2017年11月07日

2195)土木業者 解体業者 選び!(価格)

皆さん、お世話になります・・・・。

本日は、土木業者 解体業者 選び!について書かせていただきますが・・・。


本題に入る前に・・・ブログランキングのバナーをクリックして投票をお願いしたいのと・・・・、昨日、食べた、本シシャモで、アート作品を作りましたので・・・、フェイスブック、コメントで評価していただけるとありがたいですw

image


ハマグリの天ぷらの上に、シシャモ(雄)の天ぷらを乗せてみただけですが、自分の中では、けっこうツボに入って笑ってしまったので・・・掲載します。(一人遊びw)


お時間を取らせてすみません・・・本日のブログです

本日は、土木、解体工事の選び方について書かせていただきます。

というのは・・・、各業者、その時々によって、めっちゃ価格が違いますからね〜。

どれくらい違うかというと・・・・。

先日、弊社の造成現場の見積もりが出ました。(3社)

A社 2100万円
B社 1800万円
C社 1740万円

排水経路、舗装、擁壁工事、土搬入、整地、諸経費等・・・。

何故、こんなに差があるのか、分かりますか?

会社の大小、外注か自社施工か、工事の段取りの上手い下手、忙しい時期かどうかによっても変わりますが、そんなものは、違っても10%以下の差であって・・・大きな違いは、土の搬入です。

大量の土の搬入、または、搬出がある場合・・・土の在庫や、扱い方次第で見積もりが大きく変わります。

今回の場合・・・。

土木の見積もりというのは、当然に、重機、人の手配等の工事の段取りによっても変わってくるのですが、今回は、土の搬入で見積もりに大きな差が出ました。

A社は、良質残土の搬入の運搬賃が有料で・・・高いのです。

B社は、良質残土の搬入は無料ですが、整地代が高い。

C社は、良質残土の搬入は無料、整地代が極端に安いのです。

どういう事なのか、もう少し詳しく説明すると、C社は、土の搬入・・・、つまり、良質残土の仕入れ方が上手いのです。

残土というのは、面白いもので、手に入らない時は、土木業社が運搬賃を払うのですが・・・、余っていて搬出に困っている時は、捨てる側が運んでくれますし・・・、搬出側が本当に困っている場合は、お金を払ってくれるのです。

もちろん、土を入れる前に、こちらも物をチェックしますので、同等レベルの良質残土で比較した場合の話ですし・・・、施工技術、近隣対策、保証、メンテ等も、しっかりしている会社です。

これが、また、面白いのが・・・、必ずしも、C社が毎回安いのかというと、そういうわけでもなく、A社、B社が安い場合もあります。

土木の見積もりの見方については、各土木業社の各工事の金額を、面積割り、メートル記載だったらメートル割りにして、見るだけではなく、土の搬入搬出や、経費という部分も比べてみるようにしましょう。

土木工事の土の搬入排出によって見積もりは、こんなに違うということです。

そして・・・、弊社用地課が、C社に連絡をして、どこから、どのような土を持ってくるのかチェックをして、土入れをする前までに、土の土壌汚染チェックをすることを約束していただき・・・、A社と、B社に断りを入れて・・・・、私のところに上がってきたので・・・。

残土のチェックをしっかりするように! 他の、上下水、ガス、電気等の、工事業社を呼んで工程会議をするように言って・・・、C社に決定ということで、決裁印を押しました。


さて、次は、解体工事・・・。

先日、ある木造の大きな屋敷の解体工事の見積もりが出てきました。(3社)

A社 300万円
B社 360万円
C社 480万円

解体工事も、大きく差がありました。

先に書いておきますが・・・三社ともに、近隣対策、マニュフェストも含めて、きちんとしています。

解体工事において大事な事は、近隣対策、マニュフェスト・・・、そして、工事保険です。

解体工事の騒音、振動、埃は、すごいですから、近隣に迷惑がかかることは間違いないわけで、近隣対策については、ご挨拶と工事内容、工期、近隣対策の内容をきちんと説明し、杭や、隣地の家、壁、塀等は、高画質で画像に残しておく必要があります。

マニュフェストは、解体したものを、各、どこに捨てるのかを、きちんと把握しておく必要がありますし、処分した物の伝票等は、提出してもらうようにしておきましょう。

工事保険については・・・、細心の注意を払っていても、事故が起きる可能性は、0%ではありませんので、保険証書のコピーを提出してもらい内容をチェックするようにしましょう。

価格が安くても、近隣対策、マニュフェストがきちんとしていないと後から大問題になることがありますし・・・、何かあった場合の工事保険は必須であり、内容についても把握しておく必要があります。

それらを、きっちりした上で・・・・今回の見積もりは・・・・。

見積もりをみてみると、解体費用自体は大きく変わりません。

A社は、屋敷の周りの樹木の伐採伐根の費用が極端に安い。

B社は、見積もりに詳細記載がなく・・・解体工事一式!と表記してあります(笑)

C社は、屋敷の周りの樹木の伐採伐根の費用が、けっこうかかるんだな〜という感じです。

弊社の用地課が、A社には、処理方法について聞き・・・、B社には、工事内容の確認をして・・・、C社には、お断りの連絡をして・・・・、最終的には、A社になりました。

そして、私のところに用地課から報告が上がってきたので、解体建物の内部の残留物について、木造なのでパイルの心配はしていませんが、地歴調査上、建物のに何か埋まっている可能性があるのかを聞いて、解体ついでに、地中埋設物調査を20ポイントして、その写真と報告書をもらうように指示をして・・・A社に決定、ということで、決裁印を押しました。

余談になりますが・・・。

造成現場、解体現場に、大量の樹木があるような場合は、めちゃくちゃ見積もりの差が開く場合があります。

先日、A社、500万円・・・、B社、1200万円なんてこともありまして・・・・、伐採、伐根、樹木の処理は、山や森を得意とする業者と、そうでない業者では、かなり見積もりが違います。

A社は、地元の農家や林業の方々を使って人件費を削ったり、樹木をチップにしたり・・・かなり工夫をしているようで、B社の半分以下の見積もりが出てきました。


結論!

土木業者 解体業者 選びについて書かせていただきましたが・・・、こうやって、相見積もりすることで、クオリティーを落とさない中で、少しでも安くするように頑張っております。

経費が安く済めば、お客様に値打ちに売却することができますし、更にクオリティーを上げることもできますし・・・、弊社も、値打ちにした分、又は、クオリティーが高くなった分、売れ行きも良くなります。

不動産の仕入れは、物件を安く買うことも重要ですが・・・、きちんとした業社の中から少しでも値打ちに施工してくれる、工事業者を選ぶことも重要ななのです。


このブログの読者の皆様で、これから大きな造成工事や解体工事をされる方は、一報いただければ、私の知る限り最高最良の業者さんをご紹介させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。(※申し訳ないですが・・・ブログは全国区ですが、仕事は、地域限定ですので・・・、業者紹介は、名古屋市内から半径50km圏内にかぎります・・・w)

そんなわけで、本日は、土木業者 解体業者 選び!について書かせていただきました。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






この記事へのコメント

1. Posted by 長谷川   2017年11月07日 20:39
5 土はタイミングで変わりますよね(^^)
木も伐採して置いていたら、燃料にしたいから譲って欲しいと言われたことがありますが、基本的に処分料金が掛かりますものね(^^)

シシャモとハマグリのコラボレーションは、ラッセン的な海のアートですね(^o^)!笑
2. Posted by S不動産   2017年11月07日 20:44
素人さんは、マニュフェストというものがわからないですよ。
失礼かと存じますがブログを楽しく読むために補足させていただきます。

解体業者が産業廃棄物を正しく処理したということを証明する書類であり、産業廃棄物管理票、または、マニフェスト伝票というものです。

シシャモの評価は、アートとしてよりも、料理人の揚げ職人の技を評価します。
近藤社長のために手間をかけたのでしょう。
3. Posted by たかし   2017年11月07日 22:27
 「きちんとした業者の中から」って条件が大変重要ですね。
 残念ながら公共工事の受注土木業者の中では、拝金主義で品質無視、手抜きし放題、工期無視の悪徳業者が蔓延っており、どんどん増殖しています。
 近年の土木業者の減少により、そんな悪徳業者にも仕事がどんどん回ってしまうのが悲しいところです。
 近藤社長の紹介なら安心ですから、仕事を頼みたい方は是非紹介してもらうべきでしょう。
4. Posted by 新米不動産屋   2017年11月08日 10:52
独立して一年の新米不動産屋です。
今日のブログは大変勉強になりました。
当社は仲介業なので当社が造成解体工事を依頼することはありませんがお客様に紹介をするケースがあります。
現在、知り合いの業者に依頼しますので相見積もりはしません。

近藤社長に質問です。
解体屋さんの営業が使ってくださいと来店します。
先日は、紹介料を3%払いますのて解体の仕事を紹介してくださいと頼まれました。
紹介料は仲介とは違いますが一般相場は3%が妥当ですか?

5. Posted by コンドウ   2017年11月08日 11:24
長谷川さん、おっしゃる通りです。
土木は、土の手配次第で大きく変わりますし、樹木の撤去も、業者次第で大きく変わりますね。
びっくりするくらい見積もりが変わることがあるので・・・気を抜かず、毎回、きちんとチェックしています。

ラッセン・・・に、爆笑しましたwww



S不動産さん、補足ありがとうございます。
職人を褒めるところがさすがです。
ししゃもは、手で揚げながら形を作っていくので・・・・、それを知っているということなので、Sさんも食通ですね。


たかしさん、おっしゃる通りです。
人手不足になれば、クオリティーが落ちるのは当然であり、そういう意味で、きちんとした業者を探すのが大変です。
弊社は、千代田会という協力会があり、その中で、いい加減な仕事をすることはできないので、強靭な、きちんとした集団を作っていますw
しかし、中には、ひも付きの仕事もあって、千代田会以外を入れなくてはいけない場合もあります。
そういう時は、特に気をつけてチェックしています。


6. Posted by コンドウ   2017年11月08日 11:32
新米不動産屋さん、解体の紹介料の相場ですか?
私は、そこは、わかりません。
解体業者、土木業者の中には、払うと言ってくるところもありますが・・・、弊社が受けた工事ではありませんし、紹介料を貰えば、お客様の支払い金額が高くなりますので、いただくわけにはいきません。

紹介料なんて、いらんってのが、いいんじゃないですかね〜w

それよりは、業者さんに対して、一つ貸し!ということで、不動産の仕事をご紹介いただいたほうがいい!というのが、私の考え方です。

解体業者さんも、土木業者さんも、けっこう仕事を紹介してくれますので、持ちつ持たれつですよw
お互いに紹介しあって、お互いに良い仕事をするってのが、一番です!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字