2017年06月18日

2161)国と国民の借金の嘘(騙されるな!)

日本は、今や、貧乏国!  国民の借金は、現時点で、国民一人当たり850万円あるんだぞ!

ある爺さん(仮称Aさん)という不動産屋と話をしていたら、こんな会話が飛び出した。

そもそも、不動産屋同士が、なぜこんな話になったのかというと・・・

元々は、不動産業界は、少子高齢化、人口減少により、家あまりの時代に突入するという話・・・、人口減少だけではなく、若い世代が結婚、子供を作りたがらない、昔の日本人と比べて若い世代の、物欲、性欲がなくなったことも影響していて、より一層家あまりは加速する・・・・なんて話をしていたわけですが・・・。

そこから、政府の話、政治の話に展開して・・・最終的に、日本国は、破綻する!と言い出し、急いで消費税増税をしないと大変なことになると、Aさんは、強い口調で私に語ったわけです。

まあ、今時・・・・日本のマスメディアの偏った報道を鵜呑みにしている国民も少ないとは思いますが・・・、簡単に説明しておきます。

そもそも、あの時、財務省から発表された「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」=「国の借金」・・・は、秋だったと思いますが・・・9月末時点で1062兆5000億円超えとなったようで・・・、過去最高記録をを更新し、その時点の日本の人口推計(概算値1億2600万人)を元にして単純に小学生レベルの単純計算して・・・、国民一人当たりの借金は約837万円?になるというものだったと記憶しているが・・・・。

それ以前に、政府の借金を、あたかも国全体の借金と誤認させるような書き方をしている。

これは、ただ単に、国民の不安を煽るための悪意ある言い回しだと思います。


そもそも、国の借金というものが、海外からの借金であれば・・・それを割り算して、国民一人当たりと計算するのは、100歩譲れば、わからなくもないが・・・、政府の借金の大半は、国民からの借金であり、ギリシャのように海外から金を借りまくっているわけではないから、政府の借金=国の借金ということではないのです。

すみません・・・釈迦に説法というか・・・、私のブログの読者さんは、投資家さんも多いので、これぐらいのことは、理解していると思いますが・・・・おさらいということで・・・。

2017-05-30-16-04-18


そんなわけで・・・私は、Aさんに対して・・・・・。

 『ちょっと待った・・・。 少子高齢か化、人口減少、家あまりの話までは、経済、景気という意味で、俺も、共感できる部分はあるよ。 そんなようなことをブログにも書いたし・・・・w でも、日本国が、借金だらけで、貧乏国にたいな言い方は、聞き捨てならないな〜。 政府は、基本、国民から借金をしてるわけで、貸主は国民なんだから、外からの借金ではないので、債権者と、債務者を、整理してみてください・・・日本は貧乏国ではないですよ。』

Aさん 『誰から借りようが、国が債務者であることには変わりない。 俺たちの若い頃は、一人当たりGDPは、確実に5位以内だった・・・、それが、今の一人当たりGDP26位〜27位ぐらいか???  明らかに貧乏になってるじゃね〜か。GDP第3位・・・一人あたりGDPは26位・・・、豊かさは、一人あたりGDPなんだわ・・・。』

 『それは、認める・・・・。 1990年代と比べると、今は、情けない話だが・・・日本は20位にも入っていない・・・、アジアでも、マカオ、シンガポール、香港の方が確実に上だよね〜・・・、街を見たら一目瞭然だけど・・・。 それを気付かずに、日本最強と思っている昭和の人間が多すぎるのも問題だけど・・・。今は、その話ではないじゃん。国の借金の話をしてるんですよ。』

Aさん 『経済大国日本から、借金大国日本に転落したから、貧乏になったんじゃね〜か・・・。』

 『うむ〜・・・。 俺は、そうは、思わん部分もあって・・・海外から日本を見ると、一人あたりGDPとか置いといて、ライフラインは、整備され、街はきれいで・・・、お金をかけているんだよ。 まあ、一概に、一人あたりGDPだけで、金持ちか貧乏かを判断するのは違うと思うよ・・・一人あたりGDPは、マカオ、香港、シンガポールのような小国のほうが有利だし・・・。』

Aさん 『さっきも、話したじゃね〜か・・・。 俺らの若い頃は、必死に働いて、生活を豊かにしようと頑張ってきたし・・・、近ちゃんたちの若い頃も、給料の大半を、車とブランド物に使ってたって・・・w 今の奴らは金つかわないだろ? それも、家あまりの原因のひとつだって・・・。おまけに国の借金は、膨らむ一方で、債権者が誰かじゃなくて、債務者の借金の額の問題なんだよ。』

 『わかりました。 とりあえず、昔よりも、貧乏は、認めましょう。  でも、借金大国日本というのは、違いますよ。 あの国民一人あたり、800万円以上ってのは、まやかしの計算方法なんですよ。 国民が、政府に貸しているだけで・・・海外から、借りているわけではないですかね。 国民から借りて、海外に金をばら撒いているのは認めますが・・・・。』

Aさん 『国民から借りた金を海外にばら撒かなければ、少しはマシだわなw 海外から借りようが、国民から借りようが、借金は借金なんだよw』

 『じゃあ、私の持論を・・・・。』

政府と、日銀が、両親だとしましょうか・・・・、銀行、企業、国民は、子供なんですよ。

お父さんは、他所の家から金を借りてきているわけではなく、子供たちから金を借りているんです・・・。 それを、我が家の借金は・・・、子供達の借金はいくら・・・、我が家は貧乏だと言っているわけです。

お父さんが、サラ金や、他人から、借りてきた金を、家族みんなの借金だと計算して、うちは貧乏だというならわかりますが・・・、お父さんが、子供たちから金を借りてきて、お父さんの借金はいくらだ・・・つまり、お前らの借金は、いくらになるって・・・債権者、債務者は、家族内でのことで・・・お父さんは、子供達から借りた金を、子供達の借金だと言うのは変じゃないですか???

Aさんは、息子たちから、金を借りていたとして・・・、それを、我が家の借金だ、貧乏だとは、言わんでしょう???』

Aさん 『なるほど・・・・。 わかりやすいな・・・。 政府は、国民から借りていると言われると、債務は債務と考えてしまうが・・・。 一家という考え方をすると、確かに、そうだな。

お父さんが、家を建てて、外構工事や、家電や、家具を買うのに、子供たちから金を借りているという考え方をするってことだよな。 その借金が、子供一人あたり、800万円以上ってことだな。

 『まあ、ちょっと違いますけど・・・そういうことですね。

まとめると、国(A家)の借金とは、政府(親)が国債の発行という形で国民(子供)から借りているお金であり、つまり、国の借金は国民一人当たり800万円以上!は、対外的に見ると、借り手と貸し手を、まぎらわしく、ごちゃごちゃに、一緒くたにした、表現と言うことであり・・・日本が部貧乏、国が破綻するというようなものではないということです。

Aさん 『そうだな・・・わかった! よ〜く、わかった・・・。 でもな・・・、親は、子供の借金を踏み倒せばって計算であって、債務は債務だよな。 』

 『まあ・・・。 でも・・・。 国、政府は、たくさんの不動産を持っていて・・・収入もあるし・・・へそくりもあると思うので・・・、全く資産も収入もない奴に金を貸しているわけではないですし・・・、今のところ、担保されていると思いますよ・・・・、大事なことは、これから、どうしていくかですよねw

そして・・・・。

その後、話は、国、政府、国民という大きな話から・・・・流れに流れて・・・、何故か、A社長の、若い頃モテたという過去の栄光と、最近、ゴールド免許になったという、とても、器の小さな話を聞いて・・・帰ってきました(笑)

そんなわけで、国と国民の借金の嘘というテーマで書かせていただきました。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします









ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください









国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】







この記事へのコメント

1. Posted by ハナハナ   2017年06月18日 13:17
近ちゃんの言う通り!

日本政府のバランスシートの特徴は、、政府資産が凄い。

政府資産額としては世界一なんだよね。
政府資産の中身についても、比較的換金可能な金融資産の割合がきわめて大きいのが特徴的なので、内部留保の高い安定した国家です。

だから、事ある毎に円高になるんだよ。
FXは、円安を上から叩くという近ちゃんの大好きな手法で儲かるんだよね(笑
2. Posted by 千代田不動産ファン   2017年06月18日 13:38
日本って昔は勢いでやってきた時代ですよね。
財務諸表で言えば、損益計算書重視の体質。

時代が損益計算書(バランスシート)重視に変わっても
見てるのは金額だけ。

損益計算書重視の時代とあまり変わってもいませんね。(笑)
3. Posted by 千代田不動産ファン   2017年06月18日 13:41
すいません。
誤字があります。


損益計算書(バランスシート)


貸借対照表(バランスシート)

4. Posted by S不動産   2017年06月18日 19:28
近藤社長のブログは、子供にも理解できるように書いてあって優しさが伝わります。
親子に例えた下りが面白かったです。
5. Posted by 長谷川   2017年06月19日 08:57
5 家族の構図で考えると、とってもわかりやすいですね(*^^*)
両親の負債=子供達の資産ですもんね!

国民の不安をあおり、税金を上げる口実を作ってるのかな?と思うのですが、何故なのでしょうか(>_<)?  財務省が財源を確保し、もっと力を、、とテレビで言ってましたが、消費税は福祉に使う財源と決まっていると思いますし、何がしたいのでしょうか(^^;
6. Posted by 東北人   2017年06月19日 16:33
ただその子供たちの貯金分の枠を使い切った後はどうすんだろう?という疑問はあります。今のペースだとそう遠くないはずなので。
7. Posted by 福村   2017年06月19日 20:41
子供の金を有効に親の資産にしていれば一家としては問題無いはず。
ただ、公務員の人件費やら天下り先の確保やら退職金を何回ももらうためやらに使われますと困りますね。
一家としてはお金の移動だけかもしれませんが。その移動を維持するため、税金上げるのはかなりけしからんかと。
8. Posted by コンドウ   2017年06月20日 10:45
はなはなくん、今朝、ドル円売り入れたけど・・・・円高になるかな?
もう一段、上もあると見ていますが、一応、売りましたw
とは言っても、アメリカ次第ですけどね。


千代田不動産ファンさん、私も、昔の日本人と同じく、がむしゃらに働いてきました。
今も、お金のことは、気にすることなく・・・自分の目の前の仕事の最善を尽くすという感じです。
貸借対照表は、気にしたことがありません。
もちろん、弊社の部長とかは気にしてくれていますが・・・。
仕事は大好きですけど、計算が嫌いな私です。
でも、実は、法人というよりは、自分のバランスシートを作ってみたいですw



S不動産さん、子供には、わかんないと思いますよ(笑)
大人なら誰でもわかるように、最後まで読んでいただけるような文章にするように心がけて書いていますw


長谷川さん、そうなんですよね〜。
要するに政府は、金が足りない、福祉に力が入れられない、消費税を上げたい・・・・。
その他、矛盾が沢山あります。
政府は・・・、国民の大半は、適当な事を言えば情報操作ができると思っているんでしょうね〜。



9. Posted by コンドウ   2017年06月20日 10:57
東北人さん、問題は、そこなんですよね。
子供たちのお金がなくなるのは、時間の問題なんですけど・・・要するに、我々は、悪い言い方をすれば、小作人みたいなものでもあるので、天気がどうだろうが、年貢を納めろってことなんでしょうね。
本来は、政府と国民がWinWinであるのがいいのでしょうけど、そのバランスが崩れかけているのは間違いないですね。
先行き不安です。



福村さん、おっしゃる通りだと思います。
我々国民が稼ぎやすい環境を作って、稼いできてから増税をしてほしいです。
天候が悪い年に年貢を上げるようなことは、して欲しくないですね・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字