千代田不動産 

2020年05月30日

3密の都会からコロナ移住 宮古島 ( No. 2423)

久しぶりに宮古島の話題を書かせていただきますが・・・。

最近、3密の都会(東京、大阪、名古屋)から、田舎に移住を考えている人が多く、ちょくちょく移住のご相談をいただくようになりました。

私のところに相談があると言えば・・・宮古島


IMG_9053


宮古島に移住したいという相談者の話を聞いてみると・・・

,匹海帽圓辰討眇諭⊃諭⊃諭ΑΑΤ垢皀轡腑奪團鵐哀癲璽襪眥牟个癲ΑΑ人、人、人・・・会社を辞めて田舎で暮らしたい!

会社を解雇された、就職の内定を取り消されたから、田舎で仕事を探して移住したい!

今の仕事は、都会に住んでなくてもリモートワークできるから海と星が綺麗な宮古島に住みたい!

い發自粛に疲れたから都会から逃げたい! 2度と都会の自粛生活をしたくない!


都会脱出の相談は、もう少し違う話もありまして・・・、私が、農業をやっていることをブログに書いているので・・・農業をやりたいという相談者も、ちらほらいまして・・・。

IMG_0704


都会から離れて田舎に移住して農業をやりたいという人は、年配の人も多いのですが・・・、以外と、若い子からの相談もありまして・・・。

担い手が不足している農業分野に興味を持ってくれるのは、とても嬉しいです。

農業に興味がある人たちには、甘いものではないから、一度、何日か手伝いにきますか?的な対応をしていますが・・・、農業自体は、楽しいようですが、野菜の単価や、給料面を知ると・・・都会の人は、ドン引きすることパターンが多いです。

農業は、作ることも大事ですが、それ以上に、良い売り先を見つけて農業経営を安定させることが大事なのですが、現実問題、なかなか難しいので、どうしても低賃金で重労働をすることになり・・・農業をやりたいという人も、都会の会社で働いていた方が効率が良いという結論に達するようです。

そんなわけで・・・、私のところに来る、三密都会脱出の相談は、宮古島移住と、愛知県西部への移住の2種類となるわけですが・・・。

現在、農業に関しては、体験をしていただくようにしていますが・・・、宮古島については、6月後半〜7月半ばぐらいまでの間に、ツアー的な感じで、都会の皆さんと宮古に行こうと考えています。

もうすでに、不動産を買う気満々の人もいますが・・・、まずは、半年か1年ぐらい住んでみてから、不動産を購入することをオススメしています。

IMG_9128


コロナの影響で、今年から入居者募集を始めた宮古島のアパートも、まだ埋まっていないので、とりあえず、アパートに住んでいただき宮古島の生活を体験していただき、それから不動産を購入していただく流れで考えています。

正直、宮古島の建築単価って、相変わらず、むちゃくちゃ高いですからね〜。

クロス貼りは、東京の約2倍・・・、石膏ボードは東京の約3倍・・・、生コンは、東京の約2倍・・・、上下水道の工事単価は、東京の1、5倍・・・、全ての職人単価は、仕事のスピードと質を考慮すると、何倍高いのか分からないぐらい高い!

小さな家を建てても、坪100万円以上はかかると思っていた方がいいでしょうね〜・・・100平米の家でも3000万円ぐらいはみておかなくてはいけません。

それは、それで、宮古島の特性上の理由があるので、ある程度高いのは、仕方がないことだと思っていますが・・・まあ、高すぎますけどね。

宮古島に移住したい人は・・・まずは、しばらく泊まってみるとか、賃貸で住んでみるとかして、いろんなことを分かった上で、家を買ったり、建てたりしないと、多分、本州の感覚だと、納得いかないことが多々ありますからね!笑笑

まあ、でも、あの海の美しさと、星の綺麗さ、宮古の人たちの暖かさは、お金に代えられないものでもありますけどねw

IMG_9043


永住するには、とても良い場所だと思います。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


実は、私も・・・自分の家を購入したぐらい、宮古島が大好きですからねw


コロナで自粛している間に、私の宮古の家は完成しておりまして・・・・でも、見に行けない状況でした・・・、来月か再来月には、宮古入りして、自分の家に泊まりたいと考えています。


宮古島、こんちゃんハウス完成!

IMG_1550


まだ、外構、看板、モニュメントは、まだですが・・・・一応完成です。

詳しくは、またブログできっちり書かせていただきますが、とりあえず、今日のところは、完成のお知らせだけ・・・・

外装は、中古なので、そこまできれいにはなりませんでしたが・・・、内装は、そんじょそこらの高級リゾートヴィラに負けないくらいの仕様にしましましたw

IMG_1639


広めの2ベッドルームと、リビング、風呂、トイレ・・・ビーチが近いので、家の外にシャワーブースもあります。

自分が老後に住むことを想定して作りました。

1つ目のベッドルームは自分用、2つ目のベッドルームは、ゲスト用で・・・各ベッドルームには、風呂とトイレがあります。

FullSizeRender


ゲストの人たちが、気兼ねなく使っていただけるような間取りにしてあります。

そして・・・重大発表があります・・・。

私も、今の時点では、年間5〜6回しか行かないので、しばらくの間は、ヴィラとして貸そうと考えています。

現在、旅館業の許可を申請しています。

それから、この、セントリゾートヴィラ(こんちゃんハウス)とは別に、小型の民泊施設8件セントリゾートStayをオープンいたします。

こちらも現在、民泊の許可申請中です。

まだ、宿泊費等は決まっておりませんので、決まり次第、ブログでお知らせをします。

そんなわけで・・・コロナが収束したら、賃貸物件、リゾート、分譲住宅以外にも、いろんな宮古島プロジェクトを再開したいと考えております。

FullSizeRender


冒頭の話に戻りますが、3密の都会からコロナ移住 宮古島を応援していくということで・・・・、泊まれる・・・借りることができる・・・買うことができる・・・建てることができるということで・・・多くの皆様に宮古島を体験、体感していただけるように着々と準備を進めています。

とりあえずは、泊まれる、借りれる、買えるまでを、年内にきちんと仕上げたいと考えています。

私の老後までには、宮古島で、しっかりとした基盤を作っておきたいと思います。

その意味は・・・、結局、私は、隠居しても、なんらか仕事はしていたいと思うので・・・、今の内から、宮古島でいろんな事業を展開して、大勢の人たちとの人間関係も構築しておきたいです。

いずれは、こちらに置いてある船や使っていない車も、そっちも持って行きたいです。

そして、多くの方に、宮古島に移住してきてもらい、楽しい老後にしたいな〜なんてことを思っています。

そんなわけで・・・本日は、3密の都会からコロナ移住 宮古島というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 21:01|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月27日

新しい時代の住宅を考える!(No.2422)

新型コロナウィルス収束後・・・住宅、ビルなど、建設に対する考え方が大きく変わりそうですね。

BlogPaint


在宅ワーク、オンライン事業、家族で食事をして、オンライン宅飲み、動画宅トレなど・・・、少しは、そういう層が増えるかもしれませんが;・・、実際は、外に出たくて仕方ないのに我慢している人の方が多いので、人々ライフスタイルが激変するかというと・・・、そんなに変わらない気がします。

しかし、新型コロナウィルス第二波や別のウィルスに対しての恐怖は覚えたわけですので、衛生環境面での、家や職場、レジャー施設や、公共の建物などの、建設は大きく変わってくるのではないかと思います。

建物の窓の位置と大きさ、換気扇、換気システム

当然に窓は、換気がしやすいように増やす必要がありますし、換気扇も大きくして、各部屋に取り付ける人も増えるでしょうし、最近流行りの、換気システムなどは、もう標準設備になっていくと思います。

細菌、ウィルス対策の間取り!

家の玄関に下駄箱だけではなく、コートクロークを配置したり・・・玄関近くに、洗面所や洗濯機置き場を配置したり・・・、風通しを考慮した間取りにするでしょう。

家の玄関に宅配ボックスをつけたり、外に手洗い場をつけたり、庭やウッドデッキ等で食事ができるような家も増えるように思います。

建物内部の抗菌、抗ウィルス対策!

建物内部で、手で触れる部分の抗菌高ウィルス化は、標準仕様になるでしょうし、玄関や、壁、床も抗菌抗ウィルス加工をする住宅、オフィスが増えるでしょうね。

特に、この分野は、ダイヤニウムの様子を見ていると分かりますが、建設系の業者や、不動産業者からの問い合わせが日に日に増えていまして、代理店、特販店の数も急増しているので、確実に増えます。

FullSizeRender


話は少し変わりますが・・・、今週あたりから・・・急に世の中が動き出しましたね。

今は、中小企業がフル稼働しだした感じですが、来週ぐらいらから大企業も動き出す感じですね。


新型コロナウィルスも、一旦収束しそうな雰囲気ですね。

なんと申しますか・・・、コロナウィルスの被害だけではなく、自粛によって、経済も大打撃・・・、

完全収束を前にコメントをするのは少し早いかもしれませんが・・・、新型コロナウィルスでお亡くなりになられた人たちに、ご冥福を申し上げるとともに、新型コロナウィルスによって、大切なご家族や友人を失くされた人たちや、その他にも様々な被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
そして、自粛要請で不便な思いをされた皆様も本当に大変でしたね・・・お疲れ様でした。

私の周りは、亡くなられた人はいませんが、経営面で被害を受けた知人が多く、倒産、破産をされた人もいまして・・・今回の政府の対応は正しかったのか?間違っていたのか?、未だに分かりませんが・・・。

今後、大切なことは、一旦 新型コロナが収束したからといって安心しているのではなく、次に、新型のウィルスが流行った際には、経済を止めなくてもいいぐらいの、ライフスタイルを充実させ、備えあれば憂いなし!にしておかなくていけません。

IMG_1146


弊社、千代田不動産、建設事業部では、環境浄化触媒ダイヤニウムと共同研究を始めました。

抗菌、抗ウィルスの住宅、オフィスへの施工、建材の開発に取り組んでいきます。

すでに、抗菌 抗ウィルス住宅、オフィスの建築、リフォームはできますが・・・、今はまだ、価格的に高価なものになってしまうので、安価で提供できるようにしていかなくてはいけません。

現在、ダイヤニウムでは、ナノダイヤモンドを使った炭素系の触媒として、基本的に光が当たらないと機能しない光触媒と違い、光がなくても抗菌 抗ウィルス機能を働かせることができ、インフルエンザ、肺炎かん菌、カビ、大腸菌を99,975%の現象に成功しています。

FullSizeRender

(その他、大腸菌O157、肺炎桿菌、他 エビデンス有)

巷に出ている、抗菌、抗ウィルス剤も、何十種類も購入し、成分分析に出していますが・・・、原料のエビデンスだけで商品自体のエビデンスすらなく、ひどいものになるとエビデンスすらないというものもあり、ナノダイヤモンドの効果を超えるものは見つかっていません。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


唯一、光が当たっている部分のみの検査では、ダイヤニウムを超える触媒機能のものもありましたが、暗い場所では、ダイヤニウムを超える抗菌抗ウィルス触媒は、見つかっていません。

ナノダイヤモンドを超える炭素系触媒で、何か別の原料があれば、かなり安価に提供できるのですが・・・・、市販のものでは見つけることができていませんので・・・、いろんな原材料を研究所に取り寄せて、研究してもらっていますが・・・・・。

最近は、その辺に落ちている綺麗な石や、何かの鉱石で、同じくらいの効果が出ないか・・・なんて考えるくらいです。

ダイヤモンドを超えるのは、難しいのかもしれませんが・・・せめて、ダイヤモンドに近い炭素系の触媒ができれば、かなり低下を下げることができるので・・・住宅やオフィスの、抗菌、抗ウィルス工事も安く施工できるのですが・・・、そこがダイヤニウムの一番の弱点ですし・・・、千代田不動産としても、一般の住宅やオフィスの隅から隅まで、大量に液剤を使って施工できるようになるので、なんとか、安価で提供したいところです。

かといって・・・、きちっとしたエビデンスも取れないような、インチキ商品は使いたくないですし・・・・ちゃんとしたエビデンスが取れるもので、できれば、ダイヤニウムの半値以下で出せたらいいな〜なんて勝手に考えていますが・・・。

FullSizeRender

(光触媒と比較表)

ウィルスや菌の不活性化だけで考えると、光があっての光触媒もありなんですけど・・・、光が当たらないところこそ、抗菌、抗ウィルスって欲しいじゃないですか・・・・。

ナノダイヤモンド以外で、強力かつ安定した触媒機能のもので、きちっとした工業化学研究所や、大学等の研究施設でエビデンスが取得できるもの・・・なかなかないですよね〜!

何かあったら、教えていただきたいです。

と・・・悩んでいるわけですが・・・・、まあ、とりあえず価格はともかく、高性能抗菌、抗ウィルス触媒を使った、抗菌住宅、抗ウィルス住宅はできますので・・・、別の原材料が見つかるまでは、まずは、少しづつでも価格を下げていきたいと思っています。

あとは、部屋全部ということではなく、玄関と、洗面所、風呂、キッチン、トイレ、ドアノブ、引き戸の取っ手など、手で頻繁に触れるところを部分的に施工するという方法もありますが・・・、できれば接触するところ全部を抗菌抗ウィルスにしておきたいですよね。

IMG_1593

(日本初 抗菌 抗ウィルス住宅  6月初旬 発売開始 )

何にしても・・・冒頭で述べたとおり・・・・。

新型コロナウィルス収束後・・・人々の、住宅、ビルなど、建設に対する考え方が大きく変わりますし・・・、すでに、ダイヤニウムの方には、建設系の会社からの問い合わせが数多くきておりますので・・・、抗菌、抗ウィルスを意識した、間取り、建材など・・・実際に、もう変化しつつあるのだと思います。

不動産業界、不動産業者自体も、物件はもちろんのこと・・・、社内接客、案内、契約、決済など・・・早急に抗菌抗ウィルス対策をしないと・・・、時代遅れになってしまい取り残されることになるではないかと思います。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください










toshikazy at 13:52|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月21日

造成現場から駆けつけ人命救助!(No.2420)

先日、弊社の東海市の現場すぐ近くで火災があり、建物に取り残されていた子供を、高坂土木の、河野さんと高坂くんが救出したということで、東海市から表彰されました。

FullSizeRender


現在、千代田不動産協力会の会員である高坂土木さんは、東海市の加木屋で弊社の宅地分譲用地の造成工事をしてくれているのですが・・・・。


敷地面積 約3000坪の山を削り、ひな壇型の宅地分譲約30区画の造成工事をしている関係で、毎日、数十台のダンプが出入りしています。

今は、大型の重機が入り・・・、約30区画分の住宅用ちのひな壇工事をしていて、大量の山砂が出るので、大きな重機が沢山入り、ダンプに砂を積んで搬出しています。

砂の搬出が終わると、擁壁工事をして、敷地内に道路や側溝を入れて、水道、下水を入れて、舗装して完了検査ですが・・・、完成は11月頃になると思います。

まあ、しかし・・なんというか・・・、、現場の近くで火災が起きたこともビックリですが、その火災現場で、協力会社の社員さんたちが、人命救助をしたことも、更にびっくりです。

FullSizeRender

(ちたまるnabī をスクショ)
こうやって、記事にしてくれた ちたまるNAVIさんに感謝!

ここからは・・・高坂土木の社長さんから聞いた話ですが・・・。

高坂土木の社員さんたちが作業をしていたところ・・・近所で大きな音がして、そちらの方向をみると、黒煙が上がっていたそうです。

高坂土木の社員さんたちは・・・、ダンプの出入りが激しい現場なので、ダンプが事故をやったかと思って・・・作業を止めて駆けつけたところ・・・ダンプではなく、火災だったそうです。


現場に戻ろうとしたところ・・・『おいおい、ちょっと待て、子供の声が聞こえるぞ!  助けて〜って言ってないか???』と・・・、更に、火災現場に近づくと・・・、『助けて〜!』と、はっきりと子供の声が聞こえていたそうです。

これを書くべきがどうか、迷いましたが・・・周りの人たちは、見ていただけで、子供を助けようとした人は、一人もいなかったそうです。

高坂土木の従業員 河野さんと高坂くんは、勇気を振り絞り・・・現場の裏の階段から二階に駆け上がり、現場に突入・・・、河野さんが子供を救出し、高坂くんに子供を渡し、高坂くんは、その子供を抱いて火災現場から出てきて保護し・・・その後、救急車に乗せたそうです。

そして・・・今回、東海市から表彰をされたということなのですが・・・・。

河野さん、高坂くん・・・偉い・・・立派!

FullSizeRender


実は、この話・・・最初、私は、弊社の開発事業部から報告を受けて・・・、高坂土木の高坂社長に電話をしました。

『もしもし〜・・・。 表彰の件聞いたぞ〜w 偉い、立派、素晴らしい!  河野さんという人は社員さんというのは分かるが・・・、高坂くんというのは、身内? もしかして息子さん???』

高坂社長 『ありがとうございます。 はい! 息子です。  学生なんですけど、今、休みなので、現場を手伝ってもらってたんです。』

『息子って・・・、あの、マリンスポーツに連れてきていた、お父さんより、断然、運動神経の良かった息子???』

高坂社長 『はい! その息子です。 休みで茶髪にしているのでお恥ずかしいですが、息子です。』

『あははははw そうかぁ〜あの子かw 二人とも、偉い、立派、素晴らしいな〜・・・w しかし、すげ〜な〜・・・、うちの社員から聞いたけど、火災現場に飛び込んで子供を救助するってなかなかできることじゃないぞ! 』

話は、前後しますが・・・、高坂社長は、冒頭の詳細を説明してくれたのです。

電話を切った後、高坂社長は、ちたまるNAVIに掲載された記事のURLをLINEで送ってくれたので・・・、スクリーンショットを撮りまくって、画像ファイルに保存させてもらいました。(永久保存版)

BlogPaint



ちたまるNAVIを見ながら・・・・。

う〜ん・・・w 小僧、でかくなったな〜w 将来が楽しみだな〜wと、ニマニマしながら見ていました。

そして、次に・・・・以前、マリンスポーツに行った時の映像を探して、見ながら・・・。

ウェイクサーフィンをした時の動画を見て・・・

やっぱり、あの子は、めちゃくちゃ運動神経が良かったことを再確認して・・・、お父さん(高坂土木社長の画像を見て、息子と比べると運動神経が良くないな〜ということを・・・再確認、再認識して・・・。

そして、私のウェイクサーフィンの動画も確認して・・・、高坂社長の息子・・・、もう2〜3回マリンスポーツに来て、スパルタで教えたら・・・、俺より上手くなるんじゃないかな〜?と思い、ニマニマしながら見ていましたw

知り合いの子供の成長って早いですよね〜・・・そんだけ私も歳をとっているってことですが・・・。

あの時は、俺が49歳で・・・今年は、51歳になるんだな〜・・・子供って2年で、こんなにデカくなるんだな〜と思ったわけですが・・・。

今年の夏も、ウェイクサーフィンに誘ってみよう!

その際には、今回の勇気ある救助を、いっぱい褒めてあげようと思っています。


FullSizeRender


マリンスポーツ一式は、スパルタで教えますが・・・www

そんなわけで・・・本日のブログは、造成現場から駆けつけ人命救助!ということで書かせていただきました。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 12:13|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック