安倍首相辞任と不動産市場(No. 2448)コロナ後の都心離れの現状(No.2450)

2020年09月10日

コロナ転職 解雇 減給 転機 チャンス(No. 2449)

今回のコロナショックにより、多くの人が、減給になり、解雇されたわけですが・・・。

新型コロナウイルスの猛威が世界経済にも大きな衝撃を与えたわけで、日本も、3月〜5月は、ほとんど仕事にならなかったとか、未だにコロナ前の状況には戻れず困惑している業界も多々あります。

我々は、このコロナショックを経て、被害を受けただけではなく、多くのことを学びました。


IMG_4683


まあ、被害といっても、コロナウイルス の被害が大きかったのか、人的要因であるコロナ対策により被害が大きかったのか微妙な感じなんですけど・・・後から、何が正しかったのかを論じても過去に戻れるわけではないので、仕方がないのだが・・・・。

とりあえず、学びは、あったので・・・・それを生かして、其々の幸せと、住みやすい社会を目指して頑張らなくてはいけない!


そんな中で・・・、コロナ被害により、現在、職を探している人、転職をしようとしている人たちが多い!


私が関係してるビジネスの中では、主たる事業の不動産業全般、その他の事業も求人を出すと、応募数が以前とは比べ物にならない。

抗菌系のメーカーや、オーラルケアの事業に応募が多いのは分かるが・・・、土木事業、農業、福祉にも応募が複数あることは驚いています。

まあ、ブログの影響もあるのでしょうが・・・、募集しているわけでもないのに、ネットや職安で募集しているわけでもないのに・・・、農業をやってみたいという人や、抗菌剤メーカーの代理店をやってみたいという人が多い。

特に、抗菌剤メーカー ダイヤニウムの方は、全く人が足りていない状況なので、社員の応募や、代理店、特販店さんになっていただけるのは、めちゃくちゃ有り難いです。

今回・・・、自宅やオフィスを自分で抗菌抗ウイルスできる 感染バリアコート!という新商品を発売するが、全く人が足りていないので、遅れているところに、更に後手後手になっている感じです。

まあ、感染バリアコートの話は、またの機会に書かせていただきますが・・・、今回は、商品ページだけ載せておきますので、興味がある方、予約されたい方は、ご覧ください!

image


さて、今回は、何を書きたいのかというと・・・・。

コロナショックを経て、新しいことに取り組みたいという人が増えたのか・・・、最近、私のところに問い合わせが多いのが、農業です。

農業をやってみたい! 農地(土地)が欲しい! 水耕栽培を学びたい!

実は、先日、そんな個人Aさん、法人の社長Bさんが、相談&体験にこられました。

とりあえず、メールと電話でやり取りをして・・・、サラダ菜の水耕栽培半日体験をしていただき、その後、昼食を食べながら、農業について話をしたわけですが・・・・。

朝早かったのと、夏ということもあり、ハウスの中での作業でしたが、意外とキツかったみたいですw

image


あっ・・・それから、現在、最新の水耕栽培の設備にするために工事中なので、農業以外も手伝っていただきましたが・・・水耕栽培の機材の仕組みは勉強していただけたと思います。

『バテバテじゃんw どうだった?笑』

Aさん 『夏は、きついですね〜。何十年ぶりかにこんなに汗を書きました。汗だくです。』

Bさん 『普段、ゴルフやってるので暑さは大したことはなかったですが、朝5時からとかは、流石にキツかったですね〜。 昨日、飲みに行ってたので、寝たのが1時半、起きたのが3時半で、2時間しか寝てないんですよ!』

『あはははははw まあ、この時期は、毎日、滝のように汗が出ますからね〜。 最初の1時間は、しょっぱい汗ですが、その後は、無味の水汗ですからね。 帰ったら、水でシャワー浴びないと、汗が止まりませんよw Bさん、それは、自己責任というか、農業をなめすぎですw でも、昨日飲んだ、酒や、その他の毒素は、完全に体から抜けたと思いませんか?  この水の減り方を見てると、二人で、5リットル以上の水を飲んでいますよw 』

Aさん 『そうですね〜。 終盤は、水を飲んでも、1分もしないうちに汗が湧き出る感じでしたから、デトックスを超えた超デトックスです。』

Bさん 『あははははw 確かに、デトックスを超えた超デトックス・・・w 私も、水が、こんなに美味しいと思ったのは久しぶりです。 』

『いい事教えましょうか?  後半になったら、喉が乾いても水を飲まないようにするんですよ!  そして・・・、仕事が終わったら、家に帰ってシャワーを浴びて、これを一気飲みするんですよ! 体が極限まで水分を干しているので、10秒ぐらいで一気飲みできちゃいますw 500ミリのビールを口に当てて、逆さにして、出る量より飲み込む量の方が足りないぐらいですよ。 その後、着替えて・・・エアコン効かせて昼寝するw』

Bさん 『めちゃくちゃ気持ち良さそうですね〜w 』

『はい! それはもう・・・w ゴルフの後のビールより、もっと旨いし、昼寝は最高に気持ちいい眠りですw』

Aさん 『残念ながら、私は、お酒が飲めないんですよ。 でも、聞いているだけで気持ちいのは伝わってきます。 ところで、これだけの面積だと、やはり3人ぐらい必要なんですか?』

『2000平米ありますが、実際に耕作しているのは、1500平米ぐらいだと思いますので・・・・。 う〜ん・・・。 サラダ菜であれば、プロ2名で余裕ですけど・・・、例えば、これが三つ葉や大葉だと、手間がかかるので、あと3〜4人欲しいですね。 私は、半分は、サラダ菜で、いずれは、障がい者を雇用して、もう少し作業の多いものを作ろうと思っているのです。』

Aさん 『なるほど・・・。 作るものよって人数が違うんですね。』

『そうですね〜。 あとは、出荷方法次第です。 カゴに入れて出荷であれば、手間はかかりませんが、例えば、10個ずつ袋に入れて出荷するのであれば手がかかります。 買い手次第です。』

Bさん 『でも、契約農家として安定すれば、毎日のことなので、シフトは簡単そうですね。 以前、メールでお伝えした通り、うちのグループで農業法人を立ち上げて水耕栽培をやってみたいと考えておりまして、実際に、どんな準備をすればいいのでしょう?』

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


『まあ、手っ取り早いのは、農業法人を、できれば農業経験者で立ち上げて、土地もハウスを丸ごと借りて、水耕栽培の設備を揃えてGOです。 あとは、農作物を、何種か作って買い手を探す営業です。 ここは、B社長のところは、得意分野ですよね!』

Bさん 『まあ、そこは何とかなります。 物次第では、ECサイトを作って直販でもいいと思います。 でも、自分としては、賃貸ではなく、土地を購入して、水耕栽培農業をやりたいので、何とかなりませんかね〜?』

『何とかならないことはないですけど・・・、その方法としては、まずは、農事法人の代表か役員になる人を、こちらに見習いに来させてください。 180日以上で、お願いします。  こちらで、正社員雇用します。 その人が独立開業をするということで、農業委員会と相談しながら、農地を購入して、水耕栽培のハウスを建てればOKです。 あとは、売り先のみです。』

Bさん 『なぜ、正社員雇用で180日以上なんですか?』

『農業経験の問題です。 市町村の規定の面積購入と、農業経験、農業用機材がないと、農地は買えないので・・・、その辺りを農業委員会と打ち合わせしながら、農業を始めるわけです。 同時に、補助金、公庫のL資金を使うのであれば、そのように計画を練って行かなくてはいけません。』

Bさん 『近藤社長・・・そのあたりのことは、全部、お願いできるんですか?』

『うん! 農業コンサルから、土地の取得まで全部任せてくれたら、こっちでやるよ! 人と資金だけ用意してくれれば、いつからでもスタートできるよ! スタートしてから約1年で、農地の取得から、水耕施設建設、水耕設備の設置までできます。』

Bさん 『承知しました。 近藤社長、近々に事業計画書を作成したいので、もう少し詳細をお聞きしたいです。 今度の役員会が月末にありますので、それに間に合わせたいので宜しくお願いします。』

『Bさんとこの役員会なんて、社長の、やるぞ!の一言でしょうwww まあ、いいですわw わかりました・・・事業計画作りましょうw』

ということで・・・Bさんは、農業への進出やる気満々でしたw

image


Aさんは・・・・。

Aさん 『私は、そんな大それた計画ではないですが、定年退職後に、農業をやってみたくて・・・・、でも、やはり土地は欲しいです。 水耕栽培ハウス、土耕用ビニールハウス、土耕の畑もやってみたいのですが・・・。 どれくらいの面積ならできますかね〜?』

『Aさんは、住んでいるところが、あま市ですので、もしも、あま市で土地を買い農業をするのであれば、3000平米以上買わなくてはいけません。 まあ、ギリギリ3000平米ちょいぐらいにしておいて、基本は、ビニールハウスで水耕、ビニールハウスで土耕(ポッドかベッド)、あとは普通の畑・・・おおよそ1000平米ずつでやってみたらどうですか・・・。 もちろん、一度にはできないので、買っておいて順にでしょうけど・・・。』

Aさん 『そんなに都合よく土地は買えるものなんですか???  それから、1000平米ずついろんな物を作って、売れるんでしょうか?』

『土地は、これから探しますが、あくまでも目標としてということで・・・w あま市だと、まとまった3000平米は難しいですし、三種の農業簿面積の比率は、多少変わるかもしれませんが、とりあえず、合計3000平米で、なるべくご自宅の近くで探しましょう。 水耕の場所だけは、ある程度の面積にしないと、設備の問題がありますので・・・そこは死守しますw』

image


Aさん 『野菜の売り先は、どうです?』

『とりあえず、JAがやっているスーパーみたいなところがあるので紹介します。 でも、ネットとかで売った方がいいでしょうね〜。 ある程度、いろんな野菜を作るのであれば、ネットでセット売りできますので・・・・。 私の関係の農家さんが増えてきたら、みんなでいろんな野菜を作って、ECサイトとか作って売るのもありですね。』

Aさん 『それはいいですね。 人手が足りない時は、近藤社長の経営する障がい者就労支援のところにお願いするかもしれません。』

『それなら、なるべく、水耕をやった方がいいですね。 土耕は、働き手が少ないので、水耕栽培だと室内みたいなものなので、来てもらいやすいんですよ!』

Aさん 『なるほど・・・。 それは、そうでしょうね〜。 実は、今、家の庭で、野菜を作っているのですが、そういうのは、農業経験にはならないのでしょうか?』

『なかなか難しいでしょうね〜。 それ、農業経験じゃなくて、家庭菜園経験ですから・・・w』

Aさん 『ということは・・・、ここに180日以上、働きにこなくてはいけないのですか?』

『まあ、基本的には・・・。 でも、まずは、土地の目星をつけて農業委員会に相談に行きましょう。』

Aさん 『実は、私も自分で、それなりにネットで調べて、国や県が、新規就農を応援してくれる的なところに電話をしたり行ったりして相談したのですが、全然、話にならないですね。』

『まあね。 私も同じでした。 窓口があるだけで、相談しても、適当に答えて、あとは、他の相談窓口とかを教えてくれて、たらい回しで、結局、何の解決にもならなかった。 最終的には、地元の農業委員会と話をすることになります。俺も、いろんな件で、毎回、たらい回しされてます。』

Aさん 『まあ、役所ですから・・・。 何にしても、私は、今の会社を辞めないと、ここでは働けないので、農家にはなれないってことですよね。』

『まあ、とりあえず、農業委員会に相談に行きましょう。農業経験があると認めていただくには、どうしたらいいか、実際に土地の情報を持参して、何を作るとか、その辺りも話をしないと、まともに取り合ってくれません。 とりあえず、土地探しますよ!  もしくは、賃貸で、1年ぐらいやってみて、その野菜を、JAのスーパーか、どこかの飲食店に買ってもらって・・・、それでも農業経験と見なしてくれると思いますよ!』

Aさん 『時期はともかく、農業をやりたいので、宜しくお願いします。』

Aさんと、Bさんとは、こんな話をして・・・・農業実習が終わったわけですが・・・。

image


以前のブログにも書きましたが・・・、一般の人は、早々簡単に農地は買えません!

農地の取得に関しては、詳しくは、以前のブログを読んでいただくとして・・・・。

今、私にできることは・・・・。

愛知津島ファームにて、水耕栽培の教育実習

愛知津島ファームで農業経験を積んでいただく

名古屋市近郊で農地を貸す

これをしながら、土地を探して、農業委員会に相談して、その土地を購入して農家になれるようにする。

こんな事しかできませんが・・・。

IMG_2851


まあ、でも、コロナの影響で・・・、転職する人も多いですし・・・、そんな中で、農業に興味を持ってくれる人も増えて来ましたし・・・悪い事ばかりではないな〜と思います。

解雇、減給された人は、悲しいでしょうし、悔しい思いをされた人も大勢いらっしゃるでしょうが・・・。

うまく表現できませんが、コロナを経験して、自分の、これまでの人生や今後の生き方を考え直すという人が多く・・・、こんなことでもないと、自分の人生を見つめ直すなんてことは、なかなかできませんからね〜。

この時期・・・ある意味、人生の転機!  ある意味、チャンス!なのかもしれません

そんなわけで、本日は、コロナ転職 解雇 減給 転機 チャンスというテーマで書かせていただきました。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 03:17│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック コロナに負けない | 転職

この記事へのコメント

1. Posted by ハナハナ   2020年09月10日 14:37
今は、優秀な人材を確保する事ができる時期である事は確かだけど見極めが難しい。

早く回復させないと2020年末には失業率は5%超えるだろうね。
2. Posted by かるふ   2020年09月10日 17:06
うーむ。近藤社長、展開が早いw
農業研修って近藤社長のところで受ければ、全国で通用するのでしょうか?
ゆくゆくは農業法人作って事業してみたいw
(と中途半端志でなんとなく生きております。。。)
3. Posted by コンドウ   2020年09月11日 12:31
ハナハナくん、それは、一般的な見方だと思うよ!
実際は、飲食、夜の商売、商業店舗、農林漁業など・・・正規雇用だけで俺も年末には5%を越えると思うけど、バイトやパートなどを入れると、とんでもない失業率になるだろうな〜。

かるふさん、まず、農地を買いたい場所の市町村に、農業経験として、愛知県の農事組合法人で農業の経験が180日以上あるとして、農地を購入して新規就農ができるかを聞いてみたほうがいいと思います。
ついでに、農地を購入する場合の最低面積が市町村によって違うので、それも聞いて来てください。
その他、新規就農で土地を購入する条件も聞いてくるといいと思います。
その上で、愛知で、水耕栽培を覚えるかを決めたほうがいいですよ。

津島には、安く泊まれるところもありますし・・・。
でも、うちの師匠は、めちゃ暖かくて良い人ですけど、仕事に対しては厳しいですよw


4. Posted by かるふ   2020年09月11日 23:29
なるほど、ローカルなルール満載な気配ですね。
ご回答ありがとうございましたm(_ _)m
5. Posted by コンドウ   2020年09月14日 10:46
かるふさん、農業を始めるときは、ご相談ください。
アドバイスだけでも、お役に立てると思います。

いつもブログをご愛読いただきありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
安倍首相辞任と不動産市場(No. 2448)コロナ後の都心離れの現状(No.2450)