不動産営業

2018年09月30日

2269) 不動産業界に入ることとは・! (面接 転職)

皆さんは、不動産営業って、どんなイメージですか?

なんとなく、一般的なサラリーマン営業とは、違う感じだと思いませんか・・・。

実際は、地味な人もいれば、派手な人もいますが・・・。

他の業界よりは、高級車に乗り、高級時計してたり、鞄やスーツなど、派手な人が多いですよね〜(笑)


昔よりは、地味な人が増えた気もしますが、まあ、それでも、それなりに、デーハーな営業マンさんも、まだまだいますけど・・・、そこまで大した物ではないにしても・・・、それなりに、時計は、何故か、ロレックスのデイトナ、エクスプローラ、サブマリーナ・・・、オメガや、ヴァシュロン、IWCとか・・・ワイシャツや、スーツもオーダー・・・・、靴も、3万〜10万円ぐらいのブランド物という感じの営業さんもいたります。

最近は、女性営業も増えてきまして、やはり、派手な人、地味な人、いろいろいますが・・・、女性の場合は、表面的には、地味にしていて・・・、でも、実は、こっそりマンションや高級車を持っていたり、高価なブランドバッグや服を買ったりしているようです。

まあ、男女共にできる仕事ですし・・・、業界的に給料が、歩合色が濃いので、そこそこできれば年収1000万円、稼ぐ営業マンだと、年収数千万円ですからね。

そんな業界だからなのか・・・、ちょくちょく不動産を覚えたいという話がありまして・・・。

IMG_3458


ただ・・・、派手にカッコ良くとか、簡単に儲かりそうとか・・・そんな、甘い業界ではない!

仮に、口八丁手八丁で、たまたま成功したとしても、それを継続させていくのは難しい。

それは、不動産業をやっていく上で、人脈は必要不可欠であり、人を大切にしないと続かない・・・どこかで途切れてしまうのです。

人を大切にすること! 

お客様、取引先、関係業者、すべての人の気持ちや立場を考えていかないといけない!


そして、全ての人たちの立場を考えるには、全ての人の立場で考える事ができるだけの、最低限の知識というものが必要なのです。

私は、不動産会社の代表として、本物の不動産屋を育てたい・・・。

そんなわけで・・・・弊社では、社員を随時募集しているわけですが・・・。

IMG_3462


先日、知人の紹介で、訪販系の会社で働いているAくんという人を、面接しました。

とは言っても・・・、知人セッティングで食事をしながらの面接みたいな感じだったんですが・・・。

弊社の営業の基本給や、歩合の話をしまして・・・不動産業とは、何たるか・・・みたいな話をさせてもらいまして・・・、要するに、いつもブログに書いているような事なんですが・・・、、人の財産を扱うという事は、人の人生を左右することもあるわけで、自分の成績や会社の利益を優先するのではなく、お客様の未来を・・・、又は、不動産業の社会貢献や、やり甲斐みたいな話もさせていただきました。

元々、訪販系なので、コミュ力もあるし、押しは強そうだし・・・、なかなかの逸材ではあったのですが、数売って、稼げばいい的な考えが見えたので・・・。

 『Aくん・・・、俺も、訪販やってたことあるから・・・、仕事ができるのは、よくわかった。 まあ、戸を叩いて開けさせたら、高確率で物を売ってくるかんじだよな〜w 不動産業界に来ても、けっこう売れるし稼げると思うよw』

紹介者 『おっ・・近藤社長のお墨付きもらった。 よかったな〜w』

Aくん 『ありがとうございます。 宜しくお願いします。』

 『それに、イケメンだし、おしゃれで身なりも悪くないし・・・、何といっても、素敵なのは、訪販の営業のわりに・・・、言い方悪いけど、収入のわりに、自分に金をかけている。 話からも、身なりも、気持ちも、向上心に満ち溢れているのがわかるし・・・俺も、昔、そんな感じだったから・・・いいんじゃないかな〜w ゆとりには珍しいタイプだな〜w』

Aくん 『**さんから、いつも近藤社長の話をお聞きしていて、近藤社長みたいな不動産屋を目指してるんですよ。 実は、ブログも見ていまして・・・・、最近、車ネタ多いですけど・・・w 車、時計、服、靴、めちゃカッコイイです・・・。もう、欲しい物、ないんじゃないですか?』

 『そこか〜w  俺も、Aくんみたいな、おしゃれなイケメンに褒められると嬉しいけど・・・、そこか〜wって感じかな〜。 人が向上する上で、欲は大事だけど・・・、ブログを読んでいるなら、もう少し、違うところに反応してほしいというのが本音だけどね。 で・・・、弊社と仕事のことは説明したけど・・・、Aくんは、うちに来いやって言ったら、来るわけ・・・???』

Aくん 『はい! 明日、辞表を出したとして・・・、11月1日からでしたら、行けます。 』

Aくんは、姿勢を正しながらも、ものすごくワクワクした表情で、前乗りになって話を聞いていました・・・・爽やかで、好感度は高い!

2017-09-12-12-46-56


 『よしっ! じゃあ、うちの本社に電話をして、統括部長の面接を受けて合格だったら、紹介者の**さんの顔もあるし、俺は、無条件でOKしよう。 もうしわけないけど、社長の独断と偏見で社員を入れるというのは、あかんからな。 』

紹介者 『そういうところでも、社員たちの気持ちや立場を考えているんですね・・・。』

 『うん! それもあるけど・・・。 同時に、Aくんが、入社しても特別扱いはしないということでもあるけど・・・。まあ、Aくん、頑張って・・・。』

Aくん 『はい! ありがとうございます。 質問なんですけど・・・、基本給と歩合等のことは把握しましたけど・・・その上でお聞きするのですが・・・、近藤社長のお見立てだと、自分は、どれくらい稼げると思いますか?』

 『う〜ん! 単刀直入に聞くね〜w  俺も、本音で話すよ・・・。 順調に行けば、1年目年収500万以下、2年目1000万を超える、その先は、分からないけど、5年ぐらいで、独立していくんだろうな〜って感じかな〜。 順調に行けば・・・だけどな。 向上意欲に満ちてるから、その力を、どこに注ぐかだよ! 俺は、順調に成長する確率30% 順調に行かないほうに70%で見ている。』

Aくん 『順調に成長するが30%ですか・・・低いですね。 それほど、不動産は難しいということですか? 逆に、どうしたら順調に成長する確率が上がるのですか???』

 『金、物が欲しい、人よりも上に行きたい・・・。 それは、とても大事な事で、最近は、向上意欲を持っている人が少ないし、そんな中で、貴重な人材だよ。 でも、自分の事だけを考えて、ガムシャラに仕事をしそうな気がするんだよね〜。 俺も、若いころ、そうだったから・・・。でも、それは、結果として、すごく遠回りをしたんだよ。』

Aくん 『ガムシャラに頑張る事が、遠回りですか・・・。』

 『自分のためにガムシャラってのが遠回り・・・。 お客様に、不動産を買わせよう!と思っているうちは、不動産は売れないんだよ! まあ、売れても、好成績を維持し続けることはできない! 俺は、社長だけど、今でも社内でトップセールスなんだよ。 理由は簡単・・・、不動産を、売ろうとしないからなんだよ! お客様にとって良い買い物だと思えば、それを伝えてお勧めする! この物件を売るのではなく、この物件に合った人を探すという感じかな。 それが、わかってくると、伸びるんだよね〜www』

Aくん 『目の前にある商材を売りまくればいいってわけじゃないんですね。』

 『そうだな〜。 そういうやり方をしたいなら、不動産の売り子になればいい! そのかわり、売り子は、ずっと売り子! まあ、そういう不動産業もあるけどね。 うちは、住宅系、商工業系、仲介、分譲、取りまとめ、買取再販、なんでもやるんだよ。 物を売るという感覚とは、少し違うのかもしれないな〜。』

Aくん 『物を売るという感覚ではない!ですか・・・。 でも、社長も、昔は訪販やってたんですよね・・・。』

 『だから、遠回りしたって言ってるんだよw 不動産は、お客様に喜んでいただけるような良い仕事をしていくことが信用という貯金になるんだよ。 貯まれば貯まるほどに、利息も利率も良くなる・・・。 そして、良い仕事をするには、お客様の立場で考える事と、プロとしての不動産の知識が必要なんだよね〜。 この二つが身につくがどうかで、不動産屋としての未来が決まる!』

Aくん 『・・・・。 物を売らずに人を売るということと、人に物を勧める以上、責任をもって勧めるだけの知識が必要ということですね。 それって、商売の基本ですよね。 自分では、わかっているつもりですが、不動産業界で成績に追われる中で、それを実践できるかどうか・・・、社長は、私が、できるほうに30%、できないほうに70%だと考えているんですね。』

 『いや・・・。 1年やそこらで気付くと思ってないから30%・・・、何年もやれば気付くよ・・・。 順調には、いかないってだけで・・・、筋がいいので、必ず芽がでて成長していくと思う。 要するに、さっき言った2つがわかるまでの下済みの丁稚生活に、耐えられるか、耐えられずにケツ割るのか・・・そんだけの話だよ! 早ければ1年、長ければ何年か分からんけど、今の収入と生活を捨てて、末端の下っ端からやれるかどうかだよ。年収500万円以下生活が何年続くか・・・w』

Aくん 『近藤社長、なんか・・・楽しんでません?(笑)』

 『ちょっとだけ・・・・w まあ、下っ端で、丁稚奉公するつもりで来て頑張るなら、Aくんは、ものになると思う・・・さぁ、どうする? やる気になったら、本社に電話して来なよ。 まあ、とりあえず、今日は、**さんもいるし、楽しい夜にしようw 』

紹介者 『では〜・・・。 乾杯とは・・・・。』

 Aくん 紹介者 『イッキなりぃぃぃ〜www』

そんなわけで・・・食事をして、錦に出ました・・・楽しい夜でした(笑)

IMG_1538


支払いは、私と、紹介者の**社長と、全店、男気ジャンケン・・・。

なぜか、全部の店を・・・、セッティングをしてくださった、紹介者の**社長に、払われてしまい・・・すみませんでした。(**社長 ジャンケン強すぎw)

全勝しなくてもいいのに・・・。


話は、不動産業界の話戻しますが・・・Aくんは・・・、おっと、その前に・・・・。

うーんここまで書いたところで・・・、本日、ブログランキングが2位⤵︎になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。


建設・不動産ランキング

投票ありがとうございました


続きです。

そんなわけで・・・、Aくんは・・・。

現在の年収800万円を捨てて、弊社に、一年生として働きに来るのか来ないのか・・・?


まあ、ガンガン営業はできるのでしょうが、目先の仕事しか見えないがんじなので、そこを矯正する必要はあります。

初年度は、年収500万稼げないかもしれません。

頑張れば、2年目には、今の職場の収入を超えるとは思うんですけどね〜。

もちろん・・・、お客様第一主義の精神と、不動産の知識をつけるために一生懸命努力すれば・・・の話ですけどね。

不動産の本当の面白さを分からせてあげたいけど、こればかりは、自分で発見しないといけないんです。

自分が、家を売ったお客様が、楽しく幸せに暮らす・・・、自分が商業店舗や、ビルを売った場所に、大勢のお客様が出入りして繁盛する・・・、自分が誘致した工場が完成して、雇用が生まれ、大勢の人が働く・・・、とにかくお客さまに喜んでいただく・・・、そして、それら自分がやった仕事が、住宅地図に載る・・・・。


もちろん、弊社も企業だし、私も生活をしていかなくてはいけないので、報酬はいただきますが・・・、報酬よりも何倍も大きな達成感と喜び・・・、そして、良い仕事をすれば、自分も相手も満足であり、双方が満足できれば、その先・・・、次に、どんどん繋がっていきます。

仕事も、人脈も増えていき、扱う不動産の種類も増えるし、自分のフィールドが大きくなります。


そして、今回のAくんが求めている、物欲、向上欲を満たすこともできる・・・というか、気が付いたらできていると思います。

ただ・・・基本的に、人間は、今ある環境が心地よい場合・・・そこに、とどまり、新しい未知の世界に飛び込もうとは思わない生き物です。

特に日本人は、今の環境が悪くても、そこで堪えようとする傾向が強い!

一カ所でずっと働くのは悪いことではないですけど・・・、今の職場で頑張れば、明るい未来が見えるのであれば耐えることも必要ですが・・・、日本人は、先が見えないような場合でも、そこに踏みとどまる人が多いように思います。

私が、今、不動産会社の代表をしているのは、常に先を見て、明るい未来を求めて、いろいろなことをして環境を変えてきたからだし・・・、不動産という仕事に就いた時に、明るい未来が見えたからです。

IMG_3439


名古屋の街・・・、ここから見える景色の空と道路以外は、全部、不動産じゃないかwww

私は、49歳になった今も、明るい未来が見えています。

自分が成長するために、もっともっと、人を大切にしなくてはいけませんし、勉強もしなくてはいけません・・・弊社のお客様の満足度の限界を超越したい!


そんな思いで、今も、これからも頑張っていきます。

そんなわけで・・・本日は、不動産業界に入ることとは・・・!というテーマで書かせていただきました。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください














toshikazy at 12:04|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月16日

2084) 価格交渉・・くだらないプライド(笑)

家売る女、初回を見ました。

不動産業界人から見ると、ドラマということで面白おかしく作ってはありますが・・・けっこうリアリティーあり面白かったです。

いつもブログに書いていることですが・・・・、お客様の将来の幸せを考える営業が、最終的に売れるというのは事実ですし・・・社員たちにも、そう教育しておりますが・・・。

まさに、そんな感じで・・・、原作、脚本等、全く知りませんが・・・・けっこうリアルなので驚きました。

北川景子さん、綺麗ですし・・・・、毎週、見たいと思います



さて、今日のブログです・・・。

弊社では、不動産の仲介と、不動産の買い取りをしております。

読者の皆さんは、今更何を言ってるの・・・知ってるよ・・・と思われた方が多いのではないでしょうか?

まあ、愚痴になってしまうかもしれませんが、今日は、買取の話を書かせていただきますね。


弊社の用地課、本社、名古屋支店、美和営業所には、毎日、沢山の買取希望の物件と、仲介物件が送られてきますし・・、用地課は、買取の営業に、不動産業者様、金融機関、始業の方々、地主様のところ等を回り、買取物件を探しています。

でも、実際に買取ができる物件というのは、情報は多くても、買える物件は少ないというのが現実なんですが・・・、これは、価格面はもちろんのことですが、物件の性質上、又は、弊社のエリア外ということで、買える物件は限られてきます。

100万円のマンションや、借地権付き建物から〜10億以上の物件まで、いろんな物件を購入するわけですが・・・・、買取物件の大半は、不動産業者さんが情報を持ってきてくれます。

検討できる物件の場合は、試算をして、弊社の買取希望金額を提示します。

買取希望金額で交渉をしてくださるようでしたら、買付証明、取りまとめ依頼書等を発行して、社印を押して、売主さんに交渉をしていただくわけですが・・・。

2ヶ月ほど前の話ですが、とても不快な事がありました。

不動産業者さんが悪いわけではないのですが・・・、売主様が、とんでもない方でして・・・、これまで何千枚という買付証明を出してきましたが、今回のようなケースは初めてのことでございまして、私も、少々戸惑いました。


仲介業者さんが名古屋市内の近郊で800坪の土地を持ってきてくださりました。

価格は相談・・・弊社の指値で交渉をしてくださるということでした。


このような場合でも・・・、弊社の指値で交渉してくださるとはいうものの、とんでもなく安い金額を提示すれば、仲介業者さんに恥を書かせてしまいます。

弊社は、売値を算出し、そこから規定の利益と、予想される経費を引いたものを買付希望金額として、仲介業者さんに提示します。

この際に・・・・、この金額を、売主様に提示するまでもないなら、この場で交渉を断っていただきます。

交渉をしてくださるということになれば、買付証明を発行するわけですが・・・。

今回も、同じように事を進めていきました・・・。

仲介業者さん 『なるほど・・・。 売主さんの希望価格とは、かけ離れていますが、私の個人的意見としては、それぐらいが妥当だと思います。 減歩が出る土地ですし、造成、解体費用もかかりますからね。 わかりました。 一度、交渉をしてみます。』

 『売主さんの希望する金額は、造成済みの住宅用地の価格ですからね〜・・・、そこまで仕上げるのに費用もかかりますし、道路を入れなくてはいけない土地ですので、減歩も出てしまいますからね〜・・・。 申し訳ないですけど、この金額で交渉してみてください。 最悪、少しくらいは、なんとか買い上げます・・・とはいっても、利幅を削る話なんですけどねw なんとか、この金額でお譲りいただけたらありがたいのですが・・・・。 宜しくお願いします。』

私は、買付証明に社印を押して、仲介業者さんにお渡ししました。

数日後・・・。

この仲介業者さんは、とてもきちんとされている方で、弊社の用地課の社員を通して、私にアポイントをきってくださり、弊社名古屋支店まで来てくださりました。

仲介業者さん 『社長、すみません。 全然、全く話になりませんでした。 売主さん、かなり怒っていらっしゃって・・・。 先祖からもらった土地をコケにしやがって! 御社に電話をするとまで言ってました。 もちろん、そのような事のないように説得しましたが、かなりの勢いでお叱りをうけました。』

 『うむ〜・・・。 12区画に切れるんだけど・・・、予備費と宣伝広告費を削り・・・造成工事の方法についても再検討してみるよ。 もしかすると、あと500万円ぐらいから出せるかもしれん。 』

仲介業者さん 『いえいえ・・・。 社長・・・そういうレベルの話ではないので・・・。 かなりご立腹でいたので、諦められたほうがいいと思います。 頑張って、他の物件を出してきます。 今後とも宜しくお願いします。』

 『こちらこそ、ガンガン買い取りしていきますので、宜しくお願いします。 今回は、骨折り損になってしまいましたけど・・・・・・・、まあ、希望価格と開きがありましたので、仕方がないですね。  ありがとうございました。』

そんなわけで・・・、この物件は諦めて終わるはずだったのですが・・・・。

翌日、その物件の地主さんから、会社のほうに連絡があり、どうしても私と話がしたいというので、電話口に出たのですが・・・・。

電話に出ると・・・いきなり・・・・。

売主 『おいっ、あんた千代田不動産の社長さんか???』

 『はい・・・。 そうですけど・・・・。』

売主 『**市**町の〇〇って者だけど、あんたな〜・・・・うちの土地を欲しいって言っておいて、ひどい金額をつけて、どういうつもりだ???  金に困って売るわけじゃないだぞ・・・・馬鹿にしやがって!』

 『いえいえ、馬鹿にしているなんて、めっそうもございません。 弊社は、あそこを分譲地にしたいので、区割りをして、道路を入れて寄付をして、残った部分を、相場で売りたいと考えておりましたので、売主様の希望の価格との差がでてしまったんでしょう・・・ご希望に沿えなくて申し訳ございませんでした。 ただし、本件に関しては、仲介業者さんが間に入っておりますので、今後は何かございましたら仲介業者さんを通してください。 』

売主 『俺はな〜・・・、売りたい値段を言ってあったのに、希望の金額の半値で買うなんて言ってきがって・・・あんた、足元見て、なめとったらあかんぞ! 

 『ですから弊社は、分譲地で検討しましたので・・・・あの土地を、一筆で利用されるお客様であれば、もう少し高い金額が出るのではないでしょうか? でも、まあ、解体工事も費用がかかりますし、高低差がありますので造成工事費も数千万単位でかかります。 ご希望されている価格は、更地の完成された住宅用地の価格ですので、今のお値段では難しいのではないでしょうか???』

売主 『やかましい・・・。 そんなことは俺が決めることだ。 あんたの会社には、満額でも売らんわ。 くそボケが・・・なめやがって・・・・。』

 『満額でも売らん・・・くそボケですか・・・w  まあ、絶対に満額で買うことはございませんので、ご安心ください。 満額で買ったら、相場の1,8倍ぐらいで販売しなくてはいけなくなりますので・・・満額で買ったら、うちの会社つぶれますわw  それから、仲介業者さん通してくださいね。 一応、今回の件は、仲介業者さんに報告させていただきますね。  最後に・・・・、私から言わせていただくと、今の価格は、まじめに売ろうと思っていないだろ〜、くそボケ〜wって価格ですよ。 それでは、失礼いたします。』 

売主 『あ・・・あんた客に向かって、何を言っとるんだ??? くそボケって・・・本性を現したな悪徳不動産屋が〜・・・、何が、くそボケだぁぁぁ〜・・・。』

 『私は、普段、そういう言葉は使わないのですが・・・、そちら様が、くそボケっておっしゃったので・・・、移ったんですかね〜? 悪い言葉は、移りやすいので、気を付けます。  それでは、忙しいですし、めんどくさいし、ウザいので・・・お電話を切らせていただきますね。 失礼いたします。』

電話を切った後・・・、本件の仲介業者さんに、電話でのやりとりの一部始終を報告しました。

仲介業者さんは、私に、めちゃくちゃ申し訳なさそうに謝ってくださりましたが・・・、私も、仲介業者さんがいるのに直接対応してしまったことを謝罪しました。

しかし・・・、この件は、これで終わらなかったのです。 

2016-06-11-11-35-18


それから、3カ月ほど経った・・・・先週・・・・、仲介業者さんから電話がありました。 

売主さんが・・・、弊社が指値した金額で売ってもいい!と言っていると、ご連絡をいただいたのです。

但し、条件があるので、私と、会って話をしたい!とのことでした。 

私は、すぐにOKしまし、日時を決めました。

そして・・・後日、仲介業者といっしょに、売主の自宅に伺いました。 

売主 『あんたが千代田不動産の社長か???』

 『はい、そうです・・・。 とりあえず、お名刺を出させて・・・。』

売主 『いらんいらん。 あの土地、あんたのところの価格が一番高いんだわ。 この間の金額で売ったるわ・・・。 但し・・・、測量、印紙代、登記費用は、そちらで払ってくれ・・・・。 全部合わせても数十万のことだろう。 それだったら、売ってやるわ・・・。 それから、開発許可なんてもんは、そっちの都合なんで、今月中に金を払ってくれ・・・。 開発がおりたらなんて話はダメだ・・・。それなら売ってやる。』

 『ありがとうございます・・・・。 試算としては、問題ないですから買いたいのはヤマヤマなんですけど・・・・、少し間違えていらっしゃいませんか? 売ってやるではなく、その価格と条件で売るという話じゃないんですか?』

売主 『まだ、そんなことを言ってるのか〜。 俺の土地は、先祖からもらった大切な土地なんだぞ! それを売ってやるって言ってるんだ。 売りたくて売るんじゃないぞ! そこを間違えるな!』

仲介業者 『大切な土地を売却されることは、近藤社長は分かっていらっしゃると思います。 私よりも不動産業の経験値は高いので、売主様の気持ちは十分ご理解されているはずです。』

 『そうですね〜・・・。 この話が決まれば、ご先祖様に手を合わせさせていただいてから契約をさせていただきたいところですが・・・。 商売人としてのプライドもございまして・・・。 前回提示した金額で、あのような事があったのですから、同じ金額で買うことはできません。 あと100万だけでいいので、値引きしていただけませんか? そうであれば、喜んで契約をさせていただきます。』

売主 『あんたが、この金額で買うって書類に書いてあるだろう? この書類嘘か???』

 『嘘じゃないですよ。 そもそも、条件を変えてるじゃないですかw それに、ここに有効期限が書いてあるでしょ? 平成28年4月末日までって・・・・。  たぶん、そちらは、前の金額に何か付加させて買わせてやろうと思っているんですよね? 俺は、逆に何か引いていただかないと買いたくないという気持ちなんですよ。  今月内に全額代金を払うことはOK 諸費用もこちら持ちもOK・・・・、でも、100万円引いてください。 そしたら・・・買わせていただきます。 買ってやるとは言いません・・・・ありがたく買わせていただきます。』

仲介業者 『近藤社長・・・・。 100万円、仲介手数料から引きますので・・・・売主様の条件を飲む形で契約していただけませんか???』

 『俺は、元々が仲介業者だから、手数料を引くのは嫌なんだ・・・。満額払わせていただきます。  そういう問題じゃなくて・・・・、くそボケ! 売主さんが、私に対して絶対に売らんまで言ったものを買うわけですから・・・、あの時の価格から、たとえ100万でも引いてもらわないと・・・・、そこ大事なところなんですわw』

仲介業者さんは、困った顔をしていましたが・・・私も、普段は、なんでもいいよ〜って感じなんですが・・・こういうスイッチが入ってしまうと、自分でも引くに引けないわけです。

売主 『100万か・・・・。 なめてんじゃね〜ぞ! あんたが、そこが重要なら・・・・俺にもプライドがある・・・・。 もう、月内に金もいらん、測量もこっちでやるし印紙もいらん・・・、条件は、なしでいい!  前の金額に100万円をアップしてきたら売ってやる・・・。 それが嫌ならやめておけ・・・、以上だ。』

 『あははははw 面白くなってきましたね〜・・・・。 売主さんの事を、変な人だと誤解していました。 男気とプライドあるじゃないですか・・・w よしっ・・・、俺も、100万円引いてくれなきゃ絶対に買わない! 測量、諸費用は、全額当社払い、月内決済OK・・・でも、100万引いてくれないから買いませんので・・・・、よ〜く考えて、ギブアップしたら、仲介業者さんを通してご連絡ください。』

売主 『千代田さん、あんた・・・、この土地、欲しいんじゃないのか???』

 『まあ・・・。 それは・・、喉から手が出るほど、欲しいですよ・・・。 在庫不足なので・・・・。』

売主 『100万円プラスするだけで買えるのに買わないのか? 前の時に、数百万程度ならアップしてもいいって、こいつから聞いているけどな〜・・・。 本当に、100万引かないと買わんのか?』

 『ええ。 前とは状況が違いますからね・・・。 100万円引いていただかないと絶対に買いません。』

売主 『あんたも、強情な人だな〜・・・・。 俺も、あんたが値上げしないなら絶対に売らん! とりあえず、話していても無駄なようだから、今日は帰れ! 3日だけ待ってやるから、100万円乗っけて買うなら連絡して来い! 』

 『グククク〜・・・。 くそ〜、この土地欲しいんだけどな〜。 この土地が住宅地になれば、大勢の方が生活し、そこで子育てをして・・・・、宅地分譲やりたいです。 でも、金の話じゃないので・・・、俺も3日待ちます・・・。 ご先祖様と相談して、売る気になったらご連絡をください。 それでは、失礼いたします。』

売主 『何がご先祖様だ・・・! もっともらしい事を言いやがって・・・。 無駄な話し合いだったな・・・!』

 『いや・・・。 無駄ではないと思っています。 ギブアップしてください。 それでは、失礼いたします。』

そんなわけで・・・・

明日が、3日目の期日なんですが・・・・今のところは連絡なし・・・・・。

売主さんは折れてくるのか・・・。 


前回の買い付け金額は、他社よりも、150万円ほど、弊社の価格のほうが高い買値らしいです・・・・。

偏屈な口の悪い売主さんでしたが・・・膝を突き合わせて話をしたので・・・、そんなに悪い印象ではなくなっているとは思うのですが・・・・・・。

実は・・・、昨日から、返事はまだかと・・・・仲介業者さんからの電話を、ドキドキしながら待っているのですが・・・・、最後のカードは、何かな? 

プレイヤーWIN? バンカーWIN? というような感覚に近いのかもしれません・・・。

もう、待っていると他事も手につかないし・・・・イライラするので、ブログに書いてしまいました(笑)

商談の途中で、売主さんが、『あんたも強情な人だな〜』と言って、笑ったので・・・、その瞬間・・・勝ったと思いましたが・・・、その後も、つっぱってきていますので・・・・まだ結果は分かりませんw

今回の仕事は、売主に、上から目線でボロクソに言われながらも・・・不動産って面白いな〜って思います。

同業の皆さんも・・・、不動産の駆け引き・・・楽しんでください

そんなわけで・・・本日も読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします





ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


toshikazy at 14:31|PermalinkComments(13)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年08月19日

1831) 不動産営業と携帯電話

皆さんは、携帯電話を、どれくらい使いますか??? 

不動産営業にとって携帯電話は必需品なんですけど・・・。

まめに連絡を取り合い情報交換やコミュニケーションをとったり、業務の報連相をする人もいれば・・・、携帯に無頓着で、電話をしても出なかったり、折り返しの電話が極端に遅かったりする人、様々ですが・・・・。


まあ、一概には言えませんが、不動産営業で、本当に仕事ができる奴(年収1000万円以上)稼ぐような人は、携帯を上手に使っています。

携帯と言うのは、ガラケーだろうが、最新のスマホだろうが、あまり関係なく、要するに使い方なんですけどね。

不動産業は、情報とコミュニケーション、会社では報連相と迅速な対応が大事なんですけど・・・・。 

私が知る限り、優秀な営業は、車の運転中でもブルートュース等で必ず電話を取るか、車を停めて折り返しの電話をしてきますし、電車の中でも、小声で折り返し〇分後に電話をしますとか、LINEやショートメール等で連絡を取り合います。

現代社会において、一線で活躍する営業は、昼夜を問わず、寝ている時と風呂便所以外は、電話を手元に置いていますし、昼夜を問わず、折り返しの電話をしてきます。

あくまでも、不動産営業の話ですよ・・・・・他の職種の営業職は知りませんし・・・、不動産業でも事務方であれば、そこまでしなくてもいいと思うのですが・・・・、不動産営業に関しては、電話が遅れたせいで相手に迷惑をかけたり、大事な商談を逃がしてしまったりしないように極力連絡が取れる状態にしておく必要があると・・・私は思います。

私が、こう書いてしまうと影響を受ける方も多いので書きますが・・・・、これは私の個人的な考え方であって、社員や下請けさんに強制するつもりは全くないです。 

ただ・・・・、社員の場合は、頼みたい仕事(顧客紹介)の電話をしてでないとか折り返しが遅ければ他の社員に頼むこともあるでしょうし、下請けさんにも、こちらが試算をする際に『〇〇の工事は平米単価いくら?』と聞きたいときに電話がつながらない・・・他社の社長は電話に出て明確に答えた・・・・なんて事があったら、当然に、そちらに仕事は行くわけですから・・・、そこは自己の判断だと思います。

アンテナを、どれだけ敏感にしておくか・・・・情報をキャッチする体制をどうするかは個人の裁量ですし性格もありますからね〜。

他の職種といえば、営業ではないですが・・・・このブログの読者、ヤブ医者のハナハナなんかは、救命ドクターでもないのに、常に病院と連絡が取れるように、いつも金メダルのように携帯を首からぶら下げていますし、風呂や便所にも携帯を持って行きます。

他は、褒めるところがないですが、この部分だけは立派だと思います(笑)


しかし、まあ、ここ最近は、本当に便利になりました。

特に、スマホになってから、写真や動画が、瞬時に送れますので・・・・、電話で連絡を取り合い、現場の状況や、区割りなんかも、即わかります。

そして、料金も、昔の事を思うと安くなりました。 

とはいっても、私は、料金に関しては無頓着で、基本的に、あれこれ考えて節約して使うよりも、好き放題使って稼げばよいという考えで、何だかんだ言って、一日、100件以上の電話のやり取りをしていますし、何時間電話をしているのか分からないぐらい電話をしています。

携帯の月額の支払いは・・・・、現在のところ、約5万円ほどです。 

海外に行った月は、10万円を超える事もあります。

もちろん、携帯ショップで、私にとって良いプランを選んでもらい、半額になるとか、決めた電話は無料通話とか、同じ会社であれば無料とか、いろいろやってますが、結局、5万円ぐらいはいきます。

これでも昔の事を思うと安くなりました。

BlogPaint


例えば、今月請求が来る分の明細を見ると、こんな感じです。 

先日、知人が・・・、『近ちゃん、auでしょ?  なんか、かけ放題とかいうプランができたみたいだから、auショップでシミュレーションを出してもらって、かけ放題のほうが得なら、変えたほうがいいかもねw』と教えてくれました。

 『そうだな〜・・・。 今のプランだと平均5万円以上払ってるからな〜・・・・。 ちょっとでも減るといいな〜・・・・。』

知人 『どういう使い方をしたら5万とかになるの? 海外とか、かけまくってるんじゃない???』

 『いや・・・。 海外は、スカイプだよ。 無料のは、スカイプもLINEも音声が遅れるから話辛い・・・・、音声が遅れない有料のスカイプ電話を使ってるよ。 料金は、月額数千円だよw』

知人 『国内で5万円超えるんだ・・・・・。 かけ放題のシミュレーションしてきたほうがいいよw 8月から、そのプランが使えるらしいよ。』

 『めんどくさいけど、行ってみるよ・・・・。』

そんわけで、翌朝、行きつけの、auショップに電話をしました。

 『あの〜、俺だけどさ〜・・・。 待たされない時間に行くから、電話して〜・・・・。』

店員 『今なら、誰もお客様がいませんので、ご来店いただければ待たなくてもいいですよw 先に言っておきますが、まだ、iphone6の予約はできませんからね。 予約開始したら、俺の名前尾を書いておけ!もなしですから・・・、それ以外の用事でしたらご来店ください。』

 『そんな、まだいつ出るのか分からない物を予約させろなんて言わないよ・・・・。 3分で行くから、茶入れて待っとって〜w』

店員 『お茶も出ませんので・・・・・。 シックスは、まだ、予約できませんからね・・・・。』

ということで、auショップに行きました。


店員さんに、ゆるキャラグランプリの宣伝をして・・・・、シミュレーションをお願いしました。 

ジャーンw 

315752


電話料金5万が、1万円に・・・・・・・。 

一カ月の携帯料金が、4万円分もお得なんです。

このプラン、すごくないですか???

右側を見て下さい・・・・、値引きなしの電話料金が、12万円・・・それが0になって、月額数千円になっちゃうんですよ。

左側の5万が・・・・・、1万円ですよ・・・・。

とうとう日本の携帯電話も、ここまで安くなりました。


今にもまして、ジャンジャンパリバリ、電話で仕事ができます

あとは海外通話が安くなれば、完璧ですね。

海外から日本にかける時や、日本から海外にかける時は、有料スカイプを使えば、激安で通話ができますが・・・・・、私が海外に行っている間に、日本の私の携帯に電話があると、通常の1分数百円の通話料がかかります。

自分の都合で海外に行っているわけだし、仕事の大事な電話なのに、『電話代が高いので、スカイプでかけなおします。』なんて言って、電話を切りかけなおすような恥ずかしい事はできません。

そして、海外での、パケ放題(一日約3000円)と、電話代は、毎回、数万円になります。

インターネット等は、空港でルーターを借りるとか、シムフリーの携帯を持つとかすれば多少節約ができますが、携帯通話料はは本当に高いです。

せめて、海外通話が、半額になるといいな〜。

そうなると、月額使用料が、5万円とか10万円なんてことがなくなるんですけどね〜。

まあ、なにはともあれ、不動産営業に携帯は必須アイテムですので、今回の、かけ放題は本当に助かります。

そんなわけで、本日は、不動産営業と携帯電話のお話でした。

本日も、読者の皆さまにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

お盆の間も、人気ブログランキングの投票をお願いします。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


ちよっぺん2

ちよっぺんオフィシャルホームページ http://chiyoppen.com/









toshikazy at 01:50|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote