2158)不動産 車 時計、人? 需要と供給2160)人口減少 地方の過疎化

2018年07月30日

2159) バブルって何?(バブル崩壊間近!) 

皆さんは、バブル経済について、どれくらい知っていますか?

皆さん、バブリー、バブル到来、バブル崩壊等、バブルという言葉を、よく使われると思いますが・・・、めっちゃ好景気なイメージだけで使っていませんか?

本日は、バブルについて、わかりやすく簡単に説明させていただき、前回のバブルと、今回のバブルの違い・・・、今回のバブル崩壊の恐ろしさを書かせていただきます。


そもそも、昭和のバブル(1980年代後半)って、どのように起きたのか・・・説明できる人は、少ないと思います。

現在の60代以上の人は、誰でも知っていることなので説明するまでもないのですが、このブログの読者の大半は、バブルを経験していないか、バブルの頃子供だったでしょうから・・・。

IMG_2858


簡単に説明しましょう。

時は、1980年代前半・・・に、遡りましょう。

う〜ん・・・・。

,泙困蓮∈よりも、超円安(1ドル250円〜230円ぐらいかな?)・・・、日本の自動車、電化製品等は、安くて優秀・・・ということで・・・売れて売れて、バカ売れ・・・。

これにより、日本のバリバリ貿易黒字・・・、アメリカは、ガタガタの貿易赤字になったわけです。

△海譴紡个靴董▲▲瓮螢さんは・・・円高にしないとあかんわ〜!と、いうことで・・・。

1980年代半ばに、先進5カ国間で為替レート安定化に関するプラザ合意というものをしたわけです。

この影響は、アメリカさんの思惑通り、円高作戦大成功で、あっという間に1ドル200円を割れて、150円ぐらいまで・・・円高になったわけです。

当然、日本の製品は急に売れなくなり、大きく影響を受けて、日本は、不況に陥りました。

輸出産業、それに関係する多くの企業が、大打撃を受けて、倒産続出・・・ヤバい状況になったわけです。

アメリカさんの円高攻撃で被害を受けた、我が愛国、日本は、銀行に対しての金利をドカーンと下げて、金融緩和政策に出たわけです。

銀行の調達レートが下がれば、一般企業への金利が安くなるわけで・・・・、企業は銀行からお金が借りやすくなり、それによって日本の企業の経営は回復しました。

そして、日本は、激安金利で金貸すぞ〜、金回せ〜・・・・ということで・・・、日本企業〜個人まで、お金を借りて、株や土地などに投資するようになり、それを担保に、更に金を借りて、土地や株を買いまくったわけですが・・・・、つまり、原液から、泡ができて・・、大きく膨らみ・・・、長期の景気拡大をもたらしたというわけです。

回せ〜、回せ〜、金回せ〜の、昭和のバブルを、簡単に解説させていただきました。

て本政府は、バブルを起こし、経済を大回復させたものの、不動産や株の価格が、実体の経済とあまりにもかけ離れていると気づいて・・・、これは、やばいぞ・・・ということで・・・、公定歩合を引き上げて、銀行金利をが上がるように、金融の引き締め政策をしました。

更に、不動産融資総量規制をして、銀行が土地の売買に関するお金の融資を規制して、一般大衆や企業に対して不動産を買いにくくしたのです。

高くなりすぎた不動産、株は、買い手を失い下落・・・、バブルに乗っかっていた個人は破産、企業は倒産・・・、当然、不良債権の雨あられ・・・、銀行もヤバい状況・・・、日本は、天国景気から、地獄の底に真っ逆さま・・・・、そして、この不況は、平成不況と名付けられ・・・約20年も続いたわけです。

うむ〜〜〜〜。

バブルの始まり〜バブルの亜割りを、簡単に説明すると、こんな感じになってしまうわけですが・・・、皆さん、ここまでご理解いただけましたでしょうか?

IMG_2756


続いて・・・昨今の第二波平成バブルについて説明をしたいと思いますが・・・。

ん・・・その前に・・・・・!

その前に・・・・ここまで書いたところで、本日、何故か、ブログランキングが2位⤵︎になってしまっておりますので・・・、下部のバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校をクリックして投票をしていただけるとありがたいです。


建設・不動産ランキング

投票ありがとうございました



さて、続きです・・・昨今の第二波平成バブルについて説明をさせていただきます・・・。

ブログが長くなるので、次回にしようかな〜・・・、いえいえ、説明しますけど・・・、超短く簡単に説明をさせていただきますね。

実は、第二波平成バブルというのは、私が、勝手に付けた名称なのだが・・・。

2005年投資バブル〜→ 2008年リーマンショック〜→ 2012年アベノミクス、スタート・・・・。

そして・・・、昨年末頃・・・、日経平均株価が、22000円を超えて・・・、バブル経済崩壊後25年ぶりの高値となった・・・・。

今までの流れを、簡単に書かせていただきましたが・・・、記憶違い等、間違っていたらすみません。


実は・・・、ブログにも何度か書かせていただいたが、第二平成バブルも、そろそろヤバいんじゃないかな〜と思っています。

そもそも、今期の成長は、オリンピック景気と、あとは、外需主導でもたらされたもので・・・、ほとんどの国民の暮らしに直結しておらず、内需は大きく冷え込んでいるように感じる。

まあ、この話を書くと長くなるので・・・今回は、触れる程度にして・・・、、平成第二バブルの崩壊というテーマで書きますが・・・・。

以前のバブルの経験があるので、以前のようなバブル景気にまで膨らんではいないので、プチバブルな感じはするが・・・、皆さん、慎重にはなっているものの、今回の、プチバブルの崩壊はヤバいと思います。

それは、少子高齢化、人口が減少していく中での、バブル崩壊だからです。

少子高齢化、人口が減少している日本においては、オリンピックの需要は一時的なものだと言わざるおえません。

その中での、土地、株価の高騰・・・。

もしかすると、引き金は、アメリカかもしれませんが・・・、アメリカどうこう関係なく・・・、オリンピック施設の建設が終わりをつげることによって、確実に引き金は引かれる。

特に、空家問題が加速することにより地価は急激に下がる・・・・。

本来であれば、徐々に進んでいくはずだった空家率の増加が急加速・・・、それだけでなく、都市部の人口も減る・・・。

消費税増税後の買い控えの影響も出ますよね、

更に言うなら、投資にならなくなった日本から、外資が不動産、株式市場から撤退することが予想される。

最大の問題は、日本は、少子高齢化、人口減少・・・、国民に高度成長期のような勢いもない中・・・、その後、どうやって、景気を回復していくのかです・・・・。

日本の技術は、もはや海外に渡ってしまっているし・・・、資源もなければ、国民のやる気もない!

私の個人的な意見というか予想なのだが、戦後、日本人が経験したことない・・・長期の大不況が訪れるのではないかと思っています。

IMG_3143


2020年問題、秒読み段階・・・、もうすぐ直面する・・・。

日本、どうなるの? これから、どうしていくの?

2020年問題を引きずりながらの最悪の不況の中で迎える、2025年問題・・・・。

早急に、政府に対処してほしいが、国会中継を見ていても、与党も野党も、ほとんど、そこに触れることはない!

私も、こうやってブログを書いている以上・・・、解決策を書きたいところだが・・・、正直、能書き、講釈ですら・・・、思い浮かばない!

FullSizeRender



うむ〜・・・・・。

以前から、考えてきたことですが・・・、秒読み段階になっても解決の糸口すら見えない!

考えてると憂鬱になってくるので・・・、とりあえず、今から、毎年高齢の蓼科での、私の誕生日のお祝いに行ってきます。

そんなわけで・・・本日は、ここまでとさせていただきます。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




この記事へのコメント

1. Posted by tainosin   2018年07月30日 09:23
私を含め人間は愚かですから、10年おきにバブル崩壊を繰り返しますね。

平成バブル、ITバブル、リーマンショック、そして今回と偶然とは思えません。

アメリカの株価指標「CAPEレシオ」も世界大恐慌を上回るほど割高です。

世界的な量的緩和の巻き戻しが始まっていますので
危機は訪れると思います。
2. Posted by 初心者宅建士   2018年07月30日 10:00
5 バブルの時代を知らない世代ですが
今回のブログで理解出来たというか概要が分かりました。
同じ過ちを繰り返すな!と良く言ったり聞いたりしますが、同じ過ちを繰り返すのが人なのかとも最近は考えます。
3. Posted by 長谷川   2018年07月30日 22:48
5 第二平成バブル崩壊、単純に人口現象と言うことでは、このままだと今回は20年たっても回復しないですよね(>_<)
フランスや、スウェーデンでは多産に成功していると良く聞きますので、色々と問題があるのでしょうけれど、何とか日本でも同じような政策に取り組んで欲しいと思います(^^)!
4. Posted by i田舎者   2018年07月31日 09:43
わが田舎町は、企業誘致もしない何にもしない市長が4期も居座っています、選ぶ市民もぬるま湯につかり、農業補助金で活気のない街です、若者は都会に出て、どの世帯もじじばば世帯です。議員と市役所職員がやたら多くて税金
の無駄使いをしています、魅力のない街から早く出たいとおもいます。活気のある町つくりを叫んで当選した議員はほおかむりして歩け、、、、、と言いたい。
少子高齢化、スマホボケの若者、日本の将来が心配です。
5. Posted by コンドウ   2018年08月04日 12:44
tainosinさん、私も同感です。
今回は、日本のことを書きましたが、世界恐慌もきますよね。
引き金は、アメリカ・・・、これにより、日本もドーンとくるのか・・・。

最近、金融機関も、不動産融資に対してシビアになってきたので・・・、土地の高騰は止まり、土地は下がり始める。
下がり始めると、買い控える・・・どんどん下げていきますよね。
しかも、今回は、空家問題を抱える中での土地の下落

考えるだけでも、恐ろしいです。



初心者宅建士さん、人が愚かなのかもしれませんが・・・・愚かさだけでは片付けられないところもあるような気がします。
私は、海の波のようなものだと考えています。
長い歴史の中で、大波、小波・・・満ち潮、引き潮・・・、海のようなものだと思います。
何があっても、不動産屋は永遠なり・・・頑張りましょう。


6. Posted by コンドウ   2018年08月04日 12:50
i田舎者さん、市町村がどれくらい農業に力をいれていのか分かりませんが、基本的に、農業助成金では、やっていけない時代が来ます。
つまり、破綻ということです。
今のうちに、手を打たないとまずいと思いますが・・・・。
私は、市議でも職員でもありませんが、津島市に本社を置く企業として、我が街を過疎化させないように、真剣に取り組んでいます。
今は、工場誘致に取り組んでいます。
今のところ、年間2つの企業誘致できており、4社・・・、今年も2社・・・確定しております。
私一人でやれることなんて、小さいですが・・・、どこまでやれるか分かりませんが、とにかく、猪突猛進、何が何でも、企業を誘致する・・・!ということで頑張っております。

民とか官とか、そんなことは、どっちでもいいので、とにかく今後も頑張りたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2158)不動産 車 時計、人? 需要と供給2160)人口減少 地方の過疎化