千代田不動産 

2020年07月17日

コンビニ経営とコンビニ賃貸の闇(No2436)

最近になって、やっとコンビニの経営の闇が、YouTubeやネットで暴かれてきましたが・・・、コンビニ経営の闇なんてものは、昔からあることで・・・、それが、コンビニの本体はマスコミ関係に強い影響力を持っているので、誰も暴こうとする人はいなかったのですが・・・、最近は、YouTubeで、ガンガン暴露ってますので・・・、これってとても良いことだと思います。

さて、今日のブログは・・・。

コンビニに不動産を貸している地主さんから相談がありました。

コンビニに貸している不動産の件で相談!という言葉を聞いた瞬間に、またか〜!と思いましたが・・・とりあえず話を聞くことにしました。

IMG_4251


相談の内容は分かっていて・・・賃料を更新の度にどんどん下げられていって・・・近くにコンビニを作るから、解約だという話だと思いましたので・・・、その内容を伝えたところ・・・。

地主さん 『何で相談もしてないのに分かたんだ? 社長、誰から聞いたの???』

『聞かなくたって分かりますよ! みんな、同じような相談ですからね。 みんなやられてるんですよ! 最初だけ良いこと言って、更新する度に賃料交渉して、賃料を下げて・・・、最終的には、もっと良い立地の土地が見つかると、すぐ近くなのに、新しい店舗を出して、今の地主との契約を捨てるんです。 言っておきますけど・・・次の借り手は、なかなか見つかりませんよ!』

地主さん 『いや・・・それは、コンビニ側も不動産会社を紹介してくれるみたいで、新しい借り手を探すから大丈夫だと言ってたけどな〜!』

『じゃあ、俺に用事はないでしょ?  どうせ、そう言われてから時間が経ったけど、まだ見つからないから相談してきたんでしょう?』

地主さん 『・・・・。 そうなんだわ〜。 コンビニ側の不動産業者も、お知り合いの不動産会社があったら、そちらでも探してもらってくださいって言ってたから相談しようと思って・・・。』

『それも、いつものパターンです。 要するに、借り手を見つける自信がないから、そうやって言ってるだけですよ! 』

地主さん 『そうなのか? ・・・。 コンビニの担当は、場所がいいから、すぐに見つかるとか、うちよりも良い条件で見つかるかもしれなないと言ってたけどな。』

 『いやいやいやいやいや・・・。 そんなに良い場所なら、コンビニが手放しませんよ! まあ、最終的には、激安で、飲食系かマッサージ系か、どっかの会社に貸すしかないでしょうね〜。 まあ、解約は、仕方ないですよ! そういう契約になっているので・・・・最初から、コンビニ側は、そのつもりですからね。』

地主さん 『まあ、元々、俺の土地だから、損はしないけど・・・、やり方が汚いな〜。 最初は、いい事ばかり並べ立てて・・・解約の時も、いい事ばかり並べやがって、まだ借り手が見つからん。』

『でも、最近は、一応、不動産会社を紹介したりして、地主さんや、大家さんに、極悪非道の糞企業と言われないように、形だけは作ってきますからね〜。 今は、特に、コロナの影響もあり、そう簡単には、見つからないですからね。 まあ、でも、ご自身でもおっしゃった通り、地主は、そこまで被害はないじゃないですか・・・。実は、コンビニは、フランチャイズのオーナーが一番被害者なんですよ!』

地主さん 『そうなのか・・・。 あんだけ、24時間やってたら儲かるだろう?』

『いえいえ! 儲かる儲からないかで言うと・・・、ほとんどのコンビニは、サラリーマンと比べると、多少は良いかもしれませんが、経営者としては、所得が低いのです。 そのくせ、契約書で縛られて、いろんな拘束をされて、私の知る限り、コンビニ経営者の大半は、やらなきゃ良かったと思っているんじゃないかな〜。』

そこから、私の話は始まったのだが・・・、長くなるので・・・まとめるが・・・。

IMG_8340


仕事柄、複数のコンビニ経営者を知っているが・・・その人たちの話をまとめてみた。

・家族ぐるみで、バイトを入れながら24時間体制で仕事をするので、家族関係が悪くなったという経営者が多い!
・店を絶対に閉められないので、人の配置をうまくやらないと、冠婚葬祭、知人友人との付き合いができない、病院にもなかなか行けない。 コンビニによっては、契約時に、本部から代わりの人を越させると言っているが、却下されることが多く、なかなか来ない!
・私の知人は、奥様が過労死して、その後、人の手配ができずに、経営者が24時間以上働くこともあったらしい。
・バイトが出てくれる時間に合わせるので、バイトがいない時間に経営者が店に入ることが多く・・・バイトが急に休むようなことに備えて、遠出はできない!
・品切れにならないように、本部から、商品をガンガン買わされるので、バイトを使って、自分の労働時間を減らしていたら赤字になってしまった。
・コンビニ経営者ではなく、自分がコンビニでバイトしたいと言っていた経営者もいた。
・とにかく本部が強くて、奴隷として働かされているようだと言っていた経営書もいた。

悪いことばかり書くといけないので・・・コンビニ経営をして、めちゃくちゃ儲かったとか、やってよかったとか・・・そういう意見も書かせていただきたいですが・・・、残念ながら、私の知り合いでは、そういう人はいない!

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


旅行仲間にも、車仲間にも、飲み仲間にも、船の仲間にも、コンビニオーナーは、いない!

まあ、知り合いで、普通にコンビニ経営をして、まあまあかな〜と言いながら、一般的なサラリーマンより、ちょっとだけ良い生活をしている人は、2人ほどいるが・・・、経営者同士の遊びや飲み会に出て来れる感じではなく、常にコンビニ経営に追われ縛られている感じです。
これは、価値観なので、この2人に関しては、別に何も言うことはないが・・・!

夫婦と子供たちとバイトで、コンビニを上手に経営して、忙しいのや、家族の生活リズムがバラバラでも、それが幸せだと感じているならそれでいいと思う。

でも・・・、私の知っている限り、コンビニ経営をやめた人や、もう嫌で仕方ないのに無理して続けている人たちの方が多いのは確かです。

これは、全国統計ではないので・・・、私の知り合いの中での、コンビニ経営者たちの話なので・・・、誤解があるといけないですが・・・、もしかすると、私の知り合いの悪いパターンというのが、稀なのかもしれないが・・・聞こえてくるのは、そんな話ばかりです。


死にたいとか、生まれ変わったらコンビニ経営だけは絶対にやらない!と言っていった人もいました。

その人は、もう、やめてしまいましたが・・・やめるまでは、色々あって大変でした。

まあ、そんなこんなで、マスコミに、コンビニ経営者の実態を取り上げてもらったらどうだ?と思う人もいるかもしれませんが・・・、コンビニは、TVのスポンサーもやっているし、コンビニで新聞を売っているので、悪く書くわけがないじゃないですか・・・。

そんなこんなの話を、地主さんにしたわけですが・・・・。

地主さん 『・・・。うまくいってるうちはいいけど・・・、流行らなかったり、人繰りがうまくいかんかったら、地獄だな・・・。  社長の話を聞いていいたら、解約されたぐらい、どうってことない気がしてきたわ・・・。 』

『いやいやw 俺の知り合いで、経営上は成功しているけど、それでも地獄だと言ってますけどね・・・・、まあ、その人の場合は、子供も大きくなったし、コンビニ経営に慣れたってのもあるけど・・・子育てしながらの時代よりは楽になったので続けるが、10年若かったら辞めたいと言ってましたよ! 』

地主さん 『そうか〜・・・・。  俺も騙された感じがするけど、人生賭けてやってるわけじゃないから、それよりは、マシだと思うことにするわ・・・。 でもな、最初は、コンビニ側から、話を持ちかけてきて、断っているのに、何度も何度も説得しにきて、良いことばかり並べ立てて・・・、賃料下げまくって、汚い建物押し付けて終わり! まあ、田んぼに戻してもらったほうが、あれこれ心配しなくて済むから、スッキリするわ・・・毎日、こんな嫌な気分で過ごすのは嫌だわな〜。』

『それが、田んぼに戻す原状回復なんてものは、契約書に記載しませんからね。 建物をリースバックにしている、もしくは、良くても解体更地返しです・・・。 コンビニが出た後も、すぐに借り手が見つかればいいですけど、田舎の方は借り手が少なくて、賃料をボコボコに叩かれて、他に貸すというケースが多いです。 おまけに、駐車場も宅地並み課税なので、固定資産税で、かなり収入が減ります。』

地主さん 『そうなんだわ!  全部、経費は、コンビニ側の試算表で計算しているから、それが、値下げされて崩れ、解約されて更に崩れ・・・、先行きが不安になる。 毎日、@月から賃料が入ってこなくなることや、次の借り手が見つかるといいな〜と考えるから、不安でたまらん。 借り手が見つからなかったら、固定資産税分、赤字になるからな。』

『まあ、しばらく不安でしょうけど、そのままコンビニの関係の不動産屋に任せましょう。 正式に退去してから、担当者と不動産屋に、朝昼晩、電話してあげてください。 感情的に怒りの電話をすると、こっちも精神的にくるので、心に余裕を持って、あてにはしていないけど、なんとかしてください!アピールを続けながら追い込みつつ・・・私の方で、借り手を探しますよw』

地主さん 『社長・・・絶対に借り手見つけられると断言できるの?』

『わかりません・・。 でも、俺の場合は、どうやっても借り手が見つからなければ・・・、最悪最終は、固定資産税の2倍の額であれば、借りますよ! 俺が、何かに使います。そしたら、儲かりはしないけど、損はしないでしょう?』

地主さん 『おおおお〜w それなら安心だw でも、もう少し良い値段で借りてくれよ! あとは・・・、キャバクラとか、宗教とかには、又貸ししないでくれよ! 』

『あはははははw そこは、心配しなくても大丈夫ですw 又貸しする際は、相談させていただきますので・・・。』

IMG_1643


そんなわけで・・・地主さんとの話は終わりましたが・・・。

まあ、コンビニさんも、競争社会の中で激戦状態で店舗を増やしていっているので必死なんだと思いますが・・・、場所を貸してくれる地主や、フランチャイズ経営をしてくれる人たちのことを、もう少し考えないと・・・、今は、マスコミの口は防げても、YouTuberの口は防げませんので・・・。

私も、今回は、これくらいしか書きませんが・・・。

弊社や、弊社の管理しているビルのオーナーさんたちも、コンビニさんには、相当煮え湯を飲まされているので・・・状況次第では、契約時から待機までの内容と流れを時系列にして公開することも可能ですので・・・、コンビニ賃貸の闇!的なものを出しちゃうかもしれません。

契約書上は、裁判になればコンビニ側が勝てる事は間違いないですが・・・、コンビニ側が、やっている事と、現在のオーナーたちの状況からして、世間が、どちらに味方するか・・・最近は、そこも重要ですからね。

最近、コンビニ経営の闇というのをYouTubeで、ちょいちょい見かけますが・・・、実は、それだけじゃなく、コンビニ賃貸の闇みたいなものもありますので・・・・。

なんにしても・・。

コンビニの地主は、最初からコンビニ有利に仕組まれた契約で、売上が落ちたという理由で、ガンガン賃料を下げられて、断ったら退去すると脅されて・・・、コンビニのフランチャイズ経営者は、最初からコンビニ本部有利に仕組まれた契約で、ガンガンやれれまくって・・・。

そのガンガン地主やフランチャイズ経営者を締め上げているコンビニの社員たちを動かしているのは、コンビニの本部・・・。

昨今、過酷な労働を強いられているコンビニオーナーの実態に注目が集まり、24時間営業の見直しなどが議論されるようになったが、24時間営業問題だけにとどまらず・・・これまで、コンビニの賃貸事情も含めて、コンビニ本部の社員や企業としてのコンプライアンスの実態はあまり注目されてきませんでしたが、今後は様々な問題が表に出てくると思います。

