2045) 一括決済のリスク回避(契約同時決済) 2047) 恐ろしい税理士さん!笑

2016年03月02日

2046)一括決済のリスク(後編)

後編ということで、まずは前回のあらすじ・・・。

坪単価30万円ほどする地域に広い土地と屋敷がありまして・・・、それを、ある不動産屋が、即金で坪10万円でいいので買ってほしいという話がありました。

しかし・・・、その取引の話は、相当胡散臭く、詐欺ではないかと思いながらも、取引を決行することになり、物件を知った日に調査を済ませ、翌日、午後1時に現金◯千万円を持って、司法書士を二人連れて、待ち合わせの喫茶店に行きました。


詳しくは前回のブログ 2045)決済のリスク回避(契約同時決済) 

前編を読まれていない方は、前編を読んでから後編をご覧ください。


それでは、前回の続きです。

実は、金曜日午後1時の取引には、私は、すでに大切な予定が入っており行くことができませんでした。

私の代わりに部長と担当社員に行ってもらったわけですが・・・、取引の一部始終の報告を受けているので、ブログに書かせていただきます。

部長は、前日に不動産業者の指定した、名古屋市内の喫茶店に、現金◯千万円を持参し、司法書士を2名連れて行ったわけですが・・・・。

BlogPaint


指定された喫茶店には、大勢のお客様がいたので、奥の目立たない席に陣取りました。

店内は、可愛い置物が展示してあり・・・ランチしながら、おしゃべりをしている主婦が多く、どう見ても、我々は浮いている感じでした。

そして、不動産業者と売主、弊社の部長と担当者、司法書士が揃い取引が始まりました。

何も注文しないわけにはいかないので、飲み物を注文しました。

弊社担当 『それでは、始めますか〜・・。本日はお忙しい中をお集まりいただきまして、誠にありがとうざいます。 弊社は、今後の取引の向上の為、本日の取引について録音をさせていただきますので、ご了承いただけますよう宜しくお願い致します。』

まずは、司法書士が必要書類を確認・・・売主と我々が書類に印鑑を押して、これで全ての書類は完璧に揃いました。

弊社の担当は、現金◯千万円をテーブルの上に置きました。


不動産業者 『それでは、代金を頂きまして・・・、はい、領収書です・・・。本日は、お取引いただきありがとうございました。』

弊社担当 『ちょっと待った・・・・。 もう少し、お付き合いいただきますよ。 今から、登記原因証明情報だけ持って、司法書士が登記に向かいます。 そこで、登記ができることを確認でき次第オンラインで申請をして、こちらに電話を入れてもらいますので、そこで、現金をお受け取りください。 こちらも残りの書類関係一式をいただき、もう一人の司法書士が法務局に走ります。』

不動産業者 『はっ??? それ、話が違いませんか? 売主さんは、そこまで時間がありません。』

弊社部長 『いえいえ。 代金と、所有権移転は、同時という事でお願いしてあります。 代表から、書類との交換ではなく、登記と同時だと聞いております。 つまり、一人の司法書士がオンライン登記に戻り申請だけする・・・、もう一人の司法書士は、ここに残り、書類を持って法務局に走り登記完了です。 我々は、弊社社長の言われた通り、昨日、打ち合わせをした通りに動いています。 それで、問題あるなら取引を中断しましょうか?』

不動産業者 『今更、取引中止にはできん。 確かに社長さんは、夕方の電話で、登記と金は同時だ、司法書士を2人連れて行くと言っていた・・・・何故2人なのか分からんかったがそういう事か・・・・。』

弊社担当 『我々は、弊社社長の言われた通り、昨日、打ち合わせをした通りに動いています。 本日、社長は来れませんが・・・・、ちょっとでも問題があれば、その場で取引をやめて帰って来いと言われてますので・・・・、まあ、だいたいが、最初から怪しい取引なんで・・・・w 心配しなくても、あと30分もすれば、金持って帰れるんで安心してください。』

不動産業者と、売主は、何やら二人でコソコソ話をしていたそうです。

書類関係、現金、領収書をテーブルの上に置き、もう一人の司法書士が登記識別情報を持って、事務所に走りました。

これは、もしも、ここで現金を持って帰らせて、当方が書類を持って帰ったとして、登記ができず金だけ持ち逃げされるといけないので、司法書士が登記の申請ができるまでの間、売主も買主も、テーブルの上の物を触れない状態にして置いておきます。

司法書士が登記をするまでの間のタイムラグをなくすためで、登記をしようとした際に、もしも、登記が出せる状況でなかったら取引は即刻中止、司法書士が登記ができる状況を確認したら、その場で登記申請をして、売主は現金を受け取り領収書と書類をっこちらに渡し、取引終了です。

司法書士が、事務所に戻り登記の申請を出すまでの間、喫茶店のテーブルの上には、書類と現金が◯千万円ドーンと置いてあるわけで・・・、ウエートレスのお姉さまの飲み物を出す手が、ビビって震えていたそうです。

こういう時、うちの部長は、腹が据わっているというか・・・・サンドウィッチを頼んで、皆さんで食べながら・・・先にオンライン登記に走った司法書士の連絡を待っていました。

残った司法書士さんは、終始無言で、お金と書類を見つめていたそうです。

皆さん、想像してみてください。

喫茶店のテーブルの上に、◯千万の現金が積まれていて、その上に書類が置いてあり・・・その周りに、サンドウィッチと飲み物が置いてあるのですwww


そして、司法書士から、部長の携帯に『申請OK』の連絡が入りました。

もう一人喫茶店に残っている司法書士は書類一式(建物滅失も含む)を受け取り、弊社は領収書を受け取り、売主は現金を受け取り・・・・そして、私は、社員から『取引、無事終了』の連絡があったので・・・・、解体業者に、物件侵入のGO合図を、ちよっぺんスタンプで送りました。

2015-08-01-11-55-52


突入の合図から3分後・・・突入・・・建物内部の確認・・・。

解体業者から、内部に人はいませんので封鎖しますとの連絡が入ってきました。


私は、解体業者のLINEに・・・・・・。

image


頑張ってください!のスタンプを送りました。

そして、私は、社員に電話をして・・・、『よしっ、こっちもOK、取引終了、金持って帰らせていいぞ。』

弊社と、売主は、不動産業者に仲介手数料を払い、領収書をもらい取引終了です。

胡散臭い取引でしたが、これで終了・・・・物件の即金買取ができました。 



そして、残されたリスクは・・・・・。

埋設物と測量の問題です。

本来であれば、建物解体、測量後の決済で、地中埋設物等の特約も入れ込むのですが、今回は、そもそも一括決済で測量している暇はないですし・・・、そんな特約を入れたところで、やってもらえる保証はないので現況渡しです。

昔からの古い家ですので、ゴミや産廃を埋めた可能性は限りなく低いですが・・・このような旧家の場合は、昔の家を解体した際の瓦や玉石等が埋まっている可能性があります。

測量は、杭を発見してありますし・・・・見たところ越境もないので問題なく終わると思います。

つまり、リスクは少ないと見ての、一括決済です。


しかし、未だに分からないのは、何故、そんなに金を急いでいたのか?

何故、コソコソとしているのか?

何か、急に大金を持って、長年住んだ家から離れなくてはいけない事情があるのか・・・・???

海外に大金を持って行きたいのか???

本当は、売主や、その家族が、ヤバいところから金でも借りているのか???

想像は、あれこれできますが・・・本当の理由は分かりません。

人には、それぞれいろんな事情があり、それによりいろんな行動をするわけですが、今回の取引は、危険な臭いがしていました。

通常の一括決済では、ここまで慎重にはならないのですが・・・、土日に〇千万の金をくれとか、売主が月曜日からしばらく海外に行くとか、買取の希望価格が安すぎたり・・・・慎重にならざるをえない取引でした。

とりあえず、無事に取引が終わりましたので・・・・良かったです。

そんなわけで・・・・一括決済のリスク(後編)を終わらせていただきます。



追記・・・。

取引終了後の夕方・・・、今回、物件を持ってきてくれた不動産業者から電話がありました。

不動産業者 『社長さん、この度は、本当にありがとうございました。 仲介手数料をいただき、本当に助かりました。 月末に、払わなくてはいけない金があったので、めちゃくちゃ助かりました。』

 『いえいえ。 こちらも、あれこれ疑ってかかるようなやり方をしてすみません。』

不動産業者 『いいんですよ〜・・・。 当然の事ですよ。 あははははははw 私も、金が間に合いましたから・・・・・・w 本当に本当にありがとうございました。 助かりましたw』

私は、ここで、ピンときた・・・・・。

金を急いでいたのは、売主ではなくて、この不動産屋だったのかも・・・。 

もちろん、これは推測ですが・・・・、不動産屋が、自分が、借金の返済とか、他の物件に手付を打つ金が欲しいため・・・・、もしくは、売主と仲良さげにしていたらしいので、売主から、この金を借りることになっていたのか・・・・、とにかく、金に急いでいたのは、売主ではなく、この不動産屋だと、ピンときてしまったのです。

この話を社員にしてみたところ・・・、担当社員も・・・『取引と物件に気を取られていましたが・・・・そう言われてみれば、売主は金に急いでいる感じじゃなかったですね。 不動産屋が、金、金、金って、金に相当急いでいる感じで、ガンガン来てましたね。』と言ってました。

この話・・・・、意外と危険な話ではなく、人の良い売主さんが不動産屋の言いなりで、やられちゃってただけなのかもしれませんね。

まあ、何にしても、想像、推測の世界なので・・・・真実は闇に包まれたままですから分かりませんし、取引が終わった今、わざわざその真実を暴いたところで、元に戻るわけでもないので、このままにしておきますが・・・・、何となく、絵図が見えた気がしました。

うむ〜・・・、金が月内に必要だったのは、仲介業者か・・・・だとすると、辻褄が合ってくる。私は、売主と物件に気を取られ、そこまで気が回らんかったわけで・・・、不動産取引は、奥が深いというか・・・、もう一歩深読みできなかった事が少し悔しいです。

まあ、結果オーライですが・・・・、100%の満足度の取引は、なかなか出来ないものですね〜・・・。


そんなわけで、本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票



人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください




toshikazy at 02:49│Comments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 近藤利一 不動産コンサルタント | 営業 経営

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 現実派   2016年03月02日 06:10
不動産取引は恐ろしいですね、二人の司法書士のうち、一人を法務局にはしらせ、登記完了を見定めてから、現金で決済、、、、私の仲間が、決済中に担保をつけられて、ひどいめにあったことがありました、おいしい話には毒が盛られていると、、、それにしてもキャッシュで数千万用意できる不動産屋はそんなにいないでしょう、、
無事に取引ができて、ほっとしました。
、宅建試験にはでてこない取引ですね。
きつさ店、ホテルのロビー、100%くさい取引だとおもいました。
人助けにはなりましたね。
2. Posted by 雅楽   2016年03月02日 07:36
おはようございます。

一件落着で、何よりでした。

私としては、いささか納得いかない部分もありましたが・・・・

今の私には、土地も預金もありませんが、幸せですよ。

3. Posted by 千代田不動産ファン   2016年03月02日 08:05
自分が宅建の問題作成者なら正誤問題で
「この取引は喫茶店で行われたので、
翌日にクーリングオフが出来る。」
なんて出したいです。(笑)

不動産の世界は、
チャンスとリスクが背中合わせですね。

素人はある程度距離を置くべきだと思ったしだいです。
4. Posted by Mr.Fanble   2016年03月02日 08:31
gdgdどころか、ある意味電撃戦でした…。
というお話でしたか。

それにつけても、売側の不動産屋よ…。
5. Posted by たかはし   2016年03月03日 01:41
こんばんわ。

人の行く裏に道あり花の山と申します。

果敢にリスクを取りにいった社長の勝利ですね。

こういう取引は、そうそうあるものじゃないですよね?
6. Posted by コンドウ   2016年03月03日 16:53
現実派さん、昔は、ホテルのロビーでの取引とかありましたw
意味の分からない、ブローカーさんがゾロゾロきて名刺を出してきたりして・・・。
最近は、喫茶店やホテルのロビーでの取引は珍しいので楽しかったですw



雅楽さん、怪しい話の一括決済は、慎重になります。
司法書士を2名使っての決済でしたが・・・・持ち運びのできるパソコンでオンライン登記はできないのですかね〜?
今頃になってそんな疑問が沸いてきました。



千代田不動産ファンさん、その問題は簡単すぎますw
そもそも業者売主ではないので、八種に該当しません。
でも、問題を作りたくはなりますね(笑)


FANBLEさん、まあ、結果としては、売主さんは、意外とちゃんとした方だったようで、不動産業者さんが・・・・。
まあ、用心に越したことはないので・・・結果オーライで良かったです。



たかはしさん、ありがとうございます。
勝利かどうかは、これが思い通りの価格で売れて、尚且つ、お客様に喜んでいただけないと、何ともいえません。
不動産取引は、最後の最後まで分からないので、ここからは、売主として、良い仕事をしようと思います。
7. Posted by あんさん   2016年03月03日 21:32
以前コメントした際は丁寧なお返事ありがとうございました(^^) 近藤社長のブログは具体的な内容かつ面白いので1から時間ある時に読ませて貰ってます☆ 大変勉強になるのでこれからも更新楽しみにしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2045) 一括決済のリスク回避(契約同時決済) 2047) 恐ろしい税理士さん!笑