開発現場での大問題 Part2 また、あの設計会社か!(No. 2495)宮古島来る来る宿泊詐欺事件(No.2497)

2021年03月22日

楽天と郵政の資本提携合意から考える中小企業経営戦略(No.2496)

楽天グループと日本郵政グループが3月12日に資本業務提携に合意したと発表した。

このニュースを知った瞬間、皆さんは何を感じましたか???

FullSizeRender

(yahoo!画像からスクショ)

私が、瞬間的に思ったのは・・・

『え〜〜〜! あのお堅い郵政が楽天の株主になるのか? ん・・・なるほど〜 最近、郵便局もハガキや手紙も流行らないからな〜・・・楽天は、ECという分野で郵便局の店舗を利用して、アマゾンを目指ししているんだろうな〜・・・。  でも、郵政側のメリットは、楽天よりも少なくないか? まあ、何にしても、画期的な業務提携だな〜・・・楽天か郵政の株買おうかな〜w ん・・・郵便局で楽天のATM使えるようになるのかな?』

まあ、この程度の感覚だったわけでですが・・・・。

家に帰って、マスコミ各社のニュースを見てみると・・・おおよそ予想通りの部分は、書いてあったのだが・・・、楽天モバイルのアンテナ基地局に全国津々浦々の郵便局を使える事にあることや、楽天の財務状況を知り・・・更に、なるほどな〜と思ったわけです。

だからといって、楽天と郵政が組んだところで、国内はともかく、世界を視野におくと、アマゾンには、逆立ちしても敵わないわけなんだが・・・まあ、今の状況よりは、楽天も郵政も良くなることはあっても悪くなることは考えにくい!

コロナ中から、爆発的にECの需要が高まっている中で、今後も、この状態が続くと考えると・・・、楽天は郵便局を使い放題にしたいし・・・、遊星は、楽天のモバイルやAI技術を使痛い放題にしたいし・・・、めちゃくちゃ画期的な資本提携だと思う。

まあ、ただ・・・実際に、双方、これまでやってきた事を急に変えるのは大変なので・・・、分野によっては、一緒にはできないけど、独自でもできないなんて部分もあるだろうから、そういう分野は、持分半々で新しい会社を作った方が効率が良いでしょうね〜。

何にしても、RAKUTENさんの、三木谷会長は、私が尊敬している人の一人なので・・・ここで勢いつけて、世界のRAKUTENとして大活躍していただきたいですし、それができる人だと思っています。





あとは・・・、これは、ネット記事にも見当たらなかったのだが・・・・。

無知的な発言というか、トンチンカンな事を言ってるかもしれないが・・・、元々、電電公社と郵便局って、超仲良しだと思うのだが・・・、つまり、郵政とNTTの関係はどうなるのだろう?

というのは・・・日本の歴史・・・ちょっと難しい話になるが・・・

元々は、明治に日本の通信省ができて・・・、郵務局、電気局、電務局、その他の局があったじゃないですか・・・私は産まれてませんけど、明治以降の歴史上の話ですよ!

そこから、電気、交通、通信と分かれて・・・国鉄とか、電電公社とか、公営だったとことから・・・で・・・昔の戦前、戦中とかの映画やドラマでは、郵便局が電報、電話を管轄していたわけです。

要するに、郵便局と電電公社は、親子、兄弟みたいなものだったわけですが、民営化されてからも、夫婦のように電電公社の隣は郵便局があった感じしたよね・・。

そして、現在、郵政とNTTになったわけですが・・・、まあ、財布が違うので、別居中の夫婦みたいな関係だとして・・・、郵政が資本提携までして楽天と仲良くしちゃったら・・・NTTさんの立場が・・・。

つまり、夫である郵政は、NTTという嫁がいながら・・・楽天に入れあげちゃって、仲良くなってしまったら、NTTとの関係はどうなるんでしょうね???

皆さんは、郵便局と電電公社は、仲良しって感覚はありませんか?


そういう意味では、今回、楽天がラブコールしたとしても、郵政が、それに応えて、キュンしちゃったというのは、歴史的に考えても凄いことだな〜と思うわけです!!!

郵政とNTTと楽天は、三角関係になるんじゃないのかな〜?

そこまで他人様の家庭のことを詮索しなくてもいいか!笑

とりあえず、郵政、楽天の双方の事業や現状を考えると、良い関係になれると思います。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


まあ、でも・・・こういう感じで、双方にメリットが出る資本業務提携的なやり方って、今後、大手企業同士は勿論・・・中小企業でも、今より、もっともっと増えて行くでしょうね〜。

今は、大手が大手、大手が中小に・・・みたいなのは、ちょくちょくありますが・・・こういう時代になってきましたし、今後は、双方の弱いところを補い合える関係になっていくのが主流になってくるように思います。

過去の郵政アフラックの件もありますが、郵政の頭が柔らかくなったとはいっても、現実的には、なかなか大変でしょうが・・・。

まあ、でも、郵政と楽天の画期的な資本提携、凄いことになりそうですね。

中小も、規模こそ小さくてもそういう事をやって拡大していかなくてはいけない時代ですよね〜。

資本提携とかって、昔は、経営に行き詰った場合の企業の存続を図るためのもの!みたいな考え方をしていたのかもしれませんが・・・、大企業も中小企業も成熟し、それぞれの独自性があり得手不得手がある中で、双方の企業聞で、共同研究開発や販売活動など、お互いの利益になる協力関係を構築したり・・・お互いの経営資源の不足を補完することで、企業の強みにさらに磨きをかける為の、資本提携が増えてきましたし、これから更に、こう言った資本提携が増えて日本企業は強化して世界と戦えるように成長していかなくてはいけないと思います。

BlogPaint


急に小さな話になりますが・・・・弊社、千代田不動産も・・・・

実は、弊社は・・・中小企業ではありますが・・・、これまで、賃貸部門や、建設土木を吸収してきましたし・・・農業分野でも農事組合法人や就労支援事業所を作ったりして、小さいながらも、愛知県西部で地域密着の総合的事業ができるように動いてきました。

今後は、弊社が苦手な分野の会社に資本を入れたり、跡継ぎのいない不動産業者や建設土木会社を吸収していこうと考えていまして・・・、まだ詳しくはかけませんが、現在、弊社が苦手な分野の資本提携の話を進めています。


ただ、うちの場合は、千代田不動産本体から出せる管理職の人材が不足しているので、そこがネックですけどね・・・(私と、本部長だけでは、手が足りない!)

とりあえず、農業分野も就労支援事業も、手離れして、全てを任せられる人材が欲しいです。(農業分野、就労支援分野、幹部候補生募集中!)





そこが固まってないのに、資本提携や買収のステップには進みにくいというのが正直なところですが・・・各事業を任せる人材が、ほしいですね〜。

そこは、私が、独創で独走してきたので・・・若い頃から、もう少し人材育成に力を入れてくればよかったな〜と思うわけですが・・・。

資本提携やM&Aをして人材を確保するのもありなのかもしれませんが・・・組織的に、ちょっと弱いかな〜なんてことも思いますし・・・・どうなんでしょうね〜?

何にしても・・・。

不動産、建設土木を主軸に・・・とりあえず、農業の責任者と、就労の責任者を育てて、きっちり回るようにしてから・・・次のステップに進み、不動産を中心に地域密着の千代田不動産グループを目指します。

それから・・・楽天の株、窓空けして上に突き抜けているので、窓埋めするのを待って買おうと思っています!
窓埋めするかは、分かりませんが・・・!窓埋めしたら即買いするつもりです!笑

そんなわけで・・・楽天さん、郵政さんの資本提携合意から考える中小企業経営戦略というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 18:49│Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 営業 経営 | 近藤利一 不動産コンサルタント

この記事へのコメント

1. Posted by 近藤ファン   2021年03月22日 20:42
経営者目線ですね。
業務提携だけが強調されているが、不正として問題視すべきです。
政府が楽天の資金繰りを援助する狙いだったことは明らかじゃないですか。

政府は日本郵政の株の60%以上を保有していますので、不正業務提携をしたということになりませんか?
日本政府が郵政から楽天に投資させたようなもので、国が楽天に資金を出したも同然でしょう
2. Posted by 毎日コツコツ   2021年03月23日 19:42
事業承継の問題ですね。

大企業や霞が関はよくもわるくも人材育成がしっかりしてます。組織の保全のための人材といったところでしょうか。

M&Aに関しては、大国が小国を吸収して本当によくなるのか?という疑問があります。
3. Posted by 花水木   2021年03月25日 10:31
親方日の丸的な郵政と、やりて成長戦略家の楽天、
良い組み合わせで、日本は活性か化する事をねがっています。コロナで日本の借金が益々増加しましたね、
元気な日本を取り戻してほしいと願うばかりです。
4. Posted by コンドウ   2021年03月25日 12:15
近藤ファンさん、まあ、そういう考え方もありますが・・・。
政府→郵政→楽天ってことですから、政府のお金が入っていくということですからね。
考え方を変えると、それだけ政府が楽天に期待しているってことで、これまでも、そんな企業はありましたし、問題ないんじゃないかな〜と思います。
ただそれが、NTTではなく、楽天というところが、面白いな〜と思いますw


毎日コツコツさん、資本提携で人事も動くでしょうから、楽天側も郵政側にも良いでしょうね。
M&Aは、大手が中小を・・・という図式だけではなく、今後は、中小が中小を・・・という感じで、弱い分野を強化するためのMA 資本提携が増えるでしょうね。


花水木さん、私も同感です。
間接的に国の金が入った形になるとか、そんなことはどうでもよくて・・・楽天は世界の楽天として世界で活躍して欲しいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
開発現場での大問題 Part2 また、あの設計会社か!(No. 2495)宮古島来る来る宿泊詐欺事件(No.2497)