2362)災害対策!停電に強い蓄電池(台風、地震)2364)大村知事、即位の礼に出席!!!

2019年10月23日

2363)土木工事現場視察(ドローン)

最近、土木工事の視察の方法も変わりました。

昔は、大きな現場に到着すると、スーツを脱いで作業着を来て、ヘルメットを被り、現場靴に履き替えて・・・現場監督と一緒に現場の隅々を回って確認をしていたました。

5年ほど前から、大きな現場では・・・、ドローンで視察をしています。


IMG_8321


実は、津島市への企業誘致をしている流れもあり、現在、2500坪〜3000坪の建設に伴う土木工事を請け負い、しかも、同時着工ということもあり、通に一度ぐらいのペースで現場視察をしています。
広さ的な話をすると・・・、工業団地的な広さという表現で分かるのかな〜?

上空にドローンをあげるとこんな感じですが・・・、ドローン100mの高ささから撮影しても、全体を写すことはできません。

IMG_8328


まず、ドローンを上にあげまして・・・。

ちょっと、カラスと鬼ごっこ・・・。

山の方に、太陽光発電所のチェックに行くと、トンビと鬼ごっこ・・・、平野では、カラスと鬼ごっこという感じなんですが・・・、たまに攻撃的な鳥もいて、攻撃をする感じで近距離まで近付いてくる鳥もいます。

そういう時は、弊社が普段、工場や畑の鳥対策工事に使っている、撃退ドットマンの一部をドローンに付けて飛ばすと、怖がって寄って来ませんし・・・、撃退ドットマンを見て目が回るのか、落ちそうになっている鳥もいます。

まあ、トンビや、カラスと鬼ごっこの話は、またいつの日か書かせていただくとして・・・・w

IMG_8331


こんな感じで・・・・・一般高く上げて安全を確認しながら徐々に現場の上空近くに行って・・・撮影をします。

これくらいの高さだと、送電線の鉄塔に激突する可能性があリます。

このドローンは、障害物センサーがついているので、よほどのことがない限り激突はしませんが、念のために、いつも気をつけて操縦をしています。

ドローンは、肉眼で見にくくなったら、スマホの画面に画像が映り、それを見ながら操縦するのですが・・・そうなると、自分が減りに乗ったような感覚で操縦をします。

たまにドローンを空中で止めて、カメラを並行にして360度回ると、周りの状況がわかります。

IMG_8314


そうすることで、周りの障害物が把握できます。

スマホの画面に、高度や、GPSで正確な位置もわかるので・・・周りの状況を把握すれば、あとは、スマホを見ながら、自分が鳥になった気分で操縦できます。

だんだん高度を下げて・・・現場に寄っていきまして・・・・。

IMG_8337


とりあえず・・・これくらいの位置から・・・・撮ったり・・・。

これくらいの高さだと、電柱、電線も気をつけなくてはいけません。

移動をする際は、下を映さずに、前を映しながら飛ぶと事故が少ないのですが・・・、素人さんは、下を見ながら飛ばす人が多いです。

位置はナビで別画面に映るし、高度も表示されるのだから、ドローンを水平に移動する時は障害物に当たらないように前にカメラを向けたほうが飛ばしやすいのに、何故か、下を撮影しながら飛ぶ人が多いです。

因みに鳥と鬼ごっこをする際は、絶対にカメラを前に向けてないとできません!

操縦しいる地上からの目視と、画面に鳥を捉えて、後ろに付いた時に鳥に自動追尾をセッティングして・・・それでも、鳥は、近距離になると自動追尾から外れるので・・・自分で画面に鳥が入るように修正しなくてはいけません。

左右は簡単ですが、鳥は、上下するので、上下の動きについて行くのは難しいです。

まあ、トンビや、カラスと鬼ごっこの話は、またいつの日か書かせていただくとして・・・・w

IMG_8304


これくらいの低空(5m)を、ゆっくり飛びながら・・・現場全体を見ることもできます。

あっちで埋め立てやってるな〜・・・・、どこのダンプが来てるんだろ〜?  土は、どんな土で埋めてるのかな〜・・・・、重機に乗っているいるのは、誰だろう??? ズームで見てみよう!

あれ・・・、珍しく社長が重機に乗ってる・・・、あれ? 髪が短くなってるから床屋に行って来たんだな〜w(これらは、個人の承諾が必要)

なんてこともできますし・・・・。

IMG_8378


ん・・・、おっ・・・、う〜ん・・・よし! 真っ直ぐだな〜・・・と、側溝を目通ししたり・・・・。

現場の職人さんが誰が来てるのか、ズームすれば、工事の手元作業まで分かります。

ついでに・・・。

BlogPaint


現場の看板ついてるかな〜・・・?

おっ・・発見・・・・。

なんて感じで、こんな写真も撮れますし・・・動画も撮れるので・・・、とにかく無茶苦茶便利です。

今回は、ブログに載せるために、外で操縦をしましたが・・・、暑い日、寒い日、めんどくさい日は・・・、車の中から・・・、現場を視察することができます。(慣れてない人はやめてください!)

そんなわけで・・・現場視察に、とても便利なドローンなのですが・・・。

最近は、ドローンを飛ばせるエリアは、少なくなって来ておりまして・・・・、国の施設や、空港近く以外にも、街中は・・・ほとんど無許可で飛ばせません。

無許可で飛ばして墜落でもしようものなら大変なことになります。

FullSizeRender


こうやってみると・・・よほど田舎にいかないと飛ばせません!

ドローンに、ちょっと詳しい方は、今回のブログを見て・・・・『ん・・・お前、このエリアって・・・ドローンを飛ばしたらいけないエリアじゃないか???』と思った人もいるかもしれませんが・・・。

我々、ドローン操縦士は、ライセンス取得後に、大阪航空局から、無人航空機に関わる許可、承諾書をいただき、地図の赤い地域でも飛ばすことができるのです。

BlogPaint


もちろん・・・この許可書を持っていても、飛ばしてはいけないエリアはありますが・・・基本的には、ほとんどのエリアで飛ばすことができます。

因みに、今時のドローンは、許可者があっても飛ばしていけないエリアは、ドローン本体が警告してくれたり、入ることができないようになっている機体が多いです。

しかし、まあ、このドローンができたことで・・・世の中便利な時代になりました。

私の安物ドローンでは、これくらいのことしかできませんが・・・、これにゴープロのカメラをつけたり、高感度の赤外線カメラや、温度感知カメラをつけると、いろんなことができます。

最近は、弊社が施工した建物や、土木の現場だけではなく、太陽光発電のパネルのチェック、ズーム性能も良くなり、パワコンのチェックで外部モニターまで見ることができます。

ただ・・・もう一点・・・今回の現場視察で、このドローンに機能が欲しかったのですが・・・。

現場の職人さんたちの差し入れに・・・ドローンで飲み物を届けられたら最高に使い勝手がいいんですけどね〜w

まあ、でも、よく考えると・・・これは、あかんですね・・・。

汗水流して、弊社の現場で工事をしてくださっているのですから、私の手で持って行って、手渡しをするのが一番いいですよね〜w

何にしても、最近、広い土木現場は、隅から隅まで、人からは見えない角度までドローンで見えますし・・・、建物は、足場をかけたりハシゴを使わなくてもチェックできるので・・・、本当に現場視察、現場のチェックが楽になりコストも下がりました。

そして・・・ドローンを導入して、一番良かったことは・・・。

弊社の土木工事と建設が終わった後・・・、工事中に空撮した写真と、工事後の完成写真を、施主様にプレゼントするのですが、大変喜んでいただけることです。


皆さんも、ドローンを初めてみませんか?

特に、不動産、建設、土木・・・便利ですし、今よりも仕事が楽しくなるかもしれませんよ。


そんなわけで・・・、本日は、土木現場の視察について書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 00:39│Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 土木工事

この記事へのコメント

1. Posted by ハナハナ   2019年10月23日 14:52
近ちゃんに勧められてドローンを始めましたが2機墜落させました。
一機は琵琶湖、もう一機は実家の庭です。
青空の下を鳥のように飛ばしてみたいです。

頭も運動神経もいいし話すのも上手だし全体的に勘がいいよね。
何でもすぐにできるようになるから羨ましい。
2. Posted by 初心者宅建士   2019年10月23日 16:43
5 当店でも屋根の点検等にドローンを活用しております。
4kで撮影し、iPad等でお客様に撮影した画像や動画を見せながらピンチアウトで拡大して見せたりしながら、不具合箇所があれば修繕のご提案、当然売却時には結局建築士さんに上がってみて貰うのですが(笑)
3. Posted by コンドウ   2019年10月24日 02:30
ハナハナくん、いえいえ、俺ができるんじゃなくて、ハナハナくんがドンくさいんだと思います。
フライボード、ウェイクボードできない、ドリフトもできない、ドローン墜落しまくり・・・医者になるために子供の頃から勉強しすぎたんだよ!笑
因みに、数学、英語は、足元にも及ばないけど・・・算数と、ボディランゲージは勝てる!笑


初心者宅建士さん、ドローン便利ですよね。
うちは、太陽光パネル、建築、土木工事のチェックに使っています。
お客様も喜んでくださりますし・・・。
でも、正直、便利さよりも楽しさの方が上回りますよね。
4. Posted by Office   2019年11月08日 09:19
4 @MSFTChile �Que pasa con los servicios de Microsoft, desde el lunes
que no hay conexi�n con office 365, outlook, onedrive y otros? https://purchase-office-365.com

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2362)災害対策!停電に強い蓄電池(台風、地震)2364)大村知事、即位の礼に出席!!!