2344)不動産業の働き方改革!2346) ワイルドスピードと、お盆2019

2019年08月10日

2345)子供から借金をする親の話

井上社長・・・お誕生日プレゼントが届きました。

右肩上がりの立派な登り龍をいただきありがとうございました。


IMG_7626


作者も来てくださり・・・作品の説明を兼ねて、社長の熱い気持ちを伝えてくださりました。

先日も、お誕生日会を開催していただき・・・、幸せな半世紀記念になりました。

心より感謝を申し上げるとともに、私の宝物としてずっと大切にいたします。

50歳を迎えましたが、昇竜のごとく更なる上を目指して頑張ります!

IMG_7636


さて・・・。

それでは、本日のブログです。

一昨日、私宛に読者(仮名A子さん)から電話がありました。

丁重にご挨拶をされ、お誕生日のお祝いの言葉を述べられた後・・・、現在お住まいの家を購入されるときに、私が執筆した著書、満足する家を買いたいならこうしなさい!を購入していただいたようで、家を買った時のエピソード等を話してくれ・・・、そして、最終的に・・・土地の売却の件で相談があるとのことだった。

私は、あまり時間に余裕はなかったが、10分程度ならなんとかなりそうだったので、著書を購入してくださったお礼を伝えながら、話を聞きました。


売却理由

A子さんは、ご主人様と小学生の子供二人の4人家族で、名古屋市内の戸建てに住んでいるということだった。

∩蠱未瞭睛討蓮A子さんの両親の生活が苦しいので、毎月、自分たちの家計費の中から数万円を仕送りしていたのだが・・・、それ以外に年に3〜4回、100万単位でお金が必要ということで、ここ数年の合計額が1000万円以上のお金を貸しているようです。

A子さんの親に貸している、この1000万円は、預金からではなく、A子さんのご主人の職場と、ご主人の実家から借りているとのことでした。

そして、また今回、A子さんの母から連絡があり、自分たちの住んでいる家の風呂が壊れたので修理しないといけないとのことで、200万円の金の無心があったようです。

A子さんの父親(63歳)は、体が弱く病気がちで、定職についていない状態だったようで・・・週に2〜3回、知り合いの会社でアルバイトをしている状態で、A子さんの母(60歳)は、パートで働いているようで、なんとか生計を立てているようです。

A子さんは、ご主人さんと相談したものの、もう借金するところもないということで、消費者金融から借りることにしたそうですが・・・・、ご主人さんの親が、消費者金融に手を出すな!!と、それを止めて・・・、自分が持っている土地(調整区域 農地)を売るという話になりました。

その土地の場所が、愛知県の西部地域だったので、以前から読んでいたブログの管理人である、私のところに、売っていただきたい!と、連絡をしてきたわけです。

BlogPaint


というのが・・・今回のA子さんの相談なんですが・・・・。

 『土地を売ると簡単におっしゃりますが・・・、調整区域の農地ですから、仲介だと時期も金額も読めません! 買取もやっているんですけど・・・、残念ながら、弊社としては、調整区域の農地の買取はしていないんですよ〜。お急ぎでしたら、私が個人でよければ、白地の道路付きであれば、坪1000円〜3000円で買い取れるかもしれないです。 場所を見ないとなんとも言えないですけど・・・。』

A子さん 『そうなんですか〜・・・。 ・・・。 200万円必要なんですけど・・・、かなりたくさん売らなくてはいけませんよね〜?』

『そうですね〜。 その前に、買い取れる土地かどうかも分かりません。』

A子さん 『参考までに、私たちの自宅を売却したらいくらぐらいになるのでしょう? 名古屋市・・・(以下省略)』

私は、住所、築年数、坪数、道路付きなどを聞き、おおよその仲介査定と買取査定をして答えた。

『一度見せていただかないと・・・、今、この場で正確には答えられないですが、おおよそで・・仲介だと4000万円前後、買取だと3400万円前後ですかね〜・・・。  う〜ん。  でも、まあ、なんと申しますか・・・、話が戻りますが・・・、A子さんのご両親の為に、ご主人のご実家の土地を売ったり、あなたたちの家の売却まで考えなくてはいけないのでしょうか?  一緒に住むとか、何か別の方法があるのでは・・・?』

A子さん 『それも、家族で話し合ったのですが・・・、私の両親と、主人は、他人ですから、一緒に住むのは嫌みたいですし・・・、両親の家も、私たちの家も小さいですから、一緒に住むだけの余裕はないです。』

『まあ、私は仕事なので、名古屋の家を売っていただくのが一番ありがたいですが・・・、個人的に言わせていただくと・・・、必要以上に、親の援助をされていて、あなたたちが苦しい思いをされているとしか思えませんけど・・・。  A子さん、他にご兄弟はいないんですか?』

A子さん 『兄がいますが、兄は、大学生と高校生の子供がいて、とても親の面倒を見るだけの余裕はないです。』

『いやいや・・・あなたも十分、余裕がないでしょう。 ご主人さんの会社や、親にまで借金して・・・自分の親に金を出してるんですから・・・。 例えば、土地を売っても、そこの根っこを解決しないと、キリがないですよ!』

A子さん 『そうなんですよね〜・・・。 わかっているのですが・・・、親に頼まれると、断れないというか・・・、父が、俺たちを見殺しにするとか言って、怒鳴るし・・・、たまに母も殴られているみたいだし・・・。 母が可哀想で、ついついお金を出してしまうんですよ。 主人の両親にまで迷惑をかけて申し訳なくて・・・、でも、お金を用意しないと母が・・・。  近藤社長なら、土地を高く売ってくださったり、何か良いアドバイスをくださるかな〜と思って電話しました。 すみません・・・。』

『う〜ん・・・。 とりあえず、泣いても解決しないので、冷静になって普通に話しましょう。  その上で、はっきり言わせていただきますが・・・、子として親の面倒をみるということは、当然だと思いますが・・・、お兄様も負担しなくてはいけませんし、ご両親も必要以上に浪費しているように感じるんですが・・・。』

A子さん 『そうなんです。 父は、ギャンブル好きなので・・・。』

『まあ、この手の話は、そんなところでしょうね〜。  大変申し上げにくいのですが、それって、寄生虫を飼っているのと同じなんですよ! もっと悪く言うと、あなたたち家族にとって癌細胞みたいなものですから・・・。放っておいて、やりたい放題やらせていると、あなたたちの家族までダメになりますよ! どこかで、線を引いて、両親が最低限生活ができる適正な金額をお兄様と共同で援助するくらいにしておかないと・・・・。』

A子さん 『そうしたいんですけど・・・。 兄は、知らんって言うし・・・、両親はお金を請求してくるし・・・、毎月数万円の仕送りならなんとかなるのですが、年に数回、100万単位でお金を貸してくれと言ってくるので・・・。』

『う〜ん・・・。 まあ、家庭の諸事情は、それぞれあるでしょうが・・・。 おそらく、両親は、お金を貸しても、これまで1円も返してないでしょう?』

A子さん 『うちの子供達に、何かを買ってくれたり、お年玉をくれたりはしますが、返済としては、返してもらってません。』

『違う違うw 孫への事と、借金返済は別物ですw ご両親の家って、持ち家ですよね〜・・・。 それだったら、まずは、ご両親が自宅を売るか・・・、お金を貸すなら、その自宅に担保をつけて置かないといけないですよね〜。 そうじゃないと、ご主人さんや、ご主人の両親に返済できませんよ!』

A子さん 『私の実家を売るか、実家を担保にお金を貸すって事ですか?  そういうのは、よくわからないのですが・・・。実家がなくなるのは、ちょっと・・。 父が許さないと思います。』

『はっ?  人様に借金して返済もしないで、ギャンブルやってる奴に・・・、家を持つ資格はないでしょうw A子さん、あなた自身も考え方が変ですよ!  私が、ご主人の立場だったら、ギャンブルの金まで俺は面倒見れないから、別れて、そっちで勝手にやってよ!って言いますけど・・・、優しくて辛抱強いご主人ですね〜。 』

A子さん 『はい、おかげさまで・・・。 主人は、なんとかしようと頑張ってくれています。』

『あかんわ〜w 話になりませんわ〜w 時間もないので、結論・・・!  あなたの親の家を売却するなら、協力しましょう!  ご主人の両親の土地や、あなたたち家族の家を売るなら、よその不動産屋に頼んでください! 失礼ですが・・・、そんな、身内に迷惑をかけまくるギャンブル好きの寄生虫の為に、優しいご主人の家や、そのご両親の土地に、申し訳なさすぎて、手をかけれんですわ・・・。自分の借金を理由に人の不動産を売らせる前に、まず、てめーの家を売れ!って話じゃないですか?』

A子さん 『・・・・。 ・・・。 私の実家がなくなるのは・・・。  そう言う発想はなかったです・・・。 でも、近藤社長の言う通りだと思います。  私が、あまいんですよね〜・・・。両親を甘やかしてしまっていて、周りの人たちに迷惑をかけているんですから・・・。 』

『あなたの親の家を売るのであれば、私から、うちの社員に繋ぎ、売却を進めていきます・・・。 それ以外は、お受けできませんので・・・。 次の予定があるので、電話切りますね・・・。 自分たち家族の将来を、よ〜く考えて・・・、子供もいるんだし・・・、そう言う事で・・・、それでは、失礼いたします。』

A子さん 『はい!  両親に、その話をしてみます。 逆上しそうですが・・・。 ありがとうございました。』

『いえいえ・・・。 逆上しようがなんだろうが、どっかで決着つけなきゃいけない事だと思うので・・・、あなたのお父様に、浪費をやめさせるか、家を売らせるか・・・二つに一つ・・・。 あっ・・・やばい!  遅刻や〜・・・、それでは、失礼します。』

そんなわけで・・・少し遅刻はしましたが、次の予定を終わらせて・・・、その後、知人に、お誕生日のお祝いをしてもらいました。

IMG_7665


御馳走様でした・・・w

その翌日・・・つまり昨日・・・・。

相談者のA子さんから、再び、電話がかかって来ました。


少し世間話をした後・・・・。

A子さん 『社長さん・・・、昨晩、主人とも相談したのですが・・・、やはり主人の実家の農地を売ろうと思いまして・・・・。』

『えっ・・・! その答えが返ってくるとは思っていませんでしたw 大変失礼な言い方になるかもしれませんが・・・、でも、要するに、あなたのご両親の、生活費とお父さんの博打の費用を、ご主人さんの親に捻出させるって事ですよね。 しかも、調整の農地を売ってもいくらにもなりませんので、そこに手をつけると、あっという間にご主人の実家の土地が失くなりますよ。』

A子さん 『そうなんですけど・・・。 主人としては、実家に戻る気がないので・・・、いずれ処分するつもりだったから、いらない農地が減ってちょうどいい!  ついでだから、両親を老人ホームに入れて実家も売ったほうがいいかもしれないので、実家を打った場合の値段も聞いて来てと言われました。』

『あはははははw なるほど・・・。 不動産業者的に考えると、ご主人さんの意見が一番正しい! あはははw 大正解w すみません、あまりにも冷静な考え方で正論なので笑ってしまいました。 ご主人さん、さすがですね〜。 ただ・・・ブログの読者であり相談者である、A子さん、あなたが、ご主人の実家に対して申し訳ないと言う気持ちがなければいいんじゃないですか? 』

A子さん 『申し訳ないという気持ちはあります。 私の両親のことなので・・・。 でも、私たちは夫婦ですし、子供も2人いますし・・・、主人は、お前の親の為に金を工面してるんじゃなくて、自分たち家族のためだ!と言ってくれていますので・・・。 主人の両親も、田舎で大きな家に住んでいるよりも快適な施設に行ったほうが結果としていいんじゃないかって言ってました。 今の家から近い施設に入れれば、今よりも会いに行けるし・・・とも言ってくれました。』

『なるほど・・・。 正論ですし、理にかなってますね。 実家の田畑と屋敷を売って、今の借金返して、A子さんの両親にもお金貸せますし・・・。 家族の幸せと言われるのであれば、それは正解ですねw まあ、あとは気分に問題なので・・・、そこを私が気にする必要がなければ、田畑、屋敷、全部弊社が処分させていただきます! まあ、農地は、かなり安くなりますが、私は、これから豪業福祉をやっていくので、買い取ります。』

A子さん 『ありがとうございます。 私の気持ちまで汲み取っていただき、ご自身の仕事よりも私たちのことを優先に考えてくださって・・・。 ブログの通りですねw 相談して良かったです。』

『ご主人の両親の不動産売却は、少しでも高く売れるように頑張らせていただきますが・・・・、一つだけ、お願いというか・・・A子さんにやっておいてもらいたいことがあります。』

A子さん 『なんでしょう???』

『あなたのご両親にお金を貸す際に、担保をつけるようにしてください! これまで貸した分も全部です。 ご主人の父が土地を売ったお金は、ご主人の父のものです・・・、これから、そのお金を、ご主人、あなた、孫たちに、年間一定額の贈与・・・今までのお金はご主人のお父様から借りた借金になっているはずですから、それは、上手に返済しましょう。 そして、あなたの両親には家があるので、そこに担保をつけた上で、お金を貸してください。 そしたら、いずれ、実家は、担保をつけておいた人の名義になるはずです。』

A子さん 『主人、私、子供達が、主人の親から贈与でいただいたお金を、私の両親に貸すときに担保をつけ流ということで・・・、私の両親は返済できないから、いつかは、お金を貸している私たちのものになるという計算ですね。 なるほど・・・・。 父が承諾しますかね〜???』

『承諾しなかったら、お金を貸さなきゃいいんですよ! 絶対に承諾します。 しない選択があるとしたら、自分で金を用意できるってことですw つまり、ご主人の相続税対策と、あなたの悩みを解決する、一石二鳥計画って事です。  最初は、ご家族皆様のお気持ちをお察ししておりましたが、ご主人さんが、そこまで、さっぱりしているというか、今時の考え方しているので・・・とてもやりやすいです。 その旨、ご主人様にお伝えいただいた上で・・・近々、お会いしましょう。とお伝えください!』

A子さん 『わかりました。 本当に何から何までありがとうございます。 私の問題と、主人の実家の相続税対策を一緒にやろうという発想がすごいです。 近藤社長に相談して良かったです。』

『違う違う・・・違いますよw A子さんのご主人さんが考えておられることが、まさに、そういうことですので・・・、私は、今後、作戦会議に参加して意見を言ったり不動産の売却をするだけのことです。  それでは、ご主人様に、その旨お伝えください!』

そんなわけで・・・、相談者のA子さんは、夫の実家の不動産を売ったお金で、自分の親に不動産担保融資をするという形になるわけですが・・・・。

A子さんのご主人様の実家と田畑を売却すると、5000万円〜6000万円ぐらいにはなるので、なんだかんだ・・・うまく事が進んでいくと思います。


A9623797-FE2C-4092-9992-F17A382D6F39


誰も嫌な思いをする人がいなければ、めでたしめでたし・・・ですが・・・。

ご主人の両親が、そんなに簡単に老人ホームに入るかどうか・・・、そこがネックになると思いますが・・・、多分、お盆も近いですし・・・、ご主人様としては、そこで、勝負をかけていくのではないかと思います。

そんなわけで・・・最終結論と作戦会議は盆明けになるのでしょうが・・・。

不動産業者として、お客様に出す答えとしては、ご主人様の考え方が正論・・・・、でも、私が、A子さんや、ご主人の立場なら、なんとなく気が乗らないと言うか・・・私としては、浪費家の博打打ちのA子さんのお父様に、貸すとは言ってもお金を与えるのは、なんとなく気分が良くないですね〜・・・。

不動産という仕事は・・・・、いや、他の仕事も一緒なんでしょうけど・・・、割り切れない思いも割り切らなければいけないってところがあるでしょうし・・・・。

まあ、私も仕事ですから、すでに頭の中の切り替えはできていますが・・・なんとなく、頭の片隅には、少し違和感みたいなものが残っています。

また今年も、お盆・・・、お盆は、身内が集まるので・・・、盆明けは、いろんな相談がくるんだろうな〜・・・・。

A子さんの関係も、あれこれ話すのでしょうが・・・・。

う〜ん・・・。

今年は、あの人、この人・・・、仲の良い大地主さんが、何人か亡くなったので・・・・。

相続も大変でしたが・・・・相続した後の、第一回目の身内の集まりは、あれこれゴチャゴチャするパターンが多いですからね〜・・・。

盆明けも頑張ります。

そんなわけで・・・本日は・・・子供から借金をする親の話という事で書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください











toshikazy at 12:05│Comments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 借金 | 近藤利一 不動産コンサルタント

この記事へのコメント

1. Posted by Y/S   2019年08月10日 20:21
親の身を食うやつは、すねかじり
他人様の体液を吸う者をダニ
この親は、子供の血を吸うのだから、蚊か蛭だな。

不動産やってると色々な人を見るわな。
だからわしは、客に遠慮なく言いたくれ言ったるんだわ(笑)
2. Posted by tainosin   2019年08月10日 22:34
A子さんの父親は、本当にどうしようも
ないですね。

ご主人が優しい方なのですが、これ以上の
金の無心があれば、夫婦関係が破綻しないか
心配です。

A子さんが親と縁を切る覚悟がないと、自分も
破滅してしまいます。
兄弟の方の対応が正解だと思います。
自分の家庭を守っているわけですから。
3. Posted by yk   2019年08月11日 09:50
>なんとなく、頭の片隅には、少し違和感みたいなものが残っています。

私も引っかかるものがあります

>いずれ処分するつもりだったから、いらない農地が減ってちょうどいい!ついでだから、両親を老人ホームに入れて実家も売ったほうがいいかもしれないので、実家を打った場合の値段も聞いて来てと言われました。

私なら、うちをゴミ処理の便利屋とでも思っとるのか!と切れそう
私の性格が悪いのでしょうが
4. Posted by Mr.Fanble   2019年08月11日 23:02
私の方がまだマシかな…?
既に鬼籍に入った私の爺様が興した、現在は赤字垂れ流しの会社に虎の子迄貸して、雀の涙程度の返済しかされていないけれども…。
5. Posted by saikoo   2019年08月13日 09:22
この手の話はホンマにイライラしますよね。
開き直るクズ、クズの為に動き回るお人好し、
人様に迷惑かけるなら自分たちでなんとかしなければ、、という心理が働くんでしょうね
いい所で線引きしなければ 人との約束など何とも思ってないクズは死ぬまでやりたい放題しますよね。。
6. Posted by コンドウ   2019年08月14日 01:40
YSさん、気持ちは理解できますし、私も、チクっとぐらいは言いますが・・・。
ただ、YSさんのような生粋の昭和の不動産屋じゃないので、汚い言葉で言いたい放題ってのは、私には無理です。
顔洗って出直してこい! 帰って糞して寝ろ!
言葉の選び方が、面白すぎますが・・・今時の人は、言われたらビックリしますよw


tainosinさん、話した感じですが・・・A子さんは、断ることが苦手な性格で、ご主人さんは話はしていませんが、とても冷静かつ、A子さんに対しては、お優しい人だと思います。
ただ、ご主人さんの実家のご両親の考えもあるので、そこは尊重してあげてほしいと思います。
この地域は、まだ、土地をたくさん持つことがステータスとか、土地を売ることは恥ずかしいと思っている人も多いので・・・。
A子さんの親は、更生させるのは難しいでしょうね。
でも、A子さんにしてみると実の親だけに、縁は切りにくいんでしょうね。


ykさん、私がA子さんの夫だったら・・・。
まあ、嫁の親ですから、自分ができる範囲内で、それなりには助けてあげた方がいいのでしょうが・・・。
ちょっと度がすぎるので・・・、私が、A子さんのご主人なら・・・、仏の顔も三度までで、それ以降は、キレると思います。
私がA子さんだったら・・・
お父さんとは縁を切りたいですが、母親が人質みたいな感じなので・・・う〜ん・・・難しいけど命がけで父を更生させようとすると思います。


7. Posted by コンドウ   2019年08月14日 01:54
Mr.Fanbleさん、人それぞれ各家庭も、諸事情はあるでしょうが・・・、今回の件は、心の隅に嫌なものが残る感じです。
まあ、A子さんの夫の実家が、どう出るか・・・盆明けの結論次第で、どう動くか決めますが、今時は農地を売っても二束三文ですから、そこも申し訳ないというか考えさせられるところです。


saikooさん、この手の話は、いくらでもありますが、イライラするのはよくわかります。
A子さんの親のように、子供の生き血を啜る奴もいれば、親の生き血を啜って、用無しになったら邪魔者扱いして捨てる奴・・・兄弟や、友人を食い物にしている奴もいます。
大きなお金が絡む仕事だけに、いろんな餓鬼を見ます。
金より大事なものが見えないのは可哀想ですけどね。
8. Posted by 地元民   2019年08月15日 12:34
他人事ながらいらいらする話ですね・・・
でも実家を売却できる決断は凄いです。

話は変わるんですが、、、
宮古で実家を売却したお金で買い換えると考えてるんですがなにかいい物件ありましたらぜひお願いします笑

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2344)不動産業の働き方改革!2346) ワイルドスピードと、お盆2019