2071) 海外送金、厳しすぎでしょう・・・(笑)2073) 世間は狭い・・・面白い再会w 

2016年05月30日

2072) 世間は狭い・・・面白い再会w 

数年前の話ですが・・・、当時、自分の友人が売主だと言って、不動産の情報を持ってきて、私から10万のお金を寸借詐欺した人がいまして・・・・。

その方とは、錦のクラブで知り合ったのですが、後日、当社の前名古屋支店(名東区)に不動産の情報を持ってきたのです。


詐欺師Aは、自分の子供のころからの友人が、金に困っているのだが、丸の内の土地を持っているので、買い取りしてほしいと相談があった。

当時は、まだ、丸の内の良い場所が坪200万円前後で買える時代だったのだが・・・、詐欺師Aは、丸の内3丁目の80坪の土地を、坪単価100万円で話をつけてくるので、交渉コンサル料と紹介料で1000万円欲しいとの事だった・・・・。


売主は、会社の代表で、現在東京に住んでいて数日後に名古屋に来るとの事だったので・・・・・、その数日後に名古屋のホテルのラウンジで合わせていただき・・・名刺交換をして、10分ほど話をしました。

詐欺師は、金額の話は自分が交渉をするので、土地の話はしても良いが具体的な金額の話はしないでほしいとの事でしたので、土地の取得経緯と世間話をしてホテルのラウンジでの話は終わりました。

それから数日後・・・詐欺師Aから私のところに来ました。

詐欺師A 『近藤社長の希望の金額で纏まりました。 その代わり、現況渡し、瑕疵担保責任なし、もちろん測量もしません。 東京まで契約に行きますので、手付金の800万円と、交通費と宿泊代として10万円お願いします。』

そう言って、契約の候補日を3つ出した。

 『ありがとうございますw では、*月*日で・・・。 手付金800万円と、旅費の10万円を用意しますので、段取りをお願いします。  但し・・・、手付金は、振り込みか・・・小切手で弊社の社員に持って行かせますので、そのように段取りをお願いします。』

詐欺師A 『分かりました。 そのように手配をいたしますが、振り込みか、小切手かは、先方に確認をしますので、明日にでもご連絡をさせていただきます。 それで・・・社長、ひとつお願いがあるのですが・・・。 契約日に、私の方の報酬を半分・・・500万円いただけないでしょうか?』

実は・・・私は・・・、この時点で、ちょっとこいつ怪しいな〜と思ったのですが・・・・。

 『うむ〜・・・。 紹介料半分を先払いですか・・・・。 まあ、いいでしょう。』

翌日・・・・。

契約の段取りについて、連絡がありました。


契約書を作成し、それに当社が印鑑をついて・・・詐欺師Aが、それを持って東京に行く・・・。 そして、売主から印鑑をもらい、振込先を聞いてくるので、翌日に手付金を振り込む・・・それで契約は終了。 

紹介料の500万円については、契約日にお願いします!契約日の10時にお金を取りに来きます。とのことで・・・、契約は東京で午後2時からという事でした。

そして・・・契約日当日・・・・。

詐欺師Aは、10時前に弊社に来ました・・・、私は、契約書と現金の10万円を用意して、紹介料の半金の500万円は用意しませんでした。

 『すみません。 ちょっとした手違いで、500万円は、本日の12時にこちらに届くことになってしまいました。 届き次第、500万円を持って私が東京に行きますので、先に行って契約をしてきてください。 約束通り、今日中には、500万円をお渡しいたします。』

詐欺師A 『それは、困りましたね〜。 500万円をいただいて、入金してから東京にいくつもりだったんですが・・・。 う〜ん・・・。 11時までなら、ギリギリ待ちますので、何とかなりませんか?』

 『それがですね〜・・・。 最短で12時なんですよ。 私も、努力しましたが・・・、本当に申し訳ございません。 3時までには、東京に届けますので・・・・。 お詫びに、今夜は、銀座か六本木で、私がご馳走させていただきます。 契約のお祝いをしましょう。  あっ、それから、契約時に本人確認で、売主さんの、免許書のコピーかパスポートのコピーを貰ってきてくださいね。 はい・・・とりあえず、契約書と、交通費の10万円です。』

詐欺師A 『う〜ん・・・・・。 困ったな〜・・・・。 今日中に500万円を入金しないとまずいんですよね〜・・・。 社長さん、約束したじゃないですか・・・・。』

 『すみません。 今日、この場で渡そうとは思ったのですが、手違いで・・・本当にすみません。 でも、約束は、本日ということでしたので、本日、私が東京に持参して、お渡しするということで、お約束は守らせていただきます。 それとも、契約を後日にしましょうか? 売主さんには、私からお詫びの電話をさせていただきますので・・・。』

詐欺師A 『・・・・・・。 ・・・・・。 分かりました。 とりあえず契約はしてきますので、必ず今日中に500万円を持ってきてくださいね。 』

 『分かりました。 必ず持って行きます。   あっ、それから、売主さんに、これ・・・て土産を買っておきましたので・・・これも持って行ってください。 』

私は、手土産の話をした時の、彼の一瞬の表情で・・・こいつは、90%の確率で詐欺師であると思いました。

しかし、もしかすると・・・そんな思いで、契約書と10万円と手土産を渡しました。


詐欺師Aが、当社をを出てから・・・・、私は、一応、500万円の現金を用意する前に・・・売主さんに直接連絡を入れました。

売主さんの会社に電話をしたのですが、打ち合わせ中との事でしたので・・・・、社員の方に、『本日の契約の件で至急ご連絡をお願いします。』とお願いをして電話を切りました。

すると、5分ほどして・・・売主さんから電話がありました。

売主さん 『先日は、どうも・・・。 本日の契約の件で至急というのは、どういう事でしょうか? 契約金額2億でご了解いただけたという事でしょうか?』

 『なるほど・・・。 そういう事ですか・・・。 売り物件である事は分かってましたけど・・・、あははははw 私は8000万円と聞いております。 今日、契約ということで、すでに、そっちに向かってますよ。 私は、今日、社長に食べてもらおうと思い、Aさんに生菓子を持たせましたので、お早めに召し上がってくださいと言い忘れましてお電話をさせていただいたのですが・・・。』

売主さん 『はい? えっ・・・? 契約なんて聞いていません。 8000万というのは、手付金ですか? どういう事でしょう?』

 『私のほうは、社長様が、現況渡しで8000万円で土地を売ってくださると聞いておりますが・・・。 やっぱり、詐欺でしたか・・・。 Aは、今回の契約を8000万円だということにして、私から、手付金を800万円、騙し取ろうとしたわけです。 』

売主さん 『詐欺ですか・・・。 でも、私は、8000万円で、土地を売るなんてことは一言も言っておりません。 2億以下では売らないと伝えてあります。 手付金800万円を渡してしまったということですか? 仮にそうだとしても、土地は、8000万円では売りませんよ。』

私は、売主さんに、これまでの経緯を説明しました。

 『社長さん、全ての謎が解けましたので、8000万で、買えないことはよくわかりました。 なんとなく臭いと思って、手付金は渡しておりません。 交通費だけ渡しただけです。 手土産もですが・・・・w 契約書に印紙は貼っていません。 契約が流れるといけないので後で貼ろうと思いまして・・・w』

売主さんは、ようやく事情を把握したようで・・・・、詐欺師Aとの関係や、出会った経緯を話してくださりました。

売主と詐欺師Aは、政治の関係で知り合い・・・、同郷だというので名古屋の土地の件で相談をしたいう話だけで、友人でもなんでもありませんでした。

そして・・・、寸借詐欺師Aは、私から10万円と、手土産をだまし取ったのです。

でも、まあ、この詐欺師Aは、間抜けな寸借詐欺師です。

もう少し、賢い詐欺師なら、もう少し巧妙に仕込みをしたのでしょうが・・・、例えば、売主、買主、両者に、お互いの希望価格で、同日同時に契約の段取りをつけておくとか・・・。

つまり、10万円で、二度とこのあたりをウロウロできないというか、10万円でビクビクしながら生活しなくてはいけない立場になったわけです。



しかし・・・、世の中とは面白いものですね〜・・・、先日、この寸借詐欺に、偶然バッタリ再会してしまったのです。

飲んだ帰りに、変なものを食べたわけでもないのに、急激に腹が痛くなり、とんでもなく強烈な便意を感じまして・・・タクシーの運転手さんに、コンビニに寄ってもらったのですが・・・・。

私は、糞を漏らすギリギリで便所に間に合い、出すものを出して扉を開けた瞬間・・・詐欺師Aが、目の前に立っていたのです。

実は・・・最初誰だか分からなくて・・・どっかで見た事がある人だな〜と思ったのですが・・・詐欺師Aのほうが・・・、とんでもなく驚いた顔で・・・・『あっ、近藤社長・・・どうも・・・・・。』と、よそよそしく言ったので・・・あの時の詐欺事件を思い出しまして・・・・。

 『お久しぶりですw いいところで、会っちゃいましたね〜w ちょっと表に出ませんか?』

詐欺師A 『あっ・・・。 はい・・・。 その節は申し訳ございませんでした。 とりあえず、トイレだけ行かせてください。 』

彼は、突然の事すぎて、対応できなかったようで、完全に観念していました。

ということで・・・・長くなりそうなので・・・この話は、次回に続くという事で・・・。

本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします



人気ブログランキングへ


あっ・・・、そういえば・・・先日、琵琶湖に、今年初のマリンスポーツに行ってきました。

フライボード、ホバーボード、ジェットでツーリングもいいな〜なんて思いながらも・・・昨シーズンの終わり頃から始めた、ウェイクサーフィンをしました。

2016-05-28-12-34-51


うむ〜・・・・船の引き波に乗って、エンドレスサーフィンをしてみたいのだが・・・、まだ、波のポイントがわからない。

ボードに足を固定しないのですが、船に引っ張られてウェイクボードのように立ち・・・ロープを引き寄せながら、船の引き波のところまで自力で行きます。

で・・・波に乗れたかな〜っと思った瞬間にロープを捨てて手を離すのですが・・・波に、おいていかれてしまい、ドボン・・・・。

2016-05-28-12-31-06


うむ〜・・・、船(AR240)の左に500kgのウェイトを置いて船を傾けて、波は十分に出てると思うんだけど・・・、やはり腕の問題なのか・・・・。

昨年、サーファーのお兄ちゃんと来た時には、奴は、ウェイクボード式で立つ事ができなくて、波に乗れず・・・、俺は、ウェイクはできるから立って波のところに行けるのに、波に乗るポイントがわからない。

2016-05-28-12-32-06


ん〜〜〜・・・・。 サーフィンを覚えてからの方がいいのかな〜?

とりあえず・・・フライボードとホバーボードは、ちょっとだけにして、今シーズンは、ウェイクサーフィンを極めるか・・・・。

くそぉぉぉ〜〜〜  こんな事ができないのが悔しくてたまらない

だから面白いのかもしれませんが・・・・www


そんなわけで・・・、世間は狭いって話パート1と、今年初のマリンスポーツの話でした。

先ほどブログランキングをクリックしていない人は、下記のバナーのクリックをして投票をお願いいたします。

それでは・・・次回に続くということで、失礼いたします。




ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 02:09│Comments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 営業 経営 | 近藤利一 不動産コンサルタント

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 同業おそまつくん   2016年05月30日 09:57
近藤社長おはようございます。
貴社ますます御繁栄の事とお喜び申し上げます。

この業界にいるとある程度人を見分けられるようになります。
詐欺と知りながら千三つかもしれないと泳がせる気持ちが良くわかります。
キチキチカチカチの頭では成功できない業界です。
自分が同じ立場なら10万持たせて泳がせることができたのか同業考えると、途中で詰めてしまったでしょうね。
千三つ話が真実であれば仲介屋は気分を害して他所に持っていかれて終わり。
手付けと紹介料を取られる事はないにしても難しい選択です。
一般の人は怪しいと思った時点で取引しないと判断するのでしょうが我々はそんな事を言ってたらチャンスを逃します。
同業の不動産デベロッパーとしてお気持ちお察しいたします。

続きを楽しみにしております。
2. Posted by 千代田不動産ファン   2016年05月30日 12:33
その時に売主さんときちんと契約をして、
2億円で買っておけば良かったですね。

今なら、2倍になっていますね。
3. Posted by 千代田不動産ファンさんへ   2016年05月30日 14:49
オフ会参加者です。
記憶が定かではありませんが、大通りに面しているか面積が200坪以上の物なら別ですが、あの時代に丸の内3丁目の80坪の土地を坪200万で買う不動産屋はいなかった!
逆に8年後〜9年後、今の半値以下になっているかもしれないと予想している人はいないのではないでしょうか!
近藤さんの坪100万は叩きすぎだと思い思います(笑)

4. Posted by 5晴れ   2016年05月30日 18:03
悪いことはできんものですね、、バッタリ鉢合わせするとは、ホテルのロビーでの商談は100%詐欺か、地面氏の仕事でしょう、
同業者が800万円詐欺にあったときは、売主もなりすましでした。実に見事な演技でアカデミー賞ものだったとのことでした、世の中、うまい話なんてあるわけないと思いますが、、、、、
5. Posted by 千代田不動産ファン   2016年05月30日 21:13
オフ会参加者さん
丁寧なコメントをありがとうございます。

丸の内と言う地名ですが、
名古屋城の内側にあったわけでは無いようですね。

つまり、ブランドのプレミアムが付く土地ではない。
収益還元法で考えれば、大通りに面していなければ
当時は200万円で買う不動産がいなくても当然。
私のような素人でも分かります。

私が去年に契約した丸の内の新築の区分マンションは
桜通りから1区間入った駅から徒歩3分。
表面利回りが6%近かったので飛びつきました。

丸の内の不動産の投資で旨みがあったのは、
去年までだったような気がしています。
6. Posted by たかはし   2016年06月01日 01:33
詐欺師のブローカーが来くることが、一端の不動産屋になった証なのでしょうか。それとも、ちっぽけな不動産屋にも来るのでしょうか?
体力のないところは、一回引っ掛かっただけで飛びますね。
7. Posted by S不動産   2016年06月01日 02:16
本件とは関係ないですが、先日、一昔前ここらへんで不動産ブローカーをしていた金融系のHさんと偶然にもカラオケ喫茶で会ってしまいました。
白髪になり痩せこけていて昔の面影はなかったです。
近藤社長の事をあいつはすごいと褒めていましたよ。
昔の話でしょうが測量の立会中に口が過ぎてボコボコに殴られたと自慢していました(笑)
Hさんにあいつ呼ばわりされる筋合いはないでしょうが70近い爺さんなので許してやってください。


たかはしさんへ
最近はホテルのロビーでの商談が減りました。
怪しげなブローカーや伝書鳩して稼ぐアンコ不動産屋は見かけなくなりました。
同時に詐欺師も減りましたが、それは即ち不動産取引に魅力がなくなったということでもあります。
8. Posted by コンドウ   2016年06月01日 10:18
同業おそまつくんさん、数ある物件の中で、千三を感覚で百三つにして更に直感で十三つぐらいに持っていき、そこから購入をしていくのが私たちプロのやり方ですからね〜。
いい加減な情報は多々ある中・・・時に、半信半疑で行かなくてはいけない時もあります。
まあ、被害総額10万円と手土産でしたので、それぐらいは覚悟しないといけません・・・・やられましたけど・・・(笑)


千代田不動産ファンさん、買っておけばよかったですねw
でも、資金的に、物件を9年も寝かしておいたら2倍や3倍では、効率が悪いです。
9年で、2億を、純利15%〜20%で15回転ぐらいはさせたいところです。


千代田不動産ファンさんへさん、確かに、たたきすぎですね。
叩き過ぎた時の反応で、何となく臭いがわかるんですよ。
叩き過ぎても、いかにも買えそうだったら怪しいじゃないですかw


5晴れさん、そうですね〜。
うまい話はないですね。
ブローカー系の詐欺師なので、プロの詐欺師や地面師に比べると、相当雑でした。
でも、売主、買主、同時に騙されるような巧妙なやり方だったら、私も騙されていたかもしれませんw


9. Posted by コンドウ   2016年06月01日 10:32
たかはしさん、どうなんでしょうね〜。
昔は、詐欺なのか、いい加減なだけなのか、いろんな話がありましたけど・・・。
片棒を担がされるか、買主や売主として騙されるかの違いのような気がします。




S不動産さん、あははははw
Hさんですか・・・最近、静かにしていたのか噂もきいていませんでしたが、まだ生きてたんですね。
若い頃、あの人のいい加減な話には、よく振り回されました。
そして、その、私が、ぼこぼこに殴ったという話も嘘です。
Hさんが売買対象地をメジャーで計ったところ構図よりも長かったから、面積が多くなるから公簿売買のほうが得ですと、実測清算売買を公簿売買にしておいて、面積が5%も足りなかったあげくに、なめた事を言ったので、私がキレまくったら車の中に逃げ込んみ・・・私は、車をボコボコにしたのは事実ですが、殴ってはいません。
二十代の頃の遠い昔の話です。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2071) 海外送金、厳しすぎでしょう・・・(笑)2073) 世間は狭い・・・面白い再会w