2216)稲沢 宅地分譲、14区画先行販売開始!(土地)2318) 沖繩 那覇出張 (宮古島不動産)

2019年04月22日

2217)ルイ・ヴィトンに心から感謝いたします。

私が、大切にしている宝物の中に、Louis Vuittonの名刺入れがあります。

私が、不動産業界に入った日に購入した、ルイ・ヴィトンのモノグラムの名刺入れで、20年以上使っています。


これまで何千人? 何万人?か分かりませんが、出会った人の名刺を入れたり、私の名刺を出したり・・・何千件という数の仕事をさせていただきましたし、何百億?何千億?という額の不動産の取り扱いをさせていただいた、私の20年が詰まった大切な名刺入れです。

FullSizeRender


ルイ・ヴィトンは、丈夫なんですけど・・・、20年以上、毎日使い込むと、モノグラムのLVの文字は殆ど見えないし、縫い目はボロボロになり・・・それでも使っていたのですが、昨年、横の縫い目が完全にちぎれてしまいまして使えなくなってしまいました。

新しいのを買おうにも、定期入れが一緒になったタイプのものなのですが、もう廃盤になってしまっていますし・・・、私にとっては大事なものですので、同じ型のものがあったとしても、それは同じものにはなりません。

私は、名古屋の高島屋にあるルイ・ヴィトンに持っていき、大切なものだから、なんとか修理できないか、相談をしました。

数十万円の高価な商品が並ぶ中で、ボロボロの名刺入れの修理・・・・、普段、新品を購入するときなら堂々と行くのですが、なんとなく恥ずかしかったので、小さな声で店員さんに声をかけて、修理のお願いをしました。

ただ・・・私としては、どうしても修理をして欲しかったので、『20年間毎日使ってきたもので、私の仕事と人との出会いが詰まっていて・・・、私にとっては、かけがえのない大切なものなんです。』と説明をしました。

ルイ・ヴィトンの店員さんは、『大切に使っていただき有馬がとうございます。』と答えてくれてくれましたが、修理はできるかどうか分からないので、どりあえず預かりさせてください!とのことでした。

何日かして、修理が難しいという連絡をいただきました。

私も、やっぱりな〜・・・と思いながらも、『何とかなりませんか? 私にとっては、代わりが効かないものなのです。』と再度お願いをしました。

ルイ・ヴィトンの担当店員さんが、もう一度交渉してみますと言ってくださり・・・・その日は電話を切りました。

それから1ヶ月ほどしてから連絡があり・・・・、フランスの方に送れば、限りなく今の素材を活かして今ある素材で修理をしてくれるとのことでした。

但し、納期は未定、修理の方法はフランスの職人さんに任せるという条件付きでした。

私としては、当然、『ありがとうw 宜しくお願いします。』と何度もお礼を言ってお願いをしました。

それから、修理の状況など、ルイ・ヴィトンの担当者さんから何度も連絡をいただき・・・。

IMG_6634


本日、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のモノグラムの名刺入れが私の手元に届きました。

名刺入れとは、10ヶ月ぶりの再会・・・。

もしかして、新品みたいになっているのかな???

モノグラムが、見えないくらい薄くなっていたのは、そのままがいいな〜・・・。

IMG_6635


そんな気持ちで、袋の中から、名刺入れの入ったケースと手紙らしきものも取り出しました。

そして・・・ドキドキしながら・・・・そっと、布のケースから名刺入れを出してみました。

ジャーン!

IMG_6636


見た瞬間・・・おっw 修理に出したときのままの感じ・・・・。

つまり、表面は新品になっていない・・・素材も伸びてしまっているし、モノグラムに見えない状態になったまま・・・。

嬉しくて思わず、ニンマリしてしまいましたw

そして・・・内側と、ちぎれてしまったマチの部分は・・・・・・・。

IMG_6637


おおおお〜〜〜〜〜w

素晴らしい!


内側は、定期入れも、名刺入れ部分も新品・・・しかも、定期入れ部分は、手作り感が出ている感じで、とても良い感じです。

職人さんが、試行錯誤しながら修理してくれた感じが伝わってきますw

IMG_6639


なんか、ジーンとくるというか・・・感動的な再会という感じでした。

そして・・・中には、手紙が入っていました・・・。

訳すと・・・、いつも大切にしてくれてありがとう。 時間がかかって申し訳ありません。 今後とも末長く宜しくお願いしますという内容です。

こんな手紙を読んでしまうと、さらに感動、そして感激・・・・!

最近、ルイ・ヴィトンは、モエヘネシー何とかって会社のグループでどうこうなって、あまり新商品を購入することが少なくなっていましたが・・・。

今回のことで、ルイ・ヴィトンの血は途絶えていないな〜と・・・少なくとも、お客様に対する気持ちや、職人さんの商品へのこだわりは、全く変わっていないことが分かり、とても嬉しくなりました。

今後私は・・・・。

最近、エルメスや、ルブタンばかり買ってましたが・・・・。

ヴィトら〜に、戻ろう!

違う、違う・・・違うw

もちろん、ルイ・ヴィトンを買うのが増えるでしょうが・・・。

それよりも何よりも、今回のルイ・ヴィトンの対応の素晴らしさを、自分のビジネスにも取り入れて行こうと思いました。

IMG_6638


20年前に買った、2〜3万円?ぐらいの名刺入れ。

廃盤になってしまったようなものを、フランスに送り修理してくれた。

ビジネスで考えると、こんなものを修理していたら、大赤字です!


でも、ルイ・ヴィトンは、自分の会社の商品に使っている人の気持ちや思い出がいっぱい詰まっていることが分かっているからこそ直してくれたと思っています。

私の不動産業も、お客様第一主義・・・、私が扱った不動産に、人が住んだり、人が働いたりするわけで、当然に不動産への気持ちや思い出というものがあるわけですので、私は、それを大切に考えるようにしています。

でも、今回のルイ・ヴィトンの対応を見て・・・・まだまだ私も足りないな〜。  これが、世界の一流と、私の大きな差だな〜と感じまして・・・・。

今後は、ルイ・ヴィトンには及ばないまでも・・・、参考にさせていただき・・・、弊社のお客様第一主義というものを更に強化していこうと思いました。

まあ、ルイ・ヴィトンの関係者が、このブログを読むことはないでしょうけど・・・。

Merci a Louis Vuitton.

この先、また、何千人?何万人?の人と出会い・・・この名刺入れから名刺を出して渡して、いただいた名刺を入れます。

私は、この先も、このルイ・ヴィトンの名刺入れ&定期入れを、ずっと大切に使い・・、お客様の幸せな暮らしのために頑張ります。

そんなわけで・・・本日は、ルイ・ヴィトンに心から感謝いたします。というテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 02:21│Comments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  

この記事へのコメント

1. Posted by ぺんぎん   2019年04月22日 10:50
5 最愛の思い出が続いて良かったですね

伝統的なブランドであるがこその味わいかただと思います

使い古したら買い替える方もいるなかで、
修理してでも使い続けるというカタチを思い出しました

私の事ながら妻もエルメスの腕時計を祖母からの
形見なので何度も修理しながら使い続けています

もちろん修理費用はかかりますが、
それ以上の価値があるのでしょう

久しぶりにほっこり話を読ませて頂きました
2. Posted by tainosin   2019年04月22日 11:56
大事にしていた物を修理してくれて、本当によかったですね。

プロとしての誇りが素晴らしいです。

私も以前、大事にしていたパソコンが壊れた時、
四苦八苦して修理していただいたことがあります。
だから近藤社長の嬉しさはよく理解できます。

それからは、パソコンなど電化製品はその店で買う
ようになりました。
3. Posted by コンドウ   2019年04月22日 19:27
ぺんぎんさん、コメントありがとうございます。
お祖母様の時計の話・・・こちらの方こそ、ほっこりしました。
ブランドって、こういう事の積み重ねで作られるものなんだな〜と、あらためて思いました。
この名刺入れは、不動産人生最初の日のものなので・・・、不動産人生最後の日まで使うつもりです。


tainosinさん、ありがとうございます。
本当に嬉しいです。
嬉しすぎて・・・ルイヴィトンの話を、周りに話しまくっています。
ずっと大切に使い続けますし・・・ヴィトラーになりましたw

4. Posted by かるふ   2019年04月22日 21:47
たぶん、ブログで宣伝、近藤社長が今後ヴィトン派閥に復帰すると見越しての修理でしょう。。。(腹黒考えですw)

なにはともあれおめでとうございます♪( ´θ`)ノ

そいえば、割れた大皿、金継ぎで修復できるんかな。
パズルみたいになって無理そう (一人言でしたw
5. Posted by コンドウ   2019年04月23日 13:43
かるふさん、私の行動を見越していたんですかね〜?
そうだとしたら、ヴィトンは、かなり高度なAIを使用しているかもしれませんねw

割れた大皿は、香港にありますし、バラバラなので・・・郵便局と戦います。
6. Posted by ぷりん   2019年04月24日 22:02
ブランド品ってこういう使い方をしてくれる人が持ってこそ価値があると思うんです。
近藤社長、カッコいいです。
10ヶ月もの間ひたすら待ち続け、
修理代(お金)の事に一切触れないところが更にカッコいい。
なので敢えて聞きません(笑)
7. Posted by コンドウ   2019年04月25日 01:04
ぷりんさん、ありがとうございます。
あえて聞かないと言われると、言いたくなります!笑
安いか高いかは・・・私は安いと思いますが、3万5千円ぐらいでした。
もっと高額を請求してくださってもよかったんですけど・・・。

かっこいいか悪いかは・・・、見た目、かっこいい感じはしないと思いますw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2216)稲沢 宅地分譲、14区画先行販売開始!(土地)2318) 沖繩 那覇出張 (宮古島不動産)