そんなわけで・・・本日は、コンビニ経営とコンビニ賃貸の闇について書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 16:00|PermalinkComments(12) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月09日

大雨対策!と、クレーマー続編(No. 2434)

この度の九州を中心に大雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

まだ今も、大雨が続き、引き続き警戒をしなくてはいけない地域もございますし、多くの方々が不安な時をお過ごしのことと思います。

一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


避難所などの衛生対策と感染防止のために、被災されている避難所等に救援物資としてダイヤニウムをお送りさせていただこうと考えております。
どの避難所に、どれだけ送るかについては、早急に決めさせていただきます。


それでは、本日のブログです。

今回の大雨は、九州ほどではないですが、中部地区でも、かなり降りました。

川が増水していて橋を渡る時は、恐怖を感じます。

弊社の宅地分譲の現場も、高低差があるところが数カ所ありまして・・・梅雨対策をしておりましたが・・・

梅雨前は、過剰かな〜と思っていましたが、万が一に備えて水の逃げ場を確保してため池を作っておいて正解でした。


IMG_2484


こんだけ薄い対策をしたのに、満タン・・・・!

豪雨の時は、ポンプ2台でギリギリセーフだったそうです。

もしも、雨水対策をしていなかったら、泥水が道路に溢れ出て、道路を汚して、近隣の皆様にご迷惑をおかけするところでした。

と・・・偉そうに言ってますが・・・これは、私ではなく、弊社の開発事業部と土木事業部の社員たちと現場の職人さんたちのおかげです。

梅雨入りした頃に・・・開発事業部の社員が・・・。

社員 『社長、ちょっといいですか?』

『いいけど・・・LINEの返信と、インスタやりながらでもいい?』

社員 『はい!  実は、梅雨に入りまして・・・、 高低差がある現場が多いので、薄い対策をしたいのですが・・・、予算をいただきたいと思いまして・・・。』

『薄い対策って・・・、事前協議や開発絡みで、そんな話になってたっけ???』

社員 『いいえ! 開発、宅造、砂防の関係は完璧ですけど、それ以外に・・・、万が一、大雨が降ったら、上から水が流れてくるので、水が現場を通り、道路を汚すことになりそうな感じなんです・・・。 事前に穴を掘っておいて、大雨が降った場合に、そこに水が溜まるようにして、ポンプで排出するようにしたいのですが・・・。』

『なるほど・・・。 それって、やらなきゃいけない!わけじゃなくて、やったほうがいいということだよな〜・・・。 う〜ん・・・。 いくらかかるの? 予算というか・・・見積もりは・・・? 』

社員 『はい! こちらです。 見積もりと一緒に、今回のプロジェクトの試算表もお持ちしました。 けっこう、厳しいですけど・・・。それから、写真も見てください。』

IMG_2488


『う〜〜〜ん! また、お前も、最上部から下を写して・・・いかにも、水対策しないといけないよ! というイメージの写真を出しやがるな〜w 』

社員 『いえ・・・。 そういう意図は、ありません・・・・。 これが事実ですから・・・。ここに、ゲリラ豪雨とか・・・大雨が降ったら・・・・、下の道路に、泥混じりの雨水が流れますよね。』

『ん〜・・・。まあ、宅造法上大丈夫だから、少々の雨なら問題はないが・・・。 う〜ん・・・やりたいけど・・、あの現場、クレーマー対策で、すでに予備費ないじゃん。 厳しいな〜・・・。 コロナの影響で、おそらく広告宣伝費も足りなくなると思うんだよな〜・・・。 う〜ん・・・万が一に、備えて・・・だろ???  却下! そんなに雨降るかな〜?』

社員 『はい・・・・振ります。 社長・・・雨男なので・・・。 何か、イベントとか、旅行とか、必ず雨降るじゃないですか・・・。 晴れていても、社長が来ると雨が降り、社長が帰ると雨が止む見ますので、うちの現場は、雨には要注意なんですよ・・・・。』

『う〜ん・・・。 確かに、雨男と言われると否定できないな・・・。 よし、梅雨の雨対策として、やっておこう・・・。  でも、一言だけ言わせてもらうけど・・・、水も滴るいい男って言葉知ってるか???』

社員 『はい!  社長の事ですよね〜w』

『あはははw 違う違うw まあ、なんでもいいから、早く雨対策しろwww』

という事で・・・・雨対策をすることになったわけですが・・・。

今となっては・・・雨水対策、やっておいて、よかったぁぁぁ〜〜〜〜w

と、いうことになったわけです。

ここ数日、すごい量の雨でしたので・・・水中ポンプ2台フル稼働でギリギリの時もあったようで、道路に雨水による泥水が流れ込むことはありませんでしたので本当によかったです。

そんな中、噂のクレーマーさんは・・・・・。

IMG_2487


現場の職人さん  『また警察が来てる・・・!

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


相変わらず、役所や、警察に電話をしまくっているようで・・・、警察も迷惑をしているのか、申し訳なさそうに、弊社の現場の人と話をして帰って行くことが多いようです。

本当に、おまわりさんにも、申し訳なくて・・・。

雨でも、暑くても、来てくださるようで、本当に頭が下がりますし・・・、弊社が電話しているわけではないですが、本当に申し訳ないです。(差し入れでジュースの一本でも渡したいぐらいです。)

話によると・・・以前、クレーマーさんにプレゼントした、クレーマーさんの名前入りヘルメットも、名前を剥がして、返却してきたそうです。

やはり、弊社は、数百万円分の土地を無駄にしてでも、今よりも、もっと後退して擁壁を設置するか・・・、隣に住宅街を造るための、ショバ代か、みかじめ料として、数百万円分のと土地を無償で差し出した方がよかったのかな〜?

まあ、弊社としては、最新の注意をはらいながら工事をして、できる限り近隣対策をしているので、いつかは、わかってくれるのではないかと思っていますが・・・そろそろ私の出番かと思いまして・・・。

『そろそろ俺の出番だよな・・・。』

社員 『いえいえいえ・・・。 最近、お隣様も、人を変えてネタを変えてやって来るので、もう少し待ってください!』

『ネタは、わかったけど・・・、人は、誰に変わったの?』

社員 『最近は、娘さんにタッチしたみたいで・・・、本人は、ヘルメットを返しに来たので・・・・、選手交代だと思います。』

『う〜ん・・・。 クレーマーは兜を脱いで返却したのではなく・・・、兜を脱いで娘に世代交代したんだな・・・。 じゃあ、娘専用のペルメットをプレゼントしてあげよう。 娘だから、ピンクのやつな・・・・。』

社員 『あはははは・・・。 わかりました。 弊社は、引き続き誠心誠意の近隣対策をしながら・・・ピンクのヘルメットをプレゼントします。 でも、娘さんの名前は知らないので、名前入利じゃなくてもいいですか?  クスクスwww』

『まあ、仕方がないな・・・。 プリキュアでも、貼っといてあげてくだい・・・・。あと、お前も役職者なんだから、向こうも此方も真剣なんだから、真面目にやれ! クレーマーさんに対して失礼だぞ・・・笑うな!』

社員 『はい・・・。 す・すみません・・・。早速、手配します。』

そんなわけで・・・例の現場の、例のクレーマーさんとの関係は、まだ続いているようです。

圧迫感が出るから外壁後退をしろと言われれば、損をしてでも30センチ下がり・・・音がうるさいと言われれば、ブレーカーの消音器シートに、さらに布を巻いたり・・・。

前にも写真を貼りましたが・・・重機、ダンプの振動でクレームが来れば・・・。

FullSizeRender


こんなに鉄板を敷きまくったり・・・、埃でクレームが来れば、すぐに水打ちをして・・・。

現場の動画を撮りまくられていたので、危ないからと、ヘルメットをプレゼントして・・・。

今回、梅雨になれば、雨対策で、雨水溜めの穴をほって・・・・。

その堀穴が雨で広がったり、土が流れないように、雨用の堀穴の養生もしました。


IMG_2484


よく見ていただくと分かりますが・・・雨が降り出してからは、万が一、穴の周りが崩れて来ないように、矢板を打ち込み、その周りの土が水分を含まないように、ビニールシートがかけてあります。

弊社の土木事業部も、事故がないように、極力、近隣に迷惑をかけないように、必死です。

私が、自社の開発事業部、土木事業部、監督や職人さんを、公に褒めるのは、外から見ると、変というか・・・当たり前しているだけだろうと思うかもしれませんが・・・・。

気付かないところを、先に気づいてくれて先回りして・・・近隣にご迷惑をかけないようにしてくれて、本当にありがたいというか・・・感謝しています。

私が、20年前から、ずっと言って来た、お客様第一主義が、営業部だけではなく・・・、開発事業部や、土木事業部にも行き渡っているんだな〜と感じました。

まあ、それでも、クレームを言ってくる人もいるので・・・まだまだ気配りが足りてないのかもしれませんが・・・!

クレーマーさんは、お客様ではないですが・・・、お客様第一主義の根本にある相手の立場を考えるということを忘れずに、会社の各事業部の質の向上を目指したいと思います。

そんなわけで・・・本日は、大雨対策!と、クレーマー続編というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 12:58|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月06日

コロナ後の不動産業の変化(No.2433)

以前のブログにも書いたが、分譲住宅の販売で、分譲見学12組、抗菌抗ウイルス施工90組という、意味のわからない結果に終わったわけだが・・・・。

弊社は、不動産会社なのに・・・、アフターコロナの抗菌、抗ウイルス施工の件でバタバタしている。

要するに、不動産の動きは、まだまだなのに・・・、コロナの影響で、抗菌、抗ウイルスや、コロナ対策仕様のリフォームの問い合わせが異常に多いのだ!


もちろん、これは、弊社が、環境浄化触媒ダイヤニウムと深い関係にあるからなのだと思うのだが・・・、

不動産業の社員たちが、やたら、コロナウイルス対策の仕事を取ってくるわりに・・・、分譲住宅、宅地分譲、仲介など・・・、不動産業者としての通常業務は、徐々に戻りつつあるものの、まだまだ、コロナ前に戻ったとは、間違っても言えない状況です!

正直、私は、そこに、なんとも言えない不安を感じています。

IMG_0236


そして、東京で、現在、またコロナの感染者が増えていってるということで・・・、また、ダイヤニウムA80と、A 70という、殺菌、抗菌抗ウイルスのスプレーの売れ行きが上がってきた。

現在、ダイヤニウムは、大手の、住宅建材、家電、家具などのメーカーや、公共交通機関、公共施設、その他、多くの業種からの、問い合わせや相談を受けており・・・・。

千代田不動産の方は、これまでお付き合いがあったゼネコンからコンクリートの表面を抗菌抗ウイルスガラスコーティング加工の話や、住宅メーカーから、建物内部外部の、抗菌抗ウイルスの相談があり・・・、社員から上がってくる報告書は、アフターコロナ対策の話が多い!

不動産業も、建設業も、コロナ前と後では、全く感覚が変わっている!

そんなわけで・・・千代田不動産に問い合わせがきても、結局は、ダイヤニウムの社員と一緒に商談をすることになるというパターンが多く・・・最近の日報を見ていると、不動産屋じゃなくてリフォーム屋になったんじゃないかと思うくらいです。

IMG_5005


突然ですが・・・暴露・・・w

まあ、でも・・・実は・・・・面白いことがありまして・・・・。

大手企業と、一般の人たちの抗菌抗ウイルスの考え方は、きちんとした効果を求めているのに対して・・・、大手、中小の住宅メーカーは・・・・・。

きちんとしたコロナ対策をしたいと考えている会社と・・・、とりあえず、抗菌抗ウイルス施工をすることが大事で、中身はなんでもいいと考えているところとあり・・・、この数は、半々ぐらいに別れるのです。

A社は、抗菌抗ウイルス精度を最重要視・・・B社は価格重視・・・、他の業界は、抗菌抗ウイルス精度を最重要視の企業が多いのですが、住宅業界だけは、精度より価格という企業がめちゃくちゃ多いのです。

これって、先々、インチキ抗菌抗ウイルス施工というのが剥がされた時に・・・企業として、どれだけ痛手を受けるのか、想像はつくと思うのですが・・・・不動産、建設業界には・・・、とにかく、コスト重視で・・・コロナ前と、コロナ後で、事業に対する感覚が変わっていないバカ企業が半分あるということです。

建設、不動産業界は、こういうインチキ屋思想の企業が多いのか不思議です。

まあ、アバウトなんでしょうね〜・・・w

だから、耐震で剥がされたり、地面師集団にやられちゃったりするんでしょうね!笑笑

そういう意味では、先々、抗菌抗ウイルスに関しても、不動産建設業界で大きな問題が起きてニュースになるような気がします。

FullSizeRender



さて、ここで・・・最前線不動産業者が解説する、コロナ後の不動産の動きですが・・・。

それでは、具体的に説明していきましょう。

不動産業全体でみると、動きは悪いですが・・・・・・。

ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


不動産取引は、住宅系は、ぼちぼち動き出した感じはありますが、商工業系は、まだ動いていません。

守山区の分譲住宅は、現在、宣伝広告を続けながら、商談中ですが・・・、今月、津島市の宅地分譲の新規販売、8月に名古屋市瑞穂区で中型宅地分譲の販売、9月に弥富市で中型宅地分譲の販売、12月に東海市の大型宅地分譲の販売があります。

土地の場合は、抗菌抗ウイルスは関係ないので、このあたりの来場者数で、今後の流れは掴めると思いますが、今の感じだと、コロナが完全に収束しないと、動きは悪いでしょうし・・・、コロナが収束した後も、コロナ前のような状況には、なかなか戻りにくいと予測しています。

住宅メーカー、分譲業者などのデベロッパーも、買い控えていて・・・小型中型のものは、手を出しますが、大型については、かなり安くないと手を出さないような感じです。

商業店舗や工場は、土地だけ購入して、建設を延期するという企業が、弊社統計では半数ぐらいです。

新築の商業ビル、収益物件等も、新築工事を延期したり・・・そんな話もちらほらあります。

売却案件に関しては・・・、売却したいという人はいますが・・・、売り側は、価格をコロナ前の感覚で考えているのに、買い側は、コロナ後の相場観で考えて安ければ検討するという感じで、なかなか成約に至りません!
住宅系はともかく、商業地は、今だにコロナ前の価格で売り逃げようと考えている人が多く・・・買い側は、その価格を見て呆れながら、見送るか、無茶な指値をするという傾向にあります。

IMG_4683


以上のことから・・・

不動産市場がが本格的に動き出した際には・・・、商業地は大きく値を下げて、住宅地も多少下がるのではないかと予想しています。

そうは言いながらも、どこかでインフレになって行くと思いますので・・・、そのタイミングで、需要の高い土地は、下げ止まり・・・・値上がりするのでしょうけど・・・、それが、不動産の値上がりなのか、お金の価値が落ちてのことなのかは・・・、今後の政策と日本経済次第という感じだと思います。

前にも書きましたが・・・・、日本政府は、国債の返済をどうするんでしょうね〜?

まだ先の話ですが・・・、オリンピックが中止になったら返せない気がします。

そうなった場合、お金を刷って返すのか???

ハイパーインフレまでは、ないと思いますが・・・、それなりの覚悟はしておかなくてはいけませんね。

農地を持っている者が強い!なんて時代がきますかね〜???

そこまでは、読みきれませんが・・・時代は大きく変わることは間違いないでしょう。


そんなわけで・・・、本日は、コロナ後の不動産業の変化というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 14:43|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック