないとか言ってるし・・・。日本や欧米系の担当の社員が羨ましく思えるらしいです。 条件や、交渉で、無理難題を押し付けられたり、お金があるようなことを散々言っておいて、蓋を開けると、大きく吹いたり、全然少なかったり・・・中には、全然持ってないのに、探しに来て、文句ばかり言う人もいるみたいで・・・大変そうです。』

社長 『私は、20年以上日本にいますので、その気持ちは分かります。 私も、商売するのは日本人のほうがいいです。 でも、最近、中国人も買わないでしょう。 本国からお金を持ち出せないので、以前ほど買えないばずです。』

 『そう、みたいだな〜・・・・。 まあ、小さな金額のものなら、カード決済したり、友達数人と日本に来て、お金を集めて買うみたいなこともあるみたいだが、大きな金額は動かせないので、みんな困ってるみたいだな。 うちの中国担当から聞いたよ。』

社長 『まあ、そうでしょうね〜w 』

 『なんか、その含み笑い的な笑顔、嫌だな〜・・・。 何か、方法があるのか???』

社長 『いや・・・。 ないです・・・、最近は、高い物件は買えないので、ビルや大きな土地を買う話は少なくなりました。』

 『まあ、中国人投資家は、お金を日本に持ち込むのが難しくなったというのもあると思うけど・・・、それとは関係なく、実際に、欲しがる中国人も減っていると思うよ。 オリンピックに向けて買いあさっていたけど、日本の不動産が、そこまで上がらない事に気付いたんだよ・・・、最近は、投資目的で欲しがる人も減ってきたし、逆に、売ろうとしている人も、徐々に出てきてる。まあ、以前よりも、円高になったのもあるかもしれんけど。』

社長 『それは、違います。 5万ドルまでしか中国から持ち出せないので、あれこれ工夫をしていたのが、厳しくなり、以前よりも厳しくなり、億を超えるような物件は、買いたくても買えないんですよ。 日本の不動産が高騰すると思っているのは、中国院以外の外国人投資家で、中国人は単純に日本の不動産がほしいんです。』

 『どっちでもいいw 元々、うちは、日本で、永住権を取り真面目に働いている人が相手だから・・・実のところ、あまり影響はないけどね。 そういえば、他所の不動産屋が、俺に中国で元を受け取ってもらって、こっちで円にしてもらえませんか?と頼んできたから・・・、俺は、その元を、どうやって日本に持って帰ってくるんだ?・・・俺は、中国で金をどうするんだ? って、質問したwww 』

社長 『あははははw それは難しいです。 そのお金で中国で物件を購入するならともかく、日本に持って帰るのは無理です。』

 『知ってるよw 何にしても、俺は、何でもかんでも、むやみやたらに売っているわけではないし、資金の調達の協力までして、売ろうとは思わんから・・・、少々美味しい話をされても触りに行こうとは思わない。 きれいなお金で買ってもらわんと・・・・困る。 ブラジルの人たちも、欧米の人たちも、他の国の人たちも、日本で融資を受けるか、ちゃんと資金を用意してきて買ってくれるわけで・・・、どこの国の人だろうが資金の調達には関わりたくないですわ。』

社長 『確かに、日本の金融機関のローンの斡旋ならともかく、外貨を扱うのは、外為法の関係もありますし、触りたくないでしょうね。 中国政府としても、外にお金を出したくないでしょうから、今後、中国人が日本で大きな物件を買うのは、どんどん難しくなるでしょう。 でも、社長・・・   日本人は、中国人が不動産を買うことを嫌っていますが、一度、旅行に来ると日本の良さが分かり、不動産が欲しくなるんですよね。 中国人が日本を好きになるということは悪いことではないと思います』

 『まあ、不動産を買いたいという人の大半は、日本を好きになったから不動産が欲しいと思うわけだし、私としては、日本が好きと言われると嬉しいw 東シナ海等の報道を見ていると、正直、日本人だから、イラッとするけどね。 実際の話、うちに来る中国のお客様は、国民性の違いでは、こちらも苦労はしているけど、反日感情は見えないというか、日本が好きという人が多いよね。』

社長 『そうなんですよ。 日本に来ると、皆さん、日本人に対するイメージが変わります。 中国にいると日本の良さは分かり難いです。 でも、昔よりは日本が好きという中国人が増えました。 私の友達も日本に住みたいという人が増えました。 同じように、日本で投資をしたいという人も増えました。 でも、今は、不動産に投資をするほどお金が持ってこれなくなりました。本当は、中国もGDP2位なんですから、もっと自由に外国にお金を出せるといいんですけど・・・。』

 『別に、中国側の問題だからいいんじゃないの? 正直、私は、外国人の投資家はどうでもいいんですよ。うちは、大きな土地やビルを外国人に売っているのではなく、日本で働いて永住権を持っていて、家が欲しい、マンションが欲しいという外人さんたちに売ってるわけだし・・・、差別も区別もしないけど、分別はあるつもりなので、資金の調達どうこうではなく、日本で真面目に一生懸命働いて頑張っている外国人なのかどうかが肝心なので、変なことをしなければ金が用意できないなら無理して買わなくていいんじゃないですかね〜w』

長くなるので、ここまでとしますが・・・・この後も、不動産の話でエキサイトしまして・・・。

何故か、担々麺屋で、中国人の社長と、何故か、中国人の不動産購入について、語り合ってしまいましたw


私の感触としては、中国人の投資目的の不動産購入は減っていますし、わずかですが、買った不動産を売ろうとしている動きもありますし・・・もう少しすると、かなり売りが出てくるような気がします。

逆に、住宅を買おうとする動きは増えているように思いますが・・・・。

投資が減って実需が増えているわけで・・・何を意味するかは、読者の皆さんがお考えください。

そんなわけで、本日は、担々麺の話と・・・、外国人の不動産購入問題というテーマで書かせていただきました。

ここの担々麺、真面目に旨いです

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 02:29|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年09月13日

1994)中級不動産投資家向け収益物件

不動産投資家が多く集まる懇親会に出席しました。

そうは言っても、不動産投資家の会とかではなく・・・ある不動産業者?建設業になるのかな?が主催して、不動産投資家を集めて、しょうもないセミナーをやって、その後、せこい食事で懇親会をやっていただけなんですけど・・・・。


会場で・・・意外とシャンパンは、まあまあ美味しかったのですが・・・。

おっ・・・キャビアだ・・・と、思って食べたら、キャビアに似せた味の、変な魚卵。

おっ・・・生ハムだ・・・と思ったら・・・塩辛いだけの、熟成度が足りない、変な生ハム。

仕方がないので、豚肉のグリルみたいなやつを食べながら、シャンパンを飲んでました。


実は、今回・・・、新築物件の話を30分ほど語らせていただいたのですが・・・、そのうちの10分ぐらいは、新築の用地の取得方法や、築年数が古い物件の処理の方法を話しました。

まあ、新築の話は、ネットで調べればいくらでも出てくるような内容で、ブログに書くような話ではないのですが・・・、利回りが高い古い収益物件を購入して、10年吸ってから立ち退きをして、新築に建て替えるというやり方を話しました。

もちろん、立ち退きの方法や、それ以前に、どういう入居者が立ち退きの場合に苦労するのか等を面白可笑しく話して、こういう奴は入居させたらいけません! でも、そういう人は、こうやって立ち退きをするんですよ〜wと、集まった投資家さんを笑わせながら・・・、出口戦略の重要さを話し・・・、最後は、不動産投資家はお金に細い人が多いが、貯め込んで死ぬだけでは成功者とは言えない、稼いで使って、不動産を残してこそ、不動産投資家としての成功だと話して終わりました。


その後の懇親会では、冒頭に書いた通りシャンパン飲みまくりだったのですが・・・ブログの読者さんから、時折、サインをくださいとか、いっしょに写真を撮ってくださいとかお願いをされて、いつもの感じで近藤スマイルで接しておりました・・・。

すると、一人の不動産投資家さんらしき人が話しかけてきました。 


最近は、不動産投資家も、フレンドリーな人ばかりではなくて・・・、喧嘩を売ってるわけではないのでしょうが・・・、ネットや本で得ただけの頭でっかちの浅い知識で、精一杯背伸びして話しかけてくる人もちょくちょくいらっしゃりまして・・・・。 

要するに、自分の中で考えられる精一杯の不動産投資を、人類史上、最上・・・最高・・・最強の不動産投資術だと思い込み、何を勘違いしているのか分かりませんが、プロに対して、アピールしてくるわけです。


本来、不動産投資というのは、学問上の正論、特殊な手法はあるにしても、何が本当に正しいのかなんてことは無くて、本人に合ってる不動産投資が一番いいわけですから・・・・・・。

そういう時に、私は、ここで相手を打ち負かしても、気分がスッキリするだけで、何の得もないですし、態々敵を作ることはないので・・・・、スゴイですね〜wと言って、やりすごすわけです。


今回、私に話しかけてきた方は・・・、『〇〇先生も・・・ 〇〇さんも・・・、私の不動産投資は、プロ顔負けだと言って、逆に私を尊敬しるなんてことを言ってくれたんですよ。 これだけ短期で、キャッシュフロー1000万円を超えた人は他に知りません・・・・。 本を出版したほうがいいですかね〜。  近藤社長も、住宅系の本ではなく・・・、不動産投資の本でも出されてもいいのではないですか? もしよろしければ、私の事を書いてもらってもいいですよw』と、おっしゃられて・・・・・。

その他・・・・・。

『でも、もう今は、名古屋市内の中心部で、儲かる物件なんて、1つもないですからね〜・・・・。不動産業者も飯を食えないって言ってます。 厳しい時代かもしれませんが、頑張ってくださいねw 自分も、キャッシュフロー1000万円を超えたので、不動産投資家ではなく、不動産事業家として頑張ります。』

私の講演に対しても・・・・・・。

『今日の講演の話なんですけど・・・・、築年数が古い高収益な物件で、短期で回収して、立ち退きして転売をするとかって、今の名古屋の中心部では不可能ですよ。 新築3〜4% 中古でも5〜6%、古くても7〜8%じゃないですか・・・、少し前ならともかく、今の名古屋では、そんな物件はない! 過去の話ですよね。 そういう時代じゃないですよ・・・・今は・・・・。 中心部で利回り10%超える物件なんて、ここ最近お目にかかったことがないです。 過去の儲けた話よりも、今後の話をしてほしかったです。』

通常、ありがとうございます。 厳しい時代ですが、何とか頑張りますと言っておくわけですが・・・・。

ただ・・・・今回は・・・・、あまりにも、上から、いらっしゃったので・・・・。

 『失礼ですけど、それぐらいのレベルの方は、いくらでもいますよ。 個人の不動産投資家の小さな集まりの中での小っさいプチ不動産投資ですね〜w あなただったら、もう少し大きな不動産投資ができるようになると思いますので、更にご経験を積まれたほうが良いと思いますよ。』

相手もカチンときたみたいで・・・・。

相手 『自分は、サラリーマンから、これだけ短期で、キャッシュフロー1000万円を達成したんですよ。 不動産投資家として更に経験と言われましたが、このまま拡大していくだけです。  最終的には、キャッシュフロー3000万円が目標です。 到達したら、相続対策です。 不動産屋さんたちも、私の計画を応援してくれていますし、誰もが凄いと言ってくれます。』

 『そうですか〜・・・。 それは、サラリーマン投資家としての成功であって、不動産投資を事業としての成功ではありません。 いいですか、不動産を舐めてもらっては困ります。 あなたが自慢するキャッシュフロー1000万円って、個人の不動産屋で言うなら、3億チョイの物件の片手数料分です。 2億の物件の両手数料なら、経費を引いても1000万円以上残ります。 それに、私のクライアントの中には、サラリーマンや、自営業者から、キャッシュフロー3000万円を超えた人なんていくらでもいます。 世の中は広いので、井戸の中だけ見ていてはいけません。 そういう意味でも、これからもご経験を積まれて頑張ってくださいねw』

相手 『胃の中の蛙という意味ですか? キャッシュフローが、1000万円を超えたぐらいで自慢をする気はないですが、サラリーマンでありながら、5年という短期で1000万円って人は、なかなかいないと思います。 経営者の方々でも、キャッシュフロー1000万円の物件はなかなか買えないと言ってましたし、自分は、3000万円がゴールであって、そこまで行くスキームはすでにできています。 キャッシュフロー3000万円あれば、そうそう、それを超える人はいないのでは?』

 『あははははw キャッシュフロー3000万円が、すごいという感覚が、すでに井戸の中での話なんですよ。 サラリーマンからコツコツ、キャッシュフローを1000万円にまで引き上げたことは立派だし、成功しているとは思いますが、最強でも、最高でもないので、そこは間違えると、蛙ちゃんって言われてしまいますよ。そもそも、キャッシュフローという言葉を連発すること自体が小さいです。 本物クラスは、ちまちまキャッシュフローを計算しながら生きてないです。』

相手 『キャッシュフローが、不動産投資の失敗、成功のバロメーターじゃないですか。 すべてがキャッシュフローですよね?』

 『あははははw  違う違う・・・・、キャッシュフローは大事だけど、ちょっと違うんだよな〜。 そんなにキャッシュフロー3000万円が欲しかったら、現ナマで3億5千万積んでらっしゃい、来年、確実に3000万円、手の上に乗っけてあげますよ。  地下の高騰で、利回りが良い物件なんてないと思っている、名古屋の丸の内で、利回り11% 3億5千万円の物件を買わせてあげますから・・・・。 まあ、諸費用入れると3億7千万円ぐらいになりますかね〜。 一発で、キャッシュフロー増えて、3000万円を楽に超えますよw』

相手 『そんな物件があるんですか・・・・。 少し値段交渉したら、もっと利回りが上がりますよね〜。 その物件の資料をください。 築年数は・・・? 現在満室ですか?』

 『そんな雑魚い物件ではありません。 値段交渉は1円もできません。 築年数は40年代後半、現在9割入居、満室になれば12%以上でます。 でも、融資特約なんてものは、つけませんし・・・・、築年数で考えると、融資は、かなり難しいです。 個人、法人の信用で融資を受けてください。 まあ、でも、できれば現況渡しで、キャッシュでザラ金決済でお願いします。』

相手、『一度、見せてください。 金融機関にかけあってみます。 』

 『たぶん、最強、最高の不動産投資家の貴方に買える物件では、ありません。 一応、会社のHPに掲載しておきますので・・・、もしも、気に入って、万が一、金が用意できたら連絡をしてください。 でも、普通は、こういう物件は乗せないんですよw 通常は水面下・・・、今回は、特別にHPに載せちゃいますw』

私は、その場から、社員に電話をして・・・・HPに乗せるように指示をしました。

本当は、丸の内で現況11% 満室12%の物件を乗せると、何でも指値すればいいと思っている人や、資金調達もできないので、買う買うって騒ぎ立てる人から、じゃんじゃん電話がかかってくるので、自社の関係のお客様だけに、こっそり持って行こうと思っていたのですが・・・・。

素人不動産投資家さんに、我々は、こういう物件を扱っているからこそ・・・、吸ってから転売、吸ってから解体して土地を売る等・・・・、講演できるんだよ〜wって事を知ってもらいたいので、今回だけは、名古屋の中心部で、こういう物件もあるんだよってことを、HPに掲載させることにしました。

2015-09-02-20-08-00


そんなわけで・・・・、この話は終わるわけですが・・・・・。 

不動産投資家さんの集まりに行くと・・・、キャッシュフローが給料を上回ったぐらいから、自分は、すごいぞW ・・・無敵だぞwって思っている人が多いのですが・・・・、皆さん、意外と質素な感じなんですよね〜。

目先の、小さなお金に追われて、必死で不動産投資をするあまりに、損をしていたりして・・・。

逆に、経営者連中の集まりに行くと、自分は、まだまだと思っている人が多いのですが・・・・、身に着けている物、食べるもの、飲むもの、車等、全てにおいてハイレベルなのです。

それは、不動産投資家のキャッシュフローが、1000万円とか、3000万円という感覚ではなく・・・、年間、遊びで使えるお金が、1000万円とか、3000万円とか、そういう人たちなので・・・・・・その違いだと思います。

遊びで数千万を使える人は・・・・、不動産投資も大きなものを持っていますし・・・、資金力、不動産投資に対する考え方、タイミング等も、遊びと同じぐらい、ハイレベルな方が多いのです。

そして、上には上がいるもので、更にハイレベルな不動産投資をされている方もいます。


なんでもかんでも、交渉してやろう・・・・・、人の迷惑を考えずに、借りれないだろうけど借りることができれば、儲けものだから、買付だしてやろう・・・・、不動産の手数料、リフォーム業者の費用も、叩けるだけ叩いてやろう。

そんな事を考えているうちは、大きな不動産投資なんて、できるようにはなりません。

関係する方々と、良い関係と利益の調和を考えながら、皆様と共にという気持ちがないと成功者にはなれません。


今回、私に話しかけてきた、上から男の蛙ちゃん(相手)も、真面目だし、センスがいいので・・・、自分は初心者レベルの中で、うまくいっただけの事である事を自覚して・・・、おごることなく、常に勉強ということを意識て頑張っていただきたいと思いました。


ということで・・・・、本日は、中級不動産投資家向け収益物件について書かせていただきました。


本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。









いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、必見・・・詳しくは、お気軽にお問合せください。 


2015-09-09-00-06-45

(スマホ版)

K'z child 海外体験プロジェクト

キャプチャ

(PC版)

K'z child 海外体験プロジェクト





toshikazy at 14:19|PermalinkComments(14)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年07月17日

1974) バブル地域の収益物件の融資 

現在、弊社のホームページ上には載せていない物件なのですが、名古屋駅〜栄までの物件が3件ほどあるのだが、そのうちの2件は、坪単価1000万円を超えています。

3年前から考えると、ありえない金額ですが・・・、それでも、東京や海外からの問い合わせは多く、決定打にまでは至ってはいないが、真剣に検討してくれています。

こうなってくると、金融機関も、この価格の上昇についてこれず、融資を申し込むと、よほど業績が良い会社以外は、かなりの自己資金を摘まないと融資をしてくれない。

まあ、新築で建てた場合の表面利回りは3%前後、既存の建物があっても表面利回り5%前後であり、自己資金を売買金額の半分ぐらいは出さないと、収益物件として成り立たない。

今日は、バブル地域で不動産を購入する場合の融資について書いてみようと思いますが・・・。

その前に・・・ブログランキングが、まずいことになっておりますので、読者の皆様、下記のバナーをクリックして、次のページ内の素人さんの為の不動産学校をクリックしていただき、投票を完了していただけるとありがたいです。


人気ブログランキングへ

投票、ありがとうございます

そんな中で・・・・。

私のお客様(Nさん)が、名古屋の某バブル地域の不動産購入をすることになった。

とは言っても・・・、この地域の物件にしては、高額のものではなく、5億強のオフィスビルです。

現在、金融機関の融資承認を取るべく、書類を出して審査をしています。


自己資金3億、借入2億5千万なのですが、昨日、金融機関からNさんのところに2億しか融資ができませんという連絡があったようで、電話を切った後、Nさんから連絡がありました。

Nさん 『先ほど、銀行の支店長から連絡がありまして、2億しか融資出来ないとのことです。 あと5千万円融資をするには、他の物件も担保に入れるということで、再度、本部の方に審査をしないといけないので、1週間〜10日かかるようです。』

 『う〜ん・・・・・。 2億ですか・・・、ありえない金額ですね。 確かに、現在、この地域はバブっていて、正直、実勢価格に金融機関の評価が付いてきてきていないので、自己資金を多くいれないと買えないってのは分かっているのですが、それにしても、自己資金3億積んで、2億5千万円の融資を減額してくるって・・・、どういう意図があるのでしょう???』

実は、このNさんという方は、上場こそしていませんが、かなり大きな会社の大株主なんです。

Nさん 『わかりません・・・。 主人が生きていた頃は、こんなことはなかったのですが・・・・、会長であった主人が亡くなった今となっては、こういう扱いも仕方がないことなのかもしれません。』

 『ふ〜ん・・・、なるほどね・・・・。 まあ、それなら、それで、いいんじゃないですか・・・・。 奥様をなめてかかっているって事はないと思いますけど・・・、銀行の支店長さんも、会社のほうの取引もなくなるかもしれないって腹をくくって、断ったということなのかもしれませんし・・・。 まあ、私は、会社の取引の事は分かりませんので何とも言えませんが・・・、支店長がやる気になれば、本部と相談して、あと5000万円ぐらいの不足はなんとでもなる気がするんですけどね〜・・・・。』

Nさん 『社長さん、金融機関を変えるというのは、どうなんでしょう? 貸してくれますかね〜??? ****銀行さんは、つながりありますか???』

 『ええ・・・ありますよ。 うちも取引をしておりまして、分譲地の融資もしてもらっていますし、こちらの支店か、上層部から、そちらの支店に繋ぐことは可能です。』

Nさん 『お取り引きをする銀行を変えることを視野に考えますので、ご紹介していただけませんか?』

 『それは構いませんが・・・、Nさんと、会社のほうのお付き合いが変わったりしたら、支店長、飛んじゃいますよ。 もう少し、話し合ってみたらいかがでしょうか?』

Nさん 『そうですね〜。 でも、****銀行さんを一度紹介していただけませんか?』

 『わかりました。 それでは、来週早々にでも、支店長をご自宅のほうにご挨拶に行かせます。 日時については、2〜3候補を挙げるので、選んでいただけるように段取りをさせていただきます。』

そんなわけで・・・、他行を紹介する事になったわけですが・・・・。

このまま行くと、今の銀行との取り引きがなくなってしまうので・・・・一応、お節介の私は、現在の取引銀行さんのほうに電話をしまして・・・・。

 『今回の件で、Nさんは、金融機関、変えるとおっしゃってるんですわ〜。  お願いですから、ゴタゴタするようなことではなく、あと5000万円ぐらいの話なんだから、上手にお付き合いしてくださいよ〜・・・。 新しい金融機関に頼んだら、また最初から時間がかかるじゃないですか〜・・・。 めんどくさいな〜、もう〜・・・、お願いしますわ〜・・・。』

ということで・・・・。

そして、翌朝・・・・Nさんから、****銀行の段取りが取れたのか確認の電話がありました。

私は、現在の取引銀行と仲直りしてないことを察知しながら、今日中には、段取りを取りますと約束をして電話を切りました。

あと・・・2時間だけ待とう・・・、それで、現在の銀行から電話がなければ、新しい銀行を紹介しようということで待っておりましたが、電話がなかったので、新規の****銀行のお偉方に電話を入れて事情を説明しました。

電話を切って10分ぐらいすると、Nさんの自宅の近くの****銀行の支店長から電話がありました。


私は、現在の状況と、Nさんの資産状況を話そうとしたのですが・・・、資産状況については、もちろんのこと、某会社の大株主であることも、すでに把握されているようで、何故、2億しか融資をしないのか、不思議がっていました。

その上で、支店長の来週の予定を聞きました。

支店長 『火曜日の午後以外であれば、どのような形でもお合わせいたします。 N様のご自宅に伺わせていただきます。』

 『わかりました。 一応、N様は、2〜3候補とおっしゃっていましたが、とりあえず来週火曜日の10時ということで、宜しくお願いします。 最悪、10時がご都合が悪いようでしたら、アポを火曜日の午後以外に設定して、再度お電話をさせていただきます。 それから、その時に話がしやすいように、物件資料、資産状況など、そちらに送っておきますね。』

そんなわけで・・・、****銀行の支店長さんとお電話で話をしたわけですが、話してみると、素晴らしく良い方でして・・・・、ついつい長話をしてしまいました。

そして、Nさんにアポイントを取り、来週の火曜日の10時に****銀行の支店長さんが行くことになったわけです。


もう、ここまで来ると・・・あとは、Nさん次第です。

現在の取引銀行を切って、新しい銀行に、すべての資産を移されるのか・・・、それとも、現在の取引銀行と元サヤに収まるのか・・・・、はたまた、会社や親類関係の取引にまで影響を及ぼすのか・・・、分かりませんが・・・・、すでにサイは投げられたわけですから、私は、どの目が出るかを見て、その後の動きを考えます。

でも・・・・。

昔、同じような事があり・・・・、私のクライアントが、金融機関に不満を抱き、ある銀行の支店の筆頭取引先を・・・私が紹介した別の銀行に変えてしまったことがありまして・・・・。

その後、筆頭取引先を失った支店長さんは、すぐに、どこか別の支店に行ってしまわれたのですが・・・、現在は、本店の融資の部署にいらっしゃるり、今でも私の事を恨んでいるようで・・・、その銀行さんは、とても弊社に冷たいのです。

また、今回も・・・、恨まれてしまうのかと思うと、なんとなく・・・あまり良い気分ではないというか・・・重い感じです。

まあ、お客様が、別の金融機関を紹介してくれと言われれば、私としては、それに従わなくてはいけないわけで・・・、こっそり電話をして取引停止にならないように最大限の気遣いはしたつもりなので、まあ、取引停止になったら、それはそれで仕方がないのかもしれません。

なんにしても、来週、決着がつきそうです。

しかし、金融機関というのは、土地の値上がりについての評価には、ついてこれないというか、ついてこないですね〜。

バブっている地域の物件に融資をして、土地の値上がりに加担することも嫌いますし・・・、昔のバブルの崩壊時の失敗を未だに覚えていて怖がっていますし・・・。

世界的にみると、日本の不動産は、さほど高いとは思いませんし、土地が動けば景気も良くなると思うんですけどね〜。

私の個人的な見解ですが、あと2〜3年は、上がるような気がしますし・・・、まあ、どこかで必ず崩壊はすると思うのですが、内需を考えると今が限界のような気もしますし・・・、でも、自己資金があり、良い場所を押さえておきたい人は、今は、まだ買ってもいい時期なのかな〜というような事も思います。

ただ、今回の買主のNさんの場合は、自己資金もあるし、後の安定収入と相続対策も兼ねているので、そういう意味では、良い場所を押さえておくのは、良い事だと思うのですけど・・・、やはり銀行さんの見立てのように、自己資金が少ない方の購入という意味では、すでに危険ゾーンに入っているのかもしれません。


さて・・・、話は変わりますが・・・、ちよっぺんの、ゆるキャラグランプリ宣伝用のPVの撮影をしました。

2回目の撮影なのですが・・・・。

2015-07-14-19-31-53


↑公園で黄昏ている、ちよっぺん!

足まで引っ込めて、黄昏ています。

そして・・・、↓分譲地で、子供を抱いている、ちよっぺん!


2015-07-14-19-31-32


どんなストーリーなのかは、まだ秘密です

できたらアップしますので、見てあげてください。

そんなわけで・・・、本日もブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 






toshikazy at 17:55|PermalinkComments(13)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote