1974) バブル地域の収益物件の融資 1976) ブログに書いたら訴えますよ!

2015年07月22日

1975) 手紙の大切さ(不動産業)

読者の皆様、こんにちは

皆さんは、百人一首の歌人たちの詩を読み感動したことはありませんか?

1000年〜500年の時を超えて、歌人たちの心が、しっかりと伝わってくる。

愛する人への思いを、月や川の流れに例えて表現する。

今の現代人に、これほどの詩が書けるのだろうか?


現代社会では、通信ツールが、携帯メール、LINE、パソコンメール等、自分が思ったことを、今すぐに、相手に伝えることができるわけですが・・・、平安時代や鎌倉時代は、そういうわけにもいかないので、通信手段が遅く少なくなってしまう分、千年の時を超えるくらいの感動的な文章を考えついたに違いないと、私は、そう考えています。

例えば・・・・。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あわむとぞ思ふ

川の瀬の流れが早く、岩にせき止められた急流がひとたび二つに分かれても、最後は、またひとつになる。同じように、たとえ今は恋しい貴方と別れても必ず貴方と結ばれたいと思っています。

川の流れを見て、こんなことを思ってしまうんですよ。

私だったら・・・、滝川を見たとして・・・、ここで小便したら海まで流れるんだよな〜くらいしか思わないわけじゃないですか・・・。

そういう意味では、100人の歌人たちの人に想いを伝える能力は凄いな〜と思うわけですが・・・。

現代は、和歌を歌う人も、そんなにいるけではございませんが、その代わりに、お手紙を書くわけでございますが・・・、最近は、手紙も減ってきましたね〜。

本日は、手紙の大切さについて書かせていただきます。

その前に・・・。

私も、歌人になってみようと・・・・。

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ブログランキング二位

ということで・・・、読者の皆さん、とりあえずブログランキングのバナーをポチッとクリックしていただけるとありがたいです


人気ブログランキングへ

読者の皆さん、かたじけない・・・


さて・・・そろそろ本題に入りますが・・・手紙の大切さということで・・・。

手紙と言えば・・・最近は、ほとんどが、ハガキによる印刷のものが多いが、稀にではあるが、直筆で、きちんとした礼状や、案内状をいただくことがあります。

そんな中でも、私は、直筆のお礼状をいただくことが多い。

特に多いのは、面談のお礼状と、初取引のお礼状です。

直筆でのお礼状をいただくと、礼節を弁えた、きちんとした方だな〜・・・、今後も良いお付き合いができそうwなんてことを思うわけです。

続いて、謝罪文も、直筆が多いですね〜。

取り急ぎ、謝罪文を書いて送ってくださってから、お詫びにいらっしゃるわけですが・・・・。

来た時には、わざわざ来なくてもって感じで許してしまうw

直筆による手紙というのは、とんでもない効果があるわけですが・・・・。

実は、私は、書いたことがありません。

パソコンで作成してしまいます。


もちろん、悪筆、菲才、といった詫びの言葉を添えて、パソコンで書き印刷していますが・・・、気持ちを込めて、一生懸命書くのですが、いまいち伝わってない気がします。

私の得意な、ミミズ文字で直筆で書くべきか・・・、パソコンで書いて印刷するべきか・・・。

まあ、ハガキの印刷よりはマシか〜って感じで、パソコンで書きます。

普段のお中元、お歳暮、お花のお礼状や、転勤、新任、案内状等の、お決まりのビジネス系のものは、ハガキのほうが効率が良く、それがいいかな〜って思いますが、やはり直筆でいただいたらハガキや電話で礼を伝えるのは失礼だと考えて、パソコンでもいいので、なるべく書くようにしていますが・・・、それでも、半分ぐらいかな〜・・・。

気持ちは人一倍あるのですが・・・、何せ、悪筆、菲才、乱筆なので・・・本当にごめんなさい。

考えてみれば、うちの両親は、筆ペンや、ボールペンを使い、直筆で手紙を書きます。

子供の頃、習字も習わせてくれたし、字の練習もさせてくれたし、鉛筆の持ちかた、筆の持ちかたも教えてくれましたが・・・、習字は体操服にシミをつけただけだし、字は下手だし、かろうじて鉛筆や筆の持ちかたぐらいは覚えましたが、正直、何も身になっていないわけで、今だったら必死に取得しようと思いますが、当時は、字を書くのが嫌でしかたなかったですからね〜・・・。

親は、馬鹿な子でも、字が上手ければ、少しは賢そうに見えると思ってチャンスをくれたのですが、残念です。

2015-07-06-13-15-03


子供の頃、努力しなかったので・・・、私も、ちよっぺんも、パソコン専門の馬鹿ですが・・・・。

実は・・・、このブログのコメンテーターのYSさんなんかは、下品な黒檀の社長机の上に、いつも下品な習字セットが置いてあって、硯で墨を擦り、筆で、しゅるしゅるしゅる〜〜〜って、達筆な字を書きます。

因みに、本当か嘘なのか知りませんが、YSさんの下品な習字セットは、何処かから拾ってきたようなゴテゴテの硯なんですけど、自称、数百万するらしく・・・、その自慢話を30回以上は聞かされましたが、まあ、あれだけ達筆な字を書ければ、それぐらいの習字道具を持っていてもいいのかもしれません。

江戸時代の武士じゃないので、あそこまではやりすぎだと思いますが、せめて、筆ペンでいいので、手紙を書けるようになりたいとは思います。

実は、このYS爺さんですが・・・、この技術を使い、これまでに、多くの地主さんから土地を売っていただくことに成功しています。

我々の業界では、地主様宛に売却のお願いをする手紙のことを、ラブレターと呼んでいますが・・・、YSさんが、硯で墨を作って、筆で売却のお願いをすると、けっこうな確率で売っていただけることが多いのです。

私は、突撃訪問営業か、地主さんの知人を探して紹介していただく等の営業しかできませんが、YSさんは、筆書きのラブレターで営業しちゃうわけで、地主様宛に、筆書きの文章を書き、自分の思いや、地域の発展について、歯が浮いて抜けてしまいそうな手紙を書いて、地主さんの気持ちを協力したいと変えてしまうわけで・・・、天は二物を与えずというのか・・・筆書きだけは、本当に素晴らしいです。

実は、埼玉の知人や、大阪の知人が、達筆な字で手紙を送ってくれていたのですが・・・とてもじゃないけど、恥ずかしくて自筆でなんて返事はできませんし・・・、先日も、どうしても思いを伝えたい人に手紙を出したのですが、パソコンで書きましたし・・・、カンボジアの投資の事で頂いたお手紙の返事もパソコン作成しての返事・・・思いが半減してしまうような気がします。

千年の時を超えて現代に残る歌人たちも、もしも、パソコン打ちをしていたら・・・もしくは、ミミズ文字しか書けなかったとしたら・・・、いくら素晴らしい詩でも、現代まで伝えることはできなかったことでしょう。

手紙は、言葉にできないことや、言葉では伝わらないことを、相手に送ることができ素晴らしいアイテムです。

現在、仕事に追われて、ブログを書くのと、英語を覚えるのでいっぱいいっぱいで・・・字を練習する暇はありません。

とりあえず、今は、パソコン打ちという手法でですが、一言一句に気持ちを込めて、お礼文、お詫び文、挨拶文等の手紙を書かせていただこうと思っています。


そんなわけで、本日は、手紙の大切さというテーマで書かせていただきました。

今日も、読者の皆様にブログランンキングの投票クリックをお願いして失礼いたします







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック


c-banner




読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 




toshikazy at 00:21│Comments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 千代田不動産  | 近藤利一 不動産コンサルタント

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハナハナ   2015年07月22日 01:19
小野小町と同じ気持ちなんだね(笑)

今日はPCと携帯でブログランキングのクリックをしたよ。
最近怠けてました。
ごめん
2. Posted by 千代田不動産ファン   2015年07月22日 07:39
「自己啓発で、訳の分からない事をやるより、先ずはペン習字を習え」と
家内にいつも言われています。(笑)
3. Posted by Y/S   2015年07月22日 20:58
俺の社長机や硯を馬鹿にしとるけど、近ちゃんの時計や船よりは価値があるんだけどな。
理由を教えたるわ。

机や椅子というのは重い物ほど馴染むし安定感があるんだわ。
元々、字は中国から渡ってきたものでな、古代中国で名のある者が使っていた硯と自分が使い慣れた筆は最高なんだわ。

書道というほどのものではないが、心を落ち着け相手を思い書に集中する。

字には人柄や気持ちが出るから、字を見れば人間性がわかる。
印刷されたお礼状や暑中見舞いを送る者、近ちゃんのようにパソコンで手紙を書く者が増えだが、相手の気持ちも人間性も伝わって来んわな。

近ちゃんも英語みたいなもんを勉強しとらんと字の練習をしたほうが役に立つんじゃないか?
冠婚葬祭の受付で会社の代表がミミズが這いずり回っとるような字を買い取ったら恥ずかしいぞ。
字の練習と精神修行を兼ねて写経を薦めたいわ。
ミミズが這いずり回っとる字を書く奴は集中力がないってことだで、あんたの集中力散漫が字にでとる。
集中力が散漫だから忘れ物ばかりしとるだろう。

真剣にやるなら俺が書道の道具を一式揃えたるから字の練習をするといいぞ。

4. Posted by たかし   2015年07月22日 22:28
 私も、私より字が汚い人にはなかなか出会ったことがありません・・・。
 ysさんのコメントが私にもグサリと突き刺さりました。
 あまり時間を取られずに字を上手くする方法が無いものですかね?
 
5. Posted by コンドウ   2015年07月23日 00:26
ハナハナくん、小野小町は、どうでもいいんだけど、おたくの家族は、全員1日1票ですので・・・(笑)


千代田不動産ファンさん、奥さまのいう事も一理ありますw
他にも、英語よりも書道と言ってる人もいますので・・・⬇︎(笑)


YSさん、その話は、30回以上聞きました。
本日もありがとうございます。
話が長い・・・・w


たかしさん、私も、字は上手くなりたいです。
そしたら、自筆で手紙を書きたいですね。
でも、私の場合は、まずは英語習得が先ですが・・・。
中国語を習うときに、ついでに字も練習できそうな気がします。





6. Posted by 文々   2015年07月23日 07:40
5 あー、確かに手紙は素晴らしいですよね!
新入社員の時は(笑)けっこうお礼状を手書きで書いていました!

昔文通もしてましたけど、今は全くそんな風習なくなってきてますよねー。。。
7. Posted by コンドウ   2015年07月23日 09:43
文々さん、私は返事は出しますが、こちらから出すことは少ないです。
しかも、パソコンや印刷です。
字が上手かったら、直筆で書きたいですが・・・。
字は、練習ではなく、センスのような気がします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1974) バブル地域の収益物件の融資 1976) ブログに書いたら訴えますよ!