2093)人のつながりとオフ会の話!2095)ストーカー被害(不動産売却、購入)

2016年08月25日

2094)  セットバックしましょう・・・。

読者の皆さん、こんにちはw

リオオリンピックの閉会式の安部マリオ・・・見ましたか?


賛否両論あるとは思いますが、私は、日本のイメージという意味で素晴らしいと思いました。

見た瞬間、安倍首相が・・・マリオだぁ〜wって面白かったですが・・・若干、ストリートファイターのベガにも見えました。

私の周りの方々は、マリオよりも時期的にポケモンでしょう・・・という意見もありましたが・・・。

安倍首相と小池百合子が、サトシとカスミの格好で出てこられても、ちょっと苦しいし・・・、首相がピカチュウの着ぐるみを着ても、GDP三位の先進国の首相として、世界から顰蹙をかいそうですし、マリオというセレクトは素晴らしいと思います。

安倍マリオの登場により、世界中の何人の人の、日本人の閉鎖的なイメージを変えたのだろうと考えると、それだけで嬉楽しいw

これからも、ちょくちょく安部マリオで登場していただきたいと思ったのは私だけだろうか?

もちろん国会の答弁、演説等以外ではしないほうが良いと思うが、私の個人的意見としては・・・、聞くに堪えないような非常識なヤジ等を一喝する際は、マリオの格好もありなのかもしれない・・・w

リオ五輪が閉会し、東京オリンピック開催にむけての本格的準備が始めなくてはいけないわけだが・・・、今朝は、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発の発射実験を行い日本海に落下した。

なんとなく、出鼻をくじかれたように感じるわけだが・・・、日本は、尖閣を含め多くの外交問題、外交課題をかかえている。

日本国民の一人として今後の安倍マリオの手腕に期待したいと思います。

おっと・・・、不動産のブログを書けなくなってしまうので、これくらいにしまして・・・・。


さて・・・今日のブログの本題です。 

皆さん、セットバックという言葉をご存知ですか?

不動産、建設業界にいらっしゃる方ならお分かりになるかと思いますが・・・。

セットとバックというのは、建造物を後退させるということです。 


”堝飴唆伴堙には、セットバックとは、4m以下の、みなし道路の場合に、道路の中心線から2メートル後退した線が道路の境界線とみなされるため、そのセットバックラインの内側に建造物をつくる(ただし、道路の反対側ががけ・川などのときは、がけ・川などの境界線から4メートル後退した線が境界線とみなされる)

建設業者的には、,鵬辰┐董都市計画(一種、二種低層)、その他、建築基準法等で外壁の後退距離が定められている場合、境界線から建物の壁またはこれに代わる柱の距離を定めに基づき後退して建造しなくてはいけない。(我々不動産業者は、セットバックではなく外壁後退ということもある。)

本当は、二項道路や、建築の際のの説明とか、もっと詳しく書きたいが、難しいことを書いても面白くないので、これくらいにしておきますし・・・・、´△汎匹鵑任睛靴喊瓦ない文章になっているので、次項い望し遊び心を混ぜます。

I堝飴唆罰Δ琉貮瑤諒々は、人間の頭部の髪が前側から無くなってきた場合も、セットバックという言葉を使うことがあります。(例、『あれ? 最近、少しセットバックしちゃったんじゃない?』 )

ど堝飴唆罰Δ琉貮瑤僚子は、生理的に嫌いな男性とのパーソナルスペースを大きく確保したい場合もセットバックという言葉を使います。(例、『距離近いです。セットバックしてください・・・。』)
因みに、私はパーソナルスペースが広いので言われた事はありません(笑)

すみません・・・いろいろと、くだらない事も書きましたが・・・・。

本日は、,離札奪肇丱奪について書かせていただきます。 

セットバック 千代田不動産


皆さんが、車を運転していて、この道路狭いな〜と感じる道路があると思います。

4m未満の狭い道路にもかかわらず、道路いっぱいの部分に家、塀が建っていることってあるじゃないですか。

原則・・・、建築物の敷地は、建築基準法に定める幅員4m以上の道路に間口が2m以上接していなければならないが、古くからの市街地などには幅が4mに満たない道路が数多く存在しています。

車のない時代は、それでも良かったのでしょうが、現代において、車も入れないような道路は、正直困りますよね・・・・。

そんなわけで、昭和25年の11月?以前から道路であったものは、4m未満の道路でも特定行政庁の指定を受けたものは、道路とみなしているわけです。

そして・・・今後、道路幅員を4m以上にしていくから、道路とみなしていて・・・、建築基準法上、敷地の接面の道路幅員が4m未満の場合は、建築ができないが、セットバックするならいいよ!ということで、建築確認をおろしているわけです。

要するに、建築基準法上の道路とみなされて建物の建築が可能となる代わりに、道路の中心線から2mの位置まで敷地を後退させなければならない。  (反対側が崖川等の場合は道路幅員4m確保&幅員6mとされているところもある。)


でも、実際に、細い道には、明らかに昭和25年11月?日以降に建造されたものがありますよね。

行政側は4mに満たない道路でも、建築ができる幅員がある道路とみなして建築をOKしているにも関わらず、セットバックしないで、造ってしまっている方々がいらっしゃるということです。

まあ、簡単に言うと・・・、昭和25年以前のものを、わざわざ壊して建て替えろということではなく、それ以後に建造するのであれば、セットバックして建て替えるように!ということなのです。

しかし、現在、どのような状況かというと・・・・、明らかに新しい家なのに、セットバックをしないで、塀や門扉がセットバック部分に建造されているものを、よく見かけます。

4m未満の道路に接している不動産と、4m以上の道路に接している不動産とでは、明らかに価値が違いますので、使える面積は減るかもしれませんが、不動産としての価値は上がりますし、近所の皆さんが住みやすくなるので、大半の方が喜ばれます。

逆の言い方をすると、大型の消防車も入れない、普段の車も通りにくい等・・・・、現代社会において、道路幅が狭いということは、明らかに大きな地域問題なのに、少し使える部分が減る等の自己都合で、セットバック部分に建造して近所の皆さんへの迷惑お構いなしという人がいるのです。


土地が減るわけではなく、そこに構造物を設けないというだけなのに・・・、土地の所有者の不動産に対する執着心なのか・・・???

手口としては、建物の建築確認を取って完了検査を済ませた後に、セットバック部分に造るのです。

これは施主だけの問題ではなく・・・、施主の希望ということで、建設業者が協力したり、中には、完了検査の後であれば問題無い・・・強制的に撤去されることは無い・・・等と言ってわざわざ入れ知恵をする建設業者もいるぐらいです。

セットバック部分に構造物の設置を請けてしまうって、どうなんでしょう?

仕事が欲しいからって・・・地域のことや近隣のことを何も考えていないのでしょう・・・お粗末ですね〜・・・・w

ただ・・・、こういったことを平気でやっちゃう施主や建設業者もお粗末ですが・・・正直、行政側にも問題がある場合もあります。

頭の悪い市町村もありまして・・・、土地の所有者が、近所のことを考えて、安全面の考慮などをして、道路幅員を拡張する必要性は理解して、利用できる土地が減ることを承知で身を削るような思いでセットバックをしても、中には、固定資産税を課税してしまっている市町村もあります。


それぞれの、市町村によって異なりますが・・・。

.札奪肇丱奪部分に、通常の宅地並み課税を徴収しているパターン
▲札奪肇丱奪部分を寄付したら公道になるので固定資産税がかからないからと寄付をさせようとするパターン
所有者が自己の費用で測量をして分筆して役所に届出をすると固定資産税を免除するというパターン
せ堋村がセットバック部分を買い取ってくれるパターン
イ修梁召離僖拭璽

まあ、財政上の問題もあるので買い取れとは言いませんが・・・セットバック部分に固定資産税を課税してはいけませんよね〜。

以前、某市役所に、セットバック部分を非課税にしてほしいと言ったところ・・、測量分筆に数十万円かかるというのに、バカっぽい顔して上から目線で・・・、『所有者が、測量分筆して非課税申請したてください。』と言われた事があります。

他にも、セットバック部分の寄付をしようとしたところ、市町村が管理するところが増えるのが嫌なのか・・・受け付けない市町村もありました。

地域の事を考えない所有者と、仕事欲しさにセットバック部分に構造物を設置してしまう工事業者・・・、セットバックしても道路じゃないからと、建ぺい率、容積率を算定に入れることはできず、基本的に所有者以外が通れる通路となるのに 固定資産税を課税する市町村・・・、まあ、どっちもどっちのところもありますけどね〜。

2015-08-12-23-52-44


弊社が土地を購入して再販する場合は、きちんとセットバック部分は後退する計画をして、道路や側溝の整備や固定資産税について市町村と協議をするようにしています。

これから、家を建て替える方、新築される方は・・・、前面の道路の幅を把握して、セットバックしなくてはいけない場合は、セットバックしてください。

その上で、固定資産税については、市町村と協議してください。

最近は、買取をしてくれたり、測量分筆をしてくれたり・・、中には、寄付をした場合、側溝の工事などをしてくれる市町村も増えてきました。

我々、デベロッパーは勿論の事ですが、皆さんも、セットバックが必要な場合は、必ずセットバックをして、地域の安全な住環境の整備にご協力ください。


本日は、セットバックについて書かせていただきました。

そんなわけで、本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします




ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 隠れ近藤教信者   2016年08月26日 01:10
先日のオフ会に参加できなくて申し訳ございませんでした。

セットバックは、物を置いたり、後退しない非常識極まりない輩については毎度腹を立てていますが、固定資産税と行政の対応については考えた事もなく改めて深く考えさせられました。
確かに市町村も傲慢極まりない。
結局のところ金がないんでしょうが、、、
2. Posted by 読者   2016年08月26日 09:58
いつもブログを拝見しています。
うちの前の道は2メートルの道路です。
奥に一軒住宅がありますが、その家は家族全員が軽自動車に乗っています。
若い頃、町内の祭の役員の時に奥の家のお爺さんに意地悪をされたので、法を遵守して道路後退はしていますが自転車とバイクを置いて通り難くしてあります。
近所の事を考えてということですが近所の方が嫌いでセットバックしていないお宅も多いのではないでしょうか。
3. Posted by 長谷川   2016年08月26日 13:48
5 なんとなくリオの閉会式を見ていたのですが、安部マリオ、斬新で面白くてびっくりしました(^o^)! 良かったですよね(*^^*)♪
セットバックは、新築そっくりにリフォームすれば、小さくならずにすむなぁとか、スケールの小さいことを考えていたのですが、今回のブログを拝見させて頂き、考えが変わりました(^-^;
4. Posted by コンドウ   2016年08月26日 18:21
隠れ近藤教信者さん、市町村の対応は様々ですからね。
普通にセットバック部分も宅地課税しちゃってたり、固定資産税をかからないようにしたいなら、こちらの費用で分筆してくださいとか、寄付をしてくれるなら、分筆をしてくれるところもあるし、買取をしてくれる市町村もあります。
なんだかんだ、財政の問題と、あとは、セットバックについてどうするのかを決定する人たちの良識なんだと思います。
まあ、我々、デベロッパーは、開発許可を取得する場合は、有無なく、こちらの費用で測量分筆して、工事をして、寄付をするわけですが・・・、それも、結局は、最終的にお客様の負担になっているんですけどね。
まあ、いろいろですw



読者さん、まあ、ご近所さんもいろんな方がいますので、大人の対応をしてあげたほうがよいのではないですか?
セットバックが原因で、良好な関係になるかもしれませんし・・・・。
コメントに書かれるくらいなので、そういうタイプのご近所さんではないのかもしれませんが・・・・。



長谷川さん、できることなら、セットバックした部分を役所が受け取ってくれて、公道にしてくれるのが、価値的にも一番いいのかもしれません。
今、建物が建っているなら、壊す必要はないので・・・新築そっくりさんもありかもしれませんが・・・、新築に勝る、そっくりさんはないので・・・ピカピカの新築をお勧めしますw


5. Posted by つか   2016年09月21日 00:00
5 おーい、コンちゃん。
勉強になったわ。
地域柄抗争には気をつけるんやぞ!
6. Posted by コンドウ   2016年09月22日 02:45
つかさん、ありがとうございます。
地域柄・・・気をつけますw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2093)人のつながりとオフ会の話!2095)ストーカー被害(不動産売却、購入)