千代田不動産 

2019年02月14日

2296)相続税を激減させる方法!(不動産活用編)

相続税って、なぜ、払わなくてはいけないのだろう???

そう思ったことはありませんか???


親族がなくなり、その財産を受け継ぐだけなのに・・・、税金を取られるのです。

相続人からしたら、なんでやねん?って、思うかもしれません。

私も、仕事柄、数千万円、数億単位の相続税を払う人とか関わるので・・・・可哀想になります。

特に、相続税は、現金だけではなく、財産全てにかかるものなので、、相続税を払うために、親が住んでいた、もしくは、自分も住んでいた家を売って払わなくてはいけないケースもあり、そういう人をみると、なんとかしてあげたいと思います。

相続税を課さないと、昔の日本のように、貧富の差が激しくなり、金持ちと貧乏人の差はいつまでも埋まらないので、国民の格差生まないようにしてあるのです。

まあ、国から見ると・・・、親族が亡くなって受け継ぐ資産は、相続人にとっては、不労所得というような考え方なんでしょうね。

相続税があることで我々不動産業者も仕事が増えるわけですし・・・相続税があることで、所得税が低くなっているらしいので・・・、相続税が亡くなって欲しいとは思いませんが・・・、実務として、クライアントから話を聞いていると、親から貰った資産だけではなく、血と汗と涙の結晶の資産もあり、家族への思いもあり・・・、国も、そこまでして、資産を没収しなくてもいいのに・・・!と思ってしまうこともあります。

IMG_3461


そんなわけで・・・・。

本日は、究極の相続税対策について書かせていただきます。

私の、最も得意な相続税対策は、不動産を使った評価額圧縮・・・・、つまり、現金よりも、不動産の評価の方が低い不動産を購入してもらい、相続税の評価価格ごと、ドカーンと下げてしまう手法です。


この方法は、資産家の方々にも、かなり喜んでいただいてますし・・・、税理士さんたちから相談や依頼を受けることが多い・・・。

私の方から税金関係は税理士に・・・、税理士は、不動産関係は私に・・・、何にしても、税理士さんと相談しながら・・・時には、弁護士も入ってチームで動くこともあります。

税理士さんとタッグを組んで・・・、税理士さんが、あの手この手で相続税対策を考えて・・・、私は、現金を、相続税評価格が低い不動産に変えることを考える・・・。

結局、私は税務のプロではないし・・・・、税理士さんも、不動産のプロではないので、それぞれ得意分野で最大限に力を出して協力して職務を遂行します。

そして、時に、数十億の資産を数億円に・・・、数億円の資産の評価を半分以下に・・・。

なんてことを、しちゃうわけです・・・。

そんなわけで・・・、本日は、相続税を、ドカーンと減らす方法を書かせていただきますが・・・、不動産を賃貸して減額できることは、皆さん、ご存知だと思いますので、あえて今回は書きません。

今回は、現金を、現金よりも不動産の相続税評価額が低いものに変えて、評価額の圧縮をする方法を書かせていただきます。

IMG_3439


例えば、資産が、10億円あるとしましょう。

そのうちの、5億が現金、残りの5億は、その他の資産だとして・・・・、相続が起きた場合に、とんでもない金額の相続税を払わなくてはいけません。

例えば・・・3億キャッシュを頭金にして・・・、5億の借り入れをして、8億の物件を買ったとしましょう。

そして、金融機関が貸しやすいように、1億か2億を、借り入れをする金融機関に定期預金にします。

購入価格が土地建物で8億円・・・、でも、評価額が、4億の物件を購入して賃貸したとしたらどうでしょう?

まず、10億の資産がありました・・・、8億の不動産を購入して、評価で4億削りました・・・・、自己資金3億で、5億の借り入れをして・・・、その上で、税理士さんが、あれこれやったら・・・相続税を、かなり減らすことはできます。

簡単に説明をすると・・・、こんな感じで、現金よりも不動産の相続税評価額が低い物件を購入して、更に、それを貸すことで、相続税評価額を減額してしまうということなんですが・・・・。

実は、この手法は・・・皆さん、当たり前に、ご存知の手法なんですけど・・・、結構、難しいというか・・・、一見、相続税対策は成功したとしても・・・、後々、相続した後で、困っている人が意外と多いのです。

瞬間的に税務のことだけを考えて相続対策をしても、後々のことを深く考えないで安易にやってしまうと、とんでもないことになる場合があります。

不動産を購入したとして、被相続人が亡くなった後、その不動産は、誰が相続をして、維持管理して、収益はどう分配するのでしょう?

仮に共有名義にして、維持管理費も収益も分配したとして・・・、その先の将来・・・また相続が起きた時に、共有者の関係は、どんどん複雑になります。


後先考えずに、とりあえず相続対策をしておく・・・みたいな事を進める税理士や不動産屋がいるので、騙されないように、気をつけてください!

IMG_5093


先日も、読者の方から、この手の相談がありました。

話を聞くと、税理士さんに勧められて・・・大手のアパート建設会社を紹介されて契約寸前まで進んでいました。

相続人は、配偶者と、子が3人・・・・、被相続人が借金して、アパートを建てたら・・・相続税対策になり・・・、借り上げで賃貸の収入も安定してるから安心という触れ込みで・・・、被相続人が亡くなった後も、みんなで、アパートの収入を分ければいいと思っていたようです。

私のところには、建築費が妥当かどうかを相談にいらっしゃったのですが・・・・これまでの、経緯を聞き・・・大手アパート建設会社の見積もりを見ながら・・・・。

読者さん 『見積もり、これなんですけど・・・、ちょっと高い気がするんですけど・・・税理士の先生にも相談したんですが・・・、こんなもんじゃないですか〜。っておっしゃるんですよね〜・・・・。』

『うむ〜・・・・。 正直、建設費は高いですけど・・・。 借り上げてもらえるから、少々高くても仕方がないんじゃないですかね〜? 』

読者さん 『建設費と、借り上げをしてくれるって・・・、それとこれとは、話が別なのではないのですか???』

『じゃあ、某大手アパート建設会社の担当営業さんに、建設は他の建築屋で建てるから借り上げだけして!って言ったら、どう答えますかね〜? 』

読者さん 『そう言われると・・・、確かに・・・、断られそうですね。』

『こういう言い方は失礼かもしれませんが・・・、今回の件ですが、建築費の高い安いよりも・・・、アパートを建てて、その後、誰が相続をして維持管理はどうするのか・・・、管理会社がやってくれるし、借り上げなので楽だとは思いますが・・・、それでも、まあ、先のことは考えたほうがいいですよ。』

読者さん 『それについては、税理士の先生と話をしておりまして・・・、とりあえず共有名義で考えています。 賃料も分配できますし・・・、、先生としては、賃貸経営が楽ということも含めて、アパート建設会社を紹介してくれました。 でも、近藤社長・・・、アパート建設の営業マンは、いい事ばかり言ってきますが・・・、借り上げって、あまり良い事を聞かないと言いますか、10年後、20年後は・・・実際にはどうなるのでしょうか?』

『う〜ん・・・。 場所的に、明るい未来がある場所だとは思いませんので・・・、私は、別の相続税対策を考えたほうがいいと思いますけどね・・・・。 まだ、お父さんも、元気なんですよね?  私が、あなたの立場だったら・・・、売れる場所は、全部売り払って・・・、将来的に有望な都会の収益物件を購入しますけどね。 実勢価格が高くて評価が安いので、ガンガンに相続税対策できますし・・・。』

読者さん 『税理士の先生は、今ある土地でのアパート建設を勧めてくるんですよね〜。 近藤社長に相談をすると言ったら、会ったこともないブログの不動産屋に会っても・・・って、嫌そうでした。』

『まあ、嫌でしょうね〜w う〜ん・・・。 そういう言い方をされると、こちらも嫌ですけどねw』

読者さん 『すみません・・・。 』

『いえいえ・・・。 あなたが・・・ではなく・・・、その税理士の言い方が嫌なだけですw あっ! そうだ! その税理士先生に、言付けというか、私からの質問という事で聞いていただきたいんですけど・・・、クライアントの将来を考えずに、一時的な相続対策をして、アパート建設を紹介して、その会社から、いくら紹介料を貰うんですか?って、聞いておいてください。』

読者さん 『えっ! 税理士は、建設会社から紹介料が入るんですか???』

『まあ、多分・・・、いや・・・、わからないです。 そういう可能性が高いと私が思うだけで、実際は、どうなのか・・・、先生か、アパート建設会社の人じゃないと分かりません。 私が聞いてたと言ってもらって構いませんので、聞いてみたらどうでしょう? 聞いた瞬間の様子を、四百字詰め原稿用紙に書いて、私に提出してください・・・w 小学生の作文みたいな書き方が好ましいですw』

読者さん 『あははは・・・近藤社長って、本当にブログのまんま・・お茶目なんですね〜w 税理士さんに、そんな事を聞いてもいいんですかね〜? 因みに、紹介料って、一般的にどれくらいなんですか?』

『だから・・・それは、その税理士先生か、アパート建設会社の営業マンに聞いてくださいよ〜w まあ、でも、そういうものはないと答えるでしょうから・・・。 紹介料ネタを言い放った瞬間の、相手の表情で判断して察してくださいw』

読者さん 『本当に聞きますよ・・・私は・・・。 紹介料は、いくらもらえるのですか?・・・の、か?の瞬間の相手の表情を見逃さないという事ですよね。 あはははw 勉強になります。』

『あはははw か?の瞬間の0、5秒と、その後、何て返して来るのか・・・。楽しみですねw 原稿用紙はないですが、方眼紙ならありますから、差し上げましょうか?』

読者さん 『いえいえwww 感想文と観察日記はメールで送らせていただきます。』

そんなわけで・・・、その数日後・・・、読者さんは、税理士さんを呼んで聞いてみたらしいのですが・・・、税理士の顔は、硬直し・・・、その後の言い訳は、『そういうものがあるのかないのかは、聞いておりません。』と答えたらしいが・・・。

読者さんが言うには・・・、税理士さんは、以前、これまで何人も、そのアパート建設会社に紹介していると言っていたらしく、『そういうものがあるのかないのかは、聞いておりません。』という返答はおかしい、不信感しかない!とメールに書いて送ってくださりました。

読者さんからの相談だったので、、税理士と、アパート建設の会社さんには申し訳なかったのですが・・・、将来のことを考えて・・・アパート建設の契約をやめることになりました。


FullSizeRender


話は少し戻りますが・・・・。

相続対策というのは、金だけの問題じゃないというか・・・、節税だけ考えていてはいけません!

相続対策には、税理士の目線、不動産業者・弁護士等、様々な専門家に相談し意見を聞いて進めていくのがいいと思います。

私は、不動産業者の目線になりますが・・・。

将来、自分の子供や孫の代までのことを考えながら、相続対策をするということと・・・・・・。時代の流れを読むということ・・・、そして、金を生みつつも、いつでも簡単に現金化で切るような不動産を使った、相続税対策をされるのが好ましいと思います。

これから、人口が減っていくであろう地域で、今更、アパートを建てても、いいことは、ないんじゃないかな〜?

田舎の不動産を1000坪持っているよりも、利便性の良い都会の不動産を50坪持っている方が、いいと思いますし・・・・、相続が終わり、ひと段落ついたら、都会の土地も売って現金で分配するのが一番きれいなんじゃないかな〜?と思いますが。。。。


あっ! 

ダラダラと書いてると、長文になりますので・・・。

不動産を使った相続税対策の1つ・・・資産の圧縮に重要なのは・・・・。

ー益性と、∪畧埜果と、4攻眄・・・なんですけど・・・。

これらをバランス良く考えながら・・・重要なのは、残った人々(相続人)の将来を考えるということです。


今日のブログは、これだけ覚えておいてください。

そんなわけで、本日は、相続税を激減させる方法!(不動産活用編)というテーマで書かせていただきましたが、少々、話が逸れてしまいました・・・・すみませんでした・・・。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 13:21|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年02月11日

2295)宮古島不動産事業 その後・・・!

宮古島は、2月なのに日中27度・・・夜は20度・・・暖か〜いw

今回は、社員のMr.高橋を連れて・・・宮古島に行ってきました。


Mr.オクレではなく・・・弊社のリーサル・ウェポン Mr.高橋です。

IMG_5544


到着後、まずは・・・池間島に連れて行き、美しい海を見せて・・・、池間のお母さんの店で、美味しい宮古そばを食べさせて・・・・。

とっても、素敵なお姫様ベッドのある、ヴィラにチェックインして・・・。

『高橋くん・・・。 とても素敵な部屋だろう。 今日から、4日間・・・、ここをオフィスにしていいからな。  海は綺麗、星空も最高だ・・・、酒も、死ぬほど飲めるぞ・・・w』

この時点で、 Mr.高橋は、宮古には、飲んで飲んで酔い潰れるまで呑む、お通りという習慣があることを知らない・・・(笑)

IMG_5548


Mr.高橋 『宮古島って、いいところですね〜w 海、酒、そして、この暖かさ・・・冬とは思えませんね。』

『ウンウン! そうだな〜w いいところだな〜w おい、高橋・・・、甘やかすのは、ここまでだ! 仕事するぞ・・・! まずは、建設中のアパート、仮称、黒石荘見にいくぞ!  3分後、出発するからな。』

Mr.高橋 『イェッサ〜! 』

そんなわけで・・・建設中の現場に・・・・。

IMG_5560


『ジャーンw 在来ツーバイMIX・・・、中、見て来い・・・w ・・・・。  こんな強固な、木造アパート・・・名古屋では見れないだろ〜www』

Mr.高橋 『それも、驚きですけど・・・。 宮古島って、建築3年待ちとか聞きましたけど・・・、速攻で建ててしまいましたね〜。 』

『いや・・・。 それは、俺が、どうこうじゃなくて・・・T社長と宮古の人たちの力だ・・・。 この材料、職人さんたちの手配・・・、建設ラッシュの宮古では、この重機だって、なかなか借りれんのだよ。 T社長率いる名古屋の職人さんと、宮古の職人さんたち、海運会社も・・・その他、大勢の人たちの、協力の賜物だよ。 T社長、流石だわw』

IMG_5561


Mr.高橋 『もう、中のクロスも大方貼ってあるし・・・、ここまで、できたら、あと1ヶ月ぐらいで完成ですねw 』

『そうだなw いいことを教えてあげよう。 もうすでに、とっくの昔に、入居者決まってるんだぞ・・・。 一般募集かける前に、水面下募集で、半日で満室・・・。』

Mr.高橋 『・・・・。 マジで???  ・・・。 名古屋では考えられませんね。』

『う、うん・・・。 まあ、それはいいんだけど・・・、なんで、タメ口なんだ???』

Mr.高橋 『あっ! すみません・・・・。』

『別にいいよ! 夜の一気飲み、一杯追加だ・・・w さて・・・、次は、今度、アパートを4棟建てる予定の土地の、樹木伐採が終わったらしいから見にいくぞ! 』

Mr.高橋 『イェッサ〜!』

そして・・・、アパート4棟の建設予定地へ・・・・。

IMG_5495


『おおおぉぉぉ〜。 きれいになったな〜w 因みに、来週から、片付けをして、土が入る。  宮古島では、土が貴重な資源だから、愛知県のように、1日数百立米なんて埋め方はできないから・・・少々時間がかかるけどな。』

Mr.高橋 『なるほど・・・。  結構、広いですね〜? 広さは、2反・・・600坪ぐらいですか? 』

『もうちょっと少ない・・・、560坪ぐらいだった気がする・・・。高橋・・・、今日から、3日間、この土地と、近所の、ゴミ拾いだ・・・頑張れよ。』

Mr.高橋 『私は、その為に、宮古島に来たんですか???』

『冗談だ・・・。 高橋くんには、とっておきの仕事が用意してあるから心配するなw』

Mr.高橋 『一つは、部長から聞いてます。 ある土地を売却してもらえるように、お願いに行くんですよね。 それだけはないのは、薄々感じていますので、そろそろ、仕事の内容、教えてください。』

『まあ、焦るな・・・。 もう夕方だから、仕事は明日からだ・・・今日は、これから、飯を食って、その後は、死ぬほど飲んで楽しんで、友達を沢山作る・・・。 明日、起きたら、まずは、土地を売ってもらえるように頼んでこい! その間に、俺は、土地の決済と、次に買う土地と中古住宅の視察と、地元の有力者、不動産業者にご挨拶周りをする!  その他は、ノープランだ! 出たとこ勝負で、策を練り指示を出すよ。 とりあえず、飯屋に移動するから、車の中で、これを、読んでおくように!』

IMG_5566


その後は、 Mr.高橋が、車酔いをするような運転をしながら、食事をする店に向かい・・・、沖縄民謡を聞きながら沖縄料理と酒・・・・、その後は、お通りという飲み方で・・・、親睦を深めました。

お通りとは、年長者から口上を述べて、順に、一気飲みをして行く飲み方で・・・、我々は、新参者なので、ロックか、相当濃い泡盛を飲むことになります。

IMG_4981


私も、負けずに、シャンパンを持ち込むので、泡盛とシャンパンをグイグイ飲むことになり、こちらもですが、現地の人も、めちゃ酔っ払います(笑)

ビールと、泡盛と、シャンパン・・・そこで、生き残った人は、私が持参した焼酎、吉四六を飲むことになるので・・・4種類の酒を、ガブガブ飲むことになります。

毎回、恐ろしいほど、酔いますが・・・、自分のことやお互いの家族や故郷のことを話すので、これやっちゃうと、結構、親密度が増します。

因みに、↓の写真は、 Mr.高橋が、酔っ払う前の、正気なものです。
BlogPaint


私は、いつも通り・・・、オリオンビールからの、酎ハイ・・・そして、泡盛での、お通り・・・、 Mr.高橋も、食って、飲んで、また飲んで・・・、かなり頑張ったのですが・・・、泡盛の一気飲み5〜6杯のお通りはクリアしたものの、その後の、近藤流、シャンパンお通りをやり出した頃から、酔いが回ってきて・・・・。

さらに、その後は、地元のキャバクラに飲みにって・・・ドンチャン騒ぎ・・・!

Mr.高橋は、酔っ払いすぎて・・・・ダウン・・・部屋に帰ってからも・・・、一旦、目覚めたものの、大声でウダウダと、煩かったので、簀巻きにしてベッドに寝かせました。

布団と紐で簀巻きにされた写真はありますが・・・本人の了解を得ていないので、載せませんが・・・w

まあ、なんというか・・・、 Mr.高橋は、ちょっと飲みすぎて潰れましたが・・・、可愛い顔をして寝ていました(笑)


翌朝・・・2日目!

私も Mr.高橋も復活・・・朝から、レンタカーで宮古島を走り回り・・・別行動で、仕事をしました。

IMG_5626


私は、土地の引き渡し決済・・・、土地の立会い・・・、役所に行って、あれこれ話をしてきました。

高橋は、私の決済に顔を出し、不動産業者さんにご挨拶をして・・・、その後は、別の不動産業者さんのところにご挨拶に行き、土地の買取の交渉に・・・・、それが終わった後は、中心部に行き、住宅地図を片手に空き家のチェック・・・。

2日目の夜は、不動産業者さんに、食事をご馳走になり・・・、その後は、地元の人たちに魚釣りに連れて行っていただきました。

IMG_5649


Mr.高橋 『しゃちょ〜〜〜w 釣れましたwww 魚釣り楽しいです。』

『楽しいな〜w あはははw 高橋・・・、なんだ? 太刀魚・・・じゃないな〜・・・。 カマス?  いや、違う・・・。 そんな魚、見たことないぞw なんで、お前だけ、そんな変わった魚釣れるんだ?  クチバシ尖っていて変な魚だな〜w 』

そんなわけで・・・深夜三時半まで魚釣りをして、 Mr.高橋大満足・・・明け方に寝ました。

宮古島、三日目の朝

私は、ブログの読者の投資家さんと合流して、琉球銀行、宮古島支店へ・・・、その後は、購入検討中の、土地と、中古住宅を数カ所見て回りました。

Mr.高橋は、地元の不動産屋さんに物件を見せていただきながら、ランチをご馳走になり、その後は、昨日に続き、空家チェックと物件調査をしていたようです。

この日の夜は、自分たちだけで魚釣りをしようということになり・・・行っては見たものの・・・、小魚しか釣れなくて・・・早々に撤退して、ミーティングと称して、建築屋のT社長と、投資家のKさんと一緒に、食事をして飲みに行きました。

そして・・・また、 Mr.高橋は、潰れましたw

ビール、泡盛、焼酎までは、なんとか自制心を保っているのですが・・・、シャンパン一気飲みをすると、酔っ払うようです。

シャンパン3本目で、ハッピー高橋に豹変していましたが、この日は、部屋に帰ってからも大人しく、スヤスヤと眠りました(笑)

翌朝、四日目・・・。

朝9時から、今回の宮古島の結果報告と、今度の動き方について打ち合わせをしました。

宮古島の不動産・・・土地も中古住宅も、かなりの空家、空地をチェックして来たので・・・、順に売却のお願いに上がろうと考えています。

BlogPaint


午後からは、建築会社のT社長と、投資家のSさんと、海沿いでランチをして・・・。

『う〜ん・・・。 久しぶりに、ピザとかパスタもいいな〜w 海も綺麗だし・・・。』

Mr.高橋 『宮古島、いいところですね〜w』

『高橋さん。。。 これから、高橋支店長と呼ばせていただいても、よろしいですか?w』

Mr.高橋 『えっ・・えっ・・・。 どういうことですか?』

『あはははw 宮古島に住みたそうに見えたから・・・・。 高橋が頑張るなら、支店を作ろうかと・・・思っただけだw 俺に悪意があって言ってるんじゃないぞw 高橋の楽しそうな顔が、俺をその気にさせるんだ・・・、つまり・・・、もしも・・、宮古島支店を作るとしたら・・・それは、高橋の責任だ・・・あはは〜w 』

Mr.高橋 『宮古島支店長ですか??? ・・・・。 ・・・・。 ちょっとの間ならともかく、ずっとは、無理です・・・。』

『ちょっとの間というのは、人によって感覚が違うよなw まあ、今後の状況次第で考えるけど・・・、今のところは、このままで行こう!  なぜ支店を作ろうかと考えたのかを言うと・・・、金融機関・・・融資の問題が大きい! ここで、真面目に不動産業をしようと思ったら、1億や2億では、全然足らないからな。 融資を受けるには、こちらに支店を作って、沖縄の銀行と取引をしないと、本土の銀行は、支店がないから管理できないという理由で貸してくれないんだよ。』

Mr.高橋 『確かに・・・、今でも、すでに数億の資金が投下されているわけですからね・・・、この先、不動産がどんどん出てくると、自己資金と、運転資金融資では足らないですよね。 』

『まあ、そういうことだ・・・。 沖縄の金融機関とは、すでに、その辺の話はできている・・・。 昨年秋に、会社の決算書も、俺の確定申告書も、提出してあり、年末に、回答が出ている。 あとは、支店か子会社を作るだけだ・・・。』

Mr.高橋 『なるほど・・・。早いですね〜・・・。 不動産物件もなんとかなりそうだし、建築は、T社長がいるし・・・。 地元の協力者も多いし・・。 もしかして・・、今回の宮古島出張は、私を支店長にするために連れて来てくださったということですか・・・?』

『ん〜〜〜〜・・・・宮古に来るとお通り呑みをするので・・・酒が飲めるから連れて来た・・・w まあ、そういうわけでもないが・・・、今回、高橋くんと連れて来た理由は、想像に任せる! あはははw 本人の意思というわけでもないが・・・、後は、うちの会社自体、宮古に送れる状況ではない投下・・・人手不足だから、調整が必要だけどな・・・。』

IMG_5628


その後、現地視察をしながら、T社長の宮古島支店に寄ってから、宮古空港に・・・、飛行機に乗り帰って来ました。

沖縄、宮古島・・・三泊四日の出張は、こんな感じでした。

宮古島での不動産事業展開は、開始当初のことを思うと・・・、あの時は何だったんだ?と思うくらい順調です。

土地がない、建築業者がいない、物資が手に入らないと悩んんでいたことを忘れてしまいそうなぐらい、事が上手く進んでいます。


BlogPaint


やっぱり、人と人の繋がりですね〜。

大切なのは、宮古島と、地元の人たちを思う気持ち・・・それが伝われば、皆さん、協力的で、良い人ばかりです。

宮古に行けば行くほどに・・・、宮古島と、宮古の人たちを好きになっていきます。

最近・・・、俺の老後は、ここかな〜wなんてことも思ったりもします。

そんなわけで・・・本日は、宮古島不動産事業 その後・・・!というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 10:54|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年02月05日

2294)不動産ブログの読者様に感謝!(ブログ繋がり)

読者の皆様、いつも大変お世話になっております。

ブログを始めて10年ほどになりますが、年々、読者さんとの関係というか絆が深まっている気がします。

IMG_5536


宮古島の利回り10%の新築アパートをご購入いただいた4名様も、その他、問い合わせをいただいた二十数名のお客様も・・・、なんだかんんだ言って、読者さんですし・・・、これまで弊社が手がけてきた、利回り10%超えの太陽光発電所シリーズ、数十区画を買ってくださったのも、8割以上は、このブログの読者さんです。

そして、読者さんからの、不動産相談、相続相談、資産活用の相談、建築、土木のお仕事をいただいたり・・・、突然、大手の企業さんからお電話をいただき・・・、遊休地の利用の相談、売却等をしたり・・・、とにかく、ブログの読者さんは、様々な仕事をさせていただきましたし・・・、以前は、近藤社長と行く旅行企画なんかもやったりしていました。

2016-03-07-22-04-09


先日も、ブログの読者さんの経営者さんに美食会にお招きいただき、タラバガニ、カモ、大ダコ、モンドールチーズ、トリュフをいただき・・・お酒も、シャンパン、ワインを飲んで、皆さんと話をして、とても楽しかったです。

そして、また、そこで、お仕事の話に発展して・・・更に広がる・・・。

宮古島の不動産投資の話・・・環境浄化触媒のダイヤニウムの話などなど・・・、、人が繋がり、一緒に遊んだり、仕事で絡んだり・・・。

仕分けして考えて計算したことはないですが、ブログがきっかけで、数十億・・・もしかすると100億円以上の仕事をさせていただいてる気がします。

本当に、多くの方に、可愛がっていただき今の私があります。

もう、10年余、ブログを書いてきましたが・・・、ずっと続けてきて本当に良かったと思う今日この頃です。

IMG_5516


気がつけば、読者さんの知人、友達もできましたし、そこから派生してできた知人友人も増えました。

10年って、振り返ると、あっという間だったのですが・・・・、10年前とは、明らかに私を取り巻く環境が変わっていることに気付かされます。

そして、私自身、このブログに愛着があります。


ブログランキングが1位〜2位であり続けられるのも読者さんあってのことだし、皆さんが応援してくださるからこそ、10年続けることができました


ブログの読者さんからご連絡をいただくと、通常の仕事よりも頑張ってしまいます(笑)

この愛着あるブログを、さらに心地よく読んでいただけるように、この先も進化しながら、ずっと続けて行こうと思います。

そんな想いを込めて、本日のブログを書かせていただきました。

読者の皆さん、いつも、本当にありがとうございます。

IMG_5543


さて・・・話は、変わりますが・・・私は、今、社員の高橋秀樹を連れて宮古島にきております。

弊社営業の高橋秀樹を、宮古島に投入するということは、本格的に、宮古に進出ということです。

実は、読者さんの中で、宮古に投資をしたいという人が多く、出資をしたいという話もたくさんありり・・・、収益物件だけではなく、リゾート開発、商業施設、住宅、宮古島でビジネスをしたい!など、いろんな話があり・・・、私一人では仕事がやりきれなくなってきました。

高橋秀樹は・・、本日、宮古市内の用地取得のために、走り回っています。

そんなわけで・・・次回は、宮古島不動産営業、珍道中を書かせていただきます。


本日は、ここまでとさせていただきます。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください










toshikazy at 16:05|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote