不動産

2016年06月21日

2078) 死人に口無し 不動産トラブル

今年は、自宅に、ツバメの巣が2つできました。

うむ〜・・・・写真が暗いので、見にくいですが・・・・、両方の巣ともに、ツバメが行き来して賑やかですが・・・、フンをしまくるので軒下に段ボールを敷いてありますw

2016-06-15-10-07-11


このツバメたちが飛び回っている写真を撮りたいのですが・・・、動きが早すぎて上手に撮れませんでした。

調べたところによると、ツバメの最高飛行速度は時速200kmらしいです。

しかも、あの旋回技は、すごいですよね〜・・・・。

冬は南国で暮らし、3000kmぐらい移動してくるわけですから・・・すごい生物だと思います。

素人の私は、ツバメの飛び方とか、飛行機に応用できないのかな〜?なんてことを考えてしまします。

ことツバメちゃんたちも、そろそろ巣立ちの時期ですので、もうすぐお別れですけどね〜・・・。


すみません・・・・そろそろ本題に・・・・。

本日は、ちょっと過激なタイトルなんですけど・・・死人に口無し 不動産トラブル! 


不動産の仕事をしていると・・・『死人に口無し』という言葉を使う事がある。

人が亡くなった後に、自分に都合よく、あの人は、ああ言ってた〜、こう言っていた〜・・・こんな約束をしたとか、言って有利に事を運ぼうとする人が多いのです。

よくある話としては、〜蠡海琉篁妻割・・・、⊆效聾¬簑蝓ΑΑΑ↓借金問題・・・等


‘辰冒蠡海亡悗靴討蓮遺言がない場合、基本的には、民法通りに分割されるのですが・・・・、相続人が、被相続人の生前の遺言だと自分に都合のよい主張をしたり・・・・、被相続人から貰ったお金を、もらっていないと主張したり・・・・。

先日、私が関わった、相続は・・・・、被相続人から、数十年間に渡り数千万のお金を毟り取っていたのに、民法通りに、残った相続財産を、兄弟姉妹均等に分けるという案を提示した挙句に、自分が欲しい土地を、この土地は、親父が俺に残すと言っていたと主張して、他の兄弟を押さえつけようとしていました。

私は、他の兄弟側についていたので、無茶な主張をしていた道楽者の兄弟と大喧嘩になりまして・・・・、向こうは流石道楽者だけあって、いろんな知り合いの名前を出しまくりまして・・・・。

私は・・・・ 『死人に口なしで、好き勝手いいやがって、挙句の果てに、他人の名前を並べ立てって、アホか、お前は・・・w 能書きは何でもいいから、誰でも話をするから、まずは、その人たちを此処に呼んで来い!』と怒りまくりまして・・・・、結局、その人たちは来ないどころか電話一本かけてきませんでしたが・・・。

まあ、結局・・・、うちのほうの弁護士と、向こうの弁護士との話になり、未だにガチャガチャもめていますw

⊆效聾¬簑蠅蓮∨瓦なった方の借地権を、相続する際に・・・、借地の賃貸人、もしくは賃借人が、相手方と生前約束をしていたとして、相続人に権利がないと主張する事があります。

被相続人が、他人から土地を借りて家を建てていた場合の相手方が、相続人に対して、土地を返してくれと請求をしてくるのですが、相続人は、借地権も相続しているので出ていかないと主張してもめるのです。

又は、逆のパターンとして、被相続人が土地を借りて家を建てていた場合の相続人が、土地の名義を変更していないだけで、土地代は払ってあると、土地の所有者に主張する場合もあります。

昨年も・・・、相談がありました。

相続人からの相談で・・・、被相続人が、友人から土地を借りて家を建てていたのですが、その建物を相続したところ・・・、土地の地権者が、昭和30年代に、友達だから格安で土地を貸して家を建てさせたが、その際に、自分が死んだら土地を返すという約束をしていたから、そろそろ返してもらえないかと、相談者に言ってきたのです。

相続人は、被相続人が賃料を払っていたという事と、私や司法書士から、借地権の話を聞いていた事を相手に話し、土地の返却はできないと返事をしたのです。

そうしたところ、相手方は、近所に、その話に尾ひれ背ひれをつけて言いふらしまして・・・・。

内容としては・・・、自分が国鉄に努めている頃の同僚である被相続人に、自分が親から相続した土地があったので、同僚が家を建てるために土地を貸してあげた・・・・、俺が死んだら土地は返すと言っていたから信用して貸したのに、強欲な相続人たちが法律を盾にとって返してくれない。九州から出てきた貧乏農家の三男坊だったから可哀想だと思って土地を貸してやったのに、死んでから恩を仇で返させた。  それに加えて、相続人の家族の悪口や、本人悪口、被相続人の悪口を、近所に言いまくりなんです。

相続人から、相談を受けた私は・・・、土地の所有者のところに行って、借地権割合よりも、かなり安い価格で借地権を500万円で買い取らないか?と話を持ちかけたのだが・・・・、元々、俺の土地の上に建てた建物であり、元同僚の被相続人と、死んだら返す、家が残っていれば家もいらない!と言っていたぐらいだから、1円の金も払うつもりがないと激怒・・・・ついでに、私の事まで悪徳不動産屋呼ばわり・・・でした。

私としては・・・、『じゃあ、なぜ、賃貸借契約があるのに、それが書いてないのですか? 昭和の時代から、物価が上がるとともに、賃料を5回も値上げして、賃貸借契約を更新してるんですか? 第4回目以降の更新契約については、相続人も立ち会っているじゃないですか・・・・・。 人が死んだ途端に、死人に口なし!で、適当な事を言ってもらっては困りますよ。 この問題を、あなたの子や孫まで残したくなければ、あなたが建物権利を買うか、逆に建物の所有者に土地を売るか、その二つしかありませんよ。』

そして、今後は、借地権の買取ではなく、間に市会議員と、地元の顔役を入れて、所有者に土地を売っていただくように話を進めていこうという事になっています・・・・。

最後の死人に口なしは借金問題・・・・・。

不動産とは、関係ない借金問題もありますが・・・・死んだ人に金を貸していたとかいう話って、めちゃくちゃ多いんですよね〜。

そういえば・・・・読者の皆様・・・、この借金話の前に・・・、ブログランキングが、かなりヤバい状況になっておりますので、下記のバナーをクリックして、人気ブログランキングのページで、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票してください


人気ブログランキングへ

ありがとうございます・・・借金問題の話の続きです。 

人が死んだ後に、金を貸していたとか、物を貰う約束をしていたとか、相続人に対して主張する人がいます。

恐らく、その大半は、事実なのかもしれません。


あなたのお父さんにお金を貸していた。 あなたのお父さんには、こういう貸しがあり**を貰う事になっていた。等・・・、そんな話は・・・、何もないのに主張することは、基本的にしないと思うんですよね〜。

私の場合は、相続の分割の相談を受けていると・・・・相続人が、被相続人に金を貸していたという人が訪ねてきたとか、土地を安く売ってもらう約束をしていたとか、貸してあった物を返してほしいとか言われた等と、相談をされることがあります。

借金や、売買の話は、証拠がなければ応じませんが・・・、物を貸していたというような話は、被相続人との生前の関係を見て、場合によっては、その物を返すことはあります。

借金や、不動産売買の話は、書類の提示を求めて、被相続人の意思が確認できれば、借金の返済や、売買をすることもありますが、基本は、分割が複雑になるので、無視・・・放置・・・です。

でも、まあ、物を貸していたというようなものは、割と返すケースが多いです。


前にあったのは、高価な鮎釣りの道具・・・・、ちょっと怪しいとは思いましたが絵画・・・、ゴルフのパター等・・・、借用書はありませんでしたが、相続人の意思に基づき、まあ、真実であろうということでお返しをしました。

私は、個人的に、絵画の話は、嘘くさいと思ったのですが・・・まあ、相続人さんが、返すと判断したので・・・異存はありません・・・・。

まあ、でも、どの話も、証拠がない以上は、所詮、死人に口なしです。  

亡くなった人と約束をしていた主張されても、それが事実なのか、事実を歪曲しようとしているのか、証拠がないので真実は分かりません。 

私は、不動産業者、不動産コンサルという立場上・・・、借用書、録音等、証拠がないものは、すべて断ってください!と、相続人には言ってますが・・・・、本当のところは、分かりません。


私の立場で、読者の皆さんにお願いしたいのは・・・・、お金や、物の貸し借りは・・・、必ず証拠を残して、その事を、家族に話をしておいてほしいです。

証拠はなくても、家族が知っていれば・・・、相続人は、被相続人から聞いたことがあると言って、お金を貸したり、土地を売ったり、物を返したりすることもあります。

逆に、生前、被相続人が迷惑をかけたことを謝罪したり、お礼を言ってお返しする場合もあるわけです。

聞いていないと、相手を詐欺師呼ばわりする事もあり・・・、本当のところは、どうだったのか?と考え込んでしまう人もいます。

死者は、亡くなった後に、何も語れないので、何の証言も釈明もできないわけですから・・・それをよいことに、言いたい放題、うそのつき放題はいけません。

死人に口なしトラブルを未然に防げるように、日々、メモを残したり、データーとして残しながら暮らしていくと・・・、相続人が嫌な思いをすることもないかもしれませんね〜。 


人間、常に、今日死んだら・・・・なんて事を、頭の片隅でもいいので考えながら行動をしていると、残された家族の事、仕事の事、自分の行いなど・・・・、今よりも、素晴らしい生き方ができるのかもしれませんwww

とはいっても・・・・、人それぞれ、相続人に知られたくない事もあるんでしょうけね〜・・・・(笑)

image


ふぅ〜・・・・・。 ツバメちゃんたちは、家族が仲良くって・・・、マイホームも上手に作るし素晴らしいな〜www

まあ、何にしても、私の仕事は、いろんなトラブルの間に入って仕事をしなくてはいけない事も多々あり・・・、我が家にいるツバメちゃんたちを見て癒されております。

そんなわけで・・・・、本日も読者の皆さんにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


toshikazy at 11:43|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年08月22日

1833) 理解不能な事

この仕事をしていると、いろんな事で、理不尽な思いをしたり意味が分からない理解不能な事があります。

特に、行政、組合等に多いのだが・・・・・。


ちよっぺん団扇 ゆるキャラGP


例えば、現在、突き当たっている事としては、愛知県南西部の街、仮称Y市・・・・。

ある老夫婦が市街化区域の土地を購入しました。

その土地と道路の間には小さな用水路があり、建物の敷地に入るための通路を造り、建物を建てようとしたところ・・・・・Y市は、近隣の家々から、その道路を通って良いという同意を貰って来いと言うのだ。

道路は、Y市の道路、水路もY市の水路・・・、つまりはY市が了解をすれば良いだけのことであり、そこは市街化区域であり、新所有者は特殊なものを建てようとしているわけではない。

そして、家を建てるのに、市の水路を利用するに際して、近隣の方々の同意をもらってこなくてはいけないという条例、指導要項などは存在しない。

しかも、事前の調査では、なるべくと近隣の同意をもらってほしいが、絶対条件ではないと担当者は言ったらしいのだが、実際に建物を建てるために水路をまたいで進入路を造ろうとしたところ、近隣の家々の同意をもらってこいとのことです。

つまりY市では、道路と敷地を繋ぐ橋をかけようとすると、Y市の同意ではなく、近隣の家々の同意を取ってこなければいけないということで・・・・、近所に、一人でも意地悪な方がいた場合は、土地を買った者は、水路に橋をかけたりして敷地への侵入をすることができないということです。

まあ、こういうことって、お互い様ですから、やればやられるわけで、江戸の仇は長崎ってこともあるわけですから、無駄な争いをしなくてもいいのにな〜なんてことを思います。

弊社も、あちらこちら土地を所有しているわけですから、民と官で、お互いに訳が分からない事で、嫌がらせをしても仕方がないと思うのですが・・・・・。

まあ、この件については、現在、社員が対応していますが、ギブアップしたら弊社の顧問弁護士を連れて私が行こうと思っております。

また、動きがあればブログに書きますね。


そして、もう一件・・・・・愛知県西部のA市というところは、私が個人所有している土地の一部を、間違えて、勝手に道路の隅切りにして舗装してしまい、私が、『勝手に、こういうことをされても困ります。』と主張すると、あと付で協力のお願いとか言って、弊社に来て、課長以下三人で頭を下げ捲った。

私としては、数平米のことなので、『地域の皆さんの為ですし、男が頭を下げにきたんだからいいですよw』と快く協力をしたのだが・・・・、後日、別件で、A市と測量立会いをしたところ、1センチの境界の事で、一歩も引かなかった。

しかも、それが同じ担当者で、同じ課なのが笑ってしまうのだが・・・。

最終的に、言った事は・・・、

A市 『おたくが市に協力したからと言って、市がおたくに協力をしなくてはいけないということはありませんから・・・・・・。』

 『今回の主張2センチで1平米以下、以前、A市が俺に頼んできた協力は50cm8平米・・・・・、じゃあ、市の間違いで舗装しちゃったところを返してよ・・・・。』

A市 『それはそれ、これはこれ・・・同意書をいただいてますので・・・・・。』

 『うむ〜・・・・。 おいおい、よく言ったな〜・・・w お前、今のセリフを、自分の親や子に聞かれて恥ずかしくないか? まあ、どうせ親のコネか、市会議員のコネで就職した馬鹿職員だろうw ここで話しても仕方ないから、役所で上席交えて話そう。』

ということで、この件は、かなり上席まで引っ張り出して、協議に協議を重ねて解決しましたけど・・・・・、あまりの理解不能さに驚かされました。

たぶん一般の方だったら泣き寝入りしていると思います。



そして、未だかつて最強だったのが・・・・かなり昔の事ですが・・・・・・。

これは流石に凄いので、某土地改良と言っておきましょう。

測量の立会いをしていただくのに、役員さんたちに日当を持って来い!  何か手土産を買って来い! 

持ち回りの地域の役員に、日当と手土産を強制させらたことがあります。
 


そして、土地と水路の間の部分をコンクリート張りにして草が生えないようにしないと排水同意に印鑑を押さないと主張・・・・・、まあ、100歩譲って、これは我慢したのだが・・・・・・・・。

そのコンクリート張りをするのに地元の業者を使えと指定されて・・・・、その見積もりが、弊社の下請けの見積もりの1,7倍の金額だったのです。

同じ、鉄筋のピッチ、同じ厚みのコンクリート、そのベースの深さも同じ・・・でも、金額は、1,7倍(笑)

さすがに私も怒って、ツッコミを入れたのですが・・・・・・。

帰ってきた答えは、『同じ工事だったとして、おたくの工事業者よりも丁寧にやるし、排水同意を出すのはこちらなんだから、よく考えて物を言われたほうがいいですよ。』

まあ、昔の話ですけど・・・・、流石に、この土地改良も、最近は、こういうことはなくなりましたけどね・・・(笑)


そんなわけで・・・・、昔ほどではないにしても、これだけインターネットが普及した現在でも、先日の地域の神社の木の越境の問題といい、Y市の水路の問題といい、理解不能な事が多々あります。

行政や組合等が、理不尽な事をしない日が来るのはいつの日の事だろうか???

そういう意味では、名古屋市は、政令都市だけあって、理不尽な事や理解不能な事は少なく、田舎へ行けば行くほど、行政や組合が理不尽で理解不能率は高い。

不動産、建設業界の皆様の大半は、本日のブログの内容に共感していただけると思いますが、こういった理不尽なことをされたり、理解不能なことに対して、泣き寝入りすることなく、納得がいくまでやりましょう。

ということで・・・、本日は、理解不能な事というテーマで書かせていただきました。


本日も読者の皆さまにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

人気ブログランキングの投票をお願いします。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


ちよっぺん2

ちよっぺんオフィシャルホームページ http://chiyoppen.com/







toshikazy at 00:21|PermalinkComments(24)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年05月18日

1788) 集団的自衛権と不動産屋の話

同業者の事務所で、集団的自衛権ネタで話をしていました。 

最近、集団的自衛権、九条、安保等・・・、どこへ行ってもこの話になります。 


この集団的自衛権の行使というのは、アメリカが戦争を始めたら、日本も一緒になって戦争をするという考え方と・・・・・アメリカが攻撃を受けたら守ってあげなくてはいけないという考え方とに分かれるのだが、アメリカの戦争に付き合うことになると、これは正直微妙なんだが・・・・、我々を守ってくれているアメリカを守る事、例えば、アメリカに対してミサイルが発射されたら、日本ので撃墜してあげたい気持ちになる。

この話になってくると、我々国民も熱くなる人が多く・・・九条や安保条約の話にも発展する。

ここ最近の隣国との関係悪化に、かなり過激な発言をされる方から・・・・・あくまでも現状維持で金で平和的に過ごして行くのが正しいという考え方をされる方もいます。

ブログで、この話題に触れてはいけないかもしれませんが、最近は、どこへ行っても、この話になるので・・・、あくまでも個人的見解で書いてみますが・・・・・私は、中間より、ちょっと賛成側ですかね〜・・・・・今の世界情勢を考えて、とりあえず集団的自衛権の行使の必要はあるが、守るためのものであり、攻めるためのものにならないように、かなり慎重に・・・・。といったところですかね〜。

皆さんは、どうですか?

最近、周りの方との世間話が・・・・この話になりまませんか???


私の個人的な意見としては、尖閣問題、ミサイルを日本海にうちこまれている等、日本国を取り巻く環境は、年々悪化していってるわけだし、東南アジアも、ここのところキナ臭い雰囲気があるわけで、集団的自衛権を含む、現在、今後を考えた形に変えていく必要があると思うのだが・・・・というところで、今回の集団的自衛権については基本的に賛成。

湾岸戦争の時なんかは、日本はとんでもない額の資金を入れているのにもかかわらず、世界的に避難を浴びた感があると思うし・・・・、日米安保も、昔と今では状況が違いますからね〜、アメリカとも今と違った形を・・・・と、そんな話を・・・。

この同業者さんは・・・・、隣国の脅威よりも、今回のことがきっかけで、今は集団的自衛権の話だが、戦争に参加する話になっていくのではないかと懸念しているようで反対のようだ。

でも、この話は、どこの社長も、熱くなるネタなので・・・・、中には集団的自衛権以上の過激な発言もあったりで、この話は、ここ近年で、経営者たちが熱くなる話であることは間違いない。

報道では、反対のほうがわずかに多いみたいだが・・・・、私が、いろんな方と会って話した感覚だと、賛成か反対か2つに分けるとするなら 7割賛成、3割反対という感じだ。(不動産関係&経営者等)

不動産関係や経営者は過激な人が多いのか、賛成を通り超えて、少しでも攻撃を受けたら、倍返しで攻撃だ〜なんて怒っている人もいる。

ただ・・・・今回の、同業者は、かなりの勢いで反対・・・・、『外交的努力で解決をするべきことだ。』と、一貫して集団的自衛権には反対のようだ・・・・。

そこまで反対しなくても・・・、私は、これがきっかけで日本が軍国主義になるとは思えないんですけどね・・・。


考えてみれば・・・・・。

商売のやり方も・・・・、今回の集団的自衛権に関しての考え方に似ている気がする・・・・・。 

実は、この不動産会社の社長・・・・極端な平和主義。 

親は、イケイケの超過激派だったんですけどね〜・・・。

この社長のお父様は、超武闘派のヤリ手、一代でこの地域の不動産屋のボスで、私が駆け出しの頃は、すごい力を持っていて、この地域で不動産を扱う時は、ご挨拶に伺ったぐらいだ・・・・。

それが、今の若になってから、大手の賃貸屋には、どんどん管理を取られていくし・・・・大手の仲介屋にも食い荒らされて・・・・・昔は、7〜8人体制でやっていたのが、今では、事務員と社長だけで細々とやっている。

彼は、頭が良く、それなりの大学も出て大手の商社にいて不動産屋になったわけで、能力も高いと思うのだが、極端な平和主義で、喧嘩するぐらいなら自分が引く・・・・、汚いやり方をされても泣き寝入り・・・・、以前、高利貸し系の不動産業者とゴタゴタしたときには、私が間に入った事もあったが・・・・、本人が平和的で甘ちゃん過ぎて、糠に釘を打ってるような感じだったので、アホ臭くなってきて引いたことがあったのだが・・・、

人様の会社の事をとやかく言うつもりはないが、できる奴なのに・・・、お坊ちゃんだからなのか、考え方が甘いので、強引なやり方をする相手に負け続けて、お父さんの残した物を守ることすらできていないのが、彼のお父様から可愛がっていただいた私からすると惜しくてならない。

結果、どれだけ喰われてしまったんだろう・・・・今は、お父様の残したビルの家賃しかないみたいだから、大半喰われてしまった感じですかね〜。

困ると、いろいろ相談してくるので、手を貸してあげるんですけど・・・どこまで言っても平和主義で、昔、お父様に世話になったから助けようとしているのに、こちらがアホ臭くなる・・・・当然、こちらが、相談することや、助けてもらうことはほとんどない。

お父様には世話になったから、別にいいんですけど・・・危機的状況下の時に、のほほんとしていられると腹が立つことがります。

国と、不動産屋とを比較対象しても同じにはならないが、今の状況下で日本も、理不尽な者には立ち向かう、自分や仲間が理不尽な者から攻撃を受けたら守り合うということをしていかないと、生き残ってはいけない気がします。

同業の彼は、甘ちゃんではありますが、人間として素晴らしい人です。

でも、世界を知らない・・・・、世界中の人々が日本人と同じ感覚であれば、今の憲法九条のままでも良いだろうし、集団的自衛権も必要ないが・・・・、私は、若いころから、度々海外に行きいろんな経験をしてきたが、当たり前の事だが、国が違えば環境も考え方も習慣も感覚も違って当たり前で、その違いのせいで酷い目にあったこともあります。

日本が戦争をしかけなければ、向こうから一方的には仕掛けてこない、もしくは、仕掛けてきたら金を払って守ってもらうか、領土をあげて平和的解決を・・・・なんて思ている人が多いのかな〜?

もしもの話だが、私は自国が攻撃を受けたら国には守ってもらいたいし、それが理不尽なものであれば戦ってほしい。

それに、今の日本であれば、戦前のように外の国を攻めるような事はないでしょう。

甘ちゃん日本と思われたくないですし・・・・、攻められない国、日本であってほしい・・・・、それには、九条や、安保も含めて、今の時代に合ったものにしなくてはいけないように思います・・・・。

護身的武力を持ち日本の平和を守り、それを世界の平和の為にも活かす。

不動産業界は生き馬の目を抜くような業界で、基本的に防衛できなければ潰れます。

今の世界の状況は、生き馬の目を抜くような時代になっているように見えますけど・・・・・・。 


集団的自衛権について・・・・・ド素人が意見を述べて・・・おまけに、集団的自衛権以外の話にも発展してしまいましたが・・・、不動産ブログなのにすみません。

読者の皆様、次回は、不動産の事をたっぷり書きますのでお許し下さい。 


そんなわけで、本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。




いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





toshikazy at 13:18|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote