愛知 名古屋 津島

2015年01月26日

1907)二世帯住宅の極意

皆さん、こんにちは。

冬は、家の周りの枯れ葉の掃除が大変ですよね〜。

当社の名古屋支店の前の並木の枯葉の掃除が大変です。

そういえば、枯れ葉を掃除するのに、こんな電動工具があるのをご存知ですか?


溝や隅に溜まった枯れ葉やゴミを吹き飛ばす、ブロアーっていうのですが・・・・。


2015-01-25-17-44-14


 『あっ・・・社内で枯れ葉発見・・・。 ブィィィ〜〜〜ン・・・・・。』

支店長 『枯れ葉じゃないですよ〜・・・。 これで毛が抜けたら、労災使えますか?』

 『うん、うん、使ってみたら〜・・・・ブィィィ〜〜〜ン・・・・・。 今度、カラオケに行く時に持って行こうな・・・これ面白いな〜w』

社員 『TMレボリューションですか・・・・。マフラー持参でお願いします。』

 『支店長だけ特別扱いはダメだな・・・。』

男女関係なく、社員たちを追いかけ回して、ブロアーで攻撃してみました・・・・。

多分、明日には、このブロアーを私の目につかないところに隠してしまうのだと思いますが・・・。

こうやって、間接的に、整理整頓を指導する優しい社長・・・・w

と・・・・今日も明るい名古屋支店・・・・・・。



さて・・・今日のブログです。

先日、読者の方から、二世帯住宅について書いてほしいというコメントを頂きました。

今日は、二世帯住宅と三世帯住宅について書かせていただきます。


まずは、皆さん、二世帯住宅のメリットって何でしょう???

ライフスタイルにもよりますが、一般的には、親子で家を一軒ずつ維持するよりも光熱費等の維持費が易くなりますし、場合によっては食費なんかも節約できるので、経済的に楽です。

その他、別々に暮らすのとは違い・・・、親の面倒を見やすい環境になるとか、逆に子供の面倒を見てもらうとか助け合う事ができますし、省エネ、建築コストも安くなります。

デメリットは、何でしょう?

プライバシーの問題と、生活習慣の違いによるストレスです。

特に嫁姑問題が勃発しやすく、それまで何事もなく仲が良かった嫁姑間がギクシャクすることもあります。

経済的には楽になるし、親との距離が近いので何かと便利だし・・・・、でも、親とうまくやっていけるかな〜?

大半の方は、このようなことを考えて、二世帯住宅を建てることを検討するのですが・・・・まあ、当たり前の事は、ネットや本に書いてあるので・・・・・。


ここから、私の実体験の話をしましょう。

私が、不動産業者、不動産コンサルの立場で、いろんなお客様と接してきて思うのは、二世帯を建てる以上、当然の事ながら、親子間、仲が良くないと難しいです。

嫁姑間の関係が良くないからということで、完全に分離された2世帯を作る方もいます。

しかし、どんなタイプの家を建てようが、近くにいることには変わりないので、親子間、嫁姑間が、犬猿の仲であれば、やめておいたほうがいいです。

暮らす=生きるということですから、お金の問題ではなく、人生が最悪になります。

実は、以前、二世帯を建てて、ストレスで若奥様が精神病になってしまった方がいました。

建築の打ち合せ中、嫁姑間の仲が悪いことが分かったので、2世帯を造るのはやめましょうとアドバイスしたのですが、旦那様が半ば強引に話を進め、最終的に、奥様は病気になってしまい離婚されました。

離婚するのも、親権をめぐって泥沼状態で、3年かけて親権をあら争い、子供たち兄弟が別々に暮らすという最悪な事態になりました。

奥様も、かなり我慢していたようなのですが、精神的に限界を超えてしまったのでしょうね〜。

逆に、仲が良い親子だと、めちゃくちゃ効率が良く快適な暮らしをされています。

以前、1800万円の土地を買って頂いたお客様から、建築費、諸費用+税込み3000万円の予算で60坪の二世帯をお願いされまして、間取りの作成から、設計士の紹介、建築業者選定までお手伝いをさせていただいたのですが、そこのご家庭は親子が本当に仲が良くて、左右での完全分離型の二世帯を造ったのですが、不便だからと、1階部分と2階部分の壁を、ぶち抜いて扉を付けたぐらいです。

完全分離の二世帯の意味ないじゃん・・・(笑)

何が言いたいのかというと・・・、二世帯住宅=世帯の親子関係が、最も大切なのです。

親の面倒を見ようとか、子供の面倒を見てもらい共働きしようとか考える前に、まずは、親子関係を第一に考える事です。


さて、次に二世帯住宅の種類についての話をしましょう。

二世帯住宅と一言でいっても、親子間のライフスタイルや関係によって、いろんな形があります。

大きく分けると、複合型(同居型)、分離型、共用型の3つに分かれます。

複合型(同居型)は、基本的に一軒の大きな家で、2世帯で暮らします。

簡単に説明すると、サザエさんの家みたいな感じです。

その中で、キッチンを1つにするが、風呂は別とか、その逆もあったり・・・様々な形がありますが、基本的には、一軒の家で、二世帯で暮らすタイプです。

分離型は、家を2軒くっつけただけみたいな建て方です、玄関もLDKも風呂も、完全に分離していて、隣同士に住んでいるみたいな感じです。

私の経験だと、完全分離と言いながらも、1階部分に1カ所だけ通路を造るプランが多いです。

他に、左右の完全分離型ではなく、1階と2階それぞれに玄関を造る完全分離型もありますが、最近は、1階と2階で階段やエレベーターを設置して行き来できるプランが多いです。

共用型は、LDKや風呂等を共有にしますが、両親たちと、若夫婦の居住空間は別になっています。

最近は、キッチンとダイニングだけ共有で、リビングと風呂や洗面所は別というプランが多いです。

要するに、いっしょにご飯を食べたら、あとは別々って感じです。

1階に共有部分を持って来て、両親が1階、若夫婦が2階というケースが多かったのですが、最近は、逆に1階に若夫婦、2階が両親というプランが多くなりましたが、これは、ホームエレベーターをつける家庭が増えたからだと思います。

その他、左右に分けて、真ん中部分を共用部分にするプランも増えました。

最近は、この3タイプともに、以前よりもパターンが増えたというか・・・それぞれのライフプランの細部まで拘った完全オーダーメイドの二世帯住宅が増えました。


さて、ここからが、素人さんの為の不動産学校を読んで良かったな〜と感じていただけるところだと思うのですが・・・・・。

本当の意味で、満足する二世帯住宅を建てたいのであれば・・・住宅メーカーの展示場に行ってプランを造ってもらうよりも・・・、私に相談してください・・・と言いたいところですが・・・。

中部地区の方ならともかく、このブログは全国区なので、私が全国津々浦々まで、できるのか言われたら・・・正直、できません。

ですから、私だったら、どうするかを書かせていただきます。

私が二世帯を造るとしたら・・・、まずは、両親と、自分たちと、子供たちの将来の未来図を想像し、書き出して、予算と資金計画を立てて整理整頓をします。

整理整頓ができたら、設計士のところへ・・・。。

予算の範囲内で、プランを練って練って練りまくって自分たちに合った完璧なプランを造ります。

そして、設計士にお願いして、建設業者の相見積もりを数社から取り、自分も建設業者を捜して相見積もりを取り・・・、金額だけではなく、建設業者の信頼性も含めて検討して、最終的に建設業者を決めます。

住宅メーカーさんで建てる事が、いけないとは言いません。

しかし、各住宅メーカー、得て不得手がありますし・・・・、構造上、あなたの望むプランができない場合もあります。

それに設計に関しても、自社の工法、自社の建築資材をベースにするメーカーの設計士よりも、幅広く設計をする設計会社の設計士のほうが、本当の意味でのオーダーメイドの建物を造る事ができます。

ただ、一般的に、資金計画や住宅ローンの相談は設計士よりも、不動産業者や住宅メーカーさんの方が得意ですから、借り入れをされる場合は、設計士にお願いする場合には、住宅ローンについて詳しい設計士を選ばないといけません。

そこまで、細部まで拘らないという方は、住宅メーカーさんに行くのが一番楽なので、住宅メーカーさんに相談するといいですし・・・・、土地探しからの方は、不動産業者で土地を探してもらう際に建築相談相談をして、設計士や、住宅メーカーを紹介してもらうと、資金計画麺では楽です。

まあ、住宅メーカーにしても、不動産業者にしても、設計士にしても、いい加減な人もいれば、きちんとした人もいるので、一概には言えないのですが・・・。

でも、やっぱり・・・私だったら・・・、設計士を入れて・・・建設業者から見積もりを取り、自分で選択して・・・融資も自分で銀行に申し込んで・・・後悔しない家を建てるでしょうね〜・・・w

そうは言っても、私の著書にも書きましたが、ライフスタイルは少しずつ変わって行くので、何度建てても100%満足できる家は建たないものなんですけどね(笑)

そんなわけで、今日は二世帯住宅について書かせていただきました。

と・・・ここで終わろうと思ったのですが・・・・これから二世帯住宅を建てようと考えている方に・・・・、クドいですけど・・・もう一度だけ書かせてください。

二世帯=親子関係・・・これが一番重要・・・何よりも大切です。

二世帯住宅というだけではなく、家を建てるということは・・・。

またまた、普段のブログや著書と同じ話になってしまうのですが、家族の幸せが第一なんです!

