2017年09月12日

2182)土地をタダ同然で貰った話(農地改革、農地解放)

この世には・・・不思議なことがあります・・・、不思議な地域、不可解なこともあります。

本日は、その不思議な地域の話をしましょう。


名古屋市に隣接している街の市街化区域なのに、一面、田んぼが広がっている地域があります。

何故か・・・不動産屋も手を出さない・・・というか、手を出そうとしたのでしょうが、何らかの理由で失敗したんでしょうね〜・・・。

名古屋市から、もっと離れているところも、街になっているのに・・・、そこだけは・・・、手つかずの田園風景が残っていて・・・まあ、素人目に見ると、自然が残ってるな〜ぐらいの感じなのかもしれませんが・・・、我々、プロから見ると不思議というか、名古屋市隣接の街で市街化区域なのに、田園風景なので・・・ある意味気持ち悪いです。

名古屋隣接の市街化区域なのに、手つかずの田園風景って・・・、何か、とんでもない理由が潜んでいるのでしょうか???

これまで、区画整理もしていない・・・というか、できないのでしょうけど・・・・何故、できないかって・・・。

続きは・・・ブログランキングが2位になってしまったので・・・、できましたら・・・、下記の、人気ブログランキングのバナーをクリックしていただき、その中から、(素人さんの為の不動産学校)をセレクトしていただき、このブログに戻ってきてから、読んでいただけるとありがたいです。


建設・不動産ランキング

投票、ありがとうございます。

続きです

名古屋隣接の市街化区域なのに、手つかずの田園風景って・・・、何か、とんでもない理由が潜んでいるのでしょうか???

これまで、区画整理もしていない・・・というか、できないのでしょうけど・・・・何故、できないかって・・・この不可思議な現象の原因は・・・・。

地主の中に、変わり者が多いからです。

2017-09-12-12-46-56


実は、昨年と今年にかけて・・・、約1000坪、11筆ほど、バラバラの飛び地なんですが、購入させていただきました。

この11筆の、地権者は、1名・・・です。

この地域の地主さんたちの、中に・・・・、当社が11筆の土地(約1000坪)を所有したわけです。


当社としては、この市街化区域を、このまま田園風景にしておくよりも、住宅地開発をしたいと考えておりまして・・・、弊社の調査によると、この地域に土地を持っている人の約30%は、住宅地開発に賛成、もしくは、売りたいという人で・・・、約40%は、町内の人たちに合わせる・・・、、30%の人は、売りたくない人です。(40%は、売りたいけど・・・面倒なことに巻混まれたくない。)

こういう書き方をすると、ただの地上げ屋みたいな感じがするので・・・、ここからは、何故、このような事になったかを説明させていただきます。

事の始まり・・・。

ある仲介業者さんが、弊社に、土地を買いませんか?と情報をくださったところから始まりました。


売却理由は、当初、知りませんでしたが・・・、売主さんが土地を売る為に測量をする段になって・・・、なるほど、こういうしがらみが嫌なんだろうな〜と、なんとなく売却理由が分かりました。

不動産を売却する際には、売主の責任にて、境界を明示して買主に渡すというのが一般的なんですけど・・・、後々、新所有者と隣地が、ごたごたしないように、現所有者が、土地の境界を明確にしておく必要があるわけですが・・・。


今回、売却をしようとした際に・・・、11筆の隣地地権者、合計17人のうち、2人が、測量立会いを拒絶したのです。


測量立会いというのは、お互いの土地の面積と境界を確認するもので、まあ、お互い様なんですけど・・・、2名が、立会い拒否!

理由は・・・。

隣地A 『立会いをしてほしければ、測量士ではなく、現所有者が頼みにきて、先祖の非礼無礼を謝れ・・・。 そしたら、考えてやる! 元所有者の祖父さんは、農地解放で、うまいこと土地を持っていったくせに、区画整理の話があった時に反対をしたから、その詫びを息子にしてもらわんと、話は始まらん・・・・。』

隣地B 『立会いはしない・・・ 元所有者の祖父は、元々は、うちの方が土地が多かったのに、農地解放の時に、うまいことやりやがって・・・・・(以下省略)・・・。』

要するに・・・元所有者の父の30年前の話と・・・、爺さんの70年前の話・・・w

しかも、爺さんの70年前の話は、農地解放の話なので、文句があるなら、マッカーサーに言えって話ですw

それを、今の所有者に、詫びを入れろとか・・・、じゃないと立会いをしないとか・・・、面積が正しいかを立ち会うわけで、農地解放の恨みで立会いをしないというのは、常識を完全に逸脱しちゃってる話なのです。

現所有者は・・・、『私のお爺さんが、約70年前の農地解放の際に、元々、おたくの土地だったのに、本当に申し訳ございません。 今回、タダ同然で貰った土地を売却するので、立会いをしてください・・・・。』と、頭を下げなくてはいけないのか???

そんな不条理ことは・・・させられませんよね・・・。

そして、これまでも、この地域での、このような話は、今回だけではないようで・・・、別の地主さんが土地を売ろうとした際にも、隣地B同じことをしていて・・・、その取引は、解約になってしまったようです。

都市開発のプロが、こんな輩に負けていてはいけません・・・、気合を入れて、行く時は行く・・・。

エイッ! ヤァ〜・・・・w

2017-06-24-13-36-42

何故かトランスフォーマーw

私の場合・・・、こういう理不尽な輩は許せないので・・・・。

 『う〜ん・・。 まあ、いいですよ〜w 確定測量できなくても、買いますよ・・・。 当社が所有者になってから、白黒決着つけますので・・・。 残代金は、全額払わせていただくので・・・、測量費用分、こっちにください。 この地域で、売買話が出るたびに、理不尽な理由で邪魔をする・・・こういう輩は、いつまでも野放しにしておいてはいけません。 』

そんなわけで・・・、測量したけど杭が打てない状況で所有権移転をして、この11筆は、当社の土地になったのです。

杭が入れられない土地を買って・・・・、ここから、どうするのか???

一応、所有者が変わったので、ご挨拶に伺い、境界の立会いをお願いするが・・・おそらく、勝手に土地を売買したと激怒すると思います。
その後、地元の有力者等に間に入ってもらい、仲裁をしていただくが・・・それでも無理なら・・・。

ここからは、多分、素人さんには、想像がつかないと思いますが・・・、ひたすら頭をさげるとか・・・筆界特定とかではありません。

 ,海海蓮∋坡慌酋莪茲覆里如農地転用は届け出なのです。(農地転用)
◆。科向から測量をして、ここで間違いないという境界のポイントを出す。
 そして、仮杭を、弊社の土地側に入れる。(ダブルチェックで完璧な測量、位置の割り出し)
ぁ‖量して割り出した境界のポイントから、少し控えた位置にブロックを積むか柵板を立てて埋めて雑種地にする。(念のため少し後退して杭を入れる)
ァ”ず向こうから怒って話をしてくるので、基本的にしばらく話し合いには応じないが、弁護士を立ててきたら、話し合いに応じる代わりに立会いをお願いする。
Α,弔い任法土地を売却していただきたいとお願いをする。(同時に近隣の他の土地も・・・声をかける。)

たぶん、この地域の農業委員会、土地改良、行政を巻き込むかたちになると思いますが、何らか決着がつくと思います。

名古屋市の、すぐとなり街の市街化区域が、一面田園地域って・・・、数名の偏屈地主のために、多くの地権者が、なにもできずにいるわけです。

弊社は、この某地域で、1000坪の大型地権者になりました・・・・、これを、きっかけに・・・取り残された場所の宅地開発をすすめていこうと思います。

2017-09-12-12-47-51


さて・・・ここで・・・土地をタダ同然で貰った農地解放(農地改革)の話です。

不動産業者や、昭和20年代生まれ以前の人は、大半が知っていることですが・・・・。

この際なので、簡単に説明しておきましょう。

時代はさかのぼること、敗戦後の昭和20年末月のことです。

GHQは、幣原内閣に農地改革の指令を発し、翌年昭和21年に、政府に農地改革を徹底して行なうよう指示しました。

農地改革(農地解放)が始まり、地主が所有する農地を、日本政府が安い値で強制的に買い上げ、小作人に売り渡したのです。

元々、日本の農家というのは、地主  自作、小作人 の三種に分かれていました。

まあ、大地主、地主、小作というような言い方をする場合もありますが・・・、これを詳しく書くと長くなるので、今回は|麓隋´⊂作人の、大きく二つに分けます。

要するに、農民が多い日本では、資本主義上・・・・ー分の土地をもつ地主と、他人の土地を耕作する小作人がいたわけです。

それが、敗戦後、GHQの最高司令官であったマッカーサーさんは、このシステムは軍国主義を助長しているようなものだと考えて農地改革の指令を発しました。

地主が所有する農地を、日本政府がタダ同然の安い値で強制的に買い、小作人にタダ同然で売り渡したので・・・、小作人だった者が、土地を所有するようになり、地主になったというわけです。

まあ、厳密にいうと・・・無茶苦茶な金額で土地を安く買い上げたというものありますが、政府は、地主に対する買取り代金支払いを10年間換金できない国債で払ったので、その間の物価の上昇・・・・インフレによって、タダ同然の買い上げになったというのもあるんですけどね〜。

そして、日本の財閥解体と同様に、当時の地主は、土地を取り上げられたということであり・・・・。

逆に、タダ同然の安値で農地を手に入れた小作人は・・・、物価の上昇、日本の経済成長による地価の高騰で、都市近郊の者は、土地成金になったということで・・・・、高度成長、ドーナツ化現象で、田舎の地主も、プチ成金になったということです。

今、地主と呼ばれている人は、元々、小作人だったけど・・・・、マッカーサー様から、土地を貰って・・・、それを売っぱらって金持ちになったという人が多いのです。


戦前、小作人だった人の、大半は、宝くじに当たったみたいな感じだったんだと思います(笑)

というふうに・・・・私は、農地解放、農地改革を、理解しております・・・・。

そして・・・今回、名古屋の近郊都市で起きている話は・・・・、遡ること70年余・・・、この農地解放の時の、恨みつらみの話でございます。

2代後の所有者に、当時の事を言っても・・・『知らんし〜w』ってことですよね。

私は・・・、そんなことを主張する輩がいる地域に1000坪(11筆)の土地を買い、メスを入れることにしました。

私が、メスを入れる以上、手術は、成功させます。


そんなわけで・・・本日は、土地をタダ同然で貰った話(農地改革、農地解放)というテーマで書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






この記事へのコメント

1. Posted by 福村   2017年09月12日 16:04
農地解放。
村の人で、戦争で親をなくし、自分はちいさかったから殆ど小作に出していたら6反残して全部取られたと言われる方がおられます。
いろいろ苦労されたたんだと思います。
どんだけ誰に取られたかは知りませんが、うちの村は大規模農家はいないので半分くらいになったのかもしれませんね。
悔しい気持ちもわからんではないです。
しかし、隣地立会しないというのはちょっと困りものですね。
2. Posted by 長谷川   2017年09月12日 18:29
5 農地解放でマッカーサーが、、と言うお話は、10数年前まで農家の方から、たまに聞いていました(^^)
最近は聞かなくなったなぁと思っていましたが、まだ恨みがある方が現役でおられるんですね(^^;

僕は関係が無かったので、こんなことを言えば怒られそうですが、農地解放もなく、家督相続制度が続いていれば、日本は色々な面で発展しやすい一面もあったのでは?と、考えてしまいます(^^;

改訂版、Amazonで、予約購入出来ました\(^o^)/
必ず、プレビュー書かせて頂きますね(^∇^)!
本が届くの楽しみです(^^)♪
3. Posted by 通りすがりの不動産屋   2017年09月12日 18:39
5 地主の多くは、農地解放で土地を貰ったくせに先祖代々土地と言って偉そうに上から目線で話をしますけど、農地解放前の庄屋地主か水飲み百姓の小作人なのか少し話せばすぐにわかりますよね。
庄屋地主は農家の割には品格がありますが、小作地主は、偉そうに見栄を張るくせに金がかかる事には目玉をひん剥いて、物をくれる人にはペコペコする、小作人時代に染み付いたホームレス級の貰い乞食根性は親子三代70年では取れないんでしょう(笑)
全部が全部じゃないので断定はしませんけどね。

小作地主に近藤社長の不動産屋魂見せたってください。
4. Posted by 農業しない後継   2017年09月12日 21:01
上↑の方の言う事何となくわかります。うちは庄屋かどうかはわかりませんが取られた?口ですが亡くなった祖父も父も特に恨み節は言ってませんでしたが、農地改良に反対するのはもらった方?境界も判らず就農する気もないのに、農地だけ残されるご子息方はどうされるんでしょうね。水田はまだましですが、畑地はたいへんですよ。
5. Posted by S不動産   2017年09月13日 22:02
地域が特定できます(笑)
そんな事を理由に測量立会しないってナメてますね。
マッカーサーにもう一回取り上げてもらいたいですね。
社長の燃えたぎる闘志が伝わってきます。
怒ったときの近藤社長が無敵なのは知ってますので、国市町村 土地改良 農協 警察関係 裁判所まで、全部巻き込んで思う存分やっちゃってください。
6. Posted by コンドウ   2017年09月13日 22:32
福村さん、取った取られたは、70年前の話ですので・・・、私なんぞは、元々、何もない裸一貫のスタートですので、少しずつ増やすことに楽しさ嬉しさを感じる事ができて、とても幸せです。
まあ、貧乏な家庭とは思いませんが、普通の家庭で普通に育って、両親に感謝です。
資産家の家に生まれていたら、今の私ではなかった気がします。
とりあえず、市街化の田園地帯のど真ん中を埋めて、太陽光でも設置してみます。
太陽光は、上下水関係ないので、電柱さえあればできますwww
そこからが、勝負だと思っています。


長谷川さん、農地解放するかしないか、家督相続制度・・・、どちらが良かったんでしょうね〜・・・。
一長一短ありますが・・・不動産屋としては、やはり、農地解放してもらって良かったですし、今の相続制度になって良かったような気がします。
農地解放の時に・・・なんて話は、私も、久々に聞きました。
その件で、測量立会いしないとか、所有者が謝りに来いとか、頭を下げに来いとか言ってる奴、アホかって、思いますが・・・。
測量立会いしてないのに、こちらの土地を埋めたら、いくら、境界から下がっていても怒るでしょうね〜w
楽しみ・・・・www
本の購入ありがとうございました。
いらないかもしれませんが、サインはいくらでもします。
本でも、Tシャツでも、ボンネットでも、何でも言ってくださいwww


7. Posted by コンドウ   2017年09月13日 22:50
通りすがりの不動産屋さん、おっしゃりたい事は、とてもよくわかりますが・・・、ノーコメントで、お願いしますw
但し・・・今回ブログに書いた地域に関しては、私も、同感ですw
ご安心ください・・・立会いなんかしてくれなくても、農転の届け出して、埋めちゃいますので・・・。
多分、今度は、向こうから、水の通り道を作れという事と同時に、立会いをお願いしてくると思います。
勝負は、そこからです。


農業しない後継さん、おっしゃる通りなんですけど・・・、測量立会いしないって・・・、江戸の仇は長崎で撃たれるわけですから、ご子息様の事を考えていないのか?・・・、私も同じ事を思いました。
とりあえずは、知らん顔して農地転用して造成してみますw
そして、畑の場合は、より一層、大変なのは、とてもよくわかりますw



S不動産さん、そんなに煽らないでくださいw
市街化の農地の購入・・・、一口、乗りますか?
とりあえず、土地買って、どんどん農地転用して埋めて・・・太陽光張っちゃいましょう。
土地が纏まったら、全部、引っぺがして住宅街にしましょうねw
中古のパネルは、途上国に格安のボランティア価格で売りましょうw



コメントする

名前
URL
 
  絵文字