新型コロナ 抗ウイルスエビデンスの話(No. 2474)2021年がスタートしました(令和三年)

2020年12月29日

住みながら家を売れるリースバックの良し悪し(No. 2475)

住みながら家を売って大金が手に入る夢のような話、家のリースバックをご存知ですか?

簡単に説明すると、家を売って代金を先に貰うんですが・・・、その後、買ってくれた人に家賃を払って住まわせて貰うということなんですが・・・。

BlogPaint


本日は、家のリースバックについて書かせていただきます。


年末の糞忙しい時に、友人Uから電話・・・。

商談中で出れないのに、何回も電話が鳴るので、『ちょっと失礼します。』と席を立って隣の部屋に行き電話に出ました。


『はい、近藤でございます。お急ぎの御用ですか?』(仕事中感をアピールw)

友人U 『急いでるから何度も電話しとるんだけど・・・。』(若干不機嫌)

『忙しいから電話に出れんのだけど・・・・。』(かなり不機嫌)

友人U 『出てるし・・・。それはいいんだけど、う、う、うちの親父がさ〜』

『えっ・・・死んだのか?』

友人U 『死んどらんわ!  家を売るって言っとるんだけど、家を売っても住み続けられるって、そんな話あるのか? 騙されてるんじゃないのか?って、速攻電話したんだわ。』

『なんだ〜 そんなことか〜。 てっきり死んだかと思ったじゃないか〜! そんなことでガタガタ騒いでんじゃね〜。 騙されてないと思うけど・・・! 最近流行りの、家のリースバックの話だろ?』

友人U 『それ・・・それそれ、家を売っても家賃を払えばいいみたいなやつ・・・。』

『契約したわけじゃないんだろ?』

友人U 『まだしてないと思うけど・・・契約する気でいるみたいなんだわ。』

『まあ、とりあえず契約してないなら、あとでいいか? 電話するわ。 不動産屋の名刺とパンフレットか何かあると思うから、写真撮ってLINEで送っといて・・・。』

友人U 『わかった・・・。 忙しいのにゴメンな〜。』

『まあ、お父さん、リースバックするってぐらいだから、元気そうだな〜wよかったわ〜w あとで、電話するわ〜! じゃあな〜・・・。』

ということで・・・電話を切ったわけだが・・・・。





まあ、考えてみれば・・・、昔から、小さな事で大騒ぎする奴だったので、今回も、小さな事で騒ぎやがって〜!と思っていたのだが・・・。

実は、意外と大した事でして・・・。


商談が終わり、LINEに送られてきた画像を拡大して見ていたところ・・・

買取の査定金額が・・・・相場の半値以下・・・!


しかも、契約はしていないようだが、契約日が決まっていると友人UからのLINEの文章に書いてあり、それが年内契約で明日だった・・・!

私は、速攻で電話をした・・・。

『もしもし・・。 おいっ、その契約したらあかんぞ〜! 相場の半値以下、そして払う方の家賃は、相場だ・・・。 12年住んで家賃を払ったら買取金額を超えるぞ!』

友人U 『やっぱり詐欺か〜! とっ捕まえて警察に突き出してやるか〜!』

『違う違う・・・一応、合法だ! というか・・・、買った方の利回りにすると大した利回りでもないから、収益還元で考えると、そんなもんかもしれんけど・・・。 今の実勢価格で考えると、相場の半分以下だな。 それなら、他所を空家かマンションでも借りて、相場で売ったほうが、条件がいいよ!』

友人 『そうなんだ〜。 俺、よくわからんから親父に説明してやってくれよ! 契約は、やめるように言っておくから・・・。 忙しいとは思うけど・・・年内、時間ない?』

『さすがに、年内はきついから、来月の10日以降にして〜・・・。とりあえず、契約は、中止しといて・・・。』

という事で・・・一旦、収まったかと思ったのだが・・・・。

IMG_8316


その日の夜・・・再び友人Uから電話があり・・・・。

親父さんが、不動産業者に断りの電話を入れたら、契約書を持って押しかけてきて、強引に契約をさせようとしたようで・・・友人Uが、お父様宅に来ている不動産業者と電話で話したようだが・・・不動産業者的には、お父様とお約束をしたから、契約書も作成したし、何度も足を運んで説明をしてご納得いただいたのだから今更契約をしないと言われても困りますと怒っているらしい・・・。

とりあえず、今日のところは帰ってくださいと言っているのに、あ〜だこ〜だ言って帰らないらしい。

『あはははw で・・・、不動産営業に押し込まれて、帰らせることができないってか〜w 親父さんの実家に行って、追い返してくればいいじゃん! 最悪、警察呼ぶって言ったら帰るだろうw』

友人U 『それがな〜。 警察呼ぶって言ったんだけど・・・。警察を呼ばれるようなことはしてませんって、強気なんだよ〜!』

『とりあえず、行け行け・・・電話であかんのなら親父さんの家に行って追い返してこい! お前の顔見たら、帰ると思うよw』

友人U 『わかった。行くけど、近ちゃんも来てくれない?』

『俺、錦で、協力会の忘年会中だ! 無理! ・・・・ まあ、いいわ・・・親父さんの家に行って帰らなかったら、そこから俺に電話して、営業の人に変わってくれたら話するわ〜。』

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


そんなわけで・・・1時間後・・・

今年は、協力会の忘年会も9時に終わり・・・貸切にしていた店も閉めたので・・・俺も合流しようかな〜と思って、友人Uに電話をしました。


『もしもし、こっち空いたから、そっちに行ったろうか〜?』

友人U 『いや、今、不動産屋さんの話を聞いているんだけど・・・。 考えてみたら、ここに住んでいれば、引越しの手間もないし、住み慣れたところに住み続けられるから・・・親父にとってはいいのかな〜と思って・・・。』

『アホか〜! 相場の半値以下だぞ! お前、その印鑑押した瞬間に2000万円損をするんだぞ! まあいいわ〜・・。 不動産屋を電話口に出せ・・・電話代われ〜!』

友人U 『わかったけど・・・いい人だから穏便に頼むわ!・・・(スミマセン サキホドハナシタ、フドウサンヤッテルユウジンガ オハナシヲシタイト・・・・)』

不動産業者 『もしもし〜 私、@@@@の$$と申します。 U様の息子さんのご友人とお聞きしましたが・・・千代田不動産さんの社長さんですよね〜。 御社の@@さんと1度お取り引きをさせていただいた事がございましてぇ〜』

『あっ、どうも・・・。 それはそれは、お世話になりまして・・・。でね・・・まあ、そういう事なら単刀直入にいうけど、今から、そっちに行って話をしてもいいんだけど、俺も飲んでるし、めんどくさいから・・・、とりあえず、今日のところは帰ってくれませんか? 俺としては、おたくの仕事を横取りしようとしてるわけじゃ〜ないんですわ〜。』

不動産業者 『それは、お聞きしたのですが、私もU様とお約束したので、なんとか契約をしていただきたいんですよ〜!  あっ、もしよろしければ、私が明日、会社の決裁を取りますので、仲介に入っていただくって事でいかがでしょうか? もちろん弊社からのみの手数料ということになりますので片手にはなりますが〜・・・。』

『なるほど・・・。 そう来たか・・・w そういう問題じゃなく、まあ、とりあえず今日のところは帰ってもらうわけにいかんかな〜? 夜も遅いし・・・。 俺、今から、そっちに行って、お前とゴタゴタやるのめんどくせ〜んだわ〜! 』

不動産業者 『めんどくさいと言われましても、元々がU様と弊社のお話なので・・・。』

『仲介業者として入ってくれと言ってみたり、関係ないと言ってみたり・・・コロコロ変わりやがってコウモリみたいなやつだな〜・・・まあいいわw とりあえず、倍の金額で契約書作ってこい! そしたら、仲介に入ったるわ。 仲介手数料0円でいいぞw』

不動産業者 『買取の金額についても、すでにご了解をいただいておりまして・・・その金額ですと、社の決済も取れませんので・・・、それでは、社長様のお顔を立てて、100万UPでいかがでしょうか? もう、それが限界です。その上で、仲介の方も入っていただいて・・・』

『ん〜・・・。 ちょっと難しいな〜。 あと2000万円積んでくれない?・・・・まあ、ここで、こうやって話していても、埒が明かんだろ〜? 飲み屋が9時で閉店で、俺も今外で電話してるから寒いんだわ〜。  今からそっちに行くから、酒買っといてくれる? 体が冷えてしまったし・・・。もしくは、仕切り直しってことで今日は一旦帰ったら? 俺も帰るから・・・。』

不動産業者 『仕切り直して、契約させていただける保証はありますか?』

『ないな〜w まあ、でも、逆に、こうなってしまった以上、何をどうしようが、契約できない気がしない?  あなたも今日は諦めて、とっとと帰って、飯食って風呂入って寝なさい。 朝起きて、また明日考えよう。 俺も帰るから・・・・。粘って契約できると思う?』

不動産業者 『なんとかご理解いただけないですか〜・・・。』

『利回り計算すると、おたくの買い取りたい価格も分かるよ! でもな〜・・・、相場の半値以下は、ちょっとえらくない? 俺、Uさんの息子さんの友達だぞ!  俺んとこに聞こえてくる前に契約したらよかったのにな〜w 聞いた以上は、引けないんだわ・・・申し訳ないけど・・・。』

不動産業者 『わかりました。 今日は帰ります。 明日、また来ます。』

『まあ、あんたからしてみると、仕事してたら、俺が横から出て来てクシャクシャにしたわけだから・・・ムカつくだろうし、えらい災難だわな〜。 不動産業者としては、申し訳ないとは思うけど・・・、Uとは、友達なんだわ・・・俺の立場も分かってね。 分かってくれたから、帰ってくれるんだとは思うけど・・・。まあ、うちは、トンビが油揚みたいなことはしないんで・・・そこは、信用してくれていいよ。』

不動産業者 『はい! それは、分かります。  また明日きますので・・・そこは、理解していただきたいです。』

『まあ、そりゃ〜そうだわな。 断られてからが営業の仕事だからなw 邪魔して悪かったね〜。Uに変わってくれる?』

不動産業者 『はい! 今、代わります。 失礼します。』

という事で・・・この場は、おさまったわけですが・・・。

IMG_0236


実は・・・まあ、なんというか・・・、なんだかんだ言って・・・結構、粘ってきて頑張ったというか・・・、今時、珍しい、いい営業マンさんだな〜なんてことを思ってしまったりして・・・!

なんだかんだ、友人Uも説得されそうになっていたぐらいですし・・・!笑

あとで、聞いた話だと・・・家のリースバックのメリットを きっちり説明して、親父さんの老後の話も含めて、四方八方から攻めて、U親子を説得しようとしたようです。

その後、友人Uに・・・。

『もう、会うなよ! 親父さんにも釘さして、会わない!電話に出ない!待ち伏せされても話さない!を徹底しろよ!』

友人U 『分かった。ありがとう。 危うく騙されるところだった。 不動産業者は、口が上手いな〜・・w』

『ん〜・・・。 騙そうとしたわけではないんだけど・・、査定の方法が違うから、取引事例で査定すると半値以下・・・、収益還元で計算して、収益物件として査定すると、少し安いぐらいで、まあ、そんなもんじゃないかな〜って感じだから・・・詐欺ではない! ただ、ちょっと強引だったな。 お前、人がいいと言うか、頭の構造単純だよな・・・w』

友人U 『いい人って言ってくれよ!  それに、親父の家だから、親父が死ぬまで住めればいいかな〜と思ってな・・・。 あの営業マンも、住み慣れた家に住みながら大金を手にして、幸せな老後を送れると言ってたんだよな〜。 安くは売ってほしくはないけど、親父の物だからな〜。親父の家や財産を貰おうなんて思ってないしな〜。』

『そう思うなら、ガタガタ騒がんと、親父さんをそっとしておけばよかったじゃん。 いちいちめんどくさい奴だな〜。 もう、売れ・・・あの営業マンも喜ぶそw お前の親父が、必死に働いてローンで買った家を半値以下で売れ!  俺の方こそ、他人の財産だし、どっちでもいいわw』

友人U 『家は売らない・・・売らないけど・・・相場で買ってくれるなら逆にいい話かもしれんな。と思って・・・。』

『一番良い話教えてあげよう・・・。 家は売らずに、お前が、親父さんの生活費を面倒見てやるんだよ! そもそも・・・、親父さんが、営業マンの口車に乗ったのは何故だか考えてみろ! 衣食住足りて、親孝行息子がいたら、家を売って先に金もらって、自分の元家に家賃を払おうなんて思わんだろう?』

友人U 『確かに・・・。 親父、生活苦しいのかな〜?』

 『知るか! よその家の米櫃の量は知らんわ!  そもそも、親父の財産を貰おうなんて思ってない!って、格好つけてるつもりかもしれんけど、全然カッコ良くないぞ! かっこいい親孝行息子の親は、家をリースバックしようとしないっつ〜のw』

友人U 『なるほど・・・。 そうだよな〜・・・。 ところで、近ちゃん、質問なんだけど・・・。 ダイヤニウムの代理店やったら儲かる?』





『そうきたか・・・。 利益が出ているであろう特販店の方が多いけど・・・、お前がやっても儲からないと思う。』

友人U 『なんで? 俺は、儲からないって断言できるの?』

『お前が、特販店とかになると、担当の子が可哀想だし、俺も、また出て行く羽目になりそうだからやって欲しくないだけ・・・・w』

友人U 『その言い方、酷くないか?』

『酷かったかもな・・・ごめん。 申し訳ない! でも、ダイヤニウムの特販店になるのは、やめてねw』

そんなわけで・・・今回の一連の話は、ここまでなんですけど・・・・。

素人さんに、家のリースバックについて説明して終わりたいと思います。

家のリースバックとは・・・・。

通常の売却と異なり、売却によって不動産の所有権は買手側に移るのだが、元々の持ち主だった売主は賃借人となり住み続けることができる。
※この買主というのは、不動産会社が買い取り買主となる場合もあるが、不動産屋が第三者に仲介をして、その第三者が所有者兼大家になる場合もある。

メリット

・売却後も家賃を払って住み慣れた家に住める
・リースバック方式であれば、老後の資金を先に得ることができる。

デメリット
・一般的に通常の売却よりも安くなる。
・毎月、賃料がかかる。
・悪質な業者に引っかかると、安く売った上に、更新時に追い出されたり、家の所有者が、コロコロ変わると、追い出されたり賃料を増額される可能性がある。

リースバックの話が来たら、どうすれば良いのか?

・普通に売却した場合の査定と、リースバックの金額を比べてみる;
・リバースモーゲージとも比較検討してみる(※不動産を担保にして、銀行から老後等の資金の融資を受けることができる。)

普通に考えると・・・、何故、わざわざ安い値段で売った上に、高い家賃を払わなきゃいけないのだろう? アホくさ〜と思うかもしれないが・・・。
不動産はあっても老後の資金がないというお年寄には都合が良いですし・・・これ専門にお年寄り相手に営業している連中は、めっちゃ営業上手なので、家をリースバックすると幸せになれると思ってしまうみたいです。

IMG_4683


余談になりますが・・・、実は・・・・、以前、不動産コンサルの方の仕事で、トークスクリプトを作ったことがあるが・・・。
依頼元の不動産会社の担当者いわく・・・ 悗發少し将来の不安を感じるような・・・』◆悒僖鵐侫譽奪箸鳳茲辰討任呂覆、パンフレットには書けないような・・・、なんて説明したら良いんですかね〜・・・。 もっと、お年寄りが幸せになれるような宗教的な要素も盛り込んでいただけませんか!』とのことで、トークスクリプト作成で2回ボツ食らいました!笑

この時、私は・・・、トークスクリプトに宗教的要素を盛り込むために、@@宗の偉い坊さんを、接待したんですけど・・・。
食事の場所&お姉ちゃんがいる店に、依頼主の不動産会社が作ったパンフレットを持って行って、まあまあ真剣に相談しましたからね〜w

今回の件の不動産営業さんを庇うつもりはないですが、会社の方針に忠実な人なんでしょうね〜。
まあ、今回の営業さんのパンフや、トークスクリプトを見たわけではないですが・・・・。

基本的に、家のリースバックをやっている不動産会社のパンフレットや説明資料には・・・
基本的に、社会情勢、仕組み、メリット、安全性が書いてあり・・・、安心感を与えて幸せな老後をイメージさせる感じですが・・・、トークの中には、老後の不安を煽ったり、背中を押すための殺し文句が入ってますので・・・ましてや、やり手っぽい営業マンだったので・・・今回、友人Uが、説得されそうになったのも、実は、よくわかります。

まとめというか・・・結論!

財産を子供に残す気がなく、売ったお金で一生遊んで暮らせるなら、家をリースバックで・・・とっとと売って現金化して・・・死ぬまで悠々自適に生活するのも悪くないかもしれませんが・・・。

まあ、私は、子供に財産を残さないとしても・・・、例えリースバックにした方が得だとしても・・・自分の家を他人に売って、それを借りるというのは、損得勘定の問題ではなく嫌かな〜・・・。

最後の最後になりますが・・・、家のリースバックをされる際には、通常の売却査定よりも安くなることが多いので、買取査定、仲介査定を数社から取った方が良いという事と・・・、契約後、何らかの事由で追い出されるような事の内容に、最初の段階できっちり契約をしておく事が重要です。

それでは、本日は、このへんで失礼いたします。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









toshikazy at 17:02│Comments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 素人さんの為の不動産学校 | ハウスリースバック

この記事へのコメント

1. Posted by 3年生   2020年12月29日 23:19
不動産業者歴3年です。
いつも学ばせていただいてます。
今日も知識が増えました。
2. Posted by かるふ   2020年12月30日 08:27
不動産っていろんな人の人生縮図なんですよね(゚ω゚)
勉強になります。

お前の親父が、必死に働いてローンで買った家を半値以下で売れ!

響ました。。。

お忙しいようでご自愛ください。
では、良いお年をーw
3. Posted by こんまり   2020年12月30日 11:37
自宅、会社、車を売ってまでお金にしょうって事はもうそれが必要が無いもしくは早急にお金が必要か?のどちらかだと思います。

そんな取引は個人では経験が少なく相場もわからないので現金を見せられたら素人はイチコロで丸め込まれると思います。
近藤社長さんリースバックの不動産屋に妬まれる事はあっても1円も得する事は無いのに寝覚めが悪いのがイヤで間に入るとは中々の親分肌ですね👏

o(`ω´ )o着物などの買い取りを入口にコイン、切手や骨董品や貴金属を年寄りや女子供から押し買いする仕事は長いお付き合いは無い!そんな輩にはいつかバチが当たればいいですね。

4. Posted by tainosin   2020年12月30日 17:56
今年も役に立つブログありがとうございます。

リースバックは、都会の物件しか対象にならない
と聞いています。私の地区は坪8万円です
やはり親戚知人に不動産会社の方がいると、心強いですね。

それでは、良いお年をお過ごしください。
5. Posted by コンドウ   2020年12月30日 21:04
3年生さん、いつもご愛読いただきありがとうございます。
好き勝手に書いているので学びがあるかは微妙だと思いますが、これからも、どうぞ宜しくお願いします。


かるふさん、不動産売却、購入もそうですが・・・、今と近い将来を考える人が大半です。
過去と未来から現在を考えると、道を間違う可能性は少なくなると思います。
本年もありがとうございました。
良いお年をお迎えください。


こんまりさん、今回のケースは、おそらく老後の資金不安から、リースバックを検討したのだと思います。
でも、ブログに書いた通り・・・不安にさせて安心させながら契約に持っていくというスキームなので・・・それなりのプロにかかれば、コロッと引っかかる人も多いと思います。
確かに、今回は、恨まれることはあっても一円にもならないことかもしれませんが、友人から相談があったので、できる範囲で助け舟を出した感じで・・・でも、自分自身では、間違った事はしていないつもりなので、良かったと思っています。



tainosinさん、土地付きの家のリースバックは、田舎では成立しませんし、都会過ぎても成立しません。
でも、都会すぎるところで成立させるほど、買い取った業者は儲かるですよ。

こちらこそ、今年も沢山コメントをいただきありがとうございました。
tainosinさんはじめ、皆さまからのコメントは・・・、更新しなくちゃ!って、すごく励みになっております。
良いお年をお迎えください。


6. Posted by izumi   2020年12月31日 16:54
いつも楽しく拝見しております。

多分、営業さんは、少し時間が経ったらまた来る気がします。
その時、寂しい、現金が手元に欲しい、得をしたい(本質的な得ではなく、ロジックに騙されてでも表面的な得をしたい)人がいい(営業を断って悪者になりたくない、断ることで心理的負担を背負いたくない)頭の弱い老人が、断れるか…

うちも他人ごとではないです。
最近はこんなやり方が流行っているのですね。勉強になりました。
7. Posted by コンドウ   2021年01月01日 03:27
izumiさん、2021年も宜しくお願いします。
おっしゃる通りだと思います。
しばらく居留守を使ったり、電話に出なくても・・・、ほとぼりがさめた頃に、絶対に、また来ますよ!
これで、諦めたとしたら・・・、営業としては、使い物にならないというか話になりません。

一度は、止めて、Uくんと、Uくんのお父様が冷静に考えられるようにしたわけですから、今度は、自身でしっかりと考えて答えを出せばいいと思います。
このやり方が流行っているというよりは、不動産は持っているけど金はない・・・老後の生活資金に困っている人が増えたということだと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新型コロナ 抗ウイルスエビデンスの話(No. 2474)2021年がスタートしました(令和三年)