アフターコロナ 不動産(No.2418)造成現場から駆けつけ人命救助!(No.2420)

2020年05月20日

不動産視察、ヘイヘイホ〜(No.2419)

久しぶりに不動産現場ネタを書きますが・・・。

先日、来期予定の宅地分譲の現場に視察に行ってきたんですけど・・・・。


まずは、現場に・・・・。

IMG_1391


 『ホォ〜〜〜〜w  あのジャンゴージャンゴーしてたジャングルが、めっちゃ綺麗になったジャンw きれいになって気持ちいいな〜w  ここ、以前、俺が、蜂に追いかけられたんだぞ・・・。』

調査士  『そ、そうなんですか〜・・・・!』

 『うちの社員に視察に行かせたら、高低差が、奥が下がっているというから・・・そんなわけないだろ〜。 ジャングルの中に入って見てきたのか?って聞いたら、いえ、道路から・・・!というので、俺が再度現場に行って、ジャングルの中に入って調べてきたんですわ。』

調査士 『社長自ら・・・あのジャングルに入ったんですか?  うちの測量部隊でも嫌がってたのに・・・。』

 『当たり前だろう! 不動産屋が現場を確認しないで何をするんだ! そのために、俺の車のトランクには、安全靴とバールとヘルメットが積んであるんだ! 田んぼの畦道でも山の中でも、沼にも入ったことがあるぞ! じゃないと、現場の高低差、境界、土質など、分からんだろう!』

調査士 『今時の不動産屋さんは、スーツ着ているので、そんな事しませんよ!』

 『だから、ミスが多いんだがや〜! プロは、現場に行って隅から隅まで見るんだよ! いろんなことが分かるし、想定もできる。 まあ、そんな話はいいけど・・・、以前、ここで、スズメバチに追いかけ回されてな・・・、一匹は、手で振り払って、そのまま、めちゃ逃げたわ! ジャングルの中を、50m 8秒台ぐらいで走ったわw 人間、危機的状況になると、普段できないことができるんだよな〜w』

FullSizeRender


調査士 『あははははw まあこんなにきれいになりましたし、良かったですね〜・・・。 ところで・・・・。ちょっと見ていただきたところがありまして・・・。』

 『う〜ん・・・。その前に・・・なんだ、あの、二本の木は・・・ブランコか、ハンモックでも作るつもりで残したのか??? あかんあかん・・・全然、良くない!   あの木が邪魔! 』

調査士 『あの木は、境界の外側に生えているので、こちらの敷地じゃないんですよ!』

 『お〜〜〜い、高橋秀樹くん・・・隣接地に、邪魔な木は伐らせてもらうって了解とってあるんだろ???』

IMG_1390


高橋 『はい・・・! もちろんです。』

  『じゃあ、なんで、伐ってないの? ブランコか、ハンモックでも作るのか?  まあ、造成するついでに切っておいて〜!』

高橋  『じゃあ、あの木も、伐った方がいいですね〜?』

IMG_1395


  『ん・・・。 なんだ、あのマッチ棒みたいな木は・・・? あれも、境界の外に生えているということだと思うんだが・・・。 伐ろう・・・。  まあ、三本だけなんで・・・今から伐るか・・・。 与作は木〜を伐る〜、ヘイヘイほ〜〜 ヘイヘイほ〜〜〜🎵  中村、斧持ってないか???』

中村 『えっ・・・。さすがに、日常で斧は持ってないですよ〜・・・。』

  『ん〜〜〜。 ホームセンターで買ってきて伐るまでの時間はないな〜・・・。やっぱり造成ついでに、頼むわ〜・・。 土木屋さん、木の伐採方法、知ってるかな〜・・・。 間違っても、近所の家や電線の方に倒さないように、重機で引っ張りながらやれよ!』

その後は、排水や雨水や、高低差の話をして、境界を確認して・・・近所の土地家屋調査士の事務所で打ち合わせをしました。

BlogPaint


今回の宅地分譲の計画は、雑木林を伐採、抜根してから造成工事をするわけですが・・・、行政が、現状の高低差と同じかどうかを、かなり厳しくチェックしているんです。

でも、これだけの木を抜いてしまったら、土地の高さが低くなりますよね。

ですから、伐採前に、きちっと簡易で高低測量をやっておいて調査士に簡単な図面を作ってもらっておくのです。

つまり、木を伐採してから、土を入れて雑木林だった頃の高さに戻すわけです。

そうしないと・・・、雑木林を伐採したことで低くなってしまった高さを現況として、それを基準に行政が、開発のあれこれを言ってくるので、雑木林の時の高低差を測っておいて、本当の現況高低差を明確にして置く必要があります。

この現場は、樹木をかなり伐採してしまったので、木の根っこ分の土を入れて、元々の高さに戻した上で、開発の図面を作って、役所と協議しなくてはいけないのです。

まあ、めんどくさいですし、二度手間ですけど・・・仕方ないですよね〜。

そんなわけで・・・高低差の入った図面を見ながら造成工事の打ち合わせをしました。

まあ、今回、この現場は、すんなり行きそうで安心して帰ってきましたが・・・・。

IMG_1403

セルフのガソリンスタンドで給油する社員Nくん)

そんなわけで・・・。

中には、とんでもない現場もありまして・・・・。

さて、ここまで書いたところで・・・話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


特に、山は、怖いです!

・東海市の現場では、山砂っぽい土が大量に出ていまして・・・処理に困っています。
東海市周辺の街など、お近くなら運ぶので・・・誰かもらってください! 
もしくは、取りに来ていただければ、こちらの重機で積み込みます。

・某市の現場では、古い家屋があり、捨てるのは勿体無いほどの木材が使われていて解体を躊躇しています。
古民家調の飲食店とかで使えるような材料なので、安価でいいので買ってもらいたいです。

・某市の山を造成しようとしたところ・・・、とんでもない大きさの石?岩?が出て来ました。
これは、弊社が目的達成できないので、瑕疵担保として売主に撤去を請求しています。

割って撤去するにも多額の費用がかかりますので、正直、土地代よりも高い費用なので解約になると思います。

・某市の山を工事しようとしていたところ、調査をしたら珍しい昆虫が出て来て、工事ができなくなってしまいました。
工事区域の中に昆虫の保護区を設けて解決しましたが・・・昆虫で工事ができないとか、そんなこともあったりするのです。

振り返ると・・・その他、諸々・・・、不動産の造成工事には、予想できない部分での、ありとあらゆる問題が発生することがありました。

IMG_9512


例えば・・・この数万坪の太陽光発電団地・・・元々、全部山でした!

ここだけでも、すごい面積なのに、他も入れると、すごい面積の山の工事をして来たわけで・・・、近年だけでも、造成する時の問題は、数え切れないほど沢山ありました。

もう、弊社が持っている野立ての太陽光の権利も、かなり減って来たので、こういった山の造成工事は減りつつありますが・・・。

何にしても・・・山の開発、造成工事をする際は、現場の山に足を踏み入れ、しっかり調査をすることは、めちゃくちゃ大事なことなのです。

そして・・体が鈍っているときは・・・、斧と鉈を持って行って、与作を歌いながら、現場の手伝いとかをすることも・・・・、軽く視察するよりも、現場のことがとてもよくわかるw

実は、大きなMY斧と、MY鉈は持っているので・・・・

今回は、時間の都合で、与作へいへいほ〜は、できませんでしたが・・・今度、樹木伐採の現場があった際には、久しぶりに、へいへいほ〜!をしてこようと思いました。

久しぶりに、翌日、起き上がれないぐらいの極度の全身筋肉痛になりたいな〜と・・・・!笑笑

そんなわけで、不動産視察ヘイヘイホ〜というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください








toshikazy at 10:44│Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 近藤利一 不動産コンサルタント

この記事へのコメント

1. Posted by かるふ   2020年05月20日 23:14
不動産マスターになると自分で木も伐採して、山林開発もしちゃうんですねw 御見逸れしました(*´Д`*)
2. Posted by ハナハナ   2020年05月20日 23:58
木こり姿で与作歌ってる近ちゃんが想像できる(笑)
そんな時はお前もやってみろと強要されるから絶対に近寄りたくない。
3. Posted by コンドウ   2020年05月21日 12:09
かるふさん、マスターは、なんでもできないといけないのです!笑
山林の開発許認可なんかは、不動産屋としては、当たり前で・・・、マスターになると、きこりもできます。
木が倒れる方向だけ気をつける話で、あとは、パワーですw
チェーンソー使うと更に早いですが、マスターは、健康のために斧で伐るのです!
次の朝、起き上がれないような極度の筋肉痛・・・気持ちいいですよw



ハナハナくん、マリンスポーツも肉体労働も農業も、夢中になって楽しみながら頑張るのは楽しいですよ!
スパルタは、強要ではなく、楽しんでもらいたいという私の愛ですw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アフターコロナ 不動産(No.2418)造成現場から駆けつけ人命救助!(No.2420)