住みながら家を売れるリースバックの良し悪し(No. 2475)お正月は、地元愛知と宮古島で・・・(No.2476)

2021年01月01日

2021年がスタートしました(令和三年)

読者の皆さま、明けましておめでとうございます。

2021年の新春を迎え 謹んでお慶び申し上げつつ、本年の皆様のご健勝を申し上げます。


FullSizeRender


昨年、2020年は、世界中の人々が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた年であったので、例年通りに、新春のおめでたさを素直に喜んで表現してよいものなのか・・・、もしかして、不謹慎なのか?と迷いながら、2021年1回目のブログを書かせていただいております。

ちょっと書き方が変なのかもしれないですが、2021年を迎えることができた喜びと同時に、今年、皆様が健康であり、新型コロなに勝つ!という意味と願いを込めて、本年の皆様のご健勝を申し上げますと、書き添えさせていただきました。

新型コロナの影響で外出自粛のために里帰りもできず会いたい人に会えない人も多いでしょうし、旧年は、冠婚葬祭も思うようにできず、もどかしい思いをされた人も多かったことでしょう。

このような時に新春を祝い おめでとうということが、不謹慎なのか・・・、それとも新年の挨拶に、新型コロナを思い出させるような文言を入れることの方が不謹慎なのか・・・、それすらも分からず、とりあえず書き進んでおります。

おめでたさと、新春の喜びを感じない2021年の元旦! 初めての感覚です。

新年だけに前向きに考えると・・・、ある意味では、会いたい人に会えないことで、自分にとって、どれだけ大切な人なのかを感じることができたお正月でもあると・・・。

ぐだぐだと、はっきりしない事を書いていますが・・・・

まあ、新年なんで・・・、明るい未来を願って皆んなで乗り越えましょう。

IMG_1421


不動産ブログなので少しだけ不動産の話をしますが・・・。

2021年の地価の予想については、まあ、どこまでいっても需要と供給のバランスなので、以前から書いているように下落する・・・と思います。

すでに、数年前から田舎は、空き家が増えて、値下がりしていますが・・・、都会の人気エリアは、未だに高止まり・・・。

でも、人気のエリアは、地価も、マンションの価格も、ジリジリ下がって・・・そのうちドカーンと下がると思います。

そもそも、世界経済が、コロナで、こんな状態になっているのに・・・、日本では、バブった人気のエリアが、何故、高止まりしているのか分かりますか?

コロナの感染者数や死者数が、他の国よりも少ないからなのか・・・、日本人は危機感が薄いのです。

でも、日本も・・・これだけ、経済が悪くなり、政府は金をばら撒いていて、このまま済むと思いますか?

このままで済むわけがないのですが、危機感が薄いので、もう少し現実味を感じるまでは、様子見をしちゃうので・・・、つまり、人気のエリアは、少しずつジリジリとしか下がりません。

今年、企業は・・・、続々と悪い報せを発表してくるはずです。

そして、社員は、減給、リストラ・・・そして、失業率が大問題として挙げられるようになる頃かな〜・・・、住宅ローンが払えないとか、家賃が払えないとか・・・、そうなってきて、多くの人たちが、それを深刻に考えるようになり本当の意味での危機感を感じた時に・・・人気のエリアであろうと・・・ドーンと値下がりをします。

先ほど述べた、需要と供給のバランスが崩れるので・・・・。

人気のエリアだった場所の需要が少なくなり、売る人が増えて買う人が減り、物件が余ってくれば当たり前に値下がりします。

これは、土地もマンションも同じです。

もちろんコロナの収束具合にもより程度が変わるでしょうけど・・・現状から見ても、もう不動産の暴落は避けられないでしょう。

が・・・この話題は、今回は横に退けておいて・・・本題に・・・。


その前に・・・、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


不動産が下落したとして・・・それは、バブル崩壊と、リーマンで、多少なりとも経験しているので・・・それは、大きな問題ではないように思います。

今回の大変な状況は、不動産価格の上下や株の上下が、どうこうというレベルではなく・・・もっとヤバいと思うのです。

下落するよりも、もう少し大きく、奥深く掘り下げて、不動産や株がよりも、もっと全体、人が生きていく上での、衣食住や、この先の時代の変化について、考えなくてはいけない年なのではないでしょうか

昨年、我々は、少なからず・・・、生き方、働き方、時間の使い方が変わりました。

人気エリアの不動産が暴落したとして、普通に過ごせる人、何とか持ちこたえる人・・・家を失う人がいて・・・それを手に入れる人がいて・・・まあ、価格の変動があるだけで、最終的には落ち着くわけじゃないですか。

私は、不動産屋なので、衣食住の住の話を書くべきなのかもしれませんが・・・新年は、不動産の事をあまり書く気がしないというか、昨年、あまりにも世の中が変わりましたので・・・今年最初のブログは、時代の変化について書かせていただきます。

コロナが、どのタイミングで収束するかにもよりますが・・・、事態は、もっと深刻だと思うのです・・・。

日本は、戦後から高度成長を経て、超先進国にまで発展し、人々は、食べたい時に食べる事が当たり前になり・・・、着たいデザインの服を自由に選び・・・、収入によってですが、それぞれが、住みたいところに住み・・・昔の日本からは考えられないような生活ができるようにり・・・それが当たり前であり・・・当たり前じゃない生活をした事がない・・・。

私は、今年52歳になりますが・・・、私ですら、物心がついた時には、衣食住は当たり前で、家電に囲まれていて、今ほどではないし、裕福でもなかったけど・・・不便なことはなく、それなりに生活してきました。

でも、いつも思うのですが・・・、国民の大半が、衣食住足りる中で、不平不満を言いながら生きていけるって・・・、これって、当たり前の事なのでしょうか?

もちろん、文明の発達により、情報、物資の流通も良くなり安くて良いものが手にはいる時代にはなりましたが・・・。

衣食住が足りて不平不満を言いながら生活できるのが、当たり前という時代でなくなりつつあるように思うのですが・・・そう思うのは私だけでしょうか?

私は、貧乏性なのか、いつも考えます。
もしも、収入がなくなったら何ヶ月生活できるのだろう?
もしも、会社に入金がなくなったら何ヶ月もつのだろう?
もしも、このタイミングで大災害がきたらどうなるのだろう?

まあ、性格が楽観的なので、そう考えながらも・・・、まあ、一生懸命頑張ってれば何とかなるわ〜wって、仕事しまくって、自分のできる範囲でやりたい放題やってきましたけど・・・!笑

でも、今までの、もしも?が・・・、もしも?じゃなくなりつつあるような・・・、当たり前の日常が、当たり前ではなくなりつつあるように思うのです。

先進国だろうが、経済大国だろうが・・・、世界全体が、そんな時代に突入したのかな〜と思うわけです。

IMG_0230


目先で考えると・・・。

2021年は、昨年と同様に、EC、D2Cは、まだまだ伸びるでしょうし・・・、企業や行政のDXが進むでしょうし・・・、どの業界も、新しい業態に進化すると思います。

不動産も新しい業態に進化していくでしょうし・・・、下落が始まったとはいっても、それなりに動くとは思います。

どの業界も、業績の良いところ悪いところもあるでしょう。

でも、今起きていることは、紛れもない事実であり、世界中の国や企業は、昨年、今年の影響を、数年〜数十年に渡り確実に受けるでしょうし・・・全体の平均値が下がるわけなので、EC、D2Cとか、DXとか・・・急激に進化しながらも、最終的は、衣食住足りるのが当たり前の中での話であり、もっと大きな時代の流れというものを感じ更に先手を打っていかなくてはいけないと思います。

日本においても、もうすぐ3人に1人が65歳以上という時代がきますし、人口が減少していく中で、ライフラインの維持管理はどうしていくのか・・・世界で考えても人口は急激に減少していく傾向にあります。

FullSizeRender


そんな状況下で、アメリカと中国は、どうなってんの?状態だし・・・。

世界は、衰退していく傾向にあり・・・衰退のスタートの年が昨年2020年であり、それが明確になっていくのが2021年かな〜と、そんな風に考えています。

2021年は、世界中の人が、今、自分は何者で、社会の中で、どのような役割を果たしているか、自分というものを明確に知り、己の生産性の向上させるために、今、何をするべきかを考えて、新しい時代に対応できるように準備をする年なのではないかな〜と・・・・。

新年早々、幸先暗い話ですが・・・。

でも、2021年は・・・、正月から真剣に考えなくてはいけない年だと思います。

私は、現在、不動産業を主軸として、環境浄化触媒の会社、農業、障がい者の就労支援、その他の事業諸々しておりますが・・・、現在の自分の社会的責任と、未来に向かって何をしていくべきかを考えて、新しい時代に必要とされる者でいられるように日々努力し精進します。

そんなわけで・・・2021年は、丑年だけに、モウれつ(猛烈)に頑張る所存でございますので、本年も、どうぞ宜しくお願いします。

結びに、本年が、読者さんとご家族の皆様にとって良い年となりますように、心から祈念し、年頭のブログとさせていただきます。

元旦




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 01:00│Comments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 年頭挨拶 | 千代田不動産 

この記事へのコメント

1. Posted by S不動産   2021年01月01日 02:46
明けましておめでとうございます。
暗い時代だから正月は明るく祝って盛り上がるのか、暗い時代を真摯に受け止め気を引き締め元旦の計とするのかは各々ですが経営者は後者でなくてはいけないと思います。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束と近藤社長のご活躍をお祈り申し上げます 。

本年も宜しくお願いします。
2. Posted by tainosin   2021年01月01日 13:43
明けましておめでとうございます。

昨年は、コロナに振り回された1年でした。
早く終息して、安心して生活できる世の中に
戻って欲しいです。
近藤社長のブログを読ませていただき、世の中の
動きを勉強しています。

今年もよろしくお願いいたします。
3. Posted by Y/S   2021年01月02日 13:48
明けましておめでとう。
今年は、昨年以上に厳しい年になりそうだな。
近ちゃんの思うところは、まんざら間違っとらんと思う。
人類は成長しすぎた。
あとは衰退していくだけだわ。

どんな時代も健康第一だわな。
今年も宜しく。
4. Posted by かるふ   2021年01月02日 20:22
あけましておめでとうございます。
今年も人情不動産ブログを楽しみにしております( ^ω^ )
宜しくお願いします。
5. Posted by ぺんぎん   2021年01月02日 23:47
あけましておめでとうございます

若輩者ながら、今年は「心技一体」を意識することが重要だと感じています。

心穏やかであれば、技といいますか、、、
ビジネススキルなど様々スキルは輝かしい効果を発揮し、迷いも起こらないと察しています。

世の中の情報を得て感情的になるのではなく、
心で情報を受け止めることが大切かなーーと。
6. Posted by コンドウ   2021年01月03日 17:23
S不動産さん、おめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
コロナは本当にヤバいものなのか茶番なのかはともかく、経済が悪くなったというのはまぎれもない事実です。
時代が悪い方に向かっているのが分かるので・・・正直、怖いというか・・・今年は、自分に厳しく正月から気合いを入れんといかんな〜!って感じです。



tainosinさん、おめでとうございます。
本年も宜しくお願いいます。
そうですね〜・・・昨年は、コロナに振り回された年でした。
今年も、まだまだ続きそうですが・・・。
コロナに負けないように頑張ります。



YSさん、おめでとうございます。
人類は成長しすぎた・・・ですか・・・。
まあ、確かに、今の勢いで進化していくと滅亡するのも近い感じがしますね。
YSさんや、私が生きているうちは大丈夫でしょうけど・・・w


かるふさん、おめでとうございます。
今年も、いろいろ書かせていただきますw
宜しくお願いします。

7. Posted by コンドウ   2021年01月03日 17:30
ぺんぎんさん、おめでとうございます。
心技一体ですか・・・。
世の中の様々な意見に振り回されることなく、冷静沈着、心穏やかに物事を捉えて、自分の信念に基づき行動をする!
そんな感じですかね〜。
心がけるようにしてみます。

今年も宜しくお願いします。
8. Posted by ベティちゃん   2021年01月05日 15:40
5 あけましておめでとうございます。
今年も近藤社長のブログ楽しみにしています😉
9. Posted by コンドウ   2021年01月11日 12:05
ベティちゃんさん、おめでとうございます。
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
住みながら家を売れるリースバックの良し悪し(No. 2475)お正月は、地元愛知と宮古島で・・・(No.2476)