千代田不動産 

2019年11月09日

2268)経営者と熱帯業

最近、ふと気付いたことがありまして・・・・。

中小企業の社長って、魚釣りをする人も多いですが・・・熱帯魚を飼ってる人・・・多くないですか???


魚釣りは、試行錯誤しながら攻めるという部分ではビジネスと似ていると思いますし・・・・熱帯魚を飼うというのは、自分と社員たちが安全で快適な水質を維持し続けるという部分では、会社経営と似ている気がします。

因みに、私も釣りはします・・・でも、熱帯魚は飼ったことはないです。

だから、営業で攻めることは得意だけど、会社の経営的部分は苦手なのかな〜w

よしっ!

熱帯魚を飼ってみよう!


ここ最近、ユーチューブで、ひたすら熱帯業の勉強をしまして・・・・。

IMG_8557


ということで・・・。

とりあえず、水槽セットを買ってきてセットしたわけですが・・・・。


実は、経営者が魚釣りと熱帯魚をやっている人が多いということを思いつく前に、きっかけというものがありまして・・・・。

大阪の不動産賃貸業のG社長から電話をもらったのですが・・・。

適当な世間話と、北新地の話をした後・・・・。

G社長 『ところで、近藤社長、大型水槽要らないですか?』

『えっ! なんで???』

G社長 『うちの****ビルの店子が、デカい水槽を残したまま飛びまして・・・近藤社長、熱帯業とか飼ってそうなので・・・もらってくれないかな〜と思いまして・・・。 ピラルクとか、アロアナとか飼ってそうなイメージなので・・・・。』

『はっ???  熱帯魚とか、飼ってないですよ! というか、社長室に来たことあるじゃないですか・・・。 ワインセラーは置いておりますが、熱帯魚の水槽はないですよw 因みに、絵かい水槽って、どれくらいのやつなんですか???』

G社長 『ん〜・・・、横幅3m、縦1,2m、奥行き1.5mぐらいですかね〜? 多分、それぐらいだったと思います。』

『それ・・・エレベーターに乗らないし、どうやって運ぶの???  絶対に乗らないと思うんだけど、まずは、どうやってビルから出すの???』

G社長 『基本は、バラバラに壊してゴミとして処分するんだけど・・・。店子が、前に、水槽と魚で数千万みたいな話をしていたから、勿体無いと思いまして・・・使ってくださる人がいたら貰ってもらおうと思ったんですわ。  因みに、見積もりしたらビルから出して名古屋まで運ぶのに70万円ほどかかるのですが・・・、この水槽を買ったら設備と合わせて最低5百万以上が必要とのことでした。』

『名古屋まで運ぶ見積もりまで・・・、なんか俺を、裏にハメようとしてない??? う〜ん・・・・。  1日だけ考えさせてください。 明日の夕方までに返事をします。』

G社長 『わかりました。 近藤社長なら、置く場所持ってそうですので・・・w 』

『いえいえ・・・3mもあったら、魚じゃなくて、俺のプールにしようかと・・・冗談ですwww まあ、でも、水槽のブクブクって・・・ジャグジーにはなりますよね・・・すっぽんぽんで、クリアなジャグジ〜www』

G社長 『あはははははw 想像しちゃいましたwww 勘弁してください!』

そんなわけで・・・電話を切ったわけですが・・・。

うーんここまで書いたところで・・・ブログランキングが2位⤵︎になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。

不動産だけではなく、熱帯魚に興味がある人も、一票投じてください!笑


建設・不動産ランキング

投票ありがとうございました

ブログの続きです。

そんなわけで・・・横幅3m、縦1m、奥行き1.5mの超大型水槽を貰うのかどうかを検討することになったわけで・・・。

その後、いろんな社長や知人に電話をかけまくって、熱帯魚のことを聞いたのですが・・・、買っている人もいましたし、昔、やっていたという人も多く・・・、社長連中って、以外と熱帯魚人口多いんだな〜ということを知ったのです。

同時に・・・水が入った時の水槽の重さや、水量、その水質管理の手間暇、費用など・・・いろんなことを教えてもらいまして・・・。

う〜ん・・・俺の遊び道具倉庫は、結構、スペースがあるけど、熱帯魚の世話に行くのがめんどくさいし・・・、社長室には、そこまで大きな水槽を置けないし、無理やり置いたら社長デスクがなくなるしな〜・・・、家に置こうと思うと、床の構造から変えなきゃならんし・・・・宮古島の家だと・・・世話の問題と、輸送費の問題があるし・・・。

結論・・・ 俺には無理だぁ〜

ということになりまして・・・丁重に、お断りをさせていただいたわけですが・・・・。

今回の調査をするのに・・・いろんな社長の熱帯魚論というものを聞き、YouTubeでも勉強したので・・・・、熱帯魚を飼うこと自体は、やってみたくなったのです。

そんなわけで・・・、友人の山田専務について行ってもらって・・・90センチの、ど小っちゃい水槽の初心者セットを購入したわけです。

私の友人たちで熱帯魚を飼っている人は、基本は、120センチ〜200ぐらいの水槽を持っている奴が多いですし、好きな人は、水槽を8個も持っている人もいたのですが・・・、私は、90センチの、濾過器が上についている安物の熱帯魚セットからスタートすることにしたわけです。

経験者たちの話だと、最初は、上部フィルターの方が、勉強になるし、扱いやすい!
それに、続くかどうか分からないから、安いのを買って2〜3年続くようなら、良いのに買い換えればいいと教えてくれました。
ただ・・・濾過器だけは、セットについてきたものを予備にして音が静かなものに変えました。

IMG_8566


水を張って、カルキ抜き、バクテリアを入れて、あとは、わけのわからん液体を、30ミリずつ入れて、ヒーター入れて・・・、循環させています。

そして、別の場所で大型バケツに水を入れて、水槽の中に入れる流木のアク抜きをしています。

1週間ほど水槽の水を回し・・・流木のアク抜きもアク抜き剤を使って1週間ほどでアクを抜いて水槽に入れて・・・それから三日ぐらい、循環させて・・・水質チェックをしてから・・・。

まずは、いきなり飼いたい魚を入れるのではなく、実験材料的に安い魚を入れて、しばらく様子を見て、それから、自分が欲しい熱帯魚を入れるそうです。

熱帯業の入れ方も、習いまして・・・、最初は、魚の入ったビニールのまま水槽に浮かべて温度を合わせて、それから、ビニールに水槽の水を少しずつ足していって・・・魚が水槽の水に慣らしながら、水槽に入れるようです。

IMG_8562


水槽を回し始めて・・・・、流木の水換えを毎日やってきまして・・・、そして、今日で、ちょうど1週間なので・・・家に帰ったら、流木を綺麗に洗って水槽に入れたいと思います。

そして・・・どんな魚が買いたいのかというと・・・。

すでに熱帯魚屋に探してもらっていますが・・・・。


古代魚 ポリプテルス エンドリケリーショート!

FullSizeRender


ヤフー画像からのものですが・・・、こんな感じの古代魚です。

最初は、15センチぐらいの個体を3匹購入して、50センチを超えてきたら、水槽を120センチに変えようと考えています。

その時に、小型の綺麗な色のアジアアロワナも欲しいな〜と思っています。

そんな計画をしておりますが・・・。

IMG_8567


うちの息子が・・・・・私の部屋を覗きながら・・・。

息子 『お父さん・・・僕は、面倒見ないからね・・・!  そのうち、絶対に、僕に、水槽の水換えや、餌やりを押し付けるから・・・最初に行っておくよ!』

『はっ・・・。 自分で面倒みるからいいよ! 逆に、お前、勝手に俺の熱帯魚に触るんじゃね〜ぞ!』

息子 『前に、犬も、買ってきて・・・、毎日、散歩に連れて行ってるのは僕だし・・・。』

『俺は、仕事が忙しいんだ! 毎晩、会食や、接待ばっかりじゃん! 朝は、二日酔いだし・・・。 そんな中、週一ぐらいでは、散歩に行ってるじゃん! 一つ教えておいてやる! 犬は、家族で面倒を見るものだ・・・、犬も家族だろ?』

息子 『そのうち、熱帯魚も家族とか言って、僕に面倒を見させるんだよ・・・もう先が、わかりきってる。  家族という言葉を使うなら・・・、ペットも、車も船も不動産も、家族に何の相談もなしに買うけど、そういうのは、そろそろやめた方がいいよ!』

『アホかw 相談したら、なんだかんだ言うだろ??? 俺は、中学生ぐらいから、家族に相談をして物を買ったことはない! その代わり、学費以外、金でも迷惑をかけてない! お爺ちゃんや、お婆ちゃんにも聞いてみろ! お前みたいな親のスネかじりで、親の七光りで生きている人種と一緒にするな! あっちに行け! 自分の部屋で、オタク仲間とネットゲームでもやってろ!』

息子 『話にならん・・・相手にしただけ時間の無駄だった。』

『時間の無駄なら、あっちに行って・・・、お父さんが熱帯魚とか買わなくてもいいように、早いところ結婚して、孫の顔見せてくれよ〜w 彼女もできん奴に期待できんから熱帯魚を飼うんだ・・・あ〜〜寂しい・・・w 』

息子 『僕、まだ23歳だし・・・。』

『俺、結婚20歳・・・はたちぃ〜www うざいから、あっちに行って・・・w』

と・・・・息子に、チクリと嫌なことを言われたので・・・一応、論破!

熱帯魚ファンの皆様、私は大切に育てるので大丈夫ですよ!

不動産投資家さんも育てていますし、お客様もずっと大切にしております。

熱帯魚も、大事に大事に、熱帯魚雨の気持ちになって育てますのでご安心ください!

IMG_8565


そうは言っても、まだ、水槽に、1匹も魚が入っていないんですけどねw

あと3日ぐらいで、テスト魚を入れて・・・、来週の週末ぐらいには、古代魚を入れることができそうです。

でも、実は、ちょっとだけ、熱帯魚を始めると決めて良かったことがります。

今、水耕栽培の勉強をしているのですが・・・、熱帯魚の水質の勉強が、水耕栽培の水質の勉強に、若干役に立つ部分があることを知ったと言うか・・・先日、水耕栽培の専門家と話をした際に、ちょっとdけ水質の話についていけたのです。

世の中、やることなすこと、あれこれ、リンクしてくるというか・・・無駄なことはないですね〜。

今日は、後で、熱帯魚屋に行って、魚のウンコ取り用の、フィシュレットと、改造アダプターと、コンプレッサーを買いに行ってきます。

そんなわけで、本日は、経営者と熱帯魚というテーマで書かせていただきました。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 14:57|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年11月05日

2267)不動産の本当の価値・・・チャンスを逃すな!

不動産の価格には、相場というものがあり、買う側の誰もが、相場よりも安く買いたいと考えますし、売る側の誰もが相場よりも高く売りたいと考えます。

そんなことは当たり前のことなのですが・・・、プロの私から見ると、価格に固執しすぎて、チャンスを脱がしている人が多いというのが本音です。

不動産は、購入すれば使用するわけですし・・・、売れば大金が入ってきたり、借金を返済できたり・・・その場の金という価値だけではなく、タイミングによって人生が変わることがあります。


IMG_7511


家を買うにも、自分や家族のタイミングがありますよね。

子供の幼稚園や学校の問題! 自分たちの年齢やライフプランなど・・・。
当然に、購入する不動産の支払いのことは、自分たちの収入に合わせなくてはいけないので、無理をして高いものを購入してはいけません。
しかし、相場を気にしすぎて、タイミングを逃がしてしまうということは・・・家族にとって、その後の生活場所が変わるので、出会う人も変わるわけで・・・僅かなお金のことでタイミングを変えるのは勿体無いと思ってしまいます。

家を買えない人に多いのは、100%の物件を求めるあまり買えないという人も多いのですが、相場を調べまくって、相場以下で買おうと交渉しまくって、なかなか買えないという人もいます。

IMG_7670


同様に、企業が商工業用地を検討する際も、タイミングは大事です。

特に企業は、少々の坪単価がどうとか、少々の建設資材の高騰を気にしていたらいけないと思います。
例えば、以前私が誘致した企業様は、年少50億以上あり、年間の利益も億単位で、内部留保も、めちゃくちゃいい会社だったのですが・・・・。

売主の中に、契約直前に土地の価格を値上げしてくれと、ちょっとしたワガママを言った人がいて・・・、20万円ほど余分に費用がかかるということになり・・・、その件で、すったもんだして、結果、工場の完成が9ヶ月遅れたということがありました。

土地価格2億円、建物価格5億円、工場のライン・機械類で8億円・・・・、このプロジェクトで、地主11人のうちの一人のワガママに腹を立てて・・・9ヶ月遅れたんですよ!
まあ、契約間際に待って、一人だけ土地の価格を上げるというのは、腹立たしいですけど・・・ここで熱くならなくてもいいじゃないですか・・・。

私が、ポケットマネーで20万出しましょうか?と申し出ても、そういう問題じゃない!と怒って、9ヶ月間、売主、買主、一歩も引かずで・・・・結局、9ヶ月後に、前社長(現会長)に、めちゃくちゃ叱られて、結局、9ヶ月遅れで契約をしたのですが・・・。

社長は、会長に、『自分の感情で、どれだけの人の時間を無駄にしているのか、お前は、そんなことも分からんのか〜。 時代も企業も生きているんだ!』と、無茶苦茶叱られてましたけど・・・。
私も、柔らかくですが、同じようなことを言って説得していたのに・・・、何故か、理不尽に、私まで叱られまして・・・・まあ、80歳を超えた大先輩なので叱られても腹は立ちませんでしたが・・・。

IMG_6464


そもそも、素人の相場観って・・・・。

素人さんに多いのは、買おうとしている近くの不動産の価格をネットで調べたり、チラシや新聞の価格を比較したりするというパターンなんですけど・・・。

もちろん、こういった調査をするのも大事なことですが、ほとんどの人は、その地域の高いもの〜安いものを見る中で、南向き、北向きとは、考慮して価格を見るのですが・・・それ以上の査定をすることはないんですよね〜。
前面道路の幅、近隣の騒音や臭い、土地の形やまぐち、建築プランの入れやすさ、日当たりなどを考慮して、きっちり査定ができればいいのですが、そんなことは現実問題無理じゃないですか。

ほとんどの人は、ネット情報から大凡の平均を算出して、それ以下で買おうとします。

不動産の良し悪しも平均以下であれば、見つかりますが・・・、価格は平均以下で、物件は平均以上で探すのでなかなか見つからないということになるのです。

例えば、坪単価50万円が相場だとすると、坪55万円〜坪45万円ぐらいの開きがあります。

南向き正方形、前面道路幅員5m以上の土地が55万円だとしたら、東、西向き、間口が狭かったら・・・もしくは、延長敷地(旗竿地)であれば、45万円ぐらいでしょう。

平均50万円の土地、プラスマイナス1割の坪45万円〜55万円のうちの、坪単価1〜3万円分のお買い得を狙って行くのであれば、運良く、時間をかけてという感じなら買える可能性がありますが・・・、多くのお客様は、坪5万円分ぐらいのお買い得を狙って行くので・・・そうなると、なかなか買えないですし、時期を逃がしてしまうことが多いのです。

事業用(商工業用地)の場合も、同じくなのですが・・・それ以外にも、ライフラインの費用や、カーブミラー、水路のフェンス、等、地元の調整費のことで、逃がしてしまうケースもあります。

商工業用地の開発をする際は、意外と、行政や住民が、要望を出してくることがあるんですよ。
通学路だから水路沿いにフェンスを設置してくれとか、出入り口にカーブミラーをつけてくれとか、排水量が増えるので水路を大きくしてくれとか、水路沿いに草が生えるのにメンテがしにくくなるからコンクリートをはってくれとか・・・。

例えば、商工業用地を1万坪買うとして、売買代金以外の地元調整費が3000万円かかったとして、坪単価にすると3000円の話じゃないですか・・・、それで、買えなくなってしまったり、大きくスケジュールをずらすのは、私から見ると勿体無いと思ってしまいます。
私が、宅地分譲の開発をする際は、最初から5%ぐらいの予備費をみてありますから、行政や、地元住民との協議は、スムーズに進むことが多いです。

IMG_8381


そんなこんなで、不動産を買うには、値段の交渉をしたり、思いがけない予備費がかかったりすることもあります。

そんな時・・・一般の方が家を購入するという際は、不動産自体の条件的なことは、もちろん考えればいいですが・・・、その際に、自分と家族の家を買うタイミングも考えてみてください。
商工業用地を買うのに、条件的なことはもちろんですが、会社、社員、取引先にとっての時期というものも考えてみてください。

値段の交渉や、その他の条件の交渉を、受け入れろ!と言っているわけではありません。

タイミングということを・・・今より少し大きく考えると、本当の意味で、良い不動産購入ができるということが言いたいのです。


もう一点・・・事業用の場合は、土地の坪単価だけではなく・・・、その不動産を買うことで、年間いくらの売り上げや利益が出るかも考えることも重要です。

不動産が少々割高だったとしても・・・、その不動産を買うことで、飛躍的に伸びるとか、業績向上につながるのであれば、その分と、相場よりも高いと思う部分を比較して・・買う買わないを決まることがいいと思うのですが・・・、経営者さんなのに、やたら相場を気にして・・・、小さな金のことでムキになる人が多いんですよね〜・・・。

もちろん、我々不動産業者は、お客様が、安くて良いものを買えるように精一杯頑張っているということ前提の話なのですが・・・、最後の最後で、もう一歩の時は、ちょっとだけ妥協して欲しいな〜と思うこともあり・・・、そういう際には、今回のブログのようにタイミングも大事だということを説明させていただき・・・、今がタイミング良しなら買いましょう! タイミングじゃないなら、買えなくなることも視野に入れて交渉を続けてもいいんじゃないですか〜?と、アドバイスしますけど・・・。

稀にですが・・・、散々、無茶苦茶な交渉をしておいて、買えなくなると、怒りまくるお客様もいらっしゃるので・・・・、不動産は、売主より買主に方が偉いとか、どっちが上だ下だというような性質のものではなく、基本的に、売主買主平等ですから・・・、たまに、何か勘違いされている人もいらっしゃいます。

IMG_8321


何度も書きますが・・・、良い不動産を買うには、金だけではなく、タイミングも重要ということです。

損得は、金だけじゃないですから・・・金のことで金より大事なものを得られなかったとか、嫌じゃないですか〜!

相場も、タイミングも大事だし、でも、時は金なり・・・人生は一度きり!

そんなこと、分かっとるわ〜!って人も多いと思いますが・・・、意外と、タイミングより、相場や諸条件に気を取られて、タイミングを逃がしている人が多いんですよ〜。

そんなわけで・・・本日は、不動産の本当の価値・・・チャンスを逃すな!というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 11:19|PermalinkComments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月30日

2266)隣地の越境問題・・・(境界)

友人Kさんからのお誘いで・・・日本一旨い天ぷらを食べさせてくれるということだったので、東京に行ってきました。

くすのき という店に連れて行ってもらったのですが・・・。

IMG_8515


夕方16時ちょい前に新幹線に乗り、18時に東京の四谷に到着、21時半の新幹線に乗り名古屋に帰ってきましたが・・・食事だけが目的で、トンボ帰りの、ちょっぴりハードコースでした。


味の方は・・・・。

仕事柄、接待が多いので・・・、これまでに、相当いろんな高級和食を食べてきましたが・・・。

IMG_8516


食通の友人Kさんが言った通り・・・、日本一だと思いました。

特に、天ぷらに関しては、カルチャーショックを受けるぐらい美味しかったというか・・・、名古屋の有名天ぷら屋さんと比べても数段格上の旨さでした。(名古屋の有名天ぷら屋さんも相当旨いです。)

友人Kさんは、予約の取れない店での美食会に、ちょくちょく誘ってくださるのですが、その中でも、くすのきは、別格に美味しかったです。

Kさん、ブログを読んでくれてたら・・・また、誘ってくださいw

ということで・・・・食レポは、ここまでにしまして、本題に入りますが・・・・。

この、東京での美食会の帰りの新幹線の中で・・・昔、お世話になったお客様Bさんからお電話をいただきまして・・・今も時々、何かとご尽力いただいてますが・・・。

実は、夕方にも電話をいただいていたのですが、名古屋駅内をプラットホームに向かって歩いている最中だったので出ませんでした。

お客様Bさん 『あっ〜 やっと出た! おい、社長・・・、夕方、電話したんだぞ〜・・・。』

『すみません。 本日、東京出張でバタバタしていたので出れんかったんですよ! Aさん、話が長いので、明日、ゆっくりかけようと思っていたのですが・・・なんか、あったんですか???』

お客様Bさん 『ん〜〜〜。 あったといえばあったし・・・いつものことなんだが・・・今日、堪忍袋の尾が切れたというか・・・、キレたんだけどな。』

『また、隣のババア(お婆ちゃん)の話ですか???』

お客様Bさん 『ババアじゃね〜。 糞ババアだ!』

『あははははw 俺から見たら、ババアだけど・・・、Bさんと隣の婆さんと、年齢的に同世代じゃないですか〜w 』

お客様Bさん 『たわけ〜。 糞ババアは、昭和10年代・・・、俺は20年代だ! 隣の糞ババア・・・うちの屋根の雨が、トイを超えて敷地内に落ちるから、屋根を切れって行ってきやがって・・・しかも、外から大声で怒鳴りやがって・・・・。』

『まあ、あの人、常識ないですからね・・・昔、私が、双方建て直すときは、境界を越境しないように建築するように越境確認書を作って交渉に行った時にも、相当、ヒステリックに怒鳴り散らしてましたからね・・・w まあ、最後は、きっちり、説得して合意させましたけど・・・。』

解説すると・・・お客様Bさんと、隣地のご高齢のお婆さんとは、もう10年以上前から戦争をしているのですが、ここ最近は、休戦状態だったのですが・・・

電話の内容から察すると・・・また、戦争が始まったようです。


まあ、なんだかんだ言って、Bさんと、隣地のお婆さんは親戚なんですけど・・・。

要するに、隣の婆さんは・・・、Bさんの、お父さんの後妻さんなんですど・・・、お父さんが死んでからは、元々、本当の親子ではないし・・・婆さんの常識と性格が変なので、仲が悪いのです。

何度も、私が間に入って、解決してきましたし・・・。

1751BBB6-8CCE-4549-9408-231D68D23CA0


実は・・・、相続の時も、相当、ゴタゴタしましたからね。


お客様Bさん 『越境については、お互いに越境しているから、それは、建て替えの時に越境しないようにすればいいのは了承済みだけどな・・・、社長も知っているとおり、向こうの屋根が越境していて・・・雨の量が多いと、雨樋を超えて、うちの屋根に雨水が落ちてくるんだ。 その雨水と、うちの屋根の雨水が合わさり、糞ババアのところに流れるから、うちの屋根の雨樋を超えて、隣の家の敷地に雨水が落ちんだ!』

『なるほど・・・最近、雨が多かったので・・・雨水が、きっかけで、再び戦争が始まったわけですね。  あっ・・・、横浜過ぎたので、もう少しすると電話切れるかも・・・。』

お客様Bさん 『横浜か〜w 崎陽軒のシュウマイ食いたいな〜w 新幹線の中で臭うんだよな〜・・・。サラリーマン時代を思い出すわw そんなことは、どうでもいいんだけど・・・、隣の糞ババアがな、外から、大きな声で怒鳴りやがって・・・何事かと思って窓を開けたら・・・雨水が、どうでこうで・・降りて見にこい!って・・・怒りまくってるから・・・俺もド喋ってやったわ。』

『で・・・結局・・・。 屋根を切れって言われたんですね?』

お客様Aさん 『その後、うちの家まで来やがって、嫁に屋根を切って雨水を一滴も飛ばすなと・・・嫁にも怒っとったんだわ・・・。 どうしたらいい?』

ここまで・・書いたところで・・・状況が分からない人もいるかもしれないので・・・、なんとなく、絵にしてみました。

FullSizeRender


絵心がなくて申し訳ないのですが・・・

婆さん(Aさん)の家の屋根は、お客様Bさん家の屋根の上に少し重なっているので、大雨が降ると、雨樋を超えて雨水がBさんの屋根に落ちる・・・・。

そして、Bさんの屋根の雨水は、大雨が降ると、雨樋を超えて婆さん(Aさん)の家の敷地に雨水が落ちるということで・・・婆さんが、外から怒鳴って怒りまくって、言い合いになっていたらしいのです。


お客様Bさん 『前に合意書を交わしているから、それで決着がついたはず!それを、言ってやったんだけどな。 お互い様と言うことが分からん糞ババアだからな〜・・・。 それでな・・・社長、暇な時でいいから、越境確認書の話をして、お互いに建て替えるときは、引っ込めて建てるんだから、たまの大雨でガタガタ言うな!って、言って来てもらえんだろか〜?』

『ん〜〜〜〜〜〜。 もう少し、放置しておきましょう。 あまりにも続くようなら、行きますけど・・・私も、あのババアとは、なるべく関わりたくないんですよ。 多分、台風シーズンが過ぎたら、言ってこなくなりますよ!』

お客様Bさん 『いや・・・。 雪が積もったら、雪が落ちるとか言ってくる気がする。近年は雪が少ないが・・・もし、大雪降ったら・・・雪が落ちるから屋根を切れって言ってくると思うんだわ〜。』

『間違いなく言ってくるでしょうね・・・。 でも、今回は、放っておいて・・・その話は雪の時にしましょう。その時は、絶対に行きますので・・・。 まあ、今回は・・・様子見ということで・・・。 ねっ・・・! 』

お客様Bさん 『う〜ん・・・。 雪と決めてしまうのもどうかと思うから、次に、怒鳴って来たら・・・社長、頼むわ。 うちの嫁も、近藤社長に電話して〜って言っとったんだわ。』

『わかりました。 そうしましょう。  とりあえず、大雨と、大雪が降らないことを、お互いに祈りましょう。 奥様にも宜しくお伝えください。』

そんなわけで・・・とりあえず今回は、行かずに済んだのですが・・・、いずれ近い将来、また、あのババアと対決しなくてはいけない日がくると思います。

う〜ん・・・。

十数年前の越境確認合意書では、双方に境界の位置と、屋根の越境を認めさせて、建て替えをする際は越境しないと約束させて・・・、その工事をする際は、協力し合うというような条文を入れて・・・、この合意書の内容を、譲渡した場合も、次の所有者に承継させるとも、入れておいた気がするのだが・・・。

雨や雪のことまでは・・・、条項に入れなかった気がする・・・。

そこまで、やらないといかんのかな〜?とも思うが・・・、次回、婆さんとBさんが、ゴタゴタした際には、追加しておいた方がいいのかもしない・・・。

でも、婆さんは、物の道理は関係なく感情だけで物を言う人だし・・・

あっ! そうだ・・・! いい事思い出した・・・w

作戦その1あの婆さん、甘いもの好きだったから、美味しい和菓子を持って行って、ご機嫌取ってから、合意書の追加の印鑑をもらおう!

暗黒の中で、交渉成立という光が見えた気がしましたwww

まあ、ここまでの御仁は、なかなかお目にかかれませんが、土地を所有していると、大なり小なり隣地トラブルが発生する可能性がありますので、皆様も、お気をつけください。

特に居住している場合は、隣地だけに、気分的に滅入るし結構めんどくさいです。

私の場合は、間に入って解決する立場なので、当事者ほどではありませんが・・・それでも、大変です。

う〜ん・・・でも、あの婆さん相手に、隣地同士のイザコザ解決めんどくさいな〜・・・。

最近、いろんな分野に手を出していて、スケジュールも、頭の中もいっぱいいっぱいだし・・・、本当は、こういうのは社員たちに任せて・・・、こんな仕事はしたくはないのですが・・・、駆け出しの頃、Bさんのお父様には、お世話になりましたし・・・、Bさんにとって私は、名古屋の不動産会社の社長でなく、親父の可愛がっていた津島の不動産屋の兄ちゃんなので・・・。

まあ、津島の人たちにとっては、20年前も今も、不動産の困りごとがあると、何でも解決してくれる不動産屋の兄ちゃんなので・・・それはそれで、嬉しいですし・・・。

二十代、三十代は、地元の人たちに、可愛がっていただき今があるわけなので・・・。

何でも解決してくれる不動産屋の兄ちゃん(50歳)は、地元の皆さんのために、これからも頑張ります!


そんなわけで・・・本日は、隣地の越境問題・・・(境界)というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 13:41|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック