津島 千代田不動産

2011年11月15日

1181) 工場案内続編 某不動産業者から電話

皆さま、お手数ですがブログランキングのご協力をいただけると幸いでございます
ブログを読んだ後、人気ブログランキング土地建物のバナーをクリックしていただくと投票できます




先日、案内と商談をした、1400坪の売工場の件ですが、前回のブログで終わろうと思っていたのですが、案内の時に来ていた不動産業者さんから連絡がありましたので、工場案内続編を書くことにしました。

中川区の某会社を案内したところ、工場のラインの問題がクリアできれば欲しいという返事はいただきましたが、海外から技術者を呼び生産ラインの設計をするので、最終的な返事を2〜3か月待ってほしいと言われまして、私としては、こちらはこちらで引き続き販売活動を行うので、この会社より早く買付証明がでるところがあれば、そちらで決めます。 返事を急いでください。ということで、案内と商談は終わった。

その時に、現地に某企業の社長の大学の同期の不動産業者が来ていたのだが、以前、当社と取引をしたことがある不動産業者で、その時の取引が原因で、当社が大恥をかいてお客様にお詫びをした事があり、私としては、名刺をもらった瞬間、怒りが込み上げてきたのだが、堪えて案内を継続した。



某業者とは・・・・・。

もう、6〜7年前の事だが、その業者が物件出しで、当社が客付け側だったのだが、当社が現場を見て隣地の塀の一部と軒先が微妙に越境している感じだったのだが重要事項説明に越境の事が書かれていなかった。

越境問題について指摘したところ、『測量士に確認したけど越境はしていない! 目の錯覚ですわw』と言い切ったので、古い業者さんですし、こちらの目の錯覚だという事で取引をしました。

これが、越境しているかしていないか、微妙な感じで、してるようにもしていないようにも見えるので、測量士に確認したらしていなかった。と言われて、これを信じて取引したわけですが・・・・・。

残金決済日当日、この業者が、当社のお客様の前で、測量図を渡す時に、『あ〜 そういえば東の隣地の塀と軒が、数ミリ越境してましたわ〜w まあ、支障ないでしょう・・・あははははw』なんて言ったらしく、お客様も、当社の営業もビックリで・・・・

こういう越境のある場合、事前にわかっていれば、隣地と話をして引っ込めてもらうか、お客様の許しがあれば越境確認書という念書を交わして、重要事項説明にも記載して、契約書の特約部分にも書き入れて取引するんです。


後からわかると、お客様も、怒りますわね〜・・・怒って当然

それを、その業者が、当社のお客様に対して、『5ミリや6ミリだから、まあ、気にするような事でもないわ〜w』と言ったらしく、お客様は、怒ってしまって・・・・・今日中に軒と塀を壊して越境がない状態にしろ!と、売主は、売主で、そんな事を急に言われても越境していることすら知らないと言うし・・・・・、某業者は、そんな細かい事でと言うし・・・・、とりあえず決済を済ませてから、当社の営業が、隣地と交渉したのですが、即壊して越境していない状態にすることはできず、買主さんは、売主と不動産業者を相手に裁判をするという話になったわけです。

そこで、私に営業サイドから相談がありまして・・・・、そこからは私と、お客様と話をしましたし、隣地に出向き、塀は、今度造りかえるときに引っ込めるという約定書をいただき、家の軒の越境については、うちの下請けに工事をさせて引っ込めました。

お客様とは、隣地が塀を引っ込めた際に、自分のところも塀を建てたいということで、その費用、おおよそ50万円ということで話がつきました。

こういう話は、出し側の業者がすることなんですけど、某業者は、あくまでも、『数ミリの越境で、大げさな客だと言って、当社のお客様のことを悪く言い、お金も払わなかったのです。

私が、電話で、『まあ、おたくの作った重説と言動で、こうなったんですけど、仲介は共同責任なんで、25万円ずつでどうでしょう???』と言うと、『そんな大げさな客だったら売らんかったわ。 そんな金払わんw金ない。』と逃げてしまいまして・・・・、それからしばらく電話も出ないし、居留守使うし音信不通だったのです。

時が経ち、そのままになってしまい・・・・・・そして今回、倉庫の案内でバッタリ会ったわけです。

名刺を交換した際に、あっ・・・こいつぅ〜って感じで、怒りが込み上げてきましたが、とりあえず我慢して案内と商談を続けたわけです



まあ、昔の話ですし、現在、その時に迷惑をかけたお客様とも良い関係で・・・・社長さんは責任感があるwと言って、うちの営業に何人かお客様を紹介してくださったくらいなので、もういいと言えばいいんですけど・・・・。

今朝、某不動産業者が、私のところに慣れなれしく電話をかけてきまして・・・・・。


某業者 『社長さん、先日はありがとうございました。 あんな大きな工場を買ってしまうなんて、流石、西の千代田さんですね〜w すごいですわw  あの工場、〇〇社長も気に入ってましたんで、よろしくお願いしますわ〜w 工場のラインなんてもんは、どうにでもなるんで、100%大丈夫ですから売り止めにしてもらえませんやろか???』

 『あははははw あんたの100%は当てにならんらからな〜。 その話の前に、前の取引の清算、25万円もってきてくれたら相談くらいは乗りますわw』

某業者 『あ〜 あれな〜。 数ミリの越境くらいで・・・・大袈裟な客やったな〜。 千代田さんところも、あんなにやってやらんでもよかったのに〜。』

 『何言ってんですか〜。 お客様だって、契約の前に、きちんとした説明をしていれば、おそらく隣地との念書だけで済んだと思いますよ。 契約前なら、お客様だって、どうしても嫌なら買うのをやめることだってできたのですから・・・・決済当日、越境してますではあかんですわ。  っていうか、あの話を思い出したらムカついてきたんですけど・・・・』

某業者 『まあ、済んだことじゃないですか〜w それより、今回の工場なんですけど、某社が買ったら、千代田さん、手数料いくら出してくれるんですか???』

 『ん〜〜〜、まだ業者公開前なんで、基本、0ですわw  案内当日に、そこにいただけで、資料も直接ですし、連絡も某社から直接もらってますので、払う気はないですよ。 当社が、おたくに資料を出したのなら払いますけど・・・・もしも買主さんから依頼を受けたのなら、取引には入れませんけど、向こうさんからもらってください・・・・同期の好って言うやつで・・・・w』

某業者 『そういうことですか・・・・えらいなめた話ですね〜。  わし、〇〇社長に、良い工場ですな〜って押してるのに、ないがしろにするんであれば、買うのやめさせても構わんのですけど・・・・・。』

 『あははははw  頭の悪いオッサンやな〜w ラインの件で時間がかかるからって、一旦、白紙にしたのは俺のほうですよ。  私は、あの規模で、あの価格なら安いと思い、自信を持って出している物件なんです。 それに、俺と、某社の社長の商談なんです。  あんたの裁量で買う買わん決めるようなアホな社長なら、最初から買っていらんですわw 今から、決定権は不動産屋にあるんですね〜って、完全な断りの電話をしますわ。』

某業者 『そうじゃなくて、ちょっとでええから、手数料を出してくださいって頼んでるだけですよ〜w』

 『だから出せないって言ってるでしょw  出す理由がないじゃないですか・・・・。』

某業者 『公開した後なら、他社に手数料出すんですから、いっしょのことやないですか〜。 何だったら、ラインどうこうの話も関係なく、話を前に進めるように進言してもいいんですよw』

 『よし、そこまで言うなら出しましょう。 今日中に買付ください。 そしたら出しますわw  こんだけ譲歩したらいでしょう・・・・そこまで影響力あるうなら、工場ラインどうこうじゃなくて、買いますって、できるでしょうwww』

某業者 『そ・・・・それは無理ですわ。 2〜3か月の話を、少し短縮することくらいのことはできますけど、今日とか明日とかの話ではないので・・・。』

 『あ〜〜〜もう面倒臭い・・・・。 今日じゃなかったら、手数料は出しません。 とにかく、おたくと商談してるわけではないので・・・・・邪魔しようが進言しようがなんでもいいですわ〜。 忙しいので、電話切りますね〜。』

という事で電話を切ったのですが・・・・・・・。 


その後、会社に何度も電話をしてきまして・・・・・忙しいので出なかったんですけど・・・・・。

そしたら、携帯に何度も電話をかけてくるんです。

さすがに腹が立ちまして・・・・・・



社内で、私が、『ま〜あかん・・・・辛抱たまらんで、出るわ〜

社員が、『しゃ・・・しゃちょう・・・・キレないでくださいね・・・今、2階にお客様が来ているので、怒鳴らないでくださいね〜<
emoji:asease>』

 『わかっとるわ〜

電話を取った

 『お客様がおかけになった電話番号はお客様のご都合により通話ができなくなっております。』

電話を切った


社員たちは笑っていた・・・・が・・・・・・、何故か、その後、某不動産業者からの電話がピタリと止まった

あの、しつこい業者が・・・これしきのことで・・・・・・何故なんだろう???

よくわからないが、電話がなくなって良かったです。


ということで・・・・・・、案内後日、いやらしい電話をかけてきた不動産業者の話・・・・(工場案内続編)を終わります









2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。





toshikazy at 15:04|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年08月19日

1136) TV撮影 (弥富)

夕方、TVの撮影がありました

セントフィールド弥富でCBCの人たちと16時に待ち合わせをしました。

現地に到着すると、すでにスタッフの方々が来ていました。

私は、車から降りて・・・・・・。

 『どうも〜、暑い中ごくろうさまです〜。』

CBCのアナウンサーの古川枝里子さんと電話では打ち合わせをしていたのですが、とりあえず初対面なので、名刺を出してご挨拶をしました。

古川アナ、めちゃくちゃ美しいですね〜


今まで、いろんなアナウンサーやモデルさんに会ったことがありますが、古川アナ、断トツ綺麗というか、清楚な美しさ

雑談をする中で・・・・・・。

 『古川さん、本当に綺麗ですね〜。 日に焼けちゃいますよ〜w』

手に持っていた資料を頭の上にかざして日が当たらないようにすると・・・・。

古川アナ 『ありがとうございます。 一日中外で取材をして化粧も・・・・。』

 『化粧トレトレで、そんだけ綺麗って、普段どんだけ綺麗なんですかぁ〜w まあ、一応俺も、エステと美容院行ってきたんですけど・・・・

古川アナ 『つやつやですね〜。 丁度良い日焼け具合ですしカッコいいですよw』

 『日焼けして黒光りテカテカで遊び人みたいじゃないですか〜?』

古川アナ 『そんな事ないですよ〜w』


と・・・・・、雑談の話はこれくらいにして・・・・・・・・

肝心な取材の話を忘れるところでしたw

しばし雑談をした後、セントフィールドの取材に・・・・・。

弥富は、どんな場所ですか〜???

そして、その後・・・・・・・・・・・

内容は・・・・・・・・・

続きは、TVで・・・・・25日の木曜日、CBC放送、18時15分くらいからです

ということで、無事に取材は終わりました



えっ・・・・、緊張したかって・・・・?

まあ、適度な緊張感で最高のコメントが・・・
と言いたいところですが、実は、シドロモドロでした

べ・・・・、べつに・・・・、カメラを向けられてビビったわけではないんですよ・・・・アハハ・・・アハハ・・・。

うむ〜、できることならもう一度撮り直しをしたかったです。

私の経営者仲間も、TVに出た奴がいたんですけど・・・・、以前、ぞれを見ながら、本人に電話をして、「ギャハハハ〜〜〜シャチョォ〜〜〜CM,棒読みぃぃぃ〜www』なんて言って、からかいまくったこともあるんですけど、いざ、自分がTV取材を受けるとなると緊張しますよね〜w

Y社長、その節は、からかって、ごめんなさいw

ということで・・・・・・

古川アナ始め、スタッフ皆さま、暑い中お疲れ様でした

ブログを読んでいただけているかどうかわかりませんが、もし見てくださっているようでしたら・・・・・。

お願いですから、うまい事、編集してくださいね。

放送時間まで書いてしまったので・・・・・・、あとは皆さんに見ていただくだけの、まな板の上の鯉状態でございます。

あ・・・あかんわ〜・・・・、何でかわからんけど、また緊張してきた・・・・・

ということで、今日は、TV取材のお話しでした・・・・ガクガクブルブル








2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。


toshikazy at 18:12|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年08月12日

1133) 誘致の説明会と解体工事の謝罪

名鉄木田駅前のファミマがあった場所(当社所有地)を某セレモニーホールに貸すことになったんですけど・・・。

地元の市会議員の先生から、近隣の方々が、何ができるのか知らない人もいるから、説明会を開くようにと要望があったので、昨日、説明会を開かせていただきました。


まずは、先生が、今回、説明会を希望した経緯について説明をしてくださりました。

駅前の商業地ということで、法的に問題はないが、反対している人もいるから、きちんと説明をするように、私に説明会を開催するように言ったという話をされました。

次に、私が、今日、説明をさせていただく方々を紹介しがてら自己紹介をしてもらいました。

私と解体業者と、セレモニーホールの役員さんと、建設をする予定のゼネコンさん。。。自己紹介。


そして次に、私が、近隣の皆様に話をしました。

 『その建物を建てる前に行った、前の建物(コンビニ)の取り壊しと、その前にあった旧東海銀行の建物の地中に埋まっていた基礎と金庫室の一部の撤去作業において、騒音、振動等でご迷惑をおかけしたことについて、近隣の皆様に対して深くお詫び申し上げます。』


ここで、近隣の方から、どこまで挨拶をしたのか? 音がうるさかった。 振動がすごかった。等、沢山のお叱りを受けまして・・・・、これについては、挨拶に回った区域を説明して・・・・、苦情に付いて、何件、どういう苦情があったかを説明して・・・、音や振動により不快な思いをさせた事、もっと大きな範囲で解体のご挨拶をさせていただくべきであった事、地中から旧東海銀行の基礎や金庫の一部が出てきて工期が延びた事、その延長のご案内が遅れたことを・・・・深く、深く、御詫びをさせていただきました。

何もしなければ、騒音も振動もなかったわけですし、解体をするにしても、もっと気遣いと注意をするべきだったと思います。  もう、許していただくために、本当に申し訳なかったと心を込めて御詫びをするしかございません。(本当に申し訳ございませんでした。)



そして、次に、セレモニーホールに土地を貸すことになった経緯を説明しました。

私の尊敬する大先輩の地盤に美和営業所を出した話→、この土地を買う事になった経緯→、ファミリーマートの賃料交渉と、撤退の話・・・・・、新しく借りていただく借主さんを募集した事、どういうところから借りたいという話があったか・・・・そして、最終的に、セレモニーに貸す事にした理由を述べました。

地域の発展の為、いろいろな誘致をしてきた話をして、今回の土地についても、いろんな話があったけど、地域の為にならないと思うものは断ったという話・・・・、今のセレモニーホールは外観も綺麗で暗い感じがしないことや、利便性の良い駅の近くにあっても良いと思うという事・・・・。

そして、最終的にセレモニーホールを選んだ理由に付いても正直に話しました。

本来は、言わなくてもよいかもしれませんが、ありのままを伝えたくて、話をしました


この物件をいくらで買ったのか・・・・、毎月いくら払っているか・・・・、これまで借りたいという話をいただいた業種の希望価格とその他の条件等、その中でセレモニーホールから頂いた条件の話。

それでも、私も、最初、セレモニーホールに貸すかどうか迷っていた話もしました。

そして、昔のセレモニーと今のセレモニーの違いがわかったことで、駅の近くに、良い雰囲気のホールであれば貸してもよいと思った話。

セレモニーホールを見学に行った際の、社員さんの対応の良さと、建物のデザインの話をして、お経や木魚の音が聞こえないように建築してある話をしました。

そして、ご理解いただけるようにお願いを申し上げたのですけど・・・・・・・。

数名の方から、ブーイングが・・・・・・・。 


葬儀じゃなくて結婚式場にしろ!  何でマンションにしなかったのか? 出棺の時に渋滞するのをどうするんだ? 放置自転車に付いての対応をしてほしい。 決める前に住民に話せ! 等など・・・・ ブログには書きませんけど、セレモニーの役員さんや社員さんたちが可哀相だな〜と思うような話も・・・・。

そして、『ちよだぁ〜、お前が全部悪い〜。』なんて事も言われまして、私も、それなりにグサリッときました。

地域密着で一生懸命やってるつもりなんですけど・・・・、他のことはともかく、セレモニーホールについては数人の方から文句が出ました。


何でマンションにしなかったのか?という質問に対しては、当社としても、一回を事務所と喫茶店にして、上に8階建ての賃貸マンションを検討したという話をさせていただき、当社が、この地域で沢山の賃貸物件を管理している事、現在のこの地域の空室率の話もして、当社が駅前にそれを造る事によって、地元の地主様たちに迷惑をかけるという話をしました。

出棺の渋滞については、セレモニー側の部長さんが説明をしてくださりました。

その他、いろんな話がでました。

そして、地域の方々にご理解をいただけますように・・・・とお願いをさせていただきました。 



私としては、1人でも多くの方にご理解をいただき、1人でも反対者が少ない状況で進めていきたいですからね〜。

当社は、セレモニーホールに土地を貸すという立場なので、セレモニーができるという挨拶は、セレモニーの会社に任せていた状況だったんですけど、地元の先生から、こういう機会をいただけて良かったと思います。

もちろん、当社は当社で、駅前には沢山の商店があるので、この説明会より前に商工会に話はしておいたんですけど、商工会は反対という感じではないんですけど、やはり近くの商店の中には反対する方がおりまして、反対する方々にもご理解いただきたく、説明会をしたんですけどね〜・・・・。


最後に、近隣の方が、セレモニー側に、もっと大きな範囲をセレモニーホールを造ることを公開し、再度大きな説明会をするように言いました。 セレモニー側担当役員は、自分の一存では決められないので、持ち帰らせていただき早急に返事をするということにりました。

ということで・・・・、説明会は終わりました。 



あとはセレモニー会社と近隣の方の話という形になりましたが、当社としても、1人でも多くの方に理解していただけるように頑張るつもりでございます。 

帰り際、私に罵声を浴びせて帰った方もいますが・・・・、あある方(Aさん)は、文句までは言わないもののこう言ってました。

Aさん 『社長、何かと世話になっておいてなんだけど俺は今回反対派だ・・・、あんた、自分の会社や自宅のそばにセレモニーホールができたら嫌だろう? 自分のところから遠いから、こういう事ができるんだ!』

 『私は、全然かまわないですよ。 最初は、そういう考え方をしなかったかと言われれば、最初はしました。 でも、いろいろなセレモニーホールを見せていただき考え方が変わりました。』

Aさん 『霊柩車は来るし黒い服を着た人たちが沢山歩くんだぞ。 いつも地域のためと言って頑張ってるじゃないか。 それが、何でセレモニーなんだ???』

 『賃料や返済の事を考えていないとは言いません。 考えていますよ。 でも、問題ないと思う物の中から選んだのであって、決して賃料だけで決めたわけではありません。 もっと良い条件でも断った業者はあります。』

Aさん 『法的に問題ないだけで、近隣の中には反対する人もいるんだぞ! 葬儀屋が悪いとは言わないが、何で駅の近くで葬儀なんか・・・』

 『ちょっと待ってください。 Aさん、大切な人を亡くされたことはございませんか? 先ほども言いましたけど、最近のセレモニーホールは外観の良いものが主流です。 音で迷惑をかけることは、まずありませんせんし、交通だって警備員がでてきちんと誘導します。  それに、セレモニーホールは、葬儀をする場所です。 火葬場やお墓を駅前に作るわけではありません。』

Aさん 『もっと明るいものや役に立つもの呼んで来ればいいじゃないか・・・・。』

 『役に立つって、どういう意味ですか。 今時、自宅で葬式する人がどれだけいますか? 葬儀となれば、沢山の人が故人を偲んで来るわけじゃないですか。 便利なところにあってもいいんじゃないですか?』

Aさん 『ここじゃなくてもいいって言ってるんだ! ここで葬式やらんでもええやないか。 葬式だぞ葬式・・・・。』

 『先ほども言いましたけど、あなたは大切な人を亡くしたことはありませんか? 親戚や知人が亡くなれば、その周りのほとんどの方は悲しいですよね〜。 葬儀とは、亡くなった方を偲んで集まり、生前、お世話になりましたとか、お疲れ様でしたとか、成仏してくださいとか、ありがとうございました。って、手を合わせる場所なんです。 汚いものでもなければ、ましてや、葬儀葬儀って毛嫌いされるものではないよ思うんです。 Aさん、商売と言えども、亡くなった方をおくる手伝いをするセレモニーの方々や、死者・・・いや、お亡くなりになられた方に対して、失礼すぎやぁ〜しませんか???』


Aさん 『・・・・・・。そういう意味じゃなくて・・・・、でも、そう言われると近藤社長の考えが前より少し理解できた気がする・・・・が・・・・・、葬儀の意味か・・・・・・、でも、わざわざここでやらんでもええ・・・・・・。 他所ならえけど、自分のところの近くは嫌なもんだ。』

 『Aさんの考えはよくわかりました。 今日は、暑い中ありがとうございました。 それから、解体の件でございますが、騒音と振動、本当に申し訳ございませんでした。 それでは失礼いたします。』

反対者の方に、ご理解いただくのはなかなか難しいものです



結果として、事業自体、決定しているわけで、中止をすることはないのだが・・・・、当社としては、今日、お集まりになった方々の中で反対された方はに、今より少しでもご理解いただきたいので、これに懲りずに、セレモニーホールのご理解を求めていこうと思っています。

反対派ではない方たちから、説明会の後、『どんなものができるか聞きにいっただけだからな〜。』とか、『あの場ではかばってあげられなくてごめんな〜。』なんて電話をいただきました。

近隣の方々全員に賛成をしていただきたいのですが・・・・全員というのは、なかなか難しそうです。

ということで・・・・・・、説明会と解体工事の謝罪は終わりました。


説明会・・・・・正直疲れました・・・・・クタクタです・・・・・

でも、これからも、地域の発展の為、今後も商工業の誘致・・・・、宅地分譲事業のほうも頑張って行こうと思っています









2つのブログランキングに参加しています!

一日一回 あなたの一票をお願いします♪


↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができます&本日の順位が表示されます!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングは↑こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ブログ村ランキングは↑こちらをクリックです。






toshikazy at 00:32|PermalinkComments(13)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote