1875) 爺さん不動産屋さんたちに感謝w1877) 兄嫁親子と義弟の仁義なき戦い!(後編)

2014年11月13日

1876) 兄嫁親子と義弟の仁義なき戦い!

世の中には、醜い争いがある。

愛情のもつれ・・・・、金銭トラブル・・・・。

今日のブログは、兄嫁と義弟の仁義なき戦い!について書かせていただきます。


この話は、私の友人の話なのだが・・・・・、もう、5〜6年経ったから、そろそろ書いてもいい頃だろう。

今日の素人さんの為の不動産学校は、シリアスモードで行きます。



本題に入る前に・・・・・・。

先日、上海蟹のスープをブログに載せたところ、ある常連の読者の方から・・・・『上海蟹を食べたことがないから、スープではなく、茹でた上海蟹はどんなものなのか?』という質問をいただいた・・・。

普段から交流のある読者なので、いいですけど・・・・、うちの本社に電話をしてきて、何事かと思ったら、上海蟹の質問だった。

しかも、今日はシリアスなブログを書こうと思っていたのに・・・・・、上海蟹の質問は、私のビジネスフィールドではなく、できればコメントか、メッセージにしてほしかったです。

まあ、とりあえず・・・・。

2014-11-12-13-40-27

福臨門 上海蟹 オス↑

雄は、身とミソが美味しい・・・・・。

2014-11-12-13-40-48

福臨門 上海蟹 メス↑

雌は、卵が美味しいが、身は、雄の方が全然美味しいw

料金は、コースで、2万〜5万円ぐらいで、時期は、10月の中旬から11月末ぐらいまでです。

上海蟹を食べると、雌は子供に栄養を取られてしまうんっだな〜と・・・、お袋に申し訳なくなる。

そんなわけで・・・・、隠れ近藤教信者さん・・・・・上海蟹の質問は、これくらいでよろしいでしょうか・・・。


さて、本題の、兄嫁と義弟の仁義なき戦い!について書かせていただくことにしましょう。 

どこから話しましょうかね〜・・・・。

まずは、私のマリンスポーツ仲間のAくん(当時42歳)という人が、錦三丁目の有名クラブのM美ちゃん(24歳)との交際が、嫁にバレちゃいまして・・・、嫁は二人の愛の巣に乗り込み激怒・・・、預金の大半を引き出して、かけおち?・・・とは言わないですけど・・・・、要するに、二人で逃亡してしまったのです。 

このAくんというのは、実は養子でして・・・、嫁の親の土地の上に、これまた嫁の親に建物を建ててもらって、弟と二人で、従業員を10人ほど使って飲食店舗をやっていたのですが・・・、浮気がバレて、嫁の襲撃に合い、預金以外、何もかも放り出して逃亡してしまったのです。

そして・・、嫁のところではなく、私のところに電話をかけてきました。

Aくん 『近ちゃん、カクカクシカジカ(省略)で、今、福井にいるんだけど・・・・・・。』

 『マジっ・・・???  なんちゅう無責任な奴だ・・・。 それまそれとして、流石、マリンスポーツ好きのAちゃんだな〜・・・、多分、〇〇旅館だろうw 』

Aくん 『な・・・なんで分かったの???』

 『福井って言ったから・・・、Aちゃん、あっちで水遊びする時は必ず、〇〇旅館に泊まるし、冬に魚を食いに行くのも〇〇旅館だし・・・船を置いてあるマリーナも近いじゃん・・・、福井で、あそこ以外泊まるところ知らんだろうw しかし、無責任だな〜・・・・・。店、どうすんの???』

Aくん 『弟がいるから、大丈夫だ・・・・。 何か連絡したいことがあったら、弟にM美の携帯を教えてあるから、弟に言ってくれ・・・・。 M美の電話番号は、近ちゃんにも教えられない・・・・。』

 『うむ〜・・・・。 この番号、M美の番号じゃないの???』

Aくん 『あっ・・・・。 非通知にするの忘れてた・・・・。 そうだ、この番号だ・・・。  バレてしまったものは仕方がないから、近ちゃんは、この番号に電話をくれてもいいよ。』

 『どこまで、ヌケ作なんだwww  うむ〜・・・、どうせなら、船で大陸渡って、永久に帰ってこなくてもいいよ。』

Aくん 『酷い事言うな〜・・・・・。 俺は、嫁に殺されかけたんだぞ。 マジでヤバかったわ・・・・。』

 『当たり前だろう。 誰でも殺意がわくと思うよw   うむ〜・・・、まあ、1〜2カ月したら冷静に話せるだろうし・・・、そもそも24歳の女だろ・・・、逃亡生活に飽きて疲れて、女にも逃げられて、そのうちAちゃん1人で帰ってきて嫁に土下座して終わるだろう。 因みに逃亡資金は、いくらあるの???』

Aくん 『とりあえず、2000万円と、俺と嫁の、時計、宝石、バッグ・・・売れそうな物を家から持ってきたし、実印、パスポートも持ってきた。  キャッシュカード、クレジットカードも持ってきたし、今日、証券会社に電話をして、新しく作った口座に変更をかけたから、その金も使える。』

 『うむ〜・・・・。 嫁の、宝石や時計やバッグは返したほうがいいぞ。 返せば、数か所刺される程度かもしれんが、返さずに嫁の物に手をかけたら、めった刺しされると思うわwww  それに、さっきから、ずっと、ヒソヒソ声で話しているけど、小声で話さなきゃいけない意味があるの???』

Aくん  『・・・・ない・・・。 それもそうだな〜・・・。 何で、コソコソ話してたんだろう・・・・。 近ちゃん、また連絡するわ・・・・。』

そんなわけで・・・、事の始まりは、こんな感じだったのだが・・・・・・。

その数日後、私は、Aくんの嫁に呼び出された。  

そこには、Aくんの嫁の両親もいまして・・・・嫁さんは泣いていて、お父さんは激怒・・・。

お父さん 『おいっ、近藤さん、あの戯けを、どこに逃がした???』

 『はっ? 逃がすも何も・・・・先日、逃げた先から電話があって、いろいろ聞きましたけど、私が逃がしたわけではありませんけど・・・・。』

お父さん 『不動産屋は、嘘つきだから信用できん。 近藤さんが逃がしたじゃないかと、うちの娘が言ってたぞ。』

 『初対面で会った人に対して、嘘つき呼ばわりですかw  売り言葉を頂きましたので、買い言葉でお返しをさせていただきますが、不動産屋よりも、若い女に亭主を寝取られて錯乱状態になっている娘さんのほうが、嘘を言ったり、思い込みで大袈裟に言ったりする可能性が高いんじゃないですか?』

お父さん 『傷ついて泣いている娘を嘘つき呼ばわりして、お前、喧嘩売ってるのか?』

 『あははw どっちが喧嘩売ってるのか、よ〜く考えてみてください。  糞忙しいのに仕事でもないのに呼びつけれて、来て早々、嘘つき呼ばわりした、あなたが、俺に喧嘩を売ってるんでしょう。 親子揃って、そんなんだから、Aくんは逃げたん違いますかwww』

お父さん 『・・・・・・。 嘘つき呼ばわりをしたことは、悪かったが、あんた、そういう言い方をしたらあかんだろう。 』

 『すみません。 俺と、お父さんが喧嘩する事は何もないわけで・・・・アホ臭いからやめときましょうw、それで・・・・、私を呼び出した理由は、何なのでしょう???』

お父さん 『そうだな〜・・・。 まずは、あいつはどこにいるんだ?』

 『私、嘘はつきたくないので、嘘は言いません。 Aくんの居場所は、知っていますが言えません。 一応、友達なので・・・。 女の素性も知っていますけど言えません。  何で逃げたのかは、娘さんが殺そうとしたので逃げたと言ってました。』

お父さん 『それは、女作って・・・。』

 『分かってますって・・・、俺に怒らんでください。 俺は、聞かれた事に答えているだけですよ。 冷静に話をしましょう。  はいっ、次は、私の質問に答えてください。  Aくんを見つけてどうしたいですか?』

お父さん 『何で、あんたに、質問されなあかんのだ?』

 『あはははw  あのさ〜・・・、言わせてもらうけど、何で俺が、ここに来て、質問されなきゃあかんのですか?  そういう事を言っていても仕方ないでしょう。 冷静に話をしましょうよ。 できないなら、俺、関係ないので帰りますよ。 それでは・・・・。』

お父さん 『よしっ・・・分かった冷静になろう。  Aの居場所を聞いたら、俺と娘が、そこに行って話をする。 娘は、別れると言っている。 それを伝えて、今の家と、店を明け渡してもらう。 それから、家から持ち去った物を返してもらう。 その上で、一発張り倒して、娘への謝罪と慰謝料の請求をする。 以上だ。』

 『まあ、当然でしょうね。 それプラス、預金全部置いていってほしいですよねw ついでに、手足の二三本圧し折ってやりたいでしょう。』

お父さん 『そうだな〜・・・・。 近藤さん、あんた、意外と話が分かる人だな〜。』

 『Aくんがやった事は、無責任極まりない事だと思ってますよ。 彼にも言いました。 でも、居場所も連絡先も言えない、そう言ってるだけです。 Aくんが、何であれ、友達ですから・・・・。 とは言っても、逃亡の手助けはしてませんし、今後もするつもりはありません。』

お父さん 『わかった。 仕方がないから、あいつの弟と話をして、すぐに店を明け渡してもらうことにしよう。  近藤さん、立退きをお願いできんか? 報酬は払う。』

 『あのね。 お父さん・・・、それは、無理ですわ。  土地も建物も、お父さんの持ち物なんですけど、安い背邸になっているとは言っても、賃貸借が存在するんですわ。 賃料を払っている以上、即追い出すわけにはいきませんよ。』

お父さん 『何でだ??? 娘の婿だから、店を建ててやったんだがや、そんなもん、娘を裏切ったんだから出て行かなきゃあかんだろう。』

 『お気持ちは、めっちゃくっちゃ分かります。  店に火を付けてでも追い出したいでしょうね。 でも、夫婦間の事と、賃貸借契約は別なんです。 それはそれ、これはこれなんですよ。 』

お父さん 『戯けた事を言ってたらあかんぞ。 あの店は、娘の婿だから、俺が建ててやったんだがや・・・・。』

 『そうですよ。 だから、お父さんの名義になっているじゃないですか。  Aくんは、それを借りて、賃料を払って商売をしています。 契約書の契約条項に、娘と別れる場合は、即退去って書いてないでしょう? まあ、俺が作った契約書だから覚えていますが・・・、そんな事は書いてありません。 とは言っても、お気持ちは分かりますから、Aくんに連絡して、店を明け渡すように言います。 それでどうでしょう?』

お父さん 『それは、そうしてもらわんと困る。 それより、まずは、出てきて話をしたいと言っておいてくれ。』

 『分かりました。 それは言います。 連絡が取れたら、娘さんのほうに連絡をさせていただきます。』

ここで、娘が口を開いた。

娘(Aくんの嫁) 『あの人は、あの女といっしょにいるんですか?』

 『女と逃げたんですから、いっしょにいますよ。  ここからは、私の個人的な予想ですが、長くは続かないと思います。 今は、愛だの恋だのでラブラブなのと、スリルとアバンチュールを楽しんでいるかもしれませんが、若い女ですから、すぐに飽きますよ。 私は、そう見ていますが・・・。 お父さん、どう思います?』

お父さん 『俺も、そう思う。 でも、後悔した時には遅い。 あいつは何もかも失うんだ。』

 『娘さんのいる前でなんですが・・・、お父さん、浮気の経験は???』

お父さん 『男だから、全くないとは言わないが、家庭を捨てるような事はしていない。』

 『そうですか・・・・。 お父さんは正直な方なので、私もAくんと向き合い、真剣に話をさせていただきます。 それでは・・・。』

そんなわけで・・・・、帰ってから、Aくんに電話をしたのですが・・・、Aくんから返事をもらう前に大変な事が起きたのでした。

その日の夜に、お父さんが、Aくんの店に乗り込んで、無理やり店から叩きだそうとして、Aくんの弟と喧嘩をしてしまったのです。


ということで・・・・・、長くなってしまったので、この続きは、次回にしたいと思います。

本日も、読者の皆さまにブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします。







いつもご愛読いただきありがとうございます。 

ブログランキング人気投票
 


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック







読者の皆様、コメント・・・・・いつもありがとうございます 






toshikazy at 02:37│Comments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 近藤利一 不動産コンサルタント | 不動産学校

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たかし   2014年11月13日 12:33
 めちゃくちゃ結末が気になりますね!
 ところで、うちの息子も先週末に失踪しました。
 あつしの奴、風呂の小窓を換気の為に開けっ放していたところ(私のミスです・・・)、夜中に脱走しまして。
 朝から家族一同断続的に周辺を捜索したのですが見つからず、帰っても来ず。「これは駄目かも・・・社長にも何と言ったらいいんだ〜。」とパニクっていたのですが。
 「いつも夜中の0時〜1時あたりが一番活発に動き回っているので、その時間に帰ってくるかも。」と淡い期待をして窓を開けて待っていたところ、1時過ぎにようやく帰ってきてくれました。疲れきった感じで猫相が悪かったのですが、怪我が無くて何よりでした。娘達も朝起きてあつしの帰宅を知り、本当に喜んでおりました。
 二度と外に出さないように気をつけます。
 
2. Posted by Mr.Fanble   2014年11月13日 12:36
隠れ信者こと老婆心ハンターさんは、思いこんだら突っ走る感じですね。
でも、会社の電話にとは…。
私の携帯に間違い電話かけられて、留守電に入っていた内容から、急いで間違い電話である事を伝えなアカンと、携帯に表示された番号から、滋賀県のある会社に電話をした事がありますが。

それはそれとして、友人がシタでしたか…。
そういう関係のサイトを巡る事もある私としては、思うところもありますが、何とも申し上げようがございません。
3. Posted by 隠れ近藤教信者   2014年11月13日 12:57
近藤社長
ありがとうございました。
LINEにて画像をいただけると思い待っていたとことにブログにアップされていて恥ずかしさのあまり顔が熱くなりました。
早速、福臨門名古屋に予約をしました。
4. Posted by ももんじゃ   2014年11月13日 19:49
如何なるときも近藤社長の冷静な返し方は、素晴らしいし、読者の心を惹きつけます。
5. Posted by 千代田不動産ファン   2014年11月13日 20:53
Aさん、養子のストレスが20年間近く溜まって
やってしまった感じですよね。

結婚した時は
逆玉の輿だったのでしょうね。

自由を選びたいなら
お金まで持っていくのは
ルール違反ですよね。
6. Posted by siganai   2014年11月14日 09:55
続きが気になります!おやじさんの気持ちわかりますね。今のところAさんにフォローできるところがひとつもない・・・
7. Posted by 養子代表   2014年11月14日 10:58
米ぬか三合あったら養子に行くな、と言われた時代がありました、少子化で養子にならざるを得ない場合もありますね、養子名義のものは何もないので、自分で稼いだお金を持ち出して家出をしたのでしょう、、、
彼には彼の言い分があるのでは、養子はつらい。
8. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2014年11月14日 22:52
たかしさん、あはははw
すみません。
ご家族皆さん大変だっと思いますが、あつしくんの初めての家出が可愛くて笑ってしまいました。
より一層、逞しくなって帰ってきたのではないですか?
とにかく無事に帰ってきて良かったです。


fanbleさん、老婆心ハンターさんwww
そんなこともありましたねw
そうなんです・・・友人がやらかしちゃって・・・。
でも、まあ、けっこう虐げられてましたからね。
うむ〜、でも、あそこまで養子扱いされたら、私だったら、当の昔に、いなかったと思います。


隠れさん、福臨門、誰と行くのか気になります。
まさかとは思いますが、父上様と行くなんてことはないでしょうね。
失礼ですが・・・、北京ダックと名古屋コーチン、フカヒレをハルサメと呼ぶと思います。


ももんじゃさん、いえいえ・・・全然冷静じゃなかったように記憶しています。
冷静に装い頑張りましたけどね・・・w


9. Posted by コンドウ(素人さんの為の不動産学校)   2014年11月14日 23:05
千代田不動産ファンさん、自分が稼いだ金の半分を置いて、出て行ったなら、少しはマシなんですけど・・・、嫁のブランドものや宝石まで持ち出したらダメですよね。
Aくんは、船を買た後、何千万もするものを買ったのに、マリーナのガソリン代が高いと言って、いつもポリ管を3本分だけ、車に乗せて運んでいました。
けっこうセコイんです・・・。


siganaiさん、この件までは、意外と真面目でしたし、人当たりも良くて楽しい人なんですけどね〜。
はじけちゃいました。
続きは、後でアップしますねw



養子代表さん、そうですよね〜。
そう言うと失礼かもしれませんが、これまで、いろんな養子さんを見てきましたが、私も同意見です。
地主さんに多いパターンとしては、義理の両親が亡くなると、急に偉そうになり、我々に意地悪をする方が多いです。
逆に、人が苦労をしているので優しくなるなる方もいますけどね。
このAくんは、そういう感じではないと思いますが、その前に、辛抱できずに逃げてしまったので分かんないですけど・・・、何にしても、Aくんは今、とても幸せそうです。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1875) 爺さん不動産屋さんたちに感謝w1877) 兄嫁親子と義弟の仁義なき戦い!(後編)