それでは、本日はここまでとさせていただき、今日のブログを読んでくださった皆さんに、下部の、人気ブログランキングのバナーをクリックして、投票をお願いして失礼いたします。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


そういえば・・・・カンボジア、シアヌークビル、海の家ブログも更新しました。 

必見  カンボジア シアヌーク 海の家物語


海の家ブログもよろしくお願いします。 







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 

toshikazy at 10:43|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月13日

1799) フライボード初体験・・・・(購入と講習)

まずは読者の皆様、昨日は、沢山のブログランキングの投票クリックを頂戴いたしましたことを、心よりお礼申し上げます

お陰様で、ブログ更新後、数時間で1位に返り咲きました



人気ブログランキングへ

このバナーをクリックすると順位を見る事ができます。

1位になってますでしょ・・・・本当にありがとうございました。 


さて、今日のブログです

昨日、K社長と、愛知県のマリンショップの社長と三人で浜名湖に行ってきました。

別に、うなぎパイを買いに行ったわけではありませんが・・・・。

実は・・・・、フライボードの講習に行ってきました。 

道中・・・、駆け出しの頃、浜名湖畔の別荘を取引したことがあったな〜なんてことを思い出しながら・・・・。

最近は、私が、琵琶湖の浜付の、土地か別荘が欲しいんだよな〜なんてことを思いながら・・・・、もう二年以上探しているのに、なかなか良い物件がないなんて話をしながら、浜名湖のマリーナへ行きました。

実は私・・・、本当は、あまり浜名湖は好きではないんですけど・・・・、海水だし・・・、南のエリアは浅瀬が多いし・・・、愛知県西部からだと意外と遠いし・・・・、普段、水のきれいな奥琵琶湖の淡水でマリンスポーツをしていると、海水は好きになれないというのが大きいのですが・・・・。

そんな気持ちで行ったからなのか・・・・雨・・・・。

2014-06-11-13-29-26


雨の中、やらなくてもいいだろう!と思う方もいるかもしれないので説明しますが・・・・・。

 ※実は、このフライボードというものは、購入しても、講習を受けなければ、物を渡してもらえないのです。 

とはいっても、フライボードは、映像で見るだけで、やったことがないので・・・・ワクワク

オッシャ〜  ちょっと肌寒かったので、ウェットスーツを着て、トライしました。

おっと・・・その前に・・・。  

フライボード Kz チャイルド


私と一緒に行った、K社長は、前にフライボードをやったことがあるので、一本目は失敗したものの、2本目で簡単に宙に浮いて、左右に移動・・・・、終盤には、ドルフィンにトライしていました。

ドルフィンは、イルカのようではなく、死にかけたトビウオみたいだったけど・・・・・

さて、いよいよ私の番です。  

うむ〜・・・。  K社長ができて俺にできないわけがない・・・・、でも、K社長、運動神経いいし30代で若いしな〜・・・、いや・・・できる・・・こういう時に大切なのは、気合と根性だ・・・

インストラクターから、説明を聞いて・・・・水に入り・・・・、いよいよ初フライボード! 

うむ〜・・・・、この20代のイケメンインストラクターにできて、45歳の俺にできないはずはない! 

子供みたいな歳の奴に教えられる屈辱から逃れるには、俺が飛ぶ事だ! よしっ、俺は今日。アイアンマンになる! 

1本目・・・・、『どんな感じなんだろう??? お〜〜w スゲー水圧だな〜・・・・、体重95kgで上がるかな〜?   おっ・・・浮いたw』

2014-06-11-17-07-07


デブだけど、運動神経は、悪くないんだよな〜・・・・・、おおおお〜w  あかん・・・、うわぁ〜・・・・・  バランスを崩して、バックドロップ状態で、後ろに墜落 

インストラクター 『おおおぉぉ〜w  感覚いいですね〜次は立てそうです〜。 もう少し、前重心です。 膝や腰が曲がった時点で後ろに倒れますので〜〜〜w』

 『うるせ〜・・・イケメンに言われるとムカツクんだよ〜・・・・。 よしっ、次行くぞ〜・・・・、いいぞ〜・・・・スロットル上げてくれ〜w   おっしゃ〜 ビビったらあかん・・・前重心だ・・・前だ・・・前だぁ〜・・・・・。』

2本目・・・・・・ 『俺は、人生何があっても前に倒れて死んでやる・・・前だぁぁぁ〜〜〜! おおお、上がった・・・飛んだぞ〜w 』

バッシャャャ〜  顔面から水面に落ちて・・・・海水を飲みました・・・・ゲホッ、ゲホッ、オエッ〜〜〜

インストラクター 『前に体重をかけすぎです。 もう少し体の力を抜いて、親指を意識してみてください。 』

 『俺が、意識をするのは、親指じゃね〜・・・。 これよ、これ・・・小指ちゃんね・・・。 おっしゃ〜w 3本目行こうかぁ〜w』

と・・・・、イケメンインストラクターに、とっても下品に、右手の小指を立てながら、GOサインを送り・・・・・3本目・・・・・。 

おおおおおw 上がった〜w バランスが取りにくい・・・スポーツに力は必要ない・・・・・力を抜いて〜・・・・、固くなるな〜・・・、体の力を抜いてバランスを取りながら自然体で、立つ・・・・。

おっ・・・・こんな感じかな〜・・・・、丸太の平均台に乗ってバランスを取るイメージかな〜?

2014-06-11-17-06-46


ヤッタァァァ〜〜〜 

 『おおお〜w アイアンマン気分   あははははw 意外と簡単じゃね〜かぁ〜www 』

インストラクター 『おおおおw もう感覚を掴みましたね〜w  そのまま維持しながら、移動してみましょうか〜。』

 『前後ろはOKだけど・・・、横にボードを傾けるには、重心を・・・・、あれ? あかん・・・下から噴射しているので、ボードを踏んでも、重心が傾けられない・・・・、ということは・・・・。 逆に、反対の足を浮かせばいいってことだよな〜・・・・・。』

2014-06-11-17-06-19


 『おおおおw 動いた動いたwww  とりあえず、左回りで移動してみよう・・・・・・w  よし、次は、右回りに変えてみよう・・・・・あっ、バランスを崩した・・・・、あかん・・・・!』

ドボ〜ン!  またもやバックドロップ状態で水面に叩きつけられた

その後、何本も練習を・・・・・何となくだが、感覚を掴んだというか、フライボードで飛べるようになりました。 

私の後に、愛知県のマリンショップの社長がトライ・・・・、最終的にはできたのですが・・・、ジェットや船、外車販売をしている遊びのプロで・・・、ウェイクボードは勿論、ウェイクサーフィンができるほどの芸達者な人なのに、意外と飛べてなかったです。

これ以上書くと、怒られそうなので、これくらいにして・・・。


そして、飛ぶ講習は終わり、今度は、ジェットで水圧を調整するほうの講習と、安全対策講習を受け・・・・・最後に、ジェットとフライボードの脱着を教えてもらい・・・・・。

フライボード キット


フライボードセットをゲットォォォ〜〜〜

イケメンインストラクターのお兄さん&マリーナの皆さん、ありがとうございました。

ということで・・・・、あとは練習あるのみ

今年の夏は、木曽川と、琵琶湖で、フライボードを楽しみます。

もちろん、例年通り、ジェット、ウェイクもやりますけどね〜w


さて・・・・一夜明けた今日・・・・今朝・・・・。 

目が覚めて・・・・、『うっ・・・。 あれ? 体が動かない・・・・。 イタタタタタタ・・・・・。 足腰は、当然の事・・・、首が・・・・・。 この感覚は・・・、初めてスノボをした時と同じ・・・、首周りの筋肉が痛くて、むち打ちになったような感じで・・・・首が痛い・・・・。 うむ〜・・・、バックドロップで、何度か水面に叩きつけられたから、首が筋肉痛になったんだな〜・・・。』

首が痛くて起きれなかったので、枕元にあるバンテリンを、寝ながら首に塗りまくって・・・・、10分ほどしてから、手で自分の頭を支えながら、腹筋をするように起きたのでした。

二十数年前にスノボを始めた頃にも同じような経験をしたことがあるのですが・・・、でも、スノボの時は、首と足腰だけではなく、尻もちつきすぎて、お尻も痛かったように記憶しております。

でも、まあ・・・、何にしても、久しぶりに、無我夢中で楽しめた感じがします。

不動産業者というのは、取引上の問題、許認可、クレーム、人間関係等、常に問題や不安を抱えているものなので・・・、ここ十数年、何をしていても、どこか頭の片隅に、仕事の事があったのですが・・・・、昨日の、フライボードは、無我夢中で熱中できました。

実は、ブログを書いている今も、首が痛いのですが・・・・、時間があれば、明日もフライボードをしたい感じです

皆さんも、今年の夏、是非、フライボードをやってみてください。

子供のように無我夢中で遊ぶと、本当に楽しいですよ


そんなわけで・・・、本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





toshikazy at 01:24|PermalinkComments(16)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月01日

1794) 幸せな笑顔を永遠に

先日、ジェットの整備が仕上がってきました・・・・・・・・。 

BlogPaint


ということで・・・・、本日は、友人たちとジェットの試運転に行ってきました。 

気温は、30度オーバーで夏なのに、水温は、15度ぐらいかな〜?、めちゃくちゃ冷たかったです。

まあ、5月の奥琵琶湖ですから、これぐらいが普通なんですけど・・・・・、でも、私は、ちょっと試運転をするだけのつもりだったので、ウェットスーツも持っていなかたのですが、やはり、他の皆さんも持ってきていませんでした。

どれぐらい寒かったのかと言うと・・・・・。

2014-05-31-15-07-55


我らが人気者、スーパーヒーロー、最強戦士の花ちゃんも、この水温には流石に勝てなかったようで、冷たぁ〜と固まっていました。


しかし、若者たちは元気 

読者の皆様、この二人の素敵な笑顔を見てください。

イケメン&美女の新婚さんです

BlogPaint


ちょいと名の知れた人なので顔は隠しますけど・・・・・・。

新婚いいな〜・・・・、うらやましいな〜・・・・・、俺も新婚になりてぇ〜〜〜

BlogPaint


そんなわけで・・・・、今年最初のジェットは、琵琶湖で軽〜くやってきました。

一緒に行ったIくん、ジェット買わないかな〜・・・・、仲間が増えると楽しいんだけどな〜・・・・

えっ・・・? Iくんのファンの方々からすると、危険な事はやらせてほしくないって・・・・・・・???

そ・・・そうですね〜・・・・ それなら、安全な、ジェットボートなんかでもいいかな〜と・・・・、とにかく仲間が増えるのは楽しい・・・最近、私の年齢のせいなのか、年々、台数が減っている気がします。

昔は、『水遊びしようよ〜〜〜w』なんて声をかけると、ジェット20台、ボート5〜6台、クルーザーや、パワーボートなんかも集合して・・・なんて感じだったのですが、最近は、ジェット4〜5台、ボート、1〜2台なんて感じになり寂しくなりました。

どの業界もですけど、水遊びも、若い子たちに伝授し、継承してもらわないと・・・・w

最近、若い子が、車や、バイクや、ジェットに興味を示さなくなったというか、無理をしなくなりました。

俺たちの若い頃は、一生懸命働いて、欲しい物を買って・・・・、また頑張って働いて・・・、車は地獄のローン、バクやジェットは、先輩たちのお古を買って・・・・金銭的には苦しかったけど楽しかったな〜w

そんな事を思いながら、ジェットの今年の試運転を楽しんできました。

今年は、もうすぐフライボードも納品される予定です・・・・(今年は、アイアンマンみたいに空を飛ぶwww)

ということで・・・・、皆、イイ笑顔だったな〜・・・・ 今年の夏も楽しくなりそうだ・・・・


私は、人の笑顔が大好きなんですよね〜

まあ、誰もが、人の笑顔が好きだとは思うのですが・・・・・。

本日も、若い新婚さんと話をしていて・・・、夫婦共に素敵な笑顔で・・・・・。

ず〜〜〜っと、夫婦仲良く、この笑顔で幸せに暮らしていってもらいたいですね〜

2014-05-31-14-40-56


その為に何ができるのか・・・、こうやっていっしょに遊んだりすることは勿論ですが、人生の先輩として、不動産のプロとして、間違った方向に行かないように、見守っていきたいと思います。 

今日、奥さんと、いろいろ話をして、すごくしっかりしていたので、ちょっと安心しましたけどね〜w

30代半ばを過ぎた頃から・・・・、小さな子供を見ると、本当に可愛いな〜と思うようになりましたし・・・・、新婚さんにも、本当に幸せになってほしいな〜と思うようになりました。

40代になってからは、知人や、お客様の為に、自分は、どれだけのことができるのだろうなんて事を考えるようになりました。

お節介な、オッサンに進化しつつあります(笑)  

何せ、Iくんが頑張って、奥さんが家を守り良い家庭を築いていってもらいたいですし、この幸せな笑顔を永遠に続くといいな〜なんてことを思いました。


まあ、こういう事を思うようになるということは、既にオッサンに進化しちゃったのかもしれませんけどね・・・・w


そんなわけで、本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック





toshikazy at 11:05|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック