営業 経営

2017年06月02日

2158) ドローンビジネス 本格化!(転職、起業)

皆さんは、ドローンに関して、どんな印象を持っていますか???

ラジコンヘリに、カメラが付いた程度のオモチャで、空撮ぐらいにしか使い道がないでしょうぐらいに思っているのではないでしょうか?


もしこのような印象を持っているとすれば・・・、ビジネスチャンスを逃してしまっている!と言っても過言ではないくらいのことだと思います。

2017-04-28-10-46-17


先日、愛知県でオープンしたドローンスクールは、テレビ、新聞等、13社が取材に来ましたし・・・その後、テレビや新聞を見た企業や行政、一般の方々まで、すごい数の問い合わせがありました。

私も、この学校のオープンには多少関係しているので、マスコミ対応と、後日、企業様の対応をさせていただきましたが・・・とにかく、すごい注目度でした。

新たな産業革命を起こす、ドローンは、行政から大手から中小企業までが、続々と導入、展開し始めています。

そこで、本日は、行政や大手企業や、中小企業がどのようなドローンビジネスを展開しているのか、その現状を書かせていただこうと思います。

先日、テレビ取材を受けたせいなのか、知り合いや、ブログの読者さんの不動産業社からの、電話やLINEの問い合わせがすごかったです。

2017-04-28-09-55-41


テレビ見ましたよ〜から始まり・・・、翌日は、新聞見ましたよ〜ということで・・・、不動産会社の代表としての仕事をこなしながら、ドローンの対応をしておりました(笑)

まずは、私の空撮の一部を・・・。

弊社の分譲地・・・せんとフィールド88区画を撮影したものです。(飛行禁止区域外から撮影)

2017-04-22-14-28-28


弊社の宅地分譲は、飛行禁止区域ギリギリ入っていましたので、真上からは撮影できませんでしたが、飛行可能エリアの会社から上空110mまで上昇して撮影をしました。

続いて、太陽光発電所も撮影・・・この写真は、何度かブログに掲載しましたねw

image


上の写真も、かなり高い高度からの撮影ですが・・・、右下の写真のように低い高度で使うこともできます。

右下の写真は・・・、池の上空、2mぐらいのところから、池の外側を撮影しましたし・・・、左下の写真は、10mぐらいの高さから自分を撮影しました。

結局、私は・・・、今は、空撮しか使っていませんが・・・。

ただ、今後は、もっと多種多様な使い方ができるようにしようと考えておりまして、先日、赤外線を使うドローンのライセンスを取得してきました。


赤外線で、建物の外壁をチェックしたり、工場内でドローンを飛ばして機械た生産ラインのチェックをしたり、野外でサーモグラフィーを使い動物や人の動きをチェックすることもできます。

相当、ドローンの腕も上がり、建物内で・・・ドローンの向きが変わっても飛ばせるようになりました。

今後は、農業分野や、測量、災害救助等でも使えるように、ライセンスを取得していこうと考えています。

うちの愚息は、学生やりながらですけど、インストラクターとして、日々、ドローンを飛ばしたりバラして組立てたりしながら、あれこれ研究していまして、ドローンを活用した産業の育成を頑張りたいなんてことを言っておりますし・・・、私も、ドローンの技術開発部門や操縦の安全性の向上に協力できたらいいな〜と思っています。


しかし・・・今現在のドローン業界の現状は・・・・。

ドローンは、空の産業革命なんてことも言われており・・・、日進月歩で開発が進んでいて、今後、間違いなく拡大していく産業であるのに・・・、人の育成が追いついていないのです。

行政をはじめ、企業が導入しようとしているということは、プロの操縦士が必要になるわけですが、今現在、プロと呼べる人が少なく、趣味程度の素人が騒いでいるという状況なのです。

私も、飛行ライセンスと赤外線ライセンスを取得するために50時間、仕事としての飛行も20時間以上は飛ばしましたし、実技だけではなく学科も勉強しましたが、プロという領域には達しておりません。

正直、ドローン学校で、ライセンスを取ったからといって、すぐに人様から、お金をいただいて仕事ができるほど、甘くはないと思います。

そうはいっても、まだ、業界自体が新しいわけで仕方がないですが・・・

ライセンスを取得した方々も、ドローンビジネスに参入しようと、日々、技術を磨き、知識もつけようと努力しております。

つまり、ライセンスを取得した者は、腕を磨きながら、実際に仕事の依頼を待っている状況です。


2017-03-12-17-52-06


逆に、ドローンを導入しようとしている企業側はというと、ドローンを導入したいが、具体的に自社の業務にどのように使用するのかを検討しながら、技術者やパイロットを探している状況です。

今現在、ドローン操縦士を育てる学校やとろーんの開発業者(供給)の部分と、ドローンを導入したい行政や企業(需要)の両方あるのに、そこが、いまいちマッチングしていないのです。

余談になりますが、私は、自社の物件を空撮したり、知人、友人の不動産業者から物件の空撮を頼まれたり、建設業者から屋根のメンテナンスのための、画像と動画撮影の依頼を受けましたが・・・、どちらの依頼者からも、また頼みたいとお願いをされております。(お金を頂くのが気が引けまして今回は無料でしたが・・・。)

少なくとも、不動産、建設業界では、すでに需要がありますし、今後も確実に需要が伸びると確信ををしました。

需要と供給があるのに結びつかないって勿体無いですよね〜。

この需要と供給のバランスを取ることができるドローンの会社や協会はないのか私なりに調べてみました。


ドローンデパートメント株式会社という、東京・岡山の会社は、すでに、ドローン業界の需要と供給の問題を解決しているようで、スカイエージェントというサイトを運営しています。

ホームページを見て問い合わせをしたんですけど・・・、私の個人的な感覚ですが、ドローン業界に特化している人材派遣会社というか、ドローンパイロットやドローンエンジニアを目指す転職者の支援を行っているようで、教育体制もも整っているとのことです。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】


サイトを見ると分かりますが、多数の企業様から求人があるようで・・・。

空撮パイロット、インフラ点検、農薬散布、測量、インストラクター等・・・。

求人内容は充実しており、紹介予定派遣、正社員、人材派遣多様な案件を取りそろえています。


教育面は、実績のあるドローンスクールと提携しており、専門のドローンスペシャリストによる教育やアドバイスを受けることができるので、ドローンの飛行経験がない方も安心です。

すでに、ドローン業界の需要と供給の問題を解決してしまっているわけで・・・、業界の明るい未来が見えます。

ドローンって、最初は、首相官邸の屋根に墜落して注目をあびたり・・・米軍の無人飛行機が、どうこうとか・・・あまり良い印象はなかったのですが・・・、今は、ドローンを活用したビジネスに注目が集まるようになりました。

現在、研究者たちは、ドローンを何に使えるのかを考えて、実用化を目指して頑張っていますし・・・、企業は、ドローンを使って新技術の開発とコスト削減に取り組もうとしています。

ドローンを使ったビジネスは、急速に拡大していくでしょう。

今はまだ想像もしていない様な、ドローンを活用した物やサービスが誕生するんでしょうね〜。

私も、少しだけドローン業界に関わっているので、ドローンの未来が、とても楽しみです。


そんなわけで、本日は、ドローンビジネス 本格化!(転職、起業)というテーマで書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 10:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月06日

2146)またもや無断駐車!(某住宅メーカー)

分譲地の近所付き合いは、難しくも簡単であり、簡単そうで難しくもあり・・・・。

大規模住宅街、中小規模分譲地の、一軒だけの場合・・・それぞれ、付き合い方が違う。

その地域には、その地域の、付き合い方ができるわけだが・・・、自治会に対しては、郷に入れば郷に従うというのが一番良いわけだが・・・、住宅街、分譲地内の付き合いは・・・、最初が肝心なのです。

そして、近所付き合い次第で、楽しく住めるし、住むことが苦痛になることもあります。

特に、宅地分譲の場合は、建築時から、近所付き合いがスタートするわけですので・・・、分譲地内での近隣トラブルにならないようにしたいですね。

私も、社員たちも・・・・そんな思いで、お引き渡しをさせていただいておりますが・・・・


そんな中・・・・。


弊社の宅地分譲を購入していただいたお客様から、家の入口にトラックと某住宅メーカーの車を停めらて出られないと連絡がありました。

この電話・・・・もう、何回目なんだろう???

前回の電話までは、社員から、無断迷惑駐車をしている現場の職人や、工事会社に連絡を入れてきたわけだが・・・、仏の顔も三度まで・・・・。

社員が、現場に向かおうとしていたのですが・・・・。

 『おいっ・・・、このお客様からの電話何度目だ? 俺が、聞いただけで、3回は超えてるぞ・・・。 また、停めてる奴がいるって・・・、人の車が出られないようにする奴は、自分もされてもいいって事だよな〜?』

社員 『うちの分譲地内なので、無断駐車をしている業者も、別のお客様の家を建設しているわけで・・・その都度、車の移動と、そこの車を停めないように言ってるんですけど・・・、それに、各住宅メーカー、取引先なので、その下請けさんなんで・・・・。』

 『はっ??? そんなことは関係ない! 建設する業者が、無茶をしてくれると・・・宅地分譲内の、お客様同士が、不仲になるんだぞ。 今、電話があったお客様にしてみると、某住宅メーカーの下請けさんに入口を封鎖された=*区画の人の家の工事をする為に入口を封鎖されている。ということになり・・・そういうのって、後に残るんだわ。 あかん、お前らでは、ぬるい・・・俺が行ってくる・・・。』

社員 『社長が行くと、事が大きくなるので、我々が・・・・。』

 『うるせ〜・・・ 今から、お客様に、電話をして、無断駐車している業者が出られないように入口を封鎖するって了解とっとけ・・・ で・・・でも・・・帰りの足がないというか・・・、、俺・・・車で封鎖して帰るから、現場まで迎えに来てね・・・w』

ということで・・・・無断迷惑駐車の現場にGO!

現場に到着・・・・・。

BlogPaint


まずは、現場監督から・・・。

 『兄ちゃん・・・、ちょっとこっちに来い・・・。 これ、お前のか?』

監督 『はい・・・。』

 『ここに車停めて、奥の人たち、出られないと思わない? まあいいわ・・・。 俺、車停めたまま、帰るから・・・、お客様のムカつきを、お前も味わえ・・・w お前の会社、立派な会社じゃないか・・・残念だわ・・・。 社長か、それなりの役員から詫びの電話があったら、車移動したるわ。』

監督 『すみません。 今すぐ、移動します。 申し訳ございません。』

 『はっ? 何回目だ? 俺は、うちの社員たちほど甘くね〜ぞ。 奥の人、封鎖してるよな〜? 1万歩譲って、停めたかったら、奥の方に了解をもらってから停めるのが常識だよな〜? で・・・了解とったの? 』

監督 『いいえ・・・。 すみません。』

 『あのな〜。 人に迷惑かけたらあかんってこと、幼稚園で習わんかったか?』

監督 『習いました・・・。 すみません。』

 『お前は、小さい頃に、幼稚園の先生や、親から、人に迷惑かけたらあかんって教育受けてないのか??? しかも、何回目だ??? お前、親いない子で、義務教育も受けてないのか? それなら、今回は許す。 カンボジアでも、そういう奴は許して常識を教えてきた。 でも、お前の会社は許さんぞ! 今後、うちの宅地分譲で、お前の会社で建築をするというお客様には、土地を売らない! お客様が建てたいと言ったら、今日のことを話して、絶対にやめてくださいと阻止する。よしっ、俺は、とりあえず帰る・・・。 泊まっていくか、歩いて帰れ!』

監督 『すみませんでした・・。 本当にすみませんでした・・・。』

 『本当に反省していないと思うけど、反省の色はあるな。 奥の家の人に謝れ! 二度と、このようなことのないようにしますと誓って許してもらえ。 お客様が許してくれたら、俺も許す。 よしっ・・・俺も、いっしょに謝ってやるから、来い・・・・。』

BlogPaint


そんなわけで・・・奥の家にお詫びに行きました。

まずは、私が、謝り・・・、犯人はこいつですと・・・突き出しました。

某メーカーの監督は、平謝り・・・・。


 『この宅地分譲の中で、建築をする際に、多少の迷惑は、お互い様の部分もあるのは分かる・・・、建築も解体も、ご近所さんはお互い様だ! でもな、せめて、迷惑をかけると思えば、一言、言いに行けよ! 社名を名乗って、どこの建築をするのに、必要なので、ここに車を停めさせてください。 そしたら、嫌って言わないと思うよ。 なんで、それができんの? 建築する側が、ちゃんとしないと、お客様同士が不仲になるかもしれんだろう??? そんなこともわからんのか?』

監督 『はい。 すみません。 以後、気をつけます。 本当に申し訳御座いません。 すみませんでした。』

そんなわけで、とりあえず・・・監督を片付けて・・・続いて、別のトラックの現場の人たち・・・。

まあ、現場の人たちは、片側に寄せて停めていたし・・・私から言わせれば、工事のルールを徹底させていない、建設会社が悪いわけだから・・・、監督よりは、少々、緩めに怒って終わった。

結局、私は、車を置いて帰ることはなく・・・車に乗って帰った(笑)


まあ、建設業者に、私の宅地分譲セントフィールドへの思いを理解してもらおうとは思っていないが・・・せめて、お客様同士が、仲良く暮らせるように、最低限、配慮してほしい。

先ほども書きましたが・・・、建築するときは、クレーンが来たり、生コン車が来たり、その他、多くの業者が出入りするわけで、お互い様なんだから、車を停めるななんてことは言えないんですけど・・・、せめて、所有者に挨拶ぐらい行って了解をもらってからやらないと・・・、真面目な話、お客様同士のご近所付き合いに影響が出るんですよね〜。

宅地分譲を企画する際に、家の位置、日照、駐車の位置等を予測して、少しでも快適に住んでいただけるように、減歩を増やしてでも、とにかく住みやすい住宅街を・・・と思って、創っているわけで・・・私は、お客様に、買ったことを後悔されるのだけは嫌なんです。

そういう意味で、工事の際に、断りもなく、奥の人が出られないように、封鎖されてしまったら・・・、お客様が気分を害するわけで、これまでの事が台無しじゃないですか・・・。

現場監督には、けっこう厳しい事を言いましたが・・・、監督という立場であれば、自分が建てているお客様の住宅のことだけではなく、お客様が先々住みやすいように、ご近所の方々に不快な思いをさせないように考えながら、工事をしていただきたいです。

そういう意味で、そこらの空き地の無断駐車と、今回の迷惑無断駐車では、わけが違うので、かなり腹が立ちました。

真面目に・・・真剣に・・・、お客様同士は、建築時から、近所付き合いがスタートするわけですので・・・、分譲地内での近隣トラブルにならないようにしたいですね。

そんなわけで・・・本日は、またもや無断駐車!(某住宅メーカー)というテーマで書かせていただきました。

本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 11:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月03日

2145) 太陽光発電連携&新制度は???

太陽光発電で50%償却の税制を使われる方々の連携は、基本的に3月31日に連携が完了していなくてはいけません。

それをクリアすることで、50%償却を確定できるわけですが・・・・。

今年に入ってから、販売をしたわけですが・・・・多くの区画は、三月の後半の連携となりました。


電力会社は・・・、こちらのお願いや都合は聞こうともせず関係なく、マイペース・・・、我々が、急いでほしいとお願いしても、お客様がお願いをしても・・・、けんもほろろのおきまりの対応で、なるべく急ごうとか、親切に対応しようとか、3月に連携をさせてあげようなんて気は微塵も感じられない。

我々、中小は・・・、忙しい時期は、早出、残業、早飯、早糞なんですけど・・・、どうせ、定時に帰り、昼休憩は、満時間・・・、昼飯昼寝付き、おやつの時間もあるのかな?(推測)

愛知県は、特別、お願いをしたわけでもないですが、基本的に、大半の区画が3月連携できたのですが・・・・三重県四日*営業所と、岐阜県の*垣営業所だけは・・・1月どころか、12月の末に申請したものですら、未だに工事日が決まっていないものもある!

弊社の物件で、四日*営業所、*垣営業所管轄で連携する太陽光発電所には、生産性向上の50%償却をするお客様は一人もいなかったので、良かったが・・・・、考えただけでも、ゾッとします。

もちろん、弊社は、昨年の12月20日以後、29年3月末の連携を停止条件としての契約は一切受け付けておらず、お客様にも、そのご了解をいただいた上で契約を締結しているので問題はないのだが、それでも、お客様が3月末を希望されている以上、私としては、全身全霊を3月末連携に向けて、あれこれ手を尽くし交渉してきた・・・もちろん、自分のところだけなんてことは言えないのは分かっているので、とにかく順番でいいので急いで処理してくださいと・・・・。

ここ数ヶ月、毎日、毎日、どれだけ電力会社と戦ってきたことか・・・・。

そして、三月末の、連携ラッシュは終わった。


愛知県は、全員ではないが、大半の区画は、間に合ったが・・・、やはり、四日*と、*垣営業所は、愛知県より先に出したものも、粗全滅でした。

愛知、岐阜、三重、どこも忙しいみたいでしたが・・・公平、順番なのは、これは当たり前のことですし、その中でも、自分のところだけ急いでもらおうなんて事は思っていませんが、全体に急いでくださいってことは、各営業所に、少々お願いをしたり、今の状況を聞いたりはしました。

まあ・・・、混んでいるから公平、順番・・・と言われるのは、仕方がないが・・・、腹立たしいのは、対応・・・。(愛知除く)

昨年の12月20日以降は、3月連携が間に合わない可能性があると告知しているということを武器にして、けんもほろろ〜んって感じで、少しは申し訳ないな〜という感じもなく、急いでる様子もなく・・・特に四日*営業所に関しては、2月の末に書類が出ていないと言い放ってきて、すでに前に書類が出ていたのだが、それでも、遡るのではなく、そのまま、しれ〜っと何事もなかったかのように対応!

そして、もっと素晴らしいのは、1月連携のお客様の売電単価を間違えておいて・・・それを指摘したら、謝って訂正して終わりw

たぶん、こっちがミスをしたら、とんでもない事になっても、知らん顔するだろうに・・・自分とこは、ミスは、訂正すればいいんでしょ〜という感じで・・・。

やっぱり、半官半民意識というか、ライフラインを制してる者は、あきれるぐらい強いですw

公平という言葉を巧みに使いながら、実は、相手が電力会社と、こちらが一般市民という時点で、不公平・・・、理不尽な対応をするわけです。
’(愛知除くw)

まあ、でも、愛知県内は、どこの営業所も、そこまで対応が悪くないんですけど・・・というか、言ってることが理にかなっているというか、親切さ、一生懸命さを感じましたが、四日*と*垣は、あ〜いえば、こ〜いう、こ〜いえば、あ〜言う・・・、四日*と*垣営業所は何なのでしょうね〜?

特に、以前、IDを取ってった時に、設計が、ほぼ終わっていた案件までも・・・、経産省のほうが、変更不可のままで、締め切りの1月20日になってしまいそうだったので、理由を伝えて、前日にIDを差し替えたのですが・・・、その後、知らん顔で、頭ごなしに・・・まあ、言った言わないなんてことは水掛け論なので・・・・すみません・・・愚痴です・・w

今後、弊社は、四日*営業所管轄と、*垣営業所管轄の場所で、何か頼まれたら、絶対に協力しない!・・・・と、思ってしまうぐらいの対応!

まあ、腐ってもデベロッパーなので・・・、機会は訪れるでしょう・・・江戸の仇は長崎で・・・。

その前に、順番、公平、順番、公平って言葉の連打で、相当やられましたので・・・同一営業所内で、うちより遅く出して、うちより早く連携した発電所を探していますけど・・・。

12月20日以降は・・・。って、防衛戦張ってますから、それを盾にすれば、何でもありですからね〜www

まあ、恨みつらみの愚痴になってしまいましたが・・・この話題はこれくらいにして・・・。

無事に連携できたお客様からは・・・・。

3月末の連携は約束できないと言いながら、連携できた・・・、連携は難しいと言いながらできた・・・ということで、感謝してくださるお客様もいまして・・・。

BlogPaint


お客様の笑顔は、本当に嬉しいものです。

宅地分譲も、仲介も、太陽光事業も・・・、結局、お客様の笑顔を見て、達成感を感じるというか・・・・、仕事の楽しさ、仕事の喜びですよね〜w

BlogPaint


この、お客様の連携日は、曇りでしたが・・・・。

それでも、とっても、嬉しそうです。


実は、2物件購入されて、1物件間に合って、1物件は間に合わなかったお客様も・・・・1物件だけでも間に合って良かった〜〜〜と喜んでくださり・・・こちらとしては、いっしょに喜んでいいのか悪いのか分かりませんが、とにかく喜んでくださって良かったです。

今期も欲しいと、おっしゃっていたのですが・・・、、なるべく良い場所を・・・なんて思ってしまいますwww

半分償却できるのと、できないのでは、支払う税金の額が、大きく違いますからね〜・・・・!

一件間に合って、一件アウトだったのに、万遍の笑みで、お礼を言うって、なかなかできないと思います。(ありがとうございました。)

さて・・・少し話は、変わりますが・・・・。

お客様と私の太陽光ホットラインというか・・・、一部のお客様と、遠隔監視システム話で楽しんでおります。

遠隔監視システムというのは、どんなものかというと・・・・。

BlogPaint


こうやって、1日の発電量や売電金額を、リアルタイムで見ることができるのです。

弊社で太陽光発電を購入されたお客様の8割ぐらいの方は、遠隔監視を取り付けされるので・・・ちょくちょく電話たLINEで、売電報告をし合うのです。

このグラフを見ていただくと分かるのですが、何時頃、晴れていたとか、雨、曇っていたとか・・・分かるわけです。

そして、各パワコンが、正常に動いているかチェックをすることもできます。

BlogPaint


面白いのは、A発電所と、B発電所が、直線距離で、数十キロしか離れていないのに・・・その日の天気によって、Aのほうが発電したり、Bのほうが発電したりするわけです。

因みに、昨日は、弥富市が勝ち・・・、今日は稲沢市が勝ち・・・、でも、一昨日は、大治町が勝ちという感じで、けっこう、愛知県西部の中でも、雲の流れによって変わってくるのです。

 『あはははw 今日は、1万円超えましたね〜・・・。 某所は、同じ大きさの発電所で、7900円でしたよ〜w』とか・・・・。

 『え〜〜〜w 今日は、某所が1万円超えたのに・・・、何故、7900円なんですか〜w 行いが悪かったんですかね〜w てるてる坊主作りましょうw』

なんて感じで・・・・近々、LINE内で、太陽光コミュニティーでも作ろうかな〜なんて考えています。

ただ、発電所によって、多少、当たり外れがありますので・・・細かい方、フレンドリーじゃいない方や、遊び感覚のない方は、コミュには入らないほうがいいかもしれませんが・・・・冗談を言い合える方は、大歓迎という感じになるんでしょうね〜w

そんなわけで、太陽光の輪&太陽光の和をを広げていきたいと思います。

2017-04-02-11-26-23


あっ・・・フェンスが、まだ完成していませんね・・・明日から、工事に入りますw

さて・・・。

気になるのは、29年度の太陽光発電、新制度・・・・、どうなるのでしょうね〜???

売電単価、申請方法の変更などは、皆さんご存知のことかと思いますが・・・・。

税制優遇については・・・あるのか、ないのか・・・・今のところ、何ら発表されていないようです。

50%償却は終わり・・・・。

100%に戻るとか、なくなるとか・・・ここ数ヶ月、いろんな噂が飛び交っていましたが・・・。

3月末までに発表されなかったということは、予定通りなくなったということなのか、それとも、4月3日が、年度始めなので、発表されるのか・・・???

なんにしても、ここ数日で、はっきりしてくるのではないかと思います。


そんなわけで、本日は、太陽光発電連携&新制度は???というテーマで書かせていただきました。

本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします




ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






私のオススメの・・・運営する太陽光発電の一括見積りサイトです

全国100社以上の中から厳選した複数社の見積もりを取ることが出来ます。






toshikazy at 02:54|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote