2017年10月27日

2192)深刻な空き家問題について考えましょう、(人口減少)

現在、日本では、約7に1軒が空き家になっています。

本日は、深刻な空き家問題について考えてみましょう。

先日、不動産コンサル仲間のAさんが、ウインク愛知での講演の後、弊社の名古屋支店に遊びに来てくれました。

Aさんは、コンサル仲間ではありますが、一緒に仕事をしたことはないですし、たまに、不動産取引の相談をされるくらいで、それほど仲が良いわけではありませんが、名古屋に来ると、何故か、ふら〜っと遊びに来て、能書き語って帰っていくんですよね〜w

まあ、そんな話は、どうでもいいのですが・・・。

今回は、空き家問題について、ブツブツ言いだしまして・・・。

2017-10-26-12-05-10


Aさんは、不動産コンサルなら誰でも知っているような、日本の総住宅数は、約6000万戸で、そのうち820万戸が空き家、7件に1件は空き家なんだという話をしだして・・・、田舎は勿論のこと、都会でも、空き家率が増加傾向にある。(以下省略)の話をダラダラとしてくれました。

 『まあ、深刻といえば深刻だけど・・・、意外と、これ旨いな〜・・・最近は、東京バナナも、いろんな種類があるんだな〜・・・・。 いつもありがとね〜w』

不動産コンサルAさん 『近藤社長・・・、総務省・・・政府の、空き家の定義4類型って知ってますか?』

 『うん・・・、東京バナナの種類よりも少ないからわかるよ。 (盟颪筌札ンドハウス系、賃貸系、G簀齋蓮↓な置住宅系・・・、確か、そんな感じだよね?』

不動産コンサルAさん 『ええ、その通りです。 でも、世間一般では、近藤さんの表現でいう、放置系が、7軒に1軒だと思っているんですよ。 別荘や、新築中古問わず、賃貸、売買の物件までカウントしているわけだから、世間一般が考えているほど、深刻というわけではないということですよ。 (以下 能書き省略)』

 『いや・・・。 俺は、総務省の空き家の定義は正しいと思うよ。 どれも空き家には変わりない。 セカンドハウスはともあかく、別荘は、使わずに放置している人も多いし、新築、中古の売却物件も、賃貸物件も、空き家には変わりないじゃん。 需要と供給の問題で、家あまりは、確実に地価が下がるということだよ。 もちろん、超人気のエリアを除いてだけど・・・・。 ど素人相手に、皆さんが思っているほど深刻ではないといえば、へぇ〜そうなんだって思うかもしれんけど、実際、深刻だよ。』

不動産コンサルAさん 『私は、新築まで空き家空き家に入れる総務省の考え方は間違っていると思います。 老朽化した空き家を空き家というべきではないでしょうか。 実際、問題になっているのは、耐震基準に達していない、老朽化した空き家なのですから・・・・。』

 『もちろん、それはそうなんだが・・・、というか、東京バナナが東京駅に売っているのと当たり前ぐらい分かっているけど・・・。 でも、新築だって、空き家の数に入れないと、本当の意味での空き家の数とはいえないでしょう。 俺は、総務省が正しいと思うよ。 経済産業者の太陽光への対応は正しいと思えないけど・・・・w セカンドハウス、新築は、人が住んでるの?』

不動産コンサルAさん 『うーん・・・。 総務省も近藤社長も正しいんだけど、問題となる空き家のみをピックアップしないと、問題は解決しないんです。  総務省も、それなりに把握しているので、平成27年2月26日に施行された空き家対策特別措置法を施行したのでしょう。』

 『Aさんのいう空き家は、耐震前の建物の空き家だよね。 防犯上、防災上、景観上の問題だと思うんだけど・・・・、確かに、空き家法の効果はあるかと思うけど、あの3000万円控除は、たいして空き家対策にはなっていないな。 アメとムチを使いたいのだろうが、飴が甘くないw 東京バナナくらい旨味が欲しいな〜・・・、まじ、美味しい・・・5個も食ってしまったw』

皆さん・・・、この3000万円控除ってのが、問題で・・・それはそれは、とっても使えないというか使いにくい控除なんです。

必要用件

〜蠡海粒始の直前において被相続人の居住の用に 供されていたものであること
∩蠡海粒始の直前において当該被相続人以外に居 住をしていた者がいなかったものであること
昭和56年5月31日以前に建築された家屋(区分所有 建築物を除く。)であること
ち蠡海了から譲渡の時まで事業の用、貸付けの用 又は居住の用に供されていたことがないこと
(※ 相続した家屋を取り壊して土地のみを譲渡する場合には、取り壊した家屋について相続の時から当該 取壊しの時まで事業の用、貸付けの用又は居住の 用に供されていたことがないこと、かつ、土地につい て相続の時から当該譲渡の時まで事業の用、貸付 けの用又は居住の用に供されていたことがないこと)

譲渡する際の必要用件

‐渡価額が1億円以下
家屋を譲渡する場合(その敷地の用に供されている土地等も併せて譲渡する場合も含む。)、当該譲渡時 において、当該家屋が現行の耐震基準に適合するも のであること


皆さん、読むのが面倒くさいでしょうから、簡単にいうと・・・。
昭和56年以前に建てられたもので、被相続人が一人暮らしだったもので、亡くなるまで、そこに住んでないといけないわけで(老人ホーム等は基本ダメ)・・・、被相続人死亡後、誰にも貸してない条件で・・・・、こんな3000万円控除は、使える人は少ないでしょう!って話です。


政府は、飴と鞭の使い分けをしているつもりなのでしょうが、ムチを食らって痛い思いをしても、飴玉をもらえる人は少ないということなのです。


会話の続き・・・。

不動産コンサルAさん 『飴鞭の話は違いますね。飴と鞭という表現をされるよりは・・・、空き家に厳しく、税にも厳しいということですよね。 』

 『まあ、そういうことなんだけど・・・。 いちいち、人の話を否定しなくてもいいじゃんw 営業の基本、相手の重要感、有能感、好感を壊してはいけないという基本中の基本ができていないな。 まあ、不動産屋じゃなくて、コンサルしかやってないから、それでいいのかもしれんけど・・・、営業の基本ができてない人が講演するとつまんないんだよな〜w 東京バナナもらっといて、こういう言い方をしたらあかんかもしれんけど・・・w 』

不動産コンサルAさん 『そういう近藤社長こそ、私の有能感を完全に破壊してくれましたよねw』

 『えっ・・・。 A先生、そんなに有能だっけ? 学問上は、俺の数百倍すごいと思うけど、本当にヤバイ時の実戦に使えないんだよね〜w  自分のクライアントの不動産取引の相談をしてこないでねw 』

不動産コンサルAさん 『あはははhw 社長、東京バナナまた持ってきますので、そんなことを言わないでください。』

 『それって、俺のコンサルタント料は、東京バナナってことじゃんw まあいいけど・・・w 次は、ゴマたまごにしてねw』

そんなわけで・・・・不動産コンサルAさん は、夕方の新幹線で東京に帰っていかれました。

今日のブログの写真は、昨日、弊社の不動産買取案件の現場なんですけど・・・。

2017-10-26-12-06-41


こんな空き家の買取が増えてきています。

買取査定に来たのに、家に入れず・・・私は、こんな表情で写真をとりましたwww

2017-10-26-12-10-06


私の写真・・・どうでもいいですね〜www


今後、ますます空き家問題は深刻になります。

そして、我々不動産デベロッパーも、空き家が増えると、供給過多になり売れ行きが悪くなります。

本日は、深刻な空き家問題について考えるということで書かせていただきましたが・・・。

最大の問題は、人口減少であり、日本の全てをマイナスに導く要因になっているわけです。

なんとかしないといけないですけど、人口を増やすには何十年もかかりますし、移民を受け入れるにもいろいろ問題があります。

問題は人口減少・・・・解決策は、やっぱり移民池入れなんですかね〜。(私のブログランキングの問題は、皆さんがバナーをクリックしてくだされば解決しますが・・・w)

人口減少、空き家問題、雇用問題等・・・、今後の政府は、どうしていくんえしょうね〜・・・・。

そんなわけで、本日は、空き家問題&人口減少のお話でした。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



この記事へのコメント

1. Posted by Y/S   2017年10月27日 16:21
近ちゃんご無沙汰です。
家の中に入れないと買いてあったが、中に入れんどころじゃなく近くに寄ったらあかんぐらいやないか(笑)

この頃、空家管理してくれという頼みが増えたな。
自分で管理できんなら売らなあかんって断ってるけどな。
2. Posted by 福村   2017年10月27日 17:18
空き家増えてますね。
うちのムラでも増えてます。
それなのにあらたな農家住宅が新たに立ちます。空き家売りに出ても買わない。
難しいです。
3. Posted by 長谷川   2017年10月27日 17:54
5 日本の空き家って、そんなに多いのですね(; ゚ ロ゚) ほったらかしの農地も合わせると、すごい面積になりそうですね!
日本は狭いと思って育ってきましたが、もはや広すぎるんでしょうか(^^;
移民も、多産も、まだ時間が掛かりそうですが、早急に対策しないとダメな国家問題ですよね(>_<)

最後の近藤社長の写真、どーでも良いと言われていますが、すごい気になります(^^)笑
4. Posted by ボット   2017年10月28日 01:49
古家を壊して分譲住宅を何軒建てるんですか?
人口、世帯数減るのだから、更に空家率が増えます。
新し物を増やせば古い物は余ります。
人口減少よりもむしろ新築が建ちすぎが問題なのではないですか。
5. Posted by コンドウ   2017年10月30日 00:11
YSさん、空き家問題深刻ですね。
実家を放置して、新居で生活をしている人が増えました。
良い意味で・・・良い意味でですけど・・・YSさんのところは、いつまでも家にいてくれるので、いいですねw
悪い意味ではなく、良い意味で・・・ですよw



福村さん、やはり、そっちの方面も同じなんですね。
人口が減るのだから仕方がないのかもしれませんが、なんか残念ですね。
人口減少で空き家が増えていますが、それに追い打ちをかけるように、賃貸派が増え、分譲派は、戸建てではなくマンションに住みたい人が増えましたね。
空き家率の上昇は、私が予想していたよりも早く進んでいます。



長谷川さん、人口減少は深刻な問題です。
もはや日本は広すぎる・・・そのとおりだと思います。
家庭を持ったら一軒家という時代ではなくなりました。
人々は利便性を求めて、都市集中化してますからね〜。



ボットさん、空き家の老朽化が問題になっているわけで、新築が問題になっているわけではありません。
空き家をリフォームして住むのも良し、新築を買う建てるも良し・・・空き家の放置が問題なので・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字