コロナ自粛中のゴールデンウィーク (No.2414)園児からの手紙・・嬉し恥ずかし感極まる!(No.2416)

2020年05月07日

殺菌 除菌、抗菌、接触感染予防対策 (No.2415)

本日のブログの前に、まずは、お知らせからです。

ダイヤニウムA80の在庫の件について、一時的にダイヤニウムの商品購入ページが混雑し、ヤマトの宅配システムのエラーも重なり、発送が遅れておりましたことをお詫び申し上げます。
現在は、注文も落ち着いてきましたので、3日〜1週間ほどで発送できる状況になりました。
(*諸事情によりお届け日が遅れる可能性がある場合、ご注文から3営業日以内にご連絡を致します。)

IMG_0984


もう一点・・・。

現在コロナウイルスの影響でボトルの安定的な入手が困難になっております。
従って、ボトル・トリガー・デザインが写真と異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さいます様よろしくお願い致します。

現在は、トリガー式の50ミリボトル(ミスト噴霧 遮光)にて製造をしています。

次の生産ラインは、プッシュ式の50ミリボトル(ミスト噴霧 遮光)になります。


IMG_1266


プッシュ式のアルミボトルの試作品を50人のモニターさんに使っていただきましたが、賛否両論でした。

・カバンに入れた際に場所をとらないのでアルミボトルの方がいい!
・トリガー式は、ベビーカーに引っかけることができたので前のタイプの方がよかった!
・アルミボトルの方が可愛い!
・アルミの方が手に取った時のボトルの触り心地がいい!
・トリガー式の方がしっくりきて使いやすい!
・アルミボトルのキャップはいらない!
・ロックがついている分トリガー式の方がいい!
・アルミタイプは、ラベルとボトルのデザインが合ってない!
・アルミボトルの方が高級感がある、プラスチックボトルは安っぽい!
・その他、省略!

IMG_1160


モニターさんのアンケートの結果は・・・トリガープラスチック派19人、アルミボトル派22人、どちらも良い5人、どちらも良くない0人、未提出4人という結果でした。

モニターさん、言いたい放題な感じがしますが・・・参考になるならないは別にして、ありがたいです!笑

因みに、私の意見としては・・・、ボトルの在庫があれば、製造ラインしっかり確立していますし、コスト的にも、スプレー式のプラスチックボトルの方が良いですけど・・・。

新型コロナウィルスの接触感染を予防するアルコール80%のダイヤニウムA80を一本でも多く、皆様のお手元に届けたいので、試行錯誤の上、アルミボトルでご提供をさせていただくことにしました。

IMG_1146


実際、新聞各紙も、Yahoo!ニュースも、トリガー式のプラスチックボトルで掲載されたわけなので、本来は、このタイプで販売をするべきなんでしょうけど・・・、同等クラスのものは、どこを探してもありませんでしたので・・・プラボトルが入ってくるまでの間は、アルミボトルで販売することにしました。

実は・・・、ダイヤニウム80の、ボトルって意外と探してもないんですよね〜。

50ミリ、アルコール対応、ナノダイヤモンド触媒なので遮光・・・そして、一番の問題は、噴霧の細かさで・・・噴射した際に、ミスト状にならないといけないのです。

ダイヤニウムA80を目的物に向かって噴霧した場合・・・、細かければ細かいほど、ムラが少なく面になるわけです。

A80の、アルコールとナノダイヤモンドは・・・。

アルコール80%で、菌やウィルスを殺菌消毒するのは、そこまで細かく噴霧しなくてもいいのですが・・・ナノダイヤモンドについては、細かく噴霧してダイヤニウムの面を作ることで、抗菌、抗ウィルス、消臭等のの効果が高くなので・・・スプレーが、トリガーであろうがプッシュであろうが、ミスト状に噴霧しなくてはいけないのです。

今回は、アルコール対応、遮光、ミストの表記がしてある20種類ぐらいのサンプルを取り寄せて・・・・、噴霧テストをして、合格したものに、水を入れて、振ったり、落下させたり、踏んだりして、漏れないか壊れないか等、耐久テストをして・・・最終的に、決めたのが、このアルミボトルでした。

IMG_1273


コスト的に、ずっとこのアルミボトルを使うことは難しいですが大量に50ミリプラスチックボトルが入荷するまでの間の数万本程度ですが・・・、今の、トリガー式のポリボトルが無くなり次第、このアルミボトルで出荷させていただきます。

さて、話は、変わり本題に入りますが・・・。

ゴールデンウィークも終わりまして・・・コロナの感染者数も徐々にですが減ってきました。

政府も、コロナの出口について、経済の専門家、有識者の意見を聞きながら、あれこれ考えているようです。という話も聞こえてきております。

我々も、新型コロナウイルスが収束する日が訪れることを見据え、アフターコロナに備えておくことが重要なわけですが・・・・。

かつてない非常事態を経験したことでアフターコロナは、ビフォーコロナと比べて、人の価値観やライフスタイルが変化するので、経営者は、アフターコロナトレンドを捉えていち早く動かなくてはならない!

今回は、人の意識も時代が変わるので・・・アフターコロナで、伸びるか縮むかは、経営者の手腕によると思います。

多くの経営者は、緊急事態宣言の自粛中で、まともに会社が機能していない状況の中、苦しくて不安な中でも・・・水面下で、アフターコロナに向けて着々と準備を進めています。

経営者として、社員たちの生活を守るのは当たり前・・・会社が苦しければ借り入れしてでも耐えなくていけませんが・・・、経営者というものは、ある意味面白いもので、大半の人は、苦しめは苦しむほどに能力を発揮します。

ビフォーコロナでは、この人、本当に経営者なのか?って思っていたような人が、

今回、いろんな経営者を見ていてそう思いました。

話の途中ですが・・・。

皆さん・・・不動産、建設部門のブログランキングが、2位になってしまっていますので、下記のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票していただけると嬉しいです。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます・・・

ブログの続きです。


私としては、3月、4月と、政策が後押ししてくれる可能性があるビジネススタイルを考えてきました。

現在の、環境浄化触媒ダイヤニウムは、アルコールタイプを発売したことで、緊急事態宣言中にもかかわらず、ネットニュース、新聞各社が、殺菌と、その後の抗菌&抗ウィルス効果がある商品ということで、大きく取り上げてくれたことで、現在は、供給が追いついておらず、まずは、一本でも多く作り提供して行くことが大切だと考えています。
日々の業務に追われアフターコロナ戦略に関しては進んでいないので、連休明けの本日から、アフターコロナについての計画を明確にして準備を進めて行きます。

農業分野については、基本は、現在のサラダ菜を作りながら、6〜7月には、水耕栽培の面積が2倍になりますので、もう一種類の野菜を決めなくてはいけません。
基本的に、水耕であれば、ほとんどのものを作るノウハウはあり大量に作ルコとはできますので、買い手を探さなくてはいけません。
これが、最大の課題です。
その他、アフターコロナに対しての動きは、名大系の研究者さんたちのベンチャー企業の研究開発に協力して新しい農業分野の確立と・・・、安全な野菜を提供するということで、今後、ダイヤニウムと連携をして、ダイヤニウム加工をした機材での水耕栽培にトライして行くつもりです。

BlogPaint


我が母体である不動産分野に関しては、弊社の建設、土木関連の事業部と、別会社の建設土木会社と情報を共有して行きますが、建設部門を中心に、ダイヤニウムの抗菌、抗ウィルス、消臭効果の高い建物の企画を出して行きますし・・・土木に関しては、ダイヤニウムの抗酸化、防カビの部分を取り入れた工事に力を入れて行こうと思います。
その他、ダイヤニウムと、千代田不動産建設事業部による、三密対策の空調システムの開発を考えています。
ダイヤニウムフィルターにより、抗菌、抗ウィルス空調を実現させたいと考えています。

母体は、弊社、千代田不動産ですので・・・お客様第一主義は、ビフォーコロナもアフターコロナも変わらず、お客様の立場で考えて誠心誠意頑張りますが・・・

アフターコロナは、不動産、建設と、その他の分野を、抗菌、抗ウィルスとリンクさせて、安心かつ安全な新しいライフスタイルをより多くの人に提供して行くことだと考えております。


既存のビジネスと、接触感染予防対策の融合・・・可愛くいうと・・・マリアージュかな

BlogPaint


最後になりますが・・・令和のスタートは、とんでもない事になりましたね〜。

ビジネスの話は、先ほどしましたが・・・。

アフターコロナ・・・、自分自身が、どう変わるかも大事なテーマですよね〜。


アンチ覚悟で、私の個人的な意見を言わせていただくと・・・。

何かの格言でもあるように、変化に適応できないものは死ぬ!というのは、ある意味正しいと思っていて・・・、それは、生態系の中でも明らかです。
*変化についてこれないものは死ねという意味ではありません。

人間以外の生物は、ただ変化させたものが生き残るということでいいと思うのですが・・・・、我々人間は、変化ではなく・・・、今ある能力を維持しながら、それに新しい力を加えて、進化しなくてはいけないと思います。

私は、ビジネスという観点では、進化するという確信に近い自信がありますが・・・、私個人が、進化できるかというと・・・、衛生強化して感染症予防対策をしっかりして、通信、IT、AIを生活に取り入れていこうぐらいの、ボヤ〜っとしたものしかありません。

変化はできるんですけど・・・何かを加えて人間としての進化ができるか・・・疑問です!笑笑

そこは、私個人のアフターコロナの課題です。


そんなわけで、本日は、殺菌 除菌、抗菌、接触感染予防対策というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 14:02│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック コロナウィルス | 抗ウィルス 抗菌

この記事へのコメント

1. Posted by かるふ   2020年05月07日 19:07
千代田グループ、コンマグリッド化著しいですなー。
その勢いでコロナ禍も吹っ飛ばしてください( ^∀^)
2. Posted by S不動産   2020年05月08日 10:26
ダイヤニウムは、アルミデザインの方が好きです。
私は、トリガー式のものを20本ぐらい持っているので、お望みであれば、アルミと交換しますよ。
いつでもご連絡ください。

多分、数千数万本のことであって、そういうレベルの話じゃないでしょうけど(笑)
3. Posted by 初心者宅建士   2020年05月08日 18:38
5 ダーウィンの進化論でしょうか。
私の好きな言葉でもあります♪

アルミボトルお洒落ですね😃
4. Posted by ダイヤニウム素晴らしい   2020年05月09日 18:44
殺菌した後に抗菌効果が持続するところが素晴らしいです。
中身が良いのでボトルはどちらでもいいと思います。
手を消毒した後にサラサラになるのがナノダイヤモンド成分なんですか?
5. Posted by コンドウ   2020年05月10日 23:11
かるふさん、コンマグリットという言葉を使うような大きなものではないですが・・・、そのミニチュア版といったところでしょうか。
コロナ渦は、そろそろなくなっていくように思います。
ただ・・・何を基準に緊急事態宣言を解除するのか、そこを、明確化してほしいですね。
そろそろ解除しないと、経済もヤバいし、政府も、もうお金ないでしょう。
一万円札を大量に刷るしかなくなりますよね〜(汗)
アフターコロナ、頑張ります!


S不動産さん、ありがとうございます。
お気持ちは嬉しいですが、おっしゃる通り、数万本以上の話ですので・・・、アルミボトルも1万本あまり・・・。
どれくらい持つのか・・・。
とりあえず、通販用は、なんとか追いついてきましたが、大量発注いただいてる分が遅れています。
5月末〜6月には、ある程度生産が追いつくと思うのですが、それまでが在庫が足りないです。


初心者宅建士さん、あっ・・そうだ! そうですね〜。
ダーウィンでしたね。
スッキリしましたw
アルミボトル、私も好きです。
でも、また在庫不足になるのが怖いです。
ヤマトの決済システムも、数が増えると、すぐに不具合を起こす不良システムなので怖いですし・・・。



ダイヤニウム素晴らしいさん、ありがとうございます。
殺菌後に、抗菌が残るというところで、皆さん、使ってくださっているようですが・・・。
ここだけの話・・・、A80の注文ばかりで、普通のダイヤニウムスプレーの売れ行きが減ってます(汗:)
ご質問のサラサラ感については、私も、そう思っていますが、不確実なことは言えないので・・・、詳しくは、開発した先生に聞いておきますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コロナ自粛中のゴールデンウィーク (No.2414)園児からの手紙・・嬉し恥ずかし感極まる!(No.2416)