1881)感謝 セントフィールド津島SE1883) 急遽カンボジア・・・。プノンペン▶︎シアヌーク

2014年11月26日

1882) 人の死と借金について

不動産業界で仕事をしていると、人の死というものに深く関わることが多い。

こう書きだすと・・・、平成27年からの相続税の事を書くのかな〜と思う読者も多いと思うが、相続税が高くなるなんて話は、他のサイトにいくらでも書いてあることなので、今日は、ちょっと違う観点で人の死と借金についての話を書かせていただくことにします。


まず、その前に、当たり前の事を書きますが、人は必ず死にます。

私も、貴方も・・・・早いか遅いか分かりませんが、いつか必ず死にます。

私は、知人が亡くなった時に・・・・、この人は、死ぬ間際に、生涯を振り返り何を思いながら死んだのだろうか?と考えます。

本人以外誰にも分からない事ですが、私は、良い人生だったと思いながら死にたいですし、おそらく誰もがそう思っているのではないでしょうか?

そして、私は、手を合わせながら、今までありがとうございました。 長い人生、お疲れ様でしたと・・・手を合わせます。

めちゃくちゃ仲が悪かった人でも、大嫌いな人でも・・・死んだら無ですから、生前がどうであろうが、お疲れ様でしたです。


うまく説明出来ないが、人の死は絶対的なものであって、人が死んだ時に、家族、親戚、友人、知人等・・・残った者が、亡くなった方へのお別れをする儀式が、葬式、もしくは告別式であり、その際に、感謝、悲しみ等、手を合わせていろんな気持ちを伝えるのが常識であるはずなのだが・・・・・。

世の中には、ありえない浅ましい奴や、そいつ自体が生きていることが恥ずかしいぐらいの奴がいます。

特に、最近、そんな経営者が増えた気がするんですけど・・・。

今年の夏に、経営者の集まり等でお世話になった方がYさんという方がお亡くなりになりました。
Y社長とは、別の経営者のA社長という方の紹介で知り合い、経営者の会での旅行やゴルフ等で顔を合わせた程度の付き合いで、そんなときに、何度か不動産の相談にのった程度の付き合いだったのですが、旅行やゴルフに行くと、場を盛り上げようとして騒ぐ人だったので、何となく好きで、亡くなられたと聞いた時には葬儀に行き手を合わせました。

その際に、葬儀の会場で合ったAという経営者が、私に近づいて・・・・。

A社長 『おうっ、近ちゃん・・・久しぶりだな〜w  俺さ〜・・・この間の旅行の時に、初日からカジノでやられちゃってさ〜・・・、あいつに100万円借りたんだけどよ〜。 あいつ死んでまったで100万円儲かったがや〜w 俺は、ラッキーな男だw 普通は、先に死んだもん勝ちで、俺が香典を損して終わるんだけど、あいつに関しては、100万借りてたから、香典と花を引いても98万円儲かったw』

 『Aさん、今、そんな話をしなくても・・・・。 葬儀の最中じゃないですか・・・。 廻りに聞こえますよ・・・・。』

この時に・・・・・、A社長は、従業員を100人以上使って商いをしている社長のくせに最低の人間だな〜と思いながらも、私よりも年上の経営者であったということと、葬儀の最中だったこともあり、不謹慎ですよ〜ぐらいの感じで終わったのですが・・・・・。

先日、A社長から、電話がかかってきまして・・・・・。

A社長 『この間のY社長の葬儀は、お疲れさんでした。 近ちゃんにお願いがあって電話したんだが、俺、前の旅行でY社長から100万円借りただろ? あれ、返さずに済んだと思ってたら、Y社長が俺に100万円を貸したことを手帳に書き記していたみたいで、奥さんから電話がかかってきて、100万円のことを聞かれたんだわ・・・・。 』

 『ほぉ〜w 悪い事はできませんねw ご遺族に返してあげたら喜ばれますよ。 まあ、Y社長のご家族ですから、そこまでの価値は感じないかもしれませんが、ちゃんと返せて良かったじゃないですか・・・w』

A社長 『それがな・・・話を最後まで聞け! 俺は、Y社長の奥さんに、帰りに空港で清算した。 返した時に千代田の近藤さんもいたと言っておいたから、もし、聞かれたら、俺がY社長に金を返したと説明してやってくれよ。』

 『それはできませんよ〜・・・。 ねこばばの手伝いはできません。』

A社長 『そんなこと言うなよ〜。 口止め料で10万円やるから、口裏合わせしてくれよ。 多分、わざわざ近ちゃんとこに電話してくることはないと思うけど・・・・電話があったら、返していたと言ってくれよ。』

 『A社長・・・借りた金なんですから、本人は死んでも相続人に返しましょうよ。 Yさんの奥さんに聞かれたら、本当の話しをしますからね。 俺、ねこばばの手伝いするの嫌ですから・・・・・。』

A社長 『ねこばばとか言うな。 返そうと思っていたらYが死んだんだから、あいつは不運で、俺がラッキーだっただけだ、それに、返したと言ってしまったからには返したで通さないと格好つかんだろうw まあ、Yの奥さんから近ちゃんとこに電話があることはないだろう。』

本当に最低の奴でしょ・・・・ありえんです。

それが、世の中そんなに甘くない・・・・。

これが、亡くなられたY社長の奥さんから電話がかかってきたのです。


Yさんの奥様は、丁重に葬儀のお礼と生前のお礼を言われた後に、Y社長が生前残した手帳に書き記した内容を説明してくれました。

手帳には、A社長がカジノに負けたから100万円を貸した事が、時間と場所付きで書いてあったらしいです。

そして、奥様が言うには、Y社長は、お金を貸したり、約束をした場合は、必ず手帳に書いて、お金の返済や、約束の実行がされると、二本線で消すのが癖だったらしく、奥様としては、この100万円は、帰って来ていないと思っているようでした。

私は、Y社長の奥様に、聞かれて、迷いに迷いながらも・・・・・・。

 『私の記憶では、A社長は、Y社長に100万円を返していないと思います。 ただ、だからといって A社長は、ネコババしようとしたのではなく、勘違いをなさっているだけだと思いますよ。 とにかく、私は、返済している場面を見たわけではないですが、でも、お二人の事なので、返したのか返していないのかは、いまいちよくわかりません。』

本当は、A社長の最低な行いを暴露したかったのですが、まあ、当たり触りなく、大人の対応をしたつもりだったのですが・・・・・。

奥様との電話を切ってから、A社長から激怒モードで電話があり、私は、怒られまくりました。


A社長が私に発した言葉は、『お前、この間電話で、返したって言えって言っただろう・・・、裏切り者・・・人として信用できん・・・・。』

私から言わせていただいた言葉は、『悪い頭でよく考えろ・・・、お前が裏切り者で一番信用できん、ネコババ野郎なんじゃね〜かw』

少々、口論になったが、A社長は反省の色なし・・・。

事を大きくされると嫌だから、最終的には引いたのだが・・・、結局、このA社長は、Y社長の奥さんには、生前に返したと言い切ったらしい・・・。

A社長浅ましい・・・。

恐らく、A社長の好きな言葉は、死人に口無しなんだろうな〜。


従業員100人以上の会社の代表取締役とは思えません。

亡くなられたY社長に対して金を踏み倒し、その奥様に嘘までついて・・・。

この件は、ここまでとしておくが、全体的に、義理人情、人間美学がない経営者が増えた気がします。

表面的なものだけで、中身がない・・・、真の優しさ、男気を持った人がどんどん減っているように思います。

これは、隣地トラブルや、相続にも言える事で、隣地トラブルで言えば、お互い様ができなくなり、相続で言えば親兄弟に嘘をついたり、泣かしてまで自分の取り分を増やそうとする人が、本当に増えました。

これからの日本は、どうなってしまうんでしょう?


さて、この話は、ここまでにして・・・・緊急事態です。

2014-11-25-22-49-07


カンボジアで法人手続きの一切を任せている、Cくんから、電話が・・・・・。

Cくん 『シャチョー・・・、大至急、カンボジアに来てください。』

 『来月行くじゃん・・・。先週、コンテナ送ったけど、まだ着かないでしょ?』

Cくん 『それまでに、やることをやっておかないと、いけなくなったんです。 直に来て、会社の前で看板といっしょに写真を撮って、プノンペンの税務署に言って、指の指紋を登録しなくてはいけないのです。 ペナルティーくるし・・・これからのカンボジアは、きちんとした会社を作って、いろんなライセンスを取っておかないといけないのです。』

 『でも、急に言われても・・・・。まあ、仕方ないか・・・・。明日、行くわ・・・。』

2014-11-25-10-15-19


ということで、航空券を、特別なルートで手配して・・・、一週間分の24件のアポイントを代役立てるか、延期して・・・・・・。

2014-11-25-15-01-57


翌朝・・・、つまり、今日・・・・ベトナム経由でプノンペンに入りました。


流石に、翌日の航空券を取って海外に飛んだのは初めてです。

早速、プノンペン市内の日本クオリティーの焼き肉屋に駆け込み、打ち合せをしました。

2014-11-25-22-00-06


明日は、朝の5時に起きて、片道5時間、往復10時間・・・・プノンペンとシアヌークを往復してきます。

今日は、丸一日、飛行機に乗っていて、明日は、丸一日車で移動・・・日本で社長業をしているよりも、ちょっとハードです。

そんなわけで・・・土曜日まで、カンボジアにいます。


本日も読者の皆様にブログランキングの投票クリックをお願いして失礼致します。






いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Mr.Fanble   2014年11月26日 07:52
A社長の因果が本人に返ってくるならまだいいのでしょうが、文字通り、「親の因果が子に報い」となりそうな雰囲気がぷんぷんしておりますな。
代償はどういう形であれ、必ず支払わされるモノなのに…。
尤も、当人に因果応報がなく、また、当人が死んだ後の事など知るかな人なら、是非もありません。
2. Posted by 千代田不動産ファン   2014年11月26日 13:14
人間だから、A社長の気持ちも分からない事は無い。
借用書も交わさずにお金を借りれたのだから。

但し、それは自分が墓場まで持って行くもので
他人に言ったらアウトですよね。
罪悪感があるから近藤さんを巻き込む。
卑劣だと思いますよ。

ガンボジアの出張はお気を付け下さい。
因みに、翌日出発の航空券って驚くほど
高かったのではありませんか?
3. Posted by ニコチャン大魔王   2014年11月26日 14:54
正直、ありえないですね。

浅ましい性根が腐った奴なんでしょう。

私が遺族の立場ならぶん殴ってます。

借りたものは返すそれすらも出来ない未熟な人間なんでしょう。
4. Posted by ふとした疑問…   2014年11月26日 16:15
死亡で思ったのですが、不動産を購入するときに買主が死亡したらどうなるんでしょうか?
死亡したタイミングで解約できたりできなかったりあるのでしょうか?
5. Posted by ポンコツ経営者   2014年11月26日 22:31
本当に経営者以前に人として失格ですよね。近藤社長がおっしゃっているように、自己都合の解釈しかできない経営者の人が多くなっていますよね。目先の利益しか考えず、 まして人から借りたお金すら返せない経営者が堂々と逆切れしているなんて許せません。因果応報という言葉がありますが、こういう輩もしくは鬼畜系の経営者は昔テレビで人気があったハングマンに報復され、世間的な名声も失うべきではないかと思います。
6. Posted by コンドウ   2014年11月27日 03:47
fanbleさん、この代償を払うことがあるといいのですが・・・。
確かに、社員たちにも、関連会社の人たちにも、飲み屋さんのお姐さんたちまで幅広く嫌われていますが、本人は、以外と気付いてなくて、周りも気付かないようにしているので・・・。
今回も、返したと押し切り・・・奥様に、疑っているなら、もう一度返しましょうか?なんて台詞を吐いているらしいです。
まあ、あの世で閻魔様と清算ですかね〜w


千代田不動産ファンさん、経営者同士が旅行に行くと数十万〜100万円程度であれば、普通に借用書なしで貸し借りしますよ。
私も、貸した事も借りた事もあります。
でも、残念なことに、A社長には罪の意識はなく、私の対応に激怒したぐらいで・・・とにかく浅ましいです。
カンボジアは、体力的にはハードですが、順調ですw
ありがとうございます。


ニコちゃん大魔王さん、これがなかなか頭がきれるというか、ずる賢いのです。
奥さんに、疑ってるなら、もう一度返しましょうか?なんて言ったらしく、奥様としては、それ以上言えなくなったそうです。
まあ、証拠はないですし・・・たとえ私が、はっきり証言をしても、あれこれ言って、逃げるんでしょうね。
この100万円を、得と思うところが浅ましいです。
本当は、100万円で、人間的に大損してるんですけどねw


7. Posted by コンドウ   2014年11月27日 04:03
ふとした疑問…さん、質問の答えは、基本的に解約出来ます。
以前、あるセミナーで、不動産業者で同じ質問をされた方がいました・・・、お客さんが分譲住宅の契約をした後に亡くなったのですが、その不動産は解約できるのですか?と質問をしました。
その講師は、被相続人の意思表示は、相続人に引き継がれるので、債務を履行しなければいけない。
但し、相続放棄をすれば・・・・なんていう、頭が悪すぎる回答をした講師がいました。

私は、解約だけなら、違約金を払って解約すればいいんじゃない?と、突っ込みをいれたところ、それは質問の主旨から外れていると答えた。
そして、分譲住宅の場合、基本的に融資特約があるので、死人は融資を受けられないので無条件解約もできるんじゃないかな〜と突っ込んだら、そういう話じゃないでしょう!と怒られてしましましたw
質問者は、確かに分譲住宅と言っていたんですけどねw
つまり、契約締結後であろうが、基本、解約はできます。



ぽんこつ経営者さん、ハングマン・・・・w
懐かしさのあまり爆笑してしましました。
必殺仕事人でもいいですね。
できれば、かんざしではなく、三味線でやってほしいですw
しかし、同じ経営者として、情けなかったです。
8. Posted by 千代田不動産ファン   2014年11月27日 12:49
そうなんですか?

少し話しはズレますが、
私の会社では、前渡金は5万円まで。
経費の管理は特に厳しいです。

設備投資額とか開発費用に比べたら
経費なんて何百分の一ですが、
会社のお偉さんは職場の風土を測定する指数として
経費を厳格にウオッチをしているようです。

これだけ、しっかりした仕組みが有りながら
中間管理職がハズレなら
部下の長い会社生活も無茶苦茶にされる。
組織の怖さを味わいました。
9. Posted by 千代田不動産ファン   2014年11月27日 13:08
カンボジア出張の件、
ブログを楽しみにしています。
10. Posted by コンドウ   2014年11月28日 05:02
千代田不動産ファンさん、さすがに大手はきちんとしていますね。
大手の部長や役員に友達がいますが、彼らは、それなりに使っていますけどね。
自動車関係は、リーマン後あたりから急に接待交際費を使わなくなりましたけど・・・・。
それにしても、会社組織は、大手も中小も上司を選べないので辛いですよね。
A社長のところなんかは、社員全員可哀想です。
聞き話によると、社員に因縁付けて給料を下げる事しか考えていないようです。



カンボジアの件は、アップしたいのですが、スケジュールが目一杯で、なかなか更新出来ていません。
すみません。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1881)感謝 セントフィールド津島SE1883) 急遽カンボジア・・・。プノンペン▶︎シアヌーク