1893) カンボジアで原点に返る(人と人の繋がり)1895) 不動産贈与配偶者控除と韓国で学んだ事

2014年12月26日

1894) 釜山に来てます。

皆さん、こんにちは

千代田不動産の近藤でございます。

クリスマスも過ぎて今年も残すところ1週間となりましたが、いかがお過ごしですか?

と・・・今年一年を振り返りたい気分ですが・・・ブログランキングがヤバい事になりました。

2位と10P差です・・・・、読者の皆さん、ブログランキングのバナーをクリックしてください


人気ブログランキングへ

ありがとうございます


さて、今日のブログなんですが・・・・実は・・・・。

私は、カンボジアから21日に帰国して、予定していた、決済、契約、打ち合わせを済ませて、本日より、韓国の釜山に来ています。


2014-12-25-22-33-38


12月の初めごろにもカンボジアに行ったのて、考えてみると今年の年末は半分以上を海外で過ごしたわけで、社員たちに迷惑をかけてしまいました。

私が不在で迷惑をかけたというのに、業績も例年以上に頑張ってくれた社員たちへのご褒美ということで、おこずかい付きの釜山旅行をプレゼントです。

そんなわけで、アンニョンハセヨ〜*\(^o^)/*

と・・・、元気よくブログを書きたいところですが、まだ、カンボジアの疲れが取れていないということと、釜山に来る前にちょっと嫌なことがあり、何となく気が重いです。

実は、某住宅メーカーさんの営業マンから私宛に電話がありまして、土地取引の件でクレームがありました。

クレームというのは、土地取引をした際の重要事項説明に記載してある事項に漏れがあるということで、営業マンでは話にならないので、社長から電話がほしいということでした。

私は、どんな漏れがあったのかと思い営業マンの携帯に電話をしたところ、お客様が買われた土地の地域の自治会の当番が8年後に回って来るということが記載してないとクレームがあったということと、向いの家が犬を飼っていることを知らなかったというクレームがあり、怒っているのです(笑)

アホか?と言いたいところではあったのですが、上席も役員も知っている住宅メーカーでしたので・・・。

私は、丁重に・・・。


『そうなんですか。それは、それは、御愁傷様でした。 ただね、申し訳ないゆですけど、重要事項説明書には、お客様が買われるとちの自治会の当番まで書かなくてはいけないということにはなっていないんですよ。もちろん、向かいの家の、犬猫〜ミドリガメまで書くことにはなっていないんですよ。すみませんな〜。』

住宅メーカー営業 『法律の問題ではなく不親切だと言っているのです。 普通、調べて書くでしょう。』

『普通は書きません。 物件に関する説明やライフラインのことや、法律規制、条例など、他には、排水や修繕の積立金があるような場合は書きますが、自治会の当番の順番や、役の詳細までは書きません。』

住宅メーカー営業 『不親切だな〜。』

『不親切ですか? じゃあお聞きしますが、おたく、建てるだけじゃなくて分譲もやってますよね? そういう時の重要事項説明に、自治会の当番が何年後にくるという説明をしていますか? 向かいの家のペットのことまで書いてますか?』

住宅メーカー営業マン 『いいえ。当社は、ハウスメーカーですので自社の物を売るだけで仲介業務はしていませんので書いていません。』

『へぇ〜 仲介はやってないのは知ってるけど、建築条件付きの宅地分譲や 建売をやっるよね〜? もしかして、重要事項説明をしないで売っているということなの?』

住宅メーカー営業マン 『当社は、不動産会社ではないので、そこまでの説明はしません。 でも、御社は、不動産業者ですから、お客様からクレームが来るような取引をしてはいけないでしょう? 私と一緒にお客様のところに謝りに行ってもらえませんか?』

『嫌だ・・・。』

住宅メーカー営業マン 『何故ですか? お客様は、自治会の当番の話と向かいの家の犬の話を聞いていないと怒っているんですよ。会社の代表は社長さんの名前なんですから、謝りにきてください。』

『お前アホか(笑) 悪いことも間違ったこともしてないのに謝る理由がないだろう(笑) それに、そもそも、うちの担当営業を飛ばして俺に直接電話をしてきて、どういうつもりなの? うちの営業マンに、お前の会社の社長のところに電話をさせて、おたくの会社の従業員は頭が変だから、謝りに来いって言ったろか?(笑)』

住宅メーカー営業マン 『別に構いませんけど、おそらく、社長さんが電話をしても、うちの社長には、電話も取り次いでもらえませんよ。社員の私でも、年に一度も顔を見ないぐらいですので・・・・。』

 『そうですか〜w 大会社ですからね〜・・・・。 ところで、おたくって、最近、こちらのほうの展示場に転勤されてきたんですよね? 今回の件を、一度、上席の方に相談してみてください。 どちらが、常識からズレているのか、上席の方に相談してみてください。 名古屋支社長か、営業畑の部長さん連中なんかは、経験が豊富でしょうから・・・聞いてみたらどうでしょう。』

住宅メーカー営業マン 『構いませんけど、私が、今回の件を報告して事が大きくなると御社は困りませんか? それよりも、お客様にお詫びをしていただいて、事を丸く治めたほうが得策かと思いますが・・・・下手をすると取引停止になりますよ。』

 『全然、困りませんよ・・・・、万が一、御社が取引停止だと言われても、全然構いません。 間違った事はしていませんし・・・・それに、理不尽な事で取引停止であれば、当社の三拠点にも御社とは取引停止と社員たちに通達を出します。 つまり弊社の宅地分譲セントフィールドはもとより、弊社が専任の土地は、御社が関係したら・・・御社の建物を建てたいとか検討していると聞いた瞬間に、お断りして帰っていただきますね。』

住宅メーカー営業マン 『御社は、手広くやっていらっしゃる不動産業者さんなんですか? うちとは取引をしたことがあるんですか?』

 『ええ・・・。 今回の取引の場所から想定すると、おたくは、◯◯展示場の子でしょ? 俺が若い頃は、支社の部長の◯◯さんが所長をやってましたね〜w その時の◯◯部長は、常務になって、今は、魚釣りばかりしているでしょw  取引については、蟹江とは、年間4〜5件はいっしょにやってますし・・・うちの宅地分譲を買っていただいた事もあるし、おたくの社員研修の講師もしたことがありますが・・・。』

ここから、住宅メーカーの営業の態度が540度変わった・・・・・。

この先の変わりようは、書いても面白くないし、めんどくさいので書きませんが・・・・靴で人の頭を踏みつけるような態度から・・・、靴を舐めて磨くぐらいの態度にチェンジ・・・・。

 『うむ〜・・・きみ、宅建持ってないでしょう? まあ、持ってなくてもいいんだけど、知ったかぶりして、未熟な経験で話をしないほうがいいよ。 とにかく、おたくの会社の宅建持ってる人や、上司に聞いてみなよ。 それから、また電話ください。 お互いの会社の大小、これまでの御社の付き合いに関係なく、当社が悪ければ頭を下げるし、当社が悪くなければ・・・お前が上席連れて、謝りにこなきゃいけないし・・・・とにかく確認してみてよ・・・・。』

住宅メーカー営業マン 『確認するまでのことではありません。 全ては私の無知から出た言葉でございます。 本当に申し訳ございません。 だいたい、客も客なんですよ・・・現金客なんですけど、女だけの家族で、あれこれ煩くて、ちょっと頭がおかしいんですよ。 向かいの犬の事が調べてないって、犬は、小さな室内犬ですし・・・以下省略・・・。』

 『お客さんは、説明が不十分と思い込んで怒っているんだから、きちんと対応すべきことであって、素人相手に、頭が変と言って片付けるのはどうかと思うけどな〜・・・・。 どんな方だとしても、数千万の買い物をしてくれてるお客様なんだから、きちんと納得してもらえるまで説明をすべきなんじゃないの? どうせ、不動産屋が悪いとか言って逃げたんだろ???』

住宅メーカー営業マン 『・・・・・。 悪いとは言ってませんが、もう少し詳しく調査をするべきだとは、言ってしまいました。 宅建持ってませんし無知の極みでございまして・・・すみません。』  

 『うむ〜・・・・。 困ったな〜・・・。 実は、今日から社員たちを連れて釜山に旅行に行くから年明けになってしまうけど、その件について、うちの営業に説明に行かせようか???』

住宅メーカー営業マン 『そうして頂けるのであれば、ありがたいです・・・・。』

私は、この電話を切った後・・・・、一応、某メーカーの社長に電話を入れた・・・・

どういう教育をされているのですか?と言いたいところではあったのですが・・・そんな事を言っても何の特にもなりません。

私 『社長、ご無沙汰しております。・・・中略・・・・、御社の◯◯展示場の◯◯くんという営業さんにお世話になったのですが、個性はありますが素晴らしい営業さんですね〜。 社長、ひとつお願いがあるのですが、私が、◯◯くんの事を絶賛していた事をお伝えいただけないでしょうか? 社長から言うのがまずいようであれば、名古屋支店長経由でも構いませんので・・・宜しくお願います。』

私が、あれこれ言うと、某社の社長の気分も害するし、営業マンさんも気の毒ですし・・・、とりあえず某社社長と私が、電話で話せる関係であることを何となく伝えるのがいいのかな〜なんてことで・・・・w

丸く治めるには、これが一番かな〜・・・、それで、今回の件は、年明けにでも、お客様と営業マンさんの間に入り解決をしてあげるのが得策かな〜と・・・・・。


そんなわけで・・・年明けの宿題を残して、釜山へ飛んだのでした。

来年、年明け早々、クレーム処理・・・・何となく気が重いのですが・・・・・。

とりあえず・・・・夕方、釜山に到着して・・・皆で焼肉を食べに行きました。

2014-12-25-20-09-18


その後、男の子たちの大半は飲みに行き・・・女の子たちは、エステ、マッサージ等に行き・・・、私は、89歳の親父と、25歳の社員を連れてカジノに行きました。

普段だと、バカラをやるのですが、今回は、親父と社員がいたので、数万円だけチップに変えて、軽くルーレットをやったのですが・・・・。

親父がバカツキでして・・・・流石、第二次世界大戦の特攻隊の生き残り・・・運が半端じゃないです。

親父 『利一・・・俺の生まれ年の大正15年の15と、俺の誕生日・・・、5月8日だから、5と8に賭けろ・・・。 それから、零戦の0だ・・・。』

そんなわけで・・・親父のチップを、ずっと、0、5、8、15にチップを置き続け・・・、私のチップは、1、7、11、17、29も置き続けて・・・・。

入る、入る・・・また入る・・・・。

3万円ずつチェンジして・・・親父は、あっという間に、200万ウォンに・・・、私は、50万ウォンに・・・・、そして、親父は、最後に・・・。


俺は、昔、赤とんぼという飛行機にも乗っていたから、最後は、赤だ・・・・。

チップを、ごっそり赤に・・・・大勝負・・・・。

最後の目は、赤にコロンと入り・・・・流石に特攻の生き残りの89歳の直感は凄い・・・。


親父は、生まれて初めて、カジノに行ったくせに・・・大勝利・・・。

私は、最終的に、プラス2万5千円のみ・・・・社員は、負け・・・・。

親父はご機嫌で・・・ロッテの裏の屋台へ・・・・。

2014-12-25-21-45-02


焼酎を一本・・・、銀杏、赤貝、卵焼き、豚の軟骨焼きを、ぺろりと完食・・・。

ごちそうさまでした・・・・w


親父は、今日儲けたお金で・・・明日、国際市場に行って、革ジャンを買うと張り切っていましたw

親が、元気というのは、ありがたい事です。


釜山に来る前に、ちょっと嫌な事があり、気が重かったのですが・・・元気になりました。

そして、この話には、続きがあります・・・・。

親父とお袋が寝静まってから・・・こっそり、再度カジノへ・・・・。

また、3万円をチップに変えて・・・親父が賭けていた数字と自分の好きな数字にチップを置いて、1時間ほど遊んでみました・・・140万ウォンになりましたwww

そんなわけで・・・今年の親孝行旅行・・・釜山での話でした。


本日も、読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。





いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 東北人   2014年12月26日 09:56
営業マンも営業マンですが買った不動産にそんなクレーム入れるお客さん本当にいるんですか?
2. Posted by 黒柴「お千」   2014年12月26日 12:46
ふふっ。
カジノは別だけど、私のご主人様と同じだぁ…。
3. Posted by ケンジ   2014年12月27日 14:51
こんなことで振り回される

近藤さんがかわいそうです。

あと、メーカー営業が馬鹿すぎて

笑ってしまいました。

4. Posted by はっしー   2014年12月27日 15:28
こういうのを読んでいると、今年宅建取れて良かったなあと思いました(笑)

このメーカー営業マンは、余りに不誠実、お客さんが可哀想です。
でも、何でこんなの、ケツ拭きしなきゃ行けないんですか? 素朴に思いました。
5. Posted by Mr.Fanble   2014年12月27日 17:19
コンドウさん、このスペシャル戯けの今後が楽しみなのは私だけでしょうか?
その後、姿を(規制)は避けて貰いたいところですが…。

あと…電話の方が良さげな気が…。
とはいえ、三が日を過ぎてからにしようかなと…。
6. Posted by コンドウ   2014年12月29日 02:43
東北人さん、ここまでのクレームは、あまり聞いた事がないですけど、あるみたいですね(笑)
でも、私が思うには・・・、ここまでお客さんが言うには、何か、この営業マンに問題があるようにも思えます。


黒柴「お千」さん、何が同じなのかは、分かりませんが、ふふっと笑があるので、良いことなのかな〜と・・・・w


ケンジさん、ここまでのアホはなかなか珍しいですけど、大手の営業マンさんって、いろいろ勘違いをしている人が稀にいます。
土地と建物があって家ができるわけなんで、お客様の良い家造りのために協力をしたほうがいいと思うのですが、都合が悪い事は何でも不動産業者のせいにする人がいます。
困ったものです。


はっしーさん、お久しぶりです。
宅建合格されたんですね、おめでとうございます。
この営業マンは、もうどうでもいいので・・・・、とにかく良かったです・・・本当に良かったですねwww


FANBLEさん、この子の将来ですか・・・、楽しみといえば楽しみですけど・・・どうでもいいと言えばどうでもいいです(笑)
まあ、あまり関わりたくはないですけどねw

お電話は、いつでもいいですけど、30日から関西のほうに行きます。
今年、パーティーに来てくれた深谷くんがグランプリに出るので応援です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
1893) カンボジアで原点に返る(人と人の繋がり)1895) 不動産贈与配偶者控除と韓国で学んだ事