2076) 人口減少と不動産の価格2078) 死人に口無し 不動産トラブル

2016年06月15日

2077) 日本の移民受け入れと不動産

本日は、移民受け入れについて書かせていただきます。

日本の少子高齢化、人口減少は、今や、日本が存続できるかできないかの大きな問題です。 


今まで、こうなることを知りながら、日本政府は真剣に少子化対策をしてきたようには思えませんし・・・、労働者問題は、非正規労働者とかの問題を改善し正規雇用を増やそうとはしていますが、労働者が足りていない中で、これだけニートが増え続けているわけで・・・・仕事はあるのに労働者が足りないという、意味の分からない状況になっています。

この現象を食料事情として置き換えると・・・、貧しくて食料がないのではなく、食料はあるのに好き嫌いを言って食べない状況で、働かざる者食うべからずという言葉は死語になりつつあるわけです。

まあ、今更、こんなことを書いても仕方がないのですが、今後の日本は人口減少の一途を・・・・。

あくまでも計算・・・・、算数程度の計算によると、50年後の日本は三分の二、100年後の日本は三分の一の人口になるということで・・・・、このままいくと、千年後には、絶滅危惧種に指定されるかもしれない(笑)

すでに政府は年間20万人の移民の受け入れを検討しているらしいが、当然に、起きるであろう問題を予想して対策をとってからおかなければならない。

年間20万人の移民の受け入れをした場合、合計特殊出生率が人口を維持できる2.0以上に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算しているようですが…毎年20万人の移民が入ってくると、複数の問題が発生することは確かだ。

100年間20万人ずつ入ってくると、100年で2000万人・・・・ 日本人6000万人・・・・、単純計算だと4分の1が移民となるわけだ。

これは、あくまでも単純計算・・・、私の頭では複雑な計算はできないが、100年の間に、日本人と移民の結婚が激増するわけで・・・・。

必ずしも日本人同士、移民同士が結婚するわけではないので、日本人と外国人との混血児が増えるわけですが・・・・、私は、当人同士が、好きで結婚するわけですから、それは、混血児が増えることが問題だとは思わないのですが・・・・、問題は、日本の社会、要するに国民たちが受け入れるかどうかなんです。

政府も国民も、民族の人種的、文化的純粋性に価値を置くことをやめない限り、外人、混血児の、職場や学校での差別やイジメがあるでしょうし・・・、逆に政府や国民が特別扱いすることもあるかもしれません・・・・。

まあ、この話は、奥深く・・・、読者の皆さんが、ヒートしちゃうでしょうから、これくらいにしまして・・・・・。

移民受け入れには、雇用、教育、文化の違い、治安悪化等・・・・、考えだしたら、きりがないくらい、いろんな問題が浮上してきます。

移民問題は、難しい・・・・と、一旦、ここで区切りまして・・・。

千代田不動産 近藤 ちよっぺん


この先は・・・、自分と深く関係してくる不動産という分野について、移民受け入れと不動産というテーマで考えてみました。 

移民政策が実行されたら不動産市場はどのようになるか・・・・・。 

日本は人口減少・・・→毎年20万人の移民受け入れ・・・・→職と住居が必要・・・・→、賃貸市場大賑わい・・・→収益物件を中心に売買市場も賑わう・・・= 空室率、空家率低下(不動産価格上昇)

一般的な、不動産投資家が考えそうな事です。

間違った考え方ではありません。

もう少し、深く考えてみましょう。 

日本が、人口増加したいのは・・・・、高度人材外国人が欲しいといいながら・・・、結局、民間は、安値で使える労働者が欲しいわけで・・・、20万人すべて、高度人材外国人だけというのは不可能です。

移民として入ってくる外国人の大半は富裕層、高学歴でないわけで・・・・。

都会の高価格の賃貸需要が増えるのではなく、低価格の賃貸物件需要が大きくなり・・・・、利便性の良い郊外の賃貸が埋まり、移民が増えるごとに、そのエリアは郊外へと膨らんでいきます。

そして・・・・、数年先には、家を持ちたいと考える外国人が増えて、ローコスト住宅や分譲住宅、中古住宅、マンション・・・投資用のワンルームマンションまでもが売れますので・・・・今、空き家になり、売れ残っているようなものが、高値で在庫一掃できるわけです。

そうなると・・・私が常日頃書いている、二極化と、その後の不動産の値下がりという予想は、大ハズレとなるわけです。

要するに、このまま移民政策をしなければ、私の予想は当たると思うが・・・、移民受け入れが実行された場合は・・・、私の予想はハズレ・・・、日本の不動産市場はアゲアゲムードとなり大きく変わるわけです。

まあ・・・・、これくらいの事は、少し不動産に興味を持っていれば誰でも考えることなんでしょうが・・・。

移民と不動産を単純に考えていると、大きな問題になります。  

このブログの読者の中には、政治の先生もいるので、国レベル〜地方まで、政治に関係する方々には、よ〜く考えていただきたいのですが・・・。

移民が、点在している場所に、賃借、購入をした場合・・・、空室率、空家率の多いところに入るわけで・・・そうなると、移民が多い地域と、移民が少ない地域とができるわけです。

そして、どこの国でも、移民というのは集まる傾向にあるので、移民が集まってきた地域は、どんどん移民が増えていきます。

そんな中で、移民を入れない大家、移民を受け入れる大家・・・、その大家の考え方に賛成する入居者、反対する入居者がいるわけで・・・、とりあえず空家、空室はなくなるかもしれませんが、移民を入れることにより、出ていく人もいるわけです。

もっと深く考えると、地域で移民を受け入れられない人が多いと、地元民が少なくなっていく地域が出てきます。

そうなると、移民の多い地域と少ない地域で、地価は変わります・・・当然、賃料、収益率も変わります。

そして、移民の多い場所は安く、移民が少ない場所は値上がりするのです。

このまま対策をせず、移民政策を実行したら、移民と国民の住居の混在・・・そこに文化、習慣の違いがあるわけで・・・そこで何が起きるのでしょう。

そして・・・冒頭の話に再度関連するのですが・・・・・。

政府も国民も、民族の人種的、文化的純粋性に価値を置くことをやめるか・・・・、移民受け入れのために地域を最初から別にしない限り・・・・、毎年20万人もの移民を受け入れることは難しいと思うわけです。 


現在の不動産の実情を話すと、外人お断りのオーナーさんって、けっこう多いんですよね〜。

売買をする際に、外人には売らないなんて人もいます。

実際に・・・、先日、某分譲住宅屋が、**人には、当社の分譲住宅は売らない!と、案内時ではなく、弊社が買付証明をいただいた後に言うので、弊社社員がブチ切れたという事件がありましたが・・・、そういう事が多々起きるわけです。

これが、日本人と外国人と分けているだけでなく・・・、A国人には売る貸すが、B国人には売らない貸さないとか・・・、差別だ、区別だって・・・・いろんな問題が起きるわけです。

まあ、放っておいても、そうやって、少しずつ、移民多数のエリアと、移民少数のエリアが別れていくのでしょうが、政府は、そのあたりのことも考慮して移民政策をするべきでしょうね。

そして、移民を受け入れると決まった場合、地方自治体、不動産業界も、早急に対策を考えないと、大変なことになると思います。

たかが20万人と思うかもしれませんが・・・、10年で200万人、50年で1000万人ですから・・・。

読者の皆さん、世界中の移民問題を調べてみてください。

私は、移民の受け入れを反対しているわけではありませんが・・・、人口が減る分、移民で調整すればいいって問題ではなく、体制を整えてから、移民受け入れをしないと、とんでもない事になるという事を言いたいのです。

不動産という分野だけで考えても、まだまだ他にも、多くの問題が予想されますが・・・、言い出すと、本が一冊書けてしまうぐらいなので、ここまでにしておきますが・・・・・。


とりあえず・・・・。

移民受け入れをするのであれば、ありとあらゆる観点から検証していただきたいですね〜。

移民の受け入れによって日本の未来は、どのような移民政策をとるかにかかっている。

仕事柄、私は、不動産市場が、無理なくスムーズに活性化されることを願っていますが・・・・ 


最後に・・・、日本が、移民受け入れを成功させれば、世界の日本に対する評価が大きく変わります。

世界から、日本の文化や、ライフラインを含む生活環境、製造メイドインJAPANは、高く評価されているが、日本は、都合よく輸出をする国なのに、外国人、輸入に関しては鎖国をしているように思われているような気がする。 

移民受け入れにより、日本が本格的に開国を行うことで、閉鎖的なイメージはなくなり、世界の評価は大きく好転し、日本は、今まで以上に世界から信頼される国になるだろう。

もちろん・・・移民受け入れを成功させれば・・・ということなんですけどね。

そんなわけで・・・・本日は、日本の移民受け入れと不動産について書かせていただきました。

本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします





ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ㊙︎エステート   2016年06月16日 00:08
近藤社長様
ご無沙汰しております。
今回のコメントは近藤社長に物申す事になるかもしれませんがお許しください。

移民政策と人口減少問題を同時に考える事が低レベルだと思います。
先進国の悩みの種の少子化問題を移民で解決できた国はありません。
子がないからと養子を入れてもうまくいかないケースが多いのといっしょですよ。
移民を受け入れる前に女性や高齢者の活躍や出生率の上昇などまだまだいくらでも打つべき手があると思うんですがいかがなもんでしょう。
2. Posted by たかはし   2016年06月16日 00:47
政府のやることはいつも後手後手ですから、我々の生きているうちは移民を受け入れることはないと思います。
ところで、日本って外国人から見てそんなに魅力的な国なんですかね。
旅行で来るくらいならいいですが、定住となるとノイローゼになると思いますけど。
3. Posted by ハナハナ   2016年06月16日 00:58
少子化問題に格差社会なんだから一夫多妻制にすれば解決する
景気回復には俺に一兆円くれたら銀座、北新地、ススキノから中洲まで金を撒き散らしてやるから景気は回復する
こんな事を飲み屋で得意げに話している議員がいるうちは移民政策なんて成功するわけないよ。
確か移民問題も放送禁止用語連発で女性が聞いたら嫌悪感を抱く発現してたよね。

話変わるけど屋上のちよっぺん可愛い(笑)
4. Posted by ハナハナ   2016年06月16日 01:00
コメントに誤字がありました。
発現❌ 発言⭕️
5. Posted by 東北人   2016年06月17日 09:11
移民受け入れで成功した国ってありましたっけ?
シンガポールのように移民を人間として扱わないようにしている国くらいでないでしょうか?日本には無理だと思います。
6. Posted by 雲水   2016年06月17日 20:33
50年前、外国人が「夜道をおつきさまを見ながら歩ける日本は、なんと素晴らし国」といわれ、一日本人として誇りに思ったことがありました、
島国の日本に外国の人が来られても偏見と差別に苦しむことでになるでしょう
独身貴族を謳歌する若者が増えました、日本の人口が江戸時代に戻ればそれなりに農耕民族に立ち返り、自給自足で
士農工商時代が復元するかもしれません。
7. Posted by コンドウ   2016年06月17日 21:48
㊙︎エステートさん、全然、物申してくださいw
小手先の事ではムリなんじゃないですか?
今の国民に男女共に、高度成長時代のようなパワーはありません。
移民の件は賛否両論ですが、移民を受け入れないと立ち直れないところまできていると思います。
でも、体制を整えないと、とんでもないことになります。
結局、受け入れできないか、中途半端で効果がない受け入れか・・・大失敗するか・・・。
成功するとは思えません。



たかはしさん、世界中の方は日本に来ると、治安の良さ、ゴミや臭い等、衛生面には驚き感心してくださります。
東南アジアの方々は、何から何までベタ褒めしてくれますw
でも、深夜に赤信号で止まっていたら、深夜で車が来ないのに何故止まっていると真面目に質問された事があります。
まあ、でも、海外の方々から見ると、国民性はつまんないかもしれませんね。



ハナハナくん、酒の席での冗談じゃんw
低俗な、俺たちを喜ばせてくれているんだよ。
そう思っていましょうwww
逆に、政治家が、飲み行って、堅い話をしていたらつまらんと思うよ。




8. Posted by コンドウ   2016年06月17日 22:20
東北人さん、移民受け入れで成功した国は・・・、ないような・・・あるような・・・、一般的には、シンガポールは成功したように思いますが・・・。
人間扱いしていないという事は、どうなのか分かりませんが、私が、何度かシンガポールに行った感じでは、優秀な移民と、労働力を上手に取り入れて調和が取れているように思います。
でも、日本は、シンガポールのようにはいかないと思います。
それは、日本の文化や習慣が、日本独自である事から、移民との調和が難しいように思います。
ですから・・・政府も国民も、民族の人種的、文化的純粋性に価値を置くことをやめないと・・・難しいと書かせていただきました。



雲水さん、江戸に戻って士農工商・・・自給自足で・・・なんてことを想像し・・・それはそれで、いいのかな〜なんて事を思ってしまいました。
いえいえ、しかし・・・、今、そうなると、確実に、他国から占領、支配され・・・、移民どころか、植民地になって奴隷として働かせられそうです。
移民は移民で、島国日本では、差別等に苦しむでしょうし・・・国民の意識改革をしないと、移民受け入れは失敗に終わるでしょうね。
毎年20万人受け入れた数十年後は、紛争が起きたりするかもしれないですね。
9. Posted by 千代田不動産ファン   2016年06月18日 22:24
移民政策が成功してるのは、
移民がその国を征服した国ぐらいでしょう。

社会構造が変わってるのに
自分が変わりたくないから少子高齢化と騒ぐのだと思います。

変化を楽しめる人を増やす、
例えば、50歳になっても新入社員と同じよう貪欲さを持つ。

日本も、数の呪縛から解放される時期だと思います。
10. Posted by はなくそ太郎   2016年06月19日 02:41
日本人はグローバルにはなれない
日本の文化、伝統、習慣を守るのではなく移民に押し付けて従わせようと考えている人が大多数なのでは?
移民は失敗に終わるでしょう!
11. Posted by コンドウ   2016年06月20日 00:21
千代田不動産ファンさん、確かに、かなり前から、少子高齢化、人口減少については分かっていたわけですから、今更、何をジタバタしてるの?って感じですよね。
数の呪縛から解放される時期なのかもしれませんが、その呪縛から解放されることはなく、さらに呪縛は大きなものに成長しています。
何にしても、究極の選択に迫られています。
どうするのかは、まだ見えませんね。



はなくそ太郎さん、そうですね。
今でも外国人に日本の常識を一方的に押し付けているし、今後も押し付けていくのでしょう。
意識を変えて臨まないと、日本の伝統文化を一方的に押し付けて・・・反発を喰らい・・・失敗に終わるでしょうね。
12. Posted by ぷりん   2016年06月20日 23:14
こんばんは
前に一回だけコメントを入れさせていただいた土地家屋調査士をしている者です。
調査士の立場から言わせていただくと、移民が土地所有者になった場合、大変厄介です。
2年ほど前、日本語が理解できない外国人から土地の分筆を依頼され、通訳を挟んで1時間ほど説明したものの、立会を全く理解していただけず、ほとほと困ったことがありました。
しかも隣接地の所有者はウエストバージニア諸島の私書箱を本店とするペーパーカンパニー。
こうなると何百万貰っても分筆を完遂できる自信がありません。
結局立ち消えになり内心ホッとしましたが、これからはどんどん似たような事例が出てくるのではないでしょうか。
13. Posted by コンドウ   2016年06月21日 11:48
ぷりんさん・・・、なるほど・・・。
確定測量という観点から移民を考えていませんでした。
確かに、大変ですよね。
外角決めておいて分筆ですもんね。

隣地の所有者が、ウエストバージニア諸島って・・・。
すみません・・大変申し訳ないのですが、一瞬笑ってしまいました・・・・。
14. Posted by ぷりん   2016年06月21日 22:09
あちゃ〜、間違えました。
英国領ヴァージン諸島でした(^_^;)
米国の州と混同してしまった(笑)

相談を持ち掛けられたのは10月下旬でしたが、問題の土地はスキー場のゲレンデの上部に位置し、
11月中旬から5月下旬までは車で行くことができません。
土地所有者はシンガポール共和国に本社のある会社で、社長はオーストラリア人。(こいつが日本語を理解できない)
おまけに反対側の隣接地は日本の株式会社ではあるものの代表取締役はこれまた外人さん。

ここまで困難を極めると笑うしかありませんよ。
15. Posted by コンドウ   2016年06月23日 12:43
ぷりんさん、いえいえ・・・w
私も気付かず、英国領ヴァージン諸島のつもりで笑っていました。
確かに、バージニアだとアメリカですねw

そこまで困難な仕事も珍しいですね。
シンガポールであれば、優秀な知人がいますので、もしよろしければご紹介しますよ。
私で、できる事であれば、何なりとおっしゃってください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2076) 人口減少と不動産の価格2078) 死人に口無し 不動産トラブル