不動産営業

2013年04月22日

1565) 名古屋市 中区 新栄 売りビルの話

今日は、朝からメチャクチャ忙しかったです。

本日の戒め アポイントは、1時間単位にしないと、時間、遅れ遅れで皆さんに迷惑をかけてしまう。

今後は、絶対に遅刻しない!

自分で、自分に戒めを・・・・・

忙しい人だから・・・・と、笑って許してくださりますが・・・・、甘えていてはいけません。

今後は、このようなことのないように、余裕を持ってアポイント入れたいと、深く反省しております。



さて、今日のブログは・・・・・・、ビルの売却の話です。

物件概要から・・・。

価格 1億2800万円 (いち、に、ぱ〜、です。。。)

名古屋市中区新栄2丁目1020番 土地 362.30屐複隠娃后ィ毅皇據法  〃物 922.21屐複横沓検ィ坑仰據

鉄筋コンクリート造陸屋根   昭和49年築   商業地域80%400%  南西角地

地下鉄東山線 新栄駅 徒歩3分

現状渡しですが、リフォーム渡し、OR、解体渡し相談



1366608135837


新栄2丁目交差点の南西道路の角地、新栄徒歩3分、国道沿いの商業地ということで立地は良いですが・・・、建物は古い・・・築39年ということで、私よりは、少し年下です。(私は、43歳。)

物件の北側に40坪超の駐車場があり、社屋としては使い勝手が良いではずです。

但し・・・、経年劣化で各所痛んでおり、リフォームするには、かなりの費用を要します。

どこまでやるのか?にもよるのですが、最低限、防水、空調は、必要です。

弊社で、概算見積もりを出したところ、防水、空調、外壁、内壁、床、天上、水回り等・・・・・、約4000万円
リフォームは、こちらでしても、買主様の方でやっていただいても構いません。(更地渡しがご希望の方は、解体して整地してお渡しします。)

詳しくは、弊社 ホームページで、ご覧ください。 株式会社 千代田不動産HP

そんなわけで・・・・購入を検討していただける方は、弊社ホームページより、近藤(代表)宛に、ご連絡ください。



もしくは・・・・・、当社は売主ですが・・・・。

今回、取得時に多大なご協力をいただきました三富物産(みつとみぶっさん)さんに仲介をお願いをしておりますので、そちらにお問い合わせをいただいても結構です。

今回の物件は、三富物産さんのほうが、会社から近いですし、物件についても詳しいので、三富さんにお問い合わせをいただいたほうが対応が早いかもしれません。


1366608127382


三富さんは、弊社と同じく、お客様第一主義の親切丁寧な不動産業者で、不動産、建設の知識もプロフェッショナルで、本件を安心してお任せしております。

どれくらい、信頼しているかと言うと・・・・重説を作成してもらったとして・・・・ノーチェックで印鑑を押せるくらいの不動産業者さんです。(そう言っても、一言一句読んで聞かせてくださる親切丁寧さですけど・・・w)

この物件の活かし方・・・・不動産投資、自社使用、リフォーム、解体、社屋 立駐建設等、この物件に関して、何でも相談に乗ってくださると思います。

私個人としては・・・・・、近隣に、いろんな店舗や会社があるので・・・・・、最初、会社ではなく、自己所有にして・・・・、立駐にするか・・・、資産として買ってコインパーにでもして保有しようかな〜なんてことも考えたのですが・・・・、社員たちに、『会社で買ってください! 社長が買うなら1割増しですよ〜!』なんて事を言われて・・・・、法人で購入して売却をすることにしたのでした。

それもそうですが・・・・・、本音を言うと・・・、個人で、コインパーとして、保有していれば・・・・、いつまでに売らなければいけないとか関係ないので、法人のほうでボチボチ近隣の土地の取りまとめをして、大きな土地にしてから売却をしたいな〜なんて、不動産屋チックな事も考えたりしたのですけど・・・・、社員も、三富さんも、街中で敷地が100坪もあるんだから、そんな事しなくても売れますよ〜なんて言うので・・・・・、結局、弊社が購入して、売主となったということなんですけどね〜w

何にしても・・・・・中区の国道沿いの商業地で希少物件です。

本物件に関しまして、興味がある方は、弊社、三富さん、どちらでも構いませので、お気軽にお問合せください。
 


そんなわけで・・・・本日は、物件情報になってしまいましたが・・・、読者の皆様、本日も、ブログランキングの投票クリックをお願いします。

それでは・・・・失礼いたします。






にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック






toshikazy at 18:48|PermalinkComments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月03日

1552) 話し方と笑顔 (経営&営業)

読者の皆さん、実は、私・・・・・経営者として・・・・人と接する仕事をしている者として、悩みがありまして・・・・・・。

顔が恐いと言われることです。 
 

自分では、恐いと思ったことはないのですが・・・・・・


対人関係において第一印象というのは大切です。

ファーストが大事・・・・・つまり、ビジネスにおいては、名刺交換のタイミングに、どんな顔をしているかで・・・・・・印象、信用度が決まる。


実は、以前、芸能関係の方(不動産投資のクライアント)から、笑顔の作り方と話し方を教えてくれる先生を紹介していただきました。

その先生が、東京から名古屋に来る用事があったので、ついでに、笑顔&話し方チェックをしていただき、いろいろアドバイスをしていただきました。


知人から・・・・、めっちゃ、厳しい先生で、言いたいことをズバズバ言うと聞いておりましたので、ちょっとビビっていたのですが、意外と優しかったです。

金山のグランコート名古屋のラウンジでお会いしたのですが・・・・・、共通の知人の話題で盛り上がってしまいまして・・・・・・・・あはははははwなんて、笑いながら素で話をして・・・楽しいな〜www

と・・・・・思っていたら・・・・・・すでに、私の笑い方と、話し方をチェックされていたみたいで・・・・・。

話し方については、素人にしては、かなり良いみたいで・・・・・話の組み立て方が上手く、相手の間を読んで話ができている、 聞き上手、褒め上手、話し上手で、声が優しいので、好印象を与えると、褒められました。

先生が言うには、話し上手になるには、まずは聞き上手でなければいけないらしいです。

話を聴いてもらえると、人は自分の存在をちゃんと認めてもらえたという実感が得られます。

自分の話を、上手に受け止めてくれる相手に対して好感度が上がり、その人の話も聞きたくなり、聴き上手の人は誰からも愛されるということです。


まずは・・・・、相手の話に笑顔でうなずいてみることが大切らしいのですけど・・・・・、私のほうから話したつもりだったのですが、偶然なのか、何なのか、聞き上手ができていたようで褒めていただきました。


練習をして滑舌をもう少し良くすれば、完璧ですwと、嬉しい言葉をいただきました。

ブログに書くと、自慢っぽくなるかもしれませんが・・・・・かなり良いらしいです。

私の場合は、めっちゃ恐そうだけど、話をすると、印象度が上がってくるらしく、深く話せば話すほどに、話に引き込まれて、好印象、信用、信頼を得ていくタイプらしいです。


しかし・・・・・、笑顔・・・・表情に関しては、ボロクソに言われました。

まずは、私は、片目が極端に良く、片目が極端に悪くて、片目で物を見ているので、人の顔を見る時に、斜めに見る癖があるらしいのですが、この事については、あなたは人の目ではなく、相手の左耳を見ながら話をしなさいと言われました。

それから歯並びが悪いので、歯を出さないように笑うこともボロクソに言われまして・・・・・出し過ぎもいけないが出さなさすぎもいけないようです。

あとは、笑った時に、口角が上がらないのもダメみたいで・・・・・日本人の大半は、元々、口角が下がっているらしいです。

 『先生、・・・・、口角上がりますよ・・・・・、アヒル口・・・・ ほら・・・・、ギャルみたいでしょうw  このアヒル口、飲み屋で評判いいんですよw  ほら〜・・・・ アヒルグチィ〜www』

先生 『あははw 近藤さん、器用ですね・・・・・可愛いですけど、企業の社長がアヒル口をしても、全く好印象ではないですよ。 四十代の経営者がアヒル口で、相手を見つめて商談をしても、相手は気持ち悪いだけですよ〜。 あははははw』

 『せんせ〜・・・、 噂には聞いてましたけど覚悟はしていたものの・・・・、ちょっと言い過ぎやろぉ〜  じゃあ、今度は、先生がアヒル口をしてみてくださいよ! 笑顔は専門分野かもしれませんが、アヒル口は、私のほうが専門分野ですから・・・・・はい、3.2.1・・・・・・・・。』

先生 『ちょ・・・ちょっと急に言われても・・・・、ちょっと待ってください。 ちょっと化粧室で・・・・。』

 『あははははhw 化粧室で練習してまでやらなくてもいいですよw  先生、すごいプロ意識ですね〜w 先生、お美しいですから・・・・アヒル口をしたら可愛いでしょうね〜w   ハイッ 3.2.1・・・・・・・・。』

先生は、アヒル口を、やってくれましたwwww

さすが、話し方や笑顔の作り方を教えているだけあって、口を尖らせてるのに、口角が上がり見事なアヒル口です・・・・・。

おまけに、アヒル口で、ちょっと首を傾げるので・・・・可愛いw

やっぱり、プロですね〜・・・・・・、昔の広末に負けない、きれいなアヒル口・・・・・・(笑)

三十代後半の女性の美しすぎるアヒル口に、思わず爆笑してしまいましたwwww


そんなわけで・・・、楽しく、笑顔の作り方を学んでいたわけですが・・・・・・・。

最後に、先生が、私の隣の席に座り、公衆の面前で・・・・、ちょっとごめんなさいと言いながら、顔をマッサージしてくださり・・・・・、ここの筋肉が、どうとか・・・・・、ここを解すといいとか・・・・言いながら、顔のリラックスのさせ方や、笑顔の作り方を指導してくださりました。

というわけで・・・・・実は、最近、笑顔の練習をしておりまして・・・・・ニコちゃん顔ができるようになったので・・・・・・商談の時に・・・・・使ってみました。

同業者と商談

同業者 『社長、先日送らせていただいた物件なんですけど・・・・・・・ご検討いただけましたでしょうか?』

 『ん? あ〜 あれ・・・・。 高いんじゃない? エンド価格じゃん・・・・値段交渉できんの?』 ニコッ

同業者 『うむ〜・・・・・つい最近、2億5000万円から、2億3000万円に下がったばかりですからね〜・・・・、交渉できても、あと1000万円ってところじゃないですかね〜。  それすら、難しいかもしれません。』

 『そっか〜・・・・。 売主さん強気だな〜・・・・・。 よしっ・・・・、売主も手取りで2億を割ると嫌だろうから、2億に経費分を乗せて、2億1000万円だったら買う。』(ニコッ

同業者 『厳しいですね〜・・・・最近、値下げしたばかりなので・・・・・。』

 『それは、売主だけの都合だろ〜。 売主と買主が折り合った価格が、売買価格なんだから・・・・とにかく、2億1000万円が限界値だ!  その金額から、1円でも超えたらいらん。 駆け引きなしだ・・・・・。 』(ニコッ)

同業者 『一度、交渉をしてみますけど・・・・・・・・・。 近藤社長、さっきから、厳しい事を、すごくイイ笑顔で、話してくださるのですが・・・・・何かいい事あったのですか?』

 『いや・・・・・笑顔の練習をしてるんだよw 好印象をあたえる爽やかな笑顔だろう???』

同業者 『言い難いですけど・・・・・、そういう交渉を、笑顔でされると、内容との、チグハグ感があって、逆にめちゃくちゃ恐いですよ。 更に恐さが増します。』

 『あんた、人が笑顔を作る練習しているのに酷いことを言うな〜。(ニコッ)  俺は、笑顔で怒れる、竹中直人を目指してるんだ・・・・・まあ、交渉頼むな・・・。』(ニコッ)

笑顔が怖いと言われても・・・・にこにこスマイルw


そして、今日、協力会社の社員さんが、工事でミスをしまして・・・・少し工期が延びた事で、協力会社の社長さんに、かなりキレたのですが・・・・・。

 『おい! これでは、工期に間に合わんだろう・・・・しかも、こんなの初歩的なミスじゃないか! しかも、一回や二回じゃね〜ぞ・・・・何度もも同じミスをしやがって〜 この工期の遅れをどうするつもりなんだぁぁ〜! 人を倍に増やしてでも、今月中に仕上げろ・・・・・・・ニコッ

まあ、工事の遅れについては、ちょくちょく怒ることもあるわけで・・・・この協力会社の社長さん・・・・いつも、口答えをしたり、言い訳をすることが多いのですが・・・・・私の爽やかな笑顔に・・・・・・・

今日は、珍しく・・・・『近藤社長、本当に申し訳ございませんでした。 絶対に工期に間に合わせますので、笑顔で怒るのはやめてください。 ・・・・、近藤社長、呆れてますよね〜・・・・・うちは、もしかして、取引停止でしょうか???』

 『ニコッw  誰も取引やめるとか言ってないだろう・・・・・。 初歩的なミスで、工期が遅れたから、怒ってるだけだ〜・・・・・・。』 ニコッw

協力会社社長 『なんで、笑顔で怒るんですか・・・・俺、完全に見放されたんですか???』

 『腹が立つときも笑顔で対応・・・・・・ニコッ

協力会社社長 『社長、本当に申し訳ございません。  その今生の別れみたな笑顔、やめてください。 私が、悪いので、怒ってください・・・・・・笑わないでください。』

 『もう、分かったから・・・・、工期を間に合わせてくれればいいから・・・・。 めちゃくちゃ腹が立ったけど、もういいんだ・・・・・。』(ニコッw)

協力会社社長 『あかん・・・・俺、安全に見放されたんですね。 社長、本当に申し訳ございません。』

 『いや、見放すとかじゃなくって、ただ、工期の遅れを怒っただけだ・・・・』ニコッwww

協力会社社長 『社長・・・・、もっと怒ってください! 自分が100%悪いのですから怒ってくださいよ〜。』

 『ニコニコ・・・・・  うむ〜・・・・・・ 笑顔の練習だw ニコッw』

笑った時に、前よりも、少しだけですが、口角が上がったような気がします。

あっ・・・・最後に・・・・。

笑顔は、ニヤニヤとか、ヘラヘラという感じではいけないらしく、爽やかにニコッと笑うのが好印象だそうです。

美しい笑顔は、好感度と、信頼度が上がります。

メジャーですけど、鏡を見ながら、割り箸でレッスンw

ニコッ


笑顔は世界を救う



そんなわけで・・・・・。

笑顔の練習をしている今日この頃でした。
 



読者の皆様、本日もブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。








にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック






toshikazy at 21:38|PermalinkComments(14)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月02日

1551) 強引な値段交渉をする、おとっつぁん。

先日、宅地分譲の販売について、お客様の、お父様からお叱りを受けてしまいました。 

最初は、某市の市会議員さんから電話がありまして・・・・・。

市議さん 『社長、ご無沙汰しております。 〇〇でございます。』

 『どうも〜w 先生、お元気ですか・・・・w こちらこそ、めっちゃご無沙汰しちゃってます。』

市議さん 『ところで社長・・・・、私が昔からお世話になっている方から、千代田の社長に分譲地の事を聞いてくれってお願いをされまして・・・・ちょっとお尋ねをしたいのですが、〇〇市〇〇町のコメダの近くで、宅地分譲をやっていらっしゃいますか???』

 『うむ〜・・・・・・。 まあ、一応、うちで1500坪買って宅造して売りましたが、あれは、宅地分譲ではなく、住宅メーカーに全部買っていただきました。 一般売りはしていません。』

市議さん 『もう売れてしまったのですね。 分かりましたぁぁぁ〜w じゃあ、聞かれた方には、売れてしまったと伝えておきますので・・・・・、お忙しいところをすみませんでした。』

 『いえいえ、先生の方こそ、お忙しいのに、講演会の方から頼まれたとはいえご苦労様です。  その方にも宜しくお伝えください。』

市議さん 『はい、ありがとうございます。 なんでも・・・・娘さん夫婦が、千代田さんのところのお客様らしくて、娘さんが、千代田さんのところが、もうすぐ売りに出す場所を買おうと思っていたみたいで、千代田の社長さんに聞いてくれってお願いをされただけなので、お電話をさせていただいただけですので・・・・、それではまた、今後とも宜しくお願いします。 それでは、失礼いたします。』

 『はいはい〜www それでは、またぁ〜w』

ということで・・・・・話は終わったかに思えたのだが・・・・・・・。

10分くらいして、また、その市議さんから電話がかかってきて・・・・・、そのお世話になっているという人が、めちゃくちゃ怒っているから、宅地分譲を一般売りしないで住宅メーカーに売った事を説明してくれ! そして、その中の東南角地の1区画を売ってほしいと言っているとのことでした。

私は、『元々が、宅地分譲用地として仕入れたのではないので・・・・・・・』と、住宅メーカーさんに売ったので、その方に売るのは無理だということを説明をしたのですが・・・・・。

市議の先生は・・・・、『俺に言われても説明ができないので、一度、会って話をしてあげてほしい。』と・・・・・、『めちゃくちゃ怒っていたから、上手に治めていただけませんか。』いうことで・・・・・、その方と、シルビアコーヒーでお会いすることになりました。


市議からの紹介の人・・・・以下、(おとっつぁん!)と言う。

シルビアコーヒーで、おとっつぁん!と待ち合わせをしていたので、中に入ると、とても初対面とは思えないフレンドリーな感じで〜・・・・、『お〜いw 千代田さん、こっちだ〜 こっち〜w』と声をかけてくださりました。

何で、私の顔を知っているのか疑問だし・・・・・このフレンドリーさは、どこからくるものなのか不思議だったが、とりあえず、その席に座った。

私は、名刺を出して、丁寧にご挨拶をした。

すると・・・・・・名刺をくれた・・・・・。

表には、名前と、住所と、電話番語が書いてあり・・・・・、裏には、〇〇委員とか、〇〇の元会長だとか、いろんな事が書かれていたが・・・・・、元〇〇という、過去の栄光が書いてある名刺を生れて始めて見たwww


 『へぇ〜・・・・お顔が広いんですね〜・・・・・。  名刺の裏に書ききれないくらいの肩書が・・・・、しかも、元〇〇とか・・・・、議員さんの後援会の役職まで書いてありますね〜w すごいですね〜w』

おとっつぁん! 『あははw まあ、わしは、こういうのはやりたくないんだけどな・・・・皆さんから、どうしてもと言われるからやってるだけなんだわ〜w  めんどくさいだけだw』

『あはははw それは、誰もが持っている物ではなく、ご両親と神様がくださった人徳というものですからね〜w 大変でしょうけど皆さんのためにも頑張ってください。』

おとっつぁん! 『人徳という徳か〜w  しかし、さすが千代田の社長は、言う事が違うな〜・・・・、親と神がくれた人徳か〜・・・・。』

 『いえいえ、〇〇さんの名刺を見た瞬間に、人徳という文字が見えたので、そのまま話しただけのことです。 それはそうと・・・・・、分譲地の件、先生から聞きましたけど、申し訳ございませんでした。』

おとっつぁん! 『あ〜その件か・・・・、先生から事情は聞いたわ。 娘が、千代田さんとこの・・・セント何とかっていう分譲地が欲しいと言っててな〜。 おたくが造成工事をしているのを知ってたから、分譲地ができると思っていたわけだ。 それが、完成したとたんに、住宅メーカーの旗が立ったもんだから、ビックリしたらしくてな〜。 おたくの営業マンに尋ねたらしいんだけど、その件は営業部には聞かされていない!と言われたらしくて、娘が怒ってたんだ。』

 『そうでしたか〜。 それは、申し訳ございません。 でも、うちの営業の言葉は真実で・・・、そう言ったことは、売り出しの数日前に営業部に出すので、どこを、そう仕入れているかは、私と、統括のトップと、用地課しか知らないのです。  売る時は、用意ドンで売らないと、知っている営業と知らない営業がいてはいけないですし、完成前に、案内したり、お客様に申し込みをいただくと、計画変更等ができないので、完成してから販売をするのです。』

おとっつぁん! 『なるほどな〜・・・・・。 千代田さんとこは、社員が多いから、そうでもしないと、まとまらんわなw』

 『まあ、それほどの人数がいるわけではないですが、一応、そこはきちんとしないといけないので・・・・、でも、娘さんの件は、すみませんでした。  うちは、基本的に、セントフィールド用地として、一般売りをする場合が多いのですが、中には、ロット売りをする場合もあるのです。  工場を工場で売る場合もあるし、ビルをビルで売る時もあります。 今回は、ロット売り用の土地ということなので・・・すみません。』

おとっつあん! 『そうか〜、わかった。 それはそれで、売ってしまったもんは仕方がない。 ただ、わしも、娘に、何とかしてくると言った以上、何とかせなあかんのだわ。  あの宅地分譲の、東南の角地の区画をだな〜・・・・、売ってもらえるように話を着けてほしいんだわ。』

 『ん〜・・・・・・・。 どうでしょうね〜。 その住宅メーカーで建築をするのであれば、買うことができる可能性もありますが・・・・。』

おとっつあん! 『あかん、あかん・・・。 もう建築屋は、決まっているんだ。 土地だけで頼むわ。 それでよ〜・・・・、その土地も、あんたの顔で、少し値引きをしてもらえるように頼んでほしいんだわ。』

 『どちらも無理です。  逆ですよ。  住宅メーカーの土地を、土地だけで売ってくれと頼むのなら、多少、上乗せするから売ってくれの話であって、土地だけを、しかも、安く売れなんて話は、神様、仏様が頼んでも断られると思いますよ。』

おとっつあん! 『ちょっと待て・・・・・、社長・・・・、 あんた簡単に断るな〜。 住宅メーカーに聞きもしないで、何で断るんだ。 聞くくらい、聞いてくれよ。 わしは、子供の使いで来ているわけじゃないぞ。  いろんな役をやっている中、時間を割いてきているんだ。 』

 『それは、わかっていますが・・・・・。 聞くまでもなく無理なんです。 住宅メーカーは、土地の金額を上乗せしないで売っています。 うちの売値に対して、経費分を乗せただけの価格だと思われます。 ということは・・・・、建築をしないと、利益が出ないですし、値引きをしたら損をするわけです。 あなたが、いくら偉い方だとしても、損をしてまで売らないでしょう。 そういう意味で、神や仏が頼んでも無理と言ったのです。』

おとっつあん! 『おいおい、社長、わしをここまで来させといて、それはないぞ!  娘は、あの土地を欲しいと言っているんだ。 それに対して、わしが話を着けると約束したんだから、今更、断られても困る。』

 『うむ〜・・・・・。 すみません・・・・ここへ呼んだのは、あなたのほうじゃなかったですか? それとも、市議の〇〇さんですか???  俺から、あなたに会いたいとお願いしたことではなかったような気がしますが・・・・。』

おとっつあん! 『そんなことは、どっちでもいい!  あの土地を売るのか、売らんのか・・・・。 交渉をするのか、しないのか・・・・どっちだ・・・。  良く考えてから答えろよ。 俺は、〇〇先生とは、濃い付き合いをしている。  先生も、俺に気を使っているのは知ってるだろう? だから、あんたは、ここへ来た・・・違うか?』

 『それは、そうなんですけど、答えは、NOです。 それに・・・〇〇先生の名前を、前面に押し出してきますが・・・・、私は、〇〇先生とは知り合いですが、応援しているわけでも、仲が良いわけでもないし、お世話になった事もありません。 ただ・・・・まあ、一応、市議だし・・・・顔を立てて、ここに来ただけです。 』

おとっつあん! 『あんたは、市議より偉いのか???』

 『はぁ〜・・・・???  質問の意味が分からんです。 先生も、あなたも、私よりは年上ですけど、誰が偉くて、誰が偉くないとか、そういう位置づけがあるんですか???』

おとっつあん! 『あんた・・・・、よく言ったな〜。 自分が言った事、わかってるのか???』

 『ええ・・・。 何だったら、今から、先生に電話して、先生は、一般市民よりも偉いの?って聞いてみましょうか??? 一般市民の代表として議会に出られて、街を良くしようと頑張っておられるのは知ってますけど・・・、先生は偉い方だから、その講演会の役員も偉いんだから、俺の言うとおりに土地を安く買わせろ!というのは変でしょうw 頭が狂ったおとっつぁんの戯言にしか聞こえませんけど・・・・・。』

おとっつあん! 『誰が頭が狂ってるんだ・・・・。 戯言を言いにここまできたわけじゃないぞ!!』

 『私も、戯言を聞きに来たのではなく、今回の件の説明をしに来ただけです。  それに、先ほど、値引きの話もしましたが・・・・、娘さんに、この先、セントフィールドを買っていただくことになったとしても、値引きはしませんとお伝えください。  今までも、知り合いとかから、お願いされたことがありますが、全部断ってきました。 例え、それが、どんなにお世話になった方でも、断りました。』

おとっつあん! 『誰が、あんたのところなんかで買うか〜。 買うわけないだろう。 あんたのところの、分譲地なんか死んでも買わんわ。』

 『あははははw ということは・・・・・、今回の件は、ご納得いただいたという事ですねw もしよろしければ、娘さんさえよければですが、今まで通りに物件が出たらご案内させていただきますよ。 お父さんと娘さんは、別人格でしょうし・・・・w』

おとっつあん! 『うるさいわ〜。 ああ・・・もういらん・・・・話にならんわ。』

 『そうですか〜・・・・w それは良かったぁw   あっ・・・・、ここのコーヒー代は、先生と、あなたの顔を立てて、払っておきますね〜。 偉い方々ですから、下々の私が払わせてもらいますわ〜w』

おとっつあん! 『コーヒー代ぐらい払ったるわ〜・・・・。』(千円を出して、テーブルに捨てた。)

 『おいおい、それ、自分でレジに持って行って払えよ・・・・。人が投げ捨てた金で俺は払わんよ。 おい、おとっつぁん・・・・ここは、先生と、あなた様の顔を立てて、俺が、払っておきますから〜・・・・。 はい・・・、これは、大事にポケットにしまってぇ〜・・・・大事な年金を無駄遣いしちゃあダメですよ。 それでは・・・・。』

ということで・・・・・、私は、伝票を持って、レジで、マイマネーを払い帰ってきました。

その後、一応、市議の先生に電話を入れて・・・・・、一部始終を話して、『先生、ご期待に副えなくて申し訳ございませんでした。』とお詫びをしました。

先生の一言 『しゃちょ〜・・・・・ただでさえ面倒くさいんですから、お願いしますわ〜。』

私の最後の言葉 『確かに、面倒くさそうな、おとっつぁんですね・・・・、まあ、一応、説明はさせてもらったので・・・・失礼します。』

うむ〜・・・・・ どうしようかな〜・・・・・・。

実は、この話・・・、途中、省略しておりまして・・・・、実は、おとっつぁんから・・・・、『この地域で商売をしていくなら・・・・・・・・。』 『あんたらの商売は、地元に印鑑をもらわなきゃあかんのだから・・・・・・。』等・・・・、自分の娘が欲しがっている土地の交渉を断ったら・・・、こんなような事を、言われまして・・・・・・。

これって・・・・、立場を利用した、脅迫にも受け取れるのですが・・・・・、まあ、私も、ボロクソに言い返しましたし・・・・・・田舎の、おとっつぁんの戯言ということで・・・・・腹立たしいですが、水に流すことにしました。

そんなわけで・・・・・、強引にお願いごとをする、おとっつぁんの話でした。

途中までは、一生懸命、チヤホヤ、アゲアゲしたんですけど・・・・、無理な事は無理なので・・・・・・。

我々、不動産屋は、井の中の蛙ちゃんから、こういう、半分脅しみたいな事を言われたりすることがあるのですが・・・・・。

まあ、地主さん相手の部分もありますし、人気商売みたいなところもありますし・・・・・。

田舎の偉い方(偉いと思っている方w)は、こういうような事を言う人が多いのです。

実は、私が、手がけている民間開発の某地域でも、こんなような事を言ってる人がいるという噂を聞いていますけどね・・・・・・・、何でも、うちの協力会の社長に、『〇〇町で商売をしたかったら千代田に手を貸すな!』なんてことを電話した人がいるらしくて・・・・・困ったものです。

田舎の不動産屋は大変です(笑)


ということで・・・・本日のブログを終わります。

読者の皆様に、ブログランキングの応援クリックをお願いして失礼いたします。








にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。  


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック






toshikazy at 09:40|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック