不動産学校

2017年12月15日

2205)不動産屋の忘年会

忘年会シーズン真っ只中・・・。

皆様も、このシーズンは大変だと思いますが・・・お身体をご自愛の上、暴飲暴食してください(笑)


私は、例年、この季節は、食って飲んで・・・ウコンの力や、ヘパリーゼを飲んで頑張っていたのですが・・・・。

今年の人間ドックで・・・、鯖缶ダイエットで、コレステロール値は下がったのに、ヘモグロビンの数値が高くなってしまい、糖尿病予備軍の称号をいただいてしまいまして・・・・。

先日、糖尿専門医に診察をしてもらったところ・・・、食事療法を勧められまして・・・。

というか・・・、『あと、0、2上がったら、完全なる糖尿病です・・・。』と言われてしまったので、現在、食事療法をしています。

つまり・・・、忘年会や、食事会では・・・、基本、僧侶のような食生活を送っております。

2017


例えば、この刺身の盛り合わせの場合・・・、下に敷いてある大根を、くるくるっとバラして、お蕎麦状態にして・・・、少し醤油をかけて、バリバリって食べてから・・・お刺身をいただきます。

先に、大根を胃に入れて血糖値の急激な上がりを避けるのです。

そして、最後に出てくる、私の大好きな・・・炭水化物・・・・。

2017


米を食べないように、いくらと、蟹の身の部分を、そっとスプーンで掬って食べるわけです。

米が、数粒程度混ざるくらいで・・・、そっと、掬って口に運ぶわけです。

そんなわけで・・・このシーズンなのに、体重が2,5Kg落ちました。


今まで・・・私は、暴飲暴食しても、肝臓数値各種とコレステロール値は高かったものの、糖尿や通風系の数値は、全く問題がなかったんですよね〜。

お腹いっぱい夕食を食べて、酒を飲みまくって、帰りにラーメンかパスタを食べて帰る生活を20年続けてきたわけですが・・・、糖尿系、通風系、全く問題なしだったのに・・・・。

今回の人間ドックでは、コレステロールが下がるのと引き換えに、糖尿の数値が、予備軍ラインまで上がってしまったのです。

ここ最近、歯の矯正をしているので、今までと噛み方が変わったから、ペモグロビンと、血糖値が上がったのかもしれませんが・・・。

とにかく、3ヶ月以内に、正常値に戻さないと、薬で治療することになるんですよね〜・・・・。

まあ、でも、糖尿の数値がヤバいと言うと、皆さん、優しいので、焼酎の烏龍茶割りとか・・・糖分の少ないウイスキーとか差し出してくださるし・・・、錦のクラブでは、ごま茶とか、糖尿に効くサラシア茶とか、ノンシュガーのシャンパンみたいなものを用意してくださるんですよね〜・・・・。(不味いけどありがとう。)

とりあえず、正常値に戻るように、頑張っていますが・・・、今までの半分くらいしか食べていないので、けっこう辛いです。

朝は食べて、昼は鯖缶、夜は、炭水化物抜きで、野菜から食べる・・・・。

まあ、でも、この生活にも慣れてきたな〜と思った頃・・・・。

先週・・・豪華な不動産屋の忘年会が・・・・。

参加者は、全員、3万円相当のものを持ってこなければいけないパーティー・・・・。

高価なシャンパン、ワイン、肉、鮑、伊勢エビ、フォアグラ、マグロ等・・・・・。


シャンパン、ワインは、我慢して、烏龍茶にしましたし・・・、焼き野菜、マグロ、アワビ、伊勢エビは、食べましたが・・・・・こんなものは、忘年会で食べてるわけで・・・・。

特に、食べたかったのは、匂いが出る・・・ステーキ・・・・。

image


100g、万するようなスペシャリティーな肉ではないにしても、それなりに美味しい肉だということは、見たら分かるわけで・・・・味も想像できるわけです。

ジュゥゥゥ〜〜〜〜って、いい音しながら、肉が焼けていき、良い香りが立ち込めているなかで・・・。

不動産屋A 『近藤社長は、なるべく油の少ないところを・・・。』

 『俺は、肉は、遠慮させていただきます。 ペモグロビン下げないとあかんので・・・。』

不動産屋A 『ですから、油の少ないところを、2キレだけ・・・、これくらいなら、いいんじゃないですか?』

 『あかん・・・。 さっき、生ハムと、松坂牛のローストビーフを2枚食ったから、これは、やめておくわ・・・。』

兼業不動産屋B 『じゃあ、私がいただきましょう。 ・・・・。 ・・・・・。 兄貴・・・、前を失礼します・・・。  (パクッ・・・。) 旨っ・・・。 おおおおおおお〜、あまぁぁぁ〜〜〜〜い!!! この肉、飲み物ですよw どんだけでも入りますw 近藤社長、一口だけでも食べますか??? ここ・・・ここなら、油少ないですよ・・・。』

 『本当にいらない  兼業不動産屋だけに、不動産業界の常識を知らんだけじゃなくて、場所の空気も読めんな・・・。いらんって言ってるだろ〜w 』

不動産業者A 『Bさん、空気変わるので・・・。 近藤社長もいらないって言ってるので・・・・。』

兼業不動産屋B 『空気変わるって・・・・。 せっかくなんだから、一口ぐらい食べましょうよ。 糖尿って言ったって、数値聞きましたけど、ちょっと高いって感じじゃないですか。 大丈夫ですよ。 食べたいのに我慢する方が体に悪いですって・・・・。』

不動産業者A 『そういう問題じゃなくて・・・。 人が、いらんって言ってるものを、無理に勧めなくても・・・。 空気壊してるのBさんですよ。 そろそろやめましょう。』

兼業不動産屋B 『そんなの、大丈夫ですよw せっかく、皆さん、うまいもの持ち寄って、こうやって食べてるのに・・・。 肉だって、あんなに余っているんですよ。』

フランチャイズ系不動産屋C 『Bさん、ちょっと寄ってるみたいなので・・・。 』

 『もういいですよw 俺が食えば、満足なんでしょうから・・・。 ・・・・。 おっ・・・、やっぱり旨いな〜w  Bさんの言う通り、旨いわw 』

兼業不動産屋B 『でしょ・・・・。 ですよね〜w』

正直、相当ムカついていましたが、場の空気を壊したくないので、とりあえず肉を食べました。

 『うんうん、この肉は旨いな〜。 ニヤリッw この肉、あと1kgぐらいあるだろう? Bさん、この肉、飲み物で、どんだけでも入るって言ってたけど、責任施工で、全部食べようなw』

兼業不動産屋B 『まじっすか・・・w 全部食べちゃっていいんですか?』

 『いいよ〜www まあ、鉄板焼き奉行の俺が焼いてあげるよ・・・。 大将、厚さ2センチで、耳残したまま、カットして〜・・・w  はい!、ということで・・・、 B様・・・焼き方は、いかがなさいますか???』

不動産業者A 『Bさん、固まりだと小さく見えますけど、これ食うの無理ですよ。 散々、食べた後の肉1kgですから、きついと思います。』

兼業不動産屋B 『行けると思います・・・ミディアムレア〜で、お願いしますw』

そんなわけで・・・・、ステーキ6枚ぐらいになったわけですが・・・・焼いても焼いても、わんこ蕎麦のように食べまして・・・、兼業不動産屋のBさんは、見事に完食したのでした。

兼業不動産屋B 『近藤社長が、ひとくち食べてくださったので、私は、近藤社長が焼いてくださったものは、全部食べます。』

 『そっかw 巻き寿司と、イチゴもあるんだけど・・・、残したらもったいないんだよな〜・・・。 じゃあ、皆さんで分けて・・・。 これを、不動産業界では、分筆というwww』

フランチャイズ系不動産屋C 『さすが、デベロッパーw でも、これを、分筆とは言わないですよwww』

その後、Bは、苦しそうにしながらも、巻き寿司も食べて、初採れイチゴも、自分の分を全部食べまして・・・・、まるで、若い頃の私を見ているようでしたwww

 『こんだけ食うと、気持ちがいいな〜・・・。 でも、まあ・・、まだ若いからいいけど、糖尿と、痛風に気をつけろよ!』

兼業不動産屋B 『それがですね〜社長・・・。 俺は、どれだけ食べても、数値が上がらないんですよ。 肝臓と、コレステロールの数値は高いですが、糖尿、痛風は上がらないんですw』

 『あはははははw 俺も、半年前まで、同じこと言ってたよw  まあ、糖尿か、痛風だな・・・・。 とりあえず、今日、俺が、言ってたことを覚えておくといいよ! 腹八分目・・・。 俺も、よく先輩に、食いすぎだって言われてたわ・・・w』

兼業不動産屋B 『大丈夫です。 俺は、これで、冬の間、何も食べなくても働けますw』

 『なるほど・・・w その返し、面白いw 明日から、年度末まで食うなよw』

そんなわけで・・・、この忘年会、食べたいものが食べられなくて、けっこう辛かったのですが・・・、途中から私も、ひとくち食べて・・・、その後、これでもか〜、これでもか〜って、肉を焼いていたので・・・、肉を食べたいという気持ちが薄れました。

