営業・販売の極意(No.2499)隣地トラブル クレーマー対応・・・意地悪爺さん? (No. 2501)

2021年04月04日

障がい者と不動産の話(No. 2500)

障がい者の親は、皆、言葉は違えど気持ちは同じで、『子供のことが心配で死んでも死にきれない!』

これまで、多くの障がい者の親の話を聞いてきたか、もう、数えられないが・・・、その思いは、私の心の中に、どんどん蓄積されていくわけで・・・。


私は、障がいを持つ子供はいないが、子を持つ親として、子供が心配でたまらないという気持ちは少なからず理解できるし、自分の子供が、もしも障がい者だったら、私も、死んでも死にきれないという気持ちになるであろうと想像できる。

障がい者の子供を持つ親御さんたちの思いは、私の考え方と行動を変えていくわけで・・・。

気が付けば、今・・・、不動産事業とは別に、農業と、A型就労継続支援事業所(ちよだふぁーむ)をやっていて、これらを安定させるために必死なわけで・・・、将来的には、グループホーム事業も加えて、障がい者が、住むところがあり安心して働けて、収入があり・・・普通に生活ができるようにしてあげたい。

何をしても、親は、子供のことは心配だが、今よりは心配度が下がるのではないかと思う。
そう考えると、私は、障がい者のためにやっているのではなく、障がい者の親のために頑張っているのではないかと、時折思うわけだが・・・。

IMG_6214


ここで、少し話は変わるが・・・。

少し前のブログに、そんな状況と、私の思いを書いたからなのか・・・
2名の不動産投資家から、グループホームを検討したいので、詳しい事を教えてほしいという話がありました。


基本的に、他の投資に比べて超低リスクで安定収入を求めているので、自己の生活の安定以外に興味はなく、リスクを嫌い、社会貢献とかを考える人が少ないのだが・・・、私のブログを読んで2名が興味を持ってくれたのは、とても嬉しい!
もちろん、障がい者のグループホームも不動産投資の一つなのだが・・・利回りは低めだし、運営会社次第のところもあるので、普通の収益物件とは、少しリスクは高めだし、利回り重視とは、少し違う考え方をしなくてはいけない!

ただ、今回の2名は、不動産賃貸業をやりながら社会貢献もできるというところに興味を持ってくれているので、話していても・・・、不動産投資家特有の、自己中な感じや、ケチケチ感みたいなものは感じない!

ほとんどの場合・・・、投資家はアパートを建てる、それを障がい者のグループホームを運営する会社が一括で借り流という感じが多いので、不動産投資家と障がい者の関わりは薄いのだが・・・。

わがままを言うわけではないが・・・、私としては、障がい者に対して、理解がある方、差別的な気持ちがない人に建ててもらいたいと言う気持ちがありまして・・・。

少なくとも、障がい者を見て、嫌悪感を抱くとか、気持ち悪いとか、鬱陶しいとか思う人は、遠慮してもらいたい!

なんと言うか・・・A型就労継続支援事業所をやりだしてから、健常者が障がい者を見下しているとか差別をしているとか、そういうことを、すごく感じるようになったんです。
障がいがあるので、区別されるのは仕方がないと思いますが・・・、自覚はないのかもしれませんが・・・差別している人が多いですからね〜。


就労支援の関係で、いろんな企業さんを訪問しますが・・・。

訪問時、商談中に、相手に対して、いちいち言わないですけど・・・・、障がい者の仕事に対して、簡単な作業のという認識ではなく・・・、汚い仕事、人が嫌がる仕事というものを障がい者にさせるという考え方をしている経営者や人事部長がめちゃくちゃ多いですからね〜。
企業としてのコンプライアンスという言葉を使うわりには、人間としてのコンプライアンスが欠落してるんじゃないの?って思うことが多々あります。





まあ、この話をすると、長くなるので・・・戻りますが・・・。

障がい者のグループホーム投資をする人には、不動産投資の利回りだけではなく・・・、この世の中には、いろんな人がいて社会が成り立っていて、自分もそのうちの一人であり、何らか少しぐらいは社会の役に立ちたいという思いがあって、やって欲しいんですよね〜。

私は、不動産賃貸業というものを、社会の中で必要なものであり、社会の中の歯車の一つだと考えています。
自分の利益だけを優先して、自分だけ儲かれば的な不動産賃貸業をしている奴が大嫌いなんです。


儲からない不動産賃貸業をやれと言っているのではなく、不動産賃貸業で儲ければいいんですけど・・・、社会や地域で自分が置かれている立ち位置・・・、もっと言うと、社会や地域での役割的なものも考えないといけないと思います。

もちろん、賃貸業をやっていれば、それを借りる人がいて、そこには生活があり、それを貸しているわけですから、社会の役には立っていますし、役割は果たしているのでしょうが・・・、ここ近年の不動産賃貸業のオーナーは、社会がどうこうなんてことは関係ない! 利回り、キャッシュフローを気にしすぎて、兎にも角にも、1円でも安く買い、1円でも多く賃料を取ってやろうという自己中心的な不動産賃貸業になってしまっている人が増えたように思います。

私も、企業の社長ですから、利益は追求しますが・・・、不動産業デベロッパー、不動産仲介業、不動産賃貸業、土木建設、その他、グループ会社全て・・・、微力ながらも、社会の中で、地域の中でということを考えていますし・・・当然、農業、就労支援のほうでは、更に社会性、地域性を考えながら少しでも貢献しようと努力しております。

IMG_6358


今回、グループホームの事を知りたいという不動産投資家さんは、2人の不動産投資家さんは、私のブログを読んで理解していると言ってくださってるので・・・安心しています。


話した感じだと、障がい者に対する偏見も差別もなさそうですし・・・逆に、すごく興味を持ってくださっていて・・・世の中、まだまだ良い投資家さんもいるんだな〜って、めちゃくちゃ嬉しい気持ちになりました。

この話が、もう少し、固まってきたら・・・、不動産投資家さんたちにグループホームを建ててもらって、私は、通常の不動産投資と太陽光発電所だけってのも、なんとなく格好がつかないので・・・。

と言いながら・・・ブログに書いてしまいますが・・・。

不動産投資家さんたち2名と私で、土地を購入して3つに分筆して、3棟のグループホームを建てるのもいいかな〜と思います。
今回、手をあげてくれた読者さんたちとの絆みたいなものもできるような気がしますし・・・。

そもそも、自分がやってない事を人に勧めるのは申し訳ないので・・・・、資金的に余裕があれば、もっとでかい事をやるんですが・・・せめて私も1棟ぐらいは造ろうかな〜と思っています。

お金を出し合ってという方法もありますが、後々、分割するのが難しくなるので、土地も建物も、それぞれ単体にする方がいいでしょうね〜。

障がい者のグループホームができると、A型就労継続支援事業、農事組合法人はあるので・・・、ここに、障がい者のグループホームができると、そこに住んで働く場所もあり収入もあり、障がい者が自立できます。

成功事例を作った後は、これをスキーム化して広げる・・・そうする事で、少しは社会、地域に貢献できるのかな〜なんて事を考えているわけですが・・・。

そうは言っても、私も、まだまだ勉強不足なので・・・もっと障がい者についての知識を吸収しなくてはいけません。

私が今、自分で、プロフェッショナルと言えるのは、不動産業、建設土木業ぐらいで、農業も福祉も、必死に取り組んで、やっと形になってきたばかりの状態なので、今後は、知識をつけて経験も積んで、本当の意味でプロフェッショナルになっていかなくてはいけません。

最終的には、きれいにリンクさせて、ホールディングス化させたいわけですが・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


不動産、建設土木と、農業、福祉って・・・相性がいいと思うのです。

現在は・・・。

A型事業所の利用者さんに、農事組合法人の方の作業をしていただき、農福連携がスタートしました。

不動産業で土地の情報収拾をして、農地の買取案件は、農事組合法人で土地を購入している。

通常の農地も購入しますが、基本的には、耕作放棄地を購入するようにしていて、耕作放棄地の場合、農地に戻すための工事費など補助金も出ますので・・・弊社の土木事業部の方で工事ができます。

この土木工事に、A型就労支援の利用者さんも加わって作業してもらえますし・・・その作業フィーは、弊社から、A型事業所に支払います。

こうやって出来た農事組合法人所有の農地で、A型事業所の利用者さんたちに野菜を作ってもらいます。

その他にも、不動産事業、建設土木、環境浄化触媒のメーカーダイヤニウムでも、A型事業所の仕事をしてもらっています。

今のところは・・・こんな感じですが・・・。





今後は・・・。

・現在の農福連携を充実
・農業で作ったものを、製品化することで更に障がい者雇用を増やすことができるので、6次化を目指します。
・A型事業所が安定したら、B型事業所も立ち上げて、BからA型へ、A型から、企業への就職という流れを作る。
・不動産事業の方で土地建物を造って障がい者のグループホーム建設をして、とりあえず運営会社に借りていただきますが・・・いずれは、自社でグループホーム経営もしたいと思います。
・利用者さんの個性、得意分野を活かし、健常者と障がい者と協力しあって、不動産、建設土木、農業、その他の事業を成長拡大していく。

こんな事を考えておりますが・・・。

BlogPaint


実は、すでに、利用者さんの個性、得意分野を活かし・・・という部分は、出来つつあります。

うちのA型就労の利用者さんって、すごい人たちがいるんです。

複数の建設土木系の資格を持っている人、車両系の資格を持っている人、理系バリバリの大学を出ている人・・・今度、入ってきてくれる人なんかは、ITバリバリでプログラミングからソフト開発までできるぐらいの人も・・・、そして、農業分野では、作業が正確で早い人、丁寧で繊細な感覚を持ってる人・・・。
もちろん、まだ、これから!という人もいますが・・・、それは、私の方が、まだ、彼らの個性、特性を把握できていなかったり、把握はできていても、得意分野の仕事をさせてあげることができていないということだと思います。

それに・・・事業という部分ではなく・・・、利用者さんが今まで出来なかったことができた時や、利用者さんに、超秀でた部分を発見した時とか・・・個人的に、なんとも言えない喜びというのか、めちゃくちゃ嬉しくて・・・。
これが、事業として、きれいに回るようになり、利用者さんが、企業にとってなくてはならない存在になった時は、更に超めちゃくちゃ嬉しいと思います。

冒頭に書いた、障がい者の子を持つ親御さんも、我が子の将来、自立できるかを心配されているわけなので、自立させるには、住むところと安定した仕事があれば、少しは安心していただけるんじゃないかな〜と思います。

住居の確保は、これから取り組んでいきますし・・・、自立についても、最初の一歩は、個性特性を把握することだと思いますので・・・・。

まあ、能書きは、これくらいにして・・・、有言実行します!

本日は、障がい者の親と不動産の話というテーマで書かせていただきましたが・・・。

不動産とA型就労、不動産とグループホーム、不動産と農業、不動産と建設土木・・・全部繋がるというか、リンクできるということを書きたかったわけですが・・・。

千代田不動産グループは・・・不動産、建設、土木、農業、福祉を連携させて、社会貢献、地域貢献する企業を目指したいと思っています。

そんなわけで、本日は、ここまでとさせていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください















toshikazy at 12:28│Comments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | A型就労支援

この記事へのコメント

1. Posted by 吉村   2021年04月04日 13:25
最近は、美食と農業とボランティアですか?
丸くなりましたね。
人として素晴らしいと尊敬する反面、、、
不動産の申し子 金儲けの天才と呼ばれた先輩の角が取れていくのは寂しいです。
いつまでもギラギラしていてほしいです。
2. Posted by 溝口   2021年04月04日 17:07
親の気持ちはわかりますが障害者の子を持つ親の気持ちはわかりませんが、不安の中で自分が亡くなっていくことが無くなることは本当に社会貢献だと思います。
僕もグループホーム事業を取り組んでいきます。
3. Posted by かるふ   2021年04月05日 20:35
精神の障害って才能の偏りが強い場合が多いのです。
その人の強い部分を尖らせ、弱い部分を補強すれば人類にとって宝となるような偉業につながる事もあります。
私も福祉事業頑張ります。まずは黒字化。・゜・(ノД`)・゜・。
4. Posted by みなさま   2021年04月05日 23:36
近藤社長の様に障がいと表示していただきたいです。

害って漢字には良い意味がありません
m(_ _)mお願いします。

グループホーム作るのにクラウドファンディングとか株とかREITつーんすか? みんなで少額づつでもお金出資してもらって配当出すみたいのでもお金集めてみるとか出来ませんかね?
5. Posted by 毎日コツコツ   2021年04月06日 20:21
『子供のことが心配で死んでも死にきれない!』
という親御さんは障害がある、ないに関わらず一定数いらっしゃいます。障害者だからといって外に出さないのではなく、過保護にならず、親元を離れて自立させることも必要ではないでしょうか。

農作業や軽作業、清掃をやっている障害者を鼻から見下す人は結構います。もはやどっちが障害者なのかわからないレベルです。

『害』という字に関してですが、個人的には左右対称で美しいと思います。個人的にですが、あえてひらがなで書くことによって、馬鹿にしてるように私は思います。
女が良くて「娘」、女が古くて「姑」、女が家に入って「嫁」、女偏がついてる字はあまりいい意味がないのと同じことです。字に罪はありません。
6. Posted by はい、字に罪はありません   2021年04月07日 08:00
字や言葉に罪はありません
その表現や使い方が・・・なんて言ったらいいのか、

『話す』の語源の説のひとつに放つ(はなつ)があります。
矢を放つように人のこころをガーンといたり、傷つけたりします。

昔、自分の気持ちを相手に伝えるために身振り手振りや『おーっ!』と出した声が言葉に、描いた絵が文字になったんだろうなぁ〜
でも言葉や文章では100%は相手に伝える事ができませんね。

^_^目を見つめるだけでテレパシーみたいにあなたに伝わればいいな。
7. Posted by コンドウ   2021年04月08日 02:20
吉村さん、コメントありがとうございます。
最近、ギラギラしてないですかね〜?笑
確かに、吉村くんの飲んだところ最近、全く見てないな〜w
というか、飲んだところ一回も見た事ないかも・・・w
まあ、ビジネスの話でもしながら・・・とりあえず、近々、シャンパン10本スタートで飲みましょう!


溝口さん、グループホーム事業素敵ですw
世のため人のためとは言いませんが・・・自分がやりたいことが、年齢と共に、変わってきますよね〜。
結局は、自己満なのかもしれませんが、私も、農福連携を頑張って成功させよと思っています。
また、情報交換しましょう。


かるふさん、そうですね〜。
確かに、才能の偏りというのは感じる事があります。
ただ、思うのは、健常者も同じで、超できる人もいれば、できない人もいるし・・・、障がい者の方が、ストレートに出してくれるので、こちらも受け止めやすく、才能を開花させやすいと思います。
お互いに福祉事業黒字化目指して頑張りましょうw
8. Posted by コンドウ   2021年04月08日 02:35
みなさまさん、コメントありがとうございます。
障がい者、障害者の表記は、正直、どちらでもいいような気がしますが・・・世間体で障がい者という表記にしています。
どちらでもいいような気がする理由は、もしも、私が障がいを持っていたら・・・と、考えた時に・・・。
障がい者、障害者・・・おそらく、そこを気にする事はなく、どっちでもいいからです。
でも、その事で、万が一、本当に傷付く人がいたら・・・世間の風潮は障がい者と書いた方が良いとされているので、そう表記しています。
本音の本音を言うと・・・そんな字の事よりも、人々の心の中にある、偏見、差別的なものを変えたいです。
でも、これって難しい事で、私も、この歳になり、国内、海外で、いろんなものを見て経験し、本当の意味で偏見差別がなくなったのであって・・・子供の頃、若い頃に、どうだったかを振り返ると、偏見、差別をしていたのかもしれないな〜と思います。

障がい者も、障害者も、どっちであろうが、(しょうがいしゃ)と読むので、ブログでは、障がい者と表記していますが、私は、普段は、利用者さんと言っています。


9. Posted by コンドウ   2021年04月08日 02:57
毎日コツコツさん、就労支援を始めて、本当に難しいな〜と思うことは、いろんな家族関係があることです。
死んでも死にきれないと言いながら、子供に対しての接し方はそれぞれなので・・・酷いんじゃない?という人もいるし、過保護すぎだろ〜って思う人もいますし・・・。
利用者さんも、親御さんも、やたらめったら何でも文句を言ってくる人もいますし・・・すごく、ありがたがってくれる人もいます。
ただ、私としては、なるべく多くの利用者と親御さんに喜んでいただけるように努力しつつ、理想の農福連携を目指して頑張るのみです。
大変なことも辛いこともありますが・・・目標は、もっと先にあるので、全ては目標達成のための通過点だと思えば、折れずに頑張り続ける事ができるので・・・。
やりだした事ですし、苦しさもあれば、楽しさ、嬉しさもあるので・・とにかくやり切りますw
コメントありがとうございます。



はい、字に罪はありません さん、就労支援をやっていると、利用者さんを、常識では考えられないような思いもよらないところで、傷つけてしまっている事もあります。
えっ・・・そこ?って事があります。
そこは、経験不足もあるとは思いますが、経験では補えないこともあって・・・、まあ、最終的には、膝を付き合わして、話して、分かり合える努力をするしかないですね。
でも、言えることは、甘やかしてもいけないし、厳しくしてもいけないし、ちょうど良いところは分からないので、手探りでやっていかないと仕方ないですよね〜。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
営業・販売の極意(No.2499)隣地トラブル クレーマー対応・・・意地悪爺さん? (No. 2501)