買取

2013年07月17日

1620) 電力自由化と固定買取について・・・。(読者さんのコメント)

ブログランキングが、まずいことに・・・・、皆さん、愛の投票クリックをお願いします。  


さて・・・・今日のブログです。

太陽光で電気を作る

神からの恩恵を電気に変えて使う!

素晴らしい事だと思いませんか?

ドラゴンボールに例えるなら、太陽光発電は太陽拳みたいなものですし、私のブログランキングは元気玉みたいなものです


先日、読者の方から、発送電分離 電力自由化と固定買取制度についてのコメントをいただきました。

当社は今後、太陽光発電に力を入れていくつもりです。

第一の理由は、太陽光発電は、CO2排出量や原油消費量を大幅に減らすことができ、ひいては地球環境の保護につながるクリーンなエネルギーだから、この自然の恵みエネルギーから電気を作るという事業に係わっていきたいと思っているからです。

第二の理由は、現在、数百件の方の不動産管理をしておりますが、アパート、マンション、駐車場の空きが増えていますし、借地の返却により、個人の方が所有している遊休地が年々増えている状況ですので、それに代わる投資や資産活用として提案しようと考えているからです。

現在、太陽光については、20年間、固定買取をしてもらえるので20年は安心なんですが、20年後どうなるのかという不安と・・・、もうひとつ、電力の自由化の問題があります。


買取制度は、ともかく電力の自由化について詳しいわけではありませんが、私の分かる範囲内で個人的見解を述べたいと思います。

読者さんからのコメントです。


6. Posted by 発送電分離 電力自由化と固定買取制度 2013年07月14日 18:17

疑問に思う事がありますが、発送電分離 電力自由化が
行われば太陽光は、どこが買い取ってくれるようになるのでしょうか?

また電力自由化と固定買取は矛盾しますね。
電気代を安くする為の電力自由化なのに、一方で
自然エネルギーは高く買取しますよという事なのだから
電力自由化と固定買取がセットの場合 発電事業者は
自然エネルギーの方が明らかに得なのだから自然エネルギーばかりに流れて電気代が上がる事は必然
火力発電などを行う事業者が減って結局は火力発電の維持の為に補助金が使われる事になるのかな?
そういう私も太陽光を設置してますが。


まず電力自由化とは、簡単に説明をすると、私たちが家で使う電気にも規制を、その地域の大手電力会社から買っています。

東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力、名古屋に住み人は中部電力というように、決まった地域(ちいき)の電力会社からしか電気を買えないわけです。

それが自由化されると、他の地域の電力会社から買えるようになるわけです。


いろんな電力会社ができれば、競争原理で、電気料金が安くなると予想して自由化を目指しているわけです。

世の中の流れから見ても、時期はともかく、自由化される傾向にあります。

ただ・・・・国が買取価格を決めてしまった以上、公平性を保つために、電気の買取価格は一律にしなくてはいけないと思うのですが・・・・そうしないと発送電した後、元々ある発電会社と新規参入者の公平な競争が成り立ちません。

つまり、発送電分離・再生可能エネルギーと新規参入者を競争させるという、自由化は、現状では基本的に両立が不可能な状態だと考えています。

それに、私の個人的な考え方だと、電力の自由化というのは、まだその時期ではないと思います。

理由は、今の段階で自由化しても、電気料金は逆に高くなる可能性のほうが高いからです。

自由化して、現在の大手電力会社以外が参入してくるには、設備投資に莫大な費用がかかるわけで、競争をさせれば安くなるという問題ではないのです。

それに、電気代を安くする競争をすることにより、安定した供給ができなくなる可能性も高いですし、小さな電力が社で停電した際の予備電源にコストをかけられるのか?そのあたりの問題もあるのではないでしょうか?

海外では自由化が進んでおりますが、電気代が下がり、安定した電気が供給されているという成功例は多くはないようです。

そう考えると、311の震災の件も解決していないのに、小規模な会社を参入させて電力の自由化をするなんて発想自体が、おかしいと思うのですが・・・・・皆さんはどうお考えなんでしょうか。


やはり私は、今の大手電力会社が、原子力や火力をなるべく減らして、太陽光や風力などの発電を増やすほうが良いと思いますが、正直、太陽光も自然エネルギーというメリットばかりではなく、自然エネルギーだからこそのデメリットもあります。

電力の買取価格が下がるのは仕方がないと思いますが、とにかく今は、自由化よりも、大手各社が自然エネルギーでの発電に力を入れ、その太陽光発電から安定した電気を供給することが第一なのではないでしょうか。

自然エネルギーのデメリットですが・・・・、太陽光は、太陽光だけに、雨、曇り、夜間は、ほとんど発電はできませんし、風力発電は風が吹かないと発電はできないわけで、これは、調子よく発電ができた時の電気を溜めておかなくてはいけないのです。

しかし、蓄電池の費用というのは、恐ろしいほど高いのです。


何が言いたいのか・・・・、そろそろ結論付けましょう。

自然エネルギーのの蓄電はコストがかかりすぎる・・・・もちろん蓄電池は必要ですが、大量に持つ必要はないと思うのです。

基本は、自然エネルギーを、適量の蓄電池で補充しておく・・・・・そして、バックアップに使うが、足りない時は火力発電をする。

つまり、このコンビネーションができる電力会社じゃないと、電力は安定しないと言うのが私の結論なんです。


自由化というのは、誰でも電気事業に参入できるのではなく、最低限、安全に安定した電気を供給できる設備と規模、そして、責任能力があるところ以外は参入させないほうが良いでしょうし・・・、今のところ、全国の電力会社でしか、安全に安定した電気を供給できるところはないように思います。


ということで・・・・読者さんのコメントへの回答は、今の状況で電力の自由化なんてものは、矛盾どころかありえないというのが、私の回答です。

素人考えかもしれません・・・・・この程度の事しか書けなくて、申し訳ないです。

そして、私は、太陽光の普及に力を入れるということです。

更に最後に・・・、ピカチュウの発電能力はすごいな〜ということで今日のブログを終わります

ランキングがヤバイことになっています。 本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング、人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック




toshikazy at 20:46|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年09月14日

966) 感じ悪い賃借人

今年の2月くらいだったかな〜?

私、個人で、200坪の土地を激安で買ったんです。


何で、激安で買えたかと言いますと・・・、私の買った土地の上に、他人様の建物が建っているのです

まあ、でも、近隣の宅地の価格の10分の1以下で買ったので、急いで決着つけなくてもいいやと思っていたので、この土地の近所の業者に交渉を任せて、ずっと放置していたんですけど・・・、どうもうまくいってないようでして・・・。

はっきり言って、何で話が進まないのか、私には、理解できないのですけどね。

まあ、買ってから半年以上になるし、人に任せていてもな〜。と思い、自分で交渉することにしました。

出て行ってもらうか、賃料を払ってもらうか、買ってもらうか決着を着けようと思いまして・・・、 まずは、先日、配達記録郵便で、新しい土地所有者であることと、賃料を決めるか、買って欲しいという手紙を出したんです。書面到着後1週間以内に返事をくれるように書いておいたのですが、連絡なし・・・。

そういえば、固定資産税も、不動産取得税も、けっこう高かったな〜。

前の所有者との賃貸借は、年末に小額の賃料をもらってた程度らしいが、はっきり言うと、それでは土地の固定資産税分も払えない状態だったらしいのです

このまま放置しておくわけにもいかないので、配達記録で手紙を出したのだが、無視。

丁寧な文章で、新所有者になった事と、固定資産税の事、賃料を決めるか、買ってもらいたい! 本件について、期日までに何らかの回答がない場合、当方としては、法的措置を、みたいなことを、手紙を書いたのに、電話一本ない状態。

家が建っている部分に関してのみの賃貸借なのに、駐車場や庭まで使っていて、尚且つ、賃料払わずに、のうのうと暮らしている・・・手紙書いても返事ないし・・・w

ということで、今日、新所有者である私が、ごあいさつに行った。

まあ、新所有者ということで、あいさつを兼ねて訪問させてもらったのだが、手紙を無視するだけあって、これがまた、超感じ悪かったです。

200坪の敷地に3つ家が建っているのですが、2家族が住んでいます。

 とりあえず、西側のFさんの家のチャイムを鳴らした。

誰も出てこない・・・・ 外から、『すみませ〜ん。』と声をかけながら、もう一度チャイムを鳴らしてみた。

とりあえず、家の所有者の親?だと思うのだが、お婆さんがでてきた。

家の所有者の人と話しをさせてもらおうと思い事情を話した。

 『すみません。 私、ここの土地の所有者の近藤でございます。 先日、配達記録の手紙が来たでしょ? それきり、何の連絡もないんで、こっちから挨拶に来させてもらったんですわ〜。 所有者の〇〇さんいますか?』

お婆さん 『ちょっと待ってぇ〜。』

お婆さんは、家の中に入って、中で建物所有者らしき人と話しをして、また、玄関に来て、『今、いないです。』と居留守をつかった。

ちょっと腹が立ったが、まあ、お婆ちゃん相手に怒りたくないので・・・中にいる所有者に聞こえるように、ちょっと大きな声で言った。

 『おばあちゃん、車があるし、中で誰かの声がするし・・・二人暮らしって聞いてるんだけど、変だな〜? まあ、いいや。 今日のところは帰るけど、〇〇さん、帰ってきたらぁ〜 賃料払うか、この土地買うか、ここから出て行くか、返事くれるように言っておいてくださ〜い。  じゃあお婆ちゃん、一両日中に返事なかったら、また、来るからね〜。』

お婆さん 『・・・・・。』 ガラガラーピシャっとドアを閉めた。

すごく感じが悪い。 手紙、無視・・・ 訪問、居留守・・・。

 続いて東側の家のTさんのところに行った。

チャイムを鳴らしても出てこない。

何度も鳴らして、外から、呼んでいるのに無視。

中では、晩御飯を作っている匂いもしてるし、TVの音も聞こえるのに、何度呼んでも出てこない。

こうなってくると、我慢比べ・・・、ピンポン連打しながら、すみませ〜んw&こんばんは〜wと、大きな声を出す。

そのうち近所の犬が吠え出して、それでも、ピンポン連打してたら、中から、おばちゃんがでてきた。

 『こんばんは、晩にすみません。 私、近藤と申しまして、ここの土地の所有者なんですけど・・・、この間、、配達証明で送った手紙、読まれました?  あれから、10日以上経ってるんですけど、何の連絡もないんで、こっちから連絡しに来たんですけど、この家の所有者の方いますか?』

おばちゃん 『今、いないです。』

 『へ〜、いないんだ〜w ところで、配達証明の手紙、読んだ? ねえ、手紙ってさ〜 書いても返事がないと、悲しいんだよね〜。 そして、固定資産税払って、不動産取得税払って、賃料を貰えないのは、もっと悲しいって、知ってる???』

おばちゃん 『すみません。 どうにかしなきゃいけないとは思っているんですけどね〜。』

 『そうなんだw じゃあ、どうにかしようよ。 買ってくれてもいいし、賃料くれてもいいし、出て行ってくれてもいいし・・・、どういう形でもいいから、どうにかしようよw』

おばちゃん 『帰ってきたら言っておきます。 すみません。』

 『まあ、中にいる事、わかってるけど・・・まあ、いいやw 早いところ連絡くださいね。 今日は、ご挨拶ということで失礼します。』

地元の不動産屋に頼んでいたけど、けっきょく彼らも何度か訪ねていったけど、無視されている状況で建物の所有者と話しができないんでしょうね〜。

私が本気になったら、地元の業者さんみたいに、のんびりはしていない。

こういう場合は、とりあえず、配達記録で手紙を送って、それでもダメなら、内容証明を送って、それでも返事がなければ、法的措置

私が土地の前所有者から、聞いている内容と相違してないか、確認しようにも、できないわけで・・・、私としては、建物の所有者からも、どういう経緯で、どういう条件で、私の土地に他人さまの家が建っているのかを、聞かなければいけないのですが、相手は、話し合いのテーブルにもついてくれないわけでして・・・。

私は、前の所有者から、年末にわずかな賃料と菓子折りを持って来る賃貸借と聞いていて、適当なボロボロになった賃貸借契約書らしきものしかないので、土地の新所有者の私と、建物の所有者で、正式に賃料を決めて、賃貸借契約を取り交わす必要があると思うのです。

しかし、その話し合いに応じてくれない。

人の土地の上に建物を建てているくせに、その土地の新所有者との賃貸借契約に応じる気がないし、土地を買い取る意思もないし、話しをする気もない。

つまり、賃料を払う意思もなく、話し合いにすら出て来ない以上・・・ 私から言わせれば、これは、不法占拠か、悪意をもった占有としかとれないわけです。

第二段階の内容証明には、賃料を決めるか、土地を買い取るか、もしくは、直ちに建物を解体更地にして土地を明け渡すか、10日以内に回答がない場合は、訴訟を提起する!として送ります。

これで連絡がなければ、当社の顧問弁護士に、よろしく〜!とお願いするしかないです。

私としては、とにかく話し合いの場に、引っ張り出したいだけなんですけどね。

元々、売主が困り果てていた土地を、頼みこまれて、激安で買っているので、土地の賃借料であれば、固定資産税に毛の生えた程度で構いませんし、土地を買取るなら、これまた原価に毛の生えた程度で売ってもいいのですけど・・・、人を行かせても、手紙を出しても、無視ってのは、何となく嫌なんですよね〜。

すごく感じが悪いです

だって、私は、この人たちの建物が建っている土地を持っている所有者なので、この人たちが建物を建てている土地の固定資産税くらいは払ってほしいです。

所有者が変わったからといって、居留守使ったり、無視したりって、賃料を払いたくないのでしょうけど、無視は、ちょっと、ないですよね〜

とりあえず、内容証明は送ってみますけど、できることなら、もめたくはないので、話し合いに応じてほしいです。

あっ・・・そういえば、素人さんの皆さんは、土地を建物の所有者が違うなんて物件は、買ってはいけませんよ!

と、いうことで、今日のグログは、お終いですw








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。





toshikazy at 22:47|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年06月10日

645) 人と人との繋がりを大切に! (感謝です。)

少し前の話ですが・・・・・

知人がお客様を紹介したいから、お客様と紹介者と私で食事をしようということになりました。

知人が紹介したいというのが、名古屋で飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長している会社の社長さんで、名古屋の栄付近に社屋がほしいということなので、私に紹介してくれるというのだ。

業種を書くと誰かわかってしまうので、これくらいにしておきましょうw

そして、歳も私に近いので、今回の件に関係なく、是非、紹介したいと思ってたということだった。

知人が気を利かせて、東区の料亭をセッティングしてくれて・・・
『飯くらい俺がおごったるでよぉ〜 とにかく会ってみやぁ〜』と、どぎつい名古屋弁で言ってくれたのだが、この料亭を使うと、間違いなく知人が料金を払うことになるので、それを断り、私が、中区のフランス料理店をセッティングしました。

知人は気前の良い人ですが、さすがに、お客さんを紹介してもらうのに食事代を払わせるわけにはいかないですからね〜。

ということで、3人で食事をして、2〜3件クラブをハシゴしたのですけど・・・

知人の紹介ということと、歳が近いということで、意気投合してしまって・・・

仕事以外の話で、大盛り上がりで・・・・

結局、食事は私が払いましたが、飲み代の数十万を、お客様と知人に払わせてしまいました。

本来は私が払うべきものなのですが、払わせてもらえない状況で、申し訳なかったです。

まあ、お客様というより、友達と遊んでいるような感覚になってしまったのですけど、良い話が沢山聞けました。

紹介者とお客様は、まだ若く、現在40歳

私の1コ上なんですけど、十数年で会社を年商数十億にしただけあって、学ぶべき部分が多くありました。

特に企業の社長としての従業員に対する考え方や金融機関との付き合い方という部分で、すごく勉強になりました。


今回、仕事を頂きましたが、仕事関係無しにでも付き合いたい人ですね〜。

この人・・・・同年代の社長で尊敬できる人、2人目ですね〜。

岐阜の某不動産会社社長と、今回の社長・・・・この2人は、とにかくすごいです。

そして・・・ なんと・・・ うれしいことに・・・この2人と私の共通点があることを発見しました。

人の繋がりを大切にすることです

お客様は当然のことながら、取引先、下請けさん、知人、自分に関係する全ての人を、めちゃくちゃ大切にしています。

常に、相手の状況や立場や気持ちを考えながら話をしているのです。

まあ、私は完璧にできているわけではないですけど、この2人は、ほぼ完璧にできていますね。

ここが、成功の鍵なんだな〜!と思いました。


私は、昔、ある雑誌の取材で、こう言いました。

人と人との繋がりを最も大切にしています。

自分の力なんて、所詮、微々たるものなんです。

自分の力が1だとしたら、人の力が9で、10の事ができるのだと思います。

私は人の為に1を使いますが、人も私のために1の力を貸してくれる、そういう関係があって、今の私があります。


彼たちも、同じことを思い、実践してきたのです。

それが、共通点ですね〜。

もちろん、私以上に実践してきたからこそ、それが彼かちの会社の業績に表れているのでしょうけどね〜。


私は今回、彼たちと話をして、今までの自分の考え方や方向性は間違っていないと確信しました。

事実、当社は、お客様から、お客様をご紹介していただくケース、下請けさんや住宅メーカーさんから仕事を紹介していただくことが多く、そうやって応援して下さる方々のおかげもあって成長してきました。

今後は、今まで以上に、私に関係する全ての人を大切にしていこうと思っています。

今回、仕事云々に関係なく、この方と出会えて良かったです。

もちろん、このお客様にとって最高の社屋を全力で探しますけどね・・・。

ちょっと条件は厳しいですけど、とにかく全力で頑張ります(^^)b








↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

toshikazy at 22:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote