素人さんの為の不動産学校

2018年02月10日

2121)市街化区域なのに家が建たない場所(注意!)

市街化区域であり、既に、まあまあ住宅が密集している地域で、公道に面していて、上水下水道も前面道路にあるのに、住宅を建てられない地域があります。

弊社が、5区画の小さな分譲地の開発をしようとしている場所なのですが・・・、市役所も逃げるし、地元の要望が強く・・・新規の住宅を建てさせてもらえないのです。


これが、調整区域であれば、地域の主張や権利を認めるのもありだと思うのですが、すでに市街化を形成している地域で、新規の家は建てられませんと言われてしまうと、けっこうつらいですよね。

まあ、つらいというか・・・、ありえない事です。

行政は、市街化区域として、家が建つ土地であるだけの固定資産税を、毎年、しっかり徴収しているわけです。

でも。。。。 土地所有者である、売主さんは・・・、新規で家を建てられない土地なので・・・売れない!


約400坪の土地なんですけど・・・家が建つ土地と建たない土地の買取価格が、どれくらい違うのかというと・・・。

今回、弊社が出した査定は、開発許可が取れる事を条件に、4000万円(坪10万円)・・・、家が建たない場合は・・・買取不可! 又は、太陽光発電用地として、200万円(坪5000円)・・・・。

もちろん、これは弊社の買取価格なので、一般的な価格ではないが・・・、建物を建てられない市街化の土地は、基本的には売れないか、売れたとしても、かなり安くなってしまうことは間違いない!

でも・・・、固定資産税は、市街化区域だから、高い・・・・(゚o゚;;

当初、設計士兼行政書士に話をさせていたのだが・・・話にならないので・・・弊社の社員が行った。

さすが、中村まさとし・・・! 論破したのか、顔が怖いからなのかわかりませんが・・・、役所と話をつけてきましたw

IMG_1565


まあ、本件とは関係ありませんが、美味しいカプチーノでも飲んでくださいw

話は、もどりますが・・・・↓

でも、現在、家が建っているところは、OKの返事をもらってきましたが・・・、家が建っていない部分は、家を建てたらいけないとのことでしたで・・・・、私が、役所の都市計画課に電話をしました。

都市計画課 『あの地域は、大雨が降ると浸水してしまうので、新規で開発をするというのを地元が許さないのです。 地元同意がないと、こちらとしても、受付できません。』

 『そうですか〜・・・・。 いいこと教えてもらいました。 浸水してもいいように、地盤を高く造成させてもらいますわw  それはそれとして・・・、地元が同意しないと、行政は、開発を受け付けないということですが、そうなると、市街化区域にありながら、下水道の負担金も払って、固定資産税も市街化として払っているのに、あの土地は、使い道がないというか、売れないってことになるわけですよ。 まあ、民の問題ですけど・・・。』

都市計画課 『はあ・・・・。 固定資産税、下水の話は、課が違いますので・・・・、固定資産税の話、下水道の話を、こちらに言われても困ります。 こちらとしては、地元の同意がないと・・・、申し訳ないですけど・・・受付いたしかねます。 あの地域は、大雨が降ると・・・碓氷の行き場がなくなり、下水も溢れて浸水するんです。 それで、地元としては、これ以上、家を増やすなということでして・・・・。』

 『下水道の話は、課が違うんじゃないのか? さっき、おたく、そう言ったよね? 都市計画化なんだから、都市計画の話以外は違う課に話にいかなくてはいけないんでしょ? 都合が悪くなると課が違う・・・、都合が良い時は、他の課の名前を使って抑え込む・・・、それ、あかんだろう? 二度と、他の課の名前を出すな・・・もしくは、出すなら、ちゃんと関連を認めて話せ! どっちにする?』

都市計画課 『ですから、地元が同意を出さないのは浸水の問題があるということを説明しているのであって、税の話や、下水の話は、各課で話してくださいと・・・。』

 『あのね・・・。 都市計画化というところは、読んで字のごとく、都市計画のことじゃんw そしたら、道路の土木課・・・、ライフライン等、上下水道の課・・・、ゴミ取集等の環境課・・・、直接は絡まないけど、税務課も関係するんだよね。 もちろん、各課と協議をしなくてはいけないことは、各課に聞くけど・・・、全体の話をしているときに、逃げるのはやめようよ。』

都市計画課 『何も逃げていませんよ。 話を聞いていますよ。 でも、固定資産税の額とか、下水道の料金の話をこちらにされても分かりませんので、各担当の課で聞いてくださいと申し上げているのです。』

 『なるほど・・・。 俺は、料金を値下げしろって言いたいわけじゃないんだよ。 市街化区域で、道路も上下水もあるところで、きっちり市街化課税をしておいて、家が建ちませんは、ないだろうと言ってるわけよ。 金とってるなら、予算とって整備するなり、できないなら市街化を返上して、調整区域にするかにしろよ!って言ってるんですよ。 金だけ撒き餌げて、権利を阻害するのって・・・怠慢だと思わない? 怠慢というよりは、ある意味、市民を騙しているよねw』

都市計画課 『そう言われましても・・・、地元の同意がないと、受付はできませんので、地元と協議をしていただいて、同意をもらってきていただければ・・・・。』

 『地元は、絶対に建てさせんと言ってるから、それって、どうなんだって、話てるんです。 簡単に言うと、地元の同意なしで、開発を受け付けてくださいって言ってるんです。 そうじゃないなら、市街化返上して、原則、建ちませんって・・・ちゃんと仕分けしてください。 そうじゃないと、土地を売りたい人は、高い金だけ巻き上げられて、土地はタダ同然でしか売れないということになるんですよ。』

都市計画課 『そう言われましても・・・。 受付られないものは、受付られませんので・・・。 私が、固定資産税を決めているわけではございませんので・・・。』

 『あなたは決めてなくても、あなたのお勤めの行政が決めているわけでしょ? まあ、いいや・・・、でも、家たちません、開発受付ませんじゃなくて、例えば、貯留槽をつけるか何らか水害対策をしたら受けるとか、雨量計算書を付けて、どれだけ以上だったら、こうしろとか、行政の指導要綱みたいなものを作ってくださいよ。 じゃないと、納得できません。』

都市計画課 『言いたいことは分かりますが、地元が頑なに・・・・。』

まあ、こんな感じで・・・同じ話を繰り返しているだけで前に進まない・・・・。

 『はい、ここでひとつ質問です。 弊社のものは受け付けないけど、過去に受け付けたことがありますよね? 地元の建築屋は、良くて・・・、他県の者はダメって・・・、そんな話ってありますか???』

都市計画課 『・・・・・。 そういうものが、あるんですか?』

 『どうだろうね・・・w 俺は、あると思うよ。 詳しく調べてみないと分からないけど・・・心当たりはあるんだよね〜。 もし、地元の業者だからって許可しておいて、俺んところを受け付けないって話になったら・・・徹底的に責めるけど・・・そういう因果関係も頭に入れて物を話さんと、人生、間違った方向にいっちゃうかもしれんよw』

都市計画課 『ですから、地元同意があれば、受け付けると話しているじゃないですか。』

 『了解です・・・。 ちょっと面倒くさいけど、そこまでやれってことね。 叩いて埃が出てきてしまったら、ごめんねw 地元の業者は良くて、他県の業者はダメな理由を、しっかりと用意しておいてくださいよ! おたくらは、公平性を保たなくてはいけない立場なんですから・・・。 以外と、地元の市会議員がゴリ押ししたとかで絡んでいたりして・・・あはははははwww』

都市計画課 『・・・・・。 ですから、私どもは、地元の同意があれば受け付けますので、地元の同意をもらってきてください。 』

 『わかりました。 あの地域の過去の開発について徹底して調査して、地元の区長さんと話をして、それから話に行きますね。 でも、その時に、調べすぎて余計な事まで出てきてしまったらすみません。 他所はOK、弊社はダメってことがないといいんですけど・・・。』

そんなわけで・・・、頑張ったんですけど・・・結局、今のところは、開発の受付をしていただけませんでした。

IMG_1564


はぁ〜・・・疲れた・・・美味しいカプチーノを飲ませていただきますw

続き・・・↓

実は、この地域・・・・、地元のデベロッパーだと、開発の同意書に印鑑を押すのですが・・・、他県のデベロッパーには、印鑑を押さないというようなことがあるようなのです。

つまり、大雨が降ると浸水すると、過去の話を持ち出して、印鑑を押さない・・・・、地元の業者が同じように開発をするのは、浸水は関係ない・・・wというような感じなんです。

まあ、今のところは、推測ですが・・・、実際に開発したであろう物件があるので、調査しますが・・・、ほぼ間違いないと思います。

それ以前に、市街化区域で、上下水があって、道路幅員も開発機銃を満たしているのに・・・、雨水を理由に地元の同意の印鑑をもらってこいと言って受け付けず・・・、しかも、地元の印鑑は押してもらえないことを知っていて、地元同意をもらってこいと主張する、このナメ腐った行政の体制に問題があると思います。

直接的ではないですが、間接的に地元業者との癒着があるということで・・・、これは、忖度ではなく、完全なる癒着なので・・・ここを白黒付けます。

これを許してしまうと、どういう事が起きるかというと・・・、地元業者に土地を売らない限り、開発はできないということになり・・・、つまりは、地元業者のお手盛りで、土地の買取ができてしまうわけで・・・、それを、地元の区長が幇助し、役所も目をつむって黙認しているということです。


まあ、田舎では、よくある話ですが・・・、これを、いつまでも許していてはいけません。

土地を買う時も、他社と同条件で競うことができますので、売主さんにとっても良いことですし・・・、今時、癒着、談合みたいなものがあってはいけないのです。

今日の話は、市街化区域なのに家が建たない場所というテーマで書かせていただきましたが・・・、厳密に言うと・・・、地元の業者以外は、市街化区域なのに家が建てられない場所・・・ということです。

愛知県内では、こんな地域は、ほとんどありませんが・・・、他県の田舎に行くと、まだまだこんなお粗末な事が当たり前にあったりしちゃうんですよね〜w

そして、ほとんどの場合・・・、地元同士の結束とかいう感じで・・・、ここに、政治や利権が絡んでいることが多いのです・・・・。

買うも売るも、平等、対等の中で・・・、競争をして買い・・・、試行錯誤して経費を抑えながら、他社に負けないように、良質なものを、できるだけ安く供給する・・・。

それが・・・、すべての人が平等である民主国家でのビジネスなんだと私は思います。



さて。。。 難しい話は、ここで終わりにしまして・・・・。

YouTube、更新しました〜www




車の動画って、かっこいい系ばかりなので・・・ちょっとお茶目に作ってみましたw

時間がある方は、見ていただき・・・チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。

読者の皆様・・・・、YouTubeを見ても・・・ブログランキングの投票クリックはお忘れのないように宜しくお願いします・・・m(_ _)m




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 15:13|PermalinkComments(15) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年06月21日

2162)不動産業者の葬儀の常識???

読者の皆さんは、葬儀の花を出したことがありますか???  ありますよねw

通常・・・葬儀の花って、悲しみながら、もしくは義理で・・・、ごく当たり前に出すのでしょうけど・・・・私は、不動産屋だからなのか、いつも、いろいろ考えてしまいます。

要するに、法人で出すべきか、個人で出すべきかを考えるということなのですが・・・・。

会社関係や知人友人であれば、会社名で出しますが・・・、お客様の場合は、考え込んでしまいます。

不動産を多く所有している、地主さんや、クライアントさんの葬儀に、不動産会社の名前で出すと、相続というか、その後の仕事目的みたいで・・・、なんとなく嫌なんですよね〜。

私は、明らかに、私が相続のお仕事をさせていただだくことになるであろう場合も、まだ分からない段階でも、何にしても、めちゃ考えてしまい・・・けっこう個人名で出させていただくことが多いのですが・・・・。


実は・・・、先日、大変お世話になった地主**さんが、お亡くなり・・・、通夜には行ったのですが・・・、翌日は、どうしても外せない用事があり葬儀には行けませんでした。

最後のお別れをしたかったのですが・・・・。


昔、工場誘致や配送センター用地の、とりまとめ等で大変お世話になり、何度か、食事に行ったり、魚釣りにも行ったことがあり・・・思い出すと目頭が熱くなります・・・残念というか、悲し懐かしい複雑な気持ちでした。

私は、個人名で花を出させていただき、社名で香典と弔電と淋し お見舞いの饅頭を持参して、通夜に行きました。

**さんは、大地主さんだったので、個人名で花を出させていただきました。

2017-06-18-22-34-47
            Yahoo画像より

後日、奥様と息子さんと、区長さんが、揃って訪ねてこられまして・・・。

奥様と息子さんが、丁重な言葉で、生前と葬儀のお礼を述べられまして・・・、故人との思い出話をされて・・・その後、49日が終わり、落ち着いたら・・・と、少しだけ相続の話をされたわけですが・・・・。

ここで、区長さんが・・・・。

区長さん 『社長さん、いろいろやってくれたのは、ありがたいんだけど・・・、何故、千代田不動産ではなく、個人で花を出したんだ??? 政治関係、農協、**さんが勤めてた会社・・・、千代田さんところの花を、上の中断ぐらいに持ってきたろうと思って、花を探したんだぞ。 いくら探してもない・・・・後から聞いたら、個人名ででてたってきいて、水臭い奴だな〜って話になってな。 何故、会社名で出してくれなかったんだ???』

 『すみません・・・。 まあ、正直に申し上げますので、怒らないでくださいね。 なんというか・・・、**さん、地域の世話役で、土地改良の役員や、農協の役もされていて、めっちゃ資産家じゃないですか〜・・・。 花も上座にしてくださると分かっていましたけど・・・、そこに、株式会社千代田不動産 代表取締役・・・と、ドカーンって目立つと、なんとなく、相続は俺がやるんだぞ〜みたいな感じで嫌だったので、個人名で出しました。 変な意味はありません。』

区長さん 『昔、**運輸の土地をいっしょにやった時に、冗談話で、地域に貢献したということで、俺らの葬式は、盛大にやってくれなあかんと言って、みんなで、大笑いしたことを、覚えてないのか???』

 『覚えていますよ。 区長さんと、**さんは、いつも、地域の事、農家の後継ぎがいない事を、おっしゃられていましたよね。 当然、しっかりと・・・覚えています。 でも、なんとなく、私ごとき、不動産屋が・・・、大地主様の葬儀に、不動産屋の看板がついた花を出すのは、逆に失礼じゃないかと思いまして・・・、故人の意と反したのであれば、お詫びいたします。 すみませんでした。』

区長さん 『うちらの地域の人間は、みんなあんたに感謝しとるんだで、堂々と花を出したらええ・・・。 俺の葬儀の時は、自民党関係、農協関係の次に、千代田だ・・・。 遺言で残しといたるわ。**さんところよりは、土地少ないから、花も出しやすいだろ〜w あははw』

なんか、無茶苦茶な言い分ですが・・・不動産屋冥利に尽きるというか、嬉しい言葉です。

**さんに申し訳ない気持ちと、区長さんの言葉の嬉しさで、ウルっと来ました。


 『いえいえ・・・私にとっては、区長さんも、**さんにも、本当に感謝しているので・・・・、お亡くなりになられた際には、次回は、必ず、社名で花を出させていただきます。ありがとうございます。 でも、まあ、区長さんには、まだまだ、世に憚っていただかなくてはいけませんし・・・、下手をしたら、不摂生をしている私の方が早いかもしれませんので、その時は、私が遺言で、社名で花を出すようにしておきますwww』

区長さん 『あはははw あんた、昔から、俺の事を、憎まれっ子世に憚るみたいな事を言って、からかうけど・・・、本当に世に憚ってしまったやないか・・・。 今年、80だぞ・・・・。 まあ、ねんでもええけど・・・**さんの相続は、しっかり頼むわ。』

 『はい、それは、もちろんの事ですが・・・、区長さんには、あと、最低でも20年頑張ってもらわんと・・・。 **さんも、あいつは、長生きするわって、声が聞こえてくるようです。。。』

奥様 『主人も、いつも、そう言ってました。 主人の分まで長生きしてください。。。』

区長さん 『まあ、あの世に行く順番は、神様が決める事だで、わからんわ〜w』

そんなわけで・・・、奥様、息子さんは御礼に・・・、区長さんは、文句を言いに来てくださったわけですが・・・。

う〜ん・・・考えすぎなのかな〜。

会社関係は、社名で出しますが・・・、農家の方々、要するに地主さんに、不動産会社の社名で、花を出すのって・・・、遺族や、周りの方は、どう思うんですかね〜?

おまけに、会場の上座に、不動産屋の花があったら、なんとなく、嫌な感じがするんじゃないのかな〜???

このブログの読者は、不動産関係も多いと思うのですが、どうされているのでしょう???


財産が沢山ある方の葬儀に不動産屋が花を出すって・・・、病院や老人ホームに、葬儀屋が、見舞いを持っていくようなのと同じ感じがするんですよね〜。

実際に、今回、お亡くなりになった**さんの通夜の会場にも、他の不動産業者から花が来ていましたが・・・、私個人の感覚としては・・・、大地主さんの葬儀に、不動産屋の看板つけて・・・俺は、個人名で良かったな〜と思いましたけど・・・。

まあ、とりあえず、区長さんの時は、社名で花を出しますけど・・・・出さないと、あの世から文句言ってきそうですし・・・。

どんな職業だろうが、亡くなった人への思いは変わらないと思いますので、どちらでもいいのだとうは思いますが、昔から、資産家の方への葬儀の花は、なんとなく出しづらいんですよね〜。

基本は、花以外は社名、花は、個人名の方が良いような気がしますが・・・不動産業者の皆様は、どうお考えなのか知りたいです。

今回の件は、社名でだすべきだったのかな〜・・・亡くなられた**さんは、どう思ってるのかな?

時期を見て、御仏前に備える花を、社名で出させていただこうと考えています。

さて・・・ついでというわけではないですが、せっかくですので、私の中での常識的な通夜のマナーについて書かせていただきます。

というのは、葬儀は、皆様、常識的ですが・・・通夜で非常識な人が増えた気がします。

通夜は、取り急ぎ駆けつけたという感じでいいわけですが、それにしても、非常識な人が増えた気がします。

先日の通夜では、高価な宝飾がされている金時計付けてる馬鹿がいました。

あとは、派手なカフス・・・、数珠を持ってない奴・・・、指二本で、汚いものでもつまんでいた焼香の仕方を知らない奴・・・、ネクタイや靴下がダーク系じゃない奴・・・・もふさに包まずに、そのまんま香典袋を出す奴・・・。

以前、こんな奴を見かけました。

・尻のポケットから香典を出して、ペコッと頭をさげて香典を受付に出した奴

・受付が知人だったからなのか、お悔やみの言葉も、一礼もなく、笑顔で香典を出した奴

・不祝儀用のふくさではなく・・・、どう見ても結婚式用の、ふくさから香典を出した奴

・香典を出すのに、文字が相手側ではなく、自分側にして出している奴

私も、細かい、礼儀作法までは知らないのかもしれませんが、最低限の常識や、マナーは、守るようにしています。

そういう私も、親や先輩から注意をされて、覚えたのですが・・・・。

葬儀に限らず・・・、最近は、親や先輩も、叱る、注意することが少なくなったので、常識やマナーを知らない人が増えたような気がします・・・。

常識は知らずとも、故人に対する思いは変わらないと思いますが・・・心の中は見えないので・・・・、故人や遺族、関係者に失礼があったり、不快な思いをさせたり迷惑のかからないように、基本的なマナーや知識はしっかり身に付けておきたいですよね。

あっ・・・ 読者の皆さん・・・。

そういえば、今、このブログを、セントレアのビジネスラウンジで書いておりまして・・・。

2017-06-21-10-09-12


今から、シンガポールに行ってきます。

暴風雨で、多くの飛行機が遅れておりますが、シンガポールエアラインは、定刻通り10時30分・・・大丈夫そうです。

そんなわけで、本日は、不動産業者の葬儀の常識???というテーマで書かせていただきました。

登場も始まっているようですし・・・、そろそろ、ゲートが閉められそうなので・・・、行ってきま〜す。

更新は、シンガポールからさせていただきます。

本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします






ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 10:18|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年06月18日

2161)国と国民の借金の嘘(騙されるな!)

日本は、今や、貧乏国!  国民の借金は、現時点で、国民一人当たり850万円あるんだぞ!

ある爺さん(仮称Aさん)という不動産屋と話をしていたら、こんな会話が飛び出した。

そもそも、不動産屋同士が、なぜこんな話になったのかというと・・・

元々は、不動産業界は、少子高齢化、人口減少により、家あまりの時代に突入するという話・・・、人口減少だけではなく、若い世代が結婚、子供を作りたがらない、昔の日本人と比べて若い世代の、物欲、性欲がなくなったことも影響していて、より一層家あまりは加速する・・・・なんて話をしていたわけですが・・・。

そこから、政府の話、政治の話に展開して・・・最終的に、日本国は、破綻する!と言い出し、急いで消費税増税をしないと大変なことになると、Aさんは、強い口調で私に語ったわけです。

まあ、今時・・・・日本のマスメディアの偏った報道を鵜呑みにしている国民も少ないとは思いますが・・・、簡単に説明しておきます。

そもそも、あの時、財務省から発表された「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」=「国の借金」・・・は、秋だったと思いますが・・・9月末時点で1062兆5000億円超えとなったようで・・・、過去最高記録をを更新し、その時点の日本の人口推計(概算値1億2600万人)を元にして単純に小学生レベルの単純計算して・・・、国民一人当たりの借金は約837万円?になるというものだったと記憶しているが・・・・。

それ以前に、政府の借金を、あたかも国全体の借金と誤認させるような書き方をしている。

これは、ただ単に、国民の不安を煽るための悪意ある言い回しだと思います。


そもそも、国の借金というものが、海外からの借金であれば・・・それを割り算して、国民一人当たりと計算するのは、100歩譲れば、わからなくもないが・・・、政府の借金の大半は、国民からの借金であり、ギリシャのように海外から金を借りまくっているわけではないから、政府の借金=国の借金ということではないのです。

すみません・・・釈迦に説法というか・・・、私のブログの読者さんは、投資家さんも多いので、これぐらいのことは、理解していると思いますが・・・・おさらいということで・・・。

2017-05-30-16-04-18


そんなわけで・・・私は、Aさんに対して・・・・・。

 『ちょっと待った・・・。 少子高齢か化、人口減少、家あまりの話までは、経済、景気という意味で、俺も、共感できる部分はあるよ。 そんなようなことをブログにも書いたし・・・・w でも、日本国が、借金だらけで、貧乏国にたいな言い方は、聞き捨てならないな〜。 政府は、基本、国民から借金をしてるわけで、貸主は国民なんだから、外からの借金ではないので、債権者と、債務者を、整理してみてください・・・日本は貧乏国ではないですよ。』

Aさん 『誰から借りようが、国が債務者であることには変わりない。 俺たちの若い頃は、一人当たりGDPは、確実に5位以内だった・・・、それが、今の一人当たりGDP26位〜27位ぐらいか???  明らかに貧乏になってるじゃね〜か。GDP第3位・・・一人あたりGDPは26位・・・、豊かさは、一人あたりGDPなんだわ・・・。』

 『それは、認める・・・・。 1990年代と比べると、今は、情けない話だが・・・日本は20位にも入っていない・・・、アジアでも、マカオ、シンガポール、香港の方が確実に上だよね〜・・・、街を見たら一目瞭然だけど・・・。 それを気付かずに、日本最強と思っている昭和の人間が多すぎるのも問題だけど・・・。今は、その話ではないじゃん。国の借金の話をしてるんですよ。』

Aさん 『経済大国日本から、借金大国日本に転落したから、貧乏になったんじゃね〜か・・・。』

 『うむ〜・・・。 俺は、そうは、思わん部分もあって・・・海外から日本を見ると、一人あたりGDPとか置いといて、ライフラインは、整備され、街はきれいで・・・、お金をかけているんだよ。 まあ、一概に、一人あたりGDPだけで、金持ちか貧乏かを判断するのは違うと思うよ・・・一人あたりGDPは、マカオ、香港、シンガポールのような小国のほうが有利だし・・・。』

Aさん 『さっきも、話したじゃね〜か・・・。 俺らの若い頃は、必死に働いて、生活を豊かにしようと頑張ってきたし・・・、近ちゃんたちの若い頃も、給料の大半を、車とブランド物に使ってたって・・・w 今の奴らは金つかわないだろ? それも、家あまりの原因のひとつだって・・・。おまけに国の借金は、膨らむ一方で、債権者が誰かじゃなくて、債務者の借金の額の問題なんだよ。』

 『わかりました。 とりあえず、昔よりも、貧乏は、認めましょう。  でも、借金大国日本というのは、違いますよ。 あの国民一人あたり、800万円以上ってのは、まやかしの計算方法なんですよ。 国民が、政府に貸しているだけで・・・海外から、借りているわけではないですかね。 国民から借りて、海外に金をばら撒いているのは認めますが・・・・。』

Aさん 『国民から借りた金を海外にばら撒かなければ、少しはマシだわなw 海外から借りようが、国民から借りようが、借金は借金なんだよw』

 『じゃあ、私の持論を・・・・。』

政府と、日銀が、両親だとしましょうか・・・・、銀行、企業、国民は、子供なんですよ。

お父さんは、他所の家から金を借りてきているわけではなく、子供たちから金を借りているんです・・・。 それを、我が家の借金は・・・、子供達の借金はいくら・・・、我が家は貧乏だと言っているわけです。

お父さんが、サラ金や、他人から、借りてきた金を、家族みんなの借金だと計算して、うちは貧乏だというならわかりますが・・・、お父さんが、子供たちから金を借りてきて、お父さんの借金はいくらだ・・・つまり、お前らの借金は、いくらになるって・・・債権者、債務者は、家族内でのことで・・・お父さんは、子供達から借りた金を、子供達の借金だと言うのは変じゃないですか???

Aさんは、息子たちから、金を借りていたとして・・・、それを、我が家の借金だ、貧乏だとは、言わんでしょう???』

Aさん 『なるほど・・・・。 わかりやすいな・・・。 政府は、国民から借りていると言われると、債務は債務と考えてしまうが・・・。 一家という考え方をすると、確かに、そうだな。

お父さんが、家を建てて、外構工事や、家電や、家具を買うのに、子供たちから金を借りているという考え方をするってことだよな。 その借金が、子供一人あたり、800万円以上ってことだな。

 『まあ、ちょっと違いますけど・・・そういうことですね。

まとめると、国(A家)の借金とは、政府(親)が国債の発行という形で国民(子供)から借りているお金であり、つまり、国の借金は国民一人当たり800万円以上!は、対外的に見ると、借り手と貸し手を、まぎらわしく、ごちゃごちゃに、一緒くたにした、表現と言うことであり・・・日本が部貧乏、国が破綻するというようなものではないということです。

Aさん 『そうだな・・・わかった! よ〜く、わかった・・・。 でもな・・・、親は、子供の借金を踏み倒せばって計算であって、債務は債務だよな。 』

 『まあ・・・。 でも・・・。 国、政府は、たくさんの不動産を持っていて・・・収入もあるし・・・へそくりもあると思うので・・・、全く資産も収入もない奴に金を貸しているわけではないですし・・・、今のところ、担保されていると思いますよ・・・・、大事なことは、これから、どうしていくかですよねw

そして・・・・。

その後、話は、国、政府、国民という大きな話から・・・・流れに流れて・・・、何故か、A社長の、若い頃モテたという過去の栄光と、最近、ゴールド免許になったという、とても、器の小さな話を聞いて・・・帰ってきました(笑)

そんなわけで、国と国民の借金の嘘というテーマで書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします









ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】







toshikazy at 12:47|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote