都心部からの人口流出(No. 2486)これからの時代は、農業投資(No. 2488)

2021年02月18日

高台の住宅地の高低差、建設相談(No. 2487)

最近、東海市の加木屋で宅地分譲の販売をしている関係で、お客様からの建設相談が多いです!

相談の半分以上は、弊社の営業からなのだが・・・、ブログの読者さんから『近藤社長に相談に乗ってもらいたい!』という特命の以来もあり、今週は、バタバタしています。

ここ最近、住宅系のことは、あまり書いていないのに、私に相談をしてくださるのは、とても嬉しいです・・・。

満足する家を買うにはこうしなさい


先日も、私の著書、(満足する家を買いたいならこうしなさい!)を持参してきて、サインをくださいと言われてしまい・・・、著書の出版の頃に頻繁に書いていたサインが、上手に書けなくて・・・。
サインを書くのを失敗してしまったので、お詫びにお客様に、ダイヤニウムスプレーをプレゼントさせていただきました!笑

なんだかんだ、自由国民社さんからの依頼で書かせていただき、最初、5000部を出版してくださり、増版、増版で・・・何年か経ってから、改訂版を出版してくださりまして・・・・それなりに売れたので・・・。

発売時は、毎日のようにサインしていましたが、ここ1〜2年ぐらいサインをしたことがなかったので・・・サラサラ〜と書き出したものの、途中で手の動きが止まってしまい・・・、ん? この後、どうだったかな〜???となってしまい・・・・

『す・・・すみません! 久々なので、自分のサイン忘れました・・・・。』

お客様 『・・・・。 だ、大丈夫です。』

huutou

出版当時のサイン)

『ん〜・・・・サイン・・・思い出せません・・・。 とりあえず、こんな感じで・・・、近藤までは書けたのですが・・・この続きが・・・。』

お客様 『あ・ありがとうございます。 もう、これで結構です。 ご本人が書かれたのですから、サインでに変わりないので大丈夫です。 ありがとうございました。』

『い・いや・・・これは、まずいでしょう・・・。 本当にすみません。  代わりと言っては、何ですが・・・。  こういう時期ですし・・・ダイヤニウムスプレーをプレゼントさせていただきます。  これ、試供品じゃなく、私が自腹で買ったもの・・・もちろん見ての通り新品です。』

お客様 『そんな・・・いただけません・・・。 ブログを読んでいますので、少し前に通販で買わせていただきましたので・・・・』

『いえいえいえいえいえ・・・。 1400円もする本をご購入いただき、こうやって持ってきてくださったのに、サインを失敗してしまい・・・と言うか、サインが書けないというお恥ずかしい話で・・・大失態のお詫びという事で・・・本当にすみませんでした。』

ということとで・・・、何とか受け取っていただきましたが・・・、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

話のついでに・・・ダイヤニウムスプレー! アルコールタイプも宣伝しておこうwww





そろそろ、ブログの本題に入って行きますが・・・。

東海市の分譲のお客様からの相談で多いのは、高台の土地の高低差についてです。

相談の大半は、ヽ姐宗造成工事費用と、△匹鵑焚箸魴てたらいいのか・・・この2点!

弊社のセントフィールド加木屋は、南勾配なので全区画日当たりが良いが、高低差が大きい区画もあり、弊社の社員は、お客様から、2時造成や外構工事質問をされて私に相談・・・、私のお客様は、私に直接相談をされるわけだが・・・。

まず、造成や外構については、当然に、平坦な土地に家を建てるよりは費用がかかるわけだが・・・セントフィールド加木屋は、高低差が大きい土地ほど、坪単価を下げてあるので、トータルで考えると、高いということにはならないように考えてあります。

FullSizeRender


住宅を建てる建設業者や、建て方によって大きく変わるので、一概には言えないが、ある程度は吸収できるように土地を安くしてあるので・・・それをお客様に説明した際に、なるほど〜!と考えていただけるわけだが・・・。
それは、わかったけど・・・、外構や造成費は、いくらぐらい見ておけばいいの?  どんな建物を建てたらいいの?という疑問が出てくるわけです。

高台の土地というのは、費用がかかるというのは、土地の坪単価で調整するとして、確かに造成や外構に費用がかかるのと、一般的な規格品的な建物を建てるのは難しい!

その代わりに、抜群の眺望と、個性的なデザイン性の良い建物が作りやすい!


IMG_5768


例えば・・・。

もしも私が、高台で高低差がある土地を購入して家を建てるなら・・・、間違いなく、一階は、コンクリートか鉄骨でビルトインガレージにして、その上に広めのテラスを作り、少し奥に建物を造ります。

奥が高くなっている住宅用地を見ると、ビルトインガレージが頭に浮かぶのは私だけなのかな〜?笑

私だったら、ビルトインガレージの上を使い家を少し奥に造ることを考えますが、設計士さんなんかは、鉄骨かRCで、建物を土地に入れ込んでしまい、三階建を建てて、一階はビルトインガレージにして、二階は広いリビングと水回りと裏庭で、三階に部屋と大きなバルコニー・・・みたいな設計をされる方が多いように思います。

ビルトインガレージの上を半分ぐらい庭にして、奥に平家を建てるのもカッコいいですし・・・。

道路面に沿って三階建てを建てて、三階部分のバルコニーを大きく取って、眺望を楽しめるような感じにするのもありだと思います。
夜景が綺麗な一戸建てみたいなイメージです。

簡単にいうと、私は、造成、外構に費用をかけて作り込み、その上に、二階建てを建てる感じで・・・、設計士さんのプランに多いのは、前面にデザイン性の良い三階建を建てる感じが多いです。

私は、車が好きなので、奥までビルトインガレージにしたいですが・・・、ビルトインガレージの奥は、遮音性も高いので、シアターにしたり、音楽鑑賞、楽器演奏や、筋トレルームにしたりする人もいます。





使い方の話は、これくらいにして・・・。

肝心な費用面ですが・・・、通常の二階建ての規格商品を建てる際の外構、造成より・・・300万円〜600万円ぐらいは、余分に費用をみておいたほうがよいでしょう。
でも、めちゃくちゃ拘ったりすると、1000万円以上高くなることもあるので、そこは、やりすぎないように注意しなくてはいけませんけどね。

今、相談を受けているお客様は、最初は、400万円ぐらいのビルトインガレージの横に階段をつけて、その上に木造を作るというプランでした。
一般的な家を建てても外構に100万円ぐらいかかるとして・・・、ビルトインと階段で400万円かかるから・・・、土地が200万円ぐらい安いので、差額は100万円!

それなら、憧れのビルトインガレージを・・・と計画をしていたのですが・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


計画していくうちに、ビルトの中にホームエレベーターをつけて、エレベーターで上がって、玄関内に出る感じにしたいとか・・・、ビルトインガレージの奥行きを増やして、サンドバッグと筋トレマシーンを置きたいとか・・・、奥様はルーフバルコニーが欲しいとか、おっしゃるようになりまして・・・。
現在、見積もり中ですが・・・いくらの家になるんだろう?的なお客様もいます!!!

初回は、お客様が予算を気にされていたのですが・・・昨日の打ち合わせでは、私が予算を気にして、『それは〜・・・かなり費用がかかりますよ・・・。 ご夫婦の収入合算的には大丈夫だと思いますが・・・もう少し控えめに考えましょう!』なんて感じになっています!笑

希望の土地に高低差がある場合は、高低差を上手に活かしたプランを提案します!とは言ったものの、皆さん、実際に家づくりの話をしだすと、夢や希望を、どんどんぶつけてこられるので・・・。

もう、こうなると・・・見積もりを出すだけ出して・・・あとは、予算に合わせて削っていくしかないですからね〜。





まあ、家づくりのお手伝いは、造るのも楽しいので、全然気にならないですが・・・最終的には、お客様が行き過ぎるのを、私が、『35年のローンを払うわけですから、人生色々あるかもしれないので・・・』なんて、引き止めている感じですw

うちの社員たちから相談を受けても、同じような感じになるパターンが多いので・・・。

ついでに言うと・・・、住宅メーカーさんの若い営業さんだと、経験値が少ない人もいて、プラン的な話ができず・・・、『設計に・・・!』と言いながら、うちの営業に相談をしているような話も聞こえてきたりして・・・。

私の感覚で言わせていただくと・・・、高低差がある家造りは、お客様の趣味趣向と言うか個性が建築に出せて面白いんですけどね。

ほとんどの人が、家づくりは、人生に一回なので・・・、平坦なところに規格品を造るのも、それはそれでいいのでしょうけど・・・、平坦な土地でも規格品ではなくオーダーメイドの家を造ったり、土地の高低差を利用して、平坦な土地ではできない家を造ってもいいかな〜と思います。

東海市加木屋B


宅地分譲セントフィールド加木屋

宅地分譲セントフィールドは、私のポリシーとして、当社の建築条件をつけておりません!

お客様が自分の予算に合わせて土地を購入して、自由に家を建ててもらいたいのです。

人生で一回の家づくりを楽しんでいただきたいです!


高低差がある土地の場合は、造成や外構に費用がかかるので高くなるというよりは、住宅メーカー等の規格品じゃないものを建てるので、お客様が費用をかけたくなる!というのが、メリットであり、デメリットのような気がします!笑

そんなわけで・・・本日は、高台の住宅地の高低差、建設相談の話でした。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 08:00│Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 近藤利一 不動産コンサルタント

この記事へのコメント

1. Posted by S不動産   2021年02月18日 09:37
おはようございます。
セントフィールド加木屋の販売順調そうで何よりです。
近藤社長の自宅は、海抜ゼロメートル地帯の平坦な土地にわざわざ土盛りして高台を造って家を建築されていますので高台の土地の扱いは上手でしょうね(笑)
2. Posted by 金持ちの家   2021年02月18日 19:04
高低差を活かす=金持ちの考えそうなこと
庶民は平地で津波に怯えながら暮らす
3. Posted by 庶民?   2021年02月19日 14:33
庶民は平地で津波におびえながら暮らす。

↑平地でもお家持ってるのなら財産あるし、
35年ローンでも銀行が貸してくれるならそんな貧乏でもないじゃないですか?
ローンが大変でも自分で借りるサインしたんでしょ?

^_^タコ部屋で監禁されてるわけでもないだろうし、危ない所だと思うなら賃貸のアパートでも貸家でも安全なトコで暮らせばい〜じゃないですか?





4. Posted by コンドウ   2021年02月21日 00:30
S不動産さん、完全に個人情報ですねw
でも、あれは、土盛りじゃなくて、地上1.8m、地下2mのコンクリートの塊の上に家を建ててあります!笑
私が、三十代の時に考えた、最強の対災害システムで、室内は、戸建てなのにスプリンクラーがついています、
因みに、その下は、80本以上のパイルをぶち込んであります。
強固な基礎の上に、太い柱を無駄に多く使い耐震ダンパーを入れまくりました。
協力会の人たちと、某工務店の合作で、当時、経営者仲間の家を何件か同じように作りましたが、柱が太すぎて、壁も暑くなり廊下と部屋が狭くなりましたwww
地震と水害対策は完璧です。
追記ですが・・・N田社長の家は、水害対策で車もリフトアップできるようにしてありますし、対核戦争用に地下室も作ってあります!笑


金持ちの家さん、当社の守山区の分譲住宅買ってください!
200%、津波の被害はありませんw


庶民?さん、多分、どこで暮らそうが、金持ちの家さんは、同じようなことを考えるんじゃないですかね〜?
人間上を見ても下を見てもきりがないと思うのですが・・・平地で津波に怯えながら暮らすとか言ってる人は、上を見て僻んで、下を見下す人のような気がします。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
都心部からの人口流出(No. 2486)これからの時代は、農業投資(No. 2488)