結局、楽しい不動産屋の忘年会になり、その後も、盛り上がったわけですが・・・・。

しかし、まあ・・・、よくも、あんだけ食ったな〜www

基本的に、よく食うやつは、よく仕事をするので・・・・、多少、空気が読めないところはありますが・・・、Bさんは、この先、成長すると思います。

正直、これまで、兼業不動産屋のBくんは、毎回、空気が読めない奴で、あまり好きではなかったのですが・・・、今回の件は、悪気なく、肉が美味しかったので、一生懸命勧めてくれただけで・・・、その後、自分も頑張って食べてましたし・・・、今回の忘年会の大食いの件で、Bさんの高感度が、上がりました。

来年は、Bさんと、2〜3件は、いっしょに仕事をしたいと思います。

とりあえず、私は、糖尿予備軍なので・・・、今月末の再検査に向けて、節制します。


さて・・・ここで、ブログを終わるつもりだったのですが・・・。

こんなヤバそうなフィッシングメールが来ましたので、皆様に、注意を呼びかけたいと思います。


楽天カード メール内容画像


会員登録が変更されている!って・・・・、しかも、相手先は、楽天カード株式会社・・・・。

これ見たら・・・、ほとんどの方は、下記の部分をクリックしてしまうのではないでしょうか?


これ、クリックしたら、どうなるのかは、知りませんが・・・・。

迷惑メールの嵐か・・・、下手をすると、もっと大変なことになるかもしれません。

皆様、この手のメールにお気をつけください!

それでは、本日は、ここまでとさせていただきます。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 03:43|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年01月25日

2130)賃貸借契約らしきもの 解除通知

不動産業者が、収益物件を購入して、オーナーになると、めちゃくちゃ嫌われるんですよね〜。

実際に、収益物件として所有する物件もありますけど、賃貸借契約を解除していただき、退去していただくこともあるので、そこに住んでいる入居者の方々からすると、不安なのかもしれませんので、嫌われても仕方がないのかもしれませんが・・・。

所有していこうという物件は、賃借人との良好な関係を継続していきたいので、不動産のプロとして、住み心地の良さを追求していくので、不動産会社所有のほうが良いと思うんですけどね。

しかし、そもそも、所有ではなく、退去していただき、購入した物件を、分譲地等に商品化しようと計画をしている場合は、入居者にとっては、嫌な存在だとは思います。



以前、何度か、弊社が購入した収益物件の賃借人様に、所有者が変わったということで、オーナーとして、ご挨拶に行ったことがあるのですが・・・・。

ニコニコ〜と、笑顔で、ご挨拶をしに行っただけで、賃貸借契約の話をしたわけでもなく、立ち退きの話をしたわけでもないのに・・・、不動産屋に用事はない!とか、インターホーン越しに話をするだけで露骨に嫌な態度をとられたり・・・、中には、怒鳴ったり、怒ったりされる方もいました。

そういえば、なぜか、警察を呼びますよ・・・と言われた事もありましたし・・・、前の所有者や賃貸借の関係について嘘を並べ立てられて、全所有者との関係が悪くなりそうになる等、ひどい目にあったこともありました。

まあ・・・、私は、人様から、コワモテと言われることもありますし・・・、不動産屋という職業は、昔から、あまり良いイメージの職業ではないので仕方がないのかもしれませんが・・・・。

私は、ともかく、社員が、嫌な目に合って帰ってくると、かわいそうと言うか・・・、社員たちを傷つけるような事をされると、時に腹が立ったりします。


所有者になったということで、社員が挨拶に伺っただけなのに・・・、理不尽に怒られたり・・・、持って行った菓子折りを、投げ返されたり・・・、中には、踏み潰したりする人もいましたね〜。

そんなわけで・・・。

実は、今回・・・弊社の社員が、弊社が貸主になった事の報告と、ご挨拶に伺ったのですが、そこで、未だかつてない、失礼な対応と理不尽な扱いを受けまして・・・。


今回、愛知県内の、まあまあ一等地の土地を購入したのですが、その土地には、借家が数件ありまして・・・しばらく放置しておけば、そのうち、入居者も減っていくような物件でしたので、しばらく、このままにしておこうと思っていたのですが・・・、何が、どうしてなのか分かりませんが、不動産屋に所有者が変わったと伝えたとたん、通常では考えられないような、迫害というか差別というか、ブログに書けないレベルの事を・・・・。

BlogPaint


そして、以前の所有者との賃貸関係の話を教えていただこうとしたら、更にエスカレートしまして・・・太陽光発電に対しての経済産業者並みの、意味のわからん理不尽な対応をされまして・・・、理不尽というか、人を人とも思わない対応を・・・・。

社長の私としては、『うちの社員をイジメやがって〜。』と、親のような気持ちで、相手の家に乗り込みたい思いはあったのですが・・・まあ、数人でやってる頃の若き日ならともかく、今は、そういうわけにもいかないので・・・・。

 『う〜ん・・・。 お前ら、よく耐えて帰ってきたな〜・・・。 偉い! というか、腹立たしいな〜・・・。 挨拶に行っただけだろう? で・・・怒られて・・・、賃貸の話を、聞こうとしたら、人間以下の扱い受けて・・・、ありえんな〜・・・。』

社員 『・・・・。 社長に、そう言っていただけるだけで、報われますから大丈夫です。 ろくに挨拶もできなくて、すみませんでした。 社長の賃貸借の契約内容を把握して、きちんとしたものにしてこいと言われましたが、話をする余地もありませんでした。』

 『もういいよ・・・。 お疲れさん・・・。 逆に嫌な思いをさせて悪かったな〜・・・。 しかし、腹立つな〜・・・。 まあいいや・・・、年寄り相手に怒りたくないし、一件は倉庫化して、もう一件もゴミ屋敷みたいにして住んでるし・・・、そのうち、自然に退去するだろうから、しばらく、そのままにしておこうと思ったけど・・・、退去してもらおう。』

社員 『あの人は、絶対に立ち退かないと思いますよ。 社長が言ってた、太陽とマント作戦で、時間をかけて、自分からというのがいいと思います。 社長の方が寿命長いと思いますので・・・。』

 『安く買えたから、ずっと持ってて、自然に空くのを待とうと思ってご挨拶に行ったのに、話をする前から喧嘩腰で、しかも、失礼極まりない態度で怒りやがって・・・、あかん・・・、使用目的外で使用しているということで賃借人との関係は崩壊した・・・、倉庫とゴミ屋敷だろ? とりあえず、近隣に迷惑をかけていることは、最終手段として、とりあえず、建物老朽化と信頼関係の崩壊で解約だ! 今日で、何回目のご挨拶なの???』

社員 『3〜4回行ってますけど、今のところ、挨拶すらろくにさせてもらえないくらいです。 行けば行くほどに、対応はひどくなってます。 とうとう今回は、*****されてしまいました。 もう数回は、辛抱できますけど・・・・。社長には行かせられませんので、自分が頑張ります。』

 『いや・・・、うちの社員は、家畜や虫じゃね〜・・・。 ここからは、俺が少し手助けしよう・・・。 もう、挨拶しなくていいぞ・・・解除だからな・・・。 とりあえず、30分で、お別れの手紙を書くから、イチゴでも食べて待ってて・・・、今日、某建設会社の社長からもらったんだ〜・・・。 ジャーンwww』

image


社員 『美味しいですね〜・・・・。 でも、社長、解除って、どうやって解除するんですか?』

 『まあ、今、お手紙書いているから・・・。 報告を受けた感じの人なら、絶対に、俺に噛み付いてくるお手紙だから大丈夫・・・・俺が会うことになるだろうな。 もしくは、弁護士に泣きつくか・・・、それならそれで、もともと、しばらく持ってるつもりの物件だったわけだし、それでも1年もあれば片付く・・・。でも、ちょっとだけ、こちらにも隙を作っておく感じにして・・・・もう少しで書き終わる・・・。』

そんなわけで・・・・・。


    建物賃貸借契約らしきものの解除通知

 貴殿におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 早速ではございますが、以下の通りご通知させていただきます。

 弊社は、昨年、後期記載の土地建物を取得し、現在、貴殿との間で賃貸借らしきものがあるということを本件土地建物購入の際の仲介業者からきいており、月額****円という常識外の使用料をいただき本件建物を貸し渡しております。
 建物が古いですが常識外の使用料であることから、(賃貸借契約らしきもの)と表現をさせていただきます。

 貴殿も、ご存じのとおり、現在同物件は築年が古い木造であり老朽化がひどく、万が一にも火災、地震や経年による倒壊をした場合の、隣家への損害発生の蓋然性も高く、解体工事、補修改築工事等の緊急性を要するものであると懸念しております。

 また、住居であるものに対し住居以外の倉庫という目的で使用し、内部には大量の物があるということ、並びに、弊社社員が、弊社に所有者が変わったことで、ご報告をかねて、数回、ご挨拶に伺いましたが、けんもほろろのご対応をされ、ろくに話もしていただけない状況であったと報告をうけており、信頼関係の崩壊でとあると判断いたしました。

 つきましては、大変恐縮ですが、今般、本件建物賃貸借契約らしきものの継続はいたしかねる状況であり、解除させていただきますので、その旨ご通知致します。
 しかしながら、現実問題として本物件内部の物を移動する費用と、移動先の問題があることも承知しておりますし、できることなら円満に合意解除をしたいということも考えておりますので、賃貸借契約らしきものを解除していただく費用として、現在いただいている賃料らしき金額の12ヶ月分と、更に内部の物を移動させる費用として金10万円を支払わせていただきます。

 但し、この費用の支払いは、退去確認時とさせていただきます。

 よって、大変恐縮ですが、平成29年7月31日までには、建物内部の物を全て撤去の上、同物件を明け渡して頂けるよう、お願い申し上げる次第です。

弊社の社員が、数回、貴殿宅に伺った際に、話し合いの余地はなかったという事、並びに、手紙、賃貸借らしきものへのご質問の回答を連絡するとの約束も守っていただけなかったと報告を受けておりますので、本件に関してのご回答は、平成29年2月15日までに書面にてお願いいたします。

 なお、万が一、上記期間内に回答をいただけない場合は、止むを得ず、物件の明け渡しを求める法的手続きをとりますので、ご承知おき下さい。

転写不可・・・、使い方を間違えると後々問題が起きる可能性があります。)

 『う〜ん・・・。 即席だから、60点ぐらいの仕上がりだが・・・、まあ、ひどい対応をされた事は、オブラートに包んであるし、老朽化と、住居外の利用目的、立退料、引越代、相当な期間を定めての回答を求めてるし、解約も半年以上、更に旧借家も想定済み・・・。とりあえず、一回目のご挨拶としては、これくらいで、いいんじゃないかな〜?』

社員 『賃貸借らしきもの!って表現、初めて聞きました。』

 『俺も、賃貸借らしきもの!って初めて書きましたw』

社員 『しかし、挨拶を受け入れてくれて、賃貸借の内容を確認させてくれたら、きちんとした賃貸借契約をして、しばらくは、数千円で、それなりの一等地に住んでられたのに、残念な人ですね〜・・・。』

 『まあ、人間、言っていい事と悪い事があるからな〜・・・。 あの年の人たちは、平気で、そういう事を言う人もいるし・・・、もしかすると、自分が、そういう迫害や差別を受けてきたから、人にも、そういう感じで接するのかもしれんけどな。』

社員 『・・・・そうかも、しれませんね・・・。 しかし、不動産屋が、こういう物件を買うと、借りているほうは、必ずと言っていいほど喧嘩ごしですよね〜。 特に年配の方は多いですね。今回なんか、ご挨拶もさせてもらえずに、一方的に攻撃食らいましたから・・・。』

 『そうなんだよな〜・・・。 借家とボロアパートの大家さんになった時と、土地売ってくださってお願いに行く時は、多いなw とりあえず、これ、配達記録で出しといて・・・うちの顧問の先生にもメール送っといて・・・。』

社員 『わかりました。 内容証明じゃなくてもいいんですか?』

 『とりあえず、今回は、俺から第一回目のご挨拶と、方針を伝えるだけのお手紙だから、配達記録でいいよ。 話し合いになるか、弁護士からお手紙が届くか・・・、それから考えよう。話し合いなら俺が話して、相手の出方次第で丸く収まるかもしれんし、弁護士きたら、丸くはおさまらないわな・・・。俺は、雨降って地固まる方を期待してるけどな。 あとは、相手次第・・・。』

社員 『ですね・・・賃貸借らしきものって、賃貸借ですよね〜?』

 『その土地の固定資産税以下なんだし・・・、契約関係も賃料以外何も分からないんだけど・・・まあ、賃貸借らしきものって表現が正しい気がしない???』

社員 『まあ、賃貸ですけど雀の涙程度の賃料・・・、まさしく・・・、賃貸らしきものですね。 しかし、社長は、怒っていても冷静ですね。 即出て行けではなく、6ヶ月の期間を定めて、賃料の12ヶ月分って10万円もいかないですが、一応、払うわけですし、別で引っ越し代まで払うんですから・・・、自分が、社長なら、即刻解除して出て行けって言いますけどね・・・。』

 『賃貸借らしきものという言葉で、近隣の賃料相場の10分の1以下だということを知っていただきたいし、一応、解除通知だから、相手の立場も考えて出さないといけないからな・・・。 老朽化している建物の片方に、倉庫並みに荷物をぎっしり置いて、あんな感じで、戦後間もなく建てられたものは、危ないからな・・・。 放置はやめて、倉庫化した借家と、住んでることころも、引っ越し代と、賃料の12ヶ月分払って返していただきましょう。』

社員 『要するに、老朽化、目的外使用で、相手がゴタゴタ言ってきた時には・・・、相手の立場を考えて、費用と時間を与えていると主張して・・・、つまり、確実に立ち退かせるためのものって事ですね。』

 『ついでに言うと、賃貸借らしきものの意味には・・・、あの賃料で、相手が賃貸借の権利をどこまで主張できるの?って事や、退去しないと頑張ってゴタゴタしても、こっちは、元々持っていてもいい物件なんだから、別ラインで、賃料の増額請求もできるんだよ〜とい意味合いも、賃料の増額請求も視野に入れているという意味合いもある。』

社員 『なるほど・・・、じゃあ、何で60点の解除通知書なんですか???』

 『賃貸借らしきものという言葉の中に、今後、良い関係でやっていけるなら、賃貸借にしてもいいですよ〜という意味が、40%ぐらい含んであるので、立ち退きをするという部分では、60点の通知書なんだよ。 100%、意地でも退去させるつもりなら、賃貸借らしきもの!なんて書かないよ。』

社員 『こらしめて立ち退かせる60% 反省して良い関係でいけるなら賃貸借にする40%の契約書という意味の、60%なんですねwww 少し、理解できました。』

 『でも、まあ、ご挨拶に伺っただけで、相手が臨戦態勢に入ってしまうのって、俺たちが不動産業者だからなんだろうな〜・・・なんか悲しいな・・・。 まあ、これからは、俺や、用地課ではなく、女の子の社員に行ってもらったほうが、ソフトでいいかもな・・・・。』

そんなわけで・・・、今回の通知書を送った事で、また、ひとつ・・・仕事が増えました。

3月の太陽光連携と、宅地開発のほうで追われてるので・・・めんどくさい事にならなければいいのですが・・・、なんとなくアバウトで、ソフトな、賃貸借らしきものの契約解除通知・・・の話でした。



本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします


ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください










toshikazy at 11:31|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年11月13日

1876) 兄嫁親子と義弟の仁義なき戦い!

世の中には、醜い争いがある。

愛情のもつれ・・・・、金銭トラブル・・・・。

今日のブログは、兄嫁と義弟の仁義なき戦い!について書かせていただきます。


この話は、私の友人の話なのだが・・・・・、もう、5〜6年経ったから、そろそろ書いてもいい頃だろう。

今日の素人さんの為の不動産学校は、シリアスモードで行きます。



本題に入る前に・・・・・・。

先日、上海蟹のスープをブログに載せたところ、ある常連の読者の方から・・・・『上海蟹を食べたことがないから、スープではなく、茹でた上海蟹はどんなものなのか?』という質問をいただいた・・・。

普段から交流のある読者なので、いいですけど・・・・、うちの本社に電話をしてきて、何事かと思ったら、上海蟹の質問だった。

しかも、今日はシリアスなブログを書こうと思っていたのに・・・・・、上海蟹の質問は、私のビジネスフィールドではなく、できればコメントか、メッセージにしてほしかったです。

まあ、とりあえず・・・・。

2014-11-12-13-40-27

福臨門 上海蟹 オス↑

雄は、身とミソが美味しい・・・・・。

2014-11-12-13-40-48

福臨門 上海蟹 メス↑

雌は、卵が美味しいが、身は、雄の方が全然美味しいw

料金は、コースで、2万〜5万円ぐらいで、時期は、10月の中旬から11月末ぐらいまでです。

上海蟹を食べると、雌は子供に栄養を取られてしまうんっだな〜と・・・、お袋に申し訳なくなる。

そんなわけで・・・・、隠れ近藤教信者さん・・・・・上海蟹の質問は、これくらいでよろしいでしょうか・・・。


さて、本題の、兄嫁と義弟の仁義なき戦い!について書かせていただくことにしましょう。 

どこから話しましょうかね〜・・・・。

まずは、私のマリンスポーツ仲間のAくん(当時42歳)という人が、錦三丁目の有名クラブのM美ちゃん(24歳)との交際が、嫁にバレちゃいまして・・・、嫁は二人の愛の巣に乗り込み激怒・・・、預金の大半を引き出して、かけおち?・・・とは言わないですけど・・・・、要するに、二人で逃亡してしまったのです。 

このAくんというのは、実は養子でして・・・、嫁の親の土地の上に、これまた嫁の親に建物を建ててもらって、弟と二人で、従業員を10人ほど使って飲食店舗をやっていたのですが・・・、浮気がバレて、嫁の襲撃に合い、預金以外、何もかも放り出して逃亡してしまったのです。

そして・・、嫁のところではなく、私のところに電話をかけてきました。

Aくん 『近ちゃん、カクカクシカジカ(省略)で、今、福井にいるんだけど・・・・・・。』

 『マジっ・・・???  なんちゅう無責任な奴だ・・・。 それまそれとして、流石、マリンスポーツ好きのAちゃんだな〜・・・、多分、〇〇旅館だろうw 』

Aくん 『な・・・なんで分かったの???』

 『福井って言ったから・・・、Aちゃん、あっちで水遊びする時は必ず、〇〇旅館に泊まるし、冬に魚を食いに行くのも〇〇旅館だし・・・船を置いてあるマリーナも近いじゃん・・・、福井で、あそこ以外泊まるところ知らんだろうw しかし、無責任だな〜・・・・・。店、どうすんの???』

Aくん 『弟がいるから、大丈夫だ・・・・。 何か連絡したいことがあったら、弟にM美の携帯を教えてあるから、弟に言ってくれ・・・・。 M美の電話番号は、近ちゃんにも教えられない・・・・。』

 『うむ〜・・・・。 この番号、M美の番号じゃないの???』

Aくん 『あっ・・・・。 非通知にするの忘れてた・・・・。 そうだ、この番号だ・・・。  バレてしまったものは仕方がないから、近ちゃんは、この番号に電話をくれてもいいよ。』

 『どこまで、ヌケ作なんだwww  うむ〜・・・、どうせなら、船で大陸渡って、永久に帰ってこなくてもいいよ。』

Aくん 『酷い事言うな〜・・・・・。 俺は、嫁に殺されかけたんだぞ。 マジでヤバかったわ・・・・。』

 『当たり前だろう。 誰でも殺意がわくと思うよw   うむ〜・・・、まあ、1〜2カ月したら冷静に話せるだろうし・・・、そもそも24歳の女だろ・・・、逃亡生活に飽きて疲れて、女にも逃げられて、そのうちAちゃん1人で帰ってきて嫁に土下座して終わるだろう。 因みに逃亡資金は、いくらあるの???』

Aくん 『とりあえず、2000万円と、俺と嫁の、時計、宝石、バッグ・・・売れそうな物を家から持ってきたし、実印、パスポートも持ってきた。  キャッシュカード、クレジットカードも持ってきたし、今日、証券会社に電話をして、新しく作った口座に変更をかけたから、その金も使える。』

 『うむ〜・・・・。 嫁の、宝石や時計やバッグは返したほうがいいぞ。 返せば、数か所刺される程度かもしれんが、返さずに嫁の物に手をかけたら、めった刺しされると思うわwww  それに、さっきから、ずっと、ヒソヒソ声で話しているけど、小声で話さなきゃいけない意味があるの???』

Aくん  『・・・・ない・・・。 それもそうだな〜・・・。 何で、コソコソ話してたんだろう・・・・。 近ちゃん、また連絡するわ・・・・。』

そんなわけで・・・、事の始まりは、こんな感じだったのだが・・・・・・。

その数日後、私は、Aくんの嫁に呼び出された。  

そこには、Aくんの嫁の両親もいまして・・・・嫁さんは泣いていて、お父さんは激怒・・・。

お父さん 『おいっ、近藤さん、あの戯けを、どこに逃がした???』

 『はっ? 逃がすも何も・・・・先日、逃げた先から電話があって、いろいろ聞きましたけど、私が逃がしたわけではありませんけど・・・・。』

お父さん 『不動産屋は、嘘つきだから信用できん。 近藤さんが逃がしたじゃないかと、うちの娘が言ってたぞ。』

 『初対面で会った人に対して、嘘つき呼ばわりですかw  売り言葉を頂きましたので、買い言葉でお返しをさせていただきますが、不動産屋よりも、若い女に亭主を寝取られて錯乱状態になっている娘さんのほうが、嘘を言ったり、思い込みで大袈裟に言ったりする可能性が高いんじゃないですか?』

お父さん 『傷ついて泣いている娘を嘘つき呼ばわりして、お前、喧嘩売ってるのか?』

 『あははw どっちが喧嘩売ってるのか、よ〜く考えてみてください。  糞忙しいのに仕事でもないのに呼びつけれて、来て早々、嘘つき呼ばわりした、あなたが、俺に喧嘩を売ってるんでしょう。 親子揃って、そんなんだから、Aくんは逃げたん違いますかwww』

お父さん 『・・・・・・。 嘘つき呼ばわりをしたことは、悪かったが、あんた、そういう言い方をしたらあかんだろう。 』

 『すみません。 俺と、お父さんが喧嘩する事は何もないわけで・・・・アホ臭いからやめときましょうw、それで・・・・、私を呼び出した理由は、何なのでしょう???』

お父さん 『そうだな〜・・・。 まずは、あいつはどこにいるんだ?』

 『私、嘘はつきたくないので、嘘は言いません。 Aくんの居場所は、知っていますが言えません。 一応、友達なので・・・。 女の素性も知っていますけど言えません。  何で逃げたのかは、娘さんが殺そうとしたので逃げたと言ってました。』

お父さん 『それは、女作って・・・。』

 『分かってますって・・・、俺に怒らんでください。 俺は、聞かれた事に答えているだけですよ。 冷静に話をしましょう。  はいっ、次は、私の質問に答えてください。  Aくんを見つけてどうしたいですか?』

お父さん 『何で、あんたに、質問されなあかんのだ?』

 『あはははw  あのさ〜・・・、言わせてもらうけど、何で俺が、ここに来て、質問されなきゃあかんのですか?  そういう事を言っていても仕方ないでしょう。 冷静に話をしましょうよ。 できないなら、俺、関係ないので帰りますよ。 それでは・・・・。』

お父さん 『よしっ・・・分かった冷静になろう。  Aの居場所を聞いたら、俺と娘が、そこに行って話をする。 娘は、別れると言っている。 それを伝えて、今の家と、店を明け渡してもらう。 それから、家から持ち去った物を返してもらう。 その上で、一発張り倒して、娘への謝罪と慰謝料の請求をする。 以上だ。』

 『まあ、当然でしょうね。 それプラス、預金全部置いていってほしいですよねw ついでに、手足の二三本圧し折ってやりたいでしょう。』

お父さん 『そうだな〜・・・・。 近藤さん、あんた、意外と話が分かる人だな〜。』

 『Aくんがやった事は、無責任極まりない事だと思ってますよ。 彼にも言いました。 でも、居場所も連絡先も言えない、そう言ってるだけです。 Aくんが、何であれ、友達ですから・・・・。 とは言っても、逃亡の手助けはしてませんし、今後もするつもりはありません。』

お父さん 『わかった。 仕方がないから、あいつの弟と話をして、すぐに店を明け渡してもらうことにしよう。  近藤さん、立退きをお願いできんか? 報酬は払う。』

 『あのね。 お父さん・・・、それは、無理ですわ。  土地も建物も、お父さんの持ち物なんですけど、安い背邸になっているとは言っても、賃貸借が存在するんですわ。 賃料を払っている以上、即追い出すわけにはいきませんよ。』

お父さん 『何でだ??? 娘の婿だから、店を建ててやったんだがや、そんなもん、娘を裏切ったんだから出て行かなきゃあかんだろう。』

 『お気持ちは、めっちゃくっちゃ分かります。  店に火を付けてでも追い出したいでしょうね。 でも、夫婦間の事と、賃貸借契約は別なんです。 それはそれ、これはこれなんですよ。 』

お父さん 『戯けた事を言ってたらあかんぞ。 あの店は、娘の婿だから、俺が建ててやったんだがや・・・・。』

 『そうですよ。 だから、お父さんの名義になっているじゃないですか。  Aくんは、それを借りて、賃料を払って商売をしています。 契約書の契約条項に、娘と別れる場合は、即退去って書いてないでしょう? まあ、俺が作った契約書だから覚えていますが・・・、そんな事は書いてありません。 とは言っても、お気持ちは分かりますから、Aくんに連絡して、店を明け渡すように言います。 それでどうでしょう?』

お父さん 『それは、そうしてもらわんと困る。 それより、まずは、出てきて話をしたいと言っておいてくれ。』

 『分かりました。 それは言います。 連絡が取れたら、娘さんのほうに連絡をさせていただきます。』

ここで、娘が口を開いた。

娘(Aくんの嫁) 『あの人は、あの女といっしょにいるんですか?』

 『女と逃げたんですから、いっしょにいますよ。  ここからは、私の個人的な予想ですが、長くは続かないと思います。 今は、愛だの恋だのでラブラブなのと、スリルとアバンチュールを楽しんでいるかもしれませんが、若い女ですから、すぐに飽きますよ。 私は、そう見ていますが・・・。 お父さん、どう思います?』

お父さん 『俺も、そう思う。 でも、後悔した時には遅い。 あいつは何もかも失うんだ。』

 『娘さんのいる前でなんですが・・・、お父さん、浮気の経験は???』

お父さん 『男だから、全くないとは言わないが、家庭を捨てるような事はしていない。』

 『そうですか・・・・。 お父さんは正直な方なので、私もAくんと向き合い、真剣に話をさせていただきます。 それでは・・・。』

そんなわけで・・・・、帰ってから、Aくんに電話をしたのですが・・・、Aくんから返事をもらう前に大変な事が起きたのでした。

その日の夜に、お父さんが、Aくんの店に乗り込んで、無理やり店から叩きだそうとして、Aくんの弟と喧嘩をしてしまったのです。


ということで・・・・・、長くなってしまったので、この続きは、次回にしたいと思います。

本日も、読者の皆さまにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 






toshikazy at 02:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote