社長業、不動産営業の美意識と脱毛率(No. 2464)工場用地買収・・・企業誘致(No. 2466)

2020年11月24日

京都出張と京都の不動産(No. 2465)

先日、京都に行って来ましたが・・・、コロナ感染者数が連日更新されていく中で、名古屋京都間の新幹線は、まあまあの乗車率でした。

おまけに・・・夕方、京都駅からタクシーに乗ろうと思ったら、30人待ち・・・。

さすが、京都の紅葉シーズン・・・、今のところ、コロナでも、経済に影響を与えるような動きは少ないようです。

IMG_4295


この日は、夕方4時からの商談があり、17時ごろに名古屋を出て、京都駅に17時40分ぐらいに着いて・・・会食場所の祇園の料理屋に18時5分前に到着するつもりでした。

ところが、京都駅までは順調に来たのですが、タクシーに乗ったのが18時10分・・・祇園には18時半着・・・。

大阪の不動産会社の社長さんと待ち合わせの時間に30分遅れで・・・・、会食のスタートを待ってくださっていたので・・・大変、迷惑をおかけしてしまいました。

久しぶりに会って・・・いろんな話をして・・・美味しいものを食べて・・・、祇園で飲んで遊んで・・・めちゃくちゃ楽しかったです。

IMG_4289


宿泊先も、『関西のことなら私に任せてくださいw』と、京都鷹峯のハーベストの、露天風呂付きの、めちゃくちゃ広い部屋ををとってくださり・・・・、部屋からの景色は、目の前に、鷹峯の、花札の坊主のモデルになったと言われている山があり・・・めちゃ感動しました。

中学生、高校生の頃、テキ屋でバイトしていた頃に、めちゃくちゃ花札をやったので、懐かしいな〜と思い出しながら・・・・山を見ていました。

あの頃、俺たちに花札を教えてくれた、テキ屋に住み込みで働いていた兄さんたち・・・、元気にしてるのかな〜?  今頃、何をされているのかな〜? 冬の、イカ焼き屋は辛かったな〜とか・・・w
あの時の、バイト代の1万円は、大きな金だったな〜等・・・いろんなことを思い出しましたw

IMG_4314


久しぶりに、同業の友達と会って、男同士酒を酌み交わしながら飯を食うというのもいいですね〜w

その後の、祇園での、シャンパン祭りも、大盛り上がりで面白かったですし・・・・w

M社長、本当にありがとうございました。

最近、私自身も、美食会の人たちと、月に2〜3回は、京都に食事をしにくるのですが・・・、京都は、食事も美味しいし・・・本当に、良いところです!

東京、大阪、名古屋、それぞれそれなりに美味しいものは沢山ありますが・・・、京都の有名店は、別格に旨いのは、何故なんでしょうね〜???

いつも深く考えさせられるくらい、繊細で味が深く、美味しいです。

そんな、大好きな京都なんですが・・・、残念ながら不動産取引は良い思い出がありません。

先日、地上げの話を・・・それなりに最近は成功率が高く失敗が少ないと書いたばかりですが、京都では、地上げどころか、不動産取引ですら、京都では、上手くいったことがありません。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


京都の不動産取引が、難しいというよりは、全国と比べると変わっていると言った方がいいかもしれません。

まあ、通常の住宅地や、マンション、そこらへんの田舎の土地であれば、そんなに問題はないのでしょうが・・・、我々が欲しいような、ちょっとばかし人気の高い場所になると・・・、それは、もう複雑で・・・、それは、それで、百歩譲って、片付けるとしても・・・・嫌な思い出が多いというか、人気の場所の不動産取引自体、成功した試しがない・・・!

いつも、最後は、『舐めた取引してるんじゃね〜ぞ!』と、私が、ブチ切れて終わる事が多いのです。

「京都市屋外広告物等に関する条例」「京都市伝統的建造物群保存地区条例」「京都市文化財保護条例」等、歴史ある街並みを保存するための条例みたいなものは、京都が大好きな私ですので、めちゃくちゃ理解できますし・・・それは、京都の良さを残すには当たり前に良い条例等だと思っているのですが・・・。

それとは別の話で、不動産屋の常識では考えられない事を主張してくる、地主や不動産屋、近隣の人たちが多いのです。





例えば・・・。

境界明示も無茶苦茶で、土地の測量と実際に使っている場所が違うとか・・・、水道が、隣の家を通って入っているとか・・・、どう見ても、こちらの敷地なのに、訳のわからん理屈で境界主張をして来たり・・・・。

私に不動産を売ることになっていたのに・・・、買付出して、条件詰めて、売渡承諾をもらって・・・契約直前にきて、急に一方的に断って来て・・・、別に買いたい人が現れた! 買付の価格は同じなのに・・・、新しい買主は、京都の人で@@さんの紹介だから・・・なんてことで・・・ドタキャンされたり・・・。

新しい買い手が、高いなら、こっちも高値をつけて張れますが・・・、『今まで、何度も足を運ばせて散々振り回しておいて、最終的に、名古屋の人より、京都の人に売るというなら、最初から、京都府民限定にしておけよ!』って話ですよね!

それで、京都の不動産屋も、『それは、仕方ないw』と納得しちゃってたので・・・こちらからしてみると、『は〜? お前ら、どこまでも京都最優先! 京都人が一番偉い、名古屋人は下と思ってるんか〜?』って、そういう特殊な思想みたいなものを感じました。

あとは、まあ、頼りにしていた不動産屋が、ボケだっただけの話なんですが・・・、物件概要書に書いてある事以外の事を、こちらが購入するとなってから、後から後から、条件を付加してきたり、訳のわからん理屈をこねて、契約内容と金額を変更してきたりされたこともあります。
もちろん、非常識極まりないし、そもそも金額上げられたら話にならないので断りました。

大きな寺の一部を切って売買しようとした時も、坊さんと不動産屋が勝手に絵を描いて話を進めていただけで・・・、私に、ガンガンに買え買え攻撃してきたので、私が客を付けして買い取ろうと思ったら・・・急に勢いとスピード感が落ちて・・・・、詰めたら檀家がどうこうって言い訳して・・・、結局、こっちが恥をかかされまして・・・『お前ら、ええ加減にせえよ〜!』って感じで・・・終わりましたし・・・。

まあ、寺とかも多いし、歴史的なものも多いので、その部分は致し方ありませんが・・・、不動産取引の慣行みたいなものが・・・・なんか、後付けの理由での条件変更が多いような気がするのは私だけでしょうか?

このあたりの、後から話が変わるとか、街中のライフラインのグチャグチャ具合は、なんとなく、カンボジアの不動産取引にも似ているように思いますが・・・。

カンボジアの場合は、こっちが、強気で、やめた〜!と言えば折れてくれることが多いですし、役人や警察や軍人を入れて話をすることで決着するんですよね〜。

まあ、不動産取引は、世界中、どこでも、いろいろあるんでしょうけど・・・・。

もちろん、愛知県でも、古い街は、土地と家の場所がズレていたり・・・水道がズレて入っていたり、意味のわからない、位置指定っぽい私道とかありますが・・・、まあ、不動産業者が地権者や近隣に説明をすれば、割と整理整頓させてくださるのですけどね。

話を持ってきてくださる人なのか、京都の不動産業者さんなのか、地権者さんや近隣の方々との出会いが悪いのか、相性が悪いのか分かりませんが・・・・まあ、兎に角・・・、京都の人気の場所は、まともに取引できた試しがない!

まあ、京都以外にも、全国それぞれ・・・条例や指導要綱があり・・・地域によっていろいろありますし・・・、人も、いろんな人がいらっしゃるので・・・、愛知だろうが、京都だろうが、全国、いろんなパターンの取引がありますので、京都ばかりがやりにくいということではなく、たまたま相性が悪のかもしれませんが・・・。

考えてみれば・・・、空港や港の近くは、都市計画法上も、その他の規制等も、何かとやりにくい部分はありますし、最近は、都道府県・市町村間の都市計画決定権限の分担も変わりつつあり、県単位ではなく、市町村単位で、個別事情を踏まえた条例や指導要綱で規制してくることもあります。

不動産取引に対する人の考え方も、県単位で大きく変わるのではなく、市町村単位で温度感が変わったりもしますが・・・、もちろん最終的には個別単位での考え方が一番優先するわけなので、一概には、仕分けして考えているわけではないのですが・・・。

私が、長年不動産をやってきた感覚で話をさせていただくと・・・、全国的には、田舎に行くほど取引が難しくなると感じるのですが・・・、京都の場合は、街中ほど難しく感じます。





まあ、同業の私の知人や友人は、でかい案件や、凄い人気の場所ではないにしても、それなりの収益物や、民泊物件、古民家を飲食店にしたり、京都の物件を買っている人もいるのですが・・・、私は、京都の不動産には、全く、縁がないですね〜。

それに、小さな物件だとしても・・・、きっちり取引をしようとすると、街が古く、あれこれ問題が発生することも多いので、もっとアバウトに考えたほうが取引しやすいのかもしれませんけどね。

何にしても・・・、京都は、大好きな場所なんですけど・・・、不動産だけは、縁がないですね〜。

京都の手前の滋賀県までは・・・、もしくは、京都を飛び越えての大阪、兵庫、和歌山とかは、取引したことがありますが・・・、京都だけは、なかなか入れない!


私が京都という街に嫌われているのか・・・私にとっては、ハードルが高い街です!

IMG_4296






まあ、大物狙いで行くより、最初は小物の取引をして積み上げるか・・・、もしくは、宮古島でやっている宿泊事業のように、旅館や民泊系で入っていったほうがいいのかもしれませんね。

でも、私の20年以上の不動産屋人生の中で、京都の不動産取引をしたことがなく、それを、やってみたいと思うのは・・・それだけ、魅力的な街だからなんですけどね・・・・w

先月も、3回京都に食事に行ってますし、今月も2回、来月も2回、1月も2回行きます。

京都は、小学生の頃の修学旅行に始まり・・・、学生時代の若い頃の思い出もありますし・・・大人になってからも、毎年何回も行ってますし・・・、最近は、美食会で、毎月行ってますし・・・縁があるような気もするのですが・・・。

う〜ん・・・・、何故・・・・???

まあ、京都の土地をさわるには、私の不動産業者としての修行が、まだまだ足りん!ということなんでしょうが・・・・。

京都で、買取でもいいし仲介でもいいので、何か・・・大きな不動産取引をしてみたいけど・・・・縁がないし、ハードル高いです・・・というお話でした。

本日のブログは、京都出張と京都の不動産というテーマで書かせていただきましたが・・・このへんで失礼させていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 11:35│Comments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 近藤利一 不動産コンサルタント

この記事へのコメント

1. Posted by 京都の不動産屋   2020年11月24日 21:29
京都で取引をされる事がありましたら私がサポートさせていただきます。
怪しい者ではございません。
素性はメールさせていただきました。
2. Posted by 通りすがり   2020年11月25日 02:25
怪しいブローカー 生臭坊主 坊主崩れと関わるからや!
3. Posted by 後藤嘉一   2020年11月25日 09:55
昨日は、突然お声をかけてすみません。
京都市内で仕事を済ませ京都駅に向かうタクシーの中で近藤社長のブログを読んでいましたので駅でお見かけした時は心臓が止まるぐらいびっくりしました!
つい最近京都でツイートされていたのに、、、本当に昨日も京都ですか!
本当に京都率高いですね。
お会いできて感激でした。
4. Posted by 雅楽   2020年11月25日 09:58
4 おはよう☀️🙋❗️ございます🙇

京都の祖母が生きていたら、どんな物件でも
何とかしてくれたのですが。

京都人は、といってもピンからキリまでですが
土地を売るのは、恥だと言う土地柄です。

余所者は特にです。

祖母は祇園花見小路でずっと住んでいましたので、学生時代は、春先、夏休み、冬休みごとに
遊ばせてもらっていました☺️

あの頃は、まだ地下鉄も通っていませんでしたし、市電が走っており、風情もありましたが、
今では、すっかり様変わりしてしまい残念です😢

又の再開の日を、心待にしております。

近藤社長へ


雅楽より
5. Posted by コンドウ   2020年11月25日 11:22
京都の不動産屋さん、ありがとうございます。
メールにも書きましたが、やはり京都の不動産業者でも大型物件になると、いろいろ諸々あるんですね〜。
確かに、名古屋も同じです。
ただ、名古屋の場合は、そこは人脈と力技で何とかしちゃうわけですが、京都では、そんなわけにいかないので・・・諦めなくてはいけなくなるという感じです。
ただ、後付けで条件変更してきたり、関係者が急に増えるというのは、昔のバブル時代の猫も杓子も不動産ブローカーみたいな感覚を受けます。
次回は、必ずご連絡させていただきますので宜しくお願いします。


通りすがりさん、確かに、大きな物件は、その手の人が関係していることが多いですね。
ただ、私の場合は、仲介よりも、買主として入ろうとすることが多いので、そのあたりは、三為、コンサル料の支払いなど、大手と違って融通がきくので・・・、その手の方々は、喜んでくださっているはずなんですけどね。
なにせ、ホールドされていないというか、グリップが弱いってケースが多いです。


後藤嘉一さん、私もびっくりしました。
京都駅で、一見強面の人から急に声をかけられて・・・
正直、今だから言えますが、最初、僅かに半身に構えました!笑


雅楽さん、ありがとうございます。
京都は、お祖母様との思い出の場所なんですね。
花見小路は、今でも風情があっていいところですよね〜w
私も再開を楽しみにしています。
6. Posted by 京都人です   2020年11月25日 14:17
近藤社長 はじめまして。
私も京都で不動産の仕事してますが最近はしっかりとグリップせずに三為や転売案件が多い気がしてます。
しっかりグリップした転売案件出てきた際には是非近藤社長にご紹介させて頂きますね。
7. Posted by 八尾の朝吉   2020年11月25日 21:39
大変ですね?ちなみに花札遊びは花合わせですか?オイチョカブだったら関西だったら花札ではなくカブ札(※ヤクザ映画でよく手元引きに使うタイプの)を使う事が多いからちがいますかね?
きっとお金を掛けては・・・

^_^いないですね?
8. Posted by 地面師見習い   2020年11月26日 01:40
京都かぶれで馬鹿っぽい

東京にきて勝負しなさい
9. Posted by コンドウ   2020年11月26日 02:10
京都人ですさん、ありがとうございます。
よくよく考えてみれば、愛知県の私のところに話が来る物件ということ自体、京都で処理できない物件ということなので、成約できない可能性が高いのでしょうね。
でも、京都の不動産取引の印象は、訳ありや、事件物が多く、経営者や、ブローカー、坊さん、元坊さん等が絡んでいて、大丈夫、問題ない!って感じで・・・こちらが、突っ込んであれこれ聞くと、どこからともなく不動産屋が出て来るイメージなんですけど・・・、それって、普通じゃないですよね?
京都は京都で、ちょんとした不動産業者さんが、しっかり取引しているんだと思いますが、そういう物件は回ってこないです。
知人を介して来る物件ではなく、自分から京都に出向いて、不動産業者さんを回った方がいいのでしょうね。
コメントを拝見して、そんなことを思いました。
今後とも宜しくお願いします。

10. Posted by コンドウ   2020年11月26日 02:49
八尾の朝吉さん、私の大好きな話です!笑
花合わせ、こいこいも、面白いですが・・・、私は、おいちょかぶが好きです。
私の地域では、おいちょかぶではなく、(かぶ)と読んでました。
私の感覚だと、和製バカラだと考えていますが・・・役がある分だけ、面白いと思います。
テキ屋の、おっちゃんたちとやっていると、地方によってルールが違うので、私たち若いバイトは、何だかんだ言われて、やられちゃうんですよw
私の教えていただいたルールでは、親のみ91、41の役がつくんですが・・・。
地方によっては、子も41がついたりしますし・・・
特に、あらしは、先に、ルールを聞いておかないと、引き分けだったり、親の勝ちだったり、子の勝ちだったり、数字によって勝ち負けが決まったり、いろいろなので・・・きっちりメモってから始めないと、とんでもないことになります。
メモってあっても、酒が入ったオジさんたちは、ルールを都合よく変えて行きますからねw
日本古来からの、正式なルールは、何が正しいのか知りません。

花札、面白いですよね〜w
しかし、お金を賭けたら賭博になるので、人生ゲームのお札を使うのがオススメです。
人生ゲームのお札には、1000〜100000までの札があり・・・、20000の約束手形というものがあるので、借金もできますので便利です・・・!笑
長文、失礼しました。
11. Posted by コンドウ   2020年11月26日 02:59
地面師見習いさん、ハンドルネームが悪すぎませんかwww
どの役回りの見習いをされているのでしょうか?

あとは・・・
東京かぶれは馬鹿っぽい! 名古屋に来て勝負しなさい!
って・・・コメントを返されたとしたら気分悪くないですか?
まあ、地面師見習いさんだけに・・・、本音を言うと、名古屋に来ていただきたくないですけど!笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
社長業、不動産営業の美意識と脱毛率(No. 2464)工場用地買収・・・企業誘致(No. 2466)