2017年01月30日

2131)トランプ大統領が日本不動産市場に与える影響を考える

2017年 以前ブログに書いた通り、きな臭い感じですね〜。

韓国、中国、北朝鮮・・・、もう少し北にはロシア・・・。

日本政府も、何かと大変です。

さて・・・。

本日は、トランプ大統領が日本不動産市場に与える影響を考える!というテーマで書かせていただきますが・・・。

何から書きましょうか・・・というくらい、いろんな影響が考えられます。

ちょっと、トランプ政権の話は、後というか・・・、置いといて・・・・。

まずは、昨年末の、稲田大臣の靖国参拝を朝鮮日報が反応し、年越し間際での韓国釜山慰安婦像設置問題で、日本政府は、大使、領事の帰国、スワップ中断、その他諸々、普段の、遺憾攻撃のみにとどまらず、厳しい対抗措置に出た。

私も、1月3日に、釜山の少女像設置場所に行ってきましたが、市民団体の人たちなのかどうかは分かりませんが、私が少女像の写真を撮った後に、駆け寄ってきて少女像の手を握り、私を睨みつけ、半日感情を目の当たりにしました。(詳細は、過去のブログ参照)

これまでも国内外で、韓国人の反日を感じることもあったが、今回は、日本人の反韓感情も高くなってきている感じで、今後、韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候があり、今年は、表面化し始めたわけで、2017年、韓国との関係はどうなるのか分からない。

慰安婦像は撤去どころか、竹島にも設置しちゃうなんてことも考えているようですし・・・日本政府の対応も、今回は、断固たるものだということで、安倍総理と自民の支持率は鰻登りですし・・・、しばらく、日韓関係はよくなることはないでしょうね。

トランプ大統領は、日韓問題に、どう出てくるのか分かりませんが・・・、韓国でのミサイル配備の中韓関係とか絡めて考えるとは思いますが・・・、基本は、日本と韓国の関係には、あまり興味はなく・・・、まあ、日本の応援をしておいた方が得かな〜という損得勘定で、結局、日本側の発言をしてくれるのではないかと思います。

ここで、不動産の話になるが、韓国に不動産を持っている日本人は、早めに売却をしておいたほうがいいように思う。

実際に、釜山の海雲台や、ソウルにマンションを持っている知人を含め、私の知る限りの人たちですが、韓国に不動産を持っている不動産投資家たち数人には、早期の売却を勧めました。


続いて、日中関係についてですが、2017年は、日中国交正常化45周年を迎えたわけですが、中国の東シナ海での動きを見ていると、日中関係を良くしようという気持ちは全く感じられない。

しかし、まあ、ここで、日中関係を予想しても、アメリカ次第でどうにでも変わるわけで・・・、日本と中国という視点ではなく、今年2017年は、米中の関係が、日中関係に大きな影響を及ぼす事になり米中次第ですね。

今年の米国は、アメリカファーストだけに、関税を上げる等、中国側は厳しい状況になると見ています。

私が直面している問題としては、人民元流出がどうなるのか・・・、中国人の外貨交換が年々厳しくなり、政府は外にお金を逃がさないようにしているということです。

中国では外貨への交換はいまだに自由化されておらず、1人当たり年5万ドルまでという規定があり、その通達は、不動産購入や金融商品購入を目的とした両替は認められていないながらも、何故か、中国から大量のお金が流れ込み不動産を購入する中国人が多かったわけだが、2016年から急に中国マネーの入りが悪くなったような気がします。

中国経済が安定していて、マネーが流れてこないのではなく・・・、私の周りの中国人は、中国経済の不安定さを懸念しながら、日本の不動産が欲しいがお金を持ってくるのが難しい!と愚痴をこぼしている者が多い。

皆さん、分かっていると思うので、わざわざ言うまでの事でもないが、一応・・・、中国の不動産は買うべきではない! 加えて・・・、中国マネーが多く入っている金融都市の不動産も、これから購入しようとするのは控えた方がいいと思うし、今、高値で売ることができるのであれば、利確しておくべきだと思います。

2017-01-30-16-23-55


2017年は、何が起こるか分からない年ですので、キャピタルを期待した投資系の不動産は、仕掛けるべきではないし・・・、現金化して、博打系不動産購入はやめて、ノーポジションというのが賢い選択だと思います。

*中国人投資家から、2013年〜2015年に購入した不動産を売却したいなんて話も増えてきましたので、日本の不動産に影響を与えるかもしれません。

都心のマンションだけではなく、新築分譲住宅、中古住宅、収益物件等、けっこう買ってますからね〜。

さて、ここから本題に入りますが・・・・。

トランプ大統領が、実現用としているのは、強いアメリカにすることです。(アメリカファースト)

トランプ大統領の保護主義政策への不安は、世界中の人々の大半が、不安と期待の中で見守っているわけですが、相変わらずトランプ大統領は力技で強引に米国の景気を良くしようとしています。

すでに、米国は、景気回復の兆しが見えてきていますが・・・、皆んなが、それに乗っかり、アメリカファースト万歳ということで、景気回復しているわけではないと思うんです。

たまたまトランプ氏が、俺に、ついてこいや〜!って、企業が付いてきている感じですが、実は、アメリカは、すでに景気回復の兆しがあり、アメリカに投資をしたほうがいいな〜という感じのところに、トランプ大統領の、俺についてこいや〜!発言の数々があるというのが実のところのような気がします。

運良く上昇気流に乗ったトランプ大統領は、景気回復の勢いで更に高いところに上がり、そこから、本当の意味での、保護主義政策を打ち出すとして・・・、私は、高い位置に上り詰めた後の、トランプ発言のほうが怖いです。

そこから、世界は、どう変わるのか・・・・。

まあ、きな臭いほうの心配もありますが・・・、まずは、日本国内の事を考えると・・・。

日本の最大のリスクは円高です。

今後、力をつけたトランプ大統領が、円安を敵視する強行的な発言をすると、日本の市場では、円高・株安・・・・。

今は、ボチボチドル高に進んでいますが、トランプが、どこまでのドル高を許すのか・・・、法人税の引き下げもしようとしているようですし・・・どこまでのドル高を考えているのでしょう?

う〜ん・・・・。

インフレ期待の高まりは恐ろしい事で、盛り上がってくると、泡のように膨れる可能性があるため、円安・ドル高は、一旦は、ドーンと進むかもしれない。

でも、1ドル=110円の水準を超えて、昨年5月の111円台を超えるかは・・・私は、ないような気がします。


まあ、堅調相場が続けば続くほどに、トランプ大統領の発言の影響は大きくなり、トランプ大統領の一言一言に過剰に反応をするようになるわけで・・・、そんな中で、安全保障分野を含め、米国の政策すべてにおいて、過激発言をするわけですから・・・、景気回復の波に乗ったラッキーマンのトランプ大統領の人気が最高に達した後の、世界に影響を与えるような過激発言や、ドル高に、超否定的な発言を連発して、通貨政策もドル安円高に動くのではないかと思う。

やはり私は、2017年は、円高・ドル安の傾向が続くと思う。

円安、ドル高の予想をされている方々も、多いようですが・・・、私は、一旦ドル高が進んだとしても、最終的には、円高に進むのではないかと見ていますし・・・。

うむ〜・・・・。

不動産ブログなのに、為替ブログになってないか???と思われる方もいるかもしれないが、東京オリンピックをひかえた、経済大国日本の不動産は、為替と大きく関係してくる・・・。

100円、95円、90円なんて感じで、円高が進むと、オリンピックがあるとはいえども、不動産市場から外国人投資家たちは徐々に引き上げることになるので、やはり、トランプ大統領が日本の不動産市場に与える影響は大きい。

つまり、トランプ大統領というか為替次第なんですけど・・・。

仮に、不動産の価格が下がったとして、高値で掴んだ人たちは、痛い目を見るのかもしれないが・・・、逆の見方をするなら、絶好の買い場がくるのかもしれない。

ただ、相場というのは、どこまで下がるかを見極めなくてはいけないわけで、それはそれで難しい選択なんですけどね(笑)

なんにしても・・・。

2017年、ドナルドトランプ大統領は、日本の不動産市場に大きな打撃をあたえる!・・・・・かもしれない!

そんなわけで、本日は、トランプ大統領が、日本の不動産市場に与える影響について書かせていただきました。

本日も、読者の皆さんに、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハナハナ   2017年01月30日 22:25
日韓問題から
これまで政府は土下座外交をしてきたから日本人であることが恥ずかしかったですが今回のように毅然たる対応をしてくれると嬉しいね。
最初は少女像設置に腹が立ったけど日本政府が断固たる措置を施してくれたので、最近は、韓国国内であれば気がすむまで好きなだけ量産設置してくださって結構ですからという気持ちです。
日本政府が日本の誇りを守ってくれれば、韓国内の事なんてどうでもいいです。

トランプ政権はレーガン時代とかぶりますね。
あの頃も役者が大統領になったと騒がれてましたね。
日本はマイペースでいいと思うよ。
2. Posted by 長谷川   2017年01月31日 01:16
5 トランプ大統領は、良くも悪くも影響が大きそうですね(^^) 
不動産の絶好の買場が来たときに、逃さないように準備万端にしておきますので、是非、ブログでチャンス到来告知を宜しくお願い致します(^o^)笑
3. Posted by tainosin   2017年01月31日 09:56
トランプ大統領は何をするか、全く予想できません。

あまりにもドル高が進むと、ニクソンショック、プラザ合意のように、ドル安誘導の手を打ちかねません。

実は私も不動産下落に賭けていまして、軍用地の半分を売りました。(家内には内緒です)

来るべき時に備えたいと思います。
4. Posted by 千代田不動産ファン   2017年01月31日 12:48
ダイレクトメールには新宿の高層マンションを
去年までは表面利回り4%の逆算で買いますと
書かれていましたが、今年に入ると5%になりました。

更に利回りが上がる(売却価格が下がる)予感を
直に感じます。
5. Posted by コンドウ   2017年02月03日 02:12
ハナハナくん、私も今回の日本の対応は良いと思いますが、量産型にするというのは、どうなんでしょう?
トランプ大統領とレーガン元大統領の話ですが、レーガンさんのほうがイケメンですよね。
でも、トランプさん、嫌いじゃないです。



長谷川さん、トランプ大統領が世界に与える影響は大きいでしょうね。
先が見えないということは、不安でもあり、期待感もあり・・・、ワクワクします。
いろんな分野で、チャンス到来の際には、声をかけさせていただきますw


tainosinさん、軍用地の売却は、正解だと思います。
流石、動きが早いですね。
大きな動きがありそうな時は、ノーポジション・・・方向が見えてからでも遅くはありません。
動きが見えた時に、いかに早く動くかですよね。



千代田不動産ファンさん、4%の逆算から5%の逆算ですか・・・。
水面下でジワジワきてると思っていましたが、今の時点の動きとしては、けっこう大きいですね。
2017年・・・円高になると・・・速度が早くなりそうですね。
トランプさんの動きから目が離せないです